calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

東京と大阪で猫塚医師のガザ医療支援報告会

0

    東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
    [転送・転載歓迎/重複失礼]

    今年7月に「帰還大行進」が続くパレスチナ・ガザを訪ねて、負傷した人
    々を治療し、人々を取り巻く状況を目撃された猫塚義夫医師による緊急報
    告会が、22日に東京で、30日に大阪で相次いで開催されます。

    大変貴重な機会ですので、お近くの方はぜひご参加ください。

    ----------------------------

    【東京】

    〜日本人医師・NGOによるパレスチナ緊急医療支援報告〜
    「世界最大の野外監獄」ガザの病院で銃撃負傷者と向き合って
    http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2018/09/20180901-pal-event.html

    日時:2018年9月22日 (土) 14:00〜16:00 (13:30開場)
    会場:聖心女子大学 4号館(聖心グローバルプラザ)ブリット記念ホール
    (東京都渋谷区広尾4-2-24)
    会場への地図
    https://www.u-sacred-heart.ac.jp/images2/sisetu-kitamon-1.jpg
    アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅4番出口から徒歩2分

    【申し込みフォームはこちら】
    http://www.ngo-jvc.net/jp/form/20190901-pal-event.html

    <登壇者>
    ◆猫塚義夫(医師・北海道パレスチナ医療奉仕団 団長)

    整形外科医、札幌市在住。2010年に北海道パレスチナ医療奉仕団を立ち上
    げ、パレスチナにて医療支援を毎年実施、今回で10回目を迎えた。WHOの
    要請に応え、7月4日から15日にガザを訪問、病院で支援活動を実施した。
    日本でも現地でも、患者の向こう側にある「それぞれの人生」を考え、耳
    を傾けながら、一人ひとりの治療にあたっている。また医療活動を通じて
    見えてくるパレスチナ占領の暴力性について、精力的に発信を続けている。

    ◆並木麻衣(日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当)

    イラク戦争のニュースを見て「紛争下でもたくましく生きる人々の素顔を
    探しに行きたい」と思い、大学でアラビア語と平和構築を専攻。授業で知
    った"紛争地"パレスチナで暮らしてみたくなり、2006年から1年間パレス
    チナ・イスラエルへ留学。現地に友人が増え、紛争の両側で生きる人々が
    抱える問題に直に触れ「日本からできることは何だろう」と悩みを深めて
    帰国。大学卒業後はITベンチャー、経理、大学などで働き、スーダン障が
    い者支援NGO事務局長職を経て、2013年7月からJVCパレスチナ事業担当。

    資料代 500円(聖心女子大学学生・教職員は無料)

    定員 200名

    主催:日本国際ボランティアセンター
    協力:北海道パレスチナ医療奉仕団、聖心女子大学

    ----------------------------

    【大阪】

    《猫塚医師ガザ緊急報告》
    「帰還大行進」で銃撃された若者たちを治療して

    http://palestine-forum.org/event/20180930.html

    日時●2018年9月30日(日)午後1時30分〜4時(1時開場)
    会場●エルおおさか視聴覚室(京阪・谷町線「天満橋」より徒歩5分)
    http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
    講師●猫塚義夫(整形外科医、北海道パレスチナ医療奉仕団団長)
    参加費●800円(学生500円)

    70年前のイスラエル建国によって故郷を奪われたパレスチナ難民が
    住民の大半を占めるガザ地区では、今年3月末より故郷への帰還を
    求めるデモが行われ、これまでにイスラエル軍によって170人以上が
    殺害され、約1万人が重傷を負っています。

    ガザでは、10年以上にわたるイスラエルの封鎖政策によって200万人
    の住民が域外での教育や就業・医療の機会を奪われています。
    若者の失業率は60%に上ります。燃料の輸入規制で下水処理施設が
    稼働できずに水質汚染が進行し、あと数年でガザは居住不能になる
    と国連の報告書は警告しています。

    こうした人為的な人道危機の中で暮らす人々を支えるために
    猫塚医師は、毎年パレスチナを訪ね、医療支援を行ってきました。


    【大阪9/30】《猫塚医師ガザ緊急報告》「帰還大行進」で銃撃された若者たちを治療して

    0

      皆さま

      米国は8月31日、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)への
      資金拠出中止を表明しましたが、その背景には、パレスチナ難民の
      今はイスラエル領となっている故郷への帰還権を無効とすることを
      求めるイスラエルの主張があります。

      他方ガザのパレスチナ難民たちは、こうした流れに抗い、3月末から
      現在まで、故郷への帰還を求めるデモ行進を継続しています。その
      非武装の参加者たちをイスラエルはフェンス越しに狙撃、銃殺して
      います。

      彼らの治療にあたった猫塚医師による緊急報告会を行いますので、
      ぜひご参加ください。

      パレスチナの平和を考える会
      役重善洋

      --------------

      《猫塚医師ガザ緊急報告》
      「帰還大行進」で銃撃された若者たちを治療して

      http://palestine-forum.org/event/20180930.html

      日時●2018年9月30日(日)午後1時30分〜4時(1時開場)
      会場●エルおおさか視聴覚室(京阪・谷町線「天満橋」より徒歩5分)
      http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
      講師●猫塚義夫(整形外科医、北海道パレスチナ医療奉仕団団長)
      参加費●800円(学生500円)

      70年前のイスラエル建国によって故郷を奪われたパレスチナ難民が
      住民の大半を占めるガザ地区では、今年3月末より故郷への帰還を
      求めるデモが行われ、これまでにイスラエル軍によって170人以上が
      殺害され、約1万人が重傷を負っています。

      ガザでは、10年以上にわたるイスラエルの封鎖政策によって200万人
      の住民が域外での教育や就業・医療の機会を奪われています。
      若者の失業率は60%に上ります。燃料の輸入規制で下水処理施設が
      稼働できずに水質汚染が進行し、あと数年でガザは居住不能になる
      と国連の報告書は警告しています。

      こうした人為的な人道危機の中で暮らす人々を支えるために
      猫塚医師は、毎年パレスチナを訪ね、医療支援を行ってきました。
      そして今年7月には「帰還大行進」が続くガザを訪ね、負傷した
      人々を治療し、彼らを取り巻く状況を目撃してこられました。
      整形外科医の視点から見たパレスチナの人びとの暮らしと闘いの
      現状について、映像を交えつつご報告いただきます。

      主催●猫塚医師ガザ緊急報告実行委員会
      共催●パレスチナの平和を考える会/北海道パレスチナ医療奉仕団

      《連絡先》
      Email: palestin.forum@gmail.com
      Tel: 06-7777-4935 Fax: 06-7777-4925

      --------------
       


      ガザで50名以上の犠牲者:虐殺に抗議します(5/15、ヨドバシ梅田前)

      0

        皆さま

        役重です。
        以下、よろしくお願いいたします。

        【拡散歓迎】

        ★ガザ虐殺・米国大使館エルサレム移転に抗議の声を!
        「パレスチナ連帯!ガザと共に!15日間行動」
         5月15日午後6時〜 @ヨドバシ梅田前

        5月14日、米国大使館のエルサレム移転を祝う式典が行われる一方、
        ガザ地区では封鎖の解除と故郷への帰還を求める市民デモに対する
        イスラエル軍の攻撃により、これまでに55名以上のパレスチナ人が
        虐殺されています。

        ガザ地区では、70年前のイスラエル建国により追放された故郷への
        帰還を求める「大行進」が3月30日より行われており、その間、
        およそ100名のデモ参加者がイスラエル軍により殺されたことになります。

        私達は5月1日から「パレスチナ連帯!ガザと共に!15日間行動」を行い、
        http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/20180430/1525119565
        https://www.facebook.com/events/169168903789670/
        パレスチナの人びととの連帯を訴えてきました。

        「大行進」の最終日となる本日5月15日にもイスラエル軍による虐殺
        が継続する可能性が多いにあります。私達は、午後6時より、
        ヨドバシ梅田前にて、イスラエル軍の戦争犯罪行為および、トランプ
        大統領のエルサレムへの大使館移転に抗議するアピール行動を行います。

        ぜひ多くの方にご参集いただければと思います。

        「パレスチナ連帯!ガザと共に!15日間行動」実行委員会


        ガザの虐殺に抗議しパレスチナとの連帯を表明する署名

        0

          sage body

          浅田です。

          ガザでのパレスチナ人民のデモを虐殺したイスラエルに抗議シパレスチナとの連帯を
          表明する署名が

          http://www.agencemediapalestine.fr/petition

          で行われています。少しわかりにくいですが画面横のJE SIGNE でなく画面下にメー
          ルアドレスと名前を入れる欄があります。賛成の方の署名をお願いします。 転送・
          転載歓迎

          【12/16大阪】封鎖下ガザから考える中東情勢 ―徹底討論!藤原亮司×イヤス・サリム

          0

            皆さま

            パレスチナの平和を考える会の役重です。
            イスラエルによる完全封鎖政策が10年目を迎えるガザ地区
            と現在の中東情勢に関して、下記のイベントを行います。
            関西方面の方はぜひお越しください。

            -------

            http://palestine-forum.org/event/20171216.html
            https://www.facebook.com/events/2054703888082733/

            ++++++++++++++++++++++++++++++++++
            封鎖下ガザから考える中東情勢
            ――徹底討論!藤原亮司×イヤス・サリム
            ++++++++++++++++++++++++++++++++++

            ◆日時:2017年12月16日(土)13:30〜16:45(開場 13:15)

            ◆会場:難波市民学習センター 講堂(OCATビル4階)
            http://osakademanabu.com/namba/access
            JR「難波」駅からすぐ。地下鉄・南海「なんば」駅下車約10分
            近鉄・阪神「大阪難波」駅下車6分

            ◆参加費:1000円(学生800円)

            イスラエルによるガザ地区の封鎖は今年で10年を迎えます。
            その間、三度にわたるイスラエルの大規模攻撃で約4000人の
            住民が殺害されました。封鎖のため、破壊された町の復興は
            進まず、電力供給は一日2〜3時間にカットされています。
            2020年までに人間が住めない環境になると国連が報告する
            ガザに200万人のパレスチナ人が閉じ込められています。

            封鎖の背景には、2006年の選挙に勝利したハマースを排除し
            続ける「和平プロセス」の欺瞞があります。大国の都合に
            よる中東における「非民主化」の押し付けや戦争犯罪の黙認は、
            「アラブの春」後にはシリア内戦の泥沼化を引き起こし、
            犠牲者33万人、難民500万人という未曽有の人道的危機を
            もたらしています。

            今回の企画では20年近くにわたりパレスチナの取材を続けて
            来られたジャーナリストの藤原亮司さんとガザ出身の
            パレスチナ人研究者であるイヤス・サリムさんに、メディアで
            伝えられないガザの人々の置かれている現状を伝えて
            いただきます。さらに、現在の中東の混迷状態をどのように
            捉えるべきなのか、イスラエルと同様に排外主義を深める
            日本社会で何ができるのか、参加者からの質問や意見を交え
            つつ徹底的に討論できればと考えています。


            ●藤原亮司:大阪出身のジャーナリスト(ジャパンプレス所属)。
            1998年からパレスチナ問題の取材を続ける。また、シリア内戦等、
            中東の紛争や難民問題を取材。国内では在日コリアンや東日本
            大震災、原発被害の取材を続ける。著書に『ガザの空の下:
            それでも明日は来るし人は生きる』(dZERO、2016年)。

            ●イヤス・サリム:パレスチナ・ガザ出身の研究者。パレスチナ
            で国際援助機関に長く務めた後、同志社大学大学院で学び、
            その後同大学で勤務。イスラーム市民社会によるパレスチナ人道
            支援について研究を続ける。共著書に『終わりなき戦争に抗う:
            中東・イスラーム世界の平和を考える10章』(新評論、2014年)。

            ※中東情勢によっては仕事の都合で藤原さんの来阪が困難になる
            可能性がありますがご了承下さい。その場合もイヤス・サリム
            さんの講演と当会からの問題提起を中心に予定通り企画を開催
            いたします。

            -----------------------------------------------------------------------------------------
            主催:パレスチナの平和を考える会 PALESTINE-FORUM.ORG
            Email: palestine.forum@gmail.com
            Tel: 06-7777-4935(市民共同オフィスSORA、月〜土 13:30-17:30)
            -----------------------------------------------------------------------------------------


            ガザの児童の封鎖による虐待をやめるよう求める署名

            0

              浅田です。

              ガザ封鎖はガザの児童の虐待です。これを止めるよう求める署名が行われています。

              児童虐待を止めることを求める請願の全文です。
              Here's the full petition:

              End collective punishment of Gaza’s children
              An entirely man-made humanitarian crisis faces the nearly 2 million Palestinians living in Gaza, 43 percent of whom are under 15 years old. Israel’s 10-year military siege of the tiny coastal enclave and repeated Israeli military offensives have trapped Palestinians in dire conditions.
              The 50-day Israeli military assault over the summer of 2014 killed 547 children, 535 as a direct result of Israeli attacks, and left an unprecedented 22,000 Palestinian homes uninhabitable.[1] Israeli blockade restrictions on building materials have slowed reconstruction efforts and around 40,000 individuals still live in temporary, substandard shelters.[2] Displaced Gazan children are exposed to nearly every kind of human rights risk, including poor water and sanitation conditions, weather-related risks, psychological distress, and in some cases, death.
              Repeated Israeli bombardments have severely damaged Gaza’s sole power plant, causing frequent and lasting blackouts. In June 2017, at the request of the Palestinian Authority, Israel drastically reduced its power supply by 40 percent, plunging the population into approximately 20 hours of darkness a day. Ten years of 'chronic electricity deficit' have left Gaza's remaining hospitals operating with little power, causing reduced capacity and treatment delays.[3]
              Repeated military assaults and the decade-long Israeli blockade deny and disrupt access to food, healthcare, education, and safe spaces, amounting to collective punishment against Palestinians in Gaza, prohibited under the Fourth Geneva Convention.[4]
              For children in Gaza, survival itself is a challenge. Until we hold Israeli authorities accountable and demand an end to Israel’s collective punishment against Palestinians, these children will suffer grave violations of their basic rights to life, safety, health, and childhood.
              ________________________________________
              請願の注釈です。
              [1] DCIP, Operation Protective Edge: A War Waged On Gaza's Children (2015)
              http://www.dci-palestine.org/operation_protective_edge_a_war_waged_on_gaza_s_children_resource.
              [2] Office of the Special Coordinator for the Middle East Peace Process (UNSCO), Report to the Ad Hoc Liaison Committee (2017) http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/UNSCO%20Report%20to%20AHLC%20-%201%20May%202017.pdf
              [3] United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, "Gaza plunges into darkness: Severe deterioration in the energy situation" (2017) https://www.ochaopt.org/content/gaza-plunges-darkness-severe-deterioration-energy-situation.
              [4] Report of the Special Rapporteur on the situation of human rights in the Palestinian territories occupied since 1967, U.N. Doc. A/HRC/34/70 (April 13, 2017) http://www.ohchr.org/EN/HRBodies/HRC/RegularSessions/Session34/Documents/A_HRC_34_70_E.docx.


              署名はここから
              Sign here: http://www.dci-palestine.org/campaign_end_collective_punishment_of_gaza_s_children_petition?recruiter_id=79152

              賛成の方の署名をお願いします。 転送・転載歓迎


              NY タイムスとワシントン・ポストにガザの危機的状況とその原因について報道するよう求める署名

              0

                浅田です。

                イスラエルのガザ封鎖は10年続き状況は危機的です。これについてその理由を含め
                報道するようNYタイムスとワシントン・ポストに求める署名が在米ユダヤ人の平和
                団体JVPで行われています。

                署名の趣旨です。
                A decade-long, deadly blockade denies people in Gaza access to nearly every
                aspect of a normal, decent life, from food and medicine to building supplies
                and electricity.

                The Gaza power crisis has reached a critical point. On average, homes in
                Gaza have electricity for 2-4 hours daily and last week, for the first time,
                an entire 24-hour period passed without  any electricity at all - and the
                consequences are deadly. But since bombs are not falling daily (for now),
                most of the the U.S. media is ignoring this unbelievable crisis.

                Will you sign this petition to the New York Times and Washington Post: cover
                the Gaza power crisis and its root causes: siege, occupation, and
                displacement?

                署名はここから
                http://bit.ly/2tuRtg2

                賛成の方の署名をお願いします。転送・転載歓迎
                 


                イスラエルに武器を売るな!ガザに電気を!

                0

                  浅田です。

                  イスラエルはガザへの電気を制限しています。この状態を受けてイスラエルに武器を売らないこととガザへの電気供給を求めるアメリカ議会への請願署名が行われています。

                  署名の趣旨です。
                  #GiveLightToGaza
                  To The State Department:
                  Israel has blockaded Gaza for 10 years. Nothing goes in or out of Gaza without Israel's approval and now Israel has cut by 40% Gaza's electricity that was already down to a life-threatening four hours a day. Reducing electricity even further will cripple Gaza’s wastewater treatment facilities, prevent operation of machines that hospitals in Gaza use to care for infants and patients with chronic illnesses and make refrigeration of food in the homes of 2 million inhabitants of Gaza impossible.
                  Rather than giving Israel funds to continue the siege and carry out another military assault on Gaza, the US should offer much-needed funds for Gaza's electricity and demand Israel end the siege.
                  ________________________________________

                  署名はここから
                  : http://www.codepink.org/light?recruiter_id=20238

                  賛成の方の署名をお願いします。 転送・転載歓迎


                  ガザ封鎖を解除せよ

                  0

                    浅田です。

                    ガザのイスラエルによる封鎖で住民は悲惨な暮らしを強いられています。これは深刻な人道問題で必要なら軍事力をつかっても解除させよ というケリー国務長官あての請願署名が行われています。

                    署名の趣旨です。
                    End Gaza Blockade

                    Dear Secretary Kerry,
                    The people of Gaza are living under a crippling naval blockade that denies them access to fishing waters and basic necessities like medicine, food, and fuel. Over 50% of the population in Gaza is under the age of 18. They have been repeatedly subjected to brutal Israeli military assaults and reside in what can only be described as an open-air prison. As civil and human rights advocates, we ask that you stop enabling the blockade with US military assistance.


                    署名はここから: http://www.codepink.org/end_gaza_blockade?recruiter_id=20238

                    軍事力を使えと言うところに批判があるとおもいますが賛成の方の署名をお願いします。
                    転送・転載歓迎
                     


                    【漫画】ソーダストリームの工場移転

                    0
                      皆さま

                      「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーンのサイト更新情報です。

                      ・【漫画】ソーダストリームの工場移転
                      http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/?_ts=1444381642 

                      情報拡散へのご協力を何卒よろしくお願いします。

                      | 1/30PAGES | >>