calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/12/18) 武田砂鉄 医学部入試差別から日本の歪んだ男社会を糾弾する!

0

    永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、火曜日の大竹紳士交遊録、今週はフリー
    ライターの武田砂鉄さんでした。パートナーははるな愛さん、アシスタントは太田英明さんでした。
     テーマは医学部入試不正問題、今年最後の交遊録、今年は国を動かす人が嘘をついて、片山さつき氏、
    堪はこちらのセリフであり、嘘をついて、ひどい目に会った、医学部入試差別、東京医科大学に続いて、
    順天堂大学など、女性、多数の浪人を不利にして、女性は男性よりコミュニケーション能力が高い→入学
    後補正?女性は入学時にはコミュニケーション能力は高いが、卒業時に一緒になるので、入試で女性を差
    別する、とんでもない選考理由での排除、女性は能力があるのに減点であり、もちろん根拠はなく、こん
    なことを決めているのは年配の男性=成熟していない。 さらに、順天堂大学で、根拠は91年の、アメリ
    カのテキサス大の論文なものの、これは問題ありと今はされて、本屋だと男は〇〇、女は〇〇というもの
    を入試にやつたらダメ、北里大学でも、繰り上げ合格で現役男性を優遇、手術に立ち会う体力考慮=高齢
    の男性こそ問題、選考基準にしたらダメで、9つの大学に不正、聖マリアンナ大学も問題で、第3者委員会
    を作れと言われて、せず、聖マリアンナは男性が多く合格して、最大の問題は、大学の不祥事のしわ寄せ
    が女性に来る、閣議決定で定員は決まり、不適切な事案は、来年の入試に組み込む、今の受験生が医大を
    受けようとしたら、募集人数が減り、競争率が上がり、医師を目指す人にとって、自分たちは悪くないの
    に、ハードルは上がってしまい、排除された人のことを別のことで救済すべき。
     不正は、突然始まったと考えにくく、複数の事案が出て、今年からの不正というのはおかしく、この場
    で、受験、合格の機会を奪われた人は多数いて、受験料返還を求めて東京医大を提訴、排除されるとわ
    かっていたら受験しない、遠方からなら交通費もバカにならず、返還は当然。
     大竹さん、消費者団体が返還を求めて、返還して当たり前、受かっているのに切られて受験料取られた
    と説かれて、武田さん、女性の医師は不安という声が出て、週刊現代で女性医師は嫌という差別特集も
    あった、しかし、医師の現場は苛酷ではあるが、医療の現場で男のみというのは通じず、国も一体となっ
    て、働かせ方改悪で、医師の残業時間を増やし、たくさん働けないと医師になれないと、国が後押し、ブ
    ラックジョーク。
     大竹さん、ブロック注射を5回してもらい、2回は女性の医師で上手かったと指摘されて、女性が劣るこ
    とはないと説かれて、武田さん、一昨日現役医大生からメール、入試差別をやめよう、長時間労働をたて
    に女性排除はおかしい、なぜ長時間労働なのか考慮されていないというのを評価されて、太田さん、東京
    医大を2回落ちた人のことを問われて、武田さん、苦労した人に鞭打つ行為は許されないと締めくくられま
    した、以上、武田さんのお話でした。

     


    ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2018/12/14) 谷口真由美 辺野古ゴリ押しを糾弾する!&谷口洋幸 ジェンダー論を語る、LGBTが心の底から笑える社会を作ろう!

    0

      永岡です、ABCラジオの、伊藤史隆(しりゅう)のラジオノオト、シーズン2、金曜日のレギュラーは
      大阪国際大学の谷口真由美さんでした。谷口さん、辺野古ゴリ押しを見てどうも思わない人は鈍感、ウー
      マンラッシュアワーの村本さん、これを少女がレイプされて、46人の男が仕方ないと見ているようなもの
      とツイッターで発信されて(https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/1073377074625183747 )、少女
      =沖縄、46人の男=ヤマトンチュ、沖縄は翁長さんの時も、民意は辺野古NO、政府は丁寧な対応とし
      て、デニー氏が史上最多の得票なのに、土砂を入れるのがていねいか、土砂を入れたらさんご礁もジュゴ
      ンもなくなる+地盤が脆いと環境影響評価で出ている=アメリカも危ないと知り、将来的に海兵隊はグア
      ム移転で、なぜ今辺野古ゴリ押しなのか、来年2月の県民投票だが、ヤマトンチュはどうする?「あれを国
      家によるDVと分からないものは人間として失格」とまで語られて、史隆さん、危険な普天間の代わりは
      辺野古しかないのか、ヤマトンチュはどうすると説かれて、谷口さん、もともと奈良にも海兵隊はいて、
      沖縄でないといけない理由はない、沖縄だけが島ではない、沖縄県内の移設しかないと思う感性があった
      らダメ、デニー氏はそれでいいのかと発信していると説かれました。了解しました。リスナーからも、谷
      口さんの卓見への共感がありました。

       谷口真由美の一言よろしい??スタジオには金沢大学の人権ジェンダー論の谷口洋幸さんが来られて、
      真由美さんブルドーザーみたいにやり、そこを洋幸さん丁寧にされて、洋幸さん、真由美さんはアイデア
      をよく出すと言われて、真由美さん、リズム、ピッチャーとキャッチャーみたいというもので、史隆さ
      ん、ジェンダー論、LGBTに言及されて、洋幸さん、最近話題になった、ここ6年くらい、言葉は知られ
      ても、世間に普及したのはここ数年で、史隆さん、心の中で性のことを分けたらアカンということかとい
      うもの、洋幸さん、LGBTは普及した言葉だが、LGBは誰を好きになるかを示し、Tはトランスジェ
      ンダー、生まれた時の性別と今が違う人を差し、違う内容もあるものの、LGBTと様々な人たちは生き
      て、リスナーより、自分の娘は子供のころから女の子らしくと言われるのが嫌で、最近トランスジェン
      ダーということにどう対応したらいいかと質問があり、洋幸さん、トランスジェンダーの認識は、最初か
      ら違和感の人もあり、結婚して、子供を作り初めて気づく、違和感を持つ例もあり、しかし本人より、社
      会が、女の子は女の子らしくない、には問題、単に言われるだけが嫌な場合から、子供が生まれて覚醒す
      る場合もあり、ありのままの自分は何か?自分はもしかしたらトランスジェンダーかも知れないとわか
      り、史隆さん、どう対応したらいいかと言う点に、洋幸さん、関係性により異なり、一言確実に言えるの
      は、自らの性的志向をLGBTに言わせる=母親が信頼されている、性別変更は容易ではなく、他の人に
      自分の性のあり方を打ち明ける=信頼している→自信を持ってほしい、自分も想像したこともないものだ
      が、史隆さん、そんなアホな、と思う例を取り上げられて、洋幸さん、言ってくれてありがとうは難し
      い、これから教えて、一緒に勉強していくと真由美さんも説かれて、洋幸さん、親にLGBTと語ると、
      親がわかったふりをして、一旦受け入れる→また否定になったらダメ、信頼して言ってくれたことを遠ざ
      けたら本人は寂しく、互いに理解し合うべきであり、真由美さん、お母さんは戸惑う前に、言ってくれて
      ありがとう、娘さんに子供がいて、小学生の女の子か?自分の親がトランスジェンダーと理解するため
      に、自助グループ、関西にもそういうものがあり、それを頼るのも一手であり、史隆さん、子どもに親が
      LGBTとカミングアウトすることを説かれて、洋幸さん、サポートのグループもあり、それを見つける
      のが妥当と語られて、母性本能は何か、ジェンダー、女性だから母性本能というのは短絡的、世話を見る
      のを、勝手に母性本能としてしまい、性別と異なり、シスジェンダー、性別に違和感を持たない人を指す
      が、様々な人がいると説かれて、真由美さん、母親が虐待して母親のくせにと言われる、父親のくせにと
      言われず、子育てを全部母親のせいにするのはおかしく、母性本能は生物的にあるが、お母さんだから
      おっぱいあげたいではない、洋幸さん、親として、娘がトランスジェンダーとは、育て方を間違えたでは
      ない、母親は子育ての責任を負わされて、父親から責められる=LGBTは悪いこととする見方であり、
      お母さんとして、子供がトランスジェンダーは親のせいではなく、社会の作っている、LGBTはおかし
      いという見方は問題であり、史隆さん、戸惑いはあるが、信頼してくれてありがとうから進めるべき、洋
      幸さん、それはLGBTだけでない、性について聞きづらい、言いづらいが、聴くべき、真由美さん、息
      子さんが小学校でLGBTを学び、お孫さんが理解していると指摘されました。
       ここで音楽、高橋優、福笑い、洋幸さん授業で使われるものです。
      https://www.youtube.com/watch?v=uUT0CLa6KWo
       洋幸さん、昔のゼミ生が、先生の言っていることはこれだと教えてくれたもので、一番好きな歌詞は、
      あなたは今笑っていますか、強がりではなく心の底から、合わせて笑うのではなく、強がりではなく、心
      の底から笑えるか、幸せかであり、心の底から笑えるか、がこの歌の肝であり、LGBTについて、それ
      を持つ方も作り笑いをせざるを得ない世の中、波風をたてない生き方、日本ではLGBTだから危害を加
      えられるのではなく、差別されていない思う人もいるが、強がりで笑っている人が多く、それに気づくの
      が人権、ジェンダー論、自殺願望はLGBTの方では一般の3〜5倍であり、死にたいと思う=幸せではな
      い、好きなのが異性なのは当たり前と見られるが、異性が好きだからと苦しむことはなく、LGBTはそ
      れだけを理由にしんどく、作り笑いをするものだと説かれました。
       リスナーよりLGBT、LGBTqを見て、それの意味を教えて欲しいとの声があり、洋幸さん、レベル
      の上がる話、分かりやすく4つの分類だが、性の多様性は、LGBTだけでない、自分の性のあり方、ゲ
      イ、レズビアンだけでないと今は考えられて、qはクエスチョン、クイアーの意味、あいまいにしておき
      たい、分かりにくいものは解明する必要はなし、男、女と分ける必要はなく、男っぽい日、女っぽい日も
      ある意味をこめてqであり、今日は男性だが、明日はそうでないものをXジェンダーとする、恋愛感情を
      抱かず、無性愛のカテゴリーもあり、SNSのFBでは性別は50〜60あり、性は多様で、それを示すもの
      だと説かれて、史隆さん、杉田水脈氏の発言はとんでもないと説かれて、洋幸さん、生産性=子供を産め
      るかどうか、子供を産むためだけに人間は生きているのではない、怪我して、お見舞いに行く際に、生殖
      機能を残せない、産まないから税金を使わない→ホルモン治療は一生かかり、子供を産ませてもらえな
      い、そんなことをいう杉田水脈氏の存在は怖いと洋幸さん説かれて、史隆さん、腑に落ちると締めくくら
      れました。真由美さん、洋幸さん、部落解放のところで、部落差別とネットについてシンポジウムがあ
      り、もう満員で入れないが、荻上チキさんや津田大介さんも来られて、お二人行かれるのです、以上、谷


      和歌山放送ラジオ ボックス(2018/12/14) 伊藤宏 第1次産業を潰す悪法をメディアがちゃんと取り上げず、環境が破綻する!第1次産業から幸福を実感できない日本社会の災を語る

      0

        y

        永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授の伊
        藤宏さん(新聞うずみ火スタッフ)でした、司会は赤井ゆかりさんでした。
         伊藤先生の脳にきくニュース、今週は臨時国会閉会、様々な法案、政府提出法案13成立、入管法がク
        ローズアップされて、できた後で決めるというもの、議論は煮詰まらず強行採決、どう変えてどうするか
        ちゃんと議論しないといけないのに、国会よりメディアに問題、水道民営化も、いよいよの時にメディア
        で取り上げられて、前の通常国会でちゃんと伝えられず、国民は知らされず、漁業法も改悪、ほとんど伝
        えられず、大企業の新規参入ができて、どういうことが懸念されるか、漁業者は懸念しているのに取り上
        げられず、改悪漁業法で大企業が入れて、零細な漁業者が脅かされて、日本は農業国、それを守るルール
        があり、サザエ、うにをある程度以上は採ってはいけない、資源を守るため、日本の観光資源は自然の景
        観、もともとあつたものではなく、農業、林業により作られたもので、第1次産業で景観は保たれて、海岸
        線も同様、そこに大企業が入ると、利益重視=合理的なものだとすると、共同体の組織、ルールは大企業
        により潰されて、政府はそんなことないというものの、日本の産業構造では、農業潰しを続けてきて、漁
        業も潰される、水道法も、外国の資本も参入して、大企業だけでなく、価値観の違うものが入るのは、外
        国企業の否定ではなく、もっと議論が必要なのに、それをせず、国民は議論に入れず、国民が関心を持つ
        暇もなく決められたのは大問題、漁業は和歌山も大変で、第1次産業の就労者が減って、現場の方が今も苦
        労して維持しているのに、農林水産業に携わる方を守る=日本の環境を守ることであり、漁業は食物だけ
        でなく、生業をちゃんと考えるべきなのに、法律変更ゴリ押しは問題で、防衛大綱でも、空母を多用途母
        艦と詭弁でやっているのは問題+F35を105機買い、1.3兆円、ステルス戦闘機=防衛ではない、日本の軍
        事費は増える一方で、これでいいわけはないと説かれました。
         さらに、今年の漢字、去年は北、今年は平成最後で災、やむを得ず、今も日本海で大雪、今年は2月に豪
        雪、6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨災害、8月に台風、9月に北海道で大地震、これ以外にも、軍事
        費のことも話したが、防災と災害のための支援にもっとお金を使うべきで、今年1年和歌山県だけで台風被
        害は大変で、県警の方も、詐欺被害、テレビのアンテナ修理、ブルーシート、瓦の点検で悪質業者も、災
        害後に出て、詐欺は災害の被害時に、自力で修理するしかなく、マンションのパーティション、災害時に
        破って避難できるもの、伊藤さんの知り合いの方が、生産が追い付かないといい、大災害の後は息の長い
        支援が必要で、民間や個人の力では限界があり、国が支援体制を整えるべき、南海トラフ地震もあり、日
        本国民は災害と無縁ではなく、東日本大震災級の災害時に、今は支援する側だが、支援される側になり、
        支援してくれる余力はあるのか、日本全体が支援される必要になる危惧があり、伊藤さん和歌山の方で気
        遣いについて、台風でみかんが打撃を受けたら、それを愛媛のみかん農家が支援するクラウドファンディ
        ングがあり、和歌山はみかんの生産量は日本一、しかし愛媛みかんはライバルなものの、愛媛が支援して
        くれて、規格外のみかんを応援価格で買い取ってくれて、和歌山のみかん農家が被災して、みかん農家と
        して愛媛が分かっているから支援してくれて、同業者、それもライバル関係にあるのに支援する、これが
        広がらないといけない、災害時、農産物は被害だと翌年も打撃で、収入が減り大変なことになるので、和
        歌山のみかん農家は大変で、支援をする、こういうことこそ支援する法律が必要で、競い合う中で和歌山
        のみかんも愛媛と切磋琢磨しているが、漁業権、企業だとライバル叩きになる、効率化=災害対策は無視
        で、こういうものを私たちは考えるべきで、大事なのは人を大切にすること、その中で国家があり、国同
        士となるのに、大枠で考えてしまい、日本の水産業、農業を草の根で大切にしていないもので、視点が上
        から目線、マクロの見方で見てしまい、農家、漁業者の視点が国、国政に生かされず、国民は置いてきぼ
        り、所得税は結構引かれて、国からお金を取られるために働いているのかと思われて、国民が幸福を感じ
        るための政治、助け合うためのものが必要なのに、一部のものだけであり、国民が幸福を実感できる政治
        を取り戻してほしい、しかし実態は逆で、このままだと毎年漢字は災になってしまうと締めくくられまし
        た、以上、伊藤さんのお話でした。
         

        池谷です。特集上映と元町プロダクションの番組のご案内

        0
          世界人権宣言70周年企画 「人間」を撮る 池谷薫監督特集トーク(2018/12/8土、9日@元町映画館&12/15土、16日@シネ・ヌーヴォ)
          http://shiminshakai.net/post/4892
          元町映画館での連日トークはとても盛況だったようです。
          池谷さんから拡散希望が寄せられていますので、転送します。
          ======================「
          【拡散希望】
          BCCでメールを差し上げる失礼をお許しください。

          今日12月10日は世界人権宣言が国連で採択されて70年の節目の日です。
          それを記念して企画された僕の映画4作品の特集上映が先週末より元町映画館(神戸)でスタートしました。
          元町映画館は12/14まで、翌12/15〜12/21はシネ・ヌーヴォ(大阪)に舞台を移します。

          上映スケジュールが書かれたチラシを再度添付させていただきます。
          『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』『ルンタ』・・・、映画の力を信じて
          人間の尊厳とは何か、人が人として生きられる社会とは何か、再び問いかけたいと思います。
          お忙しいところ大変恐縮ですが、引き続き応援よろしくお願いいたします。

          また僕が神戸で主宰する映像制作サークル「元町プロダクション」の活動が
          明日(12/11)夜8時からのNHK-Eテレ「ハートネットTV」でアンコール放送されます。
          番組公式HP https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/676/
          人はなぜカメラを持つのかという命題に向き合った素晴らしい番組です。
          夏にお見逃しの方はどうぞこの機会にご覧ください。

          感謝を込めて

          池谷 薫

          和歌山放送ラジオ ボックス(2018/12/7) 伊藤宏 数にものを言わせて法律ゴリ押しの安倍政権を批判する、言葉が乱暴になっている社会を憂慮する、スマホに依存しすぎた社会は脆弱であることを語る

          0

            永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学の伊藤宏
            さん(新聞うずみ火スタッフ)でした。司会は赤井ゆかりさんでした。
             伊藤先生の脳にきくニュース、時間がタイトで、話したいことがたくさんあるものの、今週のテーマは
            水道民営化、入管法とともに今国会でゴリ押し、去年の国会で廃案など、急ぐ必要はなく、水道は大変な
            ものの、緊急性はなく、入管法でも、法律を作り、制度設計など、法律を簡単に作るのは問題、熟慮して
            いるものではない、数にものを言わせて出せば通る、入管法は経済界、雇用する側の要望で、労働者、地
            域面、何かあって打撃は雇用側ではなく庶民で、水メジャーが儲かるものの、水を飲む市民は不利益を被
            り、どちらを向いて法律を作っているのか?不利益を背負う市民の声を入れていない。
             リスナーより水道民営化への疑問があり、伊藤さん、民営化=悪ではないが、民営化=利益を上げない
            とならず、命に関わり、水道料金高騰したら、お金のない人は大変だと語られました。また、入管法や水
            道民営化への危惧、人間にとって大切な水道を数にゴリ押しを批判する声があり、伊藤さん、国民は政治
            に関心をもって政治を監視しないといけないと語られました。
             憤りと言うと、和歌山で冬の交通安全運動、昨年6月のあおり運転での裁判が続き、あおり運転で死者が
            出て、伊藤さん被告を擁護する気はないが、危険運転致死傷罪が問題になり、亡くなった夫婦は被告に邪
            魔、ボケと言っている、この夫婦を批判するつもりはないが、こういう言葉、伊藤さんも注意する際に、
            暴言を吐かれた例もあり、昔はこういう言葉はヤンキーっぽいものに限られていたのが、伊藤さんより若
            い人が平気で使い、電車の中でも押すなよボケと、若い人が吐いているものもあり、ハザードつけろとと
            か、暴言を吐かれたらカチンと来るもので、どいて下さいとして事故が起きなかったか分からず、被告の
            行為は許されないが、安全運転、何かあった際に相手を諫める言葉、暴言のようなものが伊藤さん多いと
            思われて、街中で耳にする言葉もやくざ的なものを、子供も含めて安易に使い、言葉の暴力、国会では空
            虚なもの、そしてヘイトスピーチもあると危惧されました。
             さらに、昨日はソフトウェアのスマホダウン、伊藤さんも名古屋に行かれて困られて、データは受信で
            きず、電話も掛けられず、伊藤さん、出張の際に緊急連絡先が必要で、何か今回は対応できたものの、不
            安、夜のニュースを見たら皆さん大変で、公衆電話が必要になり、ソフトバンクだけでなく、市民がスマ
            ホに依存して、コンサートの入場もQRコードでやるもの、今回は事なきを得たものの、待ち合わせもあ
            り、カーナビが今あるものの、その前は地図を見てやっていて、便利になった→マヒしたらエライことに
            なると如実に現れて、スマホは普及率が高く、電車の中でスマホを持っていない人はないほど、それだけ
            普及して、水の問題もそうだが、技術が普及して、スマホは普及が早すぎて、マナーの問題、歩きスマホ
            があり、外で歩く場合の警告は大半がスマホ、文化が成熟していないのに、社会はスマホに依存して、ス
            マホをマヒさせたら、テロみたいなことになり、家の方も固定電話がなく、外に公衆電話を求めて、この
            ようなことで、災害になったら大変だと説かれました。以上、伊藤さんのお話でした。


            文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/12/7) 金子勝 米中貿易戦争の火遊びを危惧する、国会、民意を無視する安倍独裁政権による日本破綻を語る

            0

              sage body

               永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、金曜日の大竹紳士交遊録は立教大学特任教授の経済学者、慶応義塾大学名誉教授の金子勝さんでした。パートナーは室井佑月さん、アシスタントは太田英明さんでした。…例により頭に来る話で、お読みの皆さんの心臓に悪いかも知れませんが、しかし晋三はもっと悪いのです!

               入管法改悪と安倍総理のデタラメについて、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さんがブログで指摘されています。

              https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12424282506.html

               今週の金子さんの怒り、たくさんのことが起きすぎて、しかし世界的にはファーウェイ問題、イラン制裁問題で幹部拘束、ファーウェイは人民解放軍の創始者が作り、その娘が拘束、軍事技術、スマホ、サーバーで世界のトップ、研究開発もアマゾンやグーグルに続く6位、これは米中貿易戦争、トランプ氏は選挙のために部拘束、ファーウェイは人民解放軍の創始者が作り、その娘が拘束、軍事技術、スマホ、サーバーで世界のトップ、研究開発もアマゾンやグーグルに続く6位、これは米中貿易戦争、トランプ氏は選挙のためにラストベルト対策というものの、実際は軍事産業のため、日米半導体協定も、国防総省が関わり、半導体コンソーシアムを作り、表がライトハイザー通商代表、これで日本の先端産業がだめになり、世界の最先端の情報技術のつぶし合いを米中がして、アメリカに中国から留学しても、排除されることになり、中国が国策で技術者を育成、ファーウェイには日本は関係ないが、米中の技術潰し、中国はトランプ氏と農産物は譲るものの、ボルトン氏も関わり、軍事技術関連で、今は貿易戦争で中国は譲歩しても、米中関係が深刻になる。

               太田さん、日本も政府が増えるファーウェイに付き合わないとして、金子さん、日本はアメリカのポチと説かれて、アメリカも中国経済に依存して、株の暴落、FRBの利上げもあるが、日本は蚊帳の外。日本は、世界の先端にいるべきなのに、世界のトップランキングはトヨタとホンダのみ、日本に先端産業はなく、日銀の金融緩和のみ、三菱重工はトルコの原発輸出破綻、世耕氏はアリバイ作り、しかし、ベクテルも参加して、原発輸出ダメ→アベ友の経団連会長が責任を取らないといけないため、しかし原発事故を起こして、賠償問題もデタラメ。

               水道民営化→利益を出すために水質を下げて、パリなど水道を再公営化、民営化するのは宮城県知事のみ、過疎のところに民間企業の水は行かない。大竹さん、水道管交換のことを説かれて、金子さん、民間でなぜ水道管を替えられる、替える=料金値上げ、民営化でよくなるは幻想、JR民営化で北海道などはしんどくなり、水も同じであり、水道管の交換は民間ではやられず、井戸を掘れとされて、自分たちの責任に安倍氏らはしたくない、政府の責任にしたくない。

               民間ではなく、コンセッション方式、運営のみ民間というものの、入管法は人権侵害であり、死亡事例もあり、有田議員が問い詰めているのに、安倍氏らは逃げて、人手不足の一点張りの安倍氏は無責任、丸投げで、厚労省は裁量労働制で改竄しているし、特定技能も問題、漁業法の配分、取り締まりは役所には報告義務のみ、ザル法で、これなら国会は要らない、室井さん、野党は福島瑞穂氏ら頑張っているのに、安倍氏は答えないと怒られて、金子さん、辺野古に県民投票の前に土砂投入、国会は要らないと国民にあきらめさせるものであり、高輪ゲートウェイのこと、金子さん、信用、民主主義を築くのは大変だが、ちょっとしたインチキで破綻すると締めくくられました、以上、今週の金子さんのお話でした。

               


              ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2018/12/7) 谷口真由美&青木理 入管法は現代の徴用工問題を作る!空っぽの安倍晋三氏を裸にする!オッサンノスタルジー万博とオリンピックを斬る!

              0

                永岡です、ABCラジオの、伊藤史隆のラジオノオト、シーズン2、金曜日のレギュラーは大阪国際大学
                の谷口真由美さんでした。ゲストはジャーナリストの青木理さんでした。谷口さんのお友達、低温ボイス
                の魅力と語られました。
                 入管法改悪に関して、安倍内閣の茂木大臣に外国人労働者派遣企業から政治献金のあったことが、
                ニュースのタネの鈴木祐太さんの報告で判明です。
                https://seedsfornews.com/2018/12/motegi/
                 谷口さん、フランスでのデモ、警官隊がデモ隊に対してヘルメットを脱ぎ、公務員がデモ隊に敬意を表
                して、しかし日本だと平和的なデモも警官隊が威圧するもので、デモの映像を見て、ちょっと違うと説か
                れました。

                 ようこそ!ラジオノオトに青木さん登場、テレビのキャストに続いてのABC登場です。文隆さん、青
                木さんを男前と説かれました(笑)。青木さん、新しいパターンの勧誘?と言われて、青木さん共同通信
                →外信部、ソウル特派員、2006年からフリー、青木さん初任地が東大阪の布施、大学を出て一人暮らしで
                神戸かと思ったら、東大阪は庶民的ということで、谷口さん高校生の頃であり、ジャーナリストとして、
                安倍三代、谷口さん調査報道は一人でもできる、青木さんが書かれると、チーム青木理、ジャーナリズ
                ム、谷口さんの思うものがあるというもので、青木さん、通信社はニュースを早く正確に伝えるもので、
                早く早くとして、一つのテーマをじっくりではなく、スピード競争を10数年して、時間が欲しいとフリー
                になったのです。
                 リスナーの声が殺到して、今の国会がどうなっているか、青木さん「はっきり言って最悪」、外国人奴
                隷拡大法案((c)山本太郎氏)について、青木さんの意見を抜いて、どちらの立場に立っても日本が変わ
                り、外国人は労働力ではなく人間なのに、ちゃんと審議されない&省令で定めるが30カ所=国会でチェッ
                クできない、丸投げ=国会の役割なし、野党は与党の問題を追及するものの、与党も自浄作用がなく、こ
                れだけ丸投げはアカンとすべきなのに、参院の委員会審議で、与党議員が時間を残して質問せず、平沢氏
                も問題と認めて、賛成、国会を通すにしても、問題点を埋める作業をする、あるいはそのふりすらせず、
                「こんな国会なら要らない」、選挙で自民党が勝ったら丸投げであり、複数のリスナーより、水道民営化
                をなぜするのか質問があり、地方で、地域水道で、民間がやったら値段が上がる危惧、吟味せずゴリ押し
                に批判があり、青木さん、政府の立場だと、地方が過疎化、東京一極集中、水道インフラは高度経済成長
                期に作られて老朽化、メンテナンス必要、水道の維持は大変であるが、方法として民営化、コンセッショ
                ン方式、自治体が持ち民間が任せると、利益を出す=値上げであり、何が良くなるか分からないのにゴリ
                押しは批判されるべき、なぜ急ぐかと文隆さん問われて、青木さん、新自由主義の発想が水道と漁業法の
                改悪、漁協に民間が入る、まだ通っていないが、地方の漁業は高齢化、衰退して、民間でやる=環境はど
                うなる?青木さん、民営化の是非をちゃんと国会で議論すべき=議論しないは最悪、文隆さん、外国人は
                人間であり、水道も人間のためで、銭勘定に会うのかと説かれて、青木さん、昨日安倍氏は、参院のやや
                こしい質問と抜かして、衝撃的なことは、技能実習生がたくさん亡くなり、自殺、溺死etcについて有田議
                員が問い詰めたのに、安倍氏は知らんと抜かして愕然、知らないからは許されず、こういうことを法律で
                詰めるべきをやっていない。
                 谷口さん、知らないで済まず、郵政民営化は選挙になり、国鉄民営化も大騒ぎ、民営化の検証はできる
                のにやっていない、種子法改悪、漁業も改悪されて、人間の安全、安心に顔が見えず、外国人でも人間、
                となりに住むかもしれないのに、準備で来ているか、中絶させられた技能実習生がいるのに、なかったふ
                りをして、国会ゴリ押しはおかしいと説かれて、青木さん、自民党の改憲草案で家族は助け合う、権力を
                縛る憲法にこんなものを入れてはならないが、技能実習生は家族を連れてきたらダメは、自民草案に反し
                て、技能実習生=人間ではない、自民党の思う人間ではなく、使い捨て労働力であり、韓国の徴用工判決
                があり「現代の徴用工になりかねない」と警告されました。

                 谷口真由美の一言よろしい??青木さん、怖いなぁと言われて(笑)、国会がムチャクチャ、安倍総理
                について、青木さん本を書かれて、安倍総理も長くやっているものの、祖父、父と政治家であり、つなが
                る発想かと文隆さん問われて、青木さん、安倍晋三氏を評価するのに、彼は何者か?晋三氏を生み出した
                安倍家を調べて、母方の祖父が岸信介氏だが、父方の祖父も安倍寛氏で政治家であり、岸氏からのつなが
                りより、安倍寛氏は立派な人で、小さな村を出て、東京帝国大学を出て、しかし病弱、村長から国政を目
                指し、衆院議員になり、当時大政翼賛会にいないと弾圧されるのに、これを拒否して、日中戦争はおかし
                いと主張して当選して、寛氏は反戦、反骨の人、そして敗戦になり、寛氏は結核で亡くなり、安倍晋太郎
                氏は一人っ子+特攻に志願して、戦争が長引くと死んでいたかも知れず、東大→毎日新聞→政界で、祖
                父、父は苦労して、しかし晋三氏は…であり、谷口さん、安倍三代を読んで欲しい、寛氏のDNA…と言
                われて、青木さん、寛氏のマニフェストに、富の偏在は国家の危機を招くと書いて、これはトランプ現
                象、イギリスのEU離脱など警告を戦前からして、しかし、晋三氏は、どんな悪党でもすごいエピソード
                があるべきなのに、何もない…安倍寛氏は立派なのに、晋三氏の取材は空っぽ、晋三氏は政界までエスカ
                レーター式なのに、晋三氏に特筆すべきエピソードを取材で出てこず、極右思想もない、今の極右思想は
                後付け+岸信介氏の流れ。
                 文隆さん、晋三氏は取り巻きも多いと問われて、青木さん、近くで取材すると悪く言う人はいないが、
                政治家として、人間として面白い人では、ノンフィクション作家として思わず「ほとんど印象なし」、大
                学の先生も、ゼミで晋三氏は何も言っていない&卒論で何を書いたか覚えていない、お坊ちゃまが政界入
                りまで、岸氏の名門政治家の三代目として、うまくやらないといけないが原動力、しかしなぜ晋三氏に人
                が集まるのか、青木さん、晋三氏は運がいい、支持率は4割で歴代でも高いが、理由は他に適当な人がいな
                い、民主党政権は失敗かは議論があるが、安倍氏を輝かせてしまい、そして小選挙区、かつては中選挙区
                で派閥が切磋琢磨していたが、派閥が亡くなり、この20〜30年の政治の変化が安倍氏に幸運として働い
                た。
                 谷口さん、印象に残らない学生が総理になるとは信じられない、何か印象に残るものを持たないものが
                総理になるのか、隠れ蓑でもかぶっていたか?今、安倍チルドレンは安倍氏の支持なしで後任が得られ
                ず、翼賛体制であり、安倍三代は面白かったと説かれて、事実は小説より奇なりと説かれて、青木さん、
                すぐにどうできるではない、選挙制度のこともあるが、世襲はこれでいいのか?国会議員の1/4が世襲、自


                ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!(2018/12/5) 西谷文和 イラク報告 イラクとクルドの対立でISは盛り返し、死の商人はここで武器が売れる地獄であることを語る

                0

                  永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー、ばんばん侍、今週はフリージャー
                  ナリストの西谷文和さんがイラクから生電話での報告です。西谷さん、SNSでイラクを発信されていま
                  す。アシスタントは増井孝子さんでした。
                   お電話がつながり、西谷さん応答されて、今はイラクのクルド人自治区の北、今回はISがどうなって
                  いるか&イラクの北部は寒く、山で厳寒、難民キャンプに子供服を配られて、日本とほぼ同じ、夜は寒
                  く、そして難民の子供たちに衣服を届けて、たくさんの方の募金が来て、イラクに1週間前に来られて、現
                  状は平和かどうか、激戦地のモスルも行かれて、イラク、クルド軍がISを叩いたのに、ISが盛り返し
                  て奪還、IS掃討は成功せず、モスルは廃墟で、昨日行った町も無人、ISは家や町に仕掛爆弾を置いて
                  行くので、住民は帰れず避難民キャンプにいて、電気ガスもなく、ドアの裏に爆弾のある場合もあり、家
                  に入れず、なぜこうなったか?IS掃討の地上部隊はイラクとクルド、アメリカの指示の下でISと戦
                  い、「しかしイラクとクルドで油田をどちらが取るかで揉めて、そしてISは潰されず」、イラクとクル
                  ドは対立して、住民はたまらない、避難して4年目、5回目の冬で、帰れない。
                   ノーベル平和賞で有名になり、女性がISにレイプされて奴隷妻にされて、避難民キャンプに娘を奪わ
                  れた女性がいて、21歳の娘を奪われてずっと泣いて、西谷さん、クルド軍に女性兵士が多くいて、インタ
                  ビュー、男尊女卑でないというプロパガンダと思いきや、志願して女性兵士になり、ISはイスラム教徒
                  以外は人でないと思い、男は殺し女性はレイプ、奴隷妻で、復讐のために志願して女性兵士になり、男女
                  同権ではない、殺された女性兵士は何百人!女性たちもISをたくさん殺して、殺戮の泥沼。
                   簡単に説明すると、アメリカ軍はドローンでISを探す→クルド兵士に送る→GPSで狙うものの、イ
                  ラクとクルドの対立で、ISに止めをさせず、ISは盛り返す。
                   サウジでカショギさんが殺された→アメリカはサウジに武器を売りにくくなり、「武器を売る方から見
                  たら、サウジの代わりにこちらで買ってくれるので、死の商人にはウハウハ、結果として武器の消費量は
                  大変なもの」ではある。
                   ばんばさん、こんなことは日本で報じられないと告げられて、西谷さん、来週帰国して報告する、今、
                  現地は朝であり、西谷さん、これから許可が下りたら刑務所の取材をしたい、クルド軍がISをたくさん
                  捕まえて刑務所に入れて、裁判なしで処刑する、しかしISは少年兵が多く、少年兵の取材をしたいもの
                  の、許可が降りるか不明。少年兵は、より残酷に殺す、死を恐れず、少年だからと油断はないものの、I
                  Sは戦前の日本と同じで洗脳されて、要するに神風特攻隊、前線で天国に行けると思っている、というと
                  ころで電話は切れて、ばんばさん、戦争は怖い、人間を変えてしまうと説かれて、これが現実であり、い
                  かに我々は平和を享受できても、増井さんも安田純平さんに自己責任というものの、西谷さんの働きを評
                  価されて、そして電話はまたつながり、信号が弱く切れやすい、もう危険なところは行かないので来週帰
                  国されるということで、ばんばさん、今は平和な国の方が少ない、フランスは暴動、アメリカはメキシコ
                  国境で難民問題を抱えていると説かれて、締めくくられました、以上、西谷さんの現地報告でした。この
                  内容、例によりいくらでも拡散してください。



                   


                  MBSラジオ ニュースなラヂオ(2018/12/3) 入管法改悪、外国人労働者の受け入れを考える、丹羽雅雄さんのお話&福本さんによる倉敷市真備町報告

                  0

                    永岡です、MBSラジオの、ニュースなラヂオ 第36回、今週も新聞うずみ火代表の矢野宏さんと、フ
                    リーアナウンサーの加藤夏海さんの司会で放送されました。ニュースキャスターは上田崇順さんでした。

                     秋篠宮さんの発言から、安倍政権批判、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん
                    がブログで展開されています。
                    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12423144449.html
                     今、西谷文和さんがイラクで取材されており、明後日は現地からばんばひろふみさんのラジオにお電話
                    で出られる予定で、その後もメディアに出られると思います、矢野さん、ニュースなラヂオに西谷さん出
                    してください!A〇Cラジオの道〇洋〇さんや伊〇史〇さんの番組で先を超されないように!
                     そして、ニュースなラヂオ、師走初の放送、もう2018年終わり、矢野さんこの前新年…と言われて、矢
                    野さんも慌ただしい、月末にうずみ火で茶話会をして、金曜日に酒話会をして、単に酒を飲んだらアカン
                    と、酒を飲みながら憲法を学ぶ、憲法改悪の機運で、守るものも、変えるものも憲法を読んでいないとダ
                    メ、弁護士の定岡さんに解説してもらい、自民党の9条+自衛隊、緊急事態条項などにまなび、内閣の仕事
                    は73条にあり、これに緊急事態条項=国会なしで内閣が法律を作れる=内閣に権力集中→独裁、かつてド
                    イツのワイマール憲法が第1次大戦後できて、ドイツが連合国から押し付けられた?普通選挙もあり、日本
                    の大正時代、しかしこれがナチスの独裁を許し、ワイマール憲法に緊急事態条項があり、ヒトラーはこれ
                    を2回使い、逮捕にも逮捕状不要=人権蹂躙し放題=合法的に独裁、三権分立は何のためか、権力集中の危
                    険性があり、矢野さん、飲んだ後は忘れる(笑)のでお酒の飲み方も考えないといけない、うずみ火の
                    06-6375-5561に連絡してください。

                     ニュースピックアップは上田さんの担当でした。
                     沖縄、辺野古新基地ゴリ押しで岩屋大臣は14日に土砂投入とゴリ押し、防衛省、沖縄防衛局は土砂を海
                    から運ぶ、本部町は港を許可せず、自治体の許可不要の民間施設を使い、玉城デニー氏の抗議も無視、玉
                    木氏は辺野古新基地建設否定の民意に反すると怒り、沖縄県は石井大臣の判断を違法として、2/24に県民
                    投票し、政府はその前に既成事実化を狙い、民間企業の桟橋で市民50人が反対の行動、沖縄県警機動隊が
                    排除、矢野さん、沖縄の民意を踏みにじる、民主主義否定と説かれました。
                     外国人労働者の受け入れ、世論調査では6割が反対とJNNの調査で、安倍政権の評価は26%、評価しな
                    いは61%、法律反対が61%、消費税増税も反対52%、憲法改悪も反対が上回り、しかし内閣支持率は
                    52%、法案には反対でも、支持率は上がり、矢野さん、あきらめたらダメと説かれました。
                     シャープの亀山工場で外国人労働者の雇い止め、会社は告発にノーコメントです。
                     新語流行語大賞、そだね、半端ない、#ME TOO、ご飯論法などが選ばれました。矢野さん、ご飯論法、
                    加藤大臣がすり替えでやっていたと説かれて、法政大の上西さんの発案、論点すりかえ、ご飯が白米か食
                    事自体か、論点すり替え、はぐらかしetcです。上西さん、国会の詭弁を許したら国民生活破綻と警告され
                    ます。

                     今週の特集は予想通り外国人労働者の受け入れ、入管難民法改悪について、技能実習生のことなど、在
                    留外国人の人権に取り組んでこられた弁護士の丹羽(にわ)雅雄さんのお話がありました。
                     入館法は強行採決、一定の知識を持つ特定技能1と2の在留資格を設けるもので、1は5年、2は継続可能、
                    この法案の問題点について、外国人労働者の人権を守るネットワークの代表の丹羽さん、この法案につい
                    て、もともと2月に安倍総理が外国人人材受け入れを拡大しろとして、外国人人材受け入れ、人材=商品で
                    人間ではなく、技能実習生は人権侵害、人身売買、時間給300円などムチャクチャ、国際貢献、技術移転の
                    建前で、実態は安い労働力のため、基本的な枠組みであり、50〜60%、3年の技能実習を終えたら対象にな
                    るが、最大の問題は、出入国管理の中で語られて、労働力というより、その人たちは人間なのに、人間を
                    受け入れる社会意識が欠落している。
                     矢野さん、技能実習生の問題を説かれて、中身がない、上限なしと指摘されて、丹羽さん、改悪法を見
                    たら、14業種の具体的な人数なし、分野別にどうするか決まっておらず、省令に委任=白紙委任であり、
                    政府は47550人初年度というものの、これは見込み、根拠なし。
                     なら、法案の出来た後で改竄があり得て、16日の法務委員会で安倍氏は省令でやる=強行採決したら、
                    政府がやりたい放題、国会で審議しないとダメで、国会無視と説かれました。
                     矢野さん、移民政策ではないというものの、政府のいう移民は永住権あり、これは矛盾と問われて、丹
                    羽さん、国際的な基準だと、1年以上働いて居住したら移民になり、日本にはすでに250万人いて、「日本
                    は移民社会」と国際社会では見られる、しかし国連では移民政策をちゃんとしろと尻を叩かれて、政府は
                    単純労働を受け入れず、自民党でも反対意見があり、矢野さん中途半端と言われて、丹羽さん、定住させ
                    ず、帰国させる、例外として熟練者は更新させて10年くらい居住させるというものの、基本は定住させな
                    い、それで移民政策と認められないように、であり、矢野さんご都合主義、一人で来て帰れはおかしいと
                    説かれました。
                     そして、日本の外国人労働者の実態、技能実習制度、途上国に日本の技術を伝える、93年に開始、3〜5
                    年、77の職種に27万人働き、矢野さん、国会審議で、昨年7000人失踪を問われて、丹羽さん、高い賃金を
                    求めてではなく、失踪者の声は低賃金、セクハラ、人権侵害であり、政府の説明は実態調査と異なり、こ
                    れは以前からあったのに、日本政府はちゃんとせず、実態は人権侵害多発→失踪、丹羽さん、技能実習生
                    の裁判をされて、中国から縫製に来た100人、民間から、30万円借金して、日本でトラブル=没収、中国で
                    組合を作り、研修で5万の手当て、試験で受かると8.7万の約束、冷暖房完備というのに、日本語教育な
                    し、縫製の仕事、給与はたった1万で、帰国のために貯金というのは嘘、試験を受けて8.7まんのはずが、
                    1.5万しかない、裁判で4万いくらは中間控除であり、約束が違い、それで抗議して、女性たちは日本語が
                    分からず、理事長は中国人名で、うるさいこと言うなとなり、そこから丹羽さん裁判。100万で和解だが、
                    氷山の一角、文句を言う=強制帰国、何をされるか分からず、だから国連勧告、奴隷と表現されて、これ
                    は温存するなとしている。
                     リスナーより、自分の会社にベトナムの労働者がいて、待遇は分からないと指摘があり、丹羽さん、横
                    のつながりを否定されて分からず、名目賃金から引かれる、リスナーより、技能実習生の関わる仕事につ
                    いて質問があり、丹羽さん、77のところで広がり、第1次〜第3次産業の基幹、介護などで日本を支えてい


                    和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2018/12/1) 選挙の低投票率から民主主義の危機を語る、ゴーン氏逮捕からゆがんだ日本を告発する!

                    0

                      永岡です、和歌山放送ラジオ、毎月第1土曜日は7時半に、毎週金曜日のボックスに出られている和歌山
                      信愛女子短期大学の伊藤宏さん(新聞うずみ火スタッフ)による、スピンオフ番組、脳にきくニュースが
                      ありました。アナウンサーの寺門秀介さんの司会でした。…例により頭にくる内容で、皆さん心臓を強く
                      持って晋三に対峙してください!
                       あっという間に師走、年々加速度と寺門さん言われて、伊藤さんも年月の早さに圧倒されて、和歌山県
                      知事選について、現職の仁坂氏三選でも、伊藤さん投票率が38%、過去3番目の低さ、知事は現職有利、選
                      挙は盛り上がらず、争点も、対立候補はバクチ場を取り上げたものの、争点にならず、仁坂氏の3期12年に
                      大きな失点はなかったもので、現職有利と言われて、しかしこれほど投票率が低いのは問題、結果が見え
                      ているというのはおかしく、無関心は大問題、和歌山県のトップを決める選挙で、10人のうち4人も意思表
                      示しないのは残念、有権者の無関心が、和歌山だけでなく広がり、民主主義には危険、国会を見ても、外
                      国人労働者の法律、メディアでは最重要と言われて、与野党が言いたいことを言い議論は平行線+安倍総
                      理の外遊に間に合わせるための強行採決であり、総理の外遊、安倍総理は何回行くのか、外遊回数でギネ
                      スブック入りを狙うのか?副総理がいるとしても、あまりにやりすぎ+外遊で国内政治の日程がきめられ
                      るのはおかしい、しかし有権者の関心が低く、おかしいという声が盛り上がらず、日本の根幹を変える法
                      律が強行採決はおかしく、人出不足というものの、最重要は介護、重要なものなのに、待遇が悪くなり手
                      がない、伊藤さんの教える保育士もそうで、労働者を使い捨て、若い人を安い賃金で使い捨てであり、こ
                      れでは生活できない給与、世の中の平均より低い、これを見直すのが先なのに、外国人を入れるという安
                      直さは問題。
                       伊藤さん、より問題なのは、メディアの言うように入管法もあるが、水道民営化、ワールドカップで盛
                      り上がっていた時に、衆院で水道法改悪、バクチ場法もあり、水道民営化は8時間しか審議されず、人間
                      の、命の元の水の法律を変えるのはおかしい、臨時国会でゴリ押し、大問題は、水道を民間企業に任せた
                      ら、民営化が良くないではない、人間の命に変わるものを衆院で8時間しか審議されず、入管法同様ちゃん
                      と審議されない+海外では民営化は失敗、命の元の水についてこんな大事なことをゴリ押しはおかしい、
                      有権者はどうにもならず、公共の水道しか飲めないと言えないし、選挙に行かないといけない、棄権した
                      らダメ、自治体のトップを決める選挙で、仁坂氏は過半数の支持はない、たった3割の支持しかなく、それ
                      でまた4年、これが当たり前でいいのか、国会もそうで、水道、入管法も、利権に関わるものだけ関心では
                      おかしいし、外国人が来て影響を受けるのは国民であり、国民、有権者はシビアに見ないと、民主主義の
                      危機、一部の人間に牛耳られる日本では良くない。
                       寺門さん、投票権はあると指摘されて、伊藤さん、国民も安倍総理も仁坂知事も同じ一票があり、大事
                      な手続き、法で投票を義務化するのはおかしい、投票率が上がるのは争点が上がる、現職のスキャンダル
                      などでも、かつてのような投票率はなく、選挙権のなかった時代から今は民主主義であると説かれまし
                      た。
                       ここで音楽、葛城ユキのボヘミアン、でした。
                      https://www.youtube.com/watch?v=9GU___1igyI
                       伊藤宏の脳にきくニュース、世界的なショックであるゴーン氏の逮捕、日産を立て直したカリスマ、ベ
                      ルサイユ宮殿で結婚して、まずは金額、国の予算、スポーツ選手の年俸で億はあったとしても、企業の経
                      営者が、労働者の生涯賃金2億とかいわれて、しかしゴーン氏は数十億、日本でワーキングプアがある、飢
                      えている、お金で困っている人も多数いて、ゴーン氏は手腕を発揮したとしても、あまりに格差が大きす
                      ぎで、給料の良しあしで就職先を選ぶのではないが、ぜんぶ一緒にしろとは言わないが、国会議員の歳費
                      にも問題があり、国会議員は責任を負って大変でも、同じ労働、汗水たらさずとも億のお金が手に入り、
                      他方外国人に単純労働を安く押し付ける、単純労働と同じ対価ではいかないが、億単位の報酬をもらう
                      人、ワーキングプアが一方であり、寺門さん、芥川龍之介の羅生門を取り上げられて、伊藤さん、政治家
                      だけでなく、大阪万博でエライ浮かれよう、計算大臣、知事と、いい年したオッサンが、万博誘致に多数
                      のお金をかけて、経済効果というものの、国民にどこまで波及するのか?それが議論されず、大阪万博は
                      バクチ場なしで成り立たず、万博は半年、オリンピックより長いものの、これらのためにお金を浪費し
                      て、市民感覚から離れて、万博も、浮かれるのではなく、経費はどれだけかかるか、そのためにしんどい
                      目に会う人もいて、何のためにこの国に住んで、税金を納めているのか、震災、様々な災害の復興も進ん
                      でおらず、福島では戻れない人もいて、そういう人を救うのが先、博覧会、スポーツは余力のある国がす
                      べきで、企業だと放漫経営、ゴーン氏のみ悪者にされているが、許した企業の責任もあり、ゴーン氏のた
                      めにリストラされた人もあり、企業として最低、人件費を切れば経費は浮くのは当たり前で、人を犠牲に
                      したゴーン氏、なら自らも身を切るべきで、この問題は単にゴーン氏の有罪云々の前に、日本で働く意味
                      を考えて欲しいと説かれて、2018年最後のニュースも辛口であったが、ラグビーワールドカップにも伊藤
                      さん言及したい、お金をかけずに、素晴らしいプレーを見られるようにと締めくくられました、以上、伊
                      藤さんのお話でした。


                      | 1/656PAGES | >>
                      このページの先頭へ▲