calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

読書メモ

ランキング

市民社会フォーラムon Twitter

0
    23:54
    座間宮ガレイ氏による市民社会フォーラム主催講演会での悪質な講演会妨害騒動についてhttps://t.co/HwICvHuwsK
    23:45
    で、また、和歌山ラーメンを。さすがに早ずしを食べるにはお腹いっぱい。 ー 本家アロチ丸高中華そばでラーメンを食べています https://t.co/ZKt9suSSoQ
    23:43
    花山温泉につかる ー リフレッシュした気分 場所: 花山温泉 薬師の湯 https://t.co/ilwK32j9xG
    23:37
    関西テレビみんなのニュースワンダー 聴導犬を障碍者が育てる取り組み https://t.co/MbJdmSlzmL #jugem_blog https://t.co/gm2V4ePWu8
    23:34
    兵庫・奨学金の会:3周年のつどい・総会 https://t.co/zf7V7FpNpn #jugem_blog https://t.co/j8ZYEymZm3
    23:32
    「チェルノブイリ原発で 私がみたもの、きいたこと、感じたこと」〜 福島の未来、わたしたち… https://t.co/9Cn4p0YUIR #jugem_blog
    23:31
    兵庫・奨学金の会:3周年のつどい・総会 https://t.co/zf7V7FpNpn #jugem_blog
    23:31
    関西テレビみんなのニュースワンダー 聴導犬を障碍者が育てる取り組み https://t.co/MbJdmSlzmL #jugem_blog
    23:30
    講演:北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)/Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション結成2… https://t.co/jN1rzdYTj6 #jugem_blog
    23:28
    サンテレビニュースPORT 原発と地震、核廃物地層処分の未来 https://t.co/AigvQJUlIt #jugem_blog
    23:27
    【札幌】8/27,28イスラーム講座のご案内 https://t.co/4XDY03bHny #jugem_blog
    23:26
    【市民社会フォーラム共催企画のご案内】 知りたいこと 伝えたいこと 放射線被ばく影響の… https://t.co/2TDQNW4OJR #jugem_blog
    23:10
    市民社会フォーラムの新ホームページです。https://t.co/tf2OvD3r5h
    23:09
    泥憲和さんの情報ページhttps://t.co/SjePlLExBu
    22:49
    【講演録】本田宏さん講演「医療崩壊と安保法制の切っても切れない関係」https://t.co/rTUZw6RIxD
    22:18
    白井聡講演会 「永続敗戦論」から平和憲法を考える(9/25日@神戸)https://t.co/YYCDrWDgV5
    21:25
    映画「いしゃ先生」上映会&講演会「本当の医療崩壊はこれからやって来る」(10/16日@明石)https://t.co/5qNlPhmH1u
    21:18
    The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/s103OeTXF6 Thanks to @nocovertwar @7yFd4 @iwamemo #高江 #china
    21:08
    香山リカが語る ココロとカラダの万華鏡(11/23祝@神戸)https://t.co/tfRXGzGpoN
    20:38
    市民社会フォーラムの公式twitterアカウントです。ぜひフォローください。→https://t.co/kv2NA110cg
    20:23
    【動画・感想】映画「オマールの壁」上映後の岡真理さんによるトークhttps://t.co/0CUTMSm3xt
    20:20
    戦場取材からみたIS、イラク、シリアの現状―核兵器廃絶の展望にもふれて― (10/23日@大阪) https://t.co/TADTBY0qtv
    19:47
    Retweeted 赤旗政治記者 (@akahataseiji): 《”貧困女子高生”炎上の背景》水島宏明上智大教授 https://t.co/sqfLdqckIg... https://t.co/vHfJuZopWY
    19:47
    RT @akahataseiji: 《”貧困女子高生”炎上の背景》水島宏明上智大教授 https://t.co/sXBxcEkgqC 〈取材意図を理解した上で協力した少女の将来。不測の事態が起きないよう守ってほしい。「テレビで取材する」ということの責任だと思う。NHKはその重要…
    19:44
    Retweeted すずき かおり (@kaori_2012): マリオというより悪の秘密結社総統・小泉鈍一郎に似ている原因はおそらく早変わりだったはずの衣装がズルズルなせいかな…
    19:44
    RT @kaori_2012: マリオというより悪の秘密結社総統・小泉鈍一郎に似ている原因はおそらく早変わりだったはずの衣装がズルズルなせいかな…
    19:23
    【講演録】松尾匡教授講演「この経済政策が民主主義を救う 安倍政権に勝てる対案」https://t.co/GFH5vYLydy
    19:04
    絵本作家・松本春野さん講演会 芦屋非核平和都市宣言31周年・被爆71周年 非核平和祈念のつどい(10/8土) https://t.co/DXaVqP4six
    16:18
    映画「いしゃ先生」上映会&講演会「本当の医療崩壊はこれからやって来る」(10/16日@明石) https://t.co/5qNlPhmH1u #jugem_blog
    08:25
    関西テレビみんなのニュースワンダー ネット依存解消たちに挑む子供たち https://t.co/MoA6Y0IXzQ #jugem_blog
    08:23
    (特定)秘密保護法は、実はアメリカがデザインしたものです https://t.co/2o0kQl3nmz #jugem_blog
    08:22
    TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 吉野次郎、小川勝 青木理 膨張する東京オリンピッ… https://t.co/wOZIZJm9hz #jugem_blog
    08:21
    【グローバル・ジャスティス研究会・8月の企画】南スーダンの紛争 日本の私たちにできるこ… https://t.co/5eXuRQvJJn #jugem_blog
    08:20
    まつり(音楽とお話し、食べ物)を通じて沖縄の人々と連帯しましょう! FW: [No Base!沖縄… https://t.co/k8WuUGEMLl #jugem_blog
    08:19
    「南スーダンにいる自衛隊が戦争に巻き込まれかねない」 https://t.co/uEijmdw4cb #jugem_blog
    08:16
    高江強行の政府に識者ら抗議声明へ 宮本憲一氏呼び掛け https://t.co/MpDRAl6JO8 #jugem_blog
    08:15
    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は国際ジャーナリストの… https://t.co/vJ4wIXkrOL #jugem_blog
    08:14
    朝日放送おはようコール 小西克哉が東京オリンピック予算膨張他を語る https://t.co/VWy1sBFSzf #jugem_blog
    08:10
    守ろう憲法と平和 きょうとネット 8月例会のご案内 https://t.co/0b1yQaHKBe #jugem_blog

    「チェルノブイリ原発で 私がみたもの、きいたこと、感じたこと」〜 福島の未来、わたしたちの未来〜

    0

      神戸YWCA被災者支援プロジェクトチームです。

       

      「チェルノブイリ」からの最新レポートと、福島や原発と暮らすわたしたちの未来について考えるイベントのご案内です。

       

      YWCAらしく、お茶とお菓子を用意して、みなさまのお来しをお待ちしております。

       

      チェルノブイリへの関心を失っていない方、福島について、特に、子供達への健康被害に心を痛めておられる方、旅と旧ソ連圏に関心のある方、ぜひ、気楽に、今週の土曜日、神戸YWCAに足をお運びください。詳しくは添付のチラシをご覧ください。

       

      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 

       

      「チェルノブイリ原発で 私がみたもの、きいたこと、感じたこと」〜 福島の未来、わたしたちの未来〜 

       

      島村 藍さんは旅に魅了された人です。1年半かけて 旅する中で、ウクライナと出会い ました。 「日本を出発してからユーラシア 大陸を西へ進み、2015年1月、極 寒のウクライナにたどり着きまし た。寒さのせいで歩みが止まった 私は、ふと、チェルノブイリに行 くことを思い立ちました。チェル ノブイリ近郊の廃墟をみつめなが ら、福島の未来、原発と共に暮ら す私たちの未来を想いました」(島村さん談)

      島村さんがみたもの、きいたこ と、感じたことを、写真を交えて ご紹介いただきます。

       

      日 時:8 月 27 日(土)15:00~16:30

      お 話:島村 藍さん(三重県在住。2012年、初めてバックパックひとつでインドに出かけ、「旅」 の面白さに惹き込まれる。2014年4月ついに仕事を辞めて旅に出る。1年半

      かけてユーラシア大陸と北米を約40か国巡り、2015年10月帰国。) 参加費:1,000円(学生は700円)*ロシアンスイーツ付き♡ ぜひ!

      申し込み:メール(office@kobe.ywca.or.jp)または電話(078-231-6201)で (担当:西本)

      主催:お問い合わせ 

      神戸YWCA 被災者支援プロジェクト

      〒651-0093
      神戸市中央区二宮町1-12-10
      tel. 078-231-6201
      fax. 078-231-6692
      office@kobe.ywca.or.jp

      削除ページトップへ


      兵庫・奨学金の会:3周年のつどい・総会

      0

        兵庫・奨学金の会〜設立3周年の集い・総会

         

        講演 布施祐仁氏「経済的徴兵制」

         

        日時:9月25日(日)13:30〜16;30

        会場:私学会館(302・303会議室)(JR元町東口 北西へ5分)

        参加費:1000円(学生無料)

        問合せ先:奨学金問題と学費を考える兵庫の会(078−362−1166佐野)

        HP:hyogoshogakukin.jimdo.com

         

        *布施祐仁さんの講演を基調として、奨学金問題・経済的徴兵制について、一緒に考えてみませんか。これから借りようと思っている高校生の方、奨学生の方、返済中の方、保護者の方、そして現場の高校・大学の先生方、まずは「知る」ためにぜひご参加ください。

         


        関西テレビみんなのニュースワンダー 聴導犬を障碍者が育てる取り組み

        0

          永岡です、関西テレビの、みんなのニュースワンダーにて、聴導犬を聴覚障碍者自身が育てる取り組み
          が報じられました。
           視覚障碍者を支える盲導犬は普及しましたが、聴覚障碍者を導く聴導犬はまだ全国で60匹くらいで、普
          及しておらず、滋賀におられる五十嵐恵子さんは、子供時代に薬の副作用で聴覚を失い、発音は何とかで
          きるものの聴力はなく、手話と、相手の唇を見て会話するものであり、そんな五十嵐さん、トイプードル
          のポッキーくん(5歳、オス)を聴導犬として育てて、今は金融機関に行き、そこで呼び出しのベルが鳴っ
          たらポッキーくんが五十嵐さんに知らせるまでになっています。
           滋賀にあるびわこ みみの里(http://www.33nosato.jp/ )に、聴覚障碍者の方が40人ほどおられて、
          五十嵐さんも、ここで聴導犬のことを知られて、5年前にポッキーと出会い、そして、音に反応するように
          訓練するもので、これは、例えば非常時に非常ベルが鳴っても、聴覚障碍者の方は聞こえず、これを知ら
          せるのはもちろん生死にかかわるものですが、ポッキー君に、非常ベルを五十嵐さんに知らせるように訓
          練するのは、最初は非常ベルだとおびえてしまい、これを、五十嵐さんに知らせるのはなかなか訓練が要
          ります。
           また、町を歩いていて、後ろから自転車が来たら、聴導犬がご主人に知らせるように訓練するのもなか
          なかむつかしく、それでも、聴導犬は資格を得たら、交通機関や役所などに一緒に入れて、また、五十嵐
          さん、聴覚障碍者の場合は、それが周囲の人にわからず、それがポッキー君といると、聴覚障碍者とわ
          かってもらえるのもありがたいと言われます。
           聴覚障碍者の方は大変であり、それも一人でおられる方には、災害時にガイドなど、必要なものはたく
          さんあり、このような活動への理解は、よりよい社会を作るために必要だと思いました、以上、ワンダー
          の内容でした。


          講演:北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)/Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション結成2周年の集い

          0

            ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC) 松島と申します。

             SDCCも呼びかけ団体になっている「Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション」で結成2周年の集いを行ないます。
             ぜひみなさまの参加をお待ちしております。

            (以下 拡散希望)

            【お知らせ】STOP! 辺野古新基地建設! 大阪アクション 2周年集会

             ブログ記事 http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka/e/9ec4a94a4234ad63211337b587f96ecd
             
             辺野古新基地建設NO!の圧倒的民意を示した参院選沖縄選挙区での伊波さん圧勝にも関わらず、安倍政権はこれに高江の工事強行で応えました。
            そして翁長県知事の埋め立て承認取り消しへの「是正指示」に従うことを求めた裁判も福岡高裁那覇支部でスピード結審を迎え、9月16日に判決がくだされます。
             改憲へ進もうとする安倍政権にとって、沖縄の民衆を弾圧し戦争のための新基地建設をすすめることがどうしても必要だからです。

             沖縄県民と全国の仲間は高江現地に結集し、連日奮闘しています。これにつながって、辺野古新基地建設中止、高江ヘリパッド建設中止、改憲阻止の運動を、この大阪・関西でいっそう広げていきましょう。

             秋の行動に確信を持って臨むため、沖縄から北上田毅さんをお招きして、大阪アクション2周年の集いを行ないます。みなさまの参加をお待ちしております。


            日時:8月28日(日) 14:00開場 14:30開会
                        17:00デモ出発
            場所:エルおおさか 6階大会議室

            講師:北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会 辺野古抗議船船長)

              (講演)
              「現地のたたかいと多くの対抗策で辺野古新基地建設を止める」
             
              (討議)
              ・辺野古、高江現地参加報告
              ・秋の行動 など

            主催 Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション
                http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka


            サンテレビニュースPORT 原発と地震、核廃物地層処分の未来

            0

              永岡です、サンテレビのニュースPORT、火曜日に今週は、原発で出た核廃物、高レベル放射性廃棄
              物の地層処分について、神戸でのセミナーの報告でした。
               政田記者の報告で、原発再稼働が報じられる中、日本に原発は42基、稼働しているのは3基、事故で廃炉
              になったものもあり、原発は1963年に東海村で開始されて、エネルギー資源の少ない日本という名目で、
              核燃料サイクル、95%は再利用、残り5%は放射能を持つ危険なものであり、青森・六ヶ所村他で、ガラス
              固化体、500kgのものが25000本!も日本にあり、この処分方法は様々な論議、宇宙、海洋投棄、南極はア
              ウトであり、できるのは地層処分ということになり、NUMOが神戸で地域住民にセミナーを行い、核廃
              物の地層処分がテーマで、原発の高レベル廃物を300mより深いところに埋めるもので、最も現実的と言わ
              れており、核廃物をガラスと混ぜて、金属で覆い、岩盤のバリアであり、計画しているのは4万本ガラス固
              化体を入れられると言うものの、もちろん場所は決まっていません。
               今、関電の原発は停止しており、再稼働で廃物が出来て、しかし国は今年中に有望なところを決めると
              してもアウト、高知の東洋町は2007年に手を挙げてもアウトで、その上日本は地震国、NUMOの出口朗
              氏は、地震は同じところで起きて、今ある火山や活断層を避ければできる、地下の揺れは地上の半分であ
              り、穴を掘って埋めても、岩盤と動くので地震で壊れないと語り、地層処分の安全保障について、NUM
              Oは火山や活断層を避けて、20年かけて場所を見つけると言うものの、活断層の直撃でも大丈夫とNUM
              Oは技術的に可能というのです。
               世界では、核廃物処理は、アメリカと日本は準備、フィンランドとスウェーデンは操業予定で、日本全
              国でも地域住民に説明会が行われ、兵庫県も例外ではないと政田さんの報告でした。
               これ、NUMOの言うことは、まさに真珠湾攻撃突入に等しいと思われて、そもそも核廃物は東電や関
              電の本社で補完すべきでしょう、以上、サンテレビのニュースでした。

               


              【札幌】8/27,28イスラーム講座のご案内

              0

                皆様

                 

                札幌在住の水上さえと申します。

                今週末開催のイスラーム講座のご案内です。札幌近郊にお住いのお知り合いがいらっしゃいましたら、お知らせいただけたら幸いです。

                 

                日本でまだまだ偏見が根強いイスラム教について、

                本質を知る機会をつくれたらと思い、企画しました。

                お近くの方、よかったらぜひ、ご参加ください。

                 

                以下は、講座案内文です。シェア拡散、歓迎です。

                 

                『二項対立を乗り越える
                イスラームの知恵を学ぼう』

                 

                皆さん、イスラーム(イスラム教)というと、どんなイメージを思 い浮かべますか? 大半が仏教徒の日本では、なかなかイスラームについて知る機会が 少ないので、ニュース等でみた印象しかないかもしれません。でも 実は、イスラームの教義には、争いを避け平和を実現する深い知恵 が書かれています。今回、イスラーム研究の第一人者である松本耿 郎先生に、イスラームの神髄、そして仏教やキリスト教との違いな ど、2日間に渡ってじっくりおはなしいただきます。夜は、ハラー ル食材を使ったおいしい料理を囲んでの交流会も企画中(料金未定 )。お話を聞いて、おいしいものを食べて、知られざるイスラム教 の世界に触れてみませんか?



                ●日程:8/27(土)・28(日) 
                ●会場・お問合せ・お申込み:さっぽろ自由学校「遊」 
                札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F

                http://www.sapporoyu.org/
                TEl:011-252-6752 FAX:011-252-6751   
                ●参加費 一般4,000 円 会員3,000 円 (1コマ 一般1,500 円 会員1,200 円

                ◎プログラム◎
                ・8月27日(土) 
                *1コマ目14:00〜16:00
                「イスラームの基礎」

                  まずは基本を学びましょう。

                *2コマ目16:30〜18:30 
                「コーランの神髄」
                  イスラム教の聖典「コーラン」の本質。松本先生の研究真骨頂!

                * 18:30 〜 ハラル食材を使った自然食ホロさんのおいしい料理を食べつつ交流 会(参加費別途)

                ・8月28日(日)

                *3コマ目10:00〜12:00

                「現代イスラームあれこれ IS,パレスチナ,イランetc…」
                  現在話題のイスラーム最先端トピックス

                ※13時から、希望者でマスジド(モスク)を見学します。無料・ 交通費(地下鉄代)自己負担

                ●講 師:松本 耿郎(まつもと あきろう)さん
                 1944 年生まれ。国際大学中東研究所所長を経て現在 聖トマス大学 名誉教授。イラン マシュハド大学神学部客員研究等の後、英知大学(現 聖トマス大学)で教鞭をとる。イスラーム宗教思想研究、アジア文 化研究、比較思想論、平和学などを担当。2015 年退任。現在、室蘭に在住。単著に『イスラーム政治神学』(未来 社、1993)、『馬徳新哲学研究序説』(駱駝舎、2014)、 編著書に『ペルシャ存在一性論集』(ビブリオ書店、2002)等 がある

                 

                facebook↓

                https://www.facebook.com/event s/1606544686304547/

                 

                ちらしはこちらです↓

                http://fast-uploader.com/start /7027175208234/

                 

                ↑案内ここまで。

                 

                 

                PS:今日講師の松本先生から送っていただいたレジュメが、 とっても興味深かったので、講座内容の紹介もかねて抜粋をご案内します 。

                 

                以下レジュメ抜粋↓

                自由学校「遊」1

                根本的な知識。比較と類推により人間は知識を増やし知の対象につ いての理解を深めてきた。しかし、二つのものを比較する場合、一 方を絶対的なものとして確定すると他方のものが特殊なもの、ある いは例外的なものになってしまう。だから、一方を基準にしてもう ひとつのものを見るという方法をとらないのがよい。

                 

                (1) 一見似ているように見えるが意味や機能が違うもの。

                『コーラン』と『バイブル』、イエスとムハンマド、チャーチ(c hurch)とモスク

                (masjidマスジド)、キリスト教における神の御心とイスラ ームにおける神の意志*、キリスト教神学とイスラーム神学。 金曜日(集団礼拝の日)と日曜日(キリスト教では安息日)。

                *キリスト教では神の御心は人が実践すべきとされているが、イス ラームでは神の意志は絶対的で人が関与することのできないものと 見なされている。

                 

                ↑レジュメ抜粋ここまで


                【市民社会フォーラム共催企画のご案内】 知りたいこと 伝えたいこと 放射線被ばく影響の科学的考え方(8/28日@大阪)

                0

                  以下転送転載拡散歓迎
                  ==================================
                       ■□■市民社会フォーラム共催企画のご案内■□■
                  「市民と科学者を結ぶ放射線コミュニケーションのネットワーク基盤構築」
                             キックオフミーティング
                    知りたいこと 伝えたいこと 放射線被ばく影響の科学的考え方

                  日 時 2016年08月28日(日)15時〜17時
                  場 所  大阪大学中之島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール
                  参加費 無料(意見交換会に参加希望の場合3000円)
                  対 象  放射線について科学的に理解したい方
                  申し込み方法:http://networkofcs.xsrv.jp/citizenforum.html
                  問い合わせ先:application-ncs@jein.jp

                   「科学の信頼を取り戻すこと」、これが今回の福島事故の課題です。
                  科学への信頼失墜は、人類の歴史に長く影響するでしょう。
                  そんな思いから私たちは、科学者・市民・福島県外避難者、学生が一緒になって放射線の影響についての知識を、噂ではなく、事実に基づいて調べてみようと勉強会を始めました。
                  その成果として5年がかりで出来上がったのが「放射線 必須データ32」です。
                  世界初といってもいいこの共同作業を通じて完成したこの本を手掛かりに、これからさらにたくさんの「分かりたい」と思っている方々と議論し、知識を共有していきたいと願っています。
                  その第1弾として、この活動を始めるにあたって皆さんの率直なご意見や「何が知りたいか」など意見交換を行いたいと以下のような企画を立てました。
                  放射線の影響について様々な立場から、意見を交換し今後の活動につなげていきたいと希望しています。
                  これからみんなと手をつないで頑張ります! 
                  みなさんのご参加を心からお待ちしています。

                  プログラム
                  15:00〜16:00   講演会 
                              司会:中島裕夫(大阪大学助教)
                   「市民と科学者を結ぶ放射線コミュニケーションのネットワーク基盤構築の趣旨と目的」 
                              坂東昌子(NPO法人知的人材ネットワークあいんしゅたいん理事長)
                    「だれに、なにを届けるのか」
                                     小出重幸(ジャーナリスト)
                    「今知りたいこと、当時知りたかったこと」 
                                    佐藤勝十志(東日本大震災滋賀県内避難者の会世話人代表)
                               西本由美子(NPO法人ハッピーロードネット理事)
                                     土田理恵子(「放射線 必須データ32」ファシリテーター)
                    「放射線 必須データ32:被ばく影響の根拠」では不十分なこと」 
                                     角山雄一(「放射線 必須データ32」編集委員、京都大学助教)
                  16:00〜17:00 ご参加の皆様との意見交換
                  17:30〜19:30 意見交換会(有料・希望者のみ)

                  科学技術コミュニケーション推進事業 問題解決型科学技術コミュニケーション支援「ネットワーク形成型」 平成28年度新規採択企画

                  主催:NPO法人知的人材ネットワークあいんしゅたいん
                  http://www.jein.jp/
                  共催:市民社会フォーラム


                  映画「いしゃ先生」上映会&講演会「本当の医療崩壊はこれからやって来る」(10/16日@明石)

                  0

                    兵庫県保険医協会明石支部第33回総会記念企画
                    映画「いしゃ先生」上映会&講演会「本当の医療崩壊はこれからやって来る」

                    日 時 10月16日(日)13:45〜16:30
                    会 場 子午線ホール(明石駅下車徒歩3分アスピア明石北館9階)
                    講演会 「本当の医療崩壊はこれからやって来る」
                    講 師 外科医・前済生会栗橋病院院長補佐  本田 宏 氏
                    参加費無料
                    主催:兵庫県保険医協会明石支部  お問い合わせ先 筺078)393-1807 FAX078-393-1820 平田・本田まで  

                    「いしゃ先生」あらすじ

                    昭和初期——
                    仙境のナイチンゲールと呼ばれた一人の新米女医の物語。
                    昭和10年、出羽三山の主峰・月山の麓を、急ぎ歩く女性がいた。
                    志田周子(ちかこ)、26歳。
                    故郷の父から『ハナシタイコトアリ スグカエレ』という電報を受け取った周子は、取るものもとらず帰郷したのだ。
                    山形の農村出身の彼女は、努力して東京女子医専(現・東京女子医大)に入学し、医者になったばかりだった。
                     ——風が鳴く峠のてっぺんに立つ、周子。眼下に懐かしい景色が広がった。
                    8年ぶりの美しい故郷だった。
                    久しぶりの実家。幼い弟たちは周子に甘え、母・せいが手料理でもてなす。
                    温かい出迎えを周子は喜ぶが、父・荘次郎の様子がおかしい。
                    大井沢村の村長だった荘次郎は、周子の了承も得ぬまま周子名義で診療所建設の予算を通し、すでに建設が始まっていたのだ。
                    「頼む、周子。3年だけお前の人生を俺にくれ。その間に必ず代わりの医者を見つけるから」父に頭を下げられた周子は、怒ることはできなかった。
                    無医村のこの村に医者を置きたいという父の願いは、誰よりも理解していたから。
                    まだまだ未熟な自分が一人で診療所の医師などつとまるのか…不安を抱えつつ、周子は3年間だけ頑張ってみようと心に決める。
                    東京にいる想い人の存在を胸に秘めながら。
                    — —自身に降りかかる数々の試練に耐え、過酷な運命にも負けず、昭和37年にこの世を去るまで、
                    たったひとりで村人の命を守った「いしゃ先生」の愛と勇気の物語。

                    出演 平山あや 榎木孝明 長谷川初範 池田有希子 星野凱士 上野優華 諒太郎 岡雅史 佐久間としひこ 古川孝 白崎映美(友情出演) テツandトモ(特別出演)
                    原作・脚本 あべ美佳「いしゃ先生』
                    監督 永江二朗
                    主題歌 「あたたかい場所」上野優華(キングレコード)
                    製作協力 山形県 西川町 大江町 尾花沢市 白鷹町 鶴岡市 長井市 上山市 山形市
                    企画 志田周子の生涯を銀幕に甦らせる会

                    講演会 「本当の医療崩壊はこれからやって来る」
                    地域医療構想による病床削減、国民健康保険の都道府県単位、地域包括ケアシステムの構築など地域の医療が大きく変わろうとしています。
                    一方、医師不足や患者窓口負担の引き上げなど日本の医療問題はますます深刻になっています。こうした点を踏まえて今の医療制度の問題点を明らかにし、日本の医療をより豊にしてくためには何が必要か、わかりやすくお話いただきます。
                    ぜひ、ご参加ください。


                    本田宏(ほんだ ひろし)氏
                     ―1954年福島県生まれ。
                    79年弘前大学卒業後、東京女子医科大学第3外科を経て、89年から済生会栗橋病院に外科部長として勤務、2011年より院長補佐。
                    15年、外科医を引退し、講演活動に専念。
                    医療制度研究会副理事長、弘前大学医学部講師。
                     


                    関西テレビみんなのニュースワンダー ネット依存解消たちに挑む子供たち

                    0

                      永岡です、関西テレビの、みんなのニュースワンダーの月曜フォーカス、スマホ依存から脱却しようと
                      する中学生たちの取り組みが取り上げられました。
                      兵庫県の調べで、1日4時間以上ネット(この場合はスマホ)をする中学生は20%であり、歩きスマホな
                      ど社会問題にもなっており、その中で、兵庫県立大学の竹内さんは、子供たちが問題に気づかないのが課
                      題と言われます。
                      それで、兵庫にいる中学3年と2年の兄弟は、スマホを1日11時間もあり、兄は受験なのにこれであり、母
                      親がスマホを隠しても探し出す模様であり、ネット依存で、それで、竹内さんの主催するネットたちキャ
                      ンプに参加しました。船で島に行き、4泊5日、14人の中学生が島に来て、まずスマホを提出し、島では原
                      則、ネットはできず、そんな中、兄弟は家でやったことのない料理に挑み、兄は野菜を切り、弟は薪で火
                      を起こすもので、ガスを使わない本格的なものであり、自分で作ったカレー、家で母親の作ってくれたも
                      のの方がおいしいとも言いますが、手ごたえは感じている模様です。
                      そして、キャンプの期間中、ネットは原則できないものの、先生に理由を言ったら、夕方ネットの部屋
                      で1日1時間はスマホを使えるものの、これを申し出た子供は14人中2人のみ、それも日程の中で止めたそう
                      です。
                      それで、ルールを作り、1日ネットをやるのは2時間として、先の兄弟は、弟が兄の受験のためにも協力
                      することになり、そして、子供たちは手ごたえを感じて、キャンプを終えました。
                      これを見て、TKOの木本さん、大人にも必要で、ご自身はスマホを、ゲームではないがトイレにも
                      持っていくものと言われて、これは情報を得るためであり、そして、ネット依存には大人の問題もあると
                      スタジオでも論議がありました。
                      スマホは、私は持っていないものの、様々な問題もあり、こういう取り組みは貴重だと思いました、以
                      上、ワンダーの内容でした。

                      Check

                      | 1/3420PAGES | >>