calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

「九条の会」メールマガジン     2017 年 06 月 25 日 第 258 号

0
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓
    ★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第258号 ┃★
     ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛
    ★2017年06月25日発行★     「九条の会」mag@9jounokai.jp
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★憲法9条、未来をひらく★     転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       <等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
       (「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
    ┌────────────┐
    │ 第258号の主な内容 │
    └────────────┘
    ■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    ◇商社九条の会・東京(東京都)、◇女性九条の会、◇九条の会・千葉医療者
    の会(千葉県)、◇九条かながわの会(神奈川県)、◇調布九条の会「憲法ひろ
    ば」(東京都調布市)
    ■活動報告
    ◇平戸九条の会(長崎県平戸市) 憲法施行70周年記念5・28のつどい
    ■編集後記〜安倍首相の改憲発言と自民党のスケジュール感

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃ ☆ 各地から ☆    全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
    mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
    催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
    行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
    などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
    て若干手を加える場合があります。            (編集部)

    ● 商社九条の会・東京(東京都)

    第40回企画「映画とトークの会」
    日時:6月28日(水)13:45〜 (開場 13:30)
    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#a

    ● 女性九条の会

    盧溝橋事件から80年「『戦争の始まり』を考える
        /DVD「重慶爆撃は何を招いたか」視聴とお話
    日時:7月7日(金)14:00〜16:00
    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#b

    ● 九条の会・千葉医療者の会(千葉県)

    憲法施行70周年・市民公開講座
    とき:7月9日(日)14時〜16時
    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#c

    ● 九条かながわの会(神奈川県)

    7月9条学校「森友学園問題の深層−日本会議の全貌」 
    日時:7月11日(火)18:30〜20:50
    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#d

    ● 調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

    第126回(17年7月)例会「教育勅語」って知っていますか?
    日時:7月22日(土)13時半〜
    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#e

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    (メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
    な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
    下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
    うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
    れる場合があります。お待ちします。

    ● 平戸九条の会(長崎県平戸市) 憲法施行70周年記念5・28のつどい

    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#f

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    ● 安倍首相の改憲発言と自民党のスケジュール感

    <詳細はこちらをクリックしてください>
    http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS170625.htm#g

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

    ネットワーク1・17(2017/6/25) 災害を女子力で乗り切ろう、防災女子、大西恵奈さん、澤田萌さんのお話

    0

       永岡です、災害と防災を考えるネットワーク1・17 第1072回、今週もMBSアナウンサーの千葉猛さん
      と、フリーアナウンサーの野村朋未さんの司会で放送されました。
       梅雨に入って21日に大雨、この雨で和歌山にて1時間に80ミリ、観測史上最高、避難勧告も出て、貝塚市
      では犠牲者も出て、これから本格的な雨の時期になります。雨だけではなく、20日には大分で震度5強、
      フィリピン海プレートのもので熊本大地震とは異なり、発生から1週間は要注意、土砂災害にも注意が必要
      です。
       今週のテーマは女子力を武器に、防災普及活動に取り組む神戸学院大学の防災女子
      http://www.bosaijyoshi.com/ )は、災害時に保存食を利用した取り組みをされており、リーダーの大
      西恵奈さんと、メンバーの澤田萌さんがスタジオでお話をされました。
       災害を女子力で乗り切ろうと言うグループ、大西さんは4年生、澤田さんは3年生、普通の女子大学生で
      も、大西さん、防災女子は初代リーダーが神戸市のコンテストで最優秀、女性の視点からの防災を考え
      て、防災は固い、男性中心のイメージがあるが、女性の目線で取り組むものになり、メンバーは1〜4年生
      で19人いて、女子のメリットは、女性目線で子供さんのこと、高齢者のことも考えて、澤田さん、非常食
      も味気なく、持ち出し袋も実用的なものが多いが、日常とはかけ離れて、これを日常から防災に、という
      ものであり、千葉さん強力な懐中電灯と言うものの、澤田さん、柔軟で防災を考えると言われて、具体的
      な活動は食を中心して、家事、食べ物について、非常食は長期の保存が利くが切らしがちで、缶詰めの
      ローリングストックで、レシピを開発してやっているものであり、缶詰は単品のもののみで栄養も偏り、
      野菜などを入れて災害時に体調を崩さないように、千葉さん、災害時にはレトルトパックを温めるだけだ
      と言われて、大西さん、非常食で便秘になった例が阪神・淡路大震災でもあり、皆さんとクッキングして
      防災を訓練して、食材はツナ缶、焼き鳥の缶、スタジオにあり、野菜ジュースもあるが、野菜ジュースの
      缶、ラムレーズン、サツマイモの煮物で健康にいいものを作れて、野村さん野菜ジュースは飲むためでは
      ないのかと言われて、千葉さん、缶詰以外のものを指摘されて、それについて冷凍の野菜、災害時に冷凍
      庫は72時間持つので、災害時に活用できると言われて、冷凍庫の食べ物は3日間活用出来で、缶詰と一緒に
      調理できて、活用はポリ袋でも調理できて、味付けも出来て、千葉さん作ってほしいと言われて、スタジ
      オには火も水もないものの、今回スタジオでクッキング、100枚入りの食品用のポリ袋、湯煎で料理できる
      ものを使い、サバ、ヒジキとほうれん草のゆでたもの、火も水もなくても出来て、冷凍のほうれん草を自
      然解凍50g、サバの水煮缶1つ、ふりかけ用のヒジキ、混ぜたらヒジキおにぎりになるもので、揉んでサバ
      を潰して、オリーブオイルを入れて、軽く混ぜて塩コショウ+マヨネーズ、お年寄りでも簡単に出来て、
      新聞紙で食器を作り、ラップを引いて、地震で食器が割れても、新聞紙で食器を作れて対応できて、これ
      で出来上がり。
       スタジオで試食、千葉さんも本格的と、普段でもおいしいと言われて、野村さん災害時に味わえると言
      われて、今は火も水も使わずに調理、缶詰+冷凍野菜+味付けでOK、水煮の水分は切り干し大根のツナ
      サラダのために仕えるものであり、このようなおいしいおかずがあるとご飯も欲しく、災害時に電気が止
      まり炊飯器の使えない時に、ポリ袋とカセットコンロ、耐熱性のポリ袋に米を入れて、鍋の中で20〜30分
      炊くとご飯がふっくら炊けて、出来立てのご飯が出来る。
       災害時に水は貴重で、ご飯の中の水はきれいでないといけないが、鍋の水は泥水、海水でもOKであ
      り、他には蒸しパン、プリン、蒸しパンはホットケーキミックスから、米と同様のやり方で出来て、ホッ
      トケーキミックスに混ぜる水はジュース、カフェオレで出来て、普段使っているものでメニューになる。
       災害時に用意すべきものは、長期保存できる非常食と、缶詰、フリーズドライ、水を入れたら食べられ
      るもの、冷凍野菜を保管しておくと災害時に普段から食べられるものを用意できて、大西さん、防災女子
      の今後の活動は、非常持ち出し袋も女性の視点でやり、防災グッズの開発もこれからしたい、澤田さんは
      誘われて入り、もっと防災に関心を持ってくれる女性が増えてほしい、防災訓練も男性ばかりであり、女
      性が多く参加してほしい、学生が明舞団地に住めるようにという活動をして、女性のもっと参加できる防
      災イベントをやりたい、防災は難しいものではなく、正しく学べる場を作り、より身近に感じてほしいと
      言われて、千葉さんもこの取り組みを評価されました。

       今週の内容、女子力に千葉さんも圧倒されて、女子力を評価されました。リスナーより、大震災から22
      年、東南海地震への対応も準備をしたいとの声があり、千葉さんも日常生活で防災を考えてほしいと締め
      くくられました、以上、今週のネットワーク1・17でした。

       


      市民社会フォーラムon Twitter

      0
        23:54
        この件、まだ新聞で報じているのは日刊ゲンダイしかないようですね。 支部代表に加計理事長 安倍首相とのズブズブ関係の原点か... https://t.co/K5iTb5cMLW
        23:52
        豊田衆院議員のことはメディアでたくさん報じられていますが、これも騒いでいるけど、重要だと思えることが伝えられてないのではと。 秘書への暴言・暴行については、... https://t.co/OO1OdPceeW
        23:05
        市民社会フォーラムのホームページです。https://t.co/tf2OvD3r5h
        22:37
        再度の訴え: 「安倍退陣!」声を挙げる会 を共に! https://t.co/lm1Yrlud5h #jugem_blog
        22:11
        【講演録】千田善さん講演「なぜ戦争は終らないか?民族・紛争・国際政治を考える」(17/5/26@神戸)https://t.co/XcRxCVnAyu
        21:25
        【告知】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会(2017/7/13木@京都、14金@神戸、15土・16日@大阪)https://t.co/RibZxdVjJ7
        21:13
        The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/LTnMTajojo Thanks to @jyouhoucom @jeyjey3518 @hilbert_d #canada150 #横須賀
        20:38
        市民社会フォーラムの公式twitterアカウントです。ぜひフォローください。→https://t.co/kv2NA110cg
        19:10
        【講演録】教育に忍び込む偽史・疑似科学〜「親学」と「江戸しぐさ」を中心に〜(2017/5/28@神戸)https://t.co/Q4tSae0raO
        18:53
        【講演録と動画】岡村幸宣さん講演会「非核芸術へのお誘い」(2017/2/4@神戸) https://t.co/a11F5rTwNQ
        18:19
        「知られていないイスラムのこと 暴力の連鎖と混迷はどうして生まれるのか」(7/22土@西宮)https://t.co/xih8RQYFkt
        18:16
        核兵器禁止条約の歴史的意義と課題(7/29土@神戸)https://t.co/qEtCXVyPYP
        18:14
        【資料】?居住の権利?を知っていますか??住む環境?は基本的人権(2017/4/16日@神戸)https://t.co/F1CdJq3830
        18:10
        【講演録と動画】アジア太平洋のメガ自由貿易協定の行方と私たちの未来‐RCEP交渉の現状と問題点を語る-(2017/2/26@神戸)講演:ジェーン・ケルシー教授、ゲスト:鳩山友紀夫元首相https://t.co/UAzYGGHheD
        17:11
        リフレッシュした気分 ― 場所: 飯坂温泉 https://t.co/24jkGAoYsn
        08:23
        【転送】『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』上映会(7/8土@神戸) https://t.co/76ZprfhdE9
        05:46
        2017年5月3日に永眠されました泥憲和さんが市民社会フォーラムで登壇したイベントの動画・記事を特集しています。https://t.co/SjePlLExBu
        04:59
        6/25:学術と学術体制のあり方を問う総合シンポ(益川敏英さん他) https://t.co/2B3Ha9S34u #jugem_blog

        再度の訴え: 「安倍退陣!」声を挙げる会 を共に!

        0

          今だ、加入者が極端に少ないので、できれば、このような

          お仕着せがましいことは言いたくなかったのですが、

          後で私自身が後悔しないよういま述べておきます。

          皆さんの決起を心から切望します。

          (加入しないが、他の方法で決起する

          という選択肢を塞ごうとするものでは、むろん、決してありません。

          特に、都議選で自民大敗のために必至で闘うことは極めて重要です)

           

          加入方法は、末尾にあります。   大拡散大歓迎!

          000000000000000000000000000000000000000000000

          なぜ、私が「安倍退陣!」声を挙げる会 結成を提起したか

          説明させて下さい。

           

          それは、今なら、安倍政権を倒せる可能性があるし、他方、

          今、ここで安倍政権を倒さないと来年の改憲を阻めない危険がある

          と思うからです。

           

          なぜ、今なら倒せる可能性があると思うか。

          今、共謀罪の委員会採決すっ飛ばしと加計問題で問われているのは、

          どちらも、個別政策の是非でなく、「やり方の汚さ」を許せるかという

          問題です。これは、国民主権が害されたことに対する怒りなのです。

          長野県民は、15年ほど前、県議会が理由らしき理由のないまま

          理不尽に田中康夫知事の首を斬ったことに、

          自分たちが選んだ知事を勝手に首切るとは何ごとだ、

          と、企業ぐるみでも立ち上がるほど怒りに燃え、

          田中氏の行くところ、どこに行っても人がうじゃうじゃ沸いて出る

          という選挙をやり抜き、2:1以上の大差で圧勝しました。

          このような「汚いやり方」に対する民衆の決起は、住民投票で勝利した

          ケースによく見られるのではないでしょうか。

          したがって、今、全国民的に決起すれば、安倍内閣を倒せると思うのです。

           

          他方、この機会を逃すとどうなるか。安倍首相は、この秋の臨時国会に

          自民党改憲案を国会(憲法審査会)に提出すると述べました。安倍首相に

          親しい田崎史郎時事通信特別解説委員は、来年の6月までに

          国会で改憲案を発議し(ここまでは自民改憲対策本部長も言っています)、

          来年後半に総選挙と国民投票を同時に行うことを、

          安倍首相が用意周到に狙っていると述べています。

          その改憲案の「売り」は、北朝鮮脅威論シャワーの只中で、

          国民受けする「自衛隊認知案」を前面に出してくることです(むろん、これは、

          少なくとも、世界有数の軍事力を持つ自衛隊が今以上に活躍することを認めることです)。

          多数だった9条改憲反対世論が、5月3日に安倍首相からこの自衛隊認知案が

          出されるや逆転に近い動きを示したことに要注意です。

           

          むろん、ここで安倍政権を倒せなかったとしても、改憲必至だとは言いません。

          しかし、大変な労苦を強いられることは疑いありません。

          いま、ここで倒すよう、最大のピープルズパワーを発揮すべき、ということは

          自明の理ではないでしょうか。

           

           

          ===================================================== 

          毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

          出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

          394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

          tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

          =====================================================

          ◆全国・全世界の皆さん、     大拡散大歓迎

          「安倍退陣!」声を挙げる会 を結成しませんか◆

           

          第1 入会の条件(記載は日本語に限ります)

          1 必須

          ・メアド

          ・居住自治体名

          ・あなたのメッセージ(50字以内)

          2 任意

          ・氏名

          ・肩書(所属も)  

          ・年代

          3 上記1・2を、6月30日までに、

          毛利メアド mouri-m@joy.ocn.ne.jp

          までお送り下さい。

          4 順次、FBなどで公表していきます

          第2 結成の条件

          本年6月30日までに、入会者が1000名に到達したとき

          (到達しなかったときは、結成しません)

          第3 結成後どうするのか

          結成後も、上記条件での入会募集とその公表を行います。

          それ以外のことは、入会者全員に異議がない場合に限り、実施します。

           

          ●例としての毛利の入会の記載

          mouri-m@joy.ocn.ne.jp

          ・毛利正道(すわこ文化村代表理事) 60代 長野県岡谷市

          ・国民主権を破壊する「国家の私物化」は、国民が主権を行使して声を挙げてこそ対抗できる

           

          FBはこちら

          https://www.facebook.com/profile.php?id=100008306530326

           

          https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1951272005159665&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater


          6/25:学術と学術体制のあり方を問う総合シンポ(益川敏英さん他)

          0

            東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])です。
            [転送・転載歓迎/重複失礼]

            直前のご案内となり恐縮ですが、25日(日)午後に以下のシンポジウムが
            行われます。私もリレートークで発言する予定です。ご関心のある方はぜ
            ひご参加ください。

            ---------------------------------

            <学術と学術体制のあり方を問う総合シンポジウム>
            〜学術研究の軍事利用を拒否する〜
            平和・自由・自主・民主的であってこそ学術の発展がある

            チラシ https://goo.gl/i2P8aT

            6月25日(日) 14時〜17時
            明治大学グローバルフロント1F グローバルホール(御茶ノ水駅西口3分)
            http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

            講演:広渡清吾さん
            「科学者コミュニティと軍事研究
            〜科学者に今できること、やってはならないことは何か」

            対談:益川敏英さん(日本科学者会議代表幹事・ノーベル物理学賞受賞者)
               +香山リカさん(精神科医・立教大学教授)

            リレートーク:
            全大協、日本私大教連、各大学、軍学共同反対連絡会、九条科学者の会、
            平民研連、各地から

            資料代:1000円

            主催:日本科学者会議(略称:JSA)
               〒113-0034 東京都文京区湯島1-9-15
               (TEL)03-3812-1472 (FAX)03-3813-2363
            後援:明治大学教職員組合
               安保法に反対するオール明治の会
            協賛:全国大学高専教職員組合・日本私立大学教職員組合連合
               軍学共同反対連絡会・九条科学者の会
               平和と民主主義のための研究団体連絡会議


            市民社会フォーラムon Twitter

            0
              23:06
              市民社会フォーラムのホームページです。https://t.co/tf2OvD3r5h
              22:11
              【講演録】千田善さん講演「なぜ戦争は終らないか?民族・紛争・国際政治を考える」(17/5/26@神戸)https://t.co/XcRxCVnAyu
              21:25
              【告知】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会(2017/7/13木@京都、14金@神戸、15土・16日@大阪)https://t.co/RibZxdVjJ7
              21:13
              The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/IsdL1J4Bra Thanks to @markmasako @sakanaya701 @monoprixgourmet #rakutenichiba #映画
              20:38
              市民社会フォーラムの公式twitterアカウントです。ぜひフォローください。→https://t.co/kv2NA110cg
              19:30
              TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/6/23) 前川前文科省事務次官記者会見 宮… https://t.co/XWn7HOiHge #jugem_blog
              19:28
              レイバーネットTV第122号「あなたは7・7を知っていますか?」 https://t.co/9jSc09XE2H #jugem_blog
              19:27
              【お知らせ】7月15日(土)第116回市民憲法講座 「2020年 安倍改憲」 〜その中味と狙いとは… https://t.co/plx7JC31NS #jugem_blog
              19:26
              新聞うずみ火通信073 https://t.co/nsiKcRCMPF #jugem_blog
              19:25
              【市民環境研究所発足15周年記念講演会・】「経済一辺倒の社会を問う『成長の限界と縮小社会… https://t.co/A33gaxB8nV #jugem_blog
              19:10
              【講演録】教育に忍び込む偽史・疑似科学〜「親学」と「江戸しぐさ」を中心に〜(2017/5/28@神戸)https://t.co/Q4tSae0raO
              19:00
              【市民社会フォーラムのご案内】『パレスチナ映画週間』@元町映画館など https://t.co/GABftaY1UA #jugem_blog
              18:53
              【講演録と動画】岡村幸宣さん講演会「非核芸術へのお誘い」(2017/2/4@神戸) https://t.co/a11F5rTwNQ
              18:19
              「知られていないイスラムのこと 暴力の連鎖と混迷はどうして生まれるのか」(7/22土@西宮)https://t.co/xih8RQYFkt
              18:16
              核兵器禁止条約の歴史的意義と課題(7/29土@神戸)https://t.co/qEtCXVyPYP
              18:14
              【資料】?居住の権利?を知っていますか??住む環境?は基本的人権(2017/4/16日@神戸)https://t.co/F1CdJq3830
              18:10
              【講演録と動画】アジア太平洋のメガ自由貿易協定の行方と私たちの未来‐RCEP交渉の現状と問題点を語る-(2017/2/26@神戸)講演:ジェーン・ケルシー教授、ゲスト:鳩山友紀夫元首相https://t.co/UAzYGGHheD
              09:20
              以下転送転載拡散歓迎 ======================= 市民社会フォーラムのご案内 ----------------------------------------------... https://t.co/rKZXo9pjOz
              09:18
              ======================= 市民社会フォーラムのご案内 ---------------------------------------------- ■市民社会フォーラム第81回映画鑑賞会... https://t.co/AqxnJ2TRMB
              08:32
              「安倍退陣!」声を挙げる会 を共に! https://t.co/XEYLOSAl0S #jugem_blog
              08:23
              【転送】『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』上映会(7/8土@神戸) https://t.co/76ZprfhdE9
              08:10
              イスラエルに武器を売るな!ガザに電気を! https://t.co/Ok6NLtn9RK #jugem_blog
              08:08
              6・24 シンポジウム「京丹後と南西諸島をつなぐ」 https://t.co/DLOzNNyrl2 #jugem_blog
              08:07
              朝日放送おはようコール(2017/6/23) 中川譲が豊田議員のパワハラ不祥事と自民党のデタラ… https://t.co/IFoC7lR7Ax #jugem_blog
              05:46
              2017年5月3日に永眠されました泥憲和さんが市民社会フォーラムで登壇したイベントの動画・記事を特集しています。https://t.co/SjePlLExBu

              TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/6/23) 前川前文科省事務次官記者会見 宮台真司さんの解説

              0

                永岡です、加計学園問題、文科省の前川前事務次官の記者会見について、TBSラジオの荒川強啓デ
                イ・キャッチ!にて、デイキャッチャーズボイスにて、社会学者の宮台真司さんとともに取り上げられま
                した。
                宮台さん、前川氏の功績で文科省から文書が続々と出て、神保哲夫さんの番組で取り上げたのも新たな
                告発をしてもらうためで、菅氏の怪文書呼ばわりはウソとわかったと言われました。16時45分から記者会
                見を始めており、宮台さんは文春や新潮の前にネット番組に出てもらうことになり、立派な人だと複数の
                証言が得られて、出演時間が2〜3時間になると、エドマロー問題、マッカーシーに抵抗してマッカーサー
                はクズだという反応でマッカーサーは終わり、言語と映像の情報は異なり、活字より映像で、こんな立派
                な人が官邸とゴミウリ新聞に誹謗中傷されて、それで前川氏をみんな尊敬して、前川氏は名前を隠して子
                供の貧困対策をしていた人だと宮台さん言われました。
                日本記者クラブにて、会見を要請して前川氏は快諾して、前回の会見は1か月前で、今回依頼があり、政
                治的な意図はなく、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権打倒も意図も、都議選告示と重
                なったのも関係ない、親族の関与する企業との関与を憶測されたが関係ないと言うもので、宮台さん、天
                下り問題と関係あり、加計学園問題で反対した人物が官邸に切られて、それで天下り先を用意して、官邸
                はこれでは逆らった官僚への罰にならず、官僚の異議申し立てを止められず、それで天下り問題を官邸が
                リークしたものもあり、文科省の官僚の反乱というより、前川氏は文科省の中立的な行政を、お友達に利
                益供与は耐えられず、反乱より、官邸は嘘をついて内部文書はないと言う=公共性がないからであり、公
                共性をないがしろにした文書はある=これがバレたら官邸崩壊、内閣府と文科省の手の打ち方に疑義があ
                るのです。
                前川氏、問題になった文書は、次々と出て国民も疑念を持ち、文科省は説明責任を果たして、内閣府や
                官邸との関係で不誠実、逃げていると指摘し、宮台さん、逃げているのは公平と官邸が印象操作したかっ
                た、しかしこれが表に出たら国民の信頼を失うので、印象操作して逃げていると言われて、強啓さん、時
                間が経てばバレると指摘されて、宮台さん、抑えられると思っていて、菅氏の動顛もそのためと言われま
                した。
                問題は5/17に、朝日新聞のスクープで大きくなり、内閣府→文科省に総理の意向の文書、菅氏は怪文書
                呼ばわりしても嘘であり、前川氏はデイ・キャッチ!に出演して、文書はあると語っており、そして今日
                の会見、ASSが指摘があったら説明するというのは、総理が説明責任を果たせ、岩盤規制と見たら見誤
                り、加計学園ありき、プロセスが不透明、特定の主体にだけチャンスを与えるもので、加計学園は国際競
                争力に値するかというもので、宮台さん、全くその通り、政権の中で異論を言えずイエスマンのみ、モン
                テスキュー以来、相互のチェックで行くものが、権利のチェックが出来なくなったのが今回の結果と言わ
                れて、前川氏の音声、文科省は一定の説明をしても、内閣府と官邸との関係で、これらは様々な理由で官
                邸、内閣府は認めようとしていない、不誠実、真相の解明から逃げている、文科省の文書にある、官邸の
                最高レベル、総理の意向について、内閣府は自分の口から発した言葉を自ら否定して、あり得ない、AS
                Sの規制緩和も無理があり、それを取り違えることはないと言い、ASSの、スピードを持ってやれとは
                異なると言い、宮台さん、公平にスピードでやるのと、お友達に早く利益供与とは異なると言われて、も
                ちろん加計学園ありきと内部文書で分かってしまい、それを官邸は恐れて、そしてゴミウリ新聞の前川氏
                の出会い系バーの件、宮台さん、自由を許容する制度の中で自由が破壊されたらだめであり、前川氏の行
                動は肯定されるべきで、ゴミウリ新聞の行為は自殺行為、公安情報、官邸からの内偵による情報を流した
                のは問題「ゴミウリ新聞の不買運動は当然」と言われて、また面従腹背について前川氏は宮台さんの番組
                でも言及されて、何が適切か知るべきと言われました。以上、デイ・キャッチ!の内容でした。


                レイバーネットTV第122号「あなたは7・7を知っていますか?」

                0

                  松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転載歓迎。

                  28日の放送は、レイバーネットTV2017年前期(2-6月)の最終回です。
                  ぜひご覧ください。ギャラリー観覧、歓迎です。

                  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                  ●労働者の 労働者による 労働者のための
                   レイバーネットTV 第122号放送
                  ★特集:あなたは7・7を知っていますか?--日中戦争80年を考える

                  ・日時  2017年6月28日(水)20:00〜21:00
                    (特集 20.00-20.45 木下映画コーナー 20.45-21.00)
                  ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv
                  ・配信スタジオ 竹林閣(バンブースタジオ)
                   http://vpress.la.coocan.jp/bamboo.html
                  ・司会 松元ちえ/植松青児(コーディネーター)
                  ・ゲスト 大谷猛夫(『日本の戦争加害がつぐなわれないのはなぜか?』著者)

                   日中戦争(中国への全面侵略)開始から80年目の日、7月7日がやってきます。もはや
                  他人ごとではなくなった「戦前」。もはや他人ごとではなくなった1937年。わたしたちに
                  求められているのは戦争加害の歴史的知識と想像力です。うやむやにされた加害責任、ほ
                  とんどなされていない被害者への償い、まったく反省しなかった加害責任者や加害企業、
                  そして歴史改ざん主義の横行、教育勅語を容認する政治家と文科省、銃剣道の学校教育導
                  入…。同じ過ちを繰り返す「兆し」が、次から次へと噴出しています。そういう状況のな
                  かで、わたしたち日本の民衆が、「ノーモアヒロシマ/ナガサキ」と同じように「ノーモ
                  ア7・7」を誓い、7月7日を「不戦の誓いの日」にすることは可能でしょうか。番組のコ
                  ーディネーターは「日中戦争80年市民フォーラム」の植松青児さん。同フォーラムは、7
                  月7日と8日に国会正門前(=旧陸軍省跡地)集会を呼びかけています。ゲストは、『日
                  本の戦争加害がつぐなわれないのはなぜか?』の著者・大谷猛夫さん。大谷さんは、今年
                  春に訪れた中国の(日本軍による)毒ガス遺棄の現場と、被害者の苦しみについて語りま
                  す。また日本の中学生がつくった紙芝居「知られざる731部隊」(8分)を紹介します。
                   サブコーナーの「木下昌明の今月の一本」では、『標的の島?風かたか』はじめレイバ
                  ー映画祭上映作品の解説、そして出たばかりの新刊『ペンとカメラ』紹介、映画祭関連の
                  ジョニーHの歌もあります。ぜひお見逃しなく。

                  ★レイバーネットTVは公開放送です。中継スタジオで一緒に盛り上がりましょう。
                  ★ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。
                  ★連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662

                  *************************
                   松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
                    http://vpress.la.coocan.jp/ ビデオプレス
                    http://www.labornetjp.org/ レイバーネット
                  *************************
                   


                  【お知らせ】7月15日(土)第116回市民憲法講座 「2020年 安倍改憲」 〜その中味と狙いとは何か お話:清水雅彦さん(日本体育大学教授・憲法学)

                  0

                    「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の市民憲法講座のお知らせです。
                    いよいよ正念場。学習も力です。
                    ぜひご参加ください。

                    *転送・転載、歓迎です。よろしくお願いいたします。

                    ==============================================

                    第116回市民憲法講座
                    「2020年 安倍改憲」 〜その中味と狙いとは何か

                    お話:清水雅彦さん
                          (日本体育大学教授・憲法学)

                    今年の5月3日、安倍首相は突如として「2020年に新憲法の施行」、「第9条に自衛隊を明記した3項を加える」
                    という考えを発表しました。
                    またその安倍発言にそって自民党は党としての改正案を年内にまとめるという方針を決定しています。
                    衆参で「改憲勢力」が3分の2を占める中で、早ければ来年夏にも憲法改正案を発議するとの報道もされています。
                    「安倍改憲」に向けた具体的な内容とスケジュールが示された状況で、私たちはどう対峙していけばいいのでしょうか。
                     今回の講座では安倍発言の内容と狙いについて憲法学者の清水雅彦さんにお話をうかがいます。
                    ぜひご参加下さい。

                    日時:2017年7月15日(土) 6時半開始
                    場所:文京シビックセンター3F会議室A+B
                    地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
                    参加費:800円
                    主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会
                        東京都千代田区三崎町2−21−6−301
                        03-3221-4668 Fax03-3221-2558
                        kenpou@annie.ne.jp

                    ============================================


                    新聞うずみ火通信073

                    0

                       永岡です、故・黒田清さんのお弟子さんたちによるミニコミ新聞うずみ火の通信をお送りいたします。

                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


                              ■□■ うずみ火通信 ■□■      
                                          
                                          No.073 2017.6.23発行
                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


                      紫陽花の美しい季節を迎えましたが、お変わりありませんか。
                      「新聞うずみ火」を応援して下さり、ありがとうございます。
                      今後ともよろしくお願いします。

                      さて、メルマガ「うずみ火通信」をお届けします。

                                          新聞うずみ火編集部

                      (名刺を交換させていただいた方など、
                      ご縁をいただいた方に送らせていただいています。
                      恐縮ですが、不用な方は
                      uzumibi@lake.ocn.ne.jp までメールをいただけますか)。


                      ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
                      ┗■┓   「うずみ火」情報        ┏■┛
                       ┗■━━━━━━━━━━━━━━━■┛


                      ■新聞うずみ火7月号(NO.141)を発送

                      黒田清さんの月命日である23日が新聞発送日ですが、
                      今月は沖縄慰霊の旅のため、前日の22日に7月号を発送しました。
                      主なラインナップをご紹介します。


                      ・1面〜5面「加計学園問題 今治市ルポ」(矢野宏)


                      森友学園問題に続き、いくつもの疑惑が浮上する加計学園問題。
                      安倍首相の「腹心の友」が理事長を務める加計学の獣医学部新設に、
                      どのような便宜を図ったのか。
                      国政はゆがめられたのか。
                      通常国会は閉幕したが、疑惑の幕引きは許されない。
                      一方で、すでにキャンパス建設が進む愛媛県今治市の人たちは
                      どう思っているのか、現地を訪ねた。
                      もともとの発端は「今治新都市開発」。
                      都市再生機構、愛媛県と今治市の3者が本四架橋の受け皿として丘陵地を切り拓き、
                      170?の都市機能用地を開発。
                      総事業費は686億円。
                      宅地の造成・分譲などは順調に進んだが、大学誘致は難航。
                      当初、県内の大学が新学部設置を検討していたが、
                      2003年に大学側の経営判断で中止となった。
                      それ以後、県外の私立大学や専門学校の誘致を進める中で、
                      獣医学部新設を目指す加計学園が手を上げたのだ。
                      今治市の借金は1300億円以上。
                      一般会計予算は790億円。大丈夫なのか。


                      ・6面〜7面「沖縄・辺野古ルポ」(栗原佳子)

                      沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、
                      沖縄防衛局は4月下旬から護岸工事にとりかかっている。
                      実質的な「埋め立て」本体工事着手と喧伝され2カ月あまり。
                      辺野古の海と陸で何が起きているのか。
                      <シュワブ内で待機する沖縄県警の機動隊員がバラバラと飛び出し、
                      座り込む市民の前に立ちはだかると、搬入が近いという「サイン」だ。
                      号令とともに座り込む市民を引きはがしにかかる。
                      「違法工事やめろ」「海を壊すな」――。
                      スクラムを組み、椅子代わりの板にしがみつくなどして抵抗するが、
                      多くは高齢者。女性も多く、屈強な若者の力にはかなわない。
                      3人がかりで抱えあげられる人、2人に両脇を引きずられる人……。
                      そのまま歩道上の「檻」に次々と囲い込まれる。
                      前後に機動隊員、左右は機動隊車両と基地のフェンスという2畳程度の空間だ>
                      栗原記者も座り込んだが、機動隊員に「檻」へ入れられた。


                      ・8面〜9面「ヤマケンのどないなっとんねん」(山本健治)

                      今月のヤマケンさんの怒りは、「共謀罪」の強行採決に向けられた。
                      こと、山本健治さんは「教育勅語」を取り上げた。
                      <「共謀罪」が参議院委員会での審議・採決を省略し、
                      本会議で強行採決する乱暴極まりないやり方で成立させられた。
                      あれから57年たって、再び日本の民主主義が根底から
                      破壊されるようなことが強行されようとは思いもしなかった。
                      まして、それが祖父と孫によって行われようなどとは想像もしなかった。
                      57年前のそれとは1960年5月19日、岸信介首相と自民党によって
                      国会会期延長と新安保条約が強行採決されたことである>
                      このあと、共謀罪の本質に触れ、
                      <テロは法律を一つつくれば解決するような簡単なものではない>と
                      強調したあと、こう訴える。
                      <近代日本の歴史を振り返ると、一番残虐で非道なテロを行ったのは
                      憲兵をふくむ軍人であったことを忘れてはいけない>


                      ・10面〜11面「南スーダン最新報告」(西谷文和)

                      西谷は、5月13日から17日まで南スーダンの首都ジュバに入った。
                      昨年7月に大規模な戦闘が勃発した南スーダン。
                      一触即発の日々が続く中で、日本政府は「ジュバは安全」と言い張り、
                      自衛隊の派兵を継続させた。果たして現地の状況はどうだったのか?
                      結論から言えば、<安倍首相は自衛隊を撤退させる理由として
                      「一定の区切りがついた」と述べたが、
                      「区切りはつかないまま放置した」のが実態だ。
                      昨年7月の大規模な戦闘発生以来、自衛隊は基地にこもらざるをえなかった。
                      しかし政府は「ジュバは安全」「戦闘ではなく衝突」と言い張り、派兵を続けた。
                      自衛隊員を危険にさらし、多くの予算は無駄になった>


                      ・12面〜13面「『共謀罪』採決強行」(伊藤宏)

                      編集員の伊藤も「共謀罪」法案の強行採決を取り上げた。
                      <「共謀罪」について語るべきことは山ほどある。
                      だが、今回の強行採決にあたって私が信じられない思いを抱いたのは、その日付だ。
                      社会問題に関心の高い本紙の読者であれば、
                      この日が樺美智子さんの命日であることに気づいたであろう。
                      1960年のこの日、いわゆる「60年安保闘争」の最中、
                      抗議のため衆議院南通用門から国会に入ろうとして警官隊と衝突した学生の中にいた、
                      東大生の樺さんは、命を落とした>


                      このほか、「2025年万博 知事ら『おいしい誘致の旅』」(粟野仁雄)、
                      うずみ火講座で講演してくれた元大阪市立大教授の
                      上杉聰さんの「日本会議とは何か」も読みごたえあり。
                      また、硬い記事ばかりではなく、
                      羽世鉱四郎さんの「経済ニュースの裏側」をはじめ、
                      ジャーナリストの三谷俊之さんの「100年の歌びと」
                      アテネパラの銀メダリストの佐藤京さんの「車イスから思う事」、
                      フリーアナウンサーの「坂崎優子がつぶやく」などの連載も大好評。
                      読者からの手紙・メールも矢野のコメントつけてご紹介しています。


                      ※「新聞うずみ火」の購読を希望される方は、
                      うずみ火事務所までご連絡ください。
                      (?06・6375・5561 Fax06・6292・8821 
                      メール uzumibi@lake.ocn.ne.jp  )
                      最新号と振替用紙をお送りします。
                      B5版32ページ。
                      月刊で1部300円(コーヒー一杯分)
                      年間で3600円(1回の飲み代分)
                      10年前からこの値段です。

                      ※郵便振替は、00930−6−279053


                      ■6月の茶話会、酒話会

                      茶話会は29日(木)午後2時〜この1カ月の新聞記事から
                      忘れてはいけないニュースを振り返る。
                      定岡由紀子弁護士による「憲法BAR」は30日(金)午後6時〜、
                      いずれも事務所で。


                      ■5月27日に「うずみ火講座 真田山陸軍墓地を歩く」

                      5月のうずみ火講座は27日(土)午後2時から、真田山陸軍墓地を訪ねる。
                      真田山旧陸軍墓地は1871年、大阪城の南、
                      真田山丘陵地に創建された最大の陸軍墓地。
                      広さ4500坪の墓地には5000基以上の墓碑が整然と並んでおり、
                      兵卒、下士官など生前の階級によって墓石の大きさなどが異なる。
                      当日は午後2時にJR環状線「玉造駅」改札口付近に集合。
                      資料代 一般700円、読者500円


                      ■7月29日は黒田さん追悼ライブ

                      「黒田清さんを追悼し、平和を考えるライブ」を7月29日(土)午後2時〜
                      大阪市立東成区民センターで開く。
                      今年も黒田さんが好きだったコント集団「ザ・ニュースペーパー」結成時のメンバー、
                      松崎菊也さんと石倉直樹さんを招いての風刺トーク。
                      【日時】7月29日(土)午後1時半〜開場、2時〜開演
                      【会場】大阪市東成区大今里西3丁目の市立東成区民センター・小ホール
                      (地下鉄千日前線・今里筋線「今里」下車 2番出口から西へ徒歩3分)
                      資料代2000円(一般2200円)、学生・障害者1000円
                      なお、当日のパンフレットに掲載する名刺広告(1マス3000円〜)を募集中。
                      ご協力いただいた方はご招待させていただきます。


                      ■8月12日は、うずみ火講座「幕引きを許すな 森友学園問題」

                      8月のうずみ火講座は12日(土)午後2時〜
                      大阪市此花区のクレオ大阪西の研修室で開講。
                      講師は、森友学園問題のきっかけを作った豊中市の木村真市議。
                      テーマはもちろん、「幕引きを許すな!森友学園問題」。
                      加計学園問題ともどもいくつもの疑惑が解消されないまま通常国会は閉幕したが、
                      これで幕引きを許すわけにはいかない。
                      この問題の本質は何なのか、木村さんにわかりやすく解説していただきます。

                      資料代1000円(一般1200円)、学生・障害者500円


                      ■矢野が神戸新聞夕刊にコラムを連載中

                      神戸新聞夕刊1面の「随想」に執筆中。
                      計7回の連載で、1回目は5月16日に「黒田さんの言葉」というタイトルで紹介された。
                      2回目は5月31日「いい新聞は、いい読者が作る」、
                      3回目は6月15日「等しく耐えなければならないのか」、
                      4回目は6月30日、5回目は7月18日、6回目は8月2日、7回目は8月18日に掲載される予定。



                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       マガジン名:うずみ火通信
                       発行日:不定期
                       発行元:新聞うずみ火 〒530-0012 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3階
                           TEL 06-6375-5561 FAX 06-6292-8821
                       問い合わせ:uzumibi@lake.ocn.ne.jp
                       WebPage: http://uzumibi.net/
                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ◆メールマガジンの解除について
                       編集部までメールをください。
                       お時間を頂く場合がございますので、予めご了承ください。
                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ※当マガジンに掲載されている記事の無断転載・転用を奨励します!!


                      | 1/3637PAGES | >>