calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

森友疑惑徹底追及!加計疑惑徹底追及!稲田も安倍もすぐ辞めろ!7・24〜25国会議員会館前行動の御案内

0

    高田健です。
    拡散希望です。
    衆参予算委員会閉会中審査
    森友疑惑徹底追及!加計疑惑徹底追及!稲田も安倍もすぐ辞めろ!7・24〜25国会議員会館前行動の御案内

    ようやく衆参予算委員会での閉会中審査が決まりました。
    時間配分の変更や、安倍昭恵氏、加計孝太郎氏らが証人喚問されていないこと、政府が臨時国会召集にいまだに応じていないことなど、決して満足できるものではありませんが、私たちはこの閉会中審査に注目します。
    おりから、稲田防衛相の国会虚偽答弁問題も浮上しています。
    この間、共謀罪の強行採決や、森友・加計疑惑隠し、あるいは安倍政権周辺での閣僚や議員のさまざまな行動が安倍政権への人びとの不信を拡大しています。
    総がかり行動実行委員会は、閉会中審査を監視し、安倍政権退陣を掲げ、市民のみなさんと共に国会前行動をおこないます。

    ●7月24日(月)、25日(火)12時〜13時
    場所:衆議院第2議員会館前を中心に
    呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

    ------------------------------------------------------------
    許すな!憲法改悪・市民連絡会
    高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
    東京都千代田区三崎町2−21−6−301
    03-3221-4668 Fax03-3221-2558
    http://web-saiyuki.net/kenpoh/
    憲法審査会傍聴備忘録
    http://web-saiyuki.net/kenpou/

     


    [jim-netメルマガ:0080] 【講演会のお知らせ】8/4(金) シリアNOW!〜難民支援の現場から〜

    0
      (転送・転載歓迎)
      □■□■□■□■□■□■□■□■□2017年7月21日発行
      JIM-NET (ジムネット)
      日本イラク医療支援ネットワーク
      メールマガジン
      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      ☆☆クリックでJIM-NETを応援☆☆
      gooddoで1日1回のクリックをお願します!
      クリックのポイントがJIM-NETへの支援になります。
      (ページ右下の「応援する!」というボタンをクリックしてください)
      http://gooddo.jp/gd/group/jimnet/

      ☆Instagram始めました☆ ユーザーネーム:jim_net

      ----------------------------------------------------------
      ◆INDEX◆
      1)8/4(金)シリアNOW! 〜難民支援の現場から〜
      2)  JIM-NET東京事務所が移転しました。
      3)  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーのパートナー団体となりました。
      4)  現地レポート
      ・シリア難民負傷者・障害者支援:ヨルダンより女性障害者の社会活動報告
      ・シリア難民がん支援:イギリスのタハニさんとTV電話
      ・モスル緊急支援:無事にモスルに薬が届きました。

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      1)8/4(金)シリアNOW! 〜難民支援の現場から〜
      http://jim-net.org/blog/event/2017/07/84now.php
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      7年目に入ってしまったシリア紛争により、国外に逃れる人の数は増え続けて500万人を超え、隣国ヨルダンには66万人を超えるシリア難民が暮らしています。

      JIM-NETは、特に難民が急増した2013年から、ヨルダンに暮らすシリア難民の負傷者・障害者支援を実施しています。

      不安定な生活を強いられているシリア難民の人たちを取り巻く状況は、他国への移住、シリアへの帰国、ヨルダン国内での移住など、彼らを取り巻く状況は常に変化しています。

      今回は、毎日、シリアに関する複数のメディア情報を整理・発信している東京外大の青山先生をお迎えし、シリア国内の状況についてお話し頂くとともに、7月末にヨルダンから帰国した直後の佐藤真紀と内海旬子が最新の現地情報をお伝えいたします。

      【登壇者】
      青山弘之(東京外国語大学教授)
      佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
      内海旬子(JIM-NET海外事業担当)

      ◆日時:2017年8月4日(金) 18:45〜20:30 (開場:18:30)
      ◆会場:文民教育協会 東京子どもの文化研究所 https://goo.gl/avPha5
         (東京都豊島区目白3-2-9・JR目白駅徒歩3分)
      ◆参加費:1,000円(JIM-NETサポーターは無料)
          ※当日、受付にてお支払いください。
      ◆お申込:JIM-NET 03-6228-0746/info-jim@jim-net.net
      申込フォーム:https://goo.gl/P8g7td
      ◆定員:50名


      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      2)  JIM-NET東京事務所が移転しました。
      http://jim-net.org/blog/news/2017/06/post-196.php
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      6月22日に9年お世話になった神田川沿いから離れ、東京事務所を移転しました。最寄り駅は今までと同じく高田馬場ですが、早稲田通りと反対側の出口となり、駅から近くなりました。
      新しい事務所にも子どもたちの絵や、シリア難民ママたちのグッズなどを飾り、
      ボランティアや募金者の皆さんが集まりやすい環境を作って行きたいと思っております。
      お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

      ◆新住所
      〒169-0075
      東京都新宿区高田馬場4丁目4-11 内藤ビル2C
      電話・FAX:03-6228-0746
      メール:info-jim@jim-net.net
      (電話・FAX・メールは変更なし)

      ◆最寄り駅:高田馬場
      JR戸山口より徒歩2分
      JR/西武新宿線 早稲田口・東京メトロ1番出口より徒歩5分

      ◆地図 http://jim-net.org/aboutus/map.php

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      3)  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーのパートナー団体となりました。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)・デーとは
      『誰もが、どこでも、お金に困ることなく、自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる状態 』を実現するよう世界に呼びかける日です。
      2012年12月12日、国連総会でユニバーサル・ヘルス・カバレッジを国際社会共通の目標とする決議が全会一致で採択されました。これを記念して、市民社会が中心となって2014年から12月12日を「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」とすることになりました。
       
      「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」の詳細はこちら⇒http://uhcday.jp

       JIM-NETでは、イラクやシリアの子どもたちが、お金がなくて抗がん剤が買えない、病院に子どもを通わすお金がない、骨髄移植のためにすべての財産を失ってしまった。そして残念なことに子どもの命も奪われてしまった、といった例をいくつも見てきました。
      イラクは、石油資源が豊富であることから国立病院は無料で治療が受けられることになっていますが、戦争の影響で、いまだに安定した政府ができずにいて、病院には抗がん剤がない状況です。
      私たちは病院に薬を届けたり、患者が自己負担で買った薬の立替や、病院への交通費を払っています。そういった支援を続けながらも、世界にユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を訴えていきます。

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      4)現地レポート
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆シリア難民負傷者・障害者支援:ヨルダンより女性障害者の社会活動報告
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-388.php
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-386.php

      ◆シリア難民がん支援:イギリスのタハニさんとTV電話
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-389.php

      ◆モスル緊急支援:無事にモスルに薬が届きました。
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-387.php
      ---------------------------
      募金はこちらから http://jim-net.org/support/
      スタッフブログ http://blog.livedoor.jp/jim_net/

      このメルマガの問い合わせ・配信停止について
      JIM-NET http://jim-net.org/
      info-jim@jim-net.net
      03-6228-0746


      ★★【少額からスマホで簡単】かざして募金★★
      【POINT】
      その1:思い立った時に手軽に募金できます!
      その2:少額から選べます。
      (100円・500円・1000円・3000円・5000円・10000円)
      その3:募金額は携帯利用料と一緒に引き落とされます。
      (クレジットカード情報を入力する手間がありません。)

      Softbankのスマートフォンをお持ちの方
      コチラ↓からログイン後、募金額をお選びください。
      https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=370

      ※Softbank以外の方は、恐れ入りますが従来の
      JIM-NETのWEBサイト内のカード決済をご利用ください。
      http://jim-net.org/support/donation.php

      毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/21) 武田一顕 安倍世紀末ゴタゴタ五里霧中内閣改造を語る

      0

        body

        永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、河田直也アナウンサーの司会で、稲田日報ゴタゴタスキャンダ
        ル、山本加計学園ゴタゴタスキャンダルのASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権の内閣改造
        について、TBSラジオ政治担当記者の武田一顯さんがMBSスタジオで出られました。
         稲田氏の発言に矛盾、南スーダン日報問題の隠蔽に稲田氏もあり、一句「徳俵 足がかかった安倍改
        造」、白鳳のように勝てるか、土俵を割るか、であり、稲田氏は一番最悪のパターン、最初にスキャンダ
        ルがドンと出るのではなく、毎日稲田氏の嘘が少しずつばれて、稲田氏=嘘つき大臣と見られるものであ
        り、今日も防衛省から新証言、組織的隠蔽に稲田氏も関与したというもので、武田さん、黙っていると大
        臣は了承と見なされると言われて、菅氏も特別監察の対象に稲田氏も入り、武田さん、大臣は対象ではな
        く、しかし伸ばしても監察の結果は変わらず、そして内閣改造を国会王子、武田さんが大胆予測、8月3日
        に改造とASSは山口氏に言うものの、稲田氏はどうなるか?防衛大臣が8/3まで持つか、金田法相、山本
        幸三大臣はアウト、塩崎氏もアウト、ASSは骨格を変えないので、麻生氏、菅氏、二階氏は続投であ
        り、徳俵に足がかかり本来はガラッと変えたいが、ASSにそこまでできず、高市氏は政治スタンスの違
        いで離婚、しかし高市氏はASSと思想が近く、また特別監察で問題ありとされるので、稲田氏が罷免な
        ら、総理が兼務しても、その間に何かあったら問題で、武田さんは稲田氏を改造前に変えるのは難しい、
        しかし連日稲田氏のゴタゴタスキャンダルでも、来週の閉会中審査で稲田氏に余計なことを言わないで、
        がASSの必死の気持ち。
         金田氏は答弁になると全くダメであり、共謀罪成立、永田町、霞が関ではあれだけ難しい法律を作った
        のは勲章であり、金田氏はご勇退、稲田氏は更迭が実質、共謀罪は金田氏が政治家を辞めても自慢でき
        る。
         山本氏も厳しく、麻生氏、菅氏を変えず山本氏を変えなかったらどうしようもない。
         では、誰が入閣するのか、進次郎氏のことは、武田さん、入閣待望論があっても当選回数が少なく、本
        人も入らないと言っており、今入っても仕方ないと思う、また考えも石破氏に近く、ASS政権には入ら
        ない。
         橋下氏はどうか?武田さん、今回は難しい、ASSより菅氏と近く会食もしているが、ASSは入れた
        くても、今はダメ、2か月前ならともかく、今は救世主になるのか、しかし政治はしないと一昨年いい、今
        回はない。
         目玉はなく、武田さん、石破氏も来年の総裁選に出て、武田さんはASSが来年いっぱい持たず、ポス
        ト安倍で、今回は入らず、甘利氏は入る可能性はあり、ASS、麻生氏、甘利氏、菅氏が四天王で、AS
        Sは甘利氏を起用して2012年をもう一度としたく、しかし闇献金問題はまだ解決しておらず、そういう外
        を入れるリスクと、ASSの安心のどちらを取るか?三原じゅん子氏は厚労大臣、当選2回でも、女性を入
        れたい、ASSは女難内閣(笑)、稲田氏みたいにヘリコプターみたいに入れたら、失敗することにな
        り、野田聖子氏もASSと思想は合わず、しかしこれを入れたらASSは度量が広いと株は上がり、しか
        しこれで解散総選挙はできず、しかし下手なことをしたら派閥に不満→安倍おろし、自民は支持するがA
        SSはアカンが世論であり、そして防衛大臣は誰か?元の中谷氏、副大臣にさせるのは荷が重く、日誌隠
        蔽問題の決着が必要で、稲田氏や下村氏を無役にさせるのか、かわいいから処遇するのかと注目されてい
        る。
         会沢氏ら、当選回数があり大臣になっていない人を入れても、ASSのイメージアップにはならないと
        武田さん言われて、その新内閣を武田さん「五里霧中内閣」、2か月前はこんなことは想像されず、支持率
        は森友学園問題ではなく、驕る平家は久しからずであり、ASSも菅氏も驕り、特に女性の支持が落ち
        て、政権運営は謙虚にすべきと言われました。
         解散総選挙は、来年になっても支持率は上がらず、むしろ下がり、徳俵にかかったまま、麻生氏の解散
        総選挙の轍は踏みたくなく、ASSの中には解散総選挙は早くやった方がいいかも知れず、しかし都民
        ファーストが国政に出たら根こそぎ取られる、民進党はなくなるというのです。
         その中で、上西小百合氏がツイッター炎上で、次の選挙をどうするか、勝つ可能性の高い党から出ると
        言うものの、浦和レッズの試合にコメントして炎上であり、これは炎上商法ではなく、河田さんはサッ
        カーの発言は問題と言われて、武田さん、上西氏はサンデージャポンにも出て、国会でもやっているが、
        次はどこのプロダクションから出るか考えた方がいい(=芸能界に転身しろ)と締めくくられました。以
        上、武田さんのお話でした。
        (暗黒時代の阪神タイガースの監督・スタッフ選びよりひどい、阪神は戦争しないから(笑)、安倍さん
        の気持ちが一番わかるのは、球団の連敗新記録を作った高橋由伸監督かな?(笑

        【パブロ・ソロン氏への不当告訴に抗議を!】 パブロ・ソロン氏ってどんな人:【水への権利は基本的人権/ボリビアからの提案】パブロ・ソロン・ボリビア国連大使による国連演説

        0

          10月に来日が予定されている国際的に著名なボリビアの環境活動家であるパブロ・ソロン氏。その人となりの一端を紹介します。不当な弾圧を国際連帯の力ではねのけよう!

          パブロ・ソロン氏への不当告訴に抗議を!
          2017年07月09日  パブロ・ソロン ビビール・ビエン
          フォーカス・オン・ザ・グローバルサウスから、元代表パブロ・ソロンさんが不当告訴されたとのメッセージが送られてきています。ぜひ、連帯と抗議を!
          http://attackansai.seesaa.net/article/451649691.html

          ーーーーーーーーーーーー

          パブロ・ソロン氏への不当告訴に抗議を!

          フォーカス・オン・ザ・グローバルサウスからの緊急メッセージ

          ボリビア元国連大使のパブロ・ソロン氏は、憲法に明記された「ビビール・ビエン(良く生きる)」、「マザーアースの権利」を国連決議やさまざまな国際的な会議に反映させるために尽力してきました。後任のラファエル・アルチェンド氏も2011年9月に解任されるまで、この立場を堅持してきました。

          ソロン氏とアルチェンド氏はその後、モラレス政権がこの画期的な憲法にもかかわらず開発主義的政策を継続し、先住民族の居住地域の破壊を伴う計画を住民の相談なしに進めることに抗議し、政府を批判し続けてきました。

          最近ではアマゾンのエル・バラとエル・チャペテの2つの地区での大型水力発電所の建設(先住民族5000人の退去と10万ヘクタールの森林伐採を伴う)に反対してきました。

          最近、ボリビアの「透明性と反腐敗」副大臣はパブロ・ソロン氏が後任にラファエル・アルチェンド氏を指名した手続きが違法であるとして、両氏を告訴することを決定しました(有罪となった場合は禁固4年!)

          問題となっている後任指名には何の問題もなく、しかもすでに5年を過ぎており、両氏とも公職を離れています。この告訴がエル・バラおよびエル・チャペテでの水力発電所の建設を強行するために反対運動を力で抑え込むことを意図していることは明白です。

          パブロ・ソロン氏への連帯と激励のメッセージはこちらから

          抗議文ではありませんので、”In Solidarity”と名前だけでもかまいません。

          ーーーーーーーーーーーー

          ジュビリー関西ネットワークのHPから

          【水への権利は基本的人権/ボリビアからの提案】パブロ・ソロン・ボリビア国連大使による国連演説
          http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20100801/1291307321

          気候変動と母なる地球の権利に関する世界民衆会議のHPより

          国連演説「水と衛生に対する人としての権利」

          2010年7月28日 ニュース、ニュースレター

          ボリビア多民族国の常任委員による介入

          「水と衛生に対する人としての権利」

          2010年7月28日

          議長、

          まず初めに、本決議の提示にあたり、人類は基本的に水であると言うことを思い起こして頂きたいと思います。私たちの体内組織の3分の2は、水でできています。脳の約75%は水で、水は、私たちの体の電気伝達の基本的な媒体です。

          また血は、体内の川のネットワークのように流れています。体内の血は、栄養分やエネルギーを体内組織に届けます。さらに、水は、死んだ細胞を排泄します。また私たちの体温を調節したりします。

          体内の水分が20%失われると、私たちは死んでしまいます。食料なしでは数週間閾のぶることはできますが、水がなければ2,3週間も生き延びることはできません。水は私たちの命ともいえます。

          さて、本日は、次の共同提案国を代表して、総会本会議の検討事項に関する歴史的な解決について表明します。共同提案国は、アンゴラ、アンチグアバーブーダ、アゼルバイジャン、バーレーン、バングラディッシュ、ベニン、ボリビア多民族国、ブルンディ、中央アフリカ共和国、コンゴ、キューバ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドール、エリトリア、フィジー、ジョージア、ギニア、ハイチ、マダカスカル、 モルディブ、モーリシャス、ニカラグア、ナイジェリア、パラグアイ、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、サモア、サウジアラビア、セルビア、セーシェル共和国、ソロモン諸島、スリランカ、ツバル、ウルグアイ、 ヴァヌアツ、ベネスエラ・ボリバル共和国、イエメンです。

          健康に対する権利は、もともと1945年に世界保健機関によって決定されたものです。 1948年には、世界人権宣言が、「生きる権利」、「教育を受ける権利」、「働く権利」を宣言しました。 1966年に、さらに、十分な食料、衣料、住居を含み、「社会保障を受ける権利」、「十分な生活水準を保持する権利」が、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」に組み込まれました。

          しかし、水に対する権利は、人権差別撤廃条約、女性差別撤廃条約、子供の権利条約、障害者権利条約などの様々の国際的な法律文書で明確に言及されているにもかかわらず、十分認識されてきませんでした。


          f:id:Jubilee_Kansai:20090416041350j:image:left

          (写真〔左〕:コチャバンバの水戦争での民衆の勝利10周年を記念するデモ行進)

          このため、私たちは、共同提案者らと共に、水と衛生に対する人としての権利を、直ちに認識するよう、この決議を表明します。現在でも、安全な飲み水がないために病気が発生し、衛生が十分でないために戦争よりも悲惨な状態が発生しています。

          毎年350万人が、水系感染症で亡くなっています。

          5歳以下の子供たちの死亡原因で2番目に多いのは、下痢です。飲料水へのアクセスが出来ないため死亡する子どもたちの数は、エイズ、マラリア、併合天然痘で死亡する数を超えています。

          全世界では、飲料水の不足によって約8人に1人が死亡しています。

          また、女性たちは家庭で使用するためにまる1日かけて水を収集し、それを家に運ぶのに2億時間以上費やしています。

          衛生の不足状態はさらに深刻で、26億人、つまり世界人口の40%の人々に影響を与えています。

          ここで、独立専門家の報告書を紹介します。

          「衛生は、その他の人権以上として考えるべきで、人間としての尊厳の概念を喚起させます。毎日多くの人々が経験しているのですが、その脆弱性や侮辱について考えてみてください。野外でバケツやビニール袋に排泄しなければならないのです。このような状態を侮辱するのは恥しいことだと言わなければなりません。」

          世界中のほとんどの病気は、糞便が原因です。衛生状態が十分であれば、下痢が原因の子供の死亡を3分の1以上減少させることが出来ると予測されています。

          来る日も来る日も、世界中の病院のベッドの半分は、安全な水と衛生の不足による病気で苦しんでいる人々が使っています。


          f:id:Jubilee_Kansai:20101203213611j:image:right

          (2000年のボリビア・コチャバンバ市での水戦争では軍隊が出動し水の民営化に反対する市民6人が虐殺された)


          議長

          人権には十分な概念がありませんが、その基本は現実と経験です。例えば、世界人権宣言にある教育を受ける権利は、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」、「住民族の権利に関する国際連合宣言」などのその他の国際法律文書などとともに、長い間で構築され、そして規定されました。「水と衛生に対する人としての権利」についても同じことが言えるでしょう。

          そのため、独立専門家が、委任のすべての局面について継続的に作業するとする決議の効力を発する3つ目の段落で、本決議の効力について、強調、奨励し、さらに、「安全できれいな飲み水と衛生に対する人としての権利の実現、『ミレニアム開発目標』ノ達成に対する影響に関する主な課題」について総会に提出します。

          「ミレニアム開発目標に関するサミット」が近づいており、飲み水と衛生は、人の権利であること、また、この目標を達成するのに、さらにわずか5年しかないですが、これを達成するのにすべてを行うことを明確に打ち出すことが必要である。


          f:id:Jubilee_Kansai:20101203214137j:image:left

          (写真〔左〕:コチャバンバの水戦争はボリビア人民の抵抗運動により勝利した)


          このため、決議の効力を発する2つ目の段落が重要であると確信します。この段落は、「国内および国際的機関に対して、特に途上国において、財政支援、能力構築とテクノロジーの移転、国際支援と協力により、安全、清潔、入手可能な飲み水と衛生を全ての人に提供する取り組みを拡大するよう求める」と述べています。

          すべての決議は、問題の核心を指摘する段落が含まれており、この決議の核心は、効力を発する最初の段落にあります。多くに非公式の協議では、本決議に関連しない課題を除き、また常にバランスを求めながら、加盟国間の異なる懸案事項について、決議の核心を損なわず、必死で調整を行ってきました。

          飲み水と衛生に対する権利は、生活の完全な享受に欠かせない人としての権利です。

          飲み水と衛生は、「十分な生活基準に対する権利」等のその他の権利の単なる構成要素または基本的構成要素ではありません。「飲み水と衛生に対する人としての権利は、それ自体で認識すべき権利です。国に対して、飲み水と衛生へのアクセスに関連する人としての権利の義務に従うことを強要するには十分でありません。それどころか、飲み水と衛生に対する人としての権利を促進し、保護するよう各国に求めることが必要です。


          f:id:Jubilee_Kansai:20101203214442j:image:right

          (写真〔右〕:水の民営化に反対する民衆の闘いは続いている)


          議長

          本決議の本質に関する観点を見失わず、透明性と理解を求める取り組みにおいて、共同提案者の名目で、「宣言する」と言う用語を「認識する」に置き換えた効力を発する決議の最初の段落に対して提案し、口頭による修正を行いたいと思います。

          議長

          本決議に関して検討する前に、世界保健機関とユニセフに出版の2009年のレポート「下痢で子供たちは今もなくなっている。何が出来るのか(Diarrhoea: Why children are still dying and what can be done)」によると、途上国では、清潔でない飲み水による下痢などの予防可能な原因によって、毎日2万4千人の子供たちが死亡していることを、すべての代表が心にとめて置かれるよう希望します。3.5秒に一人の子供が死亡しています。

          1,2,3・・・と数得る間に1人の子供が亡くなっています。

          「今こそ、行動する時です。」

          ご清聴どうもありがとうございました。

          本スピーチは、2010年7月28日、国連総会前に、ボリビア多民族国のPablo Solón 大使が行ったものである。
           


          朝日放送おはようコール(2017/7/21) 中川譲が加計学園問題での安倍政権のゴタゴタと稲田大臣のPKO日誌隠蔽問題を語る

          0

            永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
            院大学客員教授の中川譲さんでした。

            今日の新聞一面紹介、朝日は南スーダンPKO日誌隠蔽問題、幹部の了解で削除、毎日は特別監察で稲
            田氏に触れられないこと、来週に延期、政権を揺るがすスキャンダル、読売は物価目標6回目の先送り、産
            経はIPS細胞での心臓病治療、日経は地銀統合九州で無期延期です。

            加計学園問題、獣医学部新設で山本幸三大臣が四国に決めた、加計学園が費用を負担と語ったと報じら
            れた件、山本氏はこれを否定、しかし関係者から得られた議事録で、山本氏が四国に新設を公募も始まっ
            ていない時期に決めたと報じられた(週刊文春の報道)、山本氏は京都もあり得ると発言、獣医師会のメ
            ンバーも山本氏の発言を証言しており、記憶と記録が食い違い、山本氏は答弁がしどろもどろ、双方の言
            い分が真っ向から食い違い、議事録はA4で4枚、山本氏は四国に決めたといい、山本氏は獣医師会の思い
            込みと言い、加計学園の発言も双方で異なり、公募の2か月前、これについて中川さん、思い込みで具体的
            な数字は出ず、山本氏が思い込みと言うのに説得力はなく、議事録には具体的な記述があり、山本氏は国
            会答弁で問題もあり、山本氏の発言に信憑性はなく、国民はどちらに軍配を上げるか、週明けの閉会中審
            査で最後の結論(どちらが正しいか)を下すべきと言われました。閉会中審査の前にこんなネタが出るこ
            とが政権末期と言われました。

            稲田大臣のPKO日誌隠蔽(戦闘を隠蔽)関与問題、複数の関係者が証言して、稲田氏はこれを真っ向か
            ら否定、廃棄した日報が陸自で保管されて、2/15に防衛省の重鎮も関与し、稲田氏は会議に出ており、日
            報隠蔽には防衛省、自衛隊の幹部も稲田氏が知らなかったわけはなく、官邸関係者は稲田氏が隠蔽に関与
            していたら加計学園問題どころではなく、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)の責任になると
            語り、菅氏は稲田氏も評価の対象と語り、特別監察は結果発表を来週に延期、これについて中川さん、場
            合によっては政権が吹き飛ぶ大変なスキャンダルであり、自衛隊のPKOは憲法に抵触し、稲田氏に隠す
            か判断させると言うものの、稲田氏の発言はグタグタ、報告すら受けていないというのでは、これで日本
            の安全保障は大丈夫か、現場は稲田氏を信用せず、稲田氏は現場に責任を押し付けるので、現場はこんな
            ことで日本の安全保障はアカンと思い、稲田氏が隠蔽に関わっていたら虚偽答弁、任命責任も含めてAS
            Sの責任でもあり、来週の集中審議が注目されると言われました。

            外来有害生物はヒアリだけでなく、外来種のクビアカツヤカミキリムシが木を食い荒らして農産物に被
            害、愛知県で確認されて、全国に広がり、海外から9〜10億トン輸入、外来種が数十種来て、オーストラリ
            アでは中の害虫駆除があると気象予報士の正木明さんは言われました。

            本日の気になる新聞記事、朝日1面、内閣改造で岸田氏留任、ポスト安倍の一員で、しかし政権批判を外
            からされることもあり、中川さんASSと岸田氏の政治姿勢の違いは憲法改悪で根本的に異なり、岸田氏
            は内閣でどうするか?岸田氏を取り込まないと政権はガタガタと言われて、読売の記事で、ポケモンGO
            配信から1年、利用者は1100万人→440万人、20〜30代が離れて、スタジオでも早く止めたとの声があり、
            中川さん全く関心がなく冷ややかに見ていたが、まだ400万のユーザーがあるのか、これは大変な数字であ
            ると言われました。以上、中川さんのお話でした。


             


            7/24(月)18時半〜講演「ぶっ飛ばせ!共謀罪」小倉利丸さん

            0

              荒木です。共謀罪あかん大阪の学習講演会のお知らせです。

              以下拡散希望
              ***********************************
              共謀罪施行後、初の共謀罪学習講演会です。
              メインの講演は、ネットワーク反監視プロジェクトで活躍されている小倉利丸さん。共謀罪についての共著があり、インターネット上の監視についても詳しい小倉さんのお話は興味津々です。

              さらに、共謀罪が施行されてしまった今、まずは政府に共謀罪を使わせないことが一番! でも、もしも、もしも逮捕されてしまったら、そのときはどうしたらいいの?というもしものときの実践マニュアルも、弁護士の先生からお話していただきます。

              そして、新聞うずみ火代表の矢野さんからは、ジャーナリズムと共謀罪という、これまた興味津々のお話も。

              短い時間に盛りだくさんで、とても贅沢な内容の学習講演会です。
              共謀罪なんてぜったい許せない!と思っている方も、でもこれからどうなるのか正直ちょっと不安…という方も、ぜひぜひご参加下さい。

              ●7月24日(月) 18時半〜エルおおさか708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m)

              講演「ぶっ飛ばせ!共謀罪」
               小倉利丸さん(元富山大学経済学部教授)
              ◇講師の小倉さんより◇
              共謀罪の施行を目前にして、共謀罪への反対運動を今後も継続することは当然のこととして、これまでの反対運動で十分に議論されてきたとはいえない幾つかの重要な論点と、共謀罪成立後の日本における刑事司法と私たちの自由の権利との新たな構造について考えてみたい。

              「ジャーナリズムと共謀罪」
                矢野 宏さん(新聞うずみ火) 
              「もし逮捕されたら?―実践マニュアル」
                永嶋靖久さん(弁護士)

              資料代:¥700
              主催:共謀罪あかんやろ!オール大阪
              連絡:共謀罪に反対する市民連絡会・関西気付 市民共同オフィスSORA TEL06-7777-4935

              https://www.facebook.com/events/253221815168310/

               


              7・22 グローバル・ジャスティス研究会 「文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか?」 韓国は今 Part2 - 新政権の出発と「核・ミサイル危機」 ? 東アジアの平和のための課題」

              0

                東アジアや朝鮮半島での緊張緩和・軍縮・非核化をどう実現していくのか、真剣な議論が問われています。

                 際限のない軍拡競争と核戦争瀬戸際政策に向かうのか、文大統領による「新ベルリン宣言」に見られるように話し合いによる緊張緩和を目指すのか、その中心にあるのは当事者である韓国の文在寅政権です。

                 東アジアの新たな平和的秩序をどう実現していくのか、参加者一同で議論できたらと思います。

                 グローバル・ジャスティス研究会

                /////////////////////////////////////////////////////////////////

                グローバル・ジャスティス研究会・7月の企画

                文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか?
                https://www.facebook.com/events/147843695787186/

                ■日時:7月22日(土) 午後6時半(6時開場)

                ■会場:ひとまち交流館 京都第5会議室(京阪清水五条駅下車)
                http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

                ☆報告☆

                韓国は今 Part2 - 新政権の出発と「核・ミサイル危機」 ? 東アジアの平和のための課題」

                ■講師:崔誠一さん 在日韓国民主統一連合(韓統連)大阪本部・事務局長

                4月に続いて、崔誠一さんのお話です。朴槿恵大統領弾劾のキャンドル運動から、大統領選挙での文在寅候補の圧勝。改革への期待、南北対話の再開をめぐる動き、一方でTHAAD(サード)ミサイル配備をめぐる動きや日韓関係。東アジアの平和のために、今、何が求められているか、いっしょに考えましょう。ぜひご参加ください。

                ■参加費:資料代として500円

                (割引希望の方は受付でお申し出ください)

                【参考記事】文大統領「新政府は光州の延長線上にいる」 1万人が《37周年5.18記念式》で『님을 위한 행진곡』を斉唱
                http://hanchung.org/archives/2340

                ■主催:グローバル・ジャスティス研究会
                https://www.facebook.com/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-683537078494574/

                ■お問い合わせ:080-2742-2590(佐々木)

                北朝鮮、韓国・文大統領の「新ベルリン宣言」に初反応=韓国ネットも高い関心
                Record china配信日時:2017年7月16日(日) 12時0分
                http://www.recordchina.co.jp/b184565-s0-c10.html

                2017年7月15日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が南北関係改善の意志を込め6日に発表した「新ベルリン宣言」に初めて反応した。
                北朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、実名入りの論評「朝鮮半島の平和と統一のための進路が何なのか、はっきり知らねばならない」で、新ベルリン宣言について「(東西ドイツ統一と朝鮮半島統一を絡めた)前半の内容には、対決の意思があり、平和と南北関係の改善に役立つどころか、障害だけを積み重ねる寝言のような詭弁が列挙されている」と非難した。
                労働新聞は一方で、文大統領の構想を「6・15共同宣言と10・4首脳宣言の尊重と履行を約束するなど、前任者とは異なる一連の立場が込められているのは幸いなこと」とし、一部肯定的に評価した。
                文大統領は6日、独ケルバー財団で行った演説で、「ドイツ統一の経験は地球上最後の分断国家として残った私たちに統一に対する希望と共に、私たちが進むべき方向を教えてくれる」とし、「ビリー・ブラント首相が第一歩を踏み出したドイツの統一の過程は、別政党のヘルムート・コール首相に至り完成した。私は朝鮮半島の平和と共同繁栄のためにも同様に政党を超越した協力が続いていかなければならないと信じる」と東西ドイツの統一に触れ、朝鮮半島統一への期待を示した。
                さらに、「われわれはすでに平和な朝鮮半島への道を知っている。『6・15共同宣言』と『10・4首脳宣言』に戻ることだ」とし、「北朝鮮が戻って来ることができない橋を渡らないことを願う。北朝鮮は核とミサイル開発を放棄し、国際社会と協力できる道を見つける必要がある」と付け加えた。
                6・15共同宣言は、2000年6月13日から15日にかけて平壌で行われた韓国の故金大中(キム・デジュン)元大統領と北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記による南北首脳会談の最終日6月15日に出された合意文章の内容を指し、10・4首脳宣言は、韓国の故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領と北朝鮮の故金正日総書記が07年10月の首脳会談後に発表した8項目の内容を指す。
                この報道を受け、韓国のネットユーザーからは2000件を超えるコメントが集まっており、関心の高さがうかがえる。コメント欄には「南北対話をしよう。自主的平和統一をしよう。そして、世界の一流国になろう」「過去の政府とは異なり、戦争よりも会話に重きを置いている。私たちの力でこの姿勢を推し進めたら、互いに対話が可能になる」「同じ民族同士、手を握って統一を成し遂げよう」など、南北対話と統一に好意的な意見が多く並んだ。
                また、「開城工業団地再開が平和統一の第一歩」と、朴槿恵(パク・クネ)前大統領によって中断されている事業の再開に触れた意見もみられた。
                その他に、「朝鮮韓半島全体にWi−Fiがつながるようにして、韓国の地上波報道や娯楽芸能放送を北朝鮮の住民にも見せてあげよう」とする意見や、「根本的な問題は、金一族の3代世襲の全体主義的独裁主義だ。人民に自由を認めて、主権を返してやれ」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)


                【市民社会フォーラム共催企画のご案内】対談企画 松尾匡×井上智洋 「ひとびと」のための経済 そして ベーシックインカム(8/27日@大阪)

                0
                  以下転送転載拡散歓迎
                  ==========================
                   ■□■市民社会フォーラム共催企画のご案内■□■
                        対談企画 松尾匡×井上智洋
                  「ひとびと」のための経済 そして ベーシックインカム        
                  日 時 8月27日(日)13:45(受付13:15)〜17:00
                  会 場 関西学院大学大阪梅田キャンパス 1004教室(K.G.ハブスクエア大阪10階)
                       http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html    
                            大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー◆TEL 06-6485-5611 
                  参加費 500円
                  ※事前申し込み不要、定員99名/先着順、終了後に懇親会あり
                    対談企画問い合わせ:bikansai00[アットマーク]gmail.com
                  共 催 ひとびとの経済政策研究会、ベーシックインカム勉強会関西、市民社会フォーラム
                  チラシ bi-leaflet-ver2-03

                  「ひとびと」のための経済、そしてベーシックインカム
                  日本に蔓延するデフレマインドを鮮やかに払しょくするべく、
                  反緊縮松尾とヘリコプター井上がタッグを組んだスペシャル対談企画。
                  停滞から脱却し、誰もが等しく経済成長の恩恵を享受し、自由で楽しい社会を
                  実現するための経済政策を二人が徹底的に語り尽くします。

                  【プログラム】
                  〆8紂景気はよくなっていくか
                  起こりつつある「人手不足」と人工知能による「雇用崩壊」
                  ブラック企業のなくし方
                  し从兩策はなぜ必要なのか?
                  テ本の借金は危ない!は本当か?
                  財源の作り方、教えます (マネークリエーションとヘリコプターマネー)
                  Д戞璽轡奪インカムは何を変えるか?
                  会場とのディスカッション

                  松尾匡氏:立命館大学経済学部教授
                  著書『不況は人災です!』『自由のジレンマを解く』『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼』

                  井上智洋:駒澤大学准教授
                  著書『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』『ヘリコプターマネー』『「人工知能」-生命と機会に壁にあるもの-』

                  市民社会フォーラムon Twitter

                  0
                    23:06
                    市民社会フォーラムのホームページです。https://t.co/tf2OvD3r5h
                    21:38
                    【告知】『「知事抹殺」の真実』上映と佐藤栄佐久さん舞台挨拶(2017/8/26土@神戸)https://t.co/kHjguVjwON
                    21:36
                    【告知】市民社会フォーラム第82回映画鑑賞会 『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』上映&「うずみ火新聞」編集長・矢野宏さんトーク(2017/7/30日@神戸)https://t.co/UIgLfdnMcL
                    21:25
                    【告知】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会(2017/7/13木@京都、14金@神戸、15土・16日@大阪)https://t.co/RibZxdVjJ7
                    21:13
                    The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/TljkPYtaSH Thanks to @konozama347890 @covanekosuki @aidoldaisukides #パレスチナ #イスラエル
                    20:39
                    毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/7/20) 谷口真由美 ボランティア10か条を語る https://t.co/2xdEAeWLWn #jugem_blog
                    20:38
                    武田一顯 稲田・加計学園問題山本大臣、安倍政権世紀末ゴタゴタスキャンダルを語る https://t.co/fT1C6WSbni #jugem_blog
                    20:38
                    市民社会フォーラムの公式twitterアカウントです。ぜひフォローください。→https://t.co/kv2NA110cg
                    20:37
                    レイバー映画祭2017ニュースNO.2&#12316;最終案内 https://t.co/rF3NJx4vv2 #jugem_blog https://t.co/Mmgx4aiBhK
                    20:37
                    レイバー映画祭2017ニュースNO.2&#12316;最終案内 https://t.co/rF3NJx4vv2 #jugem_blog
                    20:36
                    【IWJ動画:京都では400名が参加】 戦争法・共謀罪は廃止!7.19街頭演説会&デモ 左京みん… https://t.co/6z28GduqwO #jugem_blog
                    20:35
                    TBSラジオ 荻上チキSession-22(2017/7/19) 崎山敏也 福島原発3号機原子炉格納容器へ… https://t.co/COXMZV9v7B #jugem_blog
                    19:22
                    【告知】対談企画 松尾匡×井上智洋 「ひとびと」のための経済 そして ベーシックインカム(8/27日@大阪)https://t.co/Poyzkw2f9y
                    19:10
                    【講演録】教育に忍び込む偽史・疑似科学〜「親学」と「江戸しぐさ」を中心に〜(2017/5/28@神戸)https://t.co/Q4tSadIQjg
                    18:19
                    「知られていないイスラムのこと 暴力の連鎖と混迷はどうして生まれるのか」(7/22土@西宮)https://t.co/xih8RQYFkt
                    18:16
                    核兵器禁止条約の歴史的意義と課題(7/29土@神戸)https://t.co/qEtCXVyPYP
                    17:49
                    ISがモスルから撤退も「モスル市民の苦しみは終わらない」、イラク人質事件の高遠菜穂子氏が訴え - ganas 開発メディア https://t.co/zrroJHu9Rh
                    17:29
                    【告知】市民フォーラム「福島原発事故後6年、市民と科学者が考えること」(2017/8/6日@京都)https://t.co/JdcphjMBxV
                    10:34
                    【告知】「新聞うずみ火」編集長が斬る!安倍政権とジャーナリズムの役割(2017/7/30土@神戸)https://t.co/nRUosTcQur
                    08:09
                    朝日放送おはようコール(2017/7/20) 二木啓考が稲田大臣のPKO日誌隠蔽問題と加計学園… https://t.co/YcVoGm9omx #jugem_blog
                    05:46
                    2017年5月3日に永眠されました泥憲和さんが市民社会フォーラムで登壇したイベントの動画・記事を特集しています。https://t.co/SjePlLExBu

                    毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/7/20) 谷口真由美 ボランティア10か条を語る

                    0

                      永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大学の谷口真由美さんでした。
                      しゃべりたいんやぁトピックス、夏休みで学生さんたちも被災地のボランティアに行く人もいるが、災害支援のボランティアには学生さんに気を付けてほしいことがあり、親御さんも気を付けてほしいものがあり、現地で空回りがあるが、友人の早稲田大学のボランティアの10か条、(1)ボランティア保険に入ってほしい、ボランティアは自己責任、助けるものであり、ボランティア保険は高くないでぜひ入ってほしい、(2)不眠不休でやったらダメ、気持ちが高まるとその後落ち込み、休息が必要、暑い中で熱中症の危惧もあり、塩昆布などが有用、体力的にしんどいものもあるが、目の前で大変な人を見て神経がハイになり続けると危険、(3)被災地では信頼できる人と行動し、単独行動はしない、2次災害でがれきの下などになった場合単独行動では助けられない、(4)被災者に、〇〇さんの分まで頑張れはダメ、被災者の視線で対応すべき、良かれと思ってアウトのことがあり、優先すべきは相手の感情、普段から高齢者の話を聞くなど必要、(5)被災者の出来る仕事を奪ってはいけない、ともかくサポート、伴奏、ボランティアは主役のランナーではない、(6)色々な状況、大災害は悲惨であり、被災者の感情があるが、ボランティアも感情がコントロールできなくなったらその場から去るべき、涙が止まらないなど心をコントロール出来なくなったらアウト、自分の感情を剝き出しにしたらアウト、(7)できないことはできないとはっきり断るべき、無償ボランティアでも責任はあり、泥かきをやってくれなかったとか恨まれて、出来ないことはできないとはっきり言うべき、被災者にはそれからの生活があることであり、(8)相手の感情に巻き込まれて過度の哀れみ、同情はダメ、上から目線ではなく、支援、サポートのためであるからで、(9)学者によくあるが、大人が出払っていたので子供と遊ぶというものがあるが、過度に興奮させて楽しませるのはダメ、ボランティアが帰った後に出来ないものは、あのお兄ちゃんのいたときは楽しかったと子供に思わせたらダメ、明日はお兄ちゃんおねえちゃん来ないだと現地の子供をかえって悲しませる、(10)被災地であり、非日常でボランティア活動になれていない人の批判をしない、指示が悪いからとか言わず、怒るのではなく、提案が必要で、言える環境か見るべき、と言われて、上泉さん、ボランティア活動の高い気持ちはあるが、行くなら覚悟が必要、やってあげたい欲のために行ったらダメと言われて、谷口さん、行く分の食料とトイレは自前でやり、現地で具合が悪くならないように、それこそ背中にテントを背負っていく気持ちで、現地でお世話になるのではなく、遠い被災地に行くのには覚悟が必要で、何なら今大変な九州より、まだまだ復興の進んでいない東北に行き、気持ちを聴くボランティアも必要、東北で困っている人たちの話を聞くのも必要で、九州で自衛隊、警察の大変なところに行ったら足手まといになる可能性があり、単なる善意だけでやってはダメと言われて、一時に比べて関心の薄れた東北などの支援も必要だと言われました。以上、谷口さんのお話でした。


                      | 1/3655PAGES | >>