calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

各位 国民主権回復連合政権構想について ご検討いただけましたら幸いです

0

    以下は、私が5月12日にFBや各種MLに発信したメールと

    これに対する反響です。

    000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

    第一 乞う、ご意見

    「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No12018512

    安倍主権政権に変えて、国民主権回復連合政権を打ち立てよう

     

     

    現在は、(国民が望まない改憲を含む)国民主権を蹂躙して憚らない安倍政権

    に対し、これら理由も付したうえで結論として「安倍退陣」を求める動きはあるものの、

    追求勢力も内閣総辞職に追い込むことを目的とする戦略戦術を

    少なくとも国民に見えるものとしては持ちえないでおり、

    国民も、安倍改憲にはかつてない6割を超える反対が表明されているものの(共同)、

    内閣支持率が27%にまで落ち込んでいる4月日テレ調査でも

    安倍退陣自体には3分の一しか支持が得られていない。

     

    安倍改憲に反対する3千万署名の成果もあり、

    来年3月までに改憲を成し遂げることは至難の業となってきている(市民連合声明)ものの、

    (改憲を含む)国民主権を蹂躙する治世を5年以上も続けている安倍政権を倒し、

    国民主権を回復・実践する新たな政権を誕生させることが

    (ある程度の年数を持つ)現在の国民的課題ではないか。

    そのために何ができるか、お互い検討してみたい。

     

    過日、FBにて

    「安倍主権政権でなく、
    国民主権回復連合政権を」
    との声を津々浦々で挙げていきませんか

    改ざん、隠ぺい、ごり押し…
    「最高権力者」と持ち上げられても否定しない
    (私の選挙区後藤茂之自民議員への答弁 
    426日衆議院予算委員会)
    もう我慢できない!

    今こそ、
    自民支持層も共感する
    希望ある対案を示しつつ、
    安倍退陣を迫る時

     

    と投稿したところ、

     

    安倍自公ファッショ政権打倒の呼びかけとともに、

    「国民主権回復連合政権」としての明確で

    明るい展望が持てるビジョン(具体的政策)打ち出してほしいものです。

    とのコメントをいただきました。

     

    そこで、今回の提案です。

     

    「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No12018512

    安倍主権政権に変えて、国民主権回復連合政権を打ち立てよう

     

    国民主権回復連合政権構想

    1 この構想に賛成する著名市民・政治家・団体・政党で国民的推進母体を造る

    2 その結成を目指して、まず、政治家を含む著名人が個人の資格で参加する

    準備会を造る

    3 (例えば)次期総選挙で当選させる前川喜平氏を総理大臣にする

    4 国政だけでなく、可能な自治体においても、同質の推進母体を造る

     

    国民主権回復連合政権の政策

    1 この間、噴出しているモリ・カケ・防衛資料・裁量労働データなど

    国民主権否定疑惑について徹底的に調査し、解決策を立て実行する

    2 行政について首相に支配が集中する源になっている、全幹部公務員

    500名の人事権を内閣官房が握る内閣人事局制度を廃止する

    3 国会・地方議会に一定枠を女性とするクオータ制を採用し、

    まず、世界平均である女性議席占有率20%を直ちに実現する

    4 個別的自衛権のみ認められるとする戦後における国としての憲法解釈を

    勝手に変更した、閣議決定・安保法制の問題性を明らかにする

    5 常に過半数の国民が支持している原発反対の声を尊重し、原発再稼働阻止・

      再生可能エネルギー急速普及を実現する

    6 過酷な米軍基地被害の抜本的解消を求める沖縄県民の地方自治権を尊重して

    その実現を図り、当面、辺野古新基地建設を中断する

    7 生存権保障を始めとする国民生活の確保と大企業・大資産家の負担について、

      公正な実態調査を基に、いくつかの選択肢を示して国民の審判を仰ぐ

    8 以上のほか、新政権や国民的推進母体内部で一致しない問題については、  

      問題点と相違点を明確にし、選挙などで国民の信を問いつつ実行していく

    9 多くの国民が求めているとは言えない憲法改正は、新政権とこれを支える

    国民的母体がめざす課題とはせず、現憲法の普遍的価値である国民主権主義

    ・基本的人権尊重・恒久平和主義の実現をめざしていく

     

    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2122259174727613&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

     

    ===================================================== 

    毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

    出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

    394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

    tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

    =====================================================

    第二 ご意見

    第1 毛利さん、とても素晴らしい提案だと思います。
    提案の一つ一つには、コメントしませんが、

    その前提としている『国民主権回復連合政権構想』でのその実現へのプロセスについては、素晴らしい提案だと思います。
    問題は、この構想と政策提言を運動を担える人たちで広く共有できるかにかかっているのだと思います。
    一挙にその実現に向けた運動は出来ないですが、まずはこの考え、構想をお互い知って共有する事だと思いますし、

    取り敢えず既存の民主主義の再構築を目指して取り組んでいる様々な団体・組織のリーダー的立場の人がその方向で、

    認識を一致する必要があると考えます。
    例えば、『総がかり行動実行委員会』という全国規模でのいくつもの団体の緩やかな繋がりを持った組織がありますが、

    そこで毛利さんの提案にあるように、取り組みの第一歩を踏み出せないものかと思います。

    第2  毛利さんの国民主権回復連合政府大賛成です

     

    第3 興味あるご提案です。

    政策中に小選挙区制度の廃止を含めたらいかがでしょうか。出来れば比例代表制、

    少なくとも中選挙区制度を掲げることは必要だとおもいます。また世界一高い供

    託金を一桁下げることも大切だと思います。

    ひとミュージアム 田島隆

     

    第4 御多用の中、貴重なメッセージをお送り頂き、洵に有難うございました。

        実に、行政は今目を覆うばかりの惨状で、一刻も早く打開を、と念じております。

        その為には、現在まだ黙している三権の一方が、タイムリーに的確な判断を下せば、事は速やかに動くのでは?と考えております。

        法に抵触する行為を為せば、相当の責任を取る必要が有ると存じます。

        昨年以来の政党改新により、右派が収縮傾向にあるのも幸いな事と思っております。

        数ヶ月前週刊誌で、前川氏が「総理に、と言われても受ける気持ちは無い」旨を述べられた事を知り、失望致しましたが、

    少なくとも、新政府の民間からの文科相として、日本全体の教育再編に御活躍下されば、と祈念致している次第でございます。

        大変ご繁忙の時をお過ごしの御様子、呉々も御自愛の上、一層の御活躍の程を念じ上げます。

        今後共何卒宜しくお導きの程を衷心よりお願い申し上げます。

     

    第5 連合政権の前提条件として、少なくとも5年以上安定して継続する政権でなければ、しっかりとした政策を実行できないだろうと思います。

    立憲民主党、社民党及び自由党の連立は実現可能であると思います。

     

    毛利さんの政策に加えるべき点は以下の通りです。

    . 社会保障と税の一体改革 高齢者や障害者の福祉政策の見直し

    抜本的な少子化対策

    . 地方分権強化による地方都市の活性化

    . 小選挙区制の廃止

    . 日米同盟及び日米地位協定の見直しと軍縮

     

    第6 

    板門店宣言をうけて日本が朝鮮半島の非核化にどう協力するか 

    さらには進めて北東アジア非核化―6か国不可侵条約と言う外交ー防衛方針を打ち出す時期です。

    その中では日本の軍縮 日米安保の見直し(廃棄を含む)などを構想する必用がありますから そういう議論も要ります、

     

    第7 

    日本国を永久武装中立国家とする宣言条項と武器製造業の国営のみに

    制限する武器等製造業法改正条項を追加する必要があります。

    これにより、日米安全保障条約は即時失効し、駐留米軍は永久に日本国から去り、

    自衛隊は専守防衛になり、日本国は自衛隊装備品を国営軍需工廠にて製造するから

    軍備費用は、製造原価となり、非常に安くなります。

    また、日本国の営利法人は、武器艦船飛行機に至るまで軍事用途の製造は、禁止ですから、

    死の商人は日本国において存在しなくなります。スイス連邦と同じく、永久武装中立国家宣言規定を入れるのです。

     

    第8 野党+市民連合政権閣僚(私案)。首相:糸数慶子、副首相兼財務相:枝野幸男、副首相兼外相:小沢一郎、

    内閣官房長官:山本太郎、同副長官:辻元清美、国交相:菅直人、経産相:金子勝(民間)、農水相:逢坂誠二、

    法相:福島瑞穂、総務相:志位和夫、文科相:田中優子(民間)、厚労相:池田真紀、環境相:杉尾秀哉、

    復興庁長官:小出宏章(民間)、防衛相:小林節(民間)、北海道・沖縄開発庁長官:玉城デニー。


    「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No1:2018年5月12日

    0

      sage body

      乞う、ご意見

      「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No12018512

      安倍主権政権に変えて、国民主権回復連合政権を打ち立てよう

       

       

      現在は、(国民が望まない改憲を含む)国民主権を蹂躙して憚らない安倍政権

      に対し、これら理由も付したうえで結論として「安倍退陣」を求める動きはあるものの、

      追求勢力も内閣総辞職に追い込むことを目的とする戦略戦術を

      少なくとも国民に見えるものとしては持ちえないでおり、

      国民も、安倍改憲にはかつてない6割を超える反対が表明されているものの(共同)、

      内閣支持率が27%にまで落ち込んでいる4月日テレ調査でも

      安倍退陣自体には3分の一しか支持が得られていない。

       

      安倍改憲に反対する3千万署名の成果もあり、

      来年3月までに改憲を成し遂げることは至難の業となってきている(市民連合声明)ものの、

      (改憲を含む)国民主権を蹂躙する治世を5年以上も続けている安倍政権を倒し、

      国民主権を回復・実践する新たな政権を誕生させることが

      (ある程度の年数を持つ)現在の国民的課題ではないか。

      そのために何ができるか、お互い検討してみたい。

       

      過日、FBにて

      「安倍主権政権でなく、
      国民主権回復連合政権を」
      との声を津々浦々で挙げていきませんか

      改ざん、隠ぺい、ごり押し
      「最高権力者」と持ち上げられても否定しない
      (私の選挙区後藤茂之自民議員への答弁 
      426日衆議院予算委員会)
      もう我慢できない!

      今こそ、
      自民支持層も共感する
      希望ある対案を示しつつ、
      安倍退陣を迫る時

       

      と投稿したところ、

       

      安倍自公ファッショ政権打倒の呼びかけとともに、

      「国民主権回復連合政権」としての明確で

      明るい展望が持てるビジョン(具体的政策)打ち出してほしいものです。

      とのコメントをいただきました。

       

      そこで、今回の提案です。

       

      「首相の政府」から「私たちの政府」に! 構想  No12018512

      安倍主権政権に変えて、国民主権回復連合政権を打ち立てよう

       

      国民主権回復連合政権構想

      1 この構想に賛成する著名市民・政治家・団体・政党で国民的推進母体を造る

      2 その結成を目指して、まず、政治家を含む著名人が個人の資格で参加する

      準備会を造る

      3 (例えば)次期総選挙で当選させる前川喜平氏を総理大臣にする

      4 国政だけでなく、可能な自治体においても、同質の推進母体を造る

       

      国民主権回復連合政権の政策

      1 この間、噴出しているモリ・カケ・防衛資料・裁量労働データなど

      国民主権否定疑惑について徹底的に調査し、解決策を立て実行する

      2 行政について首相に支配が集中する源になっている、全幹部公務員

      500名の人事権を内閣官房が握る内閣人事局制度を廃止する

      3 国会・地方議会に一定枠を女性とするクオータ制を採用し、

      まず、世界平均である女性議席占有率20%を直ちに実現する

      4 個別的自衛権のみ認められるとする戦後における国としての憲法解釈を

      勝手に変更した、閣議決定・安保法制の問題性を明らかにする

      5 常に過半数の国民が支持している原発反対の声を尊重し、原発再稼働阻止・

        再生可能エネルギー急速普及を実現する

      6 過酷な米軍基地被害の抜本的解消を求める沖縄県民の地方自治権を尊重して

      その実現を図り、当面、辺野古新基地建設を中断する

      7 生存権保障を始めとする国民生活の確保と大企業・大資産家の負担について、

        公正な実態調査を基に、いくつかの選択肢を示して国民の審判を仰ぐ

      8 以上のほか、新政権や国民的推進母体内部で一致しない問題については、  

        問題点と相違点を明確にし、選挙などで国民の信を問いつつ実行していく

      9 多くの国民が求めているとは言えない憲法改正は、新政権とこれを支える

      国民的母体がめざす課題とはせず、現憲法の普遍的価値である国民主権主義

      ・基本的人権尊重・恒久平和主義の実現をめざしていく

       

      https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2122259174727613&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

       

      ===================================================== 

      毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

      出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

      394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

      tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

      =====================================================

       


      宮崎市議会、核兵器禁止条約意見書を30:8で採択、全国1788全議会採択に大きな弾み

      0

        宮崎市議会、核兵器禁止条約意見書を30:8で採択

        全国1788全議会採択に大きな弾み


        宮崎市議会は、9月13日、8名の議員で提案した、日本政府に条約への署名・批准を求める意見書を、

        無所属・保守系・公明らを含む賛成30:反対8で採択しました。意見書も添付しました。

        全国の1788(おそらく正しい数字)全議会で、議員も頑張り、住民運動も盛り上げて、採択を目指しませんか。

         それ独自としてもすこぶる大切ですし、

        特に、北朝鮮とアメリカとの瀬戸際ゲームに不安を抱かされている人々にとって、

        全世界からの核兵器廃絶を実現しない限り、中国・ロシアを含む4(3)核保有国に囲まれた日本が心から安心できる道はないことを、

        そして、そのために日本が先頭に立つべきなのに逆に戦争をけしかけているようにも見える安倍政権のひどさを、

        それぞれ理解してもらううえでも、ヒバクシャ署名同様に重要だと思います。

         多くの議会は、9月議会には間に合わないかもしれませんが、これから開会の議会もありますし、

        12月議会採択を目指し今から住民運動を盛り上げていくことも需要です。

         

        記事・意見書本文など載せたFBはこちら

        https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1994468970839968&id=100008306530326

        ===================================================== 

        毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

        出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

        394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

        tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

        =====================================================


        これでいいのか! 酷暑の祭典!

        0

          特に、新聞記事4の冒頭を見てください。許せない!

          国家的詐欺です。

          ――――――――――――――――――――

          直接関係なくても聞いてください。

          いても立ってもいられなくなった
          オリンピックを「酷暑の祭典」にしていいのか 
          声を挙げづらい選手のためにも声を挙げよう 
          「9月以降に移せ、さもなくば返上せよ」

          赤旗の連載「酷暑の祭典」を見た。
          これまでも、幾分気にはなっていたが、これほどまでよく勉強していなかった、うかつであった。
          見出し
          高温多湿 生命の危険も
          プレーの質低下に懸念
          放映料ファーストの構図
          http://www.lcv.ne.jp/~mourima/17.8.23kokusyo.pdf

          選手、実施関係者、応援者
          いずれにとっても、「命をかける五輪」になります
          オリンピックはいのちをかけるものではない!
          夢と希望をかけるものです
          私が子供の時の東京五輪は、10月10日、
          晴れ渡り、澄みきった青空のもので行われた
          IOCとアメリカメディアの癒着が原因でそうできないとは!
          まだ3年ある、なんとしても変えるために立ち上がりましょう
          (赤旗自体は、ここまで言っているわけではありません、念のため)

          FBはこちら
          https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1984579835162215&id=100008306530326&pnref=story

          ===================================================== 

          毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

          出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

          394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

          tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

          =====================================================


          一応完成、安倍2017改憲論 対抗論

          0

            body

            一応完成、安倍2017改憲論 対抗論
            http://www.lcv.ne.jp/~mourima/17.8.21abe2017taikouron.pdf

            このレジュメは、私が「試論」を各種Webにアップしてご意見を募ったところ、
            各界ほとんどご存じない10名の方々が熱意溢れるご意見をお寄せくださり
            (本当にありがとうございました)、私なりにそれらを多く取り入れて、
            一応の完成をみたものです。今後、修正が必要になることもあるでしょうが、
            私たちは広く国民に向けた闘いを日々展開しつつある存在ですので、
            現時点では、このレジュメを幾分でも参考にしていただけたら幸いです。
            今後の実践のなかでご意見などありましたら、ぜひお寄せください。

             

            FBはこちら

            https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1983841505236048&id=100008306530326&pnref=story

            ===================================================== 

            毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

            出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

            394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

            tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

            =====================================================

             


            ご意見ご感想いただけるととても嬉しいです「安倍自衛隊加憲 対抗論試論」

            0

              ご意見・ご感想 いただけるととても嬉しいです

              「安倍自衛隊加憲 対抗論試論」

               

              遅くとも、8月20日までに、

              mouri-m@joy.ocn.ne.jp   にお願いします

               

              私のホームページにもアップしました

              http://www.lcv.ne.jp/~mourima/17.8.15kakentaikouron.pdf

               

              FBはこちら

              https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1980771422209723&id=100008306530326

               

              ===================================================== 

              毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

              出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

              394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

              tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

              =====================================================

               

              添付ファイル


              [ご意見ご感想いただけるととても嬉しいです「安倍自衛隊加憲 対抗論試論」

              0

                body

                ご意見・ご感想 いただけるととても嬉しいです

                「安倍自衛隊加憲 対抗論試論」

                 

                遅くとも、8月20日までに、

                mouri-m@joy.ocn.ne.jp   にお願いします

                 

                私のホームページにもアップしました

                http://www.lcv.ne.jp/~mourima/17.8.15kakentaikouron.pdf

                 

                FBはこちら

                https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1980771422209723&id=100008306530326


                都議選後の闘い 全国の皆様へのご相談

                0

                  全国の皆様へのご相談 

                  1 争点は、あべ主権か、国民主権か にある

                  2 受け皿をどうつくるか

                   

                  都議選投票日直前に書いた、「安倍退陣!」実現すべきは今!

                  http://www.lcv.ne.jp/~mourima/17.7.103abetaijin.pdf

                  と、都議選結果を踏まえた、新たな提案のメモ書きです。

                  ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです。

                   

                  序 都議選が示したもの  受け皿の重要性

                   下記1への都民の怒りを、小池知事(都民ファースト)と共産党が受け皿となって受けとめた

                   その怒りは、あべ自民党の体質とまでなったひどい「やり方」と政治利益の私物化にあった。

                   しかし、それだけでは、自民党があれだけ大敗した根拠としては弱い。

                  その怒りの受け皿があったればこそ、自民支持者も自民に投票せず、その受け皿を選択したのではないか。

                   

                  1第一次あべ政権からの特徴

                  国民多数が反対する施策、法案をごり押しする

                  ごり押しの仕方が、議会のルールを大胆に破る

                  自分の親しい人々が莫大な利益を得る結果を、公正中立の証明なしに作出する

                   

                  2主権とは 国家のあり方を最終的に決める力、のこと

                  憲法は、主権が国民にある、と明記している(1)

                   

                  3ならば、国民多数を結集しうるスローガンは、

                  あべ主権を許していいのか、国民主権を守り確立するか

                  ではないか

                   

                  これをどうやって実現するか

                  国民主権連合を、4野党と市民との共闘で結成して、国民運動として展開する

                  これを発展させて(或いは上記連合と同時に)総選挙を闘う母体を結成する

                     中央、全国各地の市民連合、野党共闘勢力は、これら実現のために、

                     今から尽力すべき

                  そこでは、無党派有力市民も相当数立候補し、次の総理を含む政権構想を国民に示して、闘う

                   

                  5政権構想では、あべ政権下の9条改憲阻止のほか、

                  あべ政権下で国民多数の意思に逆らってなした、立法、施策を廃止することを含む

                  (私的には、非軍事世界平和構築省構想も入れて欲しい)

                   

                  6総選挙は、あべ政権が改憲案を国会に提出するより前に実施させる

                   

                  7それができなくとも、同時実施総選挙=国民投票 で圧勝する

                   

                  とりあえず、以上です。

                   

                   

                  ===================================================== 

                  毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                  出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                  394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                  tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                  =====================================================


                  安倍退陣を国民のイニシアティブで実現させましょう

                  0

                    「安倍退陣!」実現すべきは今!
                    http://www.lcv.ne.jp/~mourima/17.7.103abetaijin.pdf

                    ぜひ、お読み下さい。

                    ...

                    「安倍退陣!」声を挙げる会
                    https://www.facebook.com/groups/485777558427750/

                    を、創立メンバー114名で立ち上げました。
                    賛同メッセージと同志を募集しています。
                    どうぞ、お立ち寄り下さい。

                    ===================================================== 

                    毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                    出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                    394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                    tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                    =====================================================


                    再度の訴え: 「安倍退陣!」声を挙げる会 を共に!

                    0

                      今だ、加入者が極端に少ないので、できれば、このような

                      お仕着せがましいことは言いたくなかったのですが、

                      後で私自身が後悔しないよういま述べておきます。

                      皆さんの決起を心から切望します。

                      (加入しないが、他の方法で決起する

                      という選択肢を塞ごうとするものでは、むろん、決してありません。

                      特に、都議選で自民大敗のために必至で闘うことは極めて重要です)

                       

                      加入方法は、末尾にあります。   大拡散大歓迎!

                      000000000000000000000000000000000000000000000

                      なぜ、私が「安倍退陣!」声を挙げる会 結成を提起したか

                      説明させて下さい。

                       

                      それは、今なら、安倍政権を倒せる可能性があるし、他方、

                      今、ここで安倍政権を倒さないと来年の改憲を阻めない危険がある

                      と思うからです。

                       

                      なぜ、今なら倒せる可能性があると思うか。

                      今、共謀罪の委員会採決すっ飛ばしと加計問題で問われているのは、

                      どちらも、個別政策の是非でなく、「やり方の汚さ」を許せるかという

                      問題です。これは、国民主権が害されたことに対する怒りなのです。

                      長野県民は、15年ほど前、県議会が理由らしき理由のないまま

                      理不尽に田中康夫知事の首を斬ったことに、

                      自分たちが選んだ知事を勝手に首切るとは何ごとだ、

                      と、企業ぐるみでも立ち上がるほど怒りに燃え、

                      田中氏の行くところ、どこに行っても人がうじゃうじゃ沸いて出る

                      という選挙をやり抜き、2:1以上の大差で圧勝しました。

                      このような「汚いやり方」に対する民衆の決起は、住民投票で勝利した

                      ケースによく見られるのではないでしょうか。

                      したがって、今、全国民的に決起すれば、安倍内閣を倒せると思うのです。

                       

                      他方、この機会を逃すとどうなるか。安倍首相は、この秋の臨時国会に

                      自民党改憲案を国会(憲法審査会)に提出すると述べました。安倍首相に

                      親しい田崎史郎時事通信特別解説委員は、来年の6月までに

                      国会で改憲案を発議し(ここまでは自民改憲対策本部長も言っています)、

                      来年後半に総選挙と国民投票を同時に行うことを、

                      安倍首相が用意周到に狙っていると述べています。

                      その改憲案の「売り」は、北朝鮮脅威論シャワーの只中で、

                      国民受けする「自衛隊認知案」を前面に出してくることです(むろん、これは、

                      少なくとも、世界有数の軍事力を持つ自衛隊が今以上に活躍することを認めることです)。

                      多数だった9条改憲反対世論が、5月3日に安倍首相からこの自衛隊認知案が

                      出されるや逆転に近い動きを示したことに要注意です。

                       

                      むろん、ここで安倍政権を倒せなかったとしても、改憲必至だとは言いません。

                      しかし、大変な労苦を強いられることは疑いありません。

                      いま、ここで倒すよう、最大のピープルズパワーを発揮すべき、ということは

                      自明の理ではないでしょうか。

                       

                       

                      ===================================================== 

                      毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                      出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                      394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                      tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                      =====================================================

                      ◆全国・全世界の皆さん、     大拡散大歓迎

                      「安倍退陣!」声を挙げる会 を結成しませんか◆

                       

                      第1 入会の条件(記載は日本語に限ります)

                      1 必須

                      ・メアド

                      ・居住自治体名

                      ・あなたのメッセージ(50字以内)

                      2 任意

                      ・氏名

                      ・肩書(所属も)  

                      ・年代

                      3 上記1・2を、6月30日までに、

                      毛利メアド mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                      までお送り下さい。

                      4 順次、FBなどで公表していきます

                      第2 結成の条件

                      本年6月30日までに、入会者が1000名に到達したとき

                      (到達しなかったときは、結成しません)

                      第3 結成後どうするのか

                      結成後も、上記条件での入会募集とその公表を行います。

                      それ以外のことは、入会者全員に異議がない場合に限り、実施します。

                       

                      ●例としての毛利の入会の記載

                      mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                      ・毛利正道(すわこ文化村代表理事) 60代 長野県岡谷市

                      ・国民主権を破壊する「国家の私物化」は、国民が主権を行使して声を挙げてこそ対抗できる

                       

                      FBはこちら

                      https://www.facebook.com/profile.php?id=100008306530326

                       

                      https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1951272005159665&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater


                      | 1/26PAGES | >>