calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/2/19) 伊藤惇夫が藤井六段勝利とアメリカの銃の問題を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナ
    リストの伊藤惇夫さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斉藤真美アナウンサーでし
    た。今週もオリンピック特集でニュースは短縮です。

     中学生が前人未到の偉業、藤井六段昇格、2時間の対局で史上最年少で六段昇格、羽生竜王を破っての勝
    利で、羽生竜王も世代交代と語り、藤井四段から五段を半月で超えてスピード出世、全ての棋士の参加し
    てたもので、伊藤さん、羽生が勝って羽生が負けて、恐るべき15歳、まだ先は長いと言われました。

     本日の気になる新聞記事、毎日7面、フロリダ州で銃の見本市が大盛況、銃乱射事件のあったところでの
    もので、銃撃事件のあと市民が自衛のために買っており、スタジオでも、アメリカ留学の経験者が、日本
    では考えられないとのコメント、伊藤さん、年間1万人銃で死亡、半分は自殺、トランプ大統領は銃規制を
    言わず、ライフル協会から献金をもらい、憲法で銃は認められて、手を打つのは困難だと言われました。
    以上、伊藤さんのお話でした。


    市民社会フォーラムon Twitter

    0
      23:47
      ネットワーク1・17(2018/2/18) 阪神・淡路大震災23.年 借り上げ復興住宅追い出し問題、… https://t.co/Twv9BEK70q #jugem_blog
      23:46
      映画『マルクス・エンゲルス』上映決定! https://t.co/8CKpiMDy6n #jugem_blog
      23:36
      Retweeted ふわうさ ? 一挙両失 (@mannin): 座間宮ガレイの話題が流れてくるたびに何度でも思い出したい案件。 / “めがねおう氏は政治活動家として頑張っています - Hagex-day info”... https://t.co/xtGKBKcCXX
      23:36
      RT @mannin: 座間宮ガレイの話題が流れてくるたびに何度でも思い出したい案件。 / “めがねおう氏は政治活動家として頑張っています - Hagex-day info” https://t.co/1sPMri2uaj #思い出すシリーズ
      21:14
      The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/INSS64ghUr Thanks to @ahim_millfy @secret_husband @Jn21M #fuckthepatriarchy #linenews

      ネットワーク1・17(2018/2/18) 阪神・淡路大震災23.年 借り上げ復興住宅追い出し問題、市川英恵さんのお話

      0

        永岡です、災害と防災を考えるネットワーク1・17 第1107回、今週も毎日放送アナウンサーの千葉猛さ
        んと、フリーアナウンサーの野村朋未さんの司会で放送されました。

         毎日放送ラジオの、しあわせの五・七・五(17日放送)、毎日新聞特任編集委員の近藤勝重さん、しあ
        わせの風景、ラジオというものは言葉であり、言葉のやり取り受け答え、そこに流れ、リスナーの共感を
        得て、水野晶子さんも近藤さんとこうして30年のラジオでの活動で、今でも近藤さん、深刻にとらえてい
        るのは、言葉が危うい、人間の生の声、今本当に、商店街でも魚屋のおっちゃん、八百屋のおっちゃんも
        そうだが、店先のやり取り、肉声が生き生きしているのは店先と病院の待合室、美容院もそれで持ち、最
        近はあまりしゃべらず、近藤さん、昨今国会の答弁を聞いて、この国はダメ、正直ではない、森友学園問
        題の交渉記録をないと、破棄したと言い逃れして、どうしてこの国がヤバイか、適当な人事ポストを得
        て、忖度で人事にて昇進するのは、そうして政治家に合わせて役人は嘘をいい、国税庁長官になるのは
        100%OKを出したもので、森友学園問題の問題も性格的に、国家機関が嘘を言い出したら国家は崩壊す
        る、一人二人の失言ではなく、官僚が出世のために嘘をつく社会なら深刻で、交渉記録がないなど、国民
        が政治を信じられず、今の経済システム以前に、日本を支えていたのは正直さ、正直が信用を生み、信用
        なしで商売は成り立たず、正直は鎌倉時代からの概念で、江戸時代の儒教もあるが、戦前日本が滅んだの
        は軍部が嘘を言ったからで、近藤さん、川柳は正直(笑)、国家を論じる近藤さんからこういうコメント
        であり、正直をもってなる文化、創作は許されても、そこに描かれるものは正直であり、ますます健康川
        柳を開いて正直、歯医者での 治療中でも しゃべる母、ため息を 載せて重たい 体重計などあり、嘘
        をいうのも正直、近藤さんは声を大にして言いたい、これほど政治が嘘を言いだすなら、庶民は正直を
        モットーに、世の中のおかしいものを笑い飛ばすべきと言われて、権力が嘘をいい、人事権が絡むのは稀
        に見る悪い政権で、正直で対抗するべきと近藤さん締めくくられました。

         リスナーより、先週の口のケアについて、災害時に誤嚥性肺炎の怖さを知り、口のケアをしたいとの声
        があり、歯のケアは命にかかわるのです、防災用品に歯ブラシなど必須です。

         今週は阪神・淡路大震災23年特集、借り上げ復興住宅追い出し問題について、神戸市から提訴されて立
        ち退き判決を入居者のNさんが受けて、この問題に詳しい市川英恵さんのお話がありました。
         阪神・淡路大震災、避難所→仮設住宅、被災者に住宅がたくさん必要で、自治体の復興住宅だけでは足
        りず、URのマンションを自治体が借りる借り上げ復興住宅があり、ところが被災者が退去を迫られて、
        市川さん、被災者と交流されて、今24才、神戸大学時代からこの問題を取り上げて、大学の卒論もこれ
        で、22歳の見た被災者のニーズ、借り上げ復興住宅について書かれて、震災時に1才、なぜこの問題に関心
        を持ったのか、姫路で震災、大学では、東日本大震災を経て、東北にも行ったものの、それで神戸にてふ
        れあい喫茶を取材されて、借り上げ復興住宅の問題は、震災後家を失い、自力で家を再建できない人のた
        めに、自治体が民間住宅を借り上げて、家賃は8万のところを平均3万、差額は自治体が負担して、自治体
        は民間やURから20年で借り上げで、自治体はタイムリミットで他のところに住み替えを求めて、しかし
        退去に応じない人を自治体が訴えて、裁判は西宮市と神戸市、神戸市では9件、昨年10月に、当時79才の方
        が明け渡しを命じて、今80歳のNさん、神戸市兵庫区の借り上げ復興住宅におられて、家でも歩行器で歩
        き、当時から杖をついて、駅に近いここに住み、しかし出ないといけないということは知らず、立ち退き
        を知っていたら入らない、ここを終の棲家と思い、1cmの段差でもアウト、歩行器が必要で、この部屋だか
        ら生きて行ける、今から出て行け=死ねであり、神戸市に迷惑をかけているのかと思うとつらく、要介護.
        3→1、神戸市は85才以上、要介護3以上が条件で、Nさんはこの条件から漏れて、市川さん、神戸市は20年
        経ったら出て行けとていねいに説明せず、入居者には出ていく必要はあるのか、西宮市は全員出て行け、
        伊丹市と宝塚市は入居OKと自治体で対応は異なり、これはおかしく、しかしNさんはとても引っ越しで
        きる状態ではなく、歩行器の使える家にして、洗面所など工夫して対応して、Nさんはこの家が大好き
        で、かつてやっていた喫茶店のことも置いて、出て行け→生き甲斐を奪う、退去=暮らし破綻、神戸市は
        被災者を守るべき、高齢者は家で暮らすので、家は大変大きい存在で、他にも、近くの家族に支えられ
        る、かかりつけ医にすぐ行けるなど、この部屋だから生きて行けて、市川さん、医師も、若い人が入る転
        居と、追い出しだと違うと指摘されて、下手したら認知症、段差があると骨折、それで大変であり、そし
        て認知症が進むと、若い人よりリスクはあまりに大きく、コミュニティ、かかりつけ医師など、高齢者は
        大変で、追い出されて亡くなった方もあり、これは人災であり、追い出しと死亡の因果関係は特定は困難
        で、メディアでも取り上げられないが、転居で認知症が進む、腰を痛めた方もあり、Nさんは歩行器が必
        須で、市川さん、Nさんは歩行器でも大変、今はフローリング、しかし畳では生活できず、一からなれる
        のは困難。
         生活が激変するもので、裁判では神戸市がNさんに20年経ったら出て行けと通知していたかが争点にな
        り、期限は、Nさんだと入居の10日前、通知書には借り上げ期間は書いてあったものの、説明はなく、
        入居許可書がスタジオにあり、借り上げ期間満了で明け渡せとあるものの、期限の書いていない人もあ
        り、神戸市の職員も出て行けと言っていなかったと認めて、他の人の裁判でも、言わなかったが出て行け
        と言えると主張して、これについて、神戸市は説明しなかったことについて、MBSの取材にわからない
        といい、市川さん、神戸市も早く仮設を解消したく、当時の知事も20年も続くとは思っておらず、2010
        年に、入居者に出て行けとして、しかし継続入居について打診もあり、2010年に公営住宅を減らす方向に
        なり、住んでいる人にはバラバラな情報提供で、Nさんでは、通知している神戸市の主張が認められて、
        募集パンフレットに書いてあったと主張、URと20年のタイムリミットを設定して、市川さん、URとの
        契約更新は、自治体により可能で、伊丹市と宝塚市でもやっており、URは柔軟に契約はOK、遠く離れ
        る可能性、部屋が変わると、高齢者には大リスクで、神戸市は住宅設備課には、自力再建の方が多く、借
        り上げ復興住宅のみ特別扱いは公平性を保てないと主張して、公平性というものの、市川さん、自力再建
        というものの、被災者により力は異なり、国、自治体が支援を打ち切るのは問題、借り上げ復興住宅から
        退去した方も、いやいや出られて、神戸市の建てた復興住宅にはずっと住めて、借り上げ復興住宅もそう
        すべきで、Nさんの裁判、控訴審と、他の8件もこれから判決であり、これから退去期限を迎える方もある
        が、市川さん、そもそも裁判すべきではなく、話し合いで解決すべき、人災、命の大切さ、コミュニティ
        の問題、これから災害もあり、被災地の対応の見本となるべきと、市川さん、締めくくられました。


        映画『マルクス・エンゲルス』上映決定!

        0

          坂井貴司です。
           転送・転載歓迎。
           
           『資本論」を書く前、ジャーナリストとして革命家として活動していた26歳の
          カール・マルクスと、イギリスで会社を経営していた資本家の息子だった24歳の
          フリードリッヒ・エンゲルスが運命的な出会いをした映画が、4月28日からついに
          日本で上映されます!

           映画『マルクス・エンゲルス』予告編
          https://www.youtube.com/watch?v=6t5on9lZOJw

           19世紀末に完成し、20世紀を揺るがし、一旦は歴史のゴミ箱に捨てられたマル
          クスとエンゲルスの思想は、21世紀の今、資本主義の行き詰まりが明らかになっ
          たことで、甦っています。
           この作品は、二人が出会い、危険を冒して革命運動を展開していた20代の時代
          を描いています。

           原題は『若きカール・マルクス』、日本での上映名は『マルクス・エンゲルス』
          です。私としては原題の方が良かったですけれど、マルクスとエンゲルスの本格
          的な伝記映画が日本で上映されることをみれば、よしとします。

           全国順次上映の予定です。早く福岡で上映されることを望みます 
           


          市民社会フォーラムon Twitter

          0
            23:13
            Retweeted こなみひでお (@konamih): @kumikokatase 60年代,70年代に「差別に反対しないものは差別者」という決めつけの言葉が声高に人々に投げつけられたことがあり,どうしてそうやって善意の人々を敵に押しやってしまうのかと嘆いた時期がありました。
            23:13
            RT @konamih: @kumikokatase 60年代,70年代に「差別に反対しないものは差別者」という決めつけの言葉が声高に人々に投げつけられたことがあり,どうしてそうやって善意の人々を敵に押しやってしまうのかと嘆いた時期がありました。
            23:01
            Retweeted 片瀬久美子 (@kumikokatase):... https://t.co/blMKUJ8VcE
            23:01
            RT @kumikokatase: 「スリーパーセル」を「スーパーセル」と空目したとツイートするのは「ヘイト助長だ」なんてお祭り騒ぎして炎上とか、そんなアホな事をしていたらまともな人達が遠ざかりますよ…。 https://t.co/PP6hepIGCy
            23:00
            Retweeted 片瀬久美子 (@kumikokatase): ある人がイラついたことを理由に、差別を助長する発言ですらないのに、差別発言だと糾弾され吊し上げられるのなら、誰だって差別者にされてしまいます。
            23:00
            RT @kumikokatase: ある人がイラついたことを理由に、差別を助長する発言ですらないのに、差別発言だと糾弾され吊し上げられるのなら、誰だって差別者にされてしまいます。
            21:42
            【拡散希望】「ホンダ」はイスラエル入植地でのレースイベントを行うな! https://t.co/CYEQWmNLi3 #jugem_blog
            21:14
            The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/jo7R4MCNt7 Thanks to @tm4dj8s @suzume002 #metoo #us
            09:18
            アメリカのサウディ大使にサウディの戦争犯罪に反対し軍事援助をしないよう求める署名 https://t.co/pCbNOYMbRM #jugem_blog

            【拡散希望】「ホンダ」はイスラエル入植地でのレースイベントを行うな!

            0

              皆さま

              役重です。
              「ホンダ」が、パレスチナ被占領地の違法イスラエル入植地に設置されたサーキット
              で行われるイベントに主催に近いかたちで協力していることが判明し、急ぎ、市民
              団体の連名でイベントの中止を求める要請書を2月13日付で送付しました。

              ・緊急要請:「ホンダ」はパレスチナにおける違法な入植地ビジネスに加担しないで
              ください!
              http://palestine-forum.org/doc/2018/201802-honda.html

              この問題は「エレクトロニック・インティファーダ」でも取り上げられています。

              - Honda sponsors motor race in Israeli settlement(Ali Abunimah, 16
              February 2018)
              https://electronicintifada.net/blogs/ali-abunimah/honda-sponsors-motor-race-israeli-settlement

              「ホンダ」のイベントが予定されているサーキットは、ヨルダン渓谷のペツァエル
              入植地に隣接する土地に入植地関係者が設置したもので、パレスチナ西岸地区の中
              でもパレスチナ自治政府の権限が及ばない「C地区」とされる地域にあります。
              この数か月、「C地区」のパレスチナ住民に対する追放政策はこれまでになく激しく
              なっています。ネタニヤフ政権は昨年より、従来、一つの家屋破壊毎に必要であった
              行政手続きの代わりに、非公認入植地(アウトポスト)撤去のための軍令を転用する
              ことで、一つの村を丸ごと破壊する命令を出し始めています。

              - Israel fast-tracks expulsions of Palestinian communities (Tamara
              Nassar, Electronic In tifada, 9 January 2018)
              https://electronicintifada.net/content/video-another-nakba/22811

              パレスチナ被占領地に違法に設置されたサーキットで開催されるイベントに
              「ホンダ」が関与することは、パレスチナ人に対する継続的な民族浄化=ナクバ
              (イスラエル建国によるパレスチナ人追放)への積極的加担に他なりません。
              ぜひ、抗議の声を「ホンダ」に届けていただければと思います。
              また、この情報をできるだけ広く拡散していただければ助かります。

              【問合せ・抗議先】本田技研工業株式会社
              ・代表電話番号:03-3423-1111
              ・お客様相談センター:0120-112010
              ・お問い合わせフォーム:
              http://www.honda.co.jp/customer/inquiry/faq-form3/agreement03.html
              (サイト下部の「同意する」をクリック)

              アメリカのサウディ大使にサウディの戦争犯罪に反対し軍事援助をしないよう求める署名

              0

                sage body

                浅田です。

                アメリカのサウディ・アラビア大使ニッキ ヘリー氏あてにサウディのイェメンに対する戦争犯罪に反対し軍事援助を(アメリカが)しないよう求める署名が

                https://www.change.org/p/nikkihaley-usun-don-t-let-theresa-may-whitewash-saudi-war-crimes?utm_medium=email&utm_source=petition_signer_receipt&utm_campaign=triggered&share_context=signature_receipt&recruiter=1486651

                で行われています。賛成の方の署名をお願いします。転送・転載歓迎

                市民社会フォーラムon Twitter

                0
                  22:51
                  明日2/17(土)山城博治さんに聞く「いま、沖縄で起きていること」& 宇都宮健児さんとの対… https://t.co/pm5BcKqHDf #jugem_blog
                  22:50
                  和歌山放送ラジオ ボックス(2018/2/16) 伊藤宏 原発廃炉に伴う核廃物の処分は処置なし、… https://t.co/eBK5gCPi4p #jugem_blog
                  22:49
                  文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/2/16) 金子勝 二枚舌の安倍政権に裁… https://t.co/tx1kyllBwq #jugem_blog
                  22:48
                  【3月3日】 軍事力で日本の平和を守れるのか?―自衛隊の大軍拡を考える https://t.co/YBAlGst3zU #jugem_blog
                  22:47
                  朝日放送ラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2018/2/16) 谷口真由美 優生保護法で見捨てら… https://t.co/JMk8mHmktC #jugem_blog
                  21:14
                  The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/Ak0QATJuVw Thanks to @ku_999 @sva_1981 @hamqozo #東日本大震災 #いじめ
                  08:39
                  朝日放送おはようコール(2018/2/16) 中川譲がアメリカの銃乱射事件と高齢者の車の運転問… https://t.co/lPs9vOkbIG #jugem_blog
                  08:38
                  パレスチナの非暴力抵抗運動BDSのノーベル平和賞を支持する署名 https://t.co/b7AvzMMLAh #jugem_blog
                  08:37
                  ラジオ関西 時間です!林編集長(2018/2/15) 矢野宏 森友学園と優生保護法問題を語る&… https://t.co/DEVIl7Oxhp #jugem_blog
                  08:36
                  【2/18(日)開催!】「みらいの水と公共サービス」@東京 https://t.co/qafnT2jxFI #jugem_blog
                  08:32
                  【市民社会フォーラムのご案内】「3.11後も福島で住み体験し学んだこと 差別・偏見・不条理… https://t.co/XHzZIV1P3U #jugem_blog
                  08:31
                  以下転送転載拡散歓迎 ======================= 市民社会フォーラムのご案内 ---------------------------------------------- ■第213回学習会... https://t.co/vfluKTSZ2m

                  明日2/17(土)山城博治さんに聞く「いま、沖縄で起きていること」& 宇都宮健児さんとの対談 & 映画『辺野古 ゲート前の人々』上映@くにたち公民館

                  0

                    紅林進です。

                    明日2月17日(土)に、沖縄の基地建設反対運動のリーダー、山城博治さんを講師に招いた下記講演会も東京・国立市で開催されます。

                    山城さんの講演に先立っては、ドキュメンタリー映画『辺野古 ゲート前の人々の』の上映が行われ、講演の後には、山城さんと宇都宮健児さんとの対談も行われます。
                    参加費は無料とのことです。

                    以下、ご案内を転載させていただきますので、ぜひご参加ください。

                    (以下、転送・転載歓迎)

                    山城博治さんに聞く「いま、沖縄で起きていること」& 宇都宮健児さんとの対談 & 映画『辺野古 ゲート前の人々』上映

                    沖縄の基地建設反対運動のリーダー、山城博治さん。
                    非暴力の座り込みを続ける市民たちを、沖縄県警、そして県外から派遣された機動隊が、暴力的に排除し不当逮捕する例が繰り返し続いています。

                    長年基地反対を訴え続けてきた山城さんも、一昨年11月に威力業務妨害で逮捕され、起訴。
                    勾留は5ヶ月にもおよびました。
                    今年3月に地裁判決が下りる模様です。
                    山城さんは「被告席に座るのは誰なのか」と訴え続けています。

                    2月17日に国立市のくにたち公民館で開催されます下記、山城博治さんの講演会では、山城博治さんと宇都宮健児さん(元日弁連会長)の対談も行われます。
                    ぜひご参加ください。

                    山城博治さんに聞く〜いま、沖縄で起きていること

                    日 時 2018年2月17日(土)13:00〜17:00
                    場 所 くにたち公民館地階ホール
                    〒186-0004 東京都国立市中1丁目15-3
                    JR「国立駅」南口右斜め方向徒歩7分
                    アクセス→https://goo.gl/vRBipX
                    プログラム
                    第一部
                    13:00〜14:40 ドキュメンタリー映画上映
                    『辺野古 ゲート前の人々』(藤本幸久・影山あさ子共同監督)
                    第二部
                    15:00〜15:40 山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)講演
                    15:40〜17:00 山城博治さん×宇都宮健児さん(元日弁連会長)対談
                    料 金 無料
                    主 催 2.17実行委員会/ピースリーディング結の会
                    連絡先 090-1814-8371(上村)


                    和歌山放送ラジオ ボックス(2018/2/16) 伊藤宏 原発廃炉に伴う核廃物の処分は処置なし、和歌山県の予算を語る

                    0

                      永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のレギュラーは和歌山親愛女子短期大学の伊藤宏さん
                      (新聞うずみ火スタッフ)でした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。
                       脳に聞くニュース、お便りのテーマは白で、白紙がテーマ、朝に気になるニュース、原発の廃炉計画が
                      持ち上がり、建物を解体したら核廃物になり、処分のしようがなく、ゴミの処分が決まっていないと、普
                      通の建物なら敷地に置くもの、核だとそれはもちろんダメ、低レベル放射性廃棄物、六ヶ所村に保管する
                      ものではなく、廃炉の際の核廃物は運転による核廃物と異なり、電力各社が目途をつけないとダメで、低
                      レベル核廃物は、人間の近づけない高レベル放射性廃棄物とはことなり、3段階、L3はコンクリート、L
                      2は廃液、L1は制御棒、これは核燃料に挿入するので、放射線を浴びて、しかしこれは低レベルと言っ
                      ても使用済み核燃料と同じ扱いが必要で、L3は50mに埋めるが、L1は70mより深くに、国が10万年!管
                      理するもので、埋設期間はほぼ永久、これを埋める場所を決めずに廃炉作業はできず、肝心なことが白
                      紙、先送り、電力会社は廃炉に伴う廃物の処分地を決めないとダメなのに、どの電力会社も決まっていな
                      い。
                       白で、白浜町、原発は再稼働して、使用済み核燃料を敷地のプールに保管してももう満杯、もって行く
                      のに中間貯蔵施設を作ると言うものの、関電の原発は福井で、福井県は中間貯蔵施設を拒否、中間貯蔵施
                      設の候補の一つが和歌山の白浜町であり、計画があっても具体化せず、待ったなし、和歌山も核廃物と無
                      縁ではなく、核のゴミは処置なしても、そのまま放置することもできず、まさに雪隠詰めの始末なので
                      す。
                       海南市の予算が出て、和歌山県の予算も出て、前年度比120億減、予算案を見ると和歌山は深刻で、和歌
                      山は10年の長期計画の2年目、人口減対策で、それにも予算は配分されても、その予算でどれだけできる
                      か、県民の取り組みが相乗効果にならないとしんどく、仁坂知事も未来への駆動力というもので、データ
                      の活用、白浜空港の活性化、新政策で額の大きいのは外国人観光客をいかにして招くか、さらに子育て予
                      算、幼児教育プロジェクト、小1プロブレム、小学校に入った生徒さんが学校生活になじめない問題、これ
                      が様々もので、親愛大学を作る狙いも、幼少の連携、幼稚園→小学校への連携で、一貫性を持たせるもの
                      で、保育の無償化、ゼロ歳児の医療費、和歌山は子育てしやすいとアピールすべき、子供の貧困、待機児
                      童は和歌山ではズバ抜けて優れているのではないが、物価でも暮らしやすく、他府県の方が、今の子育て
                      環境に疑問で、和歌山ならとすべき、観光だけでなく、子育ては他の府県でも取り組まれているが、和歌
                      山のメリットをアピールすべき、他府県で子育てに悩む方が、小1プロブレムも皆無にして、幼少教育で和
                      歌山を選ぶもので、県に予算がついて終わりではなく、和歌山は頑張り、有田市でミカン農家のなり手を
                      募集して、キャッチコピーも秀逸、仕事はきついながらもやりがいがあると、ミカン農家のなり手を集め
                      られたらよく、ミカンは生産額は和歌山で日本一、優れたミカンを作り、若い人に来てほしく、和歌山は
                      梅の生産で全国ダントツ一位、梅ワングルメ甲子園も行われて、こういう取り組みの積み重ね、梅ワンは
                      高校生が対象で、若い人たちに将来について考えてもらういい取り組み、梅干しの種飛ばしも恒例、年齢
                      的にも子供から大人までやれる遊びであり、世代を超えてみんなで楽しめて、地元の特産品をアピールす
                      るもので、必ず目が出て、県の政策とかみ合えば、どんな政策だと成功するかと答えはないものの、積み
                      重ねで見えてくるものがあり、県の予算も、人口減、税収減の中で、単なる予算消化ではなく、地道な活
                      動で、種飛ばしは全国では有名ではないが、地元では歓迎されることを積み重ねすべき、和歌山ではこう
                      いう積み重ねがあり、神社の担い手も確保して、文化は一度途絶えたら再生できず、県の予算を見てビッ
                      クリしたのは空き家、8万個、18%=5軒にひとつが空き家で、空き家が増える=スペースを生かし切れて
                      おらず、実態を知るべきで、空き家はスペースの問題などあり、法律も縛りもあるものの、空き家を活か
                      す手もあり、8万戸の空き家を活用したらいい資源になるのです。以上、伊藤さんのお話でした。
                       


                      | 1/3780PAGES | >>