calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

市民社会フォーラムon Twitter

0
    22:42
    文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2020/4/3) 森ゆうこ コロナ問題で破綻した??civilesociety.jugem.jp/?eid=41229 #jugem_blog
    21:18
    The latest デイリー 市民社会フォーラム! paper.li/okaby/13087448… Thanks to @PLANETS_10 @make_the_peace7 @avalon1982 #note
    10:09
    和歌山放送ラジオ ボックス(2020/4/3) 伊藤宏 パフォーマンスで世界の笑い者になる安倍??civilesociety.jugem.jp/?eid=41228 #jugem_blog
    07:22
    【ご紹介】「パンデミックを生きる指針」&「国連特別報告者による2つの声明」 civilesociety.jugem.jp/?eid=41227 #jugem_blog

    文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2020/4/3) 森ゆうこ コロナ問題で破綻した安倍政権のデタラメを徹底的に追及する、赤木さんを自殺させた安倍政権にこの国は任せられない&金子勝 デタラメなコロナ対策、安倍総理と小池都知事辞任なしでは日本破綻を警告す

    0

       永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、金曜日の大竹紳士交遊録は経済学者の金子勝さんでした。パートナーは、金曜日は闘いますの室井佑月さんでした…以下の内容、頭にくるもので、読むと心臓に悪いですが、しかし安倍晋三首相はもっと悪いのです、と犬転び(ワンパターン)ですが書きます!

       

       赤旗日曜版にまたスクープ、辺野古埋め立て工事、沖縄県民、日本国民に知らせずコッソリと護岸工事を打ち切っていたというのですhttps://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/ これを読んだら、太平洋戦争で全滅なのを転身と言ったのと同じ、辺野古埋め立てはもう破綻しているのを認めて、泥船からネズミが逃げだしたもの(と書くと、ネズミは賄賂もらわないと怒るかな?)、また鹿児島県馬毛島の基地用地買収を国会承認なしでやっており、これ、太平洋戦争末期、焼夷弾の降り注いだ代わりにコロナウイルスと経済破綻が日本列島に降り注いでおり、こんなアホな政権放置したら、竹やりでコロナウイルスを倒せと安倍晋三首相は言い出しますよ!(現に私、永岡は神戸製鋼でそう言われました!)

       

       大竹メインディッシュは参院議員の森ゆうこさんでした。室井さん、森さんとテレビタックルで共演、国会中継でふざけるなという森さんを原稿で応援、森さん2回目、室井さんの記事はよく読まれて国民の声を代弁しているというもの、話題はマスク2枚、北海道ではポストに入れるものの、自民党も呆れて、マスク2枚に怒り、WHOは無意味と証言、飛沫は防げてもウイルスは防げず、新聞報道だと今井氏の提案、専門家会議のものではない。

       室井さん、安倍氏は専門家の意見を聞かないのかと説かれて、森さん、緊急事態宣言は要件を満たして、後は政治判断であるものの出せない。これでコンサート中止は命令できず要請のみ、しかし当然補償すべき。大竹さん、緊急事態宣言=補償しないといけないので出さないと怒られて、森さん、今日も参院本会議、安倍氏はオリンピック延期というものの、中身なし、損失補償は安倍氏否定=財務省が拒否、私有財産に税金を出せない、被災者生活再建支援法にも抵抗、しかしアベトモには大盤振る舞い。

       他国だと、休業補償をして、営業収入ゼロ、コロナ解雇もある。室井さん、緊急事態宣言はこわい、自由を制限されないかと問われて、森さん、インフルエンザ特措法が民主党政権時代にできた危機管理法で評価されて、しかし当時自民党は野党で参院で拒否、自民党でもそれを使えなのに、これは損失補償なしで成り立たず、自粛→倒産、解雇、自粛、感染拡大をなくすためにも損失補償すべき。室井さん、いつまで我慢しろかわからず、森さん「こういう時こそお金を使うべき」。

       大竹さん、他の国、韓国は収束でも、全員に10万配ることを問われて、森さん、事業者に給付と、国民に給付は違い、国民にはリーマンショックの際に定額給付金をして、森さんは所得制限をすべきでない、それをしたら時間がかかり、その間に死者が出る、この2ヶ月安倍政権は何をしていたか、森さんも追及するのに疲れて、森さんは一人15万、非正規でも一律15万で試算したら10兆円と予算委員会に出し、十分に時間があったのに、予算が通るまで何もせず、今か今かと思っていたらマスク2枚!

       室井さん、緊急事態宣言を安倍政権は悪用してメディア弾圧の危惧を説かれて、森さん、担当大臣がそういうことをいい、NHKは政府の要請が行くが、民放にもと仮定のことを言い、訂正。民主党政権で特措法の際に私権は守れとして、活動自粛も陽性。室井さん、総理が選挙を拒否しないかと問われて、森さん、拡大解釈で黒川氏のことがあり信用できないが、緊急事態宣言は自民党改憲案の緊急事態条項と異なり、この前のK-1も要請ではなく指示、しかし休業補償は必須。

       大竹さん、フィンランドでは緊急事態宣言なしで行けて、しかし室井さんの心配は私権制限を危惧、室井さん、安倍政権だと国民をパニックにさせる報道はするなと破廉恥なことをする危惧を説かれて、大竹さん、緊急事態宣言で補償なしでは死人が出ると問われて、森さん、従わずとも罰則はないが公表されて社会的信用をなくすので従う。医療のための施設を収用できる。安倍政権のようなものを特措法を作ったさいに想定せず、心配はその通りだが、自粛のためには何と言っても損失補償に尽きる。

       室井さん、そのために税金を払っている、当然の権利と説かれて、大竹さんは一斉休校の是非を問われて、森さん、法的根拠なし、室井さん、なぜあの時期か、チグハグと説かれて、地域ごとに感染者数はちがう。室井さん、安倍氏は2ヶ月前から1,2週間が瀬戸際といいそのまま、森さん、今日も同じ、森さん怒り、ふざけるなと机をひっくり返したい。野党は怒れ、自民党は3・11の時にムチャクチャ、森法務大臣のデタラメは、あれで3・11の時に自民党が与党を攻撃していた。森大臣は自分の評価を上げるため、検事正更迭など、森氏の成功体験がある。

       室井さん、森大臣をかばうためにデタラメ、大竹さん、官僚も必死でペーパーを安倍氏らに出している、森さん「忖度政治の成れの果て」、官邸に喜ばれることをして、官僚は優秀でこういう時はアイデアを出すべきなのに、しない、前川さんのようなことをされる。大竹さん、マスク2枚は海外から失笑されている、室井さん、ツイッターのトレンドに入るほど恥ずかしい、大竹さん、野党は追及しても最後は詰まらず、野党はもっとまとまり安倍政権を追及すべき、人数の質問時間だが、一本で追及しないと、野党の中でも地面に即した人と、カリスマの人とまとまらないと対抗できない。森さん、おっしゃる通り、人間社会の縮図が永田町であり、それらを乗り越えて行くべき。自民党は権力を離さないために団結して、野党は金のために一本になれず、森さんの事務所も、直接会って相談はできず、電話相談はして、しかし経済はとんでもないことになり、国民の生活を考えたらマスク2枚ではない、大竹さんからそういう批判がされないように。

       室井さん、この先に希望が見えないと説かれて、森さん、安倍氏もマスク2枚で追及されて、室井さん、日本語の通じない人相手に大変、森さん、赤木さんの手記を見て、官僚は真面目な人がいてそれ故に追い詰められて、赤木さんの思いに自分たちはし答えるべき。大竹さん、赤木さんの奥さんを孤立させたらだめ、野党はそれで一致すべき、奥さんが孤立したら日本は何もなくなる。室井さん、森さんの啖呵は自分より迫力と息子さん言われている(笑)。森さん、言葉遣いは議事録には丁寧に残るもの(笑)。大竹さん、自民党が続いてもこのままだと破綻、安倍政権のデタラメを追及すべき、森さん、対策本部、経済対策を言ったのも野党、「安倍政権は危機管理にものすごく弱い=3・11の際に安倍政権なら日本沈没」だったと締めくくられました、以上、森さんのお話でした。

       

       街頭でホームレスの方が売っているビッグイシュー、最新号はグレタ・トゥーンベリさんの特集、気候危機の特集です、https://www.bigissue.jp/backnumber/380/ ビッグイシューもしんどく、今月から450円になりましたが、皆さん、支援をよろしくお願いいたします。

       

       金子さんの怒り、今週のネタは、春楽しなってもコロナで晴れず、日本全国クルーズ船化、ダイヤモンド・プリンセスの失敗を反省しない、検査しない、大坪氏、コネクティングルームのものがやり、加藤氏、空気感染なしとして隔離せずたくさん感染、長期間船に留め置いて、脇田専門家会議座長、感染症研究所が論文を出して、2/4に感染、15件クルーズ船で感染して2週間見殺しを論文=人体実験、それが専門家会議の議長。岩田さんがクルーズ船に入りデタラメを告発して、しかし菅氏、加藤氏は隔離は適切としてこの様、検査、追跡しない=隔離失敗、そのうちに専用病棟不足、医療崩壊。

       アバウトに、夜飲むなと言って意味はない、感染者を追跡して感染源を叩かないとだめ。大竹さん、分母が不明と問われて、金子さん、永寿総合病院で集団感染=日本の武漢化、大曲医師、ウェブ論座で検査するから病院破綻と逃げて、しかし検査制限するから破綻。今は、比較的軽症の方をホテルとかしても、軽症の定義、軽症でも移す、エアフィルター、プレハブでOK、中国はそうして対処して、重症の対応は必要だが、このまま行くと医療崩壊。この状態で東京は病床だと700しかなく、とても足りない、それで検査せず、検査したら病床が足りないというが、軽症の人は、オリンピックの選手村とかに入るといい、大竹さん、小池氏は50日前何もしていない、オリンピック延期後ゴタゴタ、室井さん、なぜオリンピックは1年後か?

       金子さん、一斉休校も検証されず、被害が広がり再開の危惧を説かれて、緊急事態宣言も、感染源が特定されず、検査が少なすぎる。太田さん、自粛と補償はセットでないとお店は閉められないのに、安倍政権は補償しないと説かれて、金子さん「素人の政治家を追い出して専門家にさせろ」、野党も消費税減税がいいというのは金子さんは問題、室井さん、それはおかしいと問われて、金子さん、消費税は間接税で事業者が負担して、物価の下がった時にはより安いものを求める、デフレの怖さは、その時生産したものが値段が下がり、生産、仕入れのものが下がる。太田さん、安倍氏がヤベェノミクスで値段が上がるの逆、金子さん、賃金が下がると安いものしか買えず、デフレスパイラル。

       室井さん、政治家はバラマキでやるが、税金で取るものを減らせ、金子さん、納税の延期、中小企業は利益と変わらず税金を払わないとならず問題、消費税減税だとデフレ圧力になる。金子さんが90年代終わりに公的資金投入を提案して、自民党から共産党にまで叩かれて、しかし銀行が潰れて理解されて、今回も後の祭りの可能性がある、大竹さん、特効薬を問われて、金子さん、雇用調整金、現金給付は即効性なし、雇っている人を守る、フリーランスは直接給付が先、アメリカだと失業が増える、安倍氏と小池氏を辞めさせないと日本は潰れる。フリーランスは一律支給も必要だと説かれました。私は、消費税減税否定は疑問ですが、安倍氏、小池氏の辞任なしにこの国はつぶれるとというのは納得です、以上、金子さんのお話でした。この内容、例によりいくらでも拡散してください!


      和歌山放送ラジオ ボックス(2020/4/3) 伊藤宏 パフォーマンスで世界の笑い者になる安倍政権を続けさせたらコロナで日本沈没!軍事費のみ増やして国民生活を破綻させた安倍政権、自民党のカルト化が日本の危機であることを説く!

      0

         永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。コロナで伊藤さんの学校は入学式中止、授業のめどもいつになるのかと大変だそうです。

         

         伊藤先生の脳に効くニュース、今回もコロナウイルスがテーマで、リスナーよりメッセージ殺到、医療従事者が大変、無関心な人が多く、国民が真剣でないと感染拡大はとまらない、マスク1世帯2枚の金は医療費に使え、この緊急事態に何か、不安が消えるとして布マスク配布は、なぜ今か、家族4人では足りない、費用200億を有効利用せよ、ラジオを聞きながらマスクを作る、ツイッターでアベノマスクと批判、和歌山みたいに検査すべき、文化芸術、ヨーロッパは政府が支援、関西だと大阪のオーケストラは大変、文化を大切にしない国は戦争するなどあり、伊藤さんリスナーのメッセージ通り、政治と国民の隔離はマスク配布で決定的になり、マスクを配ると不安が消えるというのが安倍政権の本音で許してはならず、金額は菅氏、マスク200円で5000万世帯に200億、送料は50億、こんな金額を使うのは浪費、急がれているのはワクチン開発、大阪大学のバイオベンチャーでDNAワクチンをやって、代表者はハードルの一つで、それも数億円=マスク代をワクチンに使うべき、ラジオで政権批判は何だが「安倍政権に国民の生命をあずけられない」、アベウヨが批判するのは周知だが、伊藤さん学校で大変、入学式中止、連休まで開校できず、しかし政府の具体的な指示なし、大学の自己責任でやれ、自粛要請なら補償+対応策はセットであるべき、国民の生命を危機にさらして、海外では休業補償、10万単位で支給もしているが、日本の対応は「マスクで世界の笑い物」、ロイター通信も配信「こんな国でオリンピックをやっていいのか」、経済的損失は計り知れず、子供たちは家庭で、DVも危惧されて、これだけだと保護者の気持ちもあれて手を上げる危険性もあり、伊藤さん、政府はパフォーマンスだけ、オリンピック延期で小池都知事が記者会見+総理と一緒だが、パフォーマンスする間に国民は大変。

         そして、国民は干上がり、福島原発事故で原子力緊急事態宣言は9年経っても解除されず、コロナウイルスのことで有権者は目を覚まさないといけない、和歌山は頑張っていたが、また感染者が出て、先の見えない中で安倍政権はあまりに不甲斐ないと説かれました。

         

         元週刊現代編集長の元木昌彦さん、J-CASTニュースで週刊誌批評をされています、https://www.j-cast.com/tv/2020/04/02383605.html?p=all 中村喜四郎さんは、安倍政権の強いのは野党がだらしないのではなく、安倍政権は国民に政治をあきらめさせた特殊な長期政権で、自民党に自浄作用がなくなったためと説かれて、確かにその通りであり、しかし、国民に政治をあきらめさせた大きな原因はテレビが安倍政権の太鼓持ちになりを批判しないことにあると私は思います。テレビは今でも影響力最大のマスメディアであり、

         

         そして、リスナーよりリアクション、マスクのこと、5人家族で足りない、もっと大事なことをお金を使え、国民の困窮を説かれて、伊藤さん、学校でもマスクの手に入らない学生さんがいて、手作りマスクでも輪ゴムなし!食品を扱うのでアルコールを利用しようとしたが、ホームセンターにある小さいポンプもない、インターネットではマスクも売られているが、基本的物資なし、ドアホノミクスで豊か?になっているはずの日本でもの不足があり、医療機関の、医療に必要なものがない、人工呼吸器、肺炎では必須なのに、それすらない。アメリカやイタリアでは医療崩壊、日本も遅かれ早かれそうなり、日本は病床を減らして統廃合して、病院は足りず、国家100年の計、様々なことを見越して国民を守る、某国の侵略対策?膨大な軍事費を使い、安倍総理は海外に無数のお金をばらまいても、国民を守らず、国の使っているお金は国民の納税した税金、その一方マスクなし、どうやって心穏やかに暮らせるか?赤井さん、ネットではマスクの出所に利権があると説かれていると紹介されて、伊藤さん、今の政府は信用できない、信頼できる人の話ならともかく、その上にモリカケ、桜と信用できず「国民は政権を厳しく監視すべき」、国民の不満の出すところは選挙だけではない、政権にダメと声を上げるべき、そのためにはニュースは、問題もあるが、政権の問題点を知り、安倍政権を提灯持ちするメディアは切り捨てて、安倍政権のデタラメを知り声を上げるべき。マスクを望んでいる人はいない、5000万世帯でだれも歓迎せず、自民党の中からも批判はあるが、かつての自民党では問題があると声を上げていたのに、今は自民党、地方なら声を上げていたが、自民党にかつての多士済々、暴走しそうな時にブレーキをかけていたのにしない、自民党のおかげで恩恵のものは支持するが、今回は命が危険、文化芸術、飲食店はいつ首をくくるかの瀬戸際にマスクを配るのは冗談ではない、それで大企業に金を配るというのは、国民の生活が安倍政権にまったく見えていない証拠だと締めくくられました、以上、伊藤さんのお話でした。…太平洋戦争の末期に食べ物がなくなったことや、空襲は怖くないと、空襲から逃げるなというのと全く同じだと思いました。このままだと一億総破綻です、伊藤さんのお話、いくらでも拡散してください!


        【ご紹介】「パンデミックを生きる指針」&「国連特別報告者による2つの声明」

        0

          東京の杉原浩司です。
          [転送・転載歓迎/重複失礼]

          新型コロナウィルスの感染拡大という厳しい状況の中で、一人でも多くの
          方に読んでいただきたい文章をご紹介します。じっくりとご一読のうえで、
          ぜひ広めていただきたいと思います。

          ----------------------

          ◆藤原辰史さんの緊急寄稿
          「パンデミックを生きる指針ーー歴史研究のアプローチ」
          (岩波新書B面)
          https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

          ※これぞ人文学の底力。困難な時代に、まっとうに生き抜いていこうと
          鼓舞されます。圧倒的に素晴らしい論考です。


          ◆国連特別報告者による2つの声明
          複数の国連特別報告者が新型コロナウイルスに関して2つの声明を発表。
          藤田早苗さんと翻訳チームが和訳されました。

          1)2020年3月16日 
          新型コロナ感染症:国家は緊急対策を人権抑圧のために濫用してはならない
          http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/200316.pdf

          2)2020年3月26日 新型コロナウィルス感染症に関して例外はあってはならない:
          “すべての人は人命救助を受ける権利がある”
          http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/200326.pdf

          全体はこちらから
          https://bit.ly/3aLFfRG

          ※日本でも「緊急事態宣言」の発令が迫る中、極めて重要な声明です。


          市民社会フォーラムon Twitter

          0
            21:18
            The latest デイリー 市民社会フォーラム! paper.li/okaby/13087448… Thanks to @hamnidak @psymaris @dctfreak #アベノマスク
            20:53
            J−WAVE JAM THE WORLD(2020/4/2) 堀潤&篠田博之 津久井やまゆり園事件??civilesociety.jugem.jp/?eid=41225 #jugem_blog
            15:54
            4月4日谷口源太郎講演「東京五輪はオリンピックの終わりの始まり civilesociety.jugem.jp/?eid=41224 #jugem_blog
            07:53
            【NAJAT声明】武器輸出三原則撤廃から6年 civilesociety.jugem.jp/?eid=41223 #jugem_blog

            J−WAVE JAM THE WORLD(2020/4/2) 堀潤&篠田博之 津久井やまゆり園事件を語る、なぜこんな事件が起きたかは解明されず、優生思想はこの社会に蔓延して放置したら社会が潰れることを警告する、コロナでがまんせずしんどいと弱音=ニーズを口に出して未来

            0

               永岡です、J−WAVEのJAM THE WORLD、グローバーさんのナビゲート、木曜日のニューススーパーバイザーはジャーナリストの堀潤さんでした。

               コロナ問題、安倍政権が所帯当たり2つマスクを配布するもの、国民に呆れられてツイッターではアベノマスクがトレンド入りです。これを、竹槍でB29と戦えというようなもの、というSNS発信も見ましたが、私は30年前に、神戸製鋼にいたときに、事業が行き詰まり、部署のトップを批判したら、そいつが竹やりでも頑張ったら戦闘機と戦えると言い出したのです、その部署は潰れましたが、この国だと、追いつめられたら竹やりで戦闘機と戦えとトップが言い出す体質は戦後75年経っても全く変わっていないのです。ちなみに、そいつは、何かあったら会社が何とかしてくれるとも言っていました、おそらく、安倍総理は何かあったらトランプ大統領が助けてくれる、そのために兵器を爆買いした、と思っていると推察されます、太平洋戦争で、神風が吹いて勝つというのと同じです…ただ、あのお肉券とかもあり、白井聡さんとSNSで意見交換して、安倍総理は緊急事態宣言で戒厳令を、と思っていたら、無数の死者が出ると知って頭がおかしくなった(元からおかしいという声もありますが)というので一致、これは大変です。

               

               韓国でのコロナウイルス対策、ニュースタンス編集長のジャーナリスト徐台教(ソ・テギョ)さんのお話がありました。ソウルからお電話にて出演、韓国だと2月に国家危機情報を最高レベルにして、当時感染者は600人でもテグ市ではこのままだと爆発的感染と思われて、学校休み、集会を止めろという強制力が政府にあり、町の人は最盛期の1/10+観光客ゼロでお店は大変。韓国は4/15に国会議員の入れ替わる総選挙、今日から選挙活動、マスクでやるなど、政府の呼びかけている危機感と矛盾、選挙なので演説がいるのにできず中途半端。

               グローバーさん、日本も政治家を信じられない、テレワークでやる、飲食店はガラガラ、トイレットペーパー、マスク買い占めを問われて、徐さん、テレワークは多く取り入れられて、子供が家にいて親子ともにストレス、しかし韓国だと買い占めなし、政府を信頼+ネット通販普及が理由。グローバーさん、医療現場が日本だと限界に近いと説かれて、徐さん、韓国の危機は2月末〜3月、全国から医師のボランティアが終結して乗り切り、マスクも3月は足りなかったものが、今は週に2回買える。韓国だと全世帯に日本円で86000円もらえるのは、年収<840万、1500万世帯、ほとんどの家庭はもらえて、しかしコロナパニックは収まらないともっといるので、それは問題。仕事の休業補償は、自治体レベルで代行運転の方に支給、補償だが、国家レベルではまだ。

               徐さん、外から見て日本はどうかと問われられて、韓国は2009年のインフルエンザとMARSで大変、対処で、情報公開の原則を作り、それでコロナ対策、そのために検査を増やしてウイルスの居場所を突き止めることをやっていて、これは日本と異なると締めくくられました(徐さんの記事もヤフーニュースに出ました、https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20200402-00171130/ )。

               

               

               UP CLOSE、津久井やまゆり園事件、被告の死刑確定、この件を取材されている月刊「創」(http://www.tsukuru.co.jp/ )編集長の篠田博之さんが出られました。私(永岡)も創を95年から読んでいます。

               

               堀さん、スタジオにスタッフの検温の後入り、グローバーさんとの間にアクリル板衝立、お二人ともマスク!堀さん、リモート飲み会が盛ら上がっている(笑)と説かれて、コロナ問題、東京都では97人新たな感染者、今夜のニュース、自公は緊急経済対策、税制対策というものの、売上低迷の中小企業への固定資産税減税、住宅ローン減税は続けて、しかし消費税減税はせず、中小企業だと固定資産税は赤字でも出さないとならず、これは助かる。雇用調整助成金も出す、帝国データバンクによると80%の企業は大変、オンラインサービスの企業は需要が伸びて、堀さん、不安を口に出すべき、頑張ろう、ウイルスに勝とうではない、これがしんどい、これを求めていると「弱音=需要、ニーズ」を口に出そう、それをサービスにして、今お金にならなくても、実現しようとするNPOもある、しんどい。つらいと口に出すことが大事、それがポストコロナを切り開くと説かれました(永岡注:堀さんの意図は、戦前の軍隊で弱音を吐くことを禁じられて破綻したことへのアンチテーゼだと思います。企業の中でもしんどいというのは禁句、企業は今の軍隊です)。さらに、アートをこういう時代だから守ろうと説かれて、マスクの件、自民党の中でも反対意見

               

               先月、横浜地裁は津久井やまゆり園被告に死刑判決、被告(実名表記は避けます)が控訴を取り下げて死刑確定、しかし、裁判が終わっても何も解明せず、篠田さんは裁判を傍聴して、被告に接見して、篠田さん、電話出演、篠田さんは世間を騒がせた人間をずっと取材、30日に控訴取り下げ、控訴するように説得して聞かず、被告は二審三審は無意味と言うが、判決はひっくり返らなくても、責任能力の件のみ取り上げられて、事件の背景は全く解明なし、障害者施設の職員がどうしてあんなことを、が解明されず、判決では施設の体験が影響+トランプ氏の影響(大統領候補で差別発言→大統領、被告はトランプ氏を心酔=世界的な排外主義に感化されている)。

               篠田さん、被告に接見して、どうしてトランプ氏に心酔して実行したのかについて、社会について生産性なし=優生思想、日本だけでなく、勢いを広げて、象徴はトランプ氏=トランプ氏に背中を押されて、事件はトランプ氏が勢いを得た時期。

               被告は死刑囚になり変化はあったかと堀さん問われて、篠田さん、最近会って取り下げについて、死にたくないが、このまま続けても仕方ない。堀さん、被害者への思いを語っていないと説かれて、篠田さん、2年取材、変化はあり、裁判で被害者家族と向き合い、家族を巻き込んだことを謝罪=健常者を巻き込んだのみ、これは被告にとって大きいものの、障害者を殺したことは正当化していて、篠田さんは、しかし被告の変化を感じられて、裁判に被害者参加制度、被害者が被告を問い詰めて、犠牲者に詫びると言いつつ、行動を正当化、しかしそういう変化は裁判で出て、しかしそれでも障害者を殺したことは正当化し続けている。

               堀さん、職員の証言を聞いても重く、事の重大性を知ってほしい、堀さん、篠田さんの記事を引用されて、遺族の証言、切ない裁判、遺族が匿名=仕方ない、白い壁で仕切られている=仕方ない、被告は犯行後自首して、疲れた、被害者の死に様を教えてほしいとしても覚えていない。

               篠田さん、ディテールの明らかになった意味は大きく、これは裁判で出た+難しいのは、被害者が匿名で記号で読まれているのは深刻=障害者差別のある社会の絶望的なものを見せている。堀さん、被告は死刑になっても正当化する社会のことを論じるべき。遺族には、実名報道を求めた方もある、篠田さん、遺族にも葛藤があり、名前のみ公開、被害者遺族も大変。堀さん、法廷で問いかけるもの。

               リスナーより、被告は自分も障害者なのに、わからなかったのか、障害者差別はこの被告だけでない、被告の責任能力のみ論じられ背景は考えられていない、被告の最後に述べたかったことは何かと問いがあり、篠田さん、責任能力ありと判決だが、被告はイルミナティの影響を真顔で喋り、普通ではない、障害のあるものが障害者を殺した意味は重く、被告は世直しをしたと思う=オウム事件と同じ、被告は革命、世直しと今も思っている!

               堀さん、オウム事件について、元信者を取材されて、親の過干渉、居場所なし、根幹に目を向けないと再発防止にならないと説かれて、篠田さん、被告が最後に言いたかったのは、大麻推奨、事件後ツイッターで世界平和のためという、大麻はいいものだと言おうとして裁判長が静止。篠田さんが裁判長なら何を聴いたかと問われて、篠田さん、障害者支援の職員がどうしてこんなことをしたか、それは全く解明されていない。堀さん、被告は最初から殺人鬼ではなかった、篠田さん、事件の1年前の急変は病的。篠田さん、被告に聞いて、間もなく滅びるとか、自分の正当性を喋るもの、被告の話だけでは真相はわからず、最後の1年でなぜ変化したかは問題。

               堀さん、優生思想はこの被告だけでない、コロナでも限られた人工呼吸器を誰にあてがうか医師会も大変、事件の教訓は無数にある、篠田さん、被告はここ数年の社会風潮に影響を受けて、それで世直し、被告は特別な人間ではなく、社会背景も考えるべき。リスナーから、被告をかわいそうと思うかと質問があり、篠田さん、法廷もいき、被害者家族の取材もされて、被害者感情は理解できて、しかし、事件の真相解明はされないといけない。堀さん、被告は意思疎通のできないものは殺せ、同意できないが、この被告だけではない、多くの人間が持っていないかと問われて、篠田さん、差別の問題、障害者差別はいけないと言うが、障害者施設の来るのに反対する空気があるのも問題。

               堀さん、死刑確定の死刑囚との対話は篠田さんなど少ないものしかできず、しかし死刑制度の根幹を問うもの、裁判で真相解明されない、諸外国では死刑囚とコミュニケーションの例もある、篠田さん、今週2回被告と接見して、被告は間もなく接見禁止、真相解明できずにそれはダメ、被告も篠田さんと接見できないのを残念におもい、取り下げを止めようとした理由はそれ。被告は篠田さんだけでなく、マスコミ関係者、障害者など2年ほどきて、自分と対立する人とも被告は会い、遺族も何度も接見しているのは大変なこと、しかし真相解明できないのは問題。

               堀さん、こういう事件を引き起こす前に、被告が自分と違う立場の意見を聞けなかったかと説かれて、被告の一番の不満は何か、トランプ氏に心酔、薬物愛用などあり、篠田さん、背景はいくつもあるが、どうしてあんな残虐な犯行に至ったか、病気の可能性もあり、障害者にとって、支援してきた人に殺された恐怖は残る。堀さん、責任能力は誰のためのものか、篠田さん、裁判は処罰だけでなく、真相解明も必須なのにそれがなされなかったと説かれて、堀さんは篠田さんの創での取り組みを評価されて締めくくられました。これを聞いて、コロナでマスク2つという安倍総理と、この事件は重なり、要するに人間の命を大切にしない国が今の日本だと感じました(優生思想は石原慎太郎氏、長谷川学氏ら影響力のあるものがいくらでも発信して、この事件の二の舞もないとは断言できません)、以上、堀さん、篠田さんのお話でした、この内容も、例によりいくらでも拡散してください、人間の命を大切にしない社会はつぶれます!

               


              【NAJAT声明】武器輸出三原則撤廃から6年

              0

                東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
                [転送・転載歓迎/重複失礼]

                本日4月1日で武器輸出三原則の撤廃から6年となります。予断を許さない
                状況が続いていますが、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)として声明
                をまとめました。ぜひご一読のうえ、広めていただけるとありがたいです。

                新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。したたかに努力を続けて
                いきましょう。皆さんくれぐれもご自愛ください。

                ----------------------

                【声明】

                武器輸出三原則撤廃から6年
                主権在民を破壊し「閣議決定」連発による独裁を進める安倍政権を許さない

                https://kosugihara.exblog.jp/240218894/

                 21世紀の新たな疫病=新型コロナウィルス感染症が世界に拡がる中、武
                器輸出解禁から6年が経過しました。1967年の佐藤栄作首相による国会答
                弁と1976年の三木武夫内閣による統一見解により表明された「武器輸出
                (禁止)三原則」は、2014年4月1日、グローバルな武器市場に打って出よ
                うとする安倍晋三内閣によって撤廃され、言葉の言い換えにより中身を真
                逆にした「防衛装備移転三原則」にすり替えられました。その3か月後の7
                月1日には、「集団的自衛権の行使容認」への憲法解釈変更が閣議決定さ
                れ、翌2015年の「安保関連法」成立へとつながりました。

                 しかしこの6年間、完成品としての武器輸出は、潜水艦、対潜哨戒機、
                軍用救難飛行艇や大型輸送機など、ことごとく失敗、難航してきました。
                「死の商人にならないで」という市民の声を受けた企業が、ブランドに
                「血塗られたイメージ」が付くことを怖れてきたこともその一因です。
                 ただ、最近になって、三菱電機が防空レーダーのフィリピン軍への輸出
                商戦で落札したことが判明し、日本製鋼所によるアメリカへの艦載砲輸出
                の可能性が高いとの情報もあります。私たちは、ついに完成品の武器輸出
                に道が開かれるという平和憲法に反する事態に直面しているのです。

                 昨年2019年11月に、410人もの市民が抗議する中、千葉市の幕張メッセ
                で過去最大規模の武器見本市「DSEI Japan 2019」の開催が強行されたこ
                とも忘れるわけにはいきません。会場で配布された公式ガイドには「日本
                国憲法の一部改正に伴い」との虚偽記載がなされ、日本の軍需企業の世界
                展開と海外の軍需企業による日本市場への参入の加速が正当化されました。
                 国内でも、建設不可能な軟弱地盤の発覚にもかかわらず強行される辺野
                古米軍新基地建設や住民の強い反対にもかかわらず進められる南西諸島
                (与那国島・石垣島・宮古島・奄美大島など)のミサイル要塞化、イージ
                ス・アショアやオスプレイ輸送機の配備など、軍事の市民生活への浸食と
                環境の破壊は留まることを知りません。

                 史上最高の5兆3133億円に膨脹した防衛予算を含む2020年度予算は、新
                型コロナウィルス対策費を1円も計上することなく、3月27日に成立しまし
                た。ノルウェー製長距離巡航ミサイルJSMの購入費や護衛艦いずもの空母
                化経費、F35戦闘機の購入費などが計上され、「敵基地攻撃能力」の保有
                が始まっています。自衛隊は「専守防衛」を投げ棄て、他国への先制攻撃
                ・侵略が可能となる変貌を遂げつつあります。

                 世界に目を向けると、戦火は絶えず、軍事的な緊張も煽られ、軍事費の
                膨脹が続いています。軍需産業が肥え太ることで、市民の福祉、増大する
                難民への対応、疫病や自然災害への対処、そして気候危機の解決がますま
                す立ち遅れることは悪夢以外の何物でもありません。
                 そうした中にあって、軍拡と戦争、そして軍需産業の政治への影響拡大
                を阻むのは国際的な市民の連帯しかありません。私たちは、大軍拡の進展
                と明文改憲への画策が続く中でも、諦めるわけにはいきません。この間の
                「DSEI Japan 2019」への反対行動でも、韓国や英国、米国、パレスチナ
                やイスラエルなどの武器取引反対運動と連携することができました。平和
                を求める市民の運動がより広くつながり、戦争への流れを阻むべき時です。

                 森友、加計、桜を見る会に検事長の定年延長など、嘘と隠ぺいと改ざん
                にまみれ腐敗した自公連立政権に対して、一刻も早く引導を渡し、政治を
                刷新しなければなりません。私たちは、立憲主義と民主主義の回復のため
                に、東アジアでの真の平和構築のために、声を上げ続けます。そして、武
                器の輸出にも輸入にも反対し、人権や市民の暮らし、地球環境を蔑ろにす
                る大軍拡に抗議し続けます。
                 私たちNAJATは、安倍政権を一刻も早く退陣させ、立憲野党による新た
                な政権のもとで、一日も早く「武器輸出禁止法」を制定させるために努力
                を続けていきます。
                     
                  2020年4月1日     武器取引反対ネットワーク(NAJAT)

                    東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付


                市民社会フォーラムon Twitter

                0
                  22:39
                  【レポート】『子どもたちをよろしく』&前川喜平さんトーク(2020/3/13月@元町映画館) civilesociety.jugem.jp/?eid=41221 #jugem_blog
                  21:58
                  大阪労働学校・アソシエのオンライン講座/アソシエ東京(大阪労働学校・アソシエ 東京サテラ??civilesociety.jugem.jp/?eid=41220 #jugem_blog
                  21:57
                  J−WAVE JAM THE WORLD(2020/4/1) 安田菜津紀&安藤至大 同一労働同一??civilesociety.jugem.jp/?eid=41219 #jugem_blog
                  21:56
                  【来月に延期】4/8(水)変えよう)選挙制度の会・4月例会 civilesociety.jugem.jp/?eid=41218 #jugem_blog
                  21:18
                  The latest デイリー 市民社会フォーラム! paper.li/okaby/13087448… Thanks to @nyami2 @omegaomeg2 #アドレノクロム
                  12:21
                  3万人が賛同した、薔薇マーク コロナショック対応「給付金20万」「消費税停止」提言の記者??civilesociety.jugem.jp/?eid=41217 #jugem_blog
                  12:21
                  【動画と資料】内田樹×松尾匡「街場の反緊縮論〜人々にお金を!〜」(2020/3/23月@大阪) civilesociety.jugem.jp/?eid=41216 #jugem_blog
                  10:54
                  【動画と資料】内田樹×松尾匡「街場の反緊縮論〜人々にお金を!〜」(2020/3/23月@大阪) ? 市民社会フォーラム shiminshakai.net/post/6602
                  10:54
                  【動画と資料】内田樹×松尾匡「街場の反緊縮論〜人々にお金を!〜」(2020/3/23月@大阪) ? 市民社会フォーラム shiminshakai.net/post/6602
                  09:54
                  文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2020/4/1) 二木啓考 緊急事態宣言と都市封鎖の詳細??civilesociety.jugem.jp/?eid=41215 #jugem_blog
                  05:53
                  【報告と呼びかけ】三菱電機はフィリピンへの防空レーダー輸出をやめろ!本社前アピール&申??civilesociety.jugem.jp/?eid=41214 #jugem_blog

                  【レポート】『子どもたちをよろしく』&前川喜平さんトーク(2020/3/13月@元町映画館)

                  0

                    ここに載せていますが、
                    http://shiminshakai.net/post/6684
                    テキストとして、
                    元町映画館のイベントレポートから転載いたします。
                    https://www.motoei.com/eventreport/report_20200323/
                    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                    『子どもたちをよろしく』前川喜平さん舞台挨拶&トーク開催しました!

                    『子どもたちをよろしく』公開2週目の3/23(月)上映後、寺脇研さんとともに本作の企画を務められた前川喜平さんにお越しいただき、舞台挨拶とトークを開催しました。
                    登壇されるやいなや、「こんなしんどい映画を観に来てくださりありがとうございます。私は鑑賞4回目ですが、やはりしんどいですね」と前川さん。
                    テレビドラマならば救いのある展開にするところをそうしなかったのは、この現実をまずはしっかりと観てもらいたかったからと話されます。
                    国全体で見た自死率は下がっていますが、10代のそれは上がっています。
                    そして映画で描かれない学校のことや彼らの過去、そして未来にも考えを巡らせてほしいと訴えられました。
                    その後のトークではお客さまからの様々なご意見やご質問にお答えいただいたり、ここには書けない(?)寺脇さんとのエピソードなどもお話しいただきました。


                    大阪労働学校・アソシエのオンライン講座/アソシエ東京(大阪労働学校・アソシエ 東京サテライト教室)の2020年新年度講座のご案内(転送)

                    0

                      紅林進です。

                      先日、「アソシエ東京」(大阪労働学校・アソシエ 東京サテライト教室)の2020年新年度講座のご案内を
                      転載させていただきましたが、大阪労働学校・アソシエの講座を自宅からオンラインで視聴できます。

                      新型コロナウイルスへの対応として、大阪労働学校・アソシエでは協同組合講座をオンラインで配信
                      することにしました。

                      テーマ:プラットフォーム協同組合とは?
                      日時:4月5日(日)14時〜15時半
                      内容:Uber、Amazon、Airbnbなどの巨大資本としてのプラットフォームに対抗し、労働者に最大限利益を分配し、
                      平等、公正に運営される新しいプラットフォームビジネスの協同組合が世界的に台頭しつつあります。
                      本講座ではそうした新しい協同組合とは何か、その根底にある考えや労働観とはいかなるものか、若手の
                      講師にお話しいただきます。
                      講師:齋藤隼飛(大阪労働学校スタッフ、編著『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社))
                      視聴方法:以下のURLよりチケットを購入しお申込みください。
                      https://associe-coop1-2020.peatix.com/

                      また、この講座は社会評論社より出版された月歩双書シリーズ第一号の内容に基づきます。
                      こちらも本講座のチケットとセットで購入が可能ですので、ぜひ参考テキストとしてご購入ください。


                      なお先日ご案内を転載させていただきました、「アソシエ東京」(大阪労働学校・アソシエ 東京サテライト教室)の
                      2020年新年度講座全体の下記のご案内も再送させていただきます。

                      直接会場にて申し込み受付。どの回でも単発受講が可能です。予約は不要ですが
                      席に限りがあります(定員10名)。事前にメールで参加連絡をいただけると確実です、
                      とのことです。なお教室は10名ほどしか入れない狭い部屋です。

                      なお私自身は、事務局の人間ではないので、お問い合わせは、下記事務局までお願いいたします。

                      (以下再送、転送・転載歓迎)

                      <大阪労働学校・アソシエ 東京サテライト教室 新年度のご案内>

                      2020年4月より、大阪労働学校・アソシエの東京サテライト教室(通称アソシエ東京)の
                      新講座が開講されます。

                      中野駅より徒歩3分という好立地にて、働く人や市民、社会変革を志す人、既存の学校
                      では満足できない学生が学ぶ場として、平日は夜の時間帯に、休日は日中に、安価で
                      受講できる講座を用意しました。
                      HP:https://www.associe-tokyo.com/
                      Twitter:@AssocieTokyo
                      Mail:mailto:mail@associe-tokyo.com

                      社会が危機的な状況を迎えた今だからこそ、産業別労働運動、フェアでオープンな新しい協同組合の作り方、
                      家族と仕事を考える講座など、協同して生き抜くために本当に必要な知恵を一緒に身につけませんか。
                      皆さんのご参加お待ちしております。詳細はHPをご確認のうえ、気軽にお問い合わせください。

                      東京教室(アソシエ東京)
                      事務局長 鈴木 風人
                      HP:https://www.associe-tokyo.com/
                      TEL/FAX: 03-6382-7605/03-6382-6538
                      Mail: mail@associe-tokyo.com

                      (以下詳細)

                      アソシエ東京(大阪労働学校・アソシエ 東京サテライト教室)2020年度講座一覧 
                      https://www.associe-tokyo.com/2020-4-2021-3

                      ]働運動講座
                      「関西生コン」労働運動とは何か −資本・権力は何を恐れて弾圧するのか−
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.filesusr.com/ugd/9be271_db8ff7e04c404cf08c0ae12a725f67c4.pdf

                      協同組合講座 「協同組合運動の歴史とこれからの展望」
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.filesusr.com/ugd/9be271_4d5eaa72ef87471b931c69256fb07ffa.pdf
                      ※4〜6月は大阪本校とオンラインでつないだ双方向型の講座です。
                      初回4/5(日)14:00〜の詳細はこ下記
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.filesusr.com/ugd/9be271_9f79655e45e54692a9a205f02f328417.pdf
                      賀川豊彦記念館を訪問するツアーも企画中です。

                      社会と経済 「マルクスの思想と理論」
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.usrfiles.com/ugd/9be271_929f6d45cfe64599a6b4c3eda9c37855.pdf
                      講師:伊藤誠(東大名誉教授)

                      ぅ侫Д潺縫坤犢嶌​
                      東京教室「家族と仕事を考える」
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.filesusr.com/ugd/9be271_6b27d68625b7490a8a8a4591d7f2b2db.pdf

                      大阪本校によるオンライン読書会「フェミニズムはみんなのもの」(~2020.6)
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.usrfiles.com/ugd/9be271_dba9ac39ff364763841a21e3c89ab231.pdf

                      セ彖枦学講座 「グラムシ・ヘゲモニー論と現代政治思想」
                      https://3573ac99-b927-4a32-a2d8-a384f9f45ac9.usrfiles.com/ugd/9be271_17eb578a7b934c1f9dd800c7609a8976.pdf

                      受講料: 1回   1,000円(学生・失業者500円) 
                           回数券 9回分   8,000円    (学生・失業者4,000円) 
                                 12回分10,000円 (学生・失業者5,000円)  

                      受講システム
                      直接会場にて申し込み受付。どの回でも単発受講が可能です。予約は不要ですが
                      席に限りがあります(定員10名)。事前にメールで参加連絡をいただけると確実です。

                      アソシエ東京とは
                      https://www.associe-tokyo.com/pri-la-asocio

                      アクセス・お問い合わせ
                      https://www.associe-tokyo.com/loko-kontakto
                      TEL:03-6382-7605     FAX:03-6382-6538
                      Mail: mail@associe-tokyo.com


                      | 1/4106PAGES | >>