calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

市民社会フォーラムon Twitter

0
    21:18
    The latest デイリー 市民社会フォーラム! paper.li/okaby/13087448… Thanks to @shitian321136 @0950648133 @osakapolitics #スマートニュース #unionsforall
    10:34
    1・19 左京みんなのデモ 中東への自衛隊派兵は中止を! civilesociety.jugem.jp/?eid=40927 #jugem_blog
    10:33
    和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2020/1/18) ラグビー人気と2020年の世界を??civilesociety.jugem.jp/?eid=40926 #jugem_blog
    10:32
    「桜」全国ネット結成に向けて  civilesociety.jugem.jp/?eid=40925 #jugem_blog
    10:30
    大阪方面の方へ: 「3・27 東京オリンピック反対集会」(仮称)相談会のご案内 civilesociety.jugem.jp/?eid=40924 #jugem_blog

    1・19 左京みんなのデモ 中東への自衛隊派兵は中止を!

    0

      1・19 左京みんなのデモ 中東への自衛隊派兵は中止を!

      アメリカとイランの緊張が高まっており、下手をしたら本格的な戦争になりかねません。アメリカトランプ政権によるイラン核合意からの一方的な離脱がこの地域での緊張の高まりの原因であり、今回アメリカが行ったイラン軍司令官の空爆による殺害は明白な国際法違反です。これに対し、イランによる報復攻撃が行われるなど、緊迫しています。派遣中止が当然です。

       安倍政権は、自衛隊をアメリカよびかけの有志連合に参加させるのではなく、緊張の原因となっているアメリカの態度をただし独自の平和外交の努力を行うべきです。戦争ストップ、自衛隊員の命を守るため、ご一緒に声をあげましょう。

      ■日時:2020年1月19日(日)午後3時40分
      ■場所:百万遍・京大博物館前

       午後3:40〜「左京みんなのデモ」
       京大博物館前集合・出発
       午後4:30〜京都市役所前集会合流
       午後5:00〜デモ

      ■主催:安倍9条改憲N0!左京市民アクション
      ■呼びかけ団体:
      ・憲法9条の会左京連絡会
      ・自由と平和のための京大有志の会
      ・戦争をさせない左京1000人委員会(市民環境研究所 電話711-4832)
      ・戦争法廃止を求める左京の会(事務局・民医労東支部 電話712-6289)
      ■イベントページ
      https://www.facebook.com/events/462420117969568/


      和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2020/1/18) ラグビー人気と2020年の世界を語る、平和と民主主義は待っていても来ない、権力者が有耶無耶にして逃げるのを許してはならないことを説く!

      0

         永岡です、和歌山放送ラジオの、ボックス金曜レギュラーの、和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さん、スピンオフ企画、今年から第3土曜日20時にありました。聞き手は寺門秀介アナウンサーでした。ラジコタイムフリーで聞きました。

         今回のテーマは、2020年、去年の年末〜今年年初に様々なテーマがあったが、まずはラグビー、ワールドカップで盛り上がり、そして花園で高校ラグビー、さらにトップリーグ開幕、伊藤さんの母校が6年ぶり3回目の花園、1回戦は行けるか、2回戦は青森山田、厳しいと思いつつ、12/30に応援に行くと勝って、ラグビーは男性のスポーツだけでなく、女子ラグビーもあり、伊藤さんの母校は開会式の直後、女子ラグビー、レフェリーも女性、グラウンド変更になり、伊藤さん行ったら勝って、年末伊藤さん埼玉に帰省するのに、今年は花園にいて、優勝した桐蔭学園には負けたものの、浦和も大健闘、自分たちの得意なプレーで一矢報いて、同級生は埼玉から来て、そのトライを見ただけで価値はあり、浦和学院は文武両道、それは伊藤さんの現役のころから、しかし伊藤さんは文武両道の武だけ(笑)、しかし進学校ともてはやされるのは何か?公立高校でスポーツ推薦はなく、最近は経験者も入るものの、伊藤さんの時代は経験者ゼロ、それで勝ってきた(笑)。寺門さんも埼玉の出身でラグビー強豪が揃い、しかし埼玉県のラグビーのレベルは落ちたかと伊藤さん説かれて、しかしそれでもいい夢を見させてもらい、ラグビーはトップリーグ開幕、にわかファンと言うと批判されるが、ラグビーはワールドカップで専門家でなくても楽しめる、どんどん足を運んで、ラグビー人気が根付いていてほしい。

         大学選手権は早稲田と明治であり、いい試合であった、当初ワンサイドゲームから明治が頑張り、ああいう試合は相手が明治だからできた、寺門さん、早稲田vs明治、早明戦は燃える、伊藤さん、後輩の躍進は気分がいい、そのまま1年過ごしたい、和歌山のチームも、ラグビー人口が増えてほしいと説かれました。

         今年最初の1曲は、B‘Zの兵、走るでした。 これはYouTubeにありました、https://www.youtube.com/watch?v=7U1cj2UD9-s

         

         後半のお話は、2020年の世界のこと、年末年始、混迷、緊迫した国際情勢、イランとアメリカ、米軍がソレイマニ氏殺害、イラン報復、アメリカは報復せず経済制裁、第3次世界大戦とも言われて、イランがウクライナ機誤爆、今は小康状態だが、ソレイマニ氏はアメリカに対するテロリストというものの、伊藤さんは、テロリスト、アメリカから見たらソレイマニ氏はそうだが、イランから見たら要人、日本だと防衛大臣、その殺害は主権侵害、単なるアメリカとイランの対立ではなく、アメリカがイランの主権侵害、話し合いと安倍氏も言うものの、人の命を奪って問題は解決しない+アメリカはテロリストと見なしたものを暗殺も過去多々して、それを日本で仕方ないではだめ、民間人が殺されたというのはアメリカの理屈、イランからしたら、自国の要人が暗殺されて、報復は抑制?されたもの、アメリカを攻撃しても、アメリカに死者なし、事前通知など言われるものの、その際に死者は出なくても、民間機が誤爆されて全員死亡、結果的に民間人が犠牲になり、伊藤さんも何度も言い、きれいごとではない、人の命を奪わないと解決できないのはおかしい、日本だと憲法改悪したい人もいるが、今は9条があり平和主義の日本は、武力行使は批判、安倍氏が仲介するものの、仲介はうまくいかずこんなことになり、安倍氏だけの責任ではないが、安倍氏はイランとアメリカの顔色を見てならダメ、安倍氏はトランプ氏に司令官殺害はだめ、イランには民間機誤爆は謝罪で済まないと言うべき、血で血を洗うようなものは否定すべき、戦争の火種はいくらでもあり、幸いにも日本は75年戦争に巻き込まれず、自衛隊は危険もあったが、対立の渦中にある国の人たちは生活で精一杯で発言できず、日本は戦争するなと言うべき。

         そして、米中の対立、貿易はクリアみたいでも、血を流す戦争と、経済戦争が世界にはびこり、日本も大打撃を受けて、日本からバカなことをするなと、両者をなだめるべき、日本でも大変で生活で精一杯の人もいるが、世界には戦争の中で殺される人が多数いる。

         そして、通常国会が20日から、しかし年越しで問題は先送り、というより有耶無耶になり、桜を見る会のスキャンダルと、博打場の汚職など、今の社会の矛盾を放置していたら同じ芽が出てこの国はつぶれる、糺すべきは検察ではなく国民、香港、台湾のことを見るべき。台湾の総統選挙は有権者の熱気が大変なもの「平和と民主主義は待っていても来ない、自分たちで勝ち取るべき」、しかし今は国民の政治への熱はあまりにも寂しい。

         寺門さん、様々な問題があっても年が明けると忘れられる、伊藤さん、今年はオリンピック騒ぎだが、それで忘れたらだめであり、国民はこの国と、世界の行方を中止すべき、大きな問題は有耶無耶にさせない、権力者にきちんと責任を取らせる、有耶無耶にすることを許さない熱気が国民に必要。寺門さん、SNSでも炎上がある、伊藤さん、情報が多すぎるが、身に降りかかるものは当事者でなくても大事にすべき、様々なことから目をそらさず、自分にどう降りかかるのかと考えるべきと説かれて、2020年は明るいニュースで迎えたいと締めくくられました、以上、伊藤さんのお話でした。


        「桜」全国ネット結成に向けて 

        0

          ご苦労様です。

          1 全国各地で、「桜」問題を冠した団体が発足していたら

            教えて下さい。

          2 全国各地でも結成しませんか。

           

          ===================================================== 

          毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

          出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

          〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

          tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

          =====================================================

          「桜」私物化!怒り満開 市民の会 会内での私のメールより

           

          当会以外にも、仙台で、

          「桜を見る会」を追及する県民の会・宮城

          「桜を見る会」を追及する弁護士の会・宮城

          が相次いで結成され、刑事責任を追及する署名運動なども行う

          とのニュースを知りました。

           

          私案ですが、このように「桜」を冠する諸団体が全国に呼び掛けて

           

          「桜を見る会」徹底追及全国ネット

          「桜を見る会」徹底追及・私利私欲政治打破全国ネット

          「桜を見る会」徹底追及・国政刷新全国ネット

           

          のような全国的に緩やかに繋がる団体

          をつくり、全国規模で運動を展開する必要がある

          と思います。当会の発足時のアンケートにも同様なご意見が

          ありましたし、異論があるとは思えませんが、

          ご意見ありましたらお願いします。

           

          ===================================================== 

          毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

          出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

          〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

          tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

          =====================================================


          大阪方面の方へ: 「3・27 東京オリンピック反対集会」(仮称)相談会のご案内

          0

            ATTAC関西グループの喜多幡です。

             

            東京オリンピック・パラリンピックに対してさまざまな観点から反対の動きがありますが、運動の連携をつくるため、3月27日に小倉利丸さんの講演を中心にした集会を計画しています。

            日程・会場・講師以外は白紙です。お知恵とお力をお貸しください。

            1月27日(月)に相談会を開きますので、ぜひご参加ください。

             

            +++

            <拡散にご協力ください>

             

            これでいいのか?オリンピック・パラリンピック騒ぎ!

            「3・27 東京オリンピック反対集会」(仮称)相談会のご案内

            2020年1月9日  

            ATTAC関西グループ

             

            昨年来の令和・新天皇騒ぎとオリンピック騒ぎ、何かおかしいと感じている人も少なくないと思います。

            招致をめぐる巨額の利権と「福島はアンダーコントロール」というウソから始まった2020年東京オリンピック・パラリンピック。あらゆるメディアで「感動」と「一体感」を強要するかのような空気が醸成されているのではないでしょうか?

            大阪では万博招致で勢いづいた大阪維新の会がカジノ誘致、大阪都構想に邁進しています。

            こんな時こそ、空虚な騒ぎの中で隠されてしまいがちなさまざまな問題にしっかりと目を向けて、声を上げていくことが大事だと思います。

             

            そのような思いから、私たちは3月27日に「東京オリンピック反対集会」(仮称)の開催を企画しました。新自由主義グローバリゼーションの下で、オリンピックや万博などのメガイベント・祝祭が担わされてきた役割、それとともに強化されてきた監視社会化の動きに警鐘を鳴らしつづけてきた小倉利丸さんを招いて、講演とあわせて、各分野からの問題提起をお願いしたいと考えています。

            *3月28日に京都で小倉さんの講演会が予定されており、それに合わせて日程を決めています。会場は、エルおおさか708号室(定員117人)を仮予約しています。

             

             趣旨に賛同される団体・個人のみなさんで実行委員会をつくり、広く参加を呼びかけていきたいと考えています。そのための相談会を下記のとおり開催しますので、ぜひご参加を検討してください。集会の日程・場所・講師以外はまだ白紙です。みなさんのご意見・アイデアをお持ちよりください。

             

            「3・27 東京オリンピック反対集会」(仮称)相談会

            日時:1月27日(月)午後6時半から

            場所:エルおおさか707号室

             

            相談会に関するお問い合わせや連絡等は

            ATTAC関西グループの喜多幡まで(090-4280-3952)


            市民社会フォーラムon Twitter

            0
              21:18
              The latest デイリー 市民社会フォーラム! paper.li/okaby/13087448… Thanks to @wtrmama @lebleudeciel38 @hidekazuasai #スマートニュース #薬剤性ジストニア
              07:13
              「北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラム」(2019年12月5日〜7日)のご報告(希望の??civilesociety.jugem.jp/?eid=40922 #jugem_blog
              07:11
              ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2020/1/17) 谷口真由美 阪神淡路大震災25年を語??civilesociety.jugem.jp/?eid=40921 #jugem_blog

              「北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラム」(2019年12月5日〜7日)のご報告(希望のまち東京をつくる会・ブログ)

              0

                紅林進です。

                私も関わっています「希望のまち東京をつくる会」のホームページ http://utsunomiyakenji.com/
                に当会代表の宇都宮けんじが参加した、昨年12月に韓国・春川市で開催された
                「北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラム」(2019年12月5日〜7日)
                のご報告のブログがアップされていますので、ご覧ください。

                イベント「北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラム」(2019年12月5日〜7日)のご報告
                http://utsunomiyakenji.com/2739

                このフォーラムについては、『東京新聞』2019年12月13日朝刊・第27面(特報面)と
                『週刊金曜日』の2019年12月20日号の宇都宮健児執筆の「風速計」というコラムと、
                『週刊金曜日』2020年1月10日号の高田健さん執筆の「STOP!9条改憲」の記事でも
                紹介されています。

                なおこのフォーラムを日本側で準備したのは、「日韓市民交流を進める市民連帯」(代表:白石孝)
                です。

                紅林 進
                skurbys@yahoo.co.jp


                ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2020/1/17) 谷口真由美 阪神淡路大震災25年を語る、被災者の話を聞くだけでも支えになる、身近に被災者、被災地を助ける手はある

                0

                   永岡です、ABCラジオの、伊藤史隆(しりゅう)のラジオノオト、シーズン3、金曜日のパートナーは法学者の谷口真由美さんでした。

                   

                   谷口さんの気になったニュース、チバニャン、千葉の友人たちが喜び、学術用語に日本名はいい、東京でなく千葉がいい、阪神淡路大震災は後でやり、トランプ氏の弾劾裁判、今年大統領選挙、トランプ氏は外交で強気で勝ちに行く、イランのこと、中国のこと、トランプ氏の支持層はラストベルト、白人のつらい層が支持して、アメリカファースト、アメリカを見た地球のあり方が問われて、日本はどうするか?トランプ氏は短絡的でそれが顕著になった。

                   広島高裁の伊方差し止め、我々は地震だと原発事故を懸念するようになり、阪神淡路大震災では原発は関係なかったが、東日本大震災で福島第一原発事故、揺れるたびに原発は大丈夫かと思い、1月17日に原発差し止めは考えさせられて、核のあり方、便利で電気を享受ではない、一旦事故なら住めなくなる。

                  GDPが高くても、2025年に3.6兆円の赤字と政府は言うものの、政府は嘘をついた、そのために消費税増税でないか?今までの国債は考えず、日本は貧しい国になった、海外から見たらそう、安い=外国人観光客はそれを買いに来ていると説かれました。

                   

                   谷口真由美の一言よろしい??もちろんテーマは阪神淡路大震災25年、谷口さんの成人式の2日後に震災、昨日と変わらぬ今日は来ない、しかし3月に地下鉄サリン事件で全国ニュースはそちらで阪神淡路大震災は忘れられて、関西に関西の放送局があり良かった、ローカルのニュースのニーズ、新聞の地方欄の尊さを20歳の時に知り、当時は関わるとは思わなかったが、リスナーより1・17のメールもあり、南あわじ市の方、震度7で東灘区の自宅全壊、自力で脱出、その後救出して、しかし亡くなっていたこともあり落ち込み、一人でも多くの人を助けたいと思っていたとあり、史隆さん、一人一人が思い動き、谷口さん、自分の判断で動き、NPO法人法もできて、避難所に付箋を貼って、谷口さんの友人のエピソード、東灘区では有名なPTA会長、保護司、スーパーおせっかいおばちゃんのFBに今朝、またこの方のことを思い出した、水汲みの際のこと、皆さん無事かと聞くと、娘が亡くなったとあっさり言われて、娘だけだめと言われたことを思い出して、娘さんが亡くなった母親の話、あかんかったと咄嗟にそんな話を谷口さんできるか、日常、緊急時は悲しむ、怒るは後になり、目の前で亡くなるのは大変だが、無数の死を目の前にしたら悲しむのは、いないことがわかり大変になる。谷口さん、友人が西宮にいて、友人のいる体育館にペットボトルを背負い行き、戦争中の光景なみ、麻痺して、そして歩いて帰り、梅田だと日常生活、煌びやか町でクリアランスセール、電車だと10数分のところでこの格差、ある所を境に、戦争中と平時の差を20歳の谷口さん感じて、梅田でも被災者を支援する方もいたが、違和感は今あり、友人の5年前の書き込み、1・17は眠れない、地震は思い出さないようにでも、老眼鏡が曇り、震災のニュースから目をそらすもので、25年のアーカイブがABCでも見られて、胸に迫り、当時を思い出した友人がたくさんいて、母子手帳のことを思い出す、谷口さん当時八尾にいて、自分や友人は大丈夫だが、朝は呑気、その日は大学の試験、電車は止まっているか、ネットのない時代に、神戸が大変、映像の中にいた方はピリピリして、見るのがつらいのは理解できる。

                   史隆さん、尼崎で被災、奥さんが大けが、明石に10時間かけて避難して、史隆さん無事で、ABCに明石から出るのは電車も高速道路もだめ、1/18の際に、明石から有馬温泉まで行き、宝塚を経て大阪に行こうとして、しかしタクシーもだめ、18日は救援物資で車も進まず、歩くしかなく、宝塚では建物も倒壊して、なら電車の軌道を歩こうとして、同様の方も多数いて、30代の女性から、どこに行くのかと問われて、史隆さん、雲雀丘花屋敷までと語ると、女性から、お願いだから一緒に行ってほしい、主人が亡くなり怖い、大阪の親戚の所に行くと、自分は家具の間で助かり、ご主人は亡くなり…というお話を聞いて、別れるとき、ありがとうございましたと言われて、電車で梅田だと、日常生活、史隆さん、その女性を大阪まで誘導すべきだったと説かれて、谷口さん、まずすごい悲しみだと声を発せられず、史隆さん、その方は泣いていなかった、谷口さん、一人で歩いていたら自分で考えて、そして史隆さんに話して落ち着いた、誰かに、そうですかと聞いてもらい消化されて、その女性は史隆さんをよく捕まえた、怖いと普段は言えない、鉄道の線路を歩いて、その方は今も覚えていて、他人の痛み、悲しみを聞いてあげてほしい、東日本大震災の後、電話番号を被災者に伝えて、傾聴ボランティアをされて、避難所のリーダーも大変、いつでもお電話を、で話を谷口さん何十分聞かれて、聴いてくれてありがとう、何もできない人はいない、誰かの役に立つ、ラグビー、野球、サッカーが心の支えになり、その人が生きていて良かった、史隆さんに救われた人もあり、私には何もできないではない、つらい話を聞くだけでも救われる、難しい、被災地支援だけでなく、ホットラインだけでも被災者のためになる。史隆さん、1・17に、大げさでなくても支援はできる、阪神淡路大震災、日常を取り戻すために必死の方もいると説かれました、以上、谷口さんのお話でした。


                  市民社会フォーラムon Twitter

                  0
                    21:18
                    The latest デイリー 市民社会フォーラム! paper.li/okaby/13087448… Thanks to @sayori27 @keyaki1117 @sexxor #宇野常寛 #阪神・淡路大震災
                    17:39
                    和歌山放送ラジオ ボックス(2020/1/17) 伊藤宏 阪神淡路大震災25年と和歌山の断水を語??civilesociety.jugem.jp/?eid=40919 #jugem_blog
                    01:21
                    転送】阪神・淡路大震災25年の集い  阪神・淡路大震災−東日本大震災−原発事故(1/18土@西宮??civilesociety.jugem.jp/?eid=40917 #jugem_blog

                    和歌山放送ラジオ ボックス(2020/1/17) 伊藤宏 阪神淡路大震災25年と和歌山の断水を語る、被災者支援をもっとすべき、災害弱者への助けを備えるべきことを語る

                    0

                       永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。1月17日、5時46分、伊藤さんは三重県でも体験したことのない揺れ、赤井さんはゴーという音で目が覚めて、和歌山でも大変な揺れ、伊藤さん、三重でも縦揺れ、あわててテレビを付けて、赤井さん、和歌山の家では被害はなくても死を意識して、伊藤さん、震源に近い人は切実と説かれました。

                       

                       伊藤先生の脳に聞くニュース、今日のテーマは言うまでもなく阪神淡路大震災25年、あの時は大変なことになり、ライフライン破綻、ライフラインというと、和歌山でも、来週断水で長期間になる、センター試験にはかからないものの、22日まで、堤デスク、和歌山企業局の発表、配水管に漏水、和歌山市は4つの浄水場でその基幹、ここで漏水だと大変、国交省と協議して、このまま放置したら道路陥没なので修繕工事、断水せずに工事もできるが準備に1ヶ月かかり待てず、漏水は複雑、配水管の上に農業用水路があり、それで道路陥没の危惧、このようなことは初、水を止めて工事、断水期間は19〜22日、地面を掘って漏水を確認したら工事期間は変わるというもので、地域により異なり、35000世帯が対象、8万人、和歌山市では給水車38台で対応、断水する小中学校など、工事後の濁水解消まで、タンク、ペットボトルを用意してほしい。車で来ないでほしいが重い物を持つのは大変、伊藤さん、自分の家が断水の境界というメールが来ている、堤さん、断水する家庭にはハガキを郵送して、届いたら断水、HPの地図も分かりやすいものにする、電話もつながりにくく、昨日コンビニ、スーパーではペットボトルの水はなくなったそうです。和歌山市近郊もタンクが売り切れ、あと3日しか準備する時間がなく、いつ道路が陥没するか分からず、高齢者が大変なのです。赤井さん、災害だともっと大変、堤さん、水洗トイレは使えず、堤さん、1月17日にこういうことが起きる意味を説かれました。お風呂に水をためる、段ボールを二重にしてためることも使える、伊藤さん、大学はトイレのことで休講にしないとならず、自分の地域が断水かは大変、しかし工事は急ぐのだそうです…本当に大変です。

                       

                       神戸国際キリスト教会牧師の岩村義雄さん、心の復興が置き去りにされた阪神淡路大震災という文書を寄稿させて、全く同感です、https://www.christiantoday.co.jp/articles/25079/20180117/great-hanshin-awaji-earthquake-23-years-pastor-iwamura-yoshio.htm?fbclid=IwAR3_gwsUquA2zQarSo4gp4bkM8e_UDI5JRZwP6mIdZ15Ut3Ryc5VVKcsbQk

                       神戸新聞の正平調(朝日新聞の天声人語に当たるコラム)、https://www.kobe-np.co.jp/column/seihei/202001/0013039670.shtml と社説、https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/202001/0013039440.shtml です。

                       

                       伊藤さん、和歌山放送にも阪神淡路大震災のメッセージも来て、伊藤さん、25年でメディアは節目と言い、風化と言われるが、災害、東日本大震災もそうで、メディアにとって節目、新聞、テレビは大きな特集だが、被災者には節目もない、原発事故で故郷を追われた人もいて、被災者には毎日1・17、阪神淡路大震災を経て防災として、それ以前にも関東大震災はあったが、都市の大地震は初で対策もあるが、防災、減災は進んでも、発災の際の対応、東日本大震災も、昨年の台風連発でも、避難所は雑魚寝状態+被災者への生活再建は不十分、再建資金は大事なのに、一昨年の台風21号、大阪北部地震で修理にお金の出せない被災者もいて、法律を変えて被災者を支援すべき。

                       最近のニュースで伊藤さんエッと思ったのは、南海トラフ地震震源域でスロースリップと報じられて、東日本大震災の前にもスロースリップはあり、それですぐ来るわけではないが、災害対策は必須、和歌山市は断水だが、断水のエリアで3日水なしのエリアの方には、不謹慎な言い方かも知れないが、やむを得ないもの、ライフライン断絶の実地訓練と見て、地震、台風で断水であり、今回給水場所と往復するのには高齢者、障害者は無理、自助、公助、共助、準備できるのは何か、互助、共助、高齢者、障害者、断水で命をなくす人はないかもしれないが、体調を崩す、様々な被害の出ないように、周りにも目を配ってほしい、伊藤さん、大学が断水のエリア、住まいは大阪で、無責任ととらえず、水のない生活はどんなものか、体験で学習する機会であり、南海トラフ地震の防災、減災、津波、地震から助かっても避難生活で命を落とす震災関連死はたくさんあった。赤井さん、切実であり、1・17の近くに断水は何かの巡り合わせ、和歌山でも1・17の意味を理解してほしいと説かれました、以上、伊藤さんのお話でした。


                      | 1/4076PAGES | >>