calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2018/12/14) 谷口真由美 辺野古ゴリ押しを糾弾する!&谷口洋幸 ジェンダー論を語る、LGBTが心の底から笑える社会を作ろう!

0

    永岡です、ABCラジオの、伊藤史隆(しりゅう)のラジオノオト、シーズン2、金曜日のレギュラーは
    大阪国際大学の谷口真由美さんでした。谷口さん、辺野古ゴリ押しを見てどうも思わない人は鈍感、ウー
    マンラッシュアワーの村本さん、これを少女がレイプされて、46人の男が仕方ないと見ているようなもの
    とツイッターで発信されて(https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/1073377074625183747 )、少女
    =沖縄、46人の男=ヤマトンチュ、沖縄は翁長さんの時も、民意は辺野古NO、政府は丁寧な対応とし
    て、デニー氏が史上最多の得票なのに、土砂を入れるのがていねいか、土砂を入れたらさんご礁もジュゴ
    ンもなくなる+地盤が脆いと環境影響評価で出ている=アメリカも危ないと知り、将来的に海兵隊はグア
    ム移転で、なぜ今辺野古ゴリ押しなのか、来年2月の県民投票だが、ヤマトンチュはどうする?「あれを国
    家によるDVと分からないものは人間として失格」とまで語られて、史隆さん、危険な普天間の代わりは
    辺野古しかないのか、ヤマトンチュはどうすると説かれて、谷口さん、もともと奈良にも海兵隊はいて、
    沖縄でないといけない理由はない、沖縄だけが島ではない、沖縄県内の移設しかないと思う感性があった
    らダメ、デニー氏はそれでいいのかと発信していると説かれました。了解しました。リスナーからも、谷
    口さんの卓見への共感がありました。

     谷口真由美の一言よろしい??スタジオには金沢大学の人権ジェンダー論の谷口洋幸さんが来られて、
    真由美さんブルドーザーみたいにやり、そこを洋幸さん丁寧にされて、洋幸さん、真由美さんはアイデア
    をよく出すと言われて、真由美さん、リズム、ピッチャーとキャッチャーみたいというもので、史隆さ
    ん、ジェンダー論、LGBTに言及されて、洋幸さん、最近話題になった、ここ6年くらい、言葉は知られ
    ても、世間に普及したのはここ数年で、史隆さん、心の中で性のことを分けたらアカンということかとい
    うもの、洋幸さん、LGBTは普及した言葉だが、LGBは誰を好きになるかを示し、Tはトランスジェ
    ンダー、生まれた時の性別と今が違う人を差し、違う内容もあるものの、LGBTと様々な人たちは生き
    て、リスナーより、自分の娘は子供のころから女の子らしくと言われるのが嫌で、最近トランスジェン
    ダーということにどう対応したらいいかと質問があり、洋幸さん、トランスジェンダーの認識は、最初か
    ら違和感の人もあり、結婚して、子供を作り初めて気づく、違和感を持つ例もあり、しかし本人より、社
    会が、女の子は女の子らしくない、には問題、単に言われるだけが嫌な場合から、子供が生まれて覚醒す
    る場合もあり、ありのままの自分は何か?自分はもしかしたらトランスジェンダーかも知れないとわか
    り、史隆さん、どう対応したらいいかと言う点に、洋幸さん、関係性により異なり、一言確実に言えるの
    は、自らの性的志向をLGBTに言わせる=母親が信頼されている、性別変更は容易ではなく、他の人に
    自分の性のあり方を打ち明ける=信頼している→自信を持ってほしい、自分も想像したこともないものだ
    が、史隆さん、そんなアホな、と思う例を取り上げられて、洋幸さん、言ってくれてありがとうは難し
    い、これから教えて、一緒に勉強していくと真由美さんも説かれて、洋幸さん、親にLGBTと語ると、
    親がわかったふりをして、一旦受け入れる→また否定になったらダメ、信頼して言ってくれたことを遠ざ
    けたら本人は寂しく、互いに理解し合うべきであり、真由美さん、お母さんは戸惑う前に、言ってくれて
    ありがとう、娘さんに子供がいて、小学生の女の子か?自分の親がトランスジェンダーと理解するため
    に、自助グループ、関西にもそういうものがあり、それを頼るのも一手であり、史隆さん、子どもに親が
    LGBTとカミングアウトすることを説かれて、洋幸さん、サポートのグループもあり、それを見つける
    のが妥当と語られて、母性本能は何か、ジェンダー、女性だから母性本能というのは短絡的、世話を見る
    のを、勝手に母性本能としてしまい、性別と異なり、シスジェンダー、性別に違和感を持たない人を指す
    が、様々な人がいると説かれて、真由美さん、母親が虐待して母親のくせにと言われる、父親のくせにと
    言われず、子育てを全部母親のせいにするのはおかしく、母性本能は生物的にあるが、お母さんだから
    おっぱいあげたいではない、洋幸さん、親として、娘がトランスジェンダーとは、育て方を間違えたでは
    ない、母親は子育ての責任を負わされて、父親から責められる=LGBTは悪いこととする見方であり、
    お母さんとして、子供がトランスジェンダーは親のせいではなく、社会の作っている、LGBTはおかし
    いという見方は問題であり、史隆さん、戸惑いはあるが、信頼してくれてありがとうから進めるべき、洋
    幸さん、それはLGBTだけでない、性について聞きづらい、言いづらいが、聴くべき、真由美さん、息
    子さんが小学校でLGBTを学び、お孫さんが理解していると指摘されました。
     ここで音楽、高橋優、福笑い、洋幸さん授業で使われるものです。
    https://www.youtube.com/watch?v=uUT0CLa6KWo
     洋幸さん、昔のゼミ生が、先生の言っていることはこれだと教えてくれたもので、一番好きな歌詞は、
    あなたは今笑っていますか、強がりではなく心の底から、合わせて笑うのではなく、強がりではなく、心
    の底から笑えるか、幸せかであり、心の底から笑えるか、がこの歌の肝であり、LGBTについて、それ
    を持つ方も作り笑いをせざるを得ない世の中、波風をたてない生き方、日本ではLGBTだから危害を加
    えられるのではなく、差別されていない思う人もいるが、強がりで笑っている人が多く、それに気づくの
    が人権、ジェンダー論、自殺願望はLGBTの方では一般の3〜5倍であり、死にたいと思う=幸せではな
    い、好きなのが異性なのは当たり前と見られるが、異性が好きだからと苦しむことはなく、LGBTはそ
    れだけを理由にしんどく、作り笑いをするものだと説かれました。
     リスナーよりLGBT、LGBTqを見て、それの意味を教えて欲しいとの声があり、洋幸さん、レベル
    の上がる話、分かりやすく4つの分類だが、性の多様性は、LGBTだけでない、自分の性のあり方、ゲ
    イ、レズビアンだけでないと今は考えられて、qはクエスチョン、クイアーの意味、あいまいにしておき
    たい、分かりにくいものは解明する必要はなし、男、女と分ける必要はなく、男っぽい日、女っぽい日も
    ある意味をこめてqであり、今日は男性だが、明日はそうでないものをXジェンダーとする、恋愛感情を
    抱かず、無性愛のカテゴリーもあり、SNSのFBでは性別は50〜60あり、性は多様で、それを示すもの
    だと説かれて、史隆さん、杉田水脈氏の発言はとんでもないと説かれて、洋幸さん、生産性=子供を産め
    るかどうか、子供を産むためだけに人間は生きているのではない、怪我して、お見舞いに行く際に、生殖
    機能を残せない、産まないから税金を使わない→ホルモン治療は一生かかり、子供を産ませてもらえな
    い、そんなことをいう杉田水脈氏の存在は怖いと洋幸さん説かれて、史隆さん、腑に落ちると締めくくら
    れました。真由美さん、洋幸さん、部落解放のところで、部落差別とネットについてシンポジウムがあ
    り、もう満員で入れないが、荻上チキさんや津田大介さんも来られて、お二人行かれるのです、以上、谷


    市民社会フォーラムon Twitter

    0
      21:18
      The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/vhmzIg2qrF Thanks to @nagoming123 @_moondoggie @ca_tsuwo #ハライチ #格安スマホ
      19:34
      【告知】国民投票と改憲CM 広告(プロパガンダ)が憲法を殺す日(2019/1/13日@神戸) https://t.co/AVEzzDedyN
      19:34
      【告知】『泥憲和全集?「行動する思想」の記録』出版記念企画「泥さんを偲び、泥さんとともに」(2019/2/10日@東京) ? 市民社会フォーラム https://t.co/iYJMEbd7GB
      19:34
      【告知】鈴木達治郎・元原子力委員会委員長代理・講演「核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ」(2019/2/9土@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/M20LmQNd1V
      19:33
      【告知】スピリチュアリティと生活 ジェンダーの視点から(2019/2/2土@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/idxP8NZTLR
      19:33
      【告知】ニセ科学を見抜く眼力 市民にとって大事な科学リテラシー〔講師:小波秀雄さん〕(2019/1/26土@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/zPy3Gse9q6
      19:33
      【告知】玉本英子さん帰国報告会「取材映像で見るシリアとイラクの現状」(2019/1/25金@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/884v24s0vU
      19:33
      【告知】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会(2019/1/19土@神戸&20日@大阪) ? 市民社会フォーラム https://t.co/VQrFXCAPSu
      19:33
      【告知】国民投票と改憲CM 広告(プロパガンダ)が憲法を殺す日(2019/1/13日@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/AVEzzCWCad
      19:33
      【告知】山本太郎×藤井聡×松尾匡「本当に日本を再生できる みんなのための財政政策 Part3」(2019/1/19土@大阪) ? 市民社会フォーラム https://t.co/6YjVV47oBW
      19:32
      【告知】緊急上映会『デニーが勝った!』『宮古島からのSOS』(2018/12/22土&23日@元町映画館) ? 市民社会フォーラム https://t.co/9ahON877HD
      19:32
      【動画】雨宮処凛×松尾匡「どうする?日本の経済と格差社会」(2018/10/7大阪) ? 市民社会フォーラム https://t.co/QARCy7ND5x
      16:58
      RT @_keroko: 市民社会フォーラムで講演させていただくことになりました。 どうぞよろしくお願いいたします。 https://t.co/84yXcTGV6i
      15:34
      【市民社会フォーラム第235回学習会のご案内】スピリチュアリティと生活 ジェンダーの視点… https://t.co/IadxnRDfLb #jugem_blog
      15:23
      中國との貿易戦争をやめるようトランプに求める署名 https://t.co/dqo7fnaLGI #jugem_blog
      15:14
      和歌山放送ラジオ ボックス(2018/12/14) 伊藤宏 第1次産業を潰す悪法をメディアがちゃ… https://t.co/70oTkrnJtT #jugem_blog
      13:18
      12 tweeps followed me in the past week. Feels great! Do you also want to feel awesome? Check out https://t.co/VCVufhhHdX
      11:25
      12・22緊急講演会「外国人を労働力ではなく、人として受け入れよう」(講師鳥井一平さん) https://t.co/TMS94zKmRu #jugem_blog
      11:21
      安倍9条改憲NO!3000万署名2018年FINAL大街頭宣伝(12月22日) https://t.co/2sE48H6zfv #jugem_blog
      11:19
      12/14 海を殺すな!辺野古への土砂投入を許さない!緊急抗議行動(京都タワー前 https://t.co/hQsqlFS0Kg #jugem_blog
      11:18
      12/14(金)公共サービス民営化に抗して 市民と労組の共闘は可能か@亀戸文化センター  https://t.co/0R5Ac1XLoV #jugem_blog

      【市民社会フォーラム第235回学習会のご案内】スピリチュアリティと生活 ジェンダーの視点から(2019/2/2土@神戸)

      0
        以下転送転載拡散歓迎
        ==========================
        ■□■市民社会フォーラム第235回学習会のご案内■□■
         スピリチュアリティと生活 ジェンダーの視点から

        日 時 2019年2月2日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
        会  場 元町映画館2Fイベントルーム
        講 師 橋迫 瑞穂さん(立教大学社会学部兼任講師)
        参加費 1000円
        終了後、会場にて希望の方と講師を囲んだ懇親会を予定

        お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
        メール:civilesocietyforum@gmail.com まで

         パワースポット、占い、ヨガ、アロマセラピー、自己啓発本…目をこらすと「スピリチュアル」な商品や情報は意外なほど身近にあります。
        「スピリチュアル」はわたしたち、特に女性を癒したり励ましたりしますが、時に健康を害するきっかけとなったり、金銭トラブルの基になったりもします。
        「毒にも薬にもなる」、それが「スピリチュアル」なのではないでしょうか。
         他方で、新しくて珍奇に見える「スピリチュアル」ですが、伝統宗教や戦後日本の価値観とも密接に関係しています。
        一皮めくると、意外なほど複雑な要素が絡まり合っています。
         今回は、女性の健康、特に妊娠や出産を巡る「スピリチュアル」な商品や情報を取り上げてその内容を紹介するとともに、「スピリチュアル」が広まった社会的背景や、そうしたものとの付き合い方について考えていきます。 

        ■橋迫 瑞穂(はしさこ・みずほ)さん
        立教大学社会学部博士課程後期課程 修了(社会学博士)
        立教大学社会学部他、兼任講師
        専門はジェンダーとスピリチュアリティ
        来年には、占い雑誌『マイバースデイ』を分析、検討した単著が刊行される予定。
        趣味は読書、海外ドラマ、ゲームセンター通い。

         

        中國との貿易戦争をやめるようトランプに求める署名

        0

          浅田です。

          アメリカの中國への貿易戦争は経済問題を超えてきわめて危険です。
          トランプ大統領に中国との貿易戦争をやめるよう求める署名が

          https://www.pactionpac.com/stop_trade_war/kathleen_rice

          で行われています。賛成の方の署名をお願いします。転送・転載歓迎

          和歌山放送ラジオ ボックス(2018/12/14) 伊藤宏 第1次産業を潰す悪法をメディアがちゃんと取り上げず、環境が破綻する!第1次産業から幸福を実感できない日本社会の災を語る

          0

            y

            永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授の伊
            藤宏さん(新聞うずみ火スタッフ)でした、司会は赤井ゆかりさんでした。
             伊藤先生の脳にきくニュース、今週は臨時国会閉会、様々な法案、政府提出法案13成立、入管法がク
            ローズアップされて、できた後で決めるというもの、議論は煮詰まらず強行採決、どう変えてどうするか
            ちゃんと議論しないといけないのに、国会よりメディアに問題、水道民営化も、いよいよの時にメディア
            で取り上げられて、前の通常国会でちゃんと伝えられず、国民は知らされず、漁業法も改悪、ほとんど伝
            えられず、大企業の新規参入ができて、どういうことが懸念されるか、漁業者は懸念しているのに取り上
            げられず、改悪漁業法で大企業が入れて、零細な漁業者が脅かされて、日本は農業国、それを守るルール
            があり、サザエ、うにをある程度以上は採ってはいけない、資源を守るため、日本の観光資源は自然の景
            観、もともとあつたものではなく、農業、林業により作られたもので、第1次産業で景観は保たれて、海岸
            線も同様、そこに大企業が入ると、利益重視=合理的なものだとすると、共同体の組織、ルールは大企業
            により潰されて、政府はそんなことないというものの、日本の産業構造では、農業潰しを続けてきて、漁
            業も潰される、水道法も、外国の資本も参入して、大企業だけでなく、価値観の違うものが入るのは、外
            国企業の否定ではなく、もっと議論が必要なのに、それをせず、国民は議論に入れず、国民が関心を持つ
            暇もなく決められたのは大問題、漁業は和歌山も大変で、第1次産業の就労者が減って、現場の方が今も苦
            労して維持しているのに、農林水産業に携わる方を守る=日本の環境を守ることであり、漁業は食物だけ
            でなく、生業をちゃんと考えるべきなのに、法律変更ゴリ押しは問題で、防衛大綱でも、空母を多用途母
            艦と詭弁でやっているのは問題+F35を105機買い、1.3兆円、ステルス戦闘機=防衛ではない、日本の軍
            事費は増える一方で、これでいいわけはないと説かれました。
             さらに、今年の漢字、去年は北、今年は平成最後で災、やむを得ず、今も日本海で大雪、今年は2月に豪
            雪、6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨災害、8月に台風、9月に北海道で大地震、これ以外にも、軍事
            費のことも話したが、防災と災害のための支援にもっとお金を使うべきで、今年1年和歌山県だけで台風被
            害は大変で、県警の方も、詐欺被害、テレビのアンテナ修理、ブルーシート、瓦の点検で悪質業者も、災
            害後に出て、詐欺は災害の被害時に、自力で修理するしかなく、マンションのパーティション、災害時に
            破って避難できるもの、伊藤さんの知り合いの方が、生産が追い付かないといい、大災害の後は息の長い
            支援が必要で、民間や個人の力では限界があり、国が支援体制を整えるべき、南海トラフ地震もあり、日
            本国民は災害と無縁ではなく、東日本大震災級の災害時に、今は支援する側だが、支援される側になり、
            支援してくれる余力はあるのか、日本全体が支援される必要になる危惧があり、伊藤さん和歌山の方で気
            遣いについて、台風でみかんが打撃を受けたら、それを愛媛のみかん農家が支援するクラウドファンディ
            ングがあり、和歌山はみかんの生産量は日本一、しかし愛媛みかんはライバルなものの、愛媛が支援して
            くれて、規格外のみかんを応援価格で買い取ってくれて、和歌山のみかん農家が被災して、みかん農家と
            して愛媛が分かっているから支援してくれて、同業者、それもライバル関係にあるのに支援する、これが
            広がらないといけない、災害時、農産物は被害だと翌年も打撃で、収入が減り大変なことになるので、和
            歌山のみかん農家は大変で、支援をする、こういうことこそ支援する法律が必要で、競い合う中で和歌山
            のみかんも愛媛と切磋琢磨しているが、漁業権、企業だとライバル叩きになる、効率化=災害対策は無視
            で、こういうものを私たちは考えるべきで、大事なのは人を大切にすること、その中で国家があり、国同
            士となるのに、大枠で考えてしまい、日本の水産業、農業を草の根で大切にしていないもので、視点が上
            から目線、マクロの見方で見てしまい、農家、漁業者の視点が国、国政に生かされず、国民は置いてきぼ
            り、所得税は結構引かれて、国からお金を取られるために働いているのかと思われて、国民が幸福を感じ
            るための政治、助け合うためのものが必要なのに、一部のものだけであり、国民が幸福を実感できる政治
            を取り戻してほしい、しかし実態は逆で、このままだと毎年漢字は災になってしまうと締めくくられまし
            た、以上、伊藤さんのお話でした。
             

            12・22緊急講演会「外国人を労働力ではなく、人として受け入れよう」(講師鳥井一平さん)

            0

              觜本です。

               

              「外国人受け入れ」をめぐる問題を考える緊急講演会を開催します。

              講師は「NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク」代表理事の鳥井一平さんです。

              ぜひご参加ください。

              (転送、転載歓迎)

               

              〇緊急講演会へのお誘い

               

              「外国人を労働力ではなく、人として受け入れよう」

               

              《日時》20181222日(土曜日)午後2時から4時まで

              《会場》兵庫勤労市民センター(神戸市兵庫区、JR兵庫駅北東すぐ)

              《テーマ》外国人労働者の受け入れと多民族・多文化共生社会の実現

              《講師》鳥井一平氏(NPO法人 移住者と連帯する全国ネットワーク代表理事)

              《主催》かもめの会・兵庫

              《協賛》NGO神戸外国人救援ネット、NPO法人神戸定住外国人支援センター、

              多文化共生センターひょうご、ひめじ発世界

              《参加費》500

              (主催者連絡先)電話 080-3799-4614(神戸ケアセンター気付 かもめの会)

                  E-Mail  kamome201811@gmail.com

               

              日本での外国人労働者の受け入れについて、経済界からの要求を受け、現政権はさらに受け入れを増やすべく新しい在留資格を創設する「出入国管理法改正案」を今国会で可決されました。

              従来から制度の建前と実態のずれがあまりに大きく、労働条件の劣悪さ、あくまで期限付きの受け入れであることなどなど問題指摘の多いものでした。根本的な部分での社会的合意を避け、その場しのぎを続けてきたことが一番の問題です。今回、経済界の要求によりさらなる受け入れ拡大の方向で事態が急展開することになっています。

              在留外国人は20183月時点で政府の統計で256万人とされ、そのうち労働者と言われるのは127万人。この5年でほぼ倍増しています。

              そもそも日本には先の戦争に起因する「在日」と呼ばれる人々が現在の制度で「特別永住者」として33万人います。従来から就職差別問題、ヘイト問題、高校無償化問題など様々な解決すべき課題がありました。

              そして、この間急増しているのは留学生と技能実習生で、合計で58万人になっています。

              OECDの『一年以上外国に居住している人』という基準に照らしてみると、2015年に日本に流入した外国人数は39万人と、世界第4位。一部の人が“隠れ移民大国”と呼ぶほどの状況です。」(文芸春秋20188月号の特集からの引用)

              日本社会での人口減少、労働力不足を背景に実態として外国人労働者が上記のように急増しています。しかし現政権は「移民」としては受けいれないとの姿勢は崩しておらず、外国人を日本社会にどう受け入れるのかという根本的な部分での議論が不足しており、ますます問題を混迷させかねないものと懸念されます。

              外国人とともに多民族・多文化共生社会を目指そうとの提起が一方でありながら、まずはその劣悪な労働環境の改善が先である、あるいは日本人のなかで非正規雇用が増えている中、底辺層に位置づけられかねない外国人労働者の受け入れは自分たちの労働条件を引き下げる危険性があるなどで制限的あるいは否定的な議論もあります。

               

              現政権が目指すものは安上がりな労働力の確保ですが、労働力は労働者(人間)が持っているものであり、受け入れるのは人間であることが大前提です。労働者としては労働問題、人としては人権問題、そしてその人々を受け入れる地域の問題、考えるべきことは多岐にわたります。それらを踏まえた議論の組み立てが必要です。

              そして、少子高齢化が急激に進む日本という国を今後どうしていくのか、社会保障と税負担の問題など、様々な根本的な問題も避けて通れないのですが、外国人の受け入れはそこにも関わってくるものです。今こそ、その場しのぎに終わらない議論をすべきです。

               

              講師は長く「人としての外国人労働者」の受け入れ活動に関わってこられました。その経験を踏まえて、外国人の受け入れ問題の経緯や問題点、今後に向けたメッセージを頂く予定です。

              当日は、地元兵庫で長くこのテーマで活動してこられた方からの問題提起も頂く予定です。

              国の制度による部分が大きいにしても、私たちの地元でどう受け入れていくのか、一緒に考え、今後に向けて求められる課題を確認する場にしたいと思います。

               

               


              安倍9条改憲NO!3000万署名2018年FINAL大街頭宣伝(12月22日)

              0

                高田健です。
                【拡散希望】今年のFINAL大街宣です。どうか、お仲間を誘ってご参加ください。

                安倍9条改憲NO!3000万署名2018年FINAL大街頭宣伝(12月22日)

                年内最後の大街宣!初企画もあります!ぜひ周りの方にも声をかけて一緒にご参加下さい!
                『安倍9条改憲NO!3000万署名2018年FINAL大街頭宣伝』
                12/22(土)15:00〜 JR新宿駅南口
                #安倍9条改憲NO
                #3000万署名
                各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

                【拡散希望】街行く人々に、私たちが街に出る理由をプラカードで伝えよう!
                『安倍9条改憲NO!3000万署名2018年FINAL大街頭宣伝』
                12/22(土)15:00〜 JR新宿駅南口

                日時:12月22日(土曜日)15:00〜16:30
                場所:JR新宿駅 南口
                主催:憲法9条を壊すな!実行委員会 街頭宣伝チーム

                ●Happy Xmas (War Is Over)歌います♪ぜひご一緒に♪

                ●街宣の終了時刻前には、暗くなってきますので、お持ちの方は、LEDライト等光るものをお持ち下さい。歌もあるので、その時は、ぜひ振って下さい。

                ●街行く人々に、私たちが街に出る理由をプラカードで伝えよう!
                下記のプラカードを使って、スタンディングしませんか?
                憲法でも、沖縄問題でも、女性差別でも、でたらめな国会運営についてでも、街宣に参加する理由を書いて下さい。
                (当日、未記入のプラカードとカラーペンを用意しますが、ダウンロードして書いて持ってきて頂いても結構です。)
                (風が強い所なので、厚紙、段ボールに貼ったり、プラケースに入れると持ちやすいです。)
                集会やデモだけではなく日常生活や地域、駅頭で市民が立ち上がり、声を上げ始める。安倍政権や戦争を推し進めようとしている人たちにとってこんな恐ろしいことはありません。
                みなさん、街頭に立って声を上げ始めませんか?
                チラシを配ったり、プラカードを持ったり、、、それぞれのやり方で、見守るだけでもOKです!
                スピーチ、署名集め、横断幕持ち、紙芝居持ち、などなど大歓迎!

                チラシは、下記のものを配る予定です。
                ・『安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名』リーフレット

                署名は、下記のものを行います。
                ・安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名

                ・【請願署名】STOP!HENOKO 本土からの辺野古埋め立て用の土砂搬出計画を止めよう
                -----------------------------------------------
                許すな!憲法改悪・市民連絡会
                高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
                東京都千代田区三崎町2−21−6−301
                03-3221-4668 Fax03-3221-2558
                http://web-saiyuki.net/kenpoh/
                戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
                http://sogakari.com/
                憲法9条を壊すな!実行委員会
                http://kyujokowasuna.com/


                12/14 海を殺すな!辺野古への土砂投入を許さない!緊急抗議行動(京都タワー前

                0

                  ssage body

                  12/14 海を殺すな!辺野古への土砂投入を許さない!緊急抗議行動(京都タワー前)

                  政府・防衛省は名護市安和で埋め立て土砂を積んだ運搬船を7日に辺野古の臨時制限区域内に入れて、何が何でも14日の埋め立て土砂投入を強行する構えです。

                  辺野古への土砂投入強行を絶対に許すわけにはいきません。京都からも沖縄現地の抗議行動に連帯して「海を殺すな!」「辺野古への土砂投入を許さない!」の声を上げましょう!

                  〇 名 称 : 海を殺すな!辺野古への土砂投入を許さない!緊急抗議行動
                  〇 日 時 : 2018年12月14日(金)午後6時30分より午後7時30分
                  (関電京都支店前のキンカン行動にご参加の方はキンカン行動終了後、ぜひ合流をお願いします)
                  〇 場 所 : 京都タワー前

                  思い思いのプラカードやゼッケン、バナーなどをもって「土砂投入反対」「辺野古新基地反対」を市民にアピールしましょう。
                  当日は、暗くなる時間ですので乾電池で光る「キャンドル」を灯します。
                  キャンドル主催者では準備しますが、乾電池がありません。参加される方は単三電池2個持参いただくようお願いいたします。

                  ○ 呼びかけ : 辺野古埋め立て反対! 京都実行委員会
                  ○ 連 絡 先 : 090-4643-2940(増野)
                  ○ イベントページ : https://www.facebook.com/events/279935339376428/

                  12/14(金)公共サービス民営化に抗して 市民と労組の共闘は可能か@亀戸文化センター 

                  0

                    (以下、転送・転載歓迎)

                    公共サービス民営化に抗して 市民と労組の共闘は可能か 藤田和恵さん(東京・亀戸)

                    案内→http://attaction.seesaa.net/

                     公共サービスは、そこで働く労働者とそれを利用する市民の生活に大きくかかわるものです。
                     民営化はそこに市場原理を導入して、利潤をあげるために、往々にして労働条件とサービスの質の切り下げという代償が伴います。
                     「公共サービスを市場から労働者と市民に取り戻す」という公共サービス研究会の理念を実現するには、労働者と市民の協力が必要になります。
                     実際に民営化に抗う現場では、そのような共闘もありました。
                     その一方で、さまざまな利害が錯綜するもの現実。
                     民営化問題をはじめ、非正規問題や貧困問題の現場に鋭く切り込んできたジャーナリスト、藤田和恵さんに、取材からみた「市民と労組の共闘」の可能性と課題を伺います。

                    公共サービス民営化に抗して 市民と労組の共闘は可能か
                    おはなし 藤田和恵さん(ジャーナリスト)

                    日 時 2018年12月14日(金)18:30〜(18:30 開場)
                    場 所 亀戸文化センター 第3研修室
                        〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1 カメリアプラザ 5F
                        JR亀戸駅 北口 1分
                        地図→https://www.kcf.or.jp/kameido/access/
                    資料代 500円
                    主 催 attac 公共サービス研究会
                        attac_ps(a)protonmail.com
                        ※(a)を@に変えてください。

                    藤田和恵さん:
                     1970年、東京生まれ。
                     北海道新聞社会部記者を経て2006年よりフリー。
                     事件、労働、福祉問題を中心に取材活動を行う。
                     著書に『民営化という名の労働破壊』(大月書店)、『ルポ 労働格差とポピュリズム 大阪で起きていること』(岩波ブックレット)等。
                     東洋経済オンライン等で連載中。

                     


                    市民社会フォーラムon Twitter

                    0
                      21:18
                      The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/BconA41Fha Thanks to @nF3kgZmNgbBRoGq @xtcmfkr @divoram #旅行 #ごみ
                      08:32
                      明後日12/15(土)講演「シリアから生還した安田純平氏が語る 1×1.5mの独房で息遣いも許さ… https://t.co/SjdFZuy2l0 #jugem_blog
                      08:23
                      改憲を先取りする新しい「防衛大綱」に反対する12・15集会へ https://t.co/ddKeuYryJO #jugem_blog

                      | 1/3918PAGES | >>