calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/4/17) 安田菜津紀、統一地方選からヘイトスピーチ問題を問う&迫俊亮 多様性を認めていい組織を作ることを説く!

0

    Message body

    永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、水曜日のニューススーパーバイザーはフォト
    ジャーナリストの安田菜津紀さんでした。

     安田さん、星野ルネさんの漫画を紹介されて、安田さんをルネさん漫画に描かれて
    https://note.mu/natsukiyasuda/n/nfc3c68e42631  )、イラストの描けるひとはうらやましい、写真
    家はどの角度から撮るかだが、漫画、イラストの力を説かれました。
     今日のニュース、ノートルダム寺院の修復で寄付は1000億に達して、各国の技術支援もあり、原子力規
    制委員会は、火山噴火と原発の火山灰をこれまでの想定10cmから見直し、DPRKで核物質の搬出のことをア
    メリカの衛星が見つけて、枝野幸男氏はラジオ番組で衆参同日選対策を、統一地方選の後で野党共闘とい
    い、阿蘇山の噴火、気象庁は新たな噴火なしとして、噴煙は200mであり、福島原発事故の際に50人残った
    作業員の映画が完成で、安田さん、阿蘇山噴火、熊本大地震3年、避難生活が続き、阿蘇のイチゴ農家さん
    には実質被害はないものの、風評被害が心配、阿蘇のものを買い応援したい。
     野党共闘、21日の統一地方選、立憲民主党でヘイトスピーチをツイッターに書き込んで公認取り消しの
    候補が2人いて大問題、さらに、直近では高円寺で、区議選の際に候補が杉田水脈氏を呼んで大問題、もち
    ろん新潮45でのLGBTヘイトスピーチへの抗議であり、差別発言の連続で杉田氏に終わっていないであ
    り、議員、候補者のヘイトスピーチは日本国内だけではない、アメリカではムスリムの議員のイルハムさ
    んの発言と、9・11の動画と組み合わせて、それをトランプ氏が投稿して大問題、共和党の中で議論になら
    ず、凍結も削除もないもので、イルハムさんには殺害予告が相次いで、言葉の暴力は放置したら物理的な
    暴力を許すことになり、ヘイトスピーチをする候補者をなぜ公認したか、候補者のヘイトスピーチにどう
    対応するか、うやむやにするか、ちゃんと説明するかで大違いではあり、しかし殺害予告はもちろん許さ
    れず、暴言には暴言ではなく、暴言には言論で対抗すべきと説かれました。

     UP CLOSE、今週は新時代を開く企業、は靴の修理でお馴染みのミニット・アジア・パシフィッ
    ク(https://www.minit.co.jp/ )の迫俊亮さんが出られました。29歳で社長になり、会社の業績を、利
    益のみの追及を否定して立て直したものです。概略を書き起こしします。
     ミスターミニット、駅前の青い看板、靴が壊れた→直せる、靴の修理、合鍵作成、スマホの修理もされ
    て、日常的で時間が迫っていたら大変な時に役に立ち、迫さん34歳、UCLAで社会学を学ぶ、組織、集
    団の問題として説くもので、失敗→個人のせいにせず、環境的要因を問うもので、社会学と関係が深く、
    迫さん、大学生の時にマザーテレサのところでボランティアして、社会学でインドを取り上げて、貧困を
    現場で18歳の夏休みに取材、死を待つ人のところを見て、衝撃的なのは一人でできることは限られて、自
    分の努力だけでは無理、個人の力だけではなくやるもので、安田さん、死を迎えることを減らすことを問
    われて、利益追求の否定について、迫さん、イメージでは利益追求ではダメ、その先にある社会をよくす
    べきで、社会問題の解決を問う。
     バングラデシュからマザーハウスに転職されて、三菱商事から転職し、大学を出て三菱商事に行くのに
    半年期間があり、社会をよくするためで、三菱商事でもそういうことはできても、今すぐにできるものと
    して、マザーハウスに行ったもので、商品の質もいいもの、当時は会社ができたばかり、働く意味を問
    い、仲間とともに働く意義は大きい。
    安田さん、迫さんがマザーハウス時代の2012年、世界フォーラムで知りあったもので、その後2013年にミ
    スターミニットに入り、29歳で社長になり、マザーハウス→ミスターミニットは、ビジネスパーソンとし
    ての力不足を感じて、世界のために、日本から発信であり、自分の経営力、ビジネスパーソンとしての力
    量、経営者として鍛えられるところとして、ミスターミニットで最先端の経営をやるために行き、ミス
    ターミニットは皆さん目にしているものの、6年前は業績もよくないものであったが、迫さん、こんなに雰
    囲気悪いか、オフィスは暗く次々と辞めて、マザーハウスとのギャップに驚き、社長になったのは、この
    会社はいいものを持つ、修理の技術があり、アジアに展開で、組織的な理由でしんどいのをどうにかした
    く、小手先ではダメ、根幹から変えないといけない、そのために社長になり、組織の文化を変えるため
    に、ファンドと話して社長になり、組織的な要因の最大のものは、経営と現場の溝、当時の経営者は現場
    の方が分かっていない、しかし現場は経営者を信用しておらず、課題ばかり、組織は疲弊して、深い溝を
    どうするか?
     会社の改革、課題、壁は、最初は上手く行かず、社員と面談しても信用されず、2,3年でいなくなる人を
    信用できないと言われて、迫さん経営者の経験がなく、ファミリーマートの社長の澤田さんと協力して、
    レベルアップ、ウザイと言われたこともあり、迫さんの言うことは正しいが、若いのであり、年長の社員
    からどう思われるかと説かれて、まず長年働いてきた社員の要望をかなえるべきとアドバイスをもらい、
    安田さん、机上の正論だけでは受け入れられず、現場の声を考える意味を説かれて、迫さん、現場のやり
    たいようにして、現場はお客様のために頑張り、問題点を改善して、迫さんは現場の職員をヒーローにす
    るようにして、安田さん、短時間で修理する方は職人であり、仕組みとして取り入れたと説かれて、迫さ
    んは靴の修理は大変、大変なことを理解している人をリーダーにして、すると現場も頑張ろうとする、管
    理職を現場の人になってもらい、それが改革。
     安田さん、現場主義は正しくても、利益を上げるためには長時間労働の問題、働き方の質を問われて、
    迫さん、効率は社員ではなく、経営者の役目、靴の修理のプロ、今までと同じ仕事ではダメ、会社の形を
    変えて成果を上げてきた。
     安田さん、現場でお客さんと接する職人さんのこと、社会学のビジネスの面でどういう社会を作りたい
    かと問われて、迫さん、良い雇用を作りたい、ミスターミニットは多様な考え方を入れて、オーストラリ
    アのものを入れる、稼ぎたい人は大変に働く、ゴルフに行ってから出勤する人などあり、多様性を認め
    て、人生目標を実現するのがよい雇用で、安田さん、同調圧力を否定することと説かれて、迫さん、技術
    力での実現を意味して、安田さん、人生目標、社員も経営者も、迫さんのお話を参考にして欲しいと締め
    くくられました、以上、安田さん、迫さんのお話でした。

    ABCラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です!(20219/4/8) 吉冨有治 統一地方選、大阪ダブル選挙を語る、支持基盤を確立した維新、一方地方は衰退して、このままだと日本全滅!

    0

      永岡です、ABCラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェスト、統一地方選、
      大阪ダブル選挙について、ジャーナリストの吉富有治さんが出られました。吉富さん、今日は夕方に文化
      放送にも出られるそうです。朝は文化放送に大谷昭宏さんが出られてダブル選挙についてコメントされま
      した。
      統一地方選前半戦、大阪も注目されて一面トップ、維新の圧勝、自民党に相乗りの敗因も吉富さんの解
      説で、当初世論調査では市長選は柳本氏が先行して、しかし維新の圧勝、吉富さん、ダブル選挙で世論が
      盛り上がり、投票率は前回より上がったのが最大の勝因で、ダブル選挙で相手陣営の準備ができていな
      かったのが2つ目、さらに自民党のふがいなさ、オウンゴール、さらに維新は橋下氏のいた橋下氏の人気な
      しで勝てて、維新は風頼みではない、支持基盤をもった既成政党で、自民党などが相乗りしても勝てず、
      「維新の支持基盤は橋下氏がいなくても相当強い」。
      道上さん、二階氏がダブル選挙に否定的で、しかし盛り上がったと説かれて、吉富さん、維新の戦略勝
      ち、統一地方選だけではこれほど盛り上がらず、徒抗争は実現するだろうと、90%以上と吉富さん言われ
      て、法定協議会がまとまる必要があり、法定協議会で維新は過半数を持たず公明党の協力を必要としてい
      たが、府議会で維新は単独過半数、法定協議会は自民党が減って、維新の思う通りに法定協議会は進み、
      市議会は維新が単独過半数を持たず、しかし公明党がどういう態度に出るか、「公明党は再び維新と手を
      握る」、その前兆はあり、小西氏、柳本氏は公明党大阪は推薦しても、本部は推薦しない=公明党本部の
      保険、維新が圧勝したら怖い、次の衆院選で維新に刺客を立てられたら公明党全滅=公明党は維新と手を
      結ぶしかない、公明党の大阪本部は徒抗争全員反対でも、公明党は特殊な党で、本部が徒抗争OKとした
      ら大阪も従わざるを得ず、それで徒抗争は実現に近づく。
      そして、統一地方選と参院選について、大阪以外の知事選は、北海道のみ与野党の対立、しかしそれ以
      外は派閥争いで、保守分裂、しかしこれが参院選には流れず、国政選挙だと自民党はまとまり、それほど
      亀裂はなく、維新が力を増した、維新におびえるのは公明党も自民党もであり、場所により、大阪は党本
      部と官邸がねじれて、二階氏は小西氏、柳本氏を推しても、官邸はそうではない、維新が圧勝で官邸は安
      心して、安倍氏にとって憲法改悪の維新はパートナーであり、福岡、島根と異なる。
      道上さん、自民党と野党の政策が見えない、我々の代表はどういう地方自治をするのか?結果が出たら
      変わるのか?安倍氏の6年の実績もあり、しかし数の多いものについていくと説かれて、吉富さん、安倍氏
      以前は異なり、安倍氏の、モリカケ問題、公文書改竄でも支持率は落ちず、道上さん、大臣は8人変わって
      いると説かれて、吉富さん、それでも支持率は落ちない、自民党の支持率も高く、立憲民主党は及ばず、
      日本人は自民党、自民党的なものが好きで、大阪では維新は第2自民党で体質は同じ、地方の首長選挙を見
      ても、安倍氏に人気があるもの、対立もあり、福岡ではその結果で、地方選は地方の代理戦争、安倍氏に
      なりそれが強くなり、道上さん、憲法改悪は戦後74年なく、しかし今動いていると説かれて、吉富さん、
      大阪での維新の人気は圧倒的、しかし徒抗争のことは有権者もちゃんと理解していない、何となくいい→
      徒抗争であり、しかしこれで大阪都にはならない、地方自治体の改正が必要で、都と大阪は名乗れず、大
      阪の湾岸開発や病院は大阪府に行き、大阪府の焼け太りであり、区議会ができて、議員の数は変わらず、
      職員数は増える、特別区になるとそうなる。
      道上さん、地方での人口減少で地方議会が成り立たなくなると説かれて、吉富さん、高知県の大川村だ
      けでない、高知県は大変、町では大変も高齢者の増加+若い人が減り、福井県の大飯町、原発のあるとこ
      ろは財政が豊かで、人口9000人、それでも議員の成り手はない、議員報酬が少ない、大川村も同じ、若い
      人が自立できず、地方自治は衰退する、日本全体も衰退して、大川村のようなものが増えて、地方だけで
      はない、大阪もそうで、都会も困り、地方の衰退=大都会の衰退=日本の衰退。
      道上さん、日本で自民党的なものが好まれたら止まらないと問われて、吉富さん、地方創生というもの
      の、本当に地方の実情は分かっているのか?地域に根付いたものを作らないとならず、そこを政治がどう
      解決するかを示さないと地方は衰退する、これが最大の問題、万博だインバウンドだだけでなく、地方の
      衰退をどう食い止めるか、国をあげて頑張らないといけないと、まずは足元、外国人労働者のこともあ
      り、足元のことをちゃんとしないといけないと締めくくられました、以上、吉富さんのお話でした。
       


      J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/4/3) 安田菜津紀、元号騒動を斬る&企業主導保育所の是非 小林美希さんのお話、利益のために子供たちと親御さんが犠牲になる現実を語る!

      0

        永岡です、昨日から本格的に聴き始めた、東京のFM局のJ―WAVEでのジャム・ザ・ワールド、水
        曜日のニューススーパーバイザーはフォトジャーナリストの安田菜津紀さん、ナビゲーターはグローバー
        さんでした。テレビは壊滅的で、在阪某球団はさらに冥府魔道(ラジコを起動した途端に2発食らって…泣
        …矢野監督、道上洋三さんが泣いているぞ!)で、この番組を聞きます。

         新元号ファシズムと、メディアの問題について、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野
        幸夫さんがブログで発信されています。
        https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12451626730.html
        今日の神戸新聞社説に、オスプレイの伊丹空港不時着問題が取り上げられました。
        https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201904/0012206207.shtml

         安田さん、新元号発表について、決定は国民主権なのにブラックボックスであり、伝統だからはおかし
        い、外務省のニュース、西暦に統一すると時事通信が報じて、安倍政権の国家主義に冷水とあり、自民党
        の右派は反発、萩生田氏も批判で、自民党右派の言うのは一方的な気持ち、業務に元号を使ってのメリッ
        トは説明されず、外務省は海外とやり取りするので西暦統一が望ましく、新元号に喜んでもいいが「不必
        要な同調圧力に屈するようなことはいけない」と説かれました。

         8時台の名物コーナー、UP CLOSEは企業型保育所の問題、ジャーナリストの小林美希さんのお話
        がありました。政府は待機児童対策として導入したのに、政府の案で子供たちの安全を守れるのか?で、
        企業主導の保育所でトラブルが続き、子供たちと親御さんの安心・安全はどうか、小林さんは、安田さん
        とはこの番組で4年ぶり、企業主導型保育所とは、既存の事業所内保育所に似て、内閣府がやるもの、厚労
        省ではなく、待機児童対策、認可外保育所になるもので、認可外だと補助金が違い、運営費は、認可外だ
        となし、企業主導だと厚生年金保険料が原資であり、認可保育園並み、補助金率はベストであり、運営費
        を出す企業の従業員以外も受け入れ可能で、待機児童対策になる、時間帯を安田さん問われて、小林さ
        ん、認可と違い、早朝〜夜間、日曜祝日の保育もある。
         安田さん、政府が積極的に導入、2016年からと説かれて、小林さん、2500の保育所で6000人、さらに
        1500カ所を増やすものの、利用率は6割、実態は半分、安田さん、待機児童問題があり利用率の低さを問わ
        れて、企業主導保育所の問題、昨年11月に世田谷区で急に閉園があり、需要のないところに作られて撤
        退、閉鎖、譲渡があり、経営難の保育所が多く、世田谷区では保育士が一斉にやめて、給料がちゃんと支
        払われていなかった可能性があり、保育の質に問題。この形は2016年に開始、しかしこのタイプでうつぶ
        せ寝による死亡事故があったと安田さん、質を問われて、小林さん、監査したら7割の施設にもん、職員の
        質、アレルギー対策なし、保育の基本すらなっていない、外の目が行き届かず、最初から保育の素人が入
        る、子供にとってアレルギー対策なしだと命の問題で、まだ死亡事故はないものの、危険性はある。
         なぜ、慣れていない事業所が、さらにこのタイプで補助金詐欺があり、小林さん、この事件は1900万水
        増し、運営費は3000万/年補助、建設費に1億でて、こういう悪質なケースも出てしまい、子供たちの安全
        安心より利益が優先されてしまい、本来優先順位トップの子供たちの安全が後回しになり、設置のプロセ
        スが問題で、企業型の保育所の問題について、小林さん、審査はパソコンで送れるもので、面接、建物の
        チェックなし、事業者の顔が見えない、子供用トイレなし!の例もあり、慣れていない事業者が参入出来
        たら、待機児童の多いところでトラブルを安田さん危惧されて、小林さん、一般は市区町村の関与がある
        が、企業主導型だとなく、ニーズとマッチしない、市区町村の認可保育園は町の何丁目まで見るが、企業
        主導型はそこまで見ず、それで子供が集まらず、市区町村の関与を強めるべきという声は強く、小林さん
        も関与を市区町村にと思うものの、企業の自主性に任せられて、市区町村の関与がないのが子供たちと親
        御さんのデメリットになり、しかし他に行く場所がなく、親が仕事を失う例もある。
         安田さん、改善のために内閣府がやったものを問われて、小林さん、保育事業所は実績5年以上にする、
        20人以上のものは保育士が子供何人に対してというもの、最悪50%でもいいとされていたものを75%にす
        る、財務諸表の公開もあるが、骨抜きの危惧もあり、安田さんこれを聞いて絶句、子供たちのニーズの半
        分で良かったとは驚き、小林さん、保育事業者に限られて大問題、安田さん、世田谷区の辞められた保育
        士のこと、利益のために人件費を切る危惧を説かれて、小林さん、保育士は賃金も不安定であり、安田さ
        ん、企業主導保育所で事故があり、対策を問われて、小林さん、保護者がこれに言及して切実、しかし今
        の実態は50%で、安田さん、保育に危険性はあってはならず、安全のための方策を問われて、小林さん、
        保育を熟知した市町村の関与を深める、単に待機児童対策として中身のないもの、企業主導でも、認可を
        ベースに整備すべきと説かれて、安田さん、優先順位は官邸の都合ではない、子供たちの安全安心であ
        り、子供がなくなり、親御さんに番組に来てもらい、子供は声を上げられない、親が発し続けるという例
        を安田さん示されて締めくくられました、以上、JAM・THE・WORLDの内容でした。


        ABCテレビ キャスト(2018/12/18) 西谷文和 イラク取材報告、アメリカのイラク戦争の犠牲でISは生まれて、イラクとクルド人が地獄にあること、本来日本が和平会議をすべきことを語る

        0

          永岡です、テレビの報道番組、久しぶりの内容書き起こし、ABCテレビのキャストに、ジャーナリス
          トの西谷文和さんが出られました。もちろん内容はイラク取材報告です。
           原発輸出失敗、日立→イギリス>3兆円、しかし、菅氏は日本の核技術は世界から期待されているという
          のは無茶苦茶と三輪記子弁護士は語り、古賀茂明さん、安倍政権の三本柱は核輸出と武器輸出、その一つ
          破綻、自然エネルギーの普及=コスト低下=核にコストの優位性なし+福島事故=核はペイしない、日本
          の核は期待されているというのは、福島事故の尻拭いもできず、住民投票否決と語られて、自然エネル
          ギー普及と司会の上田さんも言うと、古賀さん、ドイツみたいに核をやめて自然エネルギーとすればいい
          のに、日本は原子力マフィアのために出来ないと説かれました。
          (私、永岡は問題を起こした神戸製鋼にいた時に、目の前で頑張れば竹槍でも戦闘機と戦えると抜かした
          バカを見ており、原子力マフィアにとって、竹槍(原発)で戦闘機(自然エネルギー)に勝てる=神風特
          攻隊で勝てるという意味で、恐ろしいことですが、この国のトップは実力ではなくゴマスリとコネ、血縁
          関係で決まり、こんなのが率いて太平洋戦争の破局になったのです)

           そして、西谷さんのIS報告、2003年にアメリカのイラク侵略、300万人のイラク人が追われて、西谷さ
          ん、ISに追われた難民キャンプを取材されて、難民キャンプの女性、娘がISにさらわれて、娘は結婚
          していて、旦那は帰っても、娘は帰らず、身代金で取り返す例もあるものの、若い女性は性奴隷にされ
          て、そして、ISに入った兵士の方、恋人が捕まり、それを取り戻すためにISに入り、恋人は帰ってき
          たものの、この兵士はISの兵士リクルートを続けさせられて、捕まったこの兵士は裁判になるのです。
           西谷さん、スタジオでお話されて、上田さん、大切な人をISに奪われたと説かれて、西谷さん、戦争
          は性暴力を招き、ISは悪いイメージがあるものの、この兵士はむしろ被害者と語られて、そしてノーベ
          ル平和賞に、性暴力反対の女性が選ばれて、西谷さん、ISは狂信的な間違った集団、スンニ派以外は殺
          していい、イスラム教の教えと違うのに、女性を奴隷妻として連れてきて、今はISが苦しく、奴隷妻は
          前線に出されて、実名告発の方もいるものの、今も3000人が行方不明であり、三輪さん、悪夢と言われ
          て、西谷さん、ヤジリ教徒は他と結婚できず、レイプされたら、帰ってきても排除されるというもので、1
          年前、イラクからISは一掃されたと報じられて、米軍の空爆でISは全滅というものの、西谷さん、5か
          月前、住民がISに殺された、道路を破壊された、ここはISの権力のところ、ISの黒い旗を西谷さん
          確認、ISは侵略を続けて、前線で闘っているのはクルド軍、国家を持たず、イラクと対立して、IS、
          クルド、イラクの三つ巴の戦闘&混乱であり、ISは2014年から台頭して、一時イラクの1/3を取り、しか
          し1年前にIS掃討と言われて、アメリカの無人機の情報が兵士のスマホに来て、クルドもイラクも有利、
          しかしISを一掃したら、ISの土地、油田をどちらが取るかで対立、クルド人は国を持たない世界最大
          の民族、独立したく、イラクはそれを認めず泥沼化して、古賀さん、日本に何ができるか、フセイン政権
          は人権侵害とアメリカはいい、それを潰して今の状態で、単純な正義感ではアカンと言われて、西谷さ
          ん、そもそもは2003年のイラク戦争、木原さん、アメリカにとってISは生かさず殺さずがいいのかと説
          かれて、西谷さん、カショギ事件があり、サウジアラビアに武器をアメリカは売れない、結果として、イ
          ラクやクルド人に売れる。
           西谷さん、和平会議をすべき、戦争と関係ない国がよく、欧米はダメで、本来日本が入るべき、タリバ
          ンは日本には来る、中東は欧米に侵略されているので、侵略していない日本は和平会議の可能性があると
          言われて、古賀さん、本来日本はそうすべきだが、今の日本はアメリカ一辺倒、アメリカに日本は付くの
          か、日本の平和ブランドはアメリカ一辺倒で破綻と言われて、難民について、西谷さん、ISは町に地
          雷、仕掛け爆弾を置いて、住民は帰れない、難民は4年目、住居に爆弾があり、帰れず、日本に助けて欲し
          いが、難民生活は5年目、防寒着を西谷さん配られて、しかし女性がミシンの使い方を知る、農業をやるの
          を教えると、女性も性奴隷とならずに済むと締めくくられました、以上、西谷さんの報告でした。
           


          毎日放送VOICE(2018/2/21) 憲法9条と自衛隊の市民討論会報告

          0

            sage body

            永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」にて、先日市民団体か参院で開催した憲法の討論会につ
            いて、奥田信幸さんの取材報告がありました。
             主催されたのはジャーナリストの今井一さん、このままだと改憲の発議が行われて、そのまま物凄いス
            ピードでなし崩し的に国民投票になる危惧があり、国民投票の前に議論というもので、たたき台に、参院
            議員で、自民党の船田元氏は9条に自衛隊を明記、民進党の杉尾哲哉氏は護憲、立憲民主党の山尾志桜里氏
            は護憲的改憲、憲法に戦争を防ぐものを入れるもので、これはそれぞれの党の代表する考えではなく、市
            民が14人、10代〜70代が集まり、最初は自民党の考えを支持する人が3人、護憲3人、護憲的改憲が3人、判
            断未定が5人で、2日間に渡り、5時間ずつ10時間以上の論議で、最高齢の方は戦争を否定して、そして女性
            の参加者から、安倍総理の考え方を支持するのは若い人に多く、妙齢の女性は反対なのかという意見も出
            て、そして議論を深めて、最終的に、自民党の案に賛成が2人、護憲が5人、護憲的改憲が6人の結果にな
            り、しかしこの3人は各政党の考えを代表しているのではなく、自民党でも石破氏は2項(戦力不保持)と3
            項に自衛隊を明記するのは矛盾することになり、自民党の改憲草案に近く、自民党の中でもこの自衛隊の
            案については異論もあり、護憲は共産党の志位氏らも同意しているものの、一部なし崩し的に自衛隊を認
            めるもので、また護憲的改憲というものの、立憲民主党の中にも意見もあり、奥田さん、これが結論では
            なく、今まで議論のなかったところにこういう議論をすることに意味があると言われて、スタジオでも、
            学研グループの村瀬さん、高校でもこういう議論が重要で、議論を経て意見が変わっていくところを見る
            のが面白いと言われて、司会の西靖さんも、様々な意見のある中で、自民党の案も支持を得る中で、しか
            し各党ともに意見が一致しているのではなく、問題提起の意味を説かれました。
             これはなかなか貴重なものでした、以上、VOICEの内容でした。


             

            毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/3) 武田一顯 都議選自民惨敗関係、泥舟の安倍政権の世紀末ゴタゴタを語る

            0

              永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大の谷口真由美さ
              んでした。
              しゃべりたいんやぁトピックス、今週の谷口さんのお話、小池氏の都民ファーストの会、小池チルドレ
              ンと言われても、マスコミで報じられて、この番組のADの方が資料を調べられて、谷口先生、府民セカ
              ンドではないと指摘されて(笑)、都民ファーストで思い出すのは、小池氏の言った言葉、整理して、も
              ともとどこから来たか?小池氏が都知事選に出る際に都民ファーストと言って、その際には小池氏は自民
              党にいて、どころか都議選終了まで小池氏は自民党を離党せず、今は了承されても、選挙中は自民党籍、
              役員会で了承されず、退職届を出しても受理されず、その状態で別の会社の社長になったようなものであ
              り、小池氏は都知事選に自民から出たいとしても出られず、それで都民ファースト、維新の会と同じ、都
              民ファーストには元自民党、民進党の人もいて、自民党籍の小池氏が都民ファーストの代表になったのは
              都議選の際、そして下村氏の加計学園闇献金、ASSが秋葉原で帰れと言ってブチ切れであり、森友学園
              も加計学園も説明するとしてせず、しかし都議選の争点は豊洲、オリンピックであったのに、国政のネタ
              が争点になり、小池氏と対立した自民党は落ちて、都議会の自民党は落ちて、オッサン政治をやらせるな
              と、本来谷口さんの商標登録ものを小池氏が勝手に使い?自民党が調子に乗りすぎている、国政も、ドン
              内田氏も、自民党の嫌な部分がでて、自民に入れない人が都民ファーストに入れて、受け皿、民進党は受
              け皿にならず、しかし小池氏は都議選の翌日に都民ファーストの代表を辞めて、しかし都民ファーストに
              小池氏だから入れた、維新も橋下氏の知名度で候補のことを知らずに入れたのと同じ、しかし小池氏は代
              表を辞めるというのは、選挙戦から代表はまずいとわかっていたのに、これは二元代表制、小池氏はこれ
              に抵触すると言うものの、二元代表制は、地方だと議員と市長、知事を直接選び、大統領制に近く、国政
              は議院内閣制、間接民主主義、地方は直接民主主義、市長や知事の権限は強く、明治憲法→日本国憲法で
              増えたのは平和主義と地方自治、地方でちゃんとやれであり、地方議会や首長は重視されて、議会には首
              長チェックの意味があり、しかし議会のトップが首長だと、首長の提案が全部通ってしまい、チェック体
              制が働かない、大阪がそれで、小池氏は政界の風見鶏、橋下氏の問題も見て、知事の言いなりに議会が
              なってはならないと言うものの、では地方自治と、国との関係、小池氏はASS政権と連携すると言い、
              国政選挙の際に都民ファーストはないが、国政進出も小池氏は示唆して、しかしみんなから言われたら国
              政進出とも言っており、しかし小池氏はASSと、思想信条も近く、自民党がもう一つ出来た、あるいは
              ジェネリック自民党が都民ファースト、代表の野田氏はASSよりさらなる右派、小池氏も核武装、憲法
              改悪を口にして、しかし都議選後代表を辞めたら、二元代表制の趣旨にどうなるのか?
              小池チルドレンが多数に当選して、小池氏が面倒見るべきで、誰かわからない初心者がトップの知名度
              で大量当選する、魔の2回生と自民党は言われて、上泉さん、日本だとブームだと一気になってしまうと指
              摘されて、谷口さん、2院でねじれがある、多数派が衆参で異なる方がチェック機能が働くものであり、
              ねじれで決まらないというのはおかしい、つまり、トップの人気で地すべり的に選挙で大量当選した場合
              のチェック機能、政権のチェック機能の大切さを説かれました、以上、谷口さんのお話でした。


              毎日放送VOICE(2017/2/3) 白井聡&武田一顕 アメリカへの隷属をトランプ大統領を期に止めよ!

              0

                永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」にて、まず、警察の取り調べの問題で検挙されたもの
                の、無罪となった男性が、検察に国賠訴訟であり、TBSラジオの武田一顕さん、これで検察を訴えたの
                は、取り調べの問題で、日本だと逮捕されたら自供しないと保釈されず、それで捜査をチェックするのは
                検察なのにせず、こんなことをしている「先進国」はない、中国並みと言われました。

                 そして、日米首脳会談について、来週安倍総理が訪米で、エアフォースワンに乗ってフロリダでゴル
                フ、エアフォースワンに乗るのは、2006年に小泉氏がブッシュ氏とやって以来、しかし、政治学者の白井
                聡さんは、ここにアメリカへの日本の幻想があると指摘されて、アメリカが日本を愛してくれているとし
                て隷属しているのは、世界でも日本だけで、白井さん、そんなことを始めたのは中曾根氏氏以来、ロン・
                ヤスの関係が、しかし円高であり、国益には反するもので、同盟の意味は、冷戦時にはアメリカを親分に
                しないと、ソ連が怖かったものの、しかしソ連焼失後、アメリカの子分でいる理由はなくなり、不通の国
                同士の友情ではなく、虚構と白井さん指摘されて、オバマ氏は世界の警察官を止めて、白井さんは、この
                機にアメリカの子分を止めるべきと言われて、トランプ大統領で、偉大なるアメリカはもうなくなり、ア
                メリカが偉大との前提での安全保障は破綻して、アメリカとの隷属関係を今こそ断つべきと言われて、日
                本はアメリカの隷属でアジアの中で特別な位置があり、武田さん、アメリカは自国の利益のためにいるの
                に、アメリカに守ってもらっていると錯覚して、しかし先進国の首相は人権問題でトランプ氏を批判して
                いるのに、安倍総理はアメリカに犬のように尻尾を振っていると見られるのは問題と言われて、当選後に
                トランプタワーに行ったのも、安倍氏は祖父がアイゼンハワー氏とゴルフをして、トランプ氏はパフォー
                マーで、しかし日米首脳会談は外交・安保ではなく銭、貿易、金の話をして、これで日本がアメリカに隷
                属しないかと問題、日本がトランプ氏にやられずに、貿易は大丈夫か、アメリカに隷属していい時代は終
                わり、アメリカは日本を守ってくれな、アメリカが戦争したいために在日米軍がいると武田さん指摘され
                ました。
                 皆さんにはいうまでもありませんが、宮台真司さんの言われるケツなめではもうだめであり、しかし、
                TPPや、原発再稼働など、この国は太平洋戦争での過ちを繰り返しており、これはこの国が太平洋戦争
                の反省を本当にしていないためであり、警察が冤罪を繰り返すのも同じ理由であり、以前サラリーマン時
                代、太平洋戦争はうまくやったら勝てたとほざく手合いも多数みており、今回は、辻憲太郎さんの報告
                で、中国の観光客に日本のラーメンが好評で、中国には豚骨ラーメンはなく、本来、中国の文化が、日本
                用にアレンジされて、中国を魅了しており、武田さん、中国だと麺類やお米は貧乏人の食べるものであ
                り、それが日本に来て受けており、これで中国との友好関係、安全保障になり、しかし、日本には明治維
                新以来のマッチョ幻想、大国になりたいとして、結局太平洋戦争で全部破綻し、しかし、あれが間違いと
                わかっていない連中も多く、このままだと、日本には第2の原爆投下に匹敵する惨事もあり得ます…と言う
                より、福島事故は広島への原爆投下で、白井さんは、今は長崎に投下される前だと、以前講演で話されま
                したが、日本は大丈夫なのでしょうか?以上、VOICEの内容でした。


                講演パワポ「反緊縮時代の世界標準経済政策」

                0

                  2016年11月16日に立命館大学草津キャンパスで行われた、金子勝慶応大学教授と私との対論シンポジウム企画での私の講演のパワポを拙サイトにアップしました。

                  http://matsuo-tadasu.ptu.jp/lecture.html

                  松尾匡


                  サンテレビニュースPORT 阪神・淡路大震災21年、母の思いを胸に大学で防災指導

                  0
                    永岡です、サンテレビのニュースPORT、阪神・淡路大震災21年特集、今週は大学で防災を教える震
                    災遺族のことが報じられました。
                     河合次郎さん(70歳)、母の名を復興のモニュメントに加えて、甲南女子大の講師をされている河合さ
                    んは、定年後ここで防災を教えられています。今年1回目が防災、受講者のほとんどは震災の経験のない20
                    歳の学生さんで、震災の揺れ、恐ろしさを語られます。
                     95年1月17日、河合さんは神戸市西区で大きな揺れを感じ、兵庫区の実家も大打撃で何とか建っていて、
                    そこにいた母は無事だったものの、実家は半壊で、母は神奈川に一時避難したものの、家族の反対を押し
                    て神戸に戻り、神戸はすぐに復興するとしとて戻り、実家の回りでも家屋解体で塵が舞い、これにより母
                    は呼吸器をやられて肺をやられ、96年に亡くなられました。河合さん、震災のせいにするのではないが、
                    悔しく、実家は別の建物になり、そこから母の愛した神戸が見えるようになりました。
                     そして、2016年1月17日、河合さんは母の遺品整理を機に、慰霊のモニュメントに母の名前を刻み、
                    ひょっとしたら、夢で会えるかも知れないと言われて、震災21年、河合さんは、1・17のつどいに参加し、
                    そこに若い人たちが参加しているのを河合さんご覧になり、感慨深く、そして、学生に、被災当時の状況
                    より、地震に備えることを伝えて、自然は容赦しない、不都合なことが起こると教えて、学生さんたちも
                    防災を知り、震災を知らない学生さんたちも、真剣に聞いています。
                     河合さんの、定年からの授業も今月で終わりであり、河合さんも話すのはいや、聞く方もトラウマか
                    ら、こんなことがあったと、本で知るだけでなく、震災を経験していない人たちに、命の大切さを教え
                    て、防災は、次世代に引き継がれるのです。
                     日本は災害対策で、震災は終わっていません、以上、サンテレビの内容でした。

                    朝日放送おはようコール 中川譲がインドネシア・ジャカルタのテロと原油安の問題を語る

                    0
                      永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院大学客員教授
                      の中川譲さんのお話でした。
                       今朝の朝刊一面トップは、朝日がジャカルタでのテロ、毎日もジャカルタのテロ、産経も同じ、読売は
                      議員定数問題、日経は長期金利史上最低です。
                       速報で、軽井沢でスキー客を乗せた大型バス(54人乗り、満員)が道路からがけ下に転落し、心肺停止
                      の方も6時20分現在11人、28人けが人が出ています(東京→長野に、深夜に出て朝に着くバス)、中川さ
                      ん、大変なことであり、夜間の下り坂で、運転手に疲労感があったことを指摘されました。

                       インドネシア、ジャカルタでテロ、このところテロが連日世界で続き、繁華街、大使館、国連の施設も
                      あるところで、スターバックスで銃撃・爆発であり、犯人(5人)と警察が銃撃戦であり、警官隊が応戦
                      し、イスラム国が犯行声明、3人が自爆、2人が射殺され、2か月前にもイスラム国は予告し、インドネシア
                      の国内事情は、2億人、国民の9割がイスラム教徒で、ほとんどはおとなしい人ですが、過去にもテロはあ
                      り、インドネシア国内では経済格差もあり、イスラム国に参加する人があり、そこから帰国した人もあ
                      り、中川さん、アジアのイスラム国はインドネシアになり、インドネシアは世界最大のイスラム教徒の国
                      で(イスラム教はアラブだけでなくアジアにも多くおられる)、女性のヴェール姿も定着して穏健な生活
                      をしているものの、新興国で経済格差は大きく国民の不満も大きく、中央アジアの方は中国に弾圧され、
                      シルクロードをテロリストのルートにしてはいけない、テロは過去にもあったのに鎮圧されても根は残
                      り、単にイスラムがアジアにおられたと言うより、イスラム教徒は西欧諸国から不当な扱いを受けて、イ
                      スラム教徒の多くは穏健なのに、ここにテロの原因・素地があった、犯人の検挙で終わるのではなく、こ
                      の素地を無くすべきと言われました。

                       原油価格が低下し、1リットル100円を切るところもあり、ガソリン価格は11週連続で安くなり、6年8か
                      月ぶりの安値で、しかしこの原油安で産油国は大変になり、サウジアラビアなどの収入減→世界経済の不
                      安定になり、専門家は産油国がお金に困り、世界的な株の低迷の原因だと言われます。光熱費・水道費も
                      安くなり、燃油サーチャージも下がり、5〜10年後は逆に高くなる(新規油田開発が滞っている)のであ
                      り、スタジオでもデメリットはどうかとあり、中川さん、新興国の経済に影響で、日本は輸入国で、原油
                      が安くなったら企業に余裕が出来て労働者の賃金を上げるべきなのに、アベノミクスは物価を上げるばか
                      りで、これがデメリットなのは、アベノミクスがおかしいわけであり、日本には有利なものが不利になる
                      のはおかしいと言われました。

                       アメリカで、宝くじの当選者が出ずに、繰り越しになり、史上最高額の1800億円になり(新国立競技場
                      が出来る)、確率は3億分の一、中川さん、人間を幸せにするお金には上限があるべきと言われました。

                       なお、自民・櫻田氏が慰安婦暴言で、取材拒否→撤回になりました。
                       また、高木パンツ大臣の窃盗の証拠が出たと、福井の地元紙がスクープして、日刊ゲンダイに記事があ
                      りました。
                      http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173309

                      | 1/3PAGES | >>