calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

市民社会フォーラムon Twitter

0
    23:07
    市民社会フォーラムのホームページです。https://t.co/tf2OvD3r5h
    21:38
    【告知】『「知事抹殺」の真実』上映と佐藤栄佐久さん舞台挨拶(2017/8/26土@神戸)https://t.co/kHjguVjwON
    21:37
    今月開催した高遠菜穂子さん関西スピーキングツアーの動画をアップしました。 https://t.co/RibZxdVjJ7 そして新たにまた関西でご講演されます。... https://t.co/MwNZuP8sC0
    21:36
    高遠菜穂子さん報告会の動画+次回【市民社会フォーラム第205回学習会】命に国境はない 高… https://t.co/Gtufe82oU9 #jugem_blog https://t.co/gtMHE6ExWt
    21:36
    【告知】市民社会フォーラム第82回映画鑑賞会 『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』上映&「うずみ火新聞」編集長・矢野宏さんトーク(2017/7/30日@神戸)https://t.co/UIgLfdnMcL
    21:36
    高遠菜穂子さん報告会の動画+次回【市民社会フォーラム第205回学習会】命に国境はない 高… https://t.co/Gtufe82oU9 #jugem_blog
    21:25
    【告知】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会(2017/7/13木@京都、14金@神戸、15土・16日@大阪)https://t.co/RibZxdVjJ7
    21:13
    The latest デイリー 市民社会フォーラム! https://t.co/E5tDR9SPzS Thanks to @savepeoplepiece @ishida5235 @tadvirago #新着 #abonnes
    20:38
    市民社会フォーラムの公式twitterアカウントです。ぜひフォローください。→https://t.co/kv2NA110cg
    20:09
    新聞うずみ火通信 074 https://t.co/uyOwDEYGE4 #jugem_blog
    19:22
    【告知】対談企画 松尾匡×井上智洋 「ひとびと」のための経済 そして ベーシックインカム(8/27日@大阪)https://t.co/Poyzkw2f9y
    19:11
    【講演録】教育に忍び込む偽史・疑似科学〜「親学」と「江戸しぐさ」を中心に〜(2017/5/28@神戸)https://t.co/Q4tSae0raO
    19:04
    毎日放送VOICE(2017/7/26) 韓国映画「軍艦島」を巡る日韓摩擦 https://t.co/KO2RVHFhtF #jugem_blog
    18:18
    核兵器禁止条約の歴史的意義と課題(7/29土@神戸)https://t.co/qEtCXVQrnp
    18:02
    TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/26) 近藤勝重 稲田大臣、安倍政権ゴタ… https://t.co/bI1503Dk3h #jugem_blog
    18:02
    毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/26) 武田一顯 加計学園問題、PKO日報問題の閉会中審… https://t.co/B18VmPiNx8 #jugem_blog
    18:01
    8月11日〜13日<憲法を考えるパネル展企画「変える?変えない?日本国憲法」> https://t.co/snopMl3L22 #jugem_blog
    17:43
    TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/26) 小西克哉 トランプ政権を語る&金… https://t.co/i09iaNYHvv #jugem_blog
    17:40
    TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/26) 小西克哉 トランプ政権を語る&金… https://t.co/d8pDCZh8Cv #jugem_blog
    17:29
    【告知】市民フォーラム「福島原発事故後6年、市民と科学者が考えること」(2017/8/6日@京都)https://t.co/Jdcphk4cWv
    10:34
    【告知】「新聞うずみ火」編集長が斬る!安倍政権とジャーナリズムの役割(2017/7/30土@神戸)https://t.co/nRUosTcQur
    08:12
    【敗色濃厚!】川重は軍用機を売るな!ニュージーランドは買うな!7.27アクションへ https://t.co/AeofMVMIKK #jugem_blog
    08:11
    木原善隆が閉会中審査、加計学園と安倍総理のいかがわしい関係と稲田大臣、PKO日報隠蔽問… https://t.co/vf2iikCRMS #jugem_blog
    05:46
    2017年5月3日に永眠されました泥憲和さんが市民社会フォーラムで登壇したイベントの動画・記事を特集しています。https://t.co/SjePlLExBu
    00:56
    独占入手 手書きメモ 稲田氏「明日なんて答えよう」(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース https://t.co/hzsvjGMXRP

    高遠菜穂子さん報告会の動画+次回【市民社会フォーラム第205回学習会】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会@宝塚(9/11月)

    0

      今月開催した高遠菜穂子さん関西スピーキングツアーの動画をアップしました。
      http://shiminshakai.net/post/2438

      そして新たにまた関西でご講演されます。
      今回は定員20人ですので、事前申し込み制です。

      なお、前日の9月10日(日)には大阪で、
      高遠さんも共同代表をされる「海外派遣自衛官と家族の健康を考える会」
      https://kaigaihakensdf.wixsite.com/health/blank
      のシンポジウムが計画中だそうです。
      決まり次第ご案内いたします。

      以下転送転載拡散歓迎
      ==========================
      ■□■市民社会フォーラム第205回学習会のご案内■□■
      命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会@宝塚

      日 時 9月11日(月)18:30〜20:30
      会 場 アイデアニュース・カルチャーセンター宝塚教室
                https://ideanews.jp/culture-access
           阪急宝塚線「山本駅」南口から徒歩2分(山本駅は梅田駅から急行で24分)
           兵庫県宝塚市平井5−3−1 電話0797-82-3323
      参加費 1000円
      要事前申し込み制 先着20人定員
      申し込み先 市民社会フォーラム civilesocietyforum@gmail.comまたは、
            アイデアニュース メールフォーム https://ideanews.jp/culture-kouzasyoukai 電話0797-82-3323

       イラク支援ボランティアの高遠菜穗子さんに、米軍を中心とする有志連合とイラク軍が行ったISの拠点モスルの奪還作戦による、住民がおかれている現状を中心に、イラクの最新の状況をお話いただきます。
       イラクのアバディ首相は7月10日に同作戦の勝利宣言をしました、モスルの一部地域では現在も戦闘が続き、数十万人もの住民が難民生活にあります。
      日本のメディアだけでは見えてこない世界情勢、日本に対する中東社会のまなざしなどを知り、日本の私たちがなすべきことについて、皆さんと考えます。

      高遠菜穂子(たかとお・なほこ)さん
      イラク支援ボランティア。1970年、北海道生まれ。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年インドの「マザーテレサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピスでボランティア活動に専念。2003年5月からイラクでの活動開始。2004年4月にイラク・ファルージャで「自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。解放後、日本国内で「自己責任」バッシングを受ける。現在もイラク人道・医療支援活動を継続中。「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。九条の会世話人。著書に『戦争と平和 それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』(金曜日)など、共編訳に『ハロー、僕は生きてるよ。ーイラク最激戦地からログインー』(大月書店)。

      ホームページ告知 http://shiminshakai.net/post/2704
      Facebookイベント告知 https://www.facebook.com/events/187231595149132/


      新聞うずみ火通信 074

      0

        永岡です、黒田清さんのお弟子さんたちによるミニコミ新聞、うずみ火の通信をお送りいたします。


        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


                ■□■ うずみ火通信 ■□■      
                            
                            No.074 2017.7.26発行
        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


        暑中お見舞い申し上げます。
        暑い日が続いていますが、お変わりありませんか。
        「新聞うずみ火」を応援して下さり、ありがとうございます。
        今後ともよろしくお願いします。

        さて、メルマガ「うずみ火通信」をお届けします。

                            新聞うずみ火編集部

        (名刺を交換させていただいた方など、
        ご縁をいただいた方に送らせていただいています。
        恐縮ですが、不用な方は
        uzumibi@lake.ocn.ne.jp までメールをいただけますか)。


        ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
        ┗■┓   「うずみ火」情報        ┏■┛
         ┗■━━━━━━━━━━━━━━━■┛


        ■新聞うずみ火8月号(NO.142)を発送

        黒田清さんの月命日である23日が新聞発送日ですが、
        今月は日曜日だったため、前倒しして21日に発送しました。
        主なラインナップをご紹介します。


        ・1面〜4面「道徳 正式な教科に」(栗原佳子)

        「道徳」が来年度から小学校、再来年度から中学校で正式な教科に格上げされる。
        3月に小学校の検定結果が公表された際は、申請段階の「パン屋」が「和菓子店」に
        修正させられた事例などが報じられ、物議をかもした。
        道徳が教科になるというのはどういうことなのか。
        栗原はこう指摘する。
        <教科化が決まったことで、教科書作成のもととなる学習指導要領も改訂された。
        学年ごとに身につけるべきとする19〜22の項目が定められ、
        全てが網羅されていなければ検定には合格できない。
        項目は前述の「我が国の伝統と文化の尊重、国を愛する態度」をはじめ
        「畏敬の念」「自己責任」「公共の精神」「順法精神」「感謝」「礼儀」など。
        「人権」「平和」「共生」は含まれていない>


        ・5面〜7面「沖縄慰霊の日ルポ」(栗原佳子)

        国内で唯一、住民を巻き込んだ地上戦となった沖縄戦から72年。
        沖縄慰霊の日の6月23日、激戦地の沖縄本島南部、糸満市摩文仁周辺を歩いた。
        <午前5時20分。夜明け前の糸満市・摩文仁の丘の「黎明の塔」。
        静寂を破るように、ザッザッザッという小刻みな靴音が近づいてきた。
        沖縄に駐屯する第15旅団の幹部たちだ。
        旅団長が祭壇に花束を手向けると、全員が黙礼。
        きびすを返すと、足早に暗闇に吸い込まれていった。…>
        「黎明の塔」に祀られているのは日本軍(第32軍)司令官の牛島満中将と長勇参謀長。
        2人が自決したとされる6月23日未明の早朝、自衛隊幹部が慰霊に訪れている。


        ・8面〜9面「『共謀罪』施行で、私たちの社会はどうなる」(矢野宏)

        過去3回も廃案になった「共謀罪」が強行採決され、7月11日施行された。
        犯罪を計画段階で処罰する法律ができたことで、私たちの社会はどう変わるのか。
        この問題に詳しい永嶋靖久弁護士は尋ねると、こう指摘する。
        「私たちが変わらないこと。これまで通り、
        おかしいことはおかしいと声を上げ続けることが大事だ」


        ・10面〜11面「ヤマケンのどないなっとんねん」(山本健治)

        今月のヤマケンさんの怒りは、「首相が招いた都議選惨敗」。
        <第2次安倍内閣発足以来、選挙連勝で獲得した多数を背景にした
        「安倍一強体制」のもとでの憲法解釈変更、秘密保護法、戦争法制、
        共謀罪強行採決、沖縄県民の反対を無視しての辺野古移設工事強行着工、
        また2020年改憲施行といった驕りたかぶった政治の強行に対する不信感、
        稲田防衛大臣の自衛隊政治利用発言、
        下村元文科大臣・東京都連会長の加計学園からの政治資金提供疑惑、
        豊田議員をはじめとする安倍チルドレン議員たちのスキャンダルなどが一気に表面化し、
        それが都議選の争点、国政代理選挙になったのである>
        さらに、歴史的大惨敗の原因は他の誰でもない安倍首相であったときっぱり言い切る。
        <森友・加計学園にまつわる疑惑は、首相夫妻と首相側近が
        絡んだものであることが誰の目にも明らかとなった。
        にもかかわらず、多数の力で押し切れるかのようにふるまってきた政権中枢の高慢な態度、
        その裏返しで次々明るみに出てきたスキャンダル、
        他の誰よりも安倍夫妻のふるまいに対する痛烈な批判であった>


        ・12面〜13面「イラク・モスル『解放』」(西谷文和)

        米露仏など「有志連合」の猛烈な空爆と、イラク&クルド軍の地上部隊によって、
        IS(イスラム国)はその最大拠点であるイラク北部の都市モスルを失った。
        ISの恐怖政治に苦しんでいたモスルの人々にとってこれは「解放」だが、
        人々が失った代償はあまりにも大きい。
        <モスルはシーア派主体のイラク軍とスンニ派主体の自警団とが内戦状態にあった。
        マリキ首相(当時)率いるイラク軍が、なんと自国民に、
        つまりモスルやファルージャなどスンニ派の都市に猛烈な空爆を仕掛けていたのだ。
        なぜか? スンニ派主体のフセイン政権は、過去にシーア派とクルド人を大量虐殺した。
        その報復と、隣国イランの「スンニ派浄化方針」があった。
        モスルの住民はイラク軍と戦っていたのだ。
        そんな時に「同じスンニ派の」ISがやってきた。
        ISには死を恐れぬ兵士がたくさんいて、
        シーア派主体のイラク軍は戦車や装甲車を置いたままバグダッドへ逃げてしまったのだ。
        こうしてISは米国製武器を手に入れた。戦車、装甲車などは米国製だったが、
        自動小銃、機関銃、ロケット弾などはドイツ、イタリア、フランス、ロシア製であった。
        つまりすべての部隊が欧米の武器で戦っていたのだ>
        真の勝者は誰か?


        このほか、「ロシア紀行」(粟野仁雄)のほか、
        羽世鉱四郎さんの「経済ニュースの裏側」をはじめ、
        ジャーナリストの三谷俊之さんの「100年の歌びと」
        アテネパラの銀メダリストの佐藤京さんの「車イスから思う事」、
        フリーアナウンサーの「坂崎優子がつぶやく」などの連載も大好評。
        読者からの手紙・メールも矢野のコメントつけてご紹介しています。


        ※「新聞うずみ火」の購読を希望される方は、
        うずみ火事務所までご連絡ください。
        (?06・6375・5561 Fax06・6292・8821 
        メール uzumibi@lake.ocn.ne.jp  )
        最新号と振替用紙をお送りします。
        B5版32ページ。
        月刊で1部300円(コーヒー一杯分)
        年間で3600円(1回の飲み代分)
        10年前からこの値段です。

        ※郵便振替は、00930−6−279053


        ■7月の茶話会、酒話会

        茶話会は27日(木)午後2時〜この1カ月の新聞記事から
        忘れてはいけないニュースを振り返る。
        定岡由紀子弁護士による「憲法BAR」は28日(金)午後6時〜、
        いずれも事務所で。


        ■7月29日は黒田さん追悼ライブ

        「黒田清さんを追悼し、平和を考えるライブ」を7月29日(土)午後2時半開演、
        大阪市立東成区民センターで開く。
        今年も黒田さんが好きだったコント集団「ザ・ニュースペーパー」結成時のメンバー、
        松崎菊也さんと石倉直樹さんを招いての風刺トーク。
        【日時】7月29日(土)午後2時〜開場、2時半〜開演
        【会場】大阪市東成区大今里西3丁目の市立東成区民センター・小ホール
        (地下鉄千日前線・今里筋線「今里」下車 2番出口から西へ徒歩3分)
        資料代2000円(一般2200円)、学生・障害者1000円
        なお、当日のパンフレットに掲載する名刺広告(1マス3000円〜)を募集中。
        ご協力いただいた方はご招待させていただきます。


        ■8月12日は、うずみ火講座「幕引きを許すな 森友学園問題」

        8月のうずみ火講座は12日(土)午後2時〜
        大阪市此花区のクレオ大阪西の研修室で開講。
        講師は、森友学園問題のきっかけを作った豊中市の木村真市議。
        テーマはもちろん、「幕引きを許すな!森友学園問題」。
        加計学園問題ともどもいくつもの疑惑が解消されないまま通常国会は閉幕したが、
        これで幕引きを許すわけにはいかない。
        この問題の本質は何なのか、木村さんにわかりやすく解説していただきます。
        資料代1000円(一般1200円)、学生・障害者500円


        ■矢野の講演とラジオ出演予定

        ・市民社会フォーラム映画鑑賞会とトーク
        【日時】7月30日(土)午前10時半〜12時=上映、午後1時〜トーク
        【会場】元町映画館(JR,阪神元町駅)
        【映画】「笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ」
        【演題】「ジャーナリズムの使命としての権力監視」
        【参加費】映画代のみ

        ・市民社会フォーラム学習会
        【日時】7月30日(土)午後2時〜4時半
        【会場】こうべまちづくり会館2階ホール(JR、阪神「元町駅」)
        【演題】「安倍政権とジャーナリズムの役割」
        【参加費】1000円

        ・自由党愛知県連8月講演会
        【日時】8月5日(土)午後1時半〜4時
        【会場】イーブルなおぎゃ3階 第4集会室
        【テーマ】「森友、加計問題、共謀罪とメディア」
        【会費】500円 ※懇親会あり

        ・埼玉読者会
        【日時】8月6日(日)午前11時半〜午後2時半
        【会場】狭山市のカフェ&ダイニング「デルフィーノ入曽店」(西武「入曽駅」)
        【会費】4000円

        ・MBSラジオ「報道するラジオ」
        【日時】8月14日(月)午後9時〜10時
        【テーマ】「大阪大空襲」

        ・世代をこえて考える戦争と平和展
        【日時】8月19日(土)午後2時〜
        【会場】夢つながり未来館4階(阪急「山田駅」)
        【演題】「空からの虐殺〜大阪・重慶・ドレスデン」
        【資料代】500円

        ・全日本教職員組合豊能ブロック夏の教育研究集会
        【日時】8月26日(土)午後1時半
        【会場】豊中市福祉会館(阪急岡町駅)
        【演題】「なぜ今、教育勅語か、森友学園問題に見る日本の教育政策」

        計7回の連載で、1回目は5月16日に「黒田さんの言葉」というタイトルで紹介された。
        2回目は5月31日「いい新聞は、いい読者が作る」、
        3回目は6月15日「等しく耐えなければならないのか」、
        4回目は6月30日、5回目は7月18日、6回目は8月2日、7回目は8月18日に掲載される予定。


        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         マガジン名:うずみ火通信
         発行日:不定期
         発行元:新聞うずみ火 〒530-0012 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3階
             TEL 06-6375-5561 FAX 06-6292-8821
         問い合わせ:uzumibi@lake.ocn.ne.jp
         WebPage: http://uzumibi.net/
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆メールマガジンの解除について
         編集部までメールをください。
         お時間を頂く場合がございますので、予めご了承ください。
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ※当マガジンに掲載されている記事の無断転載・転用を奨励します!!


        毎日放送VOICE(2017/7/26) 韓国映画「軍艦島」を巡る日韓摩擦

        0

          永岡です、今日から韓国で公開の映画「軍艦島」について、ソウルから辻憲太郎解説委員の報告があり
          ました。
          長崎県の軍艦島、1890年に開拓して、石炭の産出で日本の近代化を支えて、2015年には世界遺産に指定
          されて、年間20万人の観光客が来ますが、この世界遺産指定を巡り、韓国に反発であり、神戸大学の木村
          さんは、これが韓国に問題提起をさせることになった(=韓国の了承なく世界遺産指定を求めて認められ
          た)と言われます。
          この映画「軍艦島」は、日本に徴用された朝鮮人が協力して蜂起するものを描いたものであり、制作費
          は日本円で25億円、韓国に過去に作られた映画の中で5本の指に入るものであり、実際に徴用された韓国の
          方は、栄養失調であったとも証言して、そして、仁川市には、軍艦島に徴用された韓国の方のモニュメン
          トも作られて、これは韓国の労組の方が参加して、そして日本に事実を認めて、謝罪すべき、謝罪するか
          らには補償をすべきと言われます。ただし、軍艦島の徴用問題は、1965年の日韓合意で解決済みなのです
          が、これは慰安婦問題も同じであります。
          しかし、現地の長崎県の軍艦島にいて、世界遺産指定を求めた阪本さんは、映画「軍艦島」にあったよ
          うな事実は一切なく、1935年の段階で朝鮮の方も一般に学校に行っていたと証言されます。
          辻さん、今日から公開の映画「軍艦島」は、これはフィクションと指定されていても、韓国の皆さんは
          見て感動されて、さらにこの映画は欧米15か国で公開されるものの、日本での公開はなく、また軍艦島の
          被害を巡る絵本も出て、そして先の仁川市のモニュメントは行政の公的なものであり、新たな日韓の火種
          になるのを辻さん懸念されて、司会の西靖さんも、日韓には慰安婦問題もあり、一筋縄では行かないもの
          を指摘されました。
          ただ、これは、侵略した側と、された側の視点は違って当然であり、そして1965年の日韓合意時は、韓
          国は独裁政権であり、被害者の意見を聞かずに当時の朴正煕政権がやったものであり、2015年の慰安婦問
          題の日韓合意も、朴槿恵氏が被害者のハルモニの皆さんの意見を聞かずにやり、そして、映画「軍艦島」
          のようなナショナリズム高揚のネタはむしろ日本の方がひどく、20年前の新しい歴史教科書をつくる会の
          ような、ドイツだと刑事責任を問われるようなものをやっても誰も責任を問われない国家が日本にあり、
          さらに加計学園問題で責任者が記憶にないと言って通る始末であり、日本は無法国家であり、また過去に
          は日本でも、80年代にナショナリズムを煽る映画、二百三高地や、大日本帝国、さらにはトンデモ映画、
          198X年とか作っており、近年だと98年の東条英機を美化したプライドなどあり、これらの中には国際問題
          になりかねないのもあり、実際198x年は当時のソ連を実名で悪役として描き、ヤバい内容のためか公開か
          ら30年経ってもDVDになっておらず、ナショナリズムを煽る安倍政権の存在もこのような韓国の動きを
          引き出していると思います。日韓は経済の結びつきも強く、しかし日本には韓国ヘイト本が本屋に乱舞
          し、他方韓国に日本をヘイトする本はほとんどないと鈴木邦男さんも言われましたが…以上、VOICE
          の内容でした。
           


          TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/26) 近藤勝重 稲田大臣、安倍政権ゴタゴタスキャンダル、民進党内ゲバを語る

          0

            永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 水曜日のレギュラーは毎日新聞の近藤勝重さん
            でした。司会は佐古忠彦さん、アシスタントは片桐千晶さんでした。近藤さん、昨日の加計学園問題、水
            掛け論で終わったのではない、あまりにムチャクチャ、佐古さんのニュースだとそんな適当な言葉では終
            わらず、佐古さん、水掛け論ではなく、そこから見えたものがあったと言われて、近藤さん、嘘の中に国
            民は本当を探そうとしていると指摘されました。
            ニュースランキング、3位は民進党の幹事長人事、2位は最低賃金、1位はPKO日報問題、稲田メモを巡
            り野党が追及のことです。
            近藤さん、1位の稲田氏ゴタゴタスキャンダル、これについて稲田氏トップはそうかと言われて、リス
            ナーの関心も圧倒的であり、佐古さん、稲田氏の進退はASSのこだわり、近藤さん、稲田氏に辞めてほ
            しいものもあり、それをしたらASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)の任命責任が問われると言
            われました。稲田氏、明日何と答えようと発言したメモがあると一部で報じられて、日報隠蔽問題の前の
            2/13のことであり、稲田氏への報告、防衛監察、稲田氏の言うことはムチャクチャであり、報道の通りだ
            と稲田氏には虚偽答弁であり、明日、何と答えよう、佐古さんは衝撃的、近藤さん、こんなものが流され
            て、どういう思いで流されるのか=防衛監察をちゃんとしろ、陸自→背広組への牽制、現場がこんなアホ
            大臣のもとでやっていられない、危険なところへ派遣された自衛隊の怒りなどが、このメモがばらされた
            背景にあり、稲田氏のみ責めて済む問題ではなく、政府へのメッセージと言われて、佐古さんは沖縄と防
            衛省を取材されて、防衛省の記者会で大臣と記者が対峙するものの、こんな異様なことはなく、返答に窮
            した稲田氏に愕然となったと言われました。
            2位は最低賃金引き上げ、非正規雇用への引き上げなものの、中小企業の負担になり、近藤さん、中小企
            業の負担はあるが、政府が一億総活躍から言っておらず、、しかし賃上げ→景気回復というが、高齢者が
            節約モードに入り、こちらの方が大きく、老後の保証なしに景気回復はなく、80前のお年寄りの川柳、奥
            さんが家計簿の前で座禅、高齢者は大変であり、佐古さん、高齢者の保証はなく消費は活発化せず、庶民
            は貯金を増やすしかないと言われて、しかし地方と東京の格差も指摘されました。
            3位は民進党の野田幹事長の辞任と人事、都議選敗北の責任を取り野田氏辞任、後任は前原氏、安住氏、
            玉木氏らの名前が出て、蓮舫氏は次期衆院選に東京から出るというものの、近藤さん、野田氏は蓮舫氏の
            後ろ盾でも、野田氏を持ってきたのが間違い、世の中は良くも悪くもイメージで動き、しかし民進党のイ
            メージは蓮舫氏、野田氏で悪く、民進党は中で内ゲバ、蓮舫氏は記憶にないと言う言葉で逃がしたのか、
            逃げるのはやる前から分かっており、自分自身にかかわる記憶は半永久的に残るものであり、意味の記憶
            や一夜漬けはすぐ消えるが、今治から来た人のことは消えず、それを逃がした甘さは蓮舫氏にあり、言葉
            の切れ味の問題、蓮舫氏を残すために野田氏が辞めたなら民進党のイメージは良くならないと言われて、
            保守の受け皿があるべきものを逃がしていると言われて、佐古さん、受け皿があったら自民党は負ける
            が、国政にはないと言われて、近藤さん、ASS政権は岸田氏らを残すと思われて、民進党も問われてい
            ると言われました。TBSラジオの武田一顯さんは、民進党は焼け野原になり、そこから復活しないとと
            いうものであり、佐古さん、民進党は立ち上がりが悪く、これを改めるために蓮舫氏を選んだのに問題と
            言われました。
            小学生向けに、夜間は使えなくなるスマホを発売に近藤さん注目されて、連絡用に持たせたいが濫用さ
            れないもの、34800円、近藤さん、自分の子供の頃を思い出したら、夏休みは海、川、山であり、今の子供
            はそれよりスマホなのはどうか?こういう動きもあり、他方中高生の不眠が、便利なものの反面失ったも
            のもあり、近藤さん、東京や大阪で子供のための文章教室をしているが、思考力が落ちて、スマホで一発
            で答えが出るため、昔は地図をもっとあちこち行ってトレーニングの過程があったのにそれがなくなり、
            頭の理解と言葉の問題、メールは会話言葉であり、スマホによりすべてが豊かにならず、時間制限は出る
            べくして出たものだと言われて、物を考えるのが劣化して、効率の良さを追求して失ったものもあると言
            われて、佐古さんはそれは大人も同じと言われて、片桐さん、バランスの問題もあると指摘されました。
            以上、近藤さんのお話でした。


            毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/26) 武田一顯 加計学園問題、PKO日報問題の閉会中審査を語る

            0

              永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、今日もヤマヒロさんの司会で、国会王子の武田一顯さんがスタ
              ジオに出られました。国会の閉会中審査とASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)、今日の一句、
              「なくしたよ 記録も記憶も 支持率も」(笑)、スタジオで拍手であり、支持率を上げようとしても、
              森友学園より加計学園問題の方がダメージは大きく、大阪市民の反応もASSかわいそうがないのを取り
              上げられて、野党の民進党があの体たらくで大丈夫とASSは思ったらここまで落ちるものであり、閉会
              中審査、勝ったのはASSか野党か、低(1)姿勢はASSを武田さん評価されて、議会制民主主義は時の総
              理が国会でつるし上げられるのを見せるべきであり、あれしか方法はなかったのでASSを評価されて、
              (2)しかし加計学園の申請を知ったのは1月20日は野党に軍配、説明にASSは無理があり、加計理事長が
              腹心の友であり、ASSに無理があり、(3)1月20日にはASSはダメ、国会で総理の喋ることは重い、ぷ
              いぷいで武田さんのしゃべるのとは違う(笑)、簡単に変えたらアカンと言われて、(4)前川氏vs和泉氏
              は、前川氏の発言が信用できる、具体的であり、前川氏の発言は朝日のインタビューから一貫して、和泉
              氏と対照的であり、どちらかが嘘をついていると言われて、精神科医の名越さん、加戸前知事が前川氏を
              おかしいといった件について、前川氏の精神構造を疑った=狂っていると言っている、それも文科省の元
              上司、しかし過去には前川氏を評価していたのに、こんな罵詈雑言には疑問、しかし前川氏と加戸氏の激
              論がメディアで問題になっていないと言われて、ヤマヒロさん、今治市長ではなく前知事が来たことへの
              疑問を解かれて、前川氏と和泉氏、加戸氏の対立があり、(5)柳瀬氏を今治市の役人が来たことを記憶にな
              いと言うのは、武田さん笑止千万、官邸に記録があり、柳瀬氏は嘘をついていると言われて、2015/4に誰
              が何の目的で来たか、記録は残り、官邸への入館は総理と官房長官以外はノーチェックで入れず「柳瀬氏
              はウソをついている」、今回のことで利益を得る人はウソをついている化のう性がり、しかし前川氏は利
              益を得ず、前川氏が嘘をつく理由がないのに、権力と対峙するのは正義感からか、アホかのどっちかと言
              われて、ヤマヒロさん、証拠は出ていないと言われて、名越さん、コンピューターの2000年問題みたい
              で、デスクの石田英司さん、ASS政権はすべてを納得させる責務があり、首相秘書官に今治市の職員が
              簡単に会えず、会ったことを言いたくないためであると言われて、ヤマヒロさん、ASS政権が怪しくな
              いと説明するには黒塗り資料をオープンにすべきと言われて、石田さん、誰のつてで官邸に来られたかと
              指摘されて、武田さん、ASSは今回の問題は役所同士で問題というものの、こちらから見たら対立して
              ちゃんと政権は説明の必要があると言われました。
              (6)蓮舫氏が、稲田大臣は防衛省を統率しているかについて、武田さん、与野党のどちらが勝ちか判定で
              きない、稲田大臣は統制されていると言わざるを得ず(取れていない→稲田氏クビ)、(7)ASSは加計学
              園の申請を知ったのは1月20日と言う点について、過去の福島みずほ氏の答弁と矛盾しており、しかし今治
              市の申請は2015年4月で、武田さん、加計理事長とこれだけ会って話しなかったのはおかしい、野党はAS
              Sに国会をなめているのかと批判して、しかし加計理事長とASSは第2次政権で14回会っており、武田さ
              ん、これだけ突っ込まれてもASSが1月20日まで知らなかったと言い張る理由は、忖度がなかったとする
              ためには決定までしらなかったことにせざるを得ず、しかしこれは致命的なミスと言われて、どんどんモ
              ヤモヤ、どうすべきか、ASSは計画を知っていたが何もしていないと言うべきであったのに、加計学園
              問題の出たときはまだ支持率は高く、加計学園問題を交わせると強気であり(1,2か月前まで)、ところが
              こうやってしまい、実は知っていましたでは済まず、致命傷を負った。
              閉会中審査は加計学園問題と防衛監察、しかし今治市の職員が官邸に来たこと、大臣と3人も会えて、ヤ
              マヒロさん、資料を公開すべきと言われて、しかし安全保障の件、一部報道で、稲田氏の日報への関与が
              報じられている件について、武田さん、稲田氏はASSの好きそうなものであり、師匠であり、秘蔵っ子
              で守っていると言われました。
              国政の日程、来月内閣改造で、武田さん、安全保障委員会で閉会中審査が行われることになり、防衛監
              察の結果次第、自民党の防衛に詳しい人の話では、大したものは出ない=稲田氏の立場を危うくするもの
              は出ないと武田さん取材されて、PKOは危険だと国民に知られたくないものがあるとスタジオで話があ
              り、石田さん、なぜASSは稲田氏を防衛大臣にしたかと問われて、武田さん、前の防衛大臣は中谷氏、
              国会で追及されて、しかし中谷氏よりはマシだという視点があり、見込み違い、ASSは稲田氏が可愛い
              と指摘されて、石田さん、小池氏は短かったがグリップしたが、稲田氏の問題を解かれて、武田さん、A
              SSは稲田氏を自分の次がその次に総理にしたかった!と言われて、しかし足元のみ見て灯台下暗しと言
              われました。
              名越さん、この件は文民統制なのに、自衛隊のリークがあり、戦前は軍部の暴走があり、大臣が統治し
              ないのは問題と言われて、自衛隊のリークで政治がコントロールされる危惧を語られて、武田さん、内閣
              改造で驚かせるものはなく、ASSの態度は殊勝になっても、方向は同じであり、ASSの波乱万丈は続
              くと締めくくられました、以上、ぷいぷいの内容でした。
               


              8月11日〜13日<憲法を考えるパネル展企画「変える?変えない?日本国憲法」>

              0

                藤井悦子@アジェンダ・プロジェクト京都です。
                (転送歓迎)

                アジェンダ・プロジェクト京都では、8月11日〜13日に、
                現行憲法と、2012年に自民党が発表した憲法草案を比較検討し、
                今後出されてくる改憲案や、国民投票法、安保法制などについても展示する
                憲法パネル展を企画しています。
                そして、同時に憲法カフェや、戦争・被爆体験のお話を聞く時間も設けました。
                とくに、戦争の経験がなく、また戦争の話や憲法のできた経緯を知らない、
                若い世代の人に来てほしいと思っています。
                お子様やお孫さんとともに、是非ご参加ください。

                <憲法を考えるパネル展企画「変える?変えない?日本国憲法」>
                   https://www.facebook.com/events/408684332862458/

                とき:2017年8月
                11日(金)10 時〜17 時
                14 時〜 憲法カフェ/  大橋さゆり弁護士
                12日(土)10時〜20 時
                14時〜 戦争・被爆体験のお話/  米澤鐵志さん
                  16 時半〜 ミニ憲法カフェ
                      「考えてみよう!変わるとどうなる?
                      暮らしといのちを支える憲法」
                13日(日)10時〜16時
                13 時半〜 戦争体験のお話/ 村上敏明さん

                (※会館の都合で毎日終了時間が異なります。
                      ご来場の際にはお気を付け下さい)

                ところ:ひと・まち交流館京都 1階作品展示コーナー
                入場無料

                主催:アジェンダ・プロジェクト京都
                連絡先:09099989245
                     メール zetian78@gmail.com

                安倍首相が2020年までの憲法改定に言及し、今年秋には自民党が
                改憲案を提示すると報道されています。改憲案では、9条に自衛隊
                の存在を明記する項目を追加し、緊急事態条項なども新設するとい
                われています。

                私たちは、現行憲法と、2012年に自民党が発表した憲法草案を比
                較検討し、今後出されてくる改憲案や、国民投票法、安保法制など
                についても展示するパネル展を企画します。

                この機会に憲法についてよく知り、改憲が本当に必要なのかどうか、
                考えてみましょう。

                憲法についてよく知らないなあと思っている方、改憲について考えて
                みたいと思っておられる方、ぜひお立ち寄りください。
                夏休み、お子さんやお孫さんとご一緒に。

                藤井悦子
                http://www3.to/agenda/


                TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/26) 小西克哉 トランプ政権を語る&金井辰樹、武田一顯 閉会中審査を語る

                0

                  永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、ヤマヒロ(山本浩之)さんの司会で、本日の参院集中審議につ
                  いて、TBSラジオ政治記者の武田一顯さんの報告がありました。ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和
                  弘さん)が李下に冠を正さず、例により一句、「ぬるぬると 尻尾つかめぬ 加計疑惑」、土用の丑の
                  日、野党の追及にもイマイチのものがあり、尻尾がつかめないというものです。
                  ASSは加計学園の申請を知ったのは1月20日であり、ヤマヒロさんビックリ、加計学園と今治市はセッ
                  トであり、加計理事長はASSの友人であり、武田さんはこれは加計理事長に聞かないとならず、加計理
                  事長だけまだ国会で話しておらず、学校には税金が出て、加計理事長の話を聞かないとASSとの関係は
                  分からず、野党も要求しており、野党は加計理事長と今治市長も参考人招致を求めて、しかし今回は参考
                  人が多すぎることもあり、前の愛媛知事、前川氏などあり、次の閉会中審議はあるか?与党はこれで終わ
                  りにしたく、しかし南スーダン日報問題があり、観察結果が出たら閉会中審査を求める声があり、ヤマヒ
                  ロさん2日の閉会中審査では分からないと言われました。
                  そして、2015年4月に、首相官邸に今治市の課長らが来て、民進党玉木氏が質して、しかしこれについて
                  政府は回答を実質拒否、記憶にないと柳瀬氏は逃げており、官邸の入館記録も知らんと抜かして、ASS
                  は萩生田氏が言った通り記録なしと言うと、玉木氏は官邸のセキュリティ対策を糺して、スタジオでもひ
                  どいとの声があり、デスクの石田英司さん、官邸に行く際には出張の記録があり、今治市には誰と会った
                  か記録があるのに、官邸に記録なし、残っていなかったらエライことであり、石田さん、首相補佐官が市
                  町村の課長と会うのかと問われて、武田さんいちいち会っていたら時間がいくらあっても足りず、地方か
                  らの陳述は内閣府の課長が対応するべきで「柳瀬氏はウソつき」、参院でも、民進党桜井氏が、柳井氏と7
                  〜8年前に会ったと覚えているのに、なぜこちらは覚えていないのか、そして和泉氏は会っていないという
                  ものであり、柳瀬氏が会ったとしたら全ての主張が崩れるので、柳瀬氏が嘘をついており、今治市はコネ
                  がないと官邸に会えず、理由が加計市なら理由がつく。
                  今治市の職員が2015/4に官邸に行き、2か月後に国家戦略特区になり、ヤマヒロさん官邸の記録を糺され
                  て、武田さん、官邸は小泉氏時代は記者の身分証明を見せたら入れて、しかし今はそれをバーコードで見
                  せないと入れず、記録があるのに出せないのは、官邸にとって今治市の職員と会った事がばれたらヤバい
                  ものである。
                  議員会館も入館記録があるとヤマヒロさん言われて、これだけ疑惑が出ても、会ったとばれたらおしま
                  いであり、官邸は顔パスなのは総理と官房長官のみ、外国からの客でも申請しないと入れず、記録が残っ
                  ていないわけはない。
                  MBS三澤肇記者も報告されて、陸自の日報問題、昨日稲田氏は答弁の機会はなく、しかし三澤さん、
                  稲田氏はミニスカートと網タイツもなしであり、網タイツは福井で作っているもので、取材すると稲田氏
                  の服装は地味になり、取材したら、福井の県連に聞くと、昔は派手→最近は鯖江の眼鏡だけ、防衛省の記
                  者が、派手になっているのはマツゲのエクステンション(笑)、中国の空母は甲板の先が上がり、それと
                  稲田氏のマツゲが似ていると防衛省で揶揄されて(笑)、しかし石田敦子記者の報告だと、まつげの派手
                  さも減り、日報問題と北朝鮮で稲田氏が疲れて、蓮舫氏にあなた大丈夫かと突っ込まれて、観察中で答え
                  られないという、防衛監察が稲田氏の盾になっており、武田さんは稲田氏のまつげのことを聞かれて失
                  笑、石田さん、金曜日のぷいぷいで女性メンバーがこれを指摘していたと言われました。
                  再び、加計学園問題、蓮舫氏が1/20にASSが初めて知ったことを追及して、ASSは低姿勢、ヤジに
                  も応酬せず、蓮舫氏の追及に、過去の国会答弁と食い違い、6月の社民党福島氏の追及の答弁と食い違い、
                  ヤマヒロさん、2015/4に今治市の職員が官邸に行き、下地があり、石田さん、今治市の申請=加計学園と
                  蓮舫氏は追及しており、これについて武田さん、急な質問で混同したというものは、昨年の後半に今治市
                  が国家戦略特区に名乗り、加計学園とセットと前川氏は証言し、しかし政府はこれを否定して、昨年10月
                  に和泉氏が、総理が言えないから自分が言うとして、政府は否定するものの記録がなく疑念が深まってい
                  ると言われて、これは加計理事長を呼ばないとダメとスタジオで声があり、武田さんの推測で、加計理事
                  長はASSの友人だから話を合わせて、しかし野党は甘くなく、加計理事長の矛盾を突かれたら大変で、
                  森友学園問題で昭恵氏を国会に呼ばなかったのと同じであり、ヤマヒロさん、これで幕引きは許されず、
                  ASSが今治市と加計学園を混同する問題もあり、日報問題はまだやるとしても、加計学園問題はどう
                  か、石田さん、これを受けた世論調査の結果も影響すると言われました。
                  蓮舫氏は稲田氏に、防衛省を統率できているかと質問して、稲田氏はボロボロ、暗黒時代のトラの監督
                  真っ青(笑)、蓮舫氏、都議選の防衛省、自衛隊の地位利用に言及して、ASSはなぜこんなに稲田氏を
                  大切に守るのかと追及して、ASSは1+1=サルマタ、蓮舫氏は、稲田氏が法律に抵触、既遂行為で、なぜ
                  ASSが稲田氏を守るのかと追及して、ヤマヒロさん、日報問題を隠蔽なら、シビリアンコントロールに
                  問題で、稲田氏の統制が働いていない、さらに都議選の応援演説の問題もあり、武田さん、南スーダン日
                  報問題で、ASSが答弁に立ち、後ろに稲田氏がいて、稲田氏がASSの答弁を見て頷き、稲田氏がAS
                  Sに敬愛の情を持っているが、南スーダン日報問題はムチャクチャであり、これは今後も追及しないとア
                  カンと言われて、ヤマヒロさん、永田町で閉会中審査をまたやるべきとか言われて、武田さん、その際に
                  総理を呼ぶのか、陸幕長を呼ぶのか、与党が受けるかも不明であり、ヤマヒロさん、防衛監察を命じた稲
                  田氏が調べられる皮肉と言われて、武田さん、普通の会社、役所だと社長直轄の委員会であり、防衛省で
                  この形を取るものであり、委員会の公平性は、一般の会社でもトップの意識を汲んでやる場合もあり、し
                  かし防衛省は稲田氏の言うことを聞かなくなり、これを解明しないとエライことになると締めくくられま
                  した、以上、ちちんぷいぷいの内容でした。


                  TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/7/26) 小西克哉 トランプ政権を語る&金井辰樹、武田一顯 閉会中審査を語る

                  0

                    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 駒田健吾さんの司会、片桐千晶さんがアシスタ
                    ント、コメンテイターは国際ジャーナリストの小西克哉さんでした。

                    国会の閉会中審査、東京新聞の金井辰樹さんが解説されました。ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和
                    弘さん)が加計学園の計画を知ったのが1月20日と言い、疑惑は晴れたのか、金井さんのお話、昨日の衆院
                    と今日の参院、テーマは加計学園問題、昨日はASSが加計学園の計画を今年の1月に知ったと言って審議
                    の展開が変わり騒然となり、加計理事長とASSが14回会食して、それで今治市の計画を知らなかったの
                    というのは信じられず、友情物語では済まず、加計理事長が今治市に獣医学部を作れたのはASSの意向
                    か、しかしその前にASSが知らなかったとは信じられない始末。
                    蓮舫氏が追及して、金井さん、今日とこれから、民進党が両院の委員会を開き、蓮舫氏の都議選の責任
                    も問われて、ASSは支持率低迷で、双方悲壮感の漂う党首討論、今年の1月まで知らなかったのかという
                    のに終始して、質問主意書への答弁で、ASSは1月以前に知っており、ASSは今治市が手を挙げている
                    のは知っていたが、事業主体は加計学園と1月に知ったというものの、ASSは守り一辺倒で苦しい答弁で
                    あり、ASSはスタッフから耳打ちされて、結果として今までの国会答弁と矛盾が出ていた。
                    民進党桜井氏の追及で、山本大臣がASSに代わり答えてヒートアップ、桜井氏はASSに答えろと追
                    及して、山本氏は1+1=サルマタであり、これについて金井さん、ASS政権の4年半の安倍一強、共謀罪
                    の金田法相や、稲田氏の際にASSが助けていたのに、ASSが指名されても他の大臣が答えて空気は一
                    変して、支持率低迷の理由はASSが信用できないので、それで山本大臣の助太刀であり、駒田さんAS
                    Sに余裕なしと指摘されて、金井さん、ASSがどこまで追い詰められているか、支持率低迷は深刻であ
                    り、小泉氏が田中真紀子氏を更迭して支持率低迷になったことをASSが話題にして、しかし小泉氏はそ
                    の後支持率回復であり、それをやろうとしていると金井さん締めくくられました。
                    国会閉会中審査について小西さん&武田一顯さんの報告と解説、武田さん、疑惑の解明には近づかず、
                    政府のおかしさの尻尾をつかめない野党にももどかしさがあり、ASSが1/20に知ったのはおかしいと共
                    産党小池氏が追及して、加計理事長がなぜこんなに簡単に大臣に会えるのかと追及しており、構造改革特
                    区と国家戦略特区のことがあり、建前で知らなかったとASSは答えざるを得なかったものであり、武田
                    さん、委員会で大臣に出て行けは初めて聞いて、しかし山本大臣はASSへの忠誠心ではあるが、目に余
                    ると言われて、そして前川氏は与党から追及されて、例の青山氏に追及されても、前川氏は初めから加計
                    ありき、冷静に対応して青山氏の追及を返し、前川氏が勝手に加計学園と思いこんだと青山氏が追及し
                    て、前川氏は木曽氏の発言、和泉氏の発言から加計学園のことと思い、前川氏の言うことを信じるか、A
                    SSや政権を信じるかは有権者のジャッジ、加計理事長はマスコミを通して一言も言っておらず、学校が
                    出来たら税金が使われるので、加計理事長は発言すべきと武田さん言われて、しかし議会は与党が大半
                    で、ASSは国会に任せるとしても、ASSが国会対策を決める、竹下氏も官邸が、というが、予算委員
                    会でASSが国会に干渉したら批判されて、裏で言うべきことと言われて、内閣改造が8/3、稲田氏、金田
                    氏も山本氏も更迭で与党はそれで幕引きと目論み、そして蓮舫氏は党の会合で、次期衆院選で東京の小選
                    挙区から出る+野田幹事長辞任と速報で、武田さん既定路線、しかし民進党のイメージは地に落ちて、民
                    進党は解党しないとダメと言われました。
                    小西さんのコメント、国会を午前中ご覧になり、柳瀬氏が今治市の職員と会った件、今治市の記録はあ
                    るのに、官邸の記録なし、今治市の記録は黒塗りであり、これの情報開示が必要で、誰かが処分したor記
                    録を取っていないと、官邸に誰が入ったか分からず、官邸に入るのはホワイトハウスに入るのと同じで、
                    セキュリティの問題、ジャーナリズムも隠蔽している人間の名前を追及すべき、ウォーターゲート事件は
                    物をなくしたことの追及から上院の委員会で追及して、しかし日本は与野党のなあなあ、しかし与党の誰
                    が喚問を拒否したかメディアに出して、政府の隠蔽体質を明らかにすべき、加計理事長を呼ぶ前にこれを
                    やるべき、ASSは二転三転だが、出せる資料、記録から穴を開けるべきと言われました。

                    デイキャッチャーズボイス、トランプ大統領は世界からどう見られているのか、小西さんのお話があり
                    ました。調査からどう見られているか、世論調査、トランプ政権半年の特集をアメリカのメディアがし
                    て、ピューリサーチがアメリカのイメージを37か国から調査して、目ぼしいデータは、アメリカ大統領へ
                    の信頼感は、信頼できるは現在22%!オバマ氏の最後は66%!信用できないは73%、これは予想できた
                    が、数字として初めて出て、アメリカへの好印象は49%、持っていないは39%、しかしオバマ氏のラスト
                    時には好印象60%以上で、一番厳しいのはヨーロッパ、オバマ氏とトランプ氏を比較しての信頼感、外
                    交、道義的なものもあるが、オバマ氏の際にはヨーロッパが7割正しいとしていたのに、トランプ氏になる
                    と10%台→10人に一人しかヨーロッパではトランプ氏を評価しておらず、逆に評価の高いのはアジア、
                    日本だと24%、4人に1人は正しい、しかしオバマ氏の際は54%、韓国は厳しく、フィリピンはトランプ
                    氏の支持は低くても、オバマ氏の時より20%落ちて、しかしトランプ氏を評価しているのはロシアとイス
                    ラエル!であり、トランプ氏はロシアに連綿たる思い、昭恵氏を口実に、通訳がいるのに、英語でしゃべ
                    りたくない始末で、気の合うプーチン氏に行き、イスラエルとロシアが評価。
                    アメリカ全体のイメージも、アメリカのポップカルチャー、ソフトパワーが世界で65%好き、アメリカ
                    の文化は世界で評価されているのに、アメリカ人の言う民主主義は好きかについて、嫌いが46%で好きよ
                    り3ポイント高く、アメリカの習慣が世界に広がるのを批判する声も高く、アメリカが世界に広まったら困
                    ると世界は思い、トランプ氏は横柄&不寛容で、そういう目で見られているのをアメリカは知るべきと締
                    めくくられました、以上、デイ・キャッチ!の内容でした。



                     


                    【敗色濃厚!】川重は軍用機を売るな!ニュージーランドは買うな!7.27アクションへ

                    0

                      東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
                      [転送・転載歓迎/重複失礼]

                      既報ですが、直前になり、情報も補足しましたので再送します。気づくの
                      が遅れましたが、産経が7月9日に以下の記事を掲載していました。P1哨
                      戒機については「敗色濃厚」「連戦連敗」とのこと。C2輸送機の方がど
                      うなのかは不明ですが、まずは朗報です。

                      27日のアクションはダメ押しの形になりそうです。C2輸送機についても、
                      そして、ニュージーランド以外の国への軍用機輸出についても断念するよ
                      うに迫りたいと思います。暑い中ですが、ぜひご参加ください。情報の拡
                      散にもご協力ください。

                      海自最新鋭・P1哨戒機のNZ輸出、敗色濃厚 防衛装備庁計画(7月9日、産経)
                      http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090012-n1.html

                      P1哨戒機の輸出 装備輸出で「連戦連敗」 
                      受け身の参加、原因か 防衛装備庁の体制見直し急務(7月9日、産経)
                      http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090013-n1.html

                      哨戒機「P1」輸出へ布石。マクロン仏大統領「素晴らしい機体だ」
                      防衛装備庁、パリ航空ショー初出展(6月21日、日刊工業新聞)
                      http://newswitch.jp/p/9443

                      ----------------------------------

                      ★川崎重工は軍用機を売るな!ニュージーランドは買うな!
                       7.27 川重東京本社&大使館アクション
                      https://najat2016.wordpress.com/2017/07/24/action_nz-2/

                      <7月27日(木)>

                      【川崎重工東京本社前アピール】
                      ◆12時〜13時
                      [JR浜松町駅南口改札外に午前11時45分に集合]
                      場所:川崎重工東京本社前
                      (臨海線「竹芝」駅1分、JR・東京モノレール「浜松町」駅7分、
                       都営浅草線、大江戸線「大門」駅8分)
                      https://www.khi.co.jp/company/base/office_jp/tokyo.html

                      ※昼休みの時間に横断幕などを掲げながら、社員にチラシを配布します。
                      プラカードなど持ち寄り歓迎です。

                      【ニュージーランド大使館前アピール・申し入れ】
                      ◆15時30分〜
                      [渋谷駅ハチ公付近に15時10分に集合]
                      ※タクシーで乗り合わせて行く予定。NAJATのノボリが目印です。
                      場所:ニュージーランド大使館前(東京都渋谷区神山町20-40)
                      http://www.embassyin.jp/new-zealand/

                      ※大使館前で横断幕などを掲げて「輸入しないで」と訴えます。大使あて
                      の要請書も提出します。

                      連絡先:090-6185-4407(杉原)

                        ----------------------------------

                       現在、武器輸出の大型案件として川崎重工が製造の中心となるP1対潜哨
                      戒機とC2輸送機のニュージーランド輸出の動きが進行しています。

                       P1は潜水艦や艦船を探索したうえで、対艦誘導弾や空対地ミサイルなど
                      で攻撃できる軍用機です。C2は武器、軍用物資や兵員の輸送を目的として
                      開発された輸送機です。

                       2014年4月1日の「武器輸出三原則」撤廃から3年が経ちましたが、武器
                      本体の輸出は、海上自衛隊の練習機TC90のフィリピンへの貸与のみに留ま
                      っています。自民党安全保障調査会は6月22日に稲田防衛相に提出した提
                      言で、早くも「防衛装備移転三原則」の見直しを要求し、いらだちを露わ
                      にしています。

                       安倍政権が実績作りに動いていることは間違いありません。そして、オ
                      ーストラリアの潜水艦商戦では慎重な姿勢を見せていた川崎重工は、今回、
                      「川重40年来の悲願」として前のめりになっています。

                       この商戦に日本が勝利すれば、武器輸出に大きくはずみがついてしまう
                      でしょう。逆にまたしても敗北するなら、大きなブレーキとなることは確
                      実です。6月の神戸での川重の株主総会に対しては、神戸の市民が「死の
                      商人にならないで!」とアクションを行いました。川重に対しては引き続
                      き「武器輸出から撤退を」の声を届け、ニュージーランド大使館に対して
                      は「武器輸入しないで」の声を伝えたいと思います。ぜひご参加ください。

                      ※なお、P1哨戒機については、既に「敗色濃厚」(7月9日、産経)と報じ
                      られています。
                      http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090012-n1.html
                      http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090013-n1.html

                      <日本製軍用機の輸出を止めよう!アクションシートはこちらから>
                      https://najat2016.wordpress.com/2017/01/17/revised_actionsheet/

                      【呼びかけ】武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
                      メール anti.arms.export@gmail.com
                      FAX 03-5225-7214
                      TEL 090-6185-4407(杉原)
                      ブログ https://najat2016.wordpress.com/
                      ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
                      フェイスブック https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

                      ---------------------------------

                      ★NAJATへの賛同・カンパ募集中! ※正念場の2017年を乗り切るために。
                      個人賛同:1口 1000円 団体賛同:1口 3000円 (ともに複数口も歓迎!)
                      振込先 郵便振替口座 00140−4−486789
                      口座名称 武器輸出反対ネットワーク
                      他の金融機関からの送金先 ゆうちょ銀行 019店 当座 0486789


                      | 1/3657PAGES | >>