calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

市民社会フォーラムon Twitter

0
    23:11
    #okabyのRock100選  NO.70 “ “White Rabbit” Jefferson Airplane https://t.co/5aURZnQUQi 「サイケデリック・ロック」の代表格ですから、ジェファーソン・… https://t.co/7Au9iGXJdg
    22:35
    毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/9/24) 安倍総裁三選でこれからどうなる?山田恵… https://t.co/YuHN1uO0hk #jugem_blog
    22:33
    【9月25日 学習会】 辺野古埋め立て承認撤回の根拠を学ぶ 公用水面埋立法違反・留意事項違反 https://t.co/738miUNGz9 #jugem_blog
    21:15
    The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/fAjVluspO3 Thanks to @shitian321136 @kurokishi01 @Jn21M #savethearctic #wikipedia
    16:11
    10/21(日)マルクス生誕200年シンポジウム「カール・マルクス、その現代的意義を問う」@専… https://t.co/icCefbknHE #jugem_blog
    16:07
    新聞うずみ火通信087 https://t.co/1Nb6aKyvuU #jugem_blog
    15:02
    10/12【報告集会】強行された「イスラエル軍事見本市」〜そのとき川崎で何が起きていたのか? https://t.co/qjSSQu1Bkj #jugem_blog

    毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/9/24) 安倍総裁三選でこれからどうなる?山田恵資さんのお話

    0

      永岡です、毎日放送ラジオの、ニュースなラヂオ第26回、今週も新聞うずみ火代表のフリージャーナリ
      スト矢野宏さんと、フリーアナウンサーの加藤夏海さんの司会で放送されました。ニュースキャスターは
      上田崇順さんでした。明日、胃カメラ検査を受ける体調不良のため、書き起こしの不備はご容赦くださ
      い。
       矢野さん、加藤さんがテレビで女優デビュー?を昨日ご覧になり、ニュースキャスター役で出られて、
      テレビに張り付けてご覧になったとのことで、テレビの中の自分は不思議な光景と、北川景子さん主役の
      ドラマ、指定弁護士のところ、検察審査会関係、弁護士は被告を守るものが、弁護士が検察官役をするも
      ので、理解が深まった、矢野さん、森友学園問題で指定弁護士は出てくると説かれました。

       ニュースピックアップ、上田さんの担当者、国連総会に出るために安倍総理はトランプ氏と夕食会、ト
      ランプタワーで通訳のみ介して、貿易問題で厳しい立場になり、DPRK問題と貿易問題が話し合われ
      て、安倍氏は緊密を語り、建設的な議論が出来たというものの、茂木氏とライトハイ氏の会談の後にな
      り、安倍氏は文大統領とも会談。
       トランプ政権は中国との貿易戦争、泥沼化、22兆円の輸入品に10%追加関税、日用品にもかけられて、
      中国政府は液化天然ガスなどに追加関税、世界一、二位の経済国の貿易戦争は深刻で、中国で生産してい
      る日本企業も大変、旭化成は自動車部品を日本の工場に移す、三菱電機はレーザー加工機が対象で、名古
      屋に移し、家電が入り、アイリスオーヤマは他の地域で生産、アメリカは日本にも厳しい姿勢に出るので
      す。

       今週の特集は自民党総裁選、安倍総理が三選したものの、石破氏の得票は254票と予想を大きく上回り、
      地方票は45%となり、この結果の意味、また安倍総理の目指す憲法改悪はどうなるのか?政治記者として
      自民党を長年取材されている時事通信解説委員長の山田恵資(けいすけ)さんがスタジオでお話をされま
      す(今までこの番組に電話出演が今回はMBSに来られました)。20日に自民党総裁選、国会議員票と地
      方票でやるものの、安倍氏は7割を想定して、矢野さん、意外と安倍氏は少ない、石破氏は200票取れるか
      が焦点で、それを上回り、山田さんのお話、矢野さん、安倍氏の勝ち方と石破氏の負け方に注目して、山
      田さん、地方票、党員票で石破氏は強く、安倍氏は6対4にしたい、当初は7対3にしたく、下方修正、しか
      しそれより低く、安倍氏にはショック、山田さん、安倍氏を支持する議員は、最初圧勝できる、8対2→減
      り、地震で選挙期間は短縮して、それをしていなかったら安倍氏は深刻であり、自民党本部で、安倍氏は
      勝った機運なし。
       石破氏は健闘して、山田さん、安倍氏と石破氏が後で手を上げる儀式を見て、各社のぶら下がり取材
      で、石破氏がエレベーターから出て、健闘して良かったと上機嫌で、安倍氏側の甘利氏は厳しく、どちら
      が勝ったか分からない。
       リスナーより、安倍氏の圧勝か、石破氏の善戦かとあり、山田さん、国会議員票は8割、地方票はねじれ
      て、安倍氏は勝ったものの、鍵括弧つきの圧勝、石破氏は善戦というのは、期待値が低く、国会議員票が
      派閥の指示でやったものの、麻生氏は厳しく、リスナーより、麻生氏の言う、勝てばいいが安倍政権を象
      徴と問い、山田さん、石破氏にはもっと伸びしろはあり、山田さんはもっと石破氏が安倍氏を批判すべき
      なのに、腰が引けて、しかし麻生氏の発言は問題、党員でも安倍氏に厳しい目で、麻生氏がこういうの
      は、党員票を安倍政権が謙虚に受け止めていない。
       国会議員票にも造反が出て、4人安倍陣営のカツカレーを食い逃げ(笑)、山田さん、自民党党籍以外の
      ものがいた可能性はあるが、安倍氏に投票しない、党員票の勢いを感じる人は、まずいと転換して、決め
      ていなかった人が石破氏に入れた、党員票は安倍氏55%の可能性があり、どちらにも決められなかった人
      が石破氏に入れた、カツカレーは不問、石破氏のカツカレーは1600円だが、直前に動き、進次郎氏が入れ
      た。
       造反が出たのは、自民党の中での安倍氏への不満かとリスナーより、質問があり、山田さん、安倍氏→
      石破氏や、船田氏は造反して、冷や飯覚悟でやり、しかし信念で造反、安倍氏に入れたくない人、参院選
      の来年の改選組は、安倍氏に入れたくない、本当は安倍氏に入れたくない人もある。
       リスナーより、進次郎氏が当日石破氏に入れると言った理由を問い、早く言っていたら変わっていたか
      と問うのに、山田さん、小泉進次郎氏は当日語り、ある放送局が造反を察知して、安倍氏に入れない、し
      かし進次郎氏は早くから安倍氏に入れないことであり、父親の純一郎氏は安倍氏に批判的、何より原発問
      題があり、信次郎氏は父親と考えは近く、小泉親子は考えは近く、しかし進次郎氏はどのタイミングで言
      うか、将来、どちらに入れた方が足を引っ張られないか?自分の政治生命に禍根を残さないように、しか
      し進次郎氏は石破氏に入れるつもりでも、周りから言うな、安倍氏サイドが早くに言われたら困る、また
      進次郎氏に近い自民党議員が、優等生だけではアカンと進言して、進次郎氏はそれで、党員票には影響し
      ないタイミングで語り、もし早くに石破氏支持なら、石破氏には進次郎氏の功績とされるが、進次郎氏の
      ために10人くらい石破氏に入れて、ネクストバッターサークルで、進次郎氏は次の総裁選を狙っている。
       石破氏が勝てる可能性は、進次郎氏が早くから応援するというものの、派閥の締め付けが大変で、派閥
      の中での多数派工作は厳しく、これが競っていたら変化はあり得た。
       リスナーより、地方票45%石破氏=安倍政権への批判かと質問があり、山田さん、自民党の党員と、支
      持者への世論調査は異なり、自民党の支持者では安倍氏が圧倒的、しかし党員票は内閣支持率に近く、党
      員票はシビアに見る、次の選挙で勝てるか?総裁として、選挙で通用するか、これは世論調査に近く、無
      党派層に近く、党員票は世論調査に近く、内閣支持率は不支持率と拮抗しているのと同じ。
       リスナーより、派閥の締め付けで安倍氏が勝ち、しかし派閥の締め付けを破ったらどんな罰則があるか
      と問い、山田さん、無記名投票で、自分が派閥の方針と違うと明言したら処罰されるが、それはなく、そ
      もそも派閥の拘束になじむか、細田派が支持まではわかるが、それを超えたら問題、しかし派閥の締め付
      けがあり、都道府県連で、安倍氏>石破氏でないと、ポストに影響する。
       斉藤農水大臣が圧力を受けたというものの、山田さん、永田町で上がるのは、閣僚が思い当たり、別の
      件で、閣僚から圧力、斉藤氏に圧力、経済閣僚で留任の人で、それくらい締め付けをして、象徴的なの
      は、石破氏を支持する斉藤氏の言った意味、安倍氏の陣営では誰も言っていない、石破氏をライバルとし
      て安倍氏は戦うものの、斉藤氏は直属の部下、これはガバナンスの問題があり、直接言っている=安倍氏
      は追い込まれて、指導者として建前を言えないか?度を超えたらアカンが、直接の部下を誹謗中傷する総


      【9月25日 学習会】 辺野古埋め立て承認撤回の根拠を学ぶ 公用水面埋立法違反・留意事項違反

      0

        【9月25日 学習会】 辺野古埋め立て承認撤回の根拠を学ぶ 公用水面埋立法違反・留意事項違反
        −「辺野古埋め立て承認撤回通知(概要)」を読むー

        ■日時:9月25日(火)午後6時30分〜
        ■場所:ひとまち交流館 京都
        (河原町五条下ル「河原町正面」)

        毎月第四火曜日は『No Base! 沖縄とつながる会』の月例会です。

        9月例会は、沖縄県による辺野古埋立承認「撤回」を取り上げます。承認撤回の根拠である「公用水面埋立法違反」「留意事項違反」について、ともに学びましょう。

        一般の方の参加大歓迎です!

        https://www.facebook.com/events/238582243487493/


        10/21(日)マルクス生誕200年シンポジウム「カール・マルクス、その現代的意義を問う」@専修大学(神田キャンパス)

        0

          紅林進です。

          今年2018年は、カール・マルクスが生誕して200年に当たりますが、
          それを記念する下記のシンポジウムが10月21日(日)に専修大学
          神田キャンパスにて開催されます。

          私も実行委員の一人として参加していますが、全体会と5つの
          分科会で構成される大きなシンポジウムです。

          事前申込は必要ありませんので、ぜひご参加ください。
          前売り券(割引)もあります。

          (以下、転送・転載・拡散大歓迎)

          マルクス生誕200年シンポジウムのご案内

          マルクス生誕200年シンポジウム
          「カール・マルクス、その現代的意義を問う」

          日時:10月21日(日)

          会場:専修大学神田キャンパス7号館(受付は3階 731)
             ・水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
             ・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
             ・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分
             交通アクセス https://www.senshu-u.ac.jp/access.html
             キャンパスマップ https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

          <呼びかけ文>

          マルクス生誕200年が、母国ドイツだけではなくイギリスでもフランスでも記念され、関連の出版物も相次いでいます。
          生誕200年を記念される思想家はどれほどいるでしょうか。なぜ、マルクスがこれほど大きな話題となるのでしょうか。
          それは、現代世界の現状に深く根差しています。ソ連邦の崩壊から27年。新自由主義が各国で席巻した資本主義世界は、
          中東での戦乱が続き、貧富の巨大な格差による社会の分断、世界経済の停滞と各国の対立にあえいでいます。「アメリカ・
          ファースト」のトランプ大統領の出現は、資本主義世界体制の行き詰まりを不気味に象徴しているのではないでしょうか。

          マルクスは1867年に著した『資本論』によって、資本制経済の構造と本質を暴き出し、資本主義社会の終焉を予言し、
          世界の労働者・市民に未来への希望をかき立てたました。その点でなおマルクスの経済学は有効性を保持しています。

          だが、同時に、ソ連邦の崩壊は、ロシア革命などが理論的に依拠してきたマルクスの言説にどのような責任があったのか
          についても反省する必要を提起しています。マルクスの哲学はどうだったのか、その政治理論はどうだったのか、について
          も明らかにしなくてはなりません。

          日本の政治は「嘘」がはびこり、「安倍一強」の腐臭が猛暑の夏をいっそう耐え難いものにしています。変革主体がしっかり
          と形成されることなしには、未来社会を手繰り寄せることはできません。そのために、私たちのシンポジウムでは、マルクス
          をよりトータルに解明し、その業績と弱点を多角的に明らかにしたいと考え、メインの全体会と5つの分科会を企画しました。
          参加して思考のヒントをつかみましょう。

          2018年7月22日 マルクス生誕200年シンポジウム実行委員会

          全体会 10:00〜12:00 3階 731

          開会挨拶:松井 暁
          記念講演
          大内秀明 晩期マルクスとコミュニタリアニズム
          大内提起をめぐる質疑・討論
          司会:村岡 到

          分科会 13:00〜17:00

          分科会1 マルクスの経済学の意義と政治理論の弱点
          司会:佐藤和之
          報告:
          伊藤 誠 マルクス『資本論』の有効性
          村岡 到 マルクスの政治理論の根本的弱点
          分担:友愛政治塾

          分科会2 マルクスの経済学と哲学、どう捉えるか
          司会:西川伸一
          報告:
          田上孝一 マルクス哲学の可能性と限界
          松井 暁 資本主義的グローバル化とマルクス主義:世界は中心から変わる
          大西 広 『資本論』が明らかとしたことと明らかとしていないこと
          分担:社会主義理論学会

          分科会3 唯物史観の原像をめぐって
          司会:岩佐 茂
          報告:
          石塚正英 マルクスのフェティシズム論
          大村 泉 新メガによる『ドイツイデオロギー』
          分担:社会評論社


          新聞うずみ火通信087

          0

            age body

            永岡です、ニュースなラヂオ司会の矢野さん率いる新聞うずみ火の通信です。


            _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

                    ■□■ うずみ火通信 ■□■      
                                
                                No.087 2018.9.24発行
            _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

            ようやく秋めいてまいりました。
            台風21号、北海道地震で被災された方々にお見舞いを申し上げます。
            一日も早く生活再建できますよう、心よりお祈りしています。
            さて、「新聞うずみ火」を応援して下さり、ありがとうございます。
            今月もメルマガ「うずみ火通信」をお届けします。

                                新聞うずみ火編集部

            (私、矢野宏が名刺を交換させていただいた方など、
            ご縁をいただいた方に送らせていただいています。
            恐縮ですが、不用な方は
            uzumibi@lake.ocn.ne.jp までメールをいただけますか)。

            ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
             ┗■┓  「うずみ火」情報      ┏■┛
                 ┗■━━━━━━━━━━━■┛

            ■新聞うずみ火10月号(NO.156)を発送

            連休前の9月21日、新聞うずみ火10月号を発送しました。
            9月号の主なラインナップをご紹介します。

            ・1面〜4面 北海道胆振東部地震ルポ「乱開発が招いた液状化」(粟野仁雄)
            <山といっても丘程度。六甲山麓の住宅の方がよほど危なっかしく見える。
            地震被害は土質次第だ。土砂崩落で36人の犠牲を出した厚真町へ入ったのは
            発生4日後の9月10日。
            崩落現場は支笏湖畔の恵庭岳や樽前山からの黒い火山灰が覆い軟弱だった。
            台風21号で雨をたっぷり吸った6日午前3時8分、震度7の直下型地震が襲う>

            ・4〜5面 河田恵昭・関大社会安全研究センター長に聞く
            「関空浸水 『想定外』通用しない」(矢野宏)
            <台風21号は「非常に強い」勢力を維持したまま近畿地方を直撃。
            関西国際空港は滑走路や施設が浸水するなど深刻な被害を受けた。
            西日本豪雨や台風21号、北海道地震など、相次ぐ災害にどう向き合えばいいのか。
            関大社会安全研究センター長で災害研究の第一人者である河田恵昭さんに話を聞いた> 

            ・5面 「万博・カジノ」の人工島も…(栗原佳子)
            <関空では復旧作業が急ピッチで進む。
            タンカーが衝突した連絡橋は9月18日、鉄道がほぼ通常運転に戻った。
            浸水した第一ターミナルも21日から全面復旧の見込みとされる。
            透けて見えるのは、11月に開催都市が決まる2025年万博。
            大阪府の松井知事らは「夢洲」にIR=カジノとのセットで万博誘致を目指している。
            まだ府内で広く停電が続く9月9日、松井知事は万博誘致のため渡欧。…>

            ・6面〜7面 俳優・宝田明さんが語る旧満州「戦争とは恨みの連鎖」
            <俳優の宝田明さんは1934年4月生まれで、84歳。
            3人の兄、姉と弟が一人ずつの6人きょうだいの4男。
            父は南満州鉄道株式会社(満鉄)の技術者で、
            2歳の時に旧満州(現中国東北部)ハルピンに移り住んだ。…>

            ・8面〜9面 沖縄県知事選「普天間移設、6度目争点」(栗原)
            <翁長雄志前知事の急死に伴う沖縄県知事選が9月13日告示され、
            同月30日の投開票まで17日間の舌戦が始まった。
            いずれも無所属新人で、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)と自由党前衆議院議員の
            玉城デニー氏(58)ら4氏が立候補。名護市辺野古の新基地建設問題を最大の争点に、
            安倍政権が全面的に支援する佐喜真氏と
            翁長氏後継の玉城氏の事実上の一騎打ちとなった>

            ・10面〜11面 ヤマケンのどないなっとんねん
            「海上空港に見る安全神話」(山本健治)
            <台風21号が9月4日正午頃に神戸市に再上陸、近畿から北陸を経て列島縦断、
            風速60?を超える強風、数百?を超える猛烈な雨などで、
            死者9人、負傷者約500人、住宅被害は約1000棟に及んだ。
            大阪湾では3?を超える高潮となり、関空の滑走路・施設が水没、
            機能停止しただけではなく連絡橋にタンカーが衝突してアクセスが途絶え、
            数千人を超える利用客、乗務員、航空会社員、管制職員や整備員、
            売店や食堂などで働く人たちが閉じ込められた>

            ・12面〜13面 ゴジラと憲法「戦前回帰への警鐘」(高橋宏)
            <第1作『ゴジラ』に話を戻そう。
            ゴジラの存在が明らかにされた後、政府は「特設災害対策本部」を立ち上げる。
            本部には多くの人々が押しかけ、ゴジラへの対応を迫った。
            対策本部はまず、ゴジラが潜んでいるとみられる海域で、
            フリゲート艦隊による爆雷攻撃を実施する。
            それを報じるテレビニュースを見ていた山根博士は席を立ってしまう>

            ・14面〜15面 世界で平和を考える「自衛隊 シナイ半島派遣」
            <2015年春にトルコからシリア国境を訪問し、シリア難民について取材した。
            当時も今も急増する難民に周辺国は手を焼いていて、
            トルコ政府が国境に壁を建設、難民の流入を阻止し始めた。
            「イスラエルと同じことをしている。エルドアン大統領も独裁者になってきたな」
            延々と続く壁を撮影しながら、いつ終わるともわからない
            シリア内戦の被害者に思いをはせていた>

            このほか、松山市で開かれた「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議」や
            「うずみ火講座」、ジャーナリストの三谷俊之さんの「100年の歌びと」、
            フリーアナウンサーの「坂崎優子がつぶやく」などの連載も大好評。

            ※「新聞うずみ火」の購読を希望される方は、
            うずみ火事務所までご連絡ください。
            (06・6375・5561 Fax06・6292・8821 
            メール uzumibi@lake.ocn.ne.jp
            最新号と振替用紙をお送りします。
            B5版32ページ。
            月刊で1部300円(コーヒー一杯分)、年間で3600円(飲み代1回分)
            創刊した14年前からこの値段です。

            ※郵便振替は、00930−6−279053

            ■10月のうずみ火講座は12日(金)
            IR施設整備法が成立し、カジノが公に認められることになりました。
            大阪では「夢洲」が候補地。
            大阪府・市は万博とセットで誘致するビジョンを描いています。
            市民団体「カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表」で阪南大流通学部教授の
            桜田照雄さんにカジノ法の問題点についてお話ししていただきます。
            【日時】10月12日(金)午後6時半〜
            【会場】クレオ大阪西(阪神・JR環状線「西九条駅」下車)
            【資料代】読者1000円、一般1200円、学生・障がい者700円

            ■9月の茶話会と酒話会
            【茶話会】27日(木)午後2時〜事務所で新聞うずみ火10月号の裏話と近況報告
            【酒話会】28日(金)午後6時〜事務所で定岡由紀子弁護士による「憲法BAR」

            ■ラジオ出演
            【矢野】毎週月曜日午後8時〜毎日放送ラジオ「ニュースなラヂオ」、
            9月29日(土)午後8時〜ラジオ大阪「里見まさとの土曜スタジオ」
            【西谷】第2、第4水曜日午後14時〜ラジオ関西「はんばひろふみ! ラジオDEしょー!」
            【高橋】毎週金曜日午前9時20分〜和歌山放送ラジオ「ボックス」

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             マガジン名:うずみ火通信
             発行日:不定期
             発行元:新聞うずみ火 〒530-0012 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3階
                 TEL 06-6375-5561 FAX 06-6292-8821
             問い合わせ:uzumibi@lake.ocn.ne.jp
             WebPage: http://uzumibi.net/
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ◆メールマガジンの解除について
             編集部までメールをください。
             お時間を頂く場合がございますので、予めご了承ください。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ※当マガジンに掲載されている記事の無断転載・転用を奨励します!!

            10/12【報告集会】強行された「イスラエル軍事見本市」〜そのとき川崎で何が起きていたのか?

            0

              東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
              [転送・転載歓迎/重複失礼]

              前代未聞のイスラエル軍事見本市に対して、約2か月にわたって地元川崎
              をはじめとする多くの市民が反対運動を繰り広げ、危険な本質を明らかに
              しました。その熱と力は川崎市を追い詰め、ソフトバンクを撤退に追い込
              みました。

              今なお追及は続いており、ソフトバンクと川崎市当局に経緯と見解につい
              ての公開質問状を送り、それぞれ9月25日と10月1日までの回答を求めてい
              ます。この集会では、映像を交えて見本市と反対運動について報告すると
              ともに、ゲスト講演にパレスチナ連帯、対イスラエルBDS(ボイコット・
              資本引き揚げ・制裁)運動に長く取り組んでこられている役重善洋さん
              を関西からお招きします。充実の報告集付き! ぜひ、ご参加ください。

              ※ご賛同・カンパもよろしくお願いします!

              ==============================

              【大拡散希望!】

              ◆◇◆◇◆◇◆◇ <報告集会> ◇◆◇◆◇◆◇◆

                強行された「イスラエル軍事見本市」
               〜そのとき川崎で何が起きていたのか?〜

              https://kosugihara.exblog.jp/238767290/
              [SNS拡散用]
              https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/posts/1955636294483962
              https://twitter.com/2018_anti_isdef/status/1042738326002790400

              ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

              ★チラシはこちらから
              http://chechennews.org/sharedoc/20181012_isdef_bira.pdf

               8月29・30日に川崎市とどろきアリーナで開かれた「ISDEF Japan」
              (イスラエル軍事見本市)。
               2020年の東京五輪を商機とにらむイスラエルの軍需関連企業が、「テロ
              対策」の名目で、パレスチナ人を抑圧、監視、虐殺して開発した技術を売
              り込みました。
               「核兵器廃絶平和都市」を宣言し、「多文化共生」を掲げ、国内の自治
              体として唯一「国連グローバルコンパクト」という枠組みに参加し「人権
              侵害に加担しない」と約束している川崎市は、「武器の展示がなければ問
              題ない」として、公共施設の利用許可を与えたのです。
               私たちは、許可の取り消しを求めて、公開質問状、要求書、署名の提出
              や記者会見、シンポジウムなどを行い、見本市当日には延べ300人の市民
              が「ダイ・イン」などの抗議行動を繰り広げました。開催日には、銃や弾
              薬を掲載したカタログが置かれたことも発覚し、改めて危険な本質が明ら
              かになりました。
               一方で、ISDEFへの出展のみならず、ゴールドスポンサーとなり、幹部
              がプレゼンを予定していた「ソフトバンク」は、開催直前に方針転換し、
              直接の関与を取りやめました。
               今回の取り組みを振り返り、成果と課題を共有するために、報告集会を
              行います。ぜひ、ご参加ください。

              日時:10月12日(金) 18時30分〜21時 
              会場:川崎市教育文化会館 4階第1・2・3学習室
              (川崎市川崎区富士見2-1-3)
              アクセス:川崎駅・京急川崎駅から徒歩15分、または川崎駅東口バスのりば
              (20番水江町行き・24番市営埠頭行き)より「教育文化会館前」バス停下車
              地図
              http://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/cmsfiles/contents/0000030/30482/30kyobunmitiannnai.pdf

              【反対運動の報告】
              杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)

              【取り組み参加者からの発言】

              【ゲスト講演】
              役重善洋さん(大阪経済法科大学・客員研究員/パレスチナの平和を考える会)

              「イスラエルの広報外交と軍事・セキュリティ産業
              ―日本における対イスラエルBDS(ボイコット・資本引き揚げ・制裁)運動の課題」

              〈プロフィール〉
              パレスチナの平和を考える会事務局長。BDS japan準備会事務局メンバー。
              大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。近著に『近代日
              本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム―内村鑑三・矢内原忠雄・中
              田重治におけるナショナリズムと世界認識』(インパクト出版会、2018年)。

              資料代(報告集込み) 800円

              主催:川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
              メール: anti_isdef@freeml.com
              ツイッター: https://twitter.com/2018_anti_isdef
              電話:090-6185-4407(杉原)

              〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
              かながわ県民活動サポートセンター9階 レターケース9番 
              共同行動のためのかながわアクション気付

              武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) 
              〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302
              3.11市民プラザ気付

              -----------------------------

              【賛同・カンパをお願いします!】
              今までの取り組みに加えて、報告集会の開催や報告集の作成などに経費が
              かかります。現在、会計がやや厳しい状況です。ぜひ、応援してください。

              <ご賛同> 
              個人 1口 500円 
              団体 1口 1,000円
              ※複数口を歓迎します。 

              〈郵便振替口座〉
              口座番号 00140-4-486789
              口座名 武器輸出反対ネットワーク
              ※通信欄に「軍事エキスポに反対する会」と明記してください。

              =================================

              市民社会フォーラムon Twitter

              0
                21:15
                The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/fIUexZy3MJ Thanks to @tonburidom @masashi358 @tundratiger #風の街 #baseec

                市民社会フォーラムon Twitter

                0
                  21:15
                  The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/J79wea2ovh Thanks to @tweet_yui @nangokuzz @ronosyuka #ベーシックインカム #体外受精
                  20:50
                  【動画】屋良朝博さん講演「どうする?日本の安全保障と沖縄米軍基地問題」(2018/08/24神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/TbDHBbLQW5
                  20:50
                  【動画】米朝関係報道をファクトチェックする(講師:立岩陽一郎さん 2018/9/1神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/SrmLrl1LGj
                  20:49
                  【告知】太田昌克さん講演「日本はなぜ『核の傘』を手放さないのか 日米軍事同盟の現実」(2018/11/17土@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/4RnbUn6kY4
                  20:49
                  【告知】雨宮処凛×松尾匡「どうする?日本の経済と格差社会」(2018/09/30日@大阪) ? 市民社会フォーラム https://t.co/QARCy7ND5x
                  20:49
                  【告知】あすわかの憲法のお話 前川喜平さん 次回は第13条です(2018/9/29土@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/5mq6BzzJoa
                  13:47
                  【告知】改憲発議の前に考えるべきこと 国民投票と政治資金(2018/9/23日@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/7gKOxgdZmT

                  市民社会フォーラムon Twitter

                  0
                    21:15
                    The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/eOQd8dfwLS Thanks to @heartnetshizuok @thai_suki @pancho02620 #abo #pixiv
                    17:25
                    【告知】改憲発議の前に考えるべきこと 国民投票と政治資金(2018/9/23日@神戸) ? 市民社会フォーラム https://t.co/7gKOxgdZmT
                    17:24
                    【告知】『沖縄スパイ戦史』&三上智恵監督トーク(2018/9/22土@元町映画館) ? 市民社会フォーラム https://t.co/RihqXkO3lf
                    08:15
                    【市民社会フォーラムのご案内】改憲発議の前に考えるべきこと 国民投票と政治資金(9/23日… https://t.co/b78rbsyh4y #jugem_blog

                    【市民社会フォーラムのご案内】改憲発議の前に考えるべきこと 国民投票と政治資金(9/23日@神戸)など

                    0

                      以下転送転載拡散歓迎
                      =======================
                      市民社会フォーラムのご案内
                      ----------------------------------------------
                      ■第102回映画鑑賞会
                      『沖縄スパイ戦史』&三上智恵監督トーク

                      日 時 9/22(土) 17:30の回上映終了後 
                      会 場 元町映画館
                      登壇者 三上智恵監督
                      ※当日映画を観られた方対象、参加無料
                      当日10時より受付順に整理番号を発行し、定員に達し次第受付終了になります。
                      詳細 http://shiminshakai.net/post/4694
                      ----------------------------------------------
                      ■第225回学習会
                       改憲発議の前に考えるべきこと
                       国民投票と政治資金

                      日 時 2018年9月23日(日)13:30〜15:30
                      会 場 JEC日本研修センター神戸元町2階小会議室
                      講 師 上脇 博之 さん(神戸学院大学教授)
                      詳細 http://shiminshakai.net/post/4655
                      ----------------------------------------------
                      ■協力企画
                      あすわかの憲法のお話 次回は第13条です
                      「個人の尊重と幸福追求の権利と教育基本法について(仮)」

                      日時 9月29日(土)10:00〜
                      会場 兵庫県民会館大ホール
                      お話 前川喜平さん(現代教育行政研究会 代表)
                      詳細 http://shiminshakai.net/post/4276
                      ----------------------------------------------
                      ■第226回学習会
                      雨宮処凛×松尾匡
                      どうする?日本の経済と格差社会

                      日 時 9月30日(日)14:00〜17:00(開場13:30)
                      会 場 NSビル9階
                      共 催 大阪を知り・考える市民の会/ひとびとの経済政策研究会
                      詳細 http://shiminshakai.net/post/4669
                      ----------------------------------------------
                      ■協賛企画
                      日本はなぜ「核の傘」を手放さないのか
                      日米<核>軍事同盟の現実

                      日 時 11月17日(土)15:00〜17:00
                      会 場 JEC日本研修センター 神戸元町
                      講 師 太田 昌克 さん(共同通信編集委員) 
                      詳細 http://shiminshakai.net/post/4719
                      ----------------------------------------------
                      【最近公開した動画・講演録】
                      ----------------------------------------------
                      ■【動画】米朝関係報道をファクトチェックする(講師:立岩陽一郎さん 2018/9/1神戸)
                      http://shiminshakai.net/post/4527
                      ■【動画】屋良朝博さん講演「どうする?日本の安全保障と沖縄米軍基地問題」(2018/08/24神戸)
                      http://shiminshakai.net/post/4664
                      ■【動画】憲法9条を活かした安全保障とは?(柳澤協二さん/伊藤真さん/弘川欣絵さん 2018/7/15大阪)
                      http://shiminshakai.net/post/3977
                      ■【動画】志葉玲 取材報告会「イスラエル・パレスチナの現実」+liveうたのね(2018/7/8日@京都)
                      http://shiminshakai.net/post/3946
                      ■【動画】市民ができる政府監視 – 情報開示請求の意義(三木由希子さん/上脇博之さん 2018/7/1)
                      http://shiminshakai.net/post/3449
                      ■【動画】なぜ政府の「公文書隠し」は続くのか〜公文書管理・情報公開の現状と課題〜(講師:三木由希子さん 2018/6/30大阪)
                      http://shiminshakai.net/post/3210


                      | 1/3886PAGES | >>
                      このページの先頭へ▲