calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

再度の訴え: 「安倍退陣!」声を挙げる会 を共に!

0

    今だ、加入者が極端に少ないので、できれば、このような

    お仕着せがましいことは言いたくなかったのですが、

    後で私自身が後悔しないよういま述べておきます。

    皆さんの決起を心から切望します。

    (加入しないが、他の方法で決起する

    という選択肢を塞ごうとするものでは、むろん、決してありません。

    特に、都議選で自民大敗のために必至で闘うことは極めて重要です)

     

    加入方法は、末尾にあります。   大拡散大歓迎!

    000000000000000000000000000000000000000000000

    なぜ、私が「安倍退陣!」声を挙げる会 結成を提起したか

    説明させて下さい。

     

    それは、今なら、安倍政権を倒せる可能性があるし、他方、

    今、ここで安倍政権を倒さないと来年の改憲を阻めない危険がある

    と思うからです。

     

    なぜ、今なら倒せる可能性があると思うか。

    今、共謀罪の委員会採決すっ飛ばしと加計問題で問われているのは、

    どちらも、個別政策の是非でなく、「やり方の汚さ」を許せるかという

    問題です。これは、国民主権が害されたことに対する怒りなのです。

    長野県民は、15年ほど前、県議会が理由らしき理由のないまま

    理不尽に田中康夫知事の首を斬ったことに、

    自分たちが選んだ知事を勝手に首切るとは何ごとだ、

    と、企業ぐるみでも立ち上がるほど怒りに燃え、

    田中氏の行くところ、どこに行っても人がうじゃうじゃ沸いて出る

    という選挙をやり抜き、2:1以上の大差で圧勝しました。

    このような「汚いやり方」に対する民衆の決起は、住民投票で勝利した

    ケースによく見られるのではないでしょうか。

    したがって、今、全国民的に決起すれば、安倍内閣を倒せると思うのです。

     

    他方、この機会を逃すとどうなるか。安倍首相は、この秋の臨時国会に

    自民党改憲案を国会(憲法審査会)に提出すると述べました。安倍首相に

    親しい田崎史郎時事通信特別解説委員は、来年の6月までに

    国会で改憲案を発議し(ここまでは自民改憲対策本部長も言っています)、

    来年後半に総選挙と国民投票を同時に行うことを、

    安倍首相が用意周到に狙っていると述べています。

    その改憲案の「売り」は、北朝鮮脅威論シャワーの只中で、

    国民受けする「自衛隊認知案」を前面に出してくることです(むろん、これは、

    少なくとも、世界有数の軍事力を持つ自衛隊が今以上に活躍することを認めることです)。

    多数だった9条改憲反対世論が、5月3日に安倍首相からこの自衛隊認知案が

    出されるや逆転に近い動きを示したことに要注意です。

     

    むろん、ここで安倍政権を倒せなかったとしても、改憲必至だとは言いません。

    しかし、大変な労苦を強いられることは疑いありません。

    いま、ここで倒すよう、最大のピープルズパワーを発揮すべき、ということは

    自明の理ではないでしょうか。

     

     

    ===================================================== 

    毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

    出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

    394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

    tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

    =====================================================

    ◆全国・全世界の皆さん、     大拡散大歓迎

    「安倍退陣!」声を挙げる会 を結成しませんか◆

     

    第1 入会の条件(記載は日本語に限ります)

    1 必須

    ・メアド

    ・居住自治体名

    ・あなたのメッセージ(50字以内)

    2 任意

    ・氏名

    ・肩書(所属も)  

    ・年代

    3 上記1・2を、6月30日までに、

    毛利メアド mouri-m@joy.ocn.ne.jp

    までお送り下さい。

    4 順次、FBなどで公表していきます

    第2 結成の条件

    本年6月30日までに、入会者が1000名に到達したとき

    (到達しなかったときは、結成しません)

    第3 結成後どうするのか

    結成後も、上記条件での入会募集とその公表を行います。

    それ以外のことは、入会者全員に異議がない場合に限り、実施します。

     

    ●例としての毛利の入会の記載

    mouri-m@joy.ocn.ne.jp

    ・毛利正道(すわこ文化村代表理事) 60代 長野県岡谷市

    ・国民主権を破壊する「国家の私物化」は、国民が主権を行使して声を挙げてこそ対抗できる

     

    FBはこちら

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100008306530326

     

    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1951272005159665&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater


    「安倍退陣!」声を挙げる会 を共に!

    0

      ◆全国・全世界の皆さん、     大拡散大歓迎

      「安倍退陣!」声を挙げる会 を結成しませんか◆

       

      第1 入会の条件(記載は日本語に限ります)

      1 必須

      ・メアド

      ・居住自治体名

      ・あなたのメッセージ(50字以内)

      2 任意

      ・氏名

      ・肩書(所属も)  

      ・年代

      3 上記1・2を、6月30日までに、

      毛利メアド mouri-m@joy.ocn.ne.jp

      までお送り下さい。

      4 順次、FBなどで公表していきます

      第2 結成の条件

      本年6月30日までに、入会者が1000名に到達したとき

      (到達しなかったときは、結成しません)

      第3 結成後どうするのか

      結成後も、上記条件での入会募集とその公表を行います。

      それ以外のことは、入会者全員に異議がない場合に限り、実施します。

       

      ●例としての毛利の入会の記載

      mouri-m@joy.ocn.ne.jp

      ・毛利正道(すわこ文化村代表理事) 60代 長野県岡谷市

      ・国民主権を破壊する「国家の私物化」は、国民が主権を行使して声を挙げてこそ対抗できる

       

      FBはこちら

      https://www.facebook.com/profile.php?id=100008306530326

       

      https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1951272005159665&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

      ===================================================== 

      毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

      出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

      394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

      tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

      =====================================================


      レッツコール ●アベ・もり・かけ コール ●コール 解説「テロ等準備罪」

      0

        明日の「アベ政治を許さない3日行動」

        私が、駅前で、コールする予定

        皆さんもいかがですか

        勝手に修正、大歓迎

        ひとりコールもいいものですよ

         

        アベ・もり・かけ コール

         

        森友8億、加計100億

        お友だちが、大儲け

        国の、私物化許せるか

        首相の指示か、忖度か

        どちらであっても許せない

        真相究明、必要だ

        国会で、証人喚問当然だ

        急げ急げよ、証人喚問

        2度あることは3度ある

        全国調査も必要だ

        国民主権は、どこ行った

        私たちの憲法、どこ行った

        長期・一強、もうだめだ

        お友だちの、ための総理はいらないよ

        国民の、ための総理を選びましょ

        前川さん、のようーな総理を選びましょ

        安倍さん退陣、大歓迎!

        安倍さん退陣、大歓迎!

         

         

        ●コール 解説「テロ等準備罪」

         

        「テロ等準備罪」、ちょっと待った

        これまでに、山ほどしてるよ、「テロ対策」

        この法案、「テロに限る」とは書いてないよ

        「テロに限らない」と書いてあるよ

        おしゃべりだけでも逮捕される

        メールもラインものぞき見される

        こころのなかまでのぞき見される

        基準が曖昧モコモコだ

        キノコ狩りも、危ないよ

        市民運動も、危ないよ

        テレビ・ラジオが萎縮する

        国民が、萎縮すること狙い目か

        国民の、声が政治に届かない

        戦前の、オイコラ警察復活か

        国民の、8割疑問を持ってるよ

        3回も、廃案になってる「共謀罪」

        どこが違うの、大問題

        猪突猛進、ちょっと待った

        説明できない、法案廃案

        説明できない、法案廃案

         

        ===================================================== 

        毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

        出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

        394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

        tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

        =====================================================


        「安倍退陣」賛成の皆さん、試しに実践してみませんか

        0

          「安倍退陣」賛成の皆さん、一刻も早く「試しに」でも実践してみませんか

           

          その後も、「安倍退陣」を明確に打ち出すべきとする声がほとんどです(末尾に記載)。

          29日の20名ほどが出席した「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」月曜定例会でも

          ほとんどが賛成でしたが、

          ・私の当初の「ご相談」の文面にある例示のうち、「大歓迎だよ、安倍退陣」というような表現は

          安倍支持者も過半数存在しているなかでいかがか、

          ・「退陣」より「チェインジ」というポジティブな表現がよいのでは

          などの声に説得力がありました。

          (むろん、「内閣打倒」というきつい表現は採用できないというのは、

          当初提案時からの前提です)

           

          そこで、結局、コール、プラカード、宣伝カー、演説、個々訪問なんでもいいので、

          趣旨「安倍退陣の打ち出し」に賛成する皆さんは、

          早期に「試しに」でもいいのでどんどん実践してみましょう。

          なにしろ、時間がありません。

          そのうえで、その経験を急いで交流して行きませんか。

          (地域の定例会でも同趣旨になりました)。

          私にお寄せ下さい。

          FBのメッセンジャーもお使い下さい。

          https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1938787753074757&id=100008306530326&pnref=story

          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

           

          全国からの返信NO2: 全国の皆さんにご相談  「安倍退陣」を正面・前面に高く掲げませんか

           

          全国からの返信です。

          掲載にあたり、個々の承諾を得てはいません。よって、個人が特定されないよう

          一部、  修正してありますが、趣旨は変えてありません。

           

          ●「憲法無視・安倍退陣」「国民無視・安倍退陣」のバナーを作ろうか迷っています。

          NHKは、国会中継を放送しているのかな? ラジオではやってないので、NHKに電話をしたら、

          窓口の人は、情報が届いていないので、国会が開催されているかどうかも分からないと言ってました。

          「安倍退陣」を盛り上げていくことに賛同。  山梨

           

          ●金子兜太先生に「アベ退陣」の文字をお書き頂き全国に広めたい

          毛利正道さんのご提案に大賛成です。

          米軍基地をなくす草の根運動を16年間続けていますが、いわゆる「日米『同盟』=従属」は

          治安維持法における天皇専制と同様な、戦後における絶対権力だと思います

          この「日米『同盟』=従属」に照応するのが、共謀罪であると思うのです。

          属国日本の永久化への治安立法がこの共謀罪法案です。

          「アベ政治を許さない」というステッカーが全国で活用されています。

          一歩進めて、金子兜太先生に「アベ退陣」の文字をお書き頂き全国に広めたいものです。

          どなたか、金子兜太先生にお願いしていただけませんか。

          共謀罪によって、私たち「沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動」が組織犯罪集団とされ、

          予防拘禁されることを想像すると、ぞっとします。

          安倍をそのままにしておけば、そういう言うことも、決して夢想、悪夢ではない現実でしょう。

          アベ退陣をもっと前面に出すことに大賛成です。 

          米軍基地をなくす草の根運動事務局長平山基生

           

          ●安倍退陣、大いに賛成です。

          機会をみんな捉えて、声を挙げましょう。

            総がかり行動の街宣、反原発行動、反安保行動、野党共闘の活動、などなど。 岡山

           

          ●私も安倍退場以外ないと思います。


          全国の皆さんにご相談  「安倍退陣」を正面・前面に高く掲げませんか

          0

            全国の皆さんにご相談

              「安倍退陣」を正面・前面に高く掲げませんか

             

            今日の「純粋」市民団体からお呼びいただいた共謀罪出前講座

            (なんと、常連組の半数以上が、「共謀罪」に萎縮して

            欠席したという学習会でした)で、

            むろん初対面の若き年輩女性が、

            「共謀罪のひどさは出尽くしているのでは。

            これまでと同じような「こんなにひどい共謀罪」的切り口では、

            どうも後ろ向きで前向きの展望・元気が出てこない。

            どうでしょう、「安倍退陣」を前面に出しては」

            (かなりの意訳ですが、間違いではないでしょう)

            と言い、私も、昨夜、加計学園問題と重なったことから

            「安倍退陣」をFBなどで全国に訴えたところです、と応じて

            話に花が咲きました。

             

            全国の市民の皆さん、「安倍退陣」を正面に掲げませんか、

            どこでも、なんの時でも。これ唯一とは言いませんが、

            とにかく、正面・前面に掲げませんか。

            これまでせっぱ詰まりつつあるだったものが、

            そうするだけで、なにか、うきうきして来ませんか。

            プラカードでも、コールでも、演説でも、宣伝カーでも。

             

            「もはや限界、安倍退陣」「待ちに待ってた安倍退陣」

            「国民が、祝福するよ、安倍退陣」「大歓迎だよ、安倍退陣」

            「チャンネル切る手間いらなくなるよ」

            「公務員を窮地に立たせて知らん顔」「共謀しようよ、安倍退陣」

            「友だち政治はうんざりだ」

            「国民が、公務員が、大喜びだよ安倍退陣」・・・

            いくらでも出てきますね。

             

            全国で市民の声が高まると、安倍首相は、

            解散総選挙で対抗する可能性が出てくる。

            そうすると、野党は四の五の言っている暇がなく

            大至急、野党共闘体制を構築しなけれならなくなる。

             

            どうでしょうか、全国の皆さん。

            短期間に集中して意見交換しませんか。

            この訴えを、皆さんの智恵とチカラで全国隅々に
            届けていただけませんか。

             

            フェイスブックは、こちら。写真もあります。

            どうぞ、ご覧の上、書き込んだりして下さいな。

            メールで返信いただいてもむろん大歓迎。

            https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1937446029875596&id=100008306530326

            ===================================================== 

            毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

            出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

            394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

            tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

            =====================================================


            大嘘はっきり、「テロ対策のためにこの法律が必要」

            0

              「テロ対策のためにこの法律が必要」

              大嘘であることがはっきりした、この安倍首相答弁

               

              「テロ対策のためには、国際犯罪防止条約を批准することが必要で、

              それを批准するためにはこの法律が必要」。

              このように、この法案は「国際犯罪防止条約(パレルモ条約)批准のため」と

              一貫して説明されて来たが、

              同条約に加入するための国連の「立法ガイド」作成で中心的役割を担った

              国際刑法の専門家ノースイースタン大学(米国)のニコス・パッサス教授は、

              516日の「報道ステーション」で、

              「これはテロ対策のための条約ではない」、
              「各国は、完全に条件を満たしていなくても条約を批准することは可能」

              「各国の制度がこの条約に合致しているかを判断する機関はない」(*)

              と語っている。

               

              これで、国際法に詳しくない普通の人でも、自信を持って、

              「テロ対策のためにこの法律をつくることが必要」との安倍答弁はでたらめ

              と言える。要は、質問されても答えられる、ということ。

               

              (*の点は、下記にはないが、毛利が上記TV番組を見た時に

              同教授が語っていたとの記憶。)

               

              ========================−

              2017516 ()報道ステーション

              テロ対策か?“共謀罪”とパレルモ条約

              http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/news/detail.php?news_id=200865

              条約に入るための国連の“立法ガイド”を書いた国際刑法の専門家、ニコス・パッサス教授は
              「条約の目的はテロ対策ではない」と明言。
              条約は、マフィアなどの経済犯罪を取り締まる目的で制定されたもので、
              例外的にテロリストが対象になるのは、資金集めなど金銭的な利益を得る目的で犯罪を行った場合だけだという。
              パッサス教授は、過激派組織「イスラム国」などに対する制裁措置を定めた国連決議がテロ対策として
              すでに機能していると指摘。
              日本は、国連の主要なテロ対策条約13本についてもすでに批准、法整備まで完了している。
              パッサス教授は「テロなどの犯罪に対して、現在の法体系で対応できないものは見当たらない」と話す。
              さらに、「それぞれの国は、完全に条件を満たしていなくても条約を批准することは可能」と指摘。
              「どの国の政府も、国際条約を口実にして国内で優先したい犯罪対策を実現させることは可能。
              (国内法の整備においては)法の支配にのっとり公正でなくてはいけない。
              日本国民の意向を反映させるべきだ」と忠告する。

               

              ===================================================== 

              毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

              出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

              394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

              tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

              =====================================================


              共謀罪、衆院法務委員に主権者FAXを送ろう

              0

                ●共謀罪、衆院法務委員に主権者FAXを送ろう
                衆議院17日委員会採決狙う!

                この法案は、戦後70年の日本国憲法体制を、戦前の戦時体制に転換させるもの。

                後になって、あのときに懸命に反対しておけば
                よかったと悔やまれる、そのような重大法案。...
                まだ、間に合います。主権者としてひと言書き添え、少なくとも与党理事にはFAXしよう!

                送ったら、どのように書いて送ったか、できれば、私までご一報下さい。

                全国に伝えるように努めますので。

                 

                フェイスブックはこちら。

                https://www.facebook.com/people/Masamichi-Mouri/100008306530326

                ===================================================== 

                毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                =====================================================

                 


                ご紹介 「野党共闘」成る 燃え始めた、4.1「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」結成集会・パレード

                0

                  権力者による国家の私物化を許すな!

                             共謀罪粉砕!市民野党勢揃いで結成集会・アピール行動

                   

                  4月1日、諏訪地域各界の149名が加入する「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」が

                  結成されました。共謀罪粉砕の一点で共鳴し合う個人が加入する勇気ある連帯が生れました。

                  その共同代表7名は、飯田悦司・石川文洋・遠藤真弓・藤沢仙芳・松山孝志・毛利正道・山田皓一の各氏。

                  まさに民進・共産・社民・無党派市民の大連合が発足しました。

                  結成集会では、共同代表の2名、毛利正道さんによる「方針提起」と、

                  遠藤真弓さんによる「結成総会宣言」が大きな拍手で採択されたあと、

                  一斉に「共謀罪NO1」のボードを掲げて参加者の決意を示し、

                  引続き、並木通りなどを大声でコールしながらアピールウオークしました。

                  富士見町の作家下嶋哲朗さんが、集会に寄せたメッセージで

                  「何より恐ろしいのは、国民が自己規制のため、自ら黒いマスクを付け始めること」

                  と喝破したとおり、共謀罪の狙いは、まさに、国民に抵抗させずに悪政を推し進めること!なのです。

                  戦後70年築いてきた、曲がりなりにも国民が主人公であるとする国の形を根っこから壊してしまう、

                  もっと言えば、「森友」に一端が示された如き、権力者が国家を私物化してしまう共謀罪を決して許してはなりません。

                  フェイスブックは、

                  https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1906851469601719&id=100008306530326&pnref=story

                   

                  共謀罪でも明るくコールしましょう

                  4月1日「共謀罪NO!諏訪地方100人委員会」結成集会後の
                  アピールウオークで、このコールを初めて実施しました。
                  共謀罪は、内容が恐ろしいだけに暗い感じに映りやすい、...
                  だから、戦争法時以上に明るくアピールすることが大事、
                  声は明るく元気に大きく!

                  これで完成版とは思っていません。
                  皆さんも各地での実践例を出して見て下さい。

                  どこでも明るく大きな声でコールしましょう!

                  ・テロに限らない共謀罪!     ・国を変えてしまう共謀罪!  
                  ・「オリンピックに必要」、大嘘だ!・警察がウロウロ共謀罪! 
                  ・盗聴、尾行にGPS、かべに耳あり共謀罪!  
                  ・ウインクも危ない共謀罪!  ・メールも危ない共謀罪!  
                  ・おしゃべりも危ない共謀罪!  
                  ・デザイン写しても共謀罪!  ・うたごえも危ない共謀罪!
                  ・「私たちの(区切る)声(こえー)を聞いて」が狙われる!   
                  ・会社が赤字、危ないよ、 詐欺の疑い、かけられる!   
                  ・戦争推進、共謀罪!    ・戦時体制 もうすぐだ!  
                  ・だれもが危ない共謀罪! ・見ざる言わざる共謀罪!
                  ・憲法がなくなる共謀罪!   ・本当にいいのか共謀罪! 

                  フェイスブックは、

                  https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1906856156267917&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

                  ===================================================== 

                  毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                  出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                  394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                  tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                  =====================================================


                  ご紹介 浮彫りになった「共謀自体を処罰した横浜事件」「萎縮効果を狙う共謀罪法案」

                  0

                    浮彫りになった

                    「共謀自体を処罰した横浜事件」

                    「萎縮効果を狙う共謀罪法案」

                     

                    3月25・26すわこ文化村上映会3会場ツアーでは、

                    DVD「横浜事件を生きて」「STOP!共謀罪」の上映後、

                    3会場合わせて38名が参加し質疑意見交換を行いました。

                    4月2日(日)には、松本でより大規模の上映会が行われます。

                     

                    ●DVD「横浜事件を生きて」解説  

                    http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20161219.html

                    ●毛利の発言―この事件と共謀罪との関連

                    1 治安維持法がこの事件の20年近く前に制定された当時の政府による

                    「共産党対策であり、乱用しない」との再三の言明が完全に反故にされ、

                    共産党員でない知識人・ジャーナリストが90名近く拘禁され拷問受けた。

                     今回提出された法案も、次々に拡大運用されていく危険が現実にある証拠。

                    2 この事件では、ほとんどが、架空の場面をでっち上げたのではなく、

                    実際に存在した宴会、編集会議、研究会、打ち合わせ会、ハイキングの場で、

                     「共産党再建に係わる協議をなした」と拷問で自供させたうえ、

                    その「協議をなしたこと」自体が、犯罪事実として判決で詳しく認定されたうえ、

                    「よって、共産党の目的遂行のためにする行為をなした」と結論づけられ、

                    治安維持法の「目的遂行罪」を犯したとして有罪にされている。

                    「協議=話し合い」そのものが処罰されたのであり、

                    共謀罪による拘禁・処罰の「歴史の証人」である。

                    3 さらに驚いたことに、この大検挙事件の芋づる式検挙の端緒とされた、

                    「富山県泊の旅館で共産党再建準備会がなされた」ことが治安維持法違反

                    であるとの逮捕容疑事実は、逮捕から2−3年後の敗戦直後に下された

                    有罪判決では、「ばっさり落とされている=犯罪事実として全く載っていない」

                    ことが分かった。裁判所も認定できなかった架空の容疑事実で逮捕拘禁された

                    =まさに「フレームアップ=虚構のでっち上げ」であった。このように、

                    虚構の容疑事実によっても容易に逮捕できるのが共謀罪である。

                    ●参加者の感想

                    ・この事件と共謀罪と相通じるものを感じ怖いと思います。

                    ・世の中きな臭くなっている昨今、良い企画。治安維持法の再現を恐れます。

                    ・DVD主人公である木村さんの言葉は力強く、衝撃を受けた。

                    当事者の言葉の重みを大事にし、自分も周りに伝えたい。

                    ・国会の動きは気になりますが、ただ気にしているだけではとんでもないことに

                     させられそうです。改めて自覚が促されました。

                    ・とても衝撃的な内容で、治安維持法の真実を改めて分かった。共謀罪も 

                     監視社会になっていくことがわかる。

                    ・国民を萎縮させるための共謀罪だということが良く分かった。なぜ今出されるのか

                     が分かったような気がします。

                    ●DVD購入窓口

                    「横浜事件を生きて」(税別5000円)ビデオプレス電話03−3530−8588

                    「STPO!共謀罪」(税送料別1000円)日本電波ニュース社電話03−5765−6810

                     

                    フェイスブック

                    アルバム 上映会の様子

                    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1901626203457579&id=100008306530326&pnref=story
                    上記と同一の投稿文

                    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1901655376787995&id=100008306530326&pnref=story

                    ===================================================== 

                    毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                    出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                    〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                    tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                    =====================================================


                    全国の皆さんへ:ご紹介2題  「横浜事件を生きて」「南スーダン平和子札幌訴訟」

                    0

                      全国各地でも上映会を実施することをお勧めします

                       

                      ●3/25-26共謀罪ってなんだ

                      「横浜事件を生きて」(58分)上映会ツアー

                       

                      戦時中、「改造」「中央公論」など「最後の良心」60余人を投獄、

                      拷問によって「共謀」を虚構し、治安維持法有罪とした事件があった・・・

                      上映後のおしゃべり会で、共謀罪との関わりを見つめる。

                       

                      25日(土)18:30茅野市文化センター視聴覚室

                      26日(日)9:30諏訪市公民館講義室

                      26日(日)13:30岡谷市諏訪湖ハイツ204号室

                       

                      各回とも2時間程度・参加費300円(学生・生徒100円)

                      1990年制作・その後主人公木村亨氏死去

                      ◆主催 すわこ文化村 問い合せ先090−4096−7065(毛利)

                       

                      ●横浜事件とは

                      1942年から1945年に亘り、神奈川県下警察が治安維持法違反容疑で

                      、「改造」「中央公論」関連のジャーナリストら「最後の良心」60数名を次々に逮捕し、

                      拷問で事実無根の「犯罪事実」をでっち上げ、6名獄死・約30名有罪となった事件

                      ●共謀罪との関わりは

                      ・共産党対策で制定され、乱用せずと確約していた「治安維持法」で、

                      改造・中央公論・岩波書店・日本評論社・朝日新聞など、

                      共産党員でない者ばかり検挙され、右翼的人士すら検挙された

                      ・うち富山県の旅館での出版記念宴会に参加した8名は、

                      その場で共産党再建の「共謀」をなしたとして全員が拷問を受けて

                      失神・負傷し、うち2名は出獄直後に死亡した

                      ・雑誌編集会議やハイキングまで、「共産主義運動を支援する協議」罪にされた

                      ・主要な雑誌「改造」「中央公論」が廃刊に追い込まれ、一層戦時色が強まった

                      ●このDVDを購入するには

                         03−3530−8588に電話を。5000円で購入して自由に上映会ができる

                       

                      フェイスブックは、

                      https://www.facebook.com/people/Masamichi-Mouri/100008306530326

                       

                      ===================================================== 

                      毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                      出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                      〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                      tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                      ===================================================== 

                      法廷に凜と響く、「だれの子どもも、殺し殺されてはなりません」

                      南スーダンに派遣されるかも知れぬ自衛官の母=平和子さん

                      2月21日札幌訴訟第1回裁判で堂々の意見陳述

                       

                      「私は、南スーダンには親を殺され、ライフル銃を持たされた少年兵が

                      いることを知って衝撃をうけました。このような少年兵に息子が殺されたり

                      、反対にこのような少年兵を息子が撃ったりすることを考えると、いても立っても

                      いられません。」

                      裁判官らに面と向って述べる彼女の顔をじっとみつめながら左斜めの代理人席で聞いたとき、

                      私自身もいても立ってもいられない気持ちになりました。

                      (意見陳述全文は、弁護団のHP

                      https://stop-sspko.jimdo.com/

                      のなかの「書面データ」

                      のほぼ中央「第1回弁論 原告意見陳述」をクリックして下さい)

                      法廷でもその後の報告集会でも、もう一つの「主役」は、防衛省と安倍政権が

                      意図的に隠したとしか思えない、「戦闘」の文字がちりばめられた「日報」。

                      一部黒塗りながら、本物の「日々報告」をその場で見た私に衝撃が走りました。

                      昨年の秋にこれが明らかになっていたら、

                      新任務での内閣派遣決定などとても出来なかったことでしょう。

                       

                      報告集会の後は、会場で平さんと「ハイ、2ショット」。

                      札幌の弁護団は若手中心の10名、そのエネルギーたるやうらやましい。

                      私は、北海道以外の全国8名の弁護団の一員ではあるものの、正直、

                      第1回口頭弁論という大事な機会であるが故になんとか信州から駆付けた

                      との思いだったのですが、2ショットとなると、そうもいかず、なんと、

                      次回も出廷する気持ちになっています。

                      一刻一日も早く自衛隊員を戦場南スーダンから引揚げさせたい、同時に、

                      「非軍事世界平和構築省」を創って、憲法9条を南スーダンと世界に

                      行き渡らせたいと心底思ったこの日でした。

                       

                       

                      フェイスブックやっている人はこちらから

                      https://www.facebook.com/profile.php?id=100008306530326

                       

                      ツイッターやっている人はこちらから

                      https://twitter.com/mourimasa

                       

                      どちらもやっていない人はこちらから

                      https://www.facebook.com/people/Masamichi-Mouri/100008306530326

                       

                      ===================================================== 

                      毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp

                      出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/

                      〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

                      tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

                      =====================================================

                       


                      | 1/25PAGES | >>