calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2019/6/25) 武田砂鉄 自民党の配布したトンデモネトウヨ冊子を斬る!民主主義を蹂躙する安倍政権のファシズム志向を批判する!

0

    永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、今週火曜日の大竹紳士交遊録はフリーラ
    イターの武田砂鉄さんでした。パートナーははるな愛さんでした。
     もう皆さんご存知と思いますが、東京新聞が、自民党が辺野古建設業者から献金を受けていたことをス
    クープ、https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019062502000144.html ネトウ
    ヨは辺野古反対の市民に日当が出ているとデマを抜かしていましたが、何のことはない、自民党へ賄賂な
    のです(怒)。これ、ゴールデンラジオで、東京新聞のスクープがなかったら闇に葬られていたとのリス
    ナーの声がありました。

     テレビでは皇族の結婚がどうのこうのと、吉本芸人の闇営業ばかりです。さらに大阪はG20で戒厳令、
    警官32000人動員、明日うずみ火の茶話会に行くのにポリ公だらけとのことです。明日は大阪にビスコを
    持って行ってポリ公が来たらはいビスコにしようかな?(じゃりン子チエを知らない人には分からずにす
    いません(笑))、吉本芸人が反社会的勢力と付き合っていたというものの、日本最大の反社会的勢力は
    安倍政権、安倍晋三首相、このメンバーにその反社会性は日本じゃ2番目だというのかな?(快傑ズバット
    を知らない人分からなくてすいません(笑))
     性犯罪の無罪判決などに抗議するフラワーデモ、次回は7月11日です、https://www.flowerdemo.org/ 

     今週の武田さんのテーマは自民党が配布したトンデモ冊子の謎、その前に安倍晋三首相への問責決議
    で、反対する三原じゅん子氏の演説が話題、安倍晋三首相に感謝しろというヘイトスピーチ、野党に恥を
    知れと時代劇の再放送みたいなハイテンションで、編集されたものの、野党の反対意見には民主主義では
    意味があり、安倍晋三首相に感謝しろ、恥を知れは常軌を逸していて、野党の決議は予算委員会をしな
    い、中央省庁での改竄、年金破綻で金融庁の報告書を受け取らず、これを無視して安倍晋三首相に感謝し
    ろと言い喝采を浴びて、自民党は拍手喝采=民主主義否定、論理的とは言えず、総理に感謝しろと与党議
    員が野党に言いー、与党が拍手喝采は大竹さんも批判されて、拍手とはすごい、武田さん、自民党の総意
    として三原氏を立たせてあれはひどい。
     そして、トンデモ冊子、所属議員にフェイク情報、トンデモ野党と25分ずつ配布、テラスプレスが作っ
    たものの、ここれは実態不明、どこからお金が出ているか不明、中身はフェイクニュースとマスコミ批
    判、安倍外交はすごいと、メディア批判&安倍賞賛のトンデモであり、そして誰が作ったか不明、ラジオ
    では参考資料は明確にしないとならず、自民党は参院選に使え、野党とメディアの偏向を批判して、自民
    党としてこの冊子を読めであり、大竹さん、自民党の議員は受け取りどう思っているのかと問われて、武
    田さん、議員の反応はマチマチだが、枝野氏を誹謗中傷して、イラストでもそう、玉木氏のデタラメイラ
    スト、安倍晋三首相はイケメンであり、自民党の本部は、大手新聞社のようなものではないというもの
    の、このようにソースの分からないものは新聞の社説と同列ではなく、冊子作成に自民党の関与は疑われ
    て、作っていなくても配布はダメ、。常軌を逸した内容の配布は問題、加藤総務会長は詳細を知らないと
    抜かして、これは誰が作ったか自民党は知っているはずで、こんなものを選挙資料にするとは言語道断、
    総務会長知らないはとんでもないもので、昨年の沖縄県知事選挙で作られた怪文書とイラストが似てい
    て、それと関係も疑われて、この冊子の責任は自民党にあり、大竹さん、野党と自民党の政策比較ではな
    いと説かれて、武田さん、マニフェストではなく、野党と朝日新聞バッシングであり、到底マニフェスト
    と呼べない、マニフェストは政党で作るが、出所不明で大変、この冊子はテレビでも取り上げられて、ど
    こが作っているか、自民党の議員もおかしいというものはあるが、フェイクニュースと呼ばれて、歴史改
    竄本が書店に乱舞して、この本に報道では語られない真実があると、ファクト軽視は冗談ではない。
     大竹さん、安倍外交の失敗はロシアでもあり認めるべき、北方領土問題はロシアと日本の言い分が違
    い、政府は正直に本当のことを言わないと、4島ではなく2島になった理由も言えと説かれて、武田さん、
    枝野氏批判でよだれたらしたイラストは大問題、DPRKで指導者を美化するものと同じと説かれて、大
    竹さん、民主党政権のまずさは3・11もあり、安倍政権の成果だけではないと説かれて、武田さん、安倍晋
    三首相に感謝しろとしたらファシズムだと締めくくられました、以上、武田さんのお話、私も全く同感
    で、これ、いくらでも拡散してください!


     


    J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/6/25) 青木理&クォン・ヨンソク 日韓関係を語る、双方の市民が未来志向で対話せよ、官僚システムが安倍一強で破綻し日本崩壊を危惧する!

    0

      永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、グローバーさんの司会、火曜日のニュース
      スーパーバイザーはジャーナリストの青木理さんでした。青木さん、年を取るほど時間のたつのは早い、
      グローバーさんは本厄でも気にすることない(笑)、迷信、青木さんも何も起こらず、とのことでした。

      アメリカとイラン情勢について、アメリカに詳しい上智大学の前嶋和弘さんのお話がありました。トラ
      ンプ氏のイラン制裁は、アメリカは譲らない、プレッシャーをかけてイランに核放棄させる、イランの攻
      撃を10分前にやめて、ボルトン氏は好戦的であり、中東はきな臭い、最大限の圧力でも、イランは乗れな
      い。
      最高指導者に制裁だとイランは反発するが、最大限の圧力をイランの指導者への嫌がらせ、怖いのはイ
      ランも納得できず、平行線の中で跳ね返りが出て戦争の危惧が偶発的に起きる可能性はあり、イランの後
      ろにロシアで、米ロの対立もある。
      アメリカは中国と経済戦争で、これは合意もあるものの、最近の情勢は中国も様子見、安全保障、知的
      財産権では米中の妥協はあり得ず、関税について、両者避けたいのか、腹の探り合い、アメリカの消費者
      にもマイナスで、アメリカは妥協せざるを得ない、しかしトランプ政権ではこれで中国を叩きたい意図も
      あり、農産物の報復関税でトランプ氏の支持層を喜ばせる、シナリオは見えず、G20もあり、中国はDP
      RKともトップ会談、中国はDPRKへの影響力最大だが、G20の前で習近平氏と金正恩氏の会談を知
      り、トランプ氏は親書を送り、アメリカは中国の入るのを好まない、DPRKをカードにアメリカに譲歩
      を迫り、米韓関係は、日本に先月トランプ氏が来て大歓迎だが、ファーウェイについて韓国は排除せず、
      サードミサイルも中国に配慮して配備させず、トランプ氏は韓国に圧力+日韓関係を良くしろとするもの
      もあり、グローバーさん、トランプ氏は日米安保条約は破棄と言ったことを問われて、前嶋さん、トラン
      プ流の取引材料、日本に譲歩させる、参院選の後で貿易交渉の際に安全保障を人質に取り譲歩させる、思
      いやり予算をもっと出せ+日本に軍事物資をもっと買えと迫ると説かれました、以上、前嶋さんのお話で
      した。

      青木さん、今日のニュースから、アメリカのイラン制裁、イランは中東の大国で、これで世界経済は大
      変、イージス・アショアでまたもや数値改竄、イージス・アショアは地上配備の迎撃ミサイルシステム、
      この番組に軍事評論家も場所がおかしいと語り、DPRK対策で秋田と山口はグァムとハワイを守るた
      め、日米の軍事的な一体化+トランプ氏のご機嫌取りに武器爆買い、イージス・アショアはアメリカから
      買うことが最初にあり、配備場所は最初から決まり、住民を説得する理由付け、現地に行かずグーグル
      アースでやり、配備場所ありき、安倍政権不信任決議案は否決だが、安倍政権を支持する人も真剣に考え
      ないといけない、イージス・アショアのように客観的なデータもなく、それを示すのが政治の専門家の官
      僚だが、データを出さず、安倍政権の決めたことに従って、安倍氏が辞めるというと改竄、客観的データ
      を示すべき官僚システムが破綻、人事を握られる、政権にたてつくと飛ばされる、いじめられる、スキャ
      ンダルを流される、官僚も人間で安倍政権にすり寄り、安倍政権の求めるものだけ上がる=自分に都合の
      いいものだけ見たら、政策の土台破綻、年金の金融庁の報告の2000万円不足もそうで、こんなことを続け
      たら日本の社会システム破綻であり、おかしいことに声を出しておかしいというべきと説かれました。

      UP CLOSE、日韓関係、文大統領の意向について一橋大学のクォン・ヨンソクさん解説です。青
      木さんクォンさんと初対面、韓国で文政権からではなく、日韓関係は65年以来最悪、クォンさんは1970年
      生まれ、78年に日本に来て、ソウルに戻り、一橋大学に入り、途中徴兵されて、東アジアと日韓の文化交
      流に詳しく、日本のアーティストを韓国に紹介、日本のラジオを韓国に伝えて、夜だと日本のラジオは韓
      国で聴けて、言葉はわからなくても理解できて、80年代は日本の文化は禁止されても、少女隊が日本でラ
      イヴして、韓国に青木さん数年いて、日本人に好意的、クォンさん「韓国は文化では世界一日本が好
      き」、ポップカルチャーだけでなく、日本を理解して、10代の日本のイメージは58%良好「韓国=反日で
      はない」。
      青木さん、日本の一部のネトウヨはヘイトスピーチ、韓国に罵詈雑言、しかし若い世代は韓国の文化を
      愛して、これについてクォンさん、若者は文化が入り、高齢者に排外主義があっても若者たちは好きなも
      のを好きと言えて、これに高齢者が介入すべきでない。
      青木さん、それで政治の状況について、文化に日韓の国境はないが、文政権と安倍政権、徴用工問題を
      説かれて、クォンさん、問題があるなら対話して解決すべきだか、日韓ともに厳しい世論のみみて、文化
      を見ず、政治、外交で問題があり、G20でも日韓は対話せず、しかし安倍総理は一番誓い国に会わないの
      は大人げない、感情的なしこりでこれは日本の外交の問題。
      青木さん、金大中氏はDPRKとシャトル外交と説かれて、クォンさん、朴槿恵氏の時代はDPRKへ
      の排外主義で、文政権もしんどく、日本と接触して折り合いのキャッチボールをすべき。青木さん、原点
      を考えたい、日本が朝鮮半島を植民地支配、韓国と65年に国交正常化して、原点は、韓国が独裁政権、日
      本は佐藤栄作氏、純粋に仲良くするではない、共産主義対策+アメリカのご機嫌取りで、65年の原点につ
      いて、クォンさん、65年の条約では日韓の過去の歴史に全く言及せず、日本の謝罪もなし、経済協力も具
      体的なものなし、韓国は民主化されて、今後の日韓関係の前に、65年体制は歴史問題の棚上げであり、国
      民に曖昧、当時のもので、日韓併合や歴史について65年は完結せず、両国の国民の合意なし、そして徴用
      工訴訟では日本は他人事ではない、両政府ともに困り、本来日韓政府が歩み寄るべき。
      青木さん、あえて日本側の立場で、軍事政権→民主化としても、65年のものを蒸し返すなという日本の
      世論を問われて、クォンさん、韓国でも65年体制の破棄は言われず、求められるのは補完、金大中氏と小
      渕氏のもの、植民地支配を謝罪、韓国は向き合い、それで98年以降文化交流、しかし日本は河野談話破棄
      であり、98年のものを条約にすべき、両国は、文化交流も明文化して、条約締結は可能。
      青木さん、事態で深刻なのは、65年は歴史問題を棚上げであり、98年にうまく行きかけて、そして韓国
      では軍事政権を見直し、日本では安倍氏のようなかつての日本は良かったであり、水と油、これが補完で
      きるかと説かれて、クォンさん、日韓は多元化して、以前はクォンさんのようなものは日本におらず、韓
      国でも日本の人が活躍して、政府、首脳以外の日韓関係もあり、そうして多元的対話によりやるべき、政
      府だけではだめ、ドゴール氏は政治だけではダメというもの。
      クォンさん、東京新聞で語られて、日韓関係は65年以来最悪というものの、65年を乗り越える陣痛と説
      かれて、クォンさん、韓国に厳しいものは、日本が本音で語れるものが出てきた、遠慮はダメ、韓国の本
      音もあり、対立もあっても互いを理解すべき、日本で植民地支配は合法との意見があったことは韓国は知
      らず、新しいものとどう付き合うか、謝罪を一方的に求めるのではない、日韓の真の正常化のために、対
      話すべき。
      青木さん、韓国へのヘイトスピーチのような本もあり、膿を出すべきかと説かれて、クォンさん、アメ
      リカ、中国へのフラストレーションは韓国に向いていて、日本の品格にはマイナス、人種偏見はダメだ
      が、健全な批判は必要で、嫌う人が自分のマイナス面を知り、クォンさんは日本に長いが、いま日本の中
      で心配なのは、韓国のプラス面が報じられず、若者世代はYouTubeで接していて、韓国の文化的なものもあ
      り、是枝さんも評価されて、日韓で一緒にやれる。
      青木さん、新聞記者で、ヨーロッパを取材したら、韓国と助け合い、言語にも共通項があり、しかし面
      と向かうと対立と説かれて、クォンさん、日韓のスポーツ選手は称え合い、良きライバルになるべき、そ
      れを認めて共存すべき、良き隣人に、であり、青木さん、安倍氏も文氏も話すべき、クォンさん、安倍氏
      は父親や祖父が韓国と仲良く、それを思い出せと説かれました。グローバーさん、安倍氏はトランプ氏と
      よく電話会談する、文氏とやらないのとか説かれて、青木さん、ソウルでこの番組を聴く人もあり、日本
      の映画、アニメ、特撮は韓国で人気、未来志向で、としめくられました、以上、青木さん、クォンさんの
      お話でした。
       


      MBSラジオ ニュースなラヂオ(2019/6/24) 沖縄慰霊の日、少年兵と女子学徒隊、矢野さん報告、戦争は破滅への道でしかないことを語る&おじさんも挑戦、ヘアドネーション 上田さんの報告

      0

        永岡です、MBSラジオの、ニュースなラヂオ第65回、今週も新聞うずみ火代表の矢野宏さんの司会、
        フリーアナウンサーの北口麻奈さんのアシスタントで放送されました、ニュースキャスターは上田崇順さ
        んでした。福本さんは京都ビビビッのためお休みです。

         先月、関西テレビの胸いっぱいサミットで、作家の岩井志摩子氏が韓国へのヘイトスピーチをした件
        で、昨日のカンテレ通信で取り上げられて、毎日新聞に記事があり、
        https://mainichi.jp/articles/20190623/k00/00m/040/138000c 私も見ていて、コメンテイターの影山貴
        彦さんが厳しく批判されて、関西テレビのアナウンサーの方が謝罪していましたが、この番組は元々たか
        じんの胸いっぱいがルーツのヘイト番組、少し前に鳩山由紀夫氏や山本太郎氏の誹謗中傷をしていて、関
        西では他にヘイト番組は読売テレビのそこまで言って委員会や朝日放送の正義のミカタがありますが、関
        西のテレビはこの2年ほどでヘイト化が激しく、背景に吉本の芸人たちが安倍政権と癒着しているのも無縁
        ではないと思います(吉本芸人は闇営業で謹慎ですが、吉本はもう反社会的勢力です)。

         ジャム・ザ・ワールド、イエメンの武装勢力がサウジアラビアの空港を襲撃した件について、慶応義塾
        大学の田中浩一郎さんが話されました。グローバーさん、交通事故死について、日本だと24時間以内に亡
        くなると交通事故死だが、アメリカだと1ヶ月以内の死者をカウントして、医療技術により交通事故死者は
        変わると説かれました。
         田中さん、組織はイエメン政府に不満、内戦で力をつけて、フーシ派はイランがバックアップ、他方サ
        ウジアラビアのバックアップする勢力というのは一面的なもの、イエメン内戦は複雑で、サウジアラビア
        がイエメンに武力介入して、フーシ派はサウジアラビアの空爆を受けて、空港を攻撃されたのは。イエメ
        ンのことは知られず、サウジアラビア、UAEが空爆、スクールバスも空爆して、それへの報復ではあ
        り、そして多くの犠牲者が出て、イエメンは2015年から内戦、しかしそれ以前に20年前から混乱であり、
        サウジアラビアの介入で標的に自らなった。
         サウジアラビアとイランの関係悪化をグローバーさん懸念されて、田中さん、内戦を超えて周辺国も介
        入して、イランがサウジアラビアにちょっかいもあり得て、他方サウジアラビアとUAEはアメリカとイ
        ギリスの支援を受けて、しかし米英は気に入らない勢力を削ぐためのもので、当事者にはたまったもので
        はない。
         グローバーさん、今後の中東情勢を問われて、田中さん、サウジアラビア、イエメンへの報復合戦にな
        り、非軍事的な支援でも戦争になり、サウジ、UAEにアメリカは支援して、イランという悪の権化を
        でっちあげて、アメリカを喜ばせて、これに出口はあるか、田中さん、事態を悪化させないと願うのみと
        説かれました。
         …で、19時20分ごろ、緊急地震速報で、FMのクラシック音楽を聴こうとしていたら地震、ジャム・
        ザ・ワールドの東京は無事ですが、大変です。音楽番組は予定通りですが…
         26日に、18時半半から年金払え官邸前デモがあります、http://kyujokowasuna.com/?p=3248 

         ニュースなラヂオ、矢野さん沖縄に取材、組織的な戦闘は終わり、4月に沖縄戦、20万人以上、9万人は
        民間人が亡くなり、沖縄は6/23は学校も役所もお休み、6/23が雨は30年ぶり、梅雨明けでも、沖縄本島摩
        文仁の平和記念公園では追悼式、うずみ火読者さんと参列されて、昨年は翁長さん、がんと闘病生活の中
        で帽子をかぶり参席、平和宣言の時に帽子を脱いで、シンガポールでの米朝会談により、辺野古埋め立て
        はアジアの緊張緩和に逆行と語り、5100人が今年玉城知事のメッセージを聞いて、県民投票で辺野古反対
        は圧倒的多数、工事を強行する政府は民主主義蹂躙と語り、辺野古唯一はやめて対話しろと語り、辺野古
        を断念しろ、民主主義を尊重して対話しろと語り、玉木氏、独自色、沖縄のことを知ってほしい、ウチ
        ナーグチと英語でもスピーチ、矢野さん反応に驚き、リスナーより玉木氏、中学生のスピーチを評価、そ
        してでんでん総理は早口でコピペ原稿を読み、辺野古も県民投票も言わず、帰れと、人間として恥を知れ
        と怒鳴り、やめてくれと、甲子園の江川も桑田も真っ青、慰霊の場で批判はどうかではない、知事選、県
        民投票で沖縄は辺野古NOで、ゴリ押しの政府は批判されて当然と説かれました。

         ニュースピックアップ、上田さんの担当で、国会はでんでん総理の問責決議を否決、福山氏は老後に
        2000万要る、それで消費は破綻、問責=安倍政権が続き破綻、与党+維新が否決、内閣不信任案は明日出
        て、明後日会期末、でんでん総理は解散を見送りの予定が、菅氏は不信任決議案は解散になるというので
        す。
         G20大阪サミットは4日後、関空でコインロッカー閉鎖、大阪城に機動隊員がもぐり?大阪城天守閣は2
        日臨時休業?サミットで首脳が来て、大阪でエライ交通規制、営業できないところも出て、外国人観光客
        に人気のスカイビルも休館(泣)、観光破綻です。
         2国間、、でんでん総理、プーチン大統領には門前払いとロシア関係者が語り、プーチン氏は北方領土を
        日本に返さないであり、菅氏は返してもらうために交渉するというのです…

         今回のテーマは沖縄慰霊の日、若者が戦争体験を引き継ぐ若梅会も作られて、護郷隊、白梅学徒隊から
        沖縄線、戦争を矢野さんが問います(6月23日は沖縄慰霊の日、7月23日は黒田清さん命日、個人的なこと
        ですが、8月23日は母の命日です、3か月連続で23日に意味のある永岡です)
         矢野さん、沖縄の第二高女の看護部隊、白梅学徒隊を取材されて、1945/4、沖縄本島ら米軍が上陸し
        て、南北に分断するために攻撃、一つをやんばるに向けて、南部の戦闘が知られても、北部の戦闘は知ら
        れず、矢野さん、現地を取材、南部では6/23に戦闘はおわり、北部では少年兵がゲリラ戦をして、これは
        三上智恵さんの沖縄スパイ戦史にあり、なぜ沖縄が戦場になったか、名護市の戦史編纂の方に取材、米軍
        にとって沖縄戦はそのための拠点、目的は本土決戦、ヤマトンチュは沖縄を捨て石にして、米軍は本土決
        戦の拠点、日米ともに沖縄を悪用して、時間稼ぎはゲリラ戦、敵に正面からではなく、地中などから、米
        兵は54万、日本兵は11万人、戦力差は話にならず、それでも米軍にダメージを与えるにはゲリラ戦しかな
        く、護郷隊に少年兵を集めて。戦意高揚に自分の故郷は自分で守れ、最年少兵士は14歳、ヤマトンチュで
        は青年で徴兵、しかし沖縄では陸軍大臣が少年兵も使え、年齢関係なし、要するに戦争のためのやけく
        そ、陸軍中野学校のメンバーが教えて、参謀本部の直轄部隊、早い話がスパイ養成舞台、少年を兵士にす
        るための機関、中野学校の卒業生2000人のうち44人が沖縄に来て、しかし少年もそのまま戦闘機できない
        +全員志願ではない、トータル1000人ほど、中学校に行けたのは少数、家で働くetcの若者たちが徴兵され
        て、父親や兄は兵隊にとられて、彼らは本来家の労働力、しかし中野学校のメンバーが拒否したら処刑す
        る+軍国教育でお国のために死ねと教育されて、やんばるで沖縄タイムスのスタッフ川満さん、に同行し
        てもらい、22日はあいにくの雨、少年兵は否応なしに徴兵されて、護郷隊の意味は大きく、志願は実質強
        制であり、川満さん、戦争は兵士なしに成り立たず、自分が死ぬのは怖くない、殺すのは怖くない、友達
        の死ぬのは惜しくない、死を強制、友達も思いやりはない、マインドコントロールには有効な手段があ
        り、歌、1日何百回も歌わさせられて、君=昭和天皇のために死ねであり、北口さん残酷で心が壊れると説
        かれて、矢野さん、皇軍は重い荷物を持ち大変、銃剣、ダイナマイトなどえげつない訓練で、川満さん、
        一人ミスしたら少年たちがビンタさせられて、手加減したら上官にさらに殴られて、あごの外れた少年も
        いて、えげつない、一人の失敗がこうなる暴力の連鎖。
         護郷隊は地元の住民と関係があり、スパイ戦、夜闘う→えげつないもので、川満さん、少年兵の記録を
        取り、迫撃砲で即死、避難民が追いつめられて殺されたこともあり、護郷隊は米軍を食い止めるために町
        の箸を破壊して、避難民は逃げられず、食糧を捨てざるを得ない=餓死、しかし米軍はブルドーザーを持
        ち、米軍には無力でウチナンチュを殺した。
         軍医の証言、護郷隊で歩けない少年兵は上官に殺されたというものがあり、けがしたら殺された
        (泣)、遺骨収集で母親が号泣したという弟さんの証言もあり、北口さん、無念と説かれて、家族は事実
        を知ってようやくよかったほど悲惨だと説かれて、リスナーより、ひめゆり学徒隊があり、北口さんも修
        学旅行で行き、矢野さん、学徒隊はひめゆりなど9つあり、高校生の部隊、沖縄戦に参加して、矢野さん、
        23日午後に糸満市の白梅の塔に行き、第二高女のもの、白梅同窓会の会長中山さん90歳、10代で犬死させ
        られて、奇跡的に生き延びた私たちも沖縄戦を忘れてはならない、沖縄戦74年、本土復帰47年、沖縄の負
        担はえげつない+辺野古ゴリ押し=人権蹂躙と語り、中山さん、今年は辺野古に言及して、白梅学徒隊、
        1941年に太平洋戦争、女学校に入り、英語の授業はなく軍事教練+基地建設、1944年には那覇市は米軍の
        空襲に会う、那覇市の9割は焼けて、中山さんの下宿先と学校も焼けて、1945年に軍隊に徴兵されて、4年
        生56人、陸軍のために、神風が吹いて勝つと勝てない戦い→戦場に放り込まれて、野戦病院、一般の病院
        ではない、沖縄のガマで臨時のベッドであり、負傷兵が運ばれて、食事、排泄etcをして、無数の負傷兵で
        破滅的な環境、お風呂なし、着の身着のまま、シラミがわいて(泣)、手術は麻酔も電気もなし、中山さ
        んがろうそくを持ち、軍医がのこぎりでやるもので、切り落とされた足をバケツで捨てるのも中山さんた
        ちの役目。
         白梅隊は6/4に解散命令、もちろん捨てられて、那覇市の出身で、しかし南部は知らず、避難の最中に一
        人また一人殺されて、中山さん、厳しい言葉をかけて、中山さんの体験を聞いて、高校生、ガールスカウ
        トが体験を継承して、中山さん、体験を語り、北口さん、しらない悲劇に絶句、矢野さん、74年たち戦争
        体験を初めて語る人もあり、「まだ74年しかたっていない」、戦争体験を知るべきと説かれました。

         辺野古ゴリ押し、国際環境NGOは防衛省と交渉、反対署名2万筆、防衛省は安倍政権の維持のために辺
        野古はやめられないと抜かすのです。
         茨城県はLGBTの結婚を容認、都道府県では初、20歳以上のカップル、県営住宅に入れて、大井川知
        事は人権のために取り組むというのです。

         「10分で現代を解説」は上田崇順さんによる、おじさんでもできるヘアドネーションです。ジャパンヘ
        アドネーション&チャリティー https://www.jhdac.org/  のことです。
         上田さん、ヘアドネーションが広がり、病気の子供たちのために髪の毛を寄付、ロングヘアーの方のイ
        メチェンから、男性もやれて、男性で長い人は少なく、40代の会社経営者、40cmの髪を切り、知り合いで
        髪の毛を失った人のため、化学治療で紙を失われた落語家さん、乳がんで、お風呂でシャンプーして抜け
        て、まだらになり哀れ、ウィッグにはランクもあり、人毛ばかり、合成のもの、人毛のものは高い、病気
        より髪の抜けた方がショックで、自治体の職員さん、会社によりウイッグをつけろとされるものもあり、
        会議は黒髪で、証明写真の場合も大変、必要な例もあり、病気でもこんなことを強要させられて、帽子に
        もおしゃれなものはあり、男性もヘアドネーションをする、1年で美容室に5人来る、濡れたら寄付でき
        ず、洗う前に切り、様々な形態もあり、美容院がヘアドネーションと連携している場合もあり、先のNG
        Oに世界から髪の毛が来て、18歳未満の子供たちに10年やり、有名な女優さんがヘアドネーションしたと
        SNSで報じられて、ウィッグは子供たちの成長に合わせないとだめなど大変で、人毛の方が軽い、化学
        治療で大変な患者さんもいて、髪の毛は31cm以上なら白髪でもOK、長さがポイント、1つのウイッグに20
        〜30人の人毛が要り、子供たちは240人ウィッグを待ち、寄付の9割は女の子、98%は長い髪の毛を希望し
        て、長いものの需要は大変、ウィッグが欲しくても高価で親に言えない、そういうものもあり、2年待つ人
        もいて、その間に亡くなるひともあり、髪を失う病気は大変、今回ドネーションの男性は2年延ばして、こ
        れから切る人はそれが有用、美容師が捨てていたものを活用したもので、髪の毛で悪く言わない世の中が
        求められるもの、長い髪を切る人はドネーションをよろしくお願いいたします。病気の子供に助かるので
        す、以上、上田さんの報告でした。

         今週の特集、沖縄報告、リスナーより、護郷隊を初めて聞いて、悲惨な戦争はアカン、少年兵は鉄血勤
        労隊があり、えげつない、矢野さん、怖さを忘れさせるためにムチャクチャだとあり、リスナーより、沖
        縄スパイ戦史も見て、無関心は安倍氏らだけでなく、我々もとあり、矢野さん、来年も行けるなら6/23に
        沖縄に行ってほしい、50歳のリスナーより、沖縄のことを初めて知り、義務教育で学べとの声もあり、矢
        野さん、ウチナンチュの辺野古反対の背景には沖縄戦があると締めくくられました、以上、今週のニュー
        スなラヂオでした、この内容、例によりいくらでも拡散してください!安倍政権の暴政を放置したら一億
        破綻です!明日のジャム・ザ・ワールドは青木理さんです!



         


        J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/6/20) 堀潤 新潟・山形大地震現地報告 老老避難の問題報告&矢部宏治 日米地位協定の問題点を語る、冷戦にしがみつく自民党を下野させないと日本に未来はない!

        0

          永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、グローバーさんの司会、木曜日のニュース
          スーパーバイザーはジャーナリストの堀潤さんでした。
           堀さん、地震発生で新潟県村上市に行かれて、気になったニュース、新潟。山形地震、建物はある程度
          持ち、村上市、現場は老老避難の問題があり、高齢者が高齢者を避難させないといけない、役所から土砂
          災害に危険、高齢者は避難してくれ→堀さん今川地区に入り、避難してくれでも、集落の避難所、後ろは
          土砂崩れの危惧のあるところ、指定避難所は20km!も離れて、マイクロバスも手配されず、自治会で自家
          用車で避難させないとならず、避難指示にならないと集会所にいるしかない、昨日は肌寒い、毛布がな
          い、毛布を集会所に持ってこれず、高齢者が高齢者を避難させる+高齢者は免許返納しろ、過疎地、少子
          高齢化のところはこの課題を持ち、落石で通行止めのところもあり、堀さん徒歩で入り、津波も土砂災害
          も起きなかったが、起きたら孤立して処置なし、堀さん、行政を取材したい+村上市は大変に大きく、平
          成の合併でできて、村上市震度6強でも、山形県近くは被害でも、駅前は通常営業であり、観光案内所で、
          魚のシャケ、お酒、人の情けの町であり、しかし北部では高齢者は困っている、メディアは村上市のどこ
          が被害か、被災地=その自治体全部ではないと説かれました。

           UP CLOSE、6月23日は沖縄慰霊の日で、日米地位協定について、どうしたらいいのか、ノンフィ
          クション作家の矢部宏治さんのお話がありました。今日は世界難民の日、堀さん沖縄で取材、原発事故で
          沖縄に避難された方を取材、国内避難民に日本人は冷たいのではないか?ジャム・サ・ワールドでは沖縄
          慰霊の日を取り上げて、日米関係を対等にするのにはどうしたらいいか?矢部さんの登場、堀さん、新潟
          の被災地、現場を見ずに2次情報ではだめと説かれて、矢部さん、沖縄の米軍基地を撮影して、沖縄の人間
          ではないがリアリティを持ち語れる、堀さん、ホワイトビーチ、墓、自分の土地に許可なしで入れない、
          矢部さん、2017年に知ってはいけない、アメリカの日本支配を講談社現代新書で書いて、昨年秋に続編を
          書いて、先月のトランプ氏の来日、羽田に来て、参院選対策、2年前はハワイ→横田基地→横田空域、安倍
          氏は自分も自衛隊機で同行、岸信介氏のゴルフと重ねて、これは地位協定の異常さを示している、日本に
          日本の許可なく入国できる、大統領だけでない、日本の空は米軍の好き勝手ができて、六本木ヒルズの近
          くに米軍のヘリポートもあり、首都圏のど真ん中に米軍基地、国外から何のチェックもなくアメリカは日
          本に入れる、日米地位協定は74年改善されず、安倍政権の言うような運用で改善は無理、米軍は米軍基地
          だけでなく、日本の空港すべてを利用できて、それで北方領土は帰らない、安倍氏も外交交渉できず、堀
          さん、玉城知事の全国キャラバンを取り上げて、矢部さん、沖縄=地位協定と思うが、ウチナンチュは本
          質を知り、ヤマトンチュの方が危ない、イージス・アショアは戦争になったら最初に攻撃されるのに、ヤ
          マトンチュは実感なし。
           堀さん、実家が神奈川で横須賀があり、原子力空母もいて、地位協定にヤマトンチュは無頓着、ウチナ
          ンチュとの温度差は激しい、矢部さん、沖縄の米軍基地を8年取材して、これは朝鮮戦争の際のもの、日本
          の独立の直前、米軍に有利、沖縄には日本、アメリカ、国連の旗があり、今度文庫本が出るが、国連との
          関係も不平等であり、朝鮮戦争が起点、しかし昨年文大統領が尽力して、得するのは韓国と日本、DPR
          Kの脅威がなくなり困るのは安倍総理。
           岸信介氏は密約をして、戦争中に米軍の書いた、不平等、1951年のもの、1960年に安保改定、対等にな
          らず密約、日本の許可なしに米軍は出撃できる、世界どこにもない、イラクでもあり得ない、とんでもな
          い不平等。
           堀さん、沖縄返還は核抜き本土並み、しかし運用で沖縄に負担、中央政府が押し付けて、矢部さん、日
          本の中央政府のコントロールではなく、横須賀には空母ミッドウェーがあり、大量の核爆撃機があり、し
          かし佐藤栄作氏は非核三原則でノーベル平和賞、日米同盟は絶対、鳩山政権をつぶしたのはアメリカでは
          なく日本の外務官僚、鳩山氏に矢部さんインタビューして、鳩山政権はアメリカかつぶしたのではない。
           堀さん、自衛隊のこと、米軍の指揮下ではない、日米の軍事的密約は2つ、米軍は日本のどこでも使える
          +戦争になったら米軍は自衛隊を指揮できる、国連なしでやれて、基地の権利→指揮権、日米の軍事的な
          一体化は進み、堀さん、戦争準備法案ができて、シビリアンコントロール無視を危惧されて、矢部さん、
          米中の覇権争いの前線に日本は立つことになり、戦争に巻き込まれて、堀さん、トランプ氏は、日本は
          ビッグバイヤーと称賛して、矢部さん、皮肉なのは、若年層の貧困の片方、軍事費爆買い、それで日本が
          安全になるのではなく、逆に戦争の危機を高めるもので、日米関係について堀さん問われて、矢部さん、
          日本は冷戦構造に過剰にしがみついている国、これで高度経済成長をして、自民党はこれのための政党、
          一度政権交代しても、同じであり、正常な政権交代のある国でないといけない。
           堀さん、民主党政権で岡田氏は密約を明かしても、鳩山氏は失脚させられて、矢部さん、伊勢崎さんと
          親しく、こんな異常な同盟関係はない、アメリカの国務省も鳩山政権崩壊を理解せず、堀さん、伊勢崎さ
          んは適切な運用のために憲法を変えるべきと言われて、矢部さん、自衛隊は国外に出ないと明記した憲法
          は必要、矢部さん、日本はなぜ戦争のできる国になったか、文庫本になり
          http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000323018  )、戦争準備法案の真実をこれでわか
          ると説かれて、22日は伊勢崎さんのジャズライヴに矢部さんも参加されるのです、グローバーさん、日本
          は近現代史を習わなすぎると説かれて、難民問題、インドネシア難民を日本は受け入れて成功しているの
          を知ってほしいと締めくくられました、以上、堀さん、矢部さんのお話でした。


          文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2019/6/17) なぜリベラル負け続けるのか?岡田憲治さんのお話&森永卓郎さん、年金財政の破綻を語る、過去の事例から年金はもう死んでいる!

          0

            永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日の大竹メインディッシュ、なぜリベ
            ラルは負け続けるかを書かれた専修大学の岡田憲治さんが出られました。パートナーは倉田真由美さんで
            した。
            岡田さん、この本を友達をなくす覚悟?で書かれて、しかしお前のこと嫌いといえるのは友人と説かれ
            て、岡田さん、お前と飲みたくないと言われる、集会も一緒に来てくれると説かれて、核廃棄物は処置な
            しであり、理論の構築だけでは社会を巻き込めない、原発はコストも高い、廃炉費用、安全、テロ対策で
            採算合わない、世論調査でも原発はNO、原発即時撤廃は言えても、関電はそうしたら倒産であり、世界
            で最も優秀な廃炉の技術を日本は提供したらいい、原発に関わる大学を増やす、教育費を増やす、経産省
            も過去の責任は見逃して、廃炉のためにする、政治がそうしないと、原発は廃炉にならない。大竹さん、
            リベラルの中には純粋な人もいるが、温度差があり、理想ばかりでは勝てないと、絵に描いた餅かと説か
            れて、岡田さん、もっともらしいことを反論も言えないものはダメ、倉田さん、野党は北風と太陽を知る
            べき、国民も応援しづらい、岡田さん、安倍政権はデタラメで追求はいいが、応援するのはコアな層と、
            少し説得したら賛成してくれる人、モノを考えると体調の悪くなる25%の層の3つがあり、それを分けず
            に、コアな、雨が降っても槍が降っても野党支持だけでなく、参院選、一人区32のところでは、7〜8%の
            票が変わるだけで結果は変わり、その7〜8%を野党は取るべき。
            大竹さん、選挙で安倍政権は勝ち、その政策に6割反対でも、であり、岡田さん、2017年の総選挙では野
            党の得票数は与党を上回り、しかし小選挙区制では自公が勝つ、野党が乱立したら、選挙に行かず、しか
            し1対1でガチンコ勝負だと投票率は上がる、ガチンコ設定は野党がやるべき、有権者の支持を得るべき。
            大竹さん、参院選では野党の統一候補と説かれて、岡田さん、ガリバー相手に乱立したら勝てず、野党
            の統一候補を出す、しかし九州では労組の連合が共産党を嫌ってどうしようもない、連合はダメ、単なる
            統一候補では気持ちは通わず、ちゃんと連帯しているか?選対はどうか?
            安倍政権批判でも、選挙では勝つ意味、なぜ安倍がだめか語ると時間は足りず、合意形成で証拠を残し
            て、バカの程度をもう少しマシにする、人間はミスもするが、証拠、記録なしだと同じミスをするのに、
            記録を残さず改竄する、議論しない、日米安保条約を言わないのに2島返還、日米安保でアメリカは北方領
            土に基地を作れるからロシアは返還しないのは小学生でもわかる、今は民主主義ではない、選挙を続け
            て、勝つと永久に総裁、しかし勝ち続けないとすぐにつぶれるが、大竹さん、今までのリベラルは絵に描
            いた餅、野党共闘でちゃんとした候補を出す、共産党と共闘しないとだめと説かれて、岡田さん、公約と
            綱領は異なる、日米安保条約即破棄は遠い夢、しかし地位協定で奴隷になるのは右の人も怒り、選挙は衆
            院4年、参院6年で協力できることを協力する、安倍氏は解散好きだから2年で選挙であり、日米地位協定、
            韓国は変えられた、オスプレイの日本の蹂躙をさせない、日本の住宅の上を飛ぶ、原発を廃炉にする方向
            性は公約にできて、公約は綱領ではない、共産党で閣内協力も可能。
            意思統一はやれと言っているのに、野党は全体としての足の引っ張り合いを、特に立憲民主党や国民民
            主党がして、しかし時間がない、みんなのダウンロードできる年金の結果をなかったことにしている安倍
            政権、なかったと閣議決定される危惧があり、言いたいことはいっぱいあるが、大竹さん、リベラルは自
            分たちの位置を内包する大きな器を作るべきと説かれて、岡田さん、得票数は野党が与党より多く、そし
            て作戦が必要。
            倉田さん、リベラルはなぜ選挙で負けるかと説かれて、岡田さん、問題を示し悪人を糾弾するだけでな
            く、自分たちの問題として、政治的な和文にして、自分たちはどうする、これは有権者が自分たちのこと
            ととらえたら選挙で入れてくれる。
            大竹さん、日本のメディアに対して提言を問われて、岡田さん、仲間の記者はみんな苦労して、それは
            カッコいいが、望月衣塑子さんが吊し上げられたときに、社の枠を超えて望月さんを支援しろ、昔、佐藤
            栄作氏が新聞出ていけとして、読売以外はやり、しかし今の記者は記者会見の文字起こしだけ、記者はど
            うしてここにいるのかと自問自答して、国民のために働けと説かれました、倉田さん、色々なお話を聞こ
            うとしてすぐに終わったと説かれました、以上、岡田さんのお話でした。

            大竹紳士交遊録、森永卓郎さんのお話で、年金の問題、5年ごとの検証がまだ出ず、野党は参院選対策と
            いうものの、森永さんはその内容を、5年前の財政検証から語られて、8つのパターン、経済成長により変
            わり、4.3%〜1.3%まで、上位5つは所得代替率5割、手取りの半分はもらえる、そう年金の法律に明記さ
            れて、年金制度は破綻しないと新聞・テレビはいい、年金制度の維持には経済成長がいるというが、森永
            さん、経済成長と年金制度の維持は無関係、賃金が上がる→年金財政は増えるが、所得代替率にて、賃金
            が上がると年金も増やす、しかし基本的に影響はなく、5つの試算で、50%以上もらえる=60代は67%働く
            =70歳まで2/3の労働者は働いたら年金は維持できる、2014年の検証時に森永さん検討のメンバーで、これ
            はおかしい、70歳まで2/3働けはおかしい、男性の健康寿命は72歳=2年しかもらえないと批判したら、座
            長に批判されて言いくるめられて、森永さんゴネて、解任はされなかったが、会議には呼ばれず、これを
            踏まえたら、今回の財政検証では、雇用政策研究会は今年1月に報告書を出して、森永さんビックリ、標
            準のパターンで、2040年に高齢者が6割働け=高齢者は5割ほどしか働いておらず、前回は2/3に増やす+年
            金が破綻するので高齢者も7割働け=年金支給を70歳にしないと年金財政は破綻するというものになり、男
            性の平均寿命は80歳と想定して、年金は何歳で死んでくれたらうれしいか、早く死んでほしいのが本音、
            支給前に死んでほしい、土曜日に年金の討論をして、舛添要一氏、72歳の支給はおかしいという森永さん
            の指摘に、舛添氏、年金とはそういうものという、舛添氏は厚労省の要職で年金破綻を熟知して、足りな
            いものは自腹、舛添氏はもっと働け、倉田さん、サラリーマンの定年はもっと早い、森永さん、高齢者は
            最低賃金で働いて70歳でもらう→2年で介護、高齢者は3K仕事しかなく、それは豊かな老後か?倉田さ
            ん、そんな話を聞いたらみんな怒る、森永さん、農業で自給自足の生活の重要性を語るものの、大竹さ
            ん、それで済むかと締めくくられました、以上、森永さんのお話でした。
             


            ラジオ関西 時間です!林編集長(2019/6/19) 矢野宏 新潟・山形地震を語る、ホルムズ海峡タンカー襲撃事件から安易に戦争してはならない、トランプ氏出馬表明から極右台頭の世界を危惧する!

            0

              永岡です、ラジオ関西の、時間です!林編集長、本日のコメンテイターは酒を愛し弱者に寄り添う、新
              聞うずみ火代表のフリージャーナリストの矢野宏さんでした。アシスタントは木谷美帆さんでした。
              昨日22時22分に新潟県・山形県でマグニチュード6.7の地震、村上市で震度6強、鶴岡市で震度6弱、4県
              で26人がけが、一人は大けが、矢野さん、昨日は大阪北部地震1年、林さんも地震対策をこの番組で説かれ
              て、阪神淡路大震災以降、西日本は地震の活動期、新幹線も止まり15000人に影響、緊急災害派遣隊も送ら
              れて、今被災地では雨、2次災害が危惧されて、林さん東北は梅雨、余震が心配、矢野さん震度6が心配さ
              れる、村上市では高齢者に避難準備情報、迅速に避難できない人のため、大雨警報・注意報の基準を引き
              下げ、現地は雷雨、矢野さん、今回は逆断層型で津波は小さい、東日本大震災では断層が津波を押し上げ
              ていて、林さん、震源は深さ13kmで大津波が危惧されたものの、東日本大震災の経験で避難は教訓になっ
              たと説かれて、電車も止まり、津波注意報もあり乗客を高台に誘導して、津波は大きなものが来なくて良
              かったとすべきと説かれました。
              矢野さん、阪神淡路大震災でも液状化はあり、東日本大震災でも浦安であって問題になり、昨年の胆振
              東部地震でも車がそれで地面にめり込み、現地はもともと川を埋め立てて住宅地にした、1964年の新潟地
              震でも液状化が確認されて、砂質の地盤がやられる、どういう土地であったか家を買う時に知らないのは
              問題、林さん、地名にヒント、矢野さん、梅田は田んぼを埋めた意味、そして問題はこれから、今回は歪
              のたまりやすいところ、日本海東遠部、プレート境界、京都大学の西村卓也さんが逆断層地震が起こりや
              すいと指摘されました。

              矢野さんのトピックスは日本のタンカーのホルムズ海峡での攻撃から1週間、アメリカはイランの仕業
              と、トランプ氏はフォックステレビで語り、公開された映像に、タンカーにイランの革命防衛隊がいて不
              発弾を取り除いていたためとアメリカはイランの仕業といい、日本のタンカーの持ち主は、乗組員からタ
              ンカーは機雷ではなく飛来物でやられたと証言して、アメリカがイランの仕業と印象つけようとしてい
              て、気を付けるべきは証拠のない段階で断定は危険、しかし「これはアメリカが戦争をする口実の常套手
              段」、1964年のトンキン湾事件、これを口実に、北ベトナムの社会主義国家とのベトナム戦争をして、
              1972年にニューヨークタイムズがアメリカ政府の自作自演と暴露、1991年の湾岸戦争、米軍介入の理由は
              油まみれの水鳥、イラクのせいというのも嘘であった、ナイーダという少女がアメリカ議会で証言、イラ
              クのところで保育器の赤ちゃんを殺したと語り、アメリカは怒り湾岸戦争、しかしナイーダはイラク大使
              の娘で、イラク戦争も大量破壊兵器、アルカイダとの関連もない、イラク戦争のためにISが跋扈して中
              東は大変、「アメリカの介入には裏がある」+アメリカが戦争するなら戦争準備法案で自衛隊は神風特攻
              隊をさせられる、他人事ではない、今のところ岩屋大臣は要件に当たらないというものの、戦争準備法案
              では存立危機事態で派兵、ホルムズ海峡は日本の原油の7割が通るので、自衛隊に神風特攻隊をやれになり
              かねない、安倍氏のイラン訪問時で、林さん、アメリカもイランも得にならず、アメリカとイランの対立
              で喜ぶ連中の仕業と説かれて、矢野さん、それはずばりイスラエルがアメリカにイランをたたいてほし
              い、イランはイスラエルの脅威であり、核兵器を持たれたら大変と説かれて、林さん、中東の火薬庫の表
              現を説かれて、中東に春はなかなか来ないと説かれました。

              改正虐待防止法、親の体罰を禁止する法律も通過、林さん、しつけの仕方には限度を知らないものが多
              すぎで暴力と説かれて、矢野さん、暴力をふるう人の目を見たら、憎しみか分かり、これはしつけではな
              く憎しみ、怒りをぶつけるだけで、林さんも子供を持ち知ったのは、電車の中で子供の泣くことは仕方な
              いと知り、想像力は大事、未来を担う子供たちは好き好んで泣いているのではない、暴力の連鎖、暴力を
              受けた子供は大人になり暴力をふるうと説かれて、林さん、体罰禁止と暴力のことを説かれました。

              トランプ大統領は来年の選挙に立候補、またアメリカを偉大なままにするとして、そしてアメリカの
              シャナハン国防長官が辞任、後任はエスパー氏、出馬表明のフロリダ州は激戦区、トランプ氏は前回の大
              統領選挙はアメリカの歴史で決定的と語り、ペンス氏も応援演説、民主党は今月候補者討論会であり、こ
              れについて矢野さん、いよいよトランプ氏始動、現職有利、経済もよく再選の可能性はあり、民主党は候
              補者20名いて絞り込めず、サンダース氏は若者に支持されて、ここから選ぶのは大変、その間現職は色々
              やれて、テレビ、ネットで注目されて有利、林さん、トランプ氏の演説を聞いて、今回も「あなた方」を
              失望させない→他の人は失望するとこの3年で感じたと説かれて、矢野さん、トランプ氏の支持層は岩盤支
              持層、ゴリゴリのキリスト教原理主義であり、フロリダ州は激戦区、日本から見てトランプ氏の支持層は
              不可解、矢野さん、差別主義者、自国第一主義者、メキシコに壁を作れというものが大統領とは理解でき
              ない、林さん、指導者は和解すべき、ヨーロッパでは中道寄りから、矢野さん、極右勢力の台頭を危惧さ
              れて、林さん、来週G20、トランプ氏も来て、マクロン氏も天皇と会う、フランスは友好国、シラク氏は
              相撲ファン、シャナハン氏の指名辞退、国防長官空席は考えられないと矢野さん説かれました、以上、矢
              野さんのお話でした。
               


              J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/6/19) 安田菜津紀&奈良美智 ヨルダン難民キャンプ取材報告、難民は忘れられるのが最大の苦痛&高安健将 党首討論を語る、国民に発言の場がないと民主主義は滅ぶ!

              0
                永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、司会はグローバーさん、水曜日のニュース
                スーパーバイザーはフォトジャーナリストの安田菜津紀さんでした。

                 1年ぶりの党首討論、日本とイギリスの政治に詳しい成蹊大学の高安健将さんのお話がありました。4人
                で45分、高安さんのお話、昨年より野党は準備+急浮上した年金で政府を追及して、解決策を問うもの
                で、短い時間でも野党には収穫、グローバーさん、1年ぶり4人45分は短い少ない、討論はミーティングで
                ももっといると問われて、高安さん、45分は週1回、最低でも月1回はやるという環境で、しかし安倍政権
                はやりたくない+野党も予算委員会をしたい、それで間隔もあいてしまう。モデルのイギリスはどうか?
                イギリスは戦後毎週議会で首相がやる、かつて週2回やり、97年から週1回、日本と違うのは、イギリスも
                多党化しているが、日本はたくさん政党があり、日本には委員会制度があり、法案はそれで審議すべき
                で、委員会と党首討論の棲み分けはされず、野党は予算委員会で追及したい。
                 グローバーさん、党首討論をどのように改善すべきかと説かれて、高安さん、委員会をすべきなのに、3
                月以降政府は予算委員会をせず、現状では党首討論を頻繁にすべき、予算委員会は予算を審議するが、与
                野党の議論の方向性、いままで正しいか政府は検証されていないと説かれました、以上、高安さんのお話
                でした。

                 明日出る週刊文春に、自民党の和田政宗氏の公選法違反スキャンダルが載るそうです、概略はHPで、
                https://bunshun.jp/articles/-/12418
                 今日のニュース、安田さんのFB友達に東北の人が多く、ガス栓の止め方、避難所のこと、津波は1mで
                もアウト、災害時にSNSにはデマも出るものの、情報は届く+一人でないと伝えられる、不安な方の支
                えにと説かれて、安田さん、昨夜の新潟・山形大地震が気になり、ここは2007年に中越沖地震があり、新
                潟県の知人はフラッシュバックでしんどい、今堀さんが現地入りしてツイッターで発信されて、現地報告
                を聞きたい。
                 今国会で初の党首討論があり、安田さん時間が短すぎる、争点は年金、金融庁の報告書について、政府
                は閣議決定、報告書に質問を受け付けないのは首をかしげる、不備があったのはどこか、報告書の精査せ
                ずに、これは受け入れられない内容か、都合の悪いものは恣意的に隠されるのは大問題、日曜日に年金返
                せデモがあり、デモに参加しているのは税金ドロボーとSNSでホリエモンらが根拠なく揶揄して批判さ
                れて、安田さん、デモは社会の抱えている問題、年金、格差についておかしいと認識を広めないとなら
                ず、問題を抱えている当事者は自分から動けない、人間はだから行動するもので、バリバリ働ける人もい
                たら、福祉に依存する人もいて、みんな社会はおかしいと疑問をぶつけて言い、どんな立場でも発言は許
                されて、予算委員会は3月以来なく、誰でも意見を言える場がないと民主主義は破綻すると説かれました。

                 UP CLOSE、日本を代表する美術家の奈良美智(よしとも)さん、今年3月のヨルダン難民キャン
                プ取材についてです。明日6月20日は世界難民の日です。70万人のシリアからの難民がいて長いと8年。難
                民問題啓発で各地でイベントもあり、奈良さん、震災後に沖縄のイベントで安田さんと会われて、震災に
                ついて発信して、ツイッターを見ているものの、ヨルダンのこと、そもそものきっかけは2002年にアフガ
                ニスタンを訪れて、今回はシリア難民について、ジャパンプラットフォーム、国際支援団体
                https://www.japanplatform.org/ HPに奈良さんの取材動画あり)の2011年の東日本大震災時の支援
                で寄付、印刷物を作り知り合い、今回シリア難民キャンプ取材に誘われて、ジャパンプラットフォーム、
                JPFは現地のNGOとともに支援して、何に共感して何を発信するのか?ヨルダンの難民キャンプは2つ
                あり、国連難民高等弁務官が管理、シリア国境の近くに8万人、半分は18歳未満、もう一つは近くに集落も
                ない荒野のものと安田さん説かれて、奈良さん、アフガニスタン、パキスタンのキャンプを国連は支援せ
                ず、鉄条網もない、カオスなところ、管理されたキャンプは初めて見て、奈良さん捕まるのかと思い、し
                かし入ると今までのものと似て、人々の生活を持ち込めて、生活があり、家も最初は同じようなものを自
                分なりに改善して、馬、ロバも連れてくる。
                 安田さん、市場ができる、安田さん行かれて入り口の警備は物々しいものの、アズラックは荒野にあ
                り、岩、石ころに同じような家、人間の自由度が少ないと奈良さん説かれて、様々な事件もあったもの
                の、アズラックは管理しすぎ、安田さん、難民キャンプは一つにくくれないものの、国境なき子供たちの
                組織を問われて、奈良さんの出身地は青森、雪の世界、学校で山羊を買う、1959年生まれ、地方格差は当
                時ひどく、地方、青森や九州は貧しく、60〜70年代の高度経済成長で田舎も都会になり、美術は無縁。
                 ヨルダンの子供たちのこと、絵も描いて、子供たちは元気よく、質問もあったが、犬が好きか?どう
                やったら画家になれるか、安田さん、難民キャンプに将来は見据えにくいと説かれて、奈良さんのレポー
                トを見て、どうして犬を描くか?奈良さん小さい頃犬を飼えず捨てたことがあり、難民キャンプで大切な
                ものを捨てた子供ばかりであり、奈良さん、9mの犬を彫刻で作り、大人しい顔の犬、ヨルダンで、許して
                ほしいのか、子供たちはシリアでの記憶なし、キャンプで生まれた子供もいて、外に出ず、自分たちの状
                況は分からず、大人と異なり、安田さん、一緒に買い物、料理をしたと説かれて、奈良さん、ワールド
                フードプログラムもある。モロヘイヤもあり、安田さん、おもてなしのやり方を問い、奈良さん、歓迎し
                てくれる、もったいないくらいと説かれて、安田さん、現地の画家との交流を問われて、奈良さん、絵の
                好きな人を尋ねて、若い画家さんの家に行き、セキュリティの問題もあるのに歓迎してくれて、アトリエ
                的なものもある。
                 安田さん、出入りの厳しい環境での意味を問われて、奈良さん、趣味で絵を描く人もいたが、アートを
                創造するアーティスト、シリアでも、難民キャンプでも理想の絵を描いている、安田さん、どこにいても
                変わらないはキーワード、子供たちは難民キャンプで生まれてシリアの記憶なし、大人たちのことを問わ
                れて、奈良さん、比較的自由、生きることに意義を求める人たち、商売の人、アズラックキャンプでは虚
                無感、未来はあるか?避難民もいて、その後の環境で大きく変わり、安田さん、人は屋根と水だけで生き
                られず、写真を撮る際に、それで難民の生活はそれだけで良くならず、アートの役割、奈良さん、東日本
                大震災もそうだが、余裕がないとアートはできず、カメラ、写真だとシャッターを押すと撮れる、絵を描
                くのは異なり、写真を撮る人はうらやましい、しかし奈良さんは写真ではなく美術、写真を撮る人は発表
                してジャーナリズムになる、安田さん、震災後奈良さん描けず、取材ににじむかと問われて、奈良さん、
                行って蓄積されたものが、幾層にもにじむ、これが大事と説かれて、安田さん、奈良さんは難民キャンプ
                の子供たちに故郷の写真を見せて、故郷とは何かについて問われて、奈良さん、引っ越しばかりの友人は
                故郷がない→一つのところに住むことで思い出、子供たちは輝けるものを持ち、故郷にいい思いを持つべ
                き、輝く子供時代を持ったら前に進める、安田さん、難民も輝いている風景を持ち、全世界で6000万人の
                難民がいて、支援する人も疲れて、写真、NGO、このリスナーも難民について考えて欲しいと説かれま
                した、グローバーさん、子供時代に輝くものもある、安田さん、難民キャンプにものがあってもお金はな
                いこともあり、クーポンを減らされる、自分の出会った人は忘れないでであり、安田さんもシリアで言わ
                れて、一番しんどいのは、世界に見捨てられたことで、明日は世界難民の日、無関心ではいけない、奈良
                さんのお話、シリアのことを身近なところから広げてほしいと締めくくられました、以上、安田さん、奈
                良さんのお話でした。
                 

                文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2019/6/18) 深澤真紀 #KU TOO と#NO BAG FOR MEから、男性の封建的意識に阻まれた女性の解放を説く

                0

                  永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、今週火曜日の大竹紳士交遊録は獨協大学
                  特任教授でコラムニストの深澤真紀さんでした。パートナーははるな愛さんでした。火曜日は一足早く夜
                  が来るそうです。
                  今回のテーマは、今SNSで話題がハイヒール強制反対と、生理用品を隠さない#NO BAG FOR ME、ど
                  ちらも女性解放運動、#KU TOOは女性の靴の強制をなくす、パンプスは男性にもあるが、日本だとハイ
                  ヒール=パンプスで、女性がパンプスを履くのを否定ではない、健康問題、深澤さん30年前の就職活動で
                  無理に履いて血まみれ、外反母趾の女性が大変で、文化放送では女性にパンプス強制はないが、3〜5cm強
                  制は接客で多い、CAがそれで、しかし緊急時に大変、女性はもっと健康にいい靴を履くべきで、国会で
                  根本大臣は社会通念上問題ないというが、その社会通念上が問題、ハイヒールは大変、男性は3cmでも1時
                  間は無理、メイク、ストッキングも強制されて、しかし洋装は日本人の体形、気候に合わない。
                  生理用品を隠さないものはあまり知られず、生理用品はコンビニなどで紙袋に入れられて、ドラッグス
                  トアでは灰色の袋に入れられて、生理用品、コンドームなどそれらに入れられて、なぜ隠さないといけな
                  い、恥ずかしい?いまだに日本では整理は恥ずかしいはおかしい、生理のネガティブな要素ではない、あ
                  るいは生理用品のパッケージをおしゃれにする、海外ではあり、日本でも広めたい、深澤さん、女性トイ
                  レで生理用品は汚物入れにされて、どうか?今はサニタリーボックスになったものの、しんどい女性には
                  負担で、太田さん、ハイヒール強制反対の#KU TOOは受け入れつつあるが、生理用品について問われて、深
                  澤さん、女子高生がこれを持つとオッサンが嫌味などあり、女性は隠したいになる→男性の意識を変える
                  必要があり、深澤さん、夫に買ってきてもらうこともあり、トイレットペーパーと変わらない、太田さん
                  は奥さんのものを買うこともあり、家の中では生理用品は気にならず、深澤さん、血液は感染のもとにな
                  るが、隠さないといけないというのはおかしい、日本人では剥き出しの生理用品に抵抗、はるなさんも家
                  でそれて、性を家で見せることに抵抗があり、しかし#KU TOOも男性に強制されるものではない、生理痛で
                  婦人科に最も行かないのが日本で、深澤さんもそれでエライ目にあいかけて、女性の生理はブラックボッ
                  クスになり、これは男性の意識の問題ではあり、人間にとって排泄と同じ、#NO BAG FOR MEは男性こそ
                  知るべきと締めくくられました、以上、深澤さんのお話でした。
                   


                  J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/6/18) 青木理&安田浩一 日本の団地と移民から日本社会の変化を語る、年金破綻で日本崩壊の序曲、デモで政治は変えられる、香港を見習え!

                  0

                    body

                    永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、グローバーさんの司会、火曜日のニュース
                    スーパーバイザーはジャーナリストの青木理さんでした。
                     本日のニュース、青木さんの気になったのは年金問題、麻生氏の迷走、老後に数千万円不足の件、夫婦
                    65歳+60歳、年金20万は高いのにそれでも足りない、投資しろ、資産運用しろというが、65歳で年金20万
                    もらえるのは組織でずっと務めていた人、青木さん、グローバーさんの自営業者は厚生年金を払っていな
                    い、国民年金<10万、シミュレーションしたら2000万で足りず、貯金で何とかなるではない、一番厳しい
                    のは団塊ジュニアで、青木さんはギリギリ逃げきれるかではない、貯金で大丈夫ではない、放置したら高
                    齢者の貧困層が爆発して、今でもOECDの中で貧困率は高く、新自由主義で派遣労働者が全体の40%、
                    厚生年金なし、年功序列、終身雇用でない人たちが高齢化したら高齢者の貧困が続くと社会不安+医療費
                    爆発、セーフティーネットは最後生活保護、青木さんは絶対に必要と思うが、生活保護が激増したら負担
                    が無限大になり、年金、医療を与党が責任を持ち、国会でどうするかいま議論しないと間に合わない+も
                    う間に合わないかもしれない。
                     香港のデモ、条例は中国政府の意向、しかしデモの拡大→中国の人権問題をG20で追及されるので中国
                    政府は止めたと日本のメディアは報じるものの、「何百万人デモしたら中国ですら聞かざるを得ない、市
                    民の政治参加は投票だけでなく、デモや集会でも政治を変えられる」、日本の市民は香港を見習え+日本
                    だとデモの参加者をネトウヨが中傷するが、日本の実情はゆでガエル状態、選挙だけでなく市民は意思を
                    示すべきと説かれました。
                     また、青木さん、習近平氏がDPRKに行くものの、日本のメディア関係者で金正恩氏にあった人はな
                    く、米中、米朝関係について中国とDPRKの意図はあり、しかし中国トップのDPRK訪問は久しぶり
                    で、外交ででんでん総理はどうか?戦後補償は終わらず、安倍氏は無条件で会うと言ってもコネクション
                    はなく、日朝国交正常化なら、カードはあり、それでDPRKとどういう関係を作るのか?東アジアの平
                    和と安定のために日本は何をすべきか絵図を示さないと日本だけが蚊帳の外と説かれました。

                     UP CLOSE、日本の高度経済成長の象徴の団地について本を出されたジャーナリストの安田浩一
                    さんが出られました。グローバーさんは団地というと子供たちのたくさんいるところと説かれて、青木さ
                    ん、外国人も多く住むというもので、団地とは皆さん何を思うか?団地は高齢者、老朽化、孤独死もあ
                    り、外国人が多く住む異文化交流の反面ヘイトもあり、団地と移民を出された安田さん、この番組ではお
                    馴染み、サブタイトルは空間の闘いであり、青木さん、団地による日本の戦後史、ヘイトを取材されて、
                    安田さんは団地に育ち、ノスタルジーがあり、青木さんは片田舎で育ち、青木さんの世代だと団地=イン
                    テリ、ホワイトカラーで安田さんに嫉妬(笑)、安田さん、イメージではそうかもしれないが、同じよう
                    な収入の人が入り、安田さんも田舎→都会の団地に行き、にぎやかな時代に生きて、青木さん、安田さん
                    の住んでいた団地、集合住宅で隣、住民のことを知らず、しかしかつての団地は隣近所を熟知と説かれ
                    て、安田さん、集合住宅は活気があり、カギをかける必要なし、母親と話して、誰がどこに住んでいて、
                    寝室の会話も知るプライバシーなし、それを楽しむ世界、青木さん、安田さんが団地に母親を連れて行く
                    と、あの家はこの家族構成と知っていてビックリ、今の集合住宅は、高齢者より限界集落化が問題、若者
                    の不在を外国人移民が補う。
                     青木さん、団地の傾向について、高齢化について、亡くなって3年気付かないのに驚き、安田さん、隣に
                    誰が住んでいるか知らず、高齢化で気がつくのは遅くなる、青木さん、団地妻、ロマンポルノが大ヒット
                    (笑)=男目線の偏見、その監督さんは亡くなられて、家族を取材するのに東北に行き、ロマンポルノは
                    昭和、家庭を顧みない夫、浮気、売春etcは昭和の光景、それで監督を探して青森に行き、監督の人生を取
                    材した。
                     青木さん、安田さんのここ10〜15年のジャーナリストのライフワークはヘイトスピーチ、首都圏の団地
                    に外国人、中国の方、日系ブラジル人がいて、排斥、ヘイトスピーチについて問われて、安田さん、ヘイ
                    トスピーチ取材で否応なしに団地はテーマ、排斥の風景、高齢化+国際化+ヘイト、外国人を追い出す空
                    気、団地で対立を面白おかしく取り上げるメディアもあり、それを乗り越えて共生に取り組む人もあり、
                    青木さん、自分もメディアの人間であり、団地に外国人が住む、日本人も外国に行くと同じ、ゴミ出し、
                    生活風習、食べるもののものについて問われて、安田さん、日本人のみでもトラブル、外国人だからとト
                    ラブルを大きく見せようとするものもあるが、ゴミ出しは慣れたら解決、分からないことだらけで移住し
                    て最初の関門はゴミ出し、テレビはゴミのあふれている集積場を期待してあれていない、自治会の方も荒
                    れていないと言い、メディアは勝手に荒れているとして、中国人が増えて犯罪とヘイト報道があり、メ
                    ディアは外国人が来たら問題とヘイト報道するが、住民の努力で解決する。
                     青木さんも安田さんも記者で、こういう枠で書きたいと、真実を捻じ曲げるメディアのことを自戒され
                    て、外国人排撃で求心力を保ちたいものを問われて、安田さん、ヘイトスピーチをする連中が中国による
                    侵略とチラシを入れるなどして、同調する人はいなくても、不安になり、高齢者と外国人の接点がない、
                    昼間は子供だけ、高齢者は出歩かず接点なし、知らない→恐怖になり、青木さん、元々の住民もいるが、
                    青木さんは韓国におられて、日本人コミュニティで終始するもので、日本人が外国でも同じ、安田さん、
                    日本人だけでもジェネレーションギャップはあり、国籍だけでなく世代の断絶があり、それを解決するも
                    のを求める、青木さん、商社勤めの方、外国人の多い団地で、日本人との交流を図る人があり、自分のい
                    るところの意思疎通を求めるものは希望と説かれて、安田さん、病んでいるものを追い込む本も書いた
                    が、団地で、同じ地域に住んで手をつながない手はない、高齢者と外国人が組んだら地域運動として最強
                    で、やってみたら同じ場所に住むものとしてつながり、高齢者の知恵と外国人の行動力は勇気になる。
                     青木さん、日本社会に限らず、フランスでも旧植民地の人の住むところは排外主義の対象になり、日本
                    も国際的地位の低下で日本スゴイ+ヘイトスピーチもあるが、これと高齢者と外国人の交流をどう見る
                    か?安田さん、老いていく団地はダメ、パリではリベラルすら団地に行かない、かつてリベラルが住み赤
                    い郊外→パリの郊外は100%移民でも、移民もフランスとの接点を模索して、一方移民がそこまで努力しな
                    いといけないのか?団地でブラジル人が掃除して、メディアは美談として取り上げるが、汚したらブラジ
                    ル人のせいと思われる、その空気によるもので、これはどうか?青木さん、外国人労働者を都合よく受け
                    入れであり、この国はどうなるか?安田さん、日本の内実は移民社会で、団地に希望はある、これ以上語
                    るにはあと30分いるとして締めくくられました、団地は日本の近未来、外国人と日本人付き合い方は日本
                    人の方が問われて、安田さんの仕事ぶりを評価されて、青木さんは今マンション住まい、団地の意味を説
                    かれました、以上、青木さん、安田さんのお話でした。
                     

                    MBSラジオ ニュースなラヂオ(2019/6/17) 国際社会から日本の人権はどう見られている?藤田早苗さんのお話&福本さんによる武器輸出報告、ジャム・ザ・ワールド 田中浩一郎さんによるホルムズ海峡事件解説

                    0

                      リーアナウンサーの北口麻奈(あさな)さんのアシスタントで放送されました。ニュースキャスターは上
                      田崇順さんでした。…今日のテレビは大阪での交番襲撃、拳銃強奪事件の報道ばかり、容疑者が精神障害
                      と報じられているものの、香山リカさんは精神障害者の犯罪率は低く、これと結びつける報道を批判され
                      ています(https://twitter.com/rkayama/status/1140453846616985600 )。
                       来週月曜日、大阪弁護士会では女性の権利とLGBTについての無料相談電話をします、
                      http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_0624.php 匿名で相談OKです。

                       安倍政権のデタラメ、野党とメディアの奮起を、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野
                      幸夫さんがブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12481162266.html

                       ジャム・ザ・ワールド、ホルムズ海峡のこと、慶応義塾大学の田中浩一郎さんがお電話でお話されまし
                      た。
                       13日に事件、アメリカとイランは対立して、事件の証拠はなく、田中さん、緊張緩和に安倍氏の動きが
                      あったのを台無し、緊張緩和をのぞまないグループor国家によるもので、緊張緩和を否定するもので、安
                      倍氏の訪問に合わせたもので、緊張緩和を好まないものは、国家ならイランとアメリカの対立はない方が
                      よく、戦争を意図するもので、アメリカ、イラン国内で戦争しろという勢力があり、彼らの存在があり、
                      国家でない、テロ組織、ISのようなイランとアメリカの共倒れを狙うものの可能性があり、グローバー
                      さん、軍事的な緊張を高める意味を問われて、田中さん、政治的なものではだめ、戦争を狙う、アメリカ
                      はボルトン氏のようにイランと戦争したい勢力があり、イランの反体制派もいて、イランには最高指導者
                      は戦争を望まないものの、活動領域のために戦争、そこまで行かなくても小規模衝突をのぞむものもあ
                      り、グローバーさん、米軍はシリアから撤退して、田中さん、実際は撤退せず、米軍が出て言っても、イ
                      ランに好き勝手させない、衝突→戦争の危惧はあり、トランプ政権はイランの革命防衛隊をテロ組織と認
                      定して、これは戦争の前兆の危惧があり、グローバーさん、アメリカとイランのどちらに分があるかと問
                      われて、田中さん、双方に決定打はなく、攻勢をかけるにはアメリカに分があっても、イランはこんなこ
                      とをしても何の得にもならず、イランは機雷除去をしており、これはアメリカも見ていて、これを黙認し
                      ている、罠が仕掛けられて、しかし決定的ではなく、アメリカとイランの対立の行方、中東情勢につい
                      て、緊張が高まり、船舶の保険料が上がる+緊張が高まり、下手したら戦争の危惧があり、日本にとって
                      由々しき事実だと締めくくられました、以上、田中さんのお話でした。

                       ニュースなラヂオ、矢野さん、今年度初の平和学習、戦争についてこの時期〜8月にあり、大阪大空襲の
                      体験者の体験継承、矢野さん鶴見区の中学校で大阪大空襲についてお話されて、テーマは違っても、矢野
                      さん、戦争はだめと言うのではない、皆さんが考えることでその材料を提供した、で感想文が早くも来
                      て、中学1年、74年前の大空襲に驚き、被害者のことを思うもので、戦争のない世界にしたい、ひいおばあ
                      ちゃんが生きているのに驚き、大空襲で被災して、ひいおばあちゃんが生きていたから自分がいる。やら
                      れたことばかりでなく、日本もアジアを侵略したとの声もあり、戦争は絶対にしてはいけない、亡くなっ
                      たのが母と知り驚き、戦争から遠く、市民が幸福になるようにとの声もあり、矢野さん平和学習を続けた
                      い、しかし体育館で冷房なしでも矢野さんは尽力する、爆弾の音も入れて、矢野さんが空襲体験者の声を
                      継ぎたい、北口さん、戦争のことを知らず、平和学習をみんなでやって貴重であったと説かれました。
                       に
                       ニュースピックアップ、上田さんの担当で、大阪吹田の拳銃強奪事件、容疑者は否認、事件から25時間
                      で身柄確保、阪急電鉄沿線で交番を襲撃の容疑、刑事責任能力の疑問もあり、容疑者は空き巣の電話をし
                      て、計画性があったもの、容疑者は東京にいるものの、大阪出身、ここに宿泊、警察の捜索で確保、拳銃
                      は発見、実弾4発のみ、一発発砲の模様です。矢野さん、7か所刺したのは殺意と指摘されました。
                       香港で容疑者引き渡しの条例改悪で200万人反対デモ、先週の倍!香港史上最大、大通りからは撤退、雨
                      傘運動のリーダーが釈放、学生団体の指導者、先月収監されて、当局は早く釈放、香港市民は改悪案延期
                      ではなく撤回を求めていると語りました。デモは先週より大きくなり、改悪案撤回+市民の暴動ではない
                      +ガス弾などの暴力行為の謝罪を当局はしろ、行政長官は社会の混乱のみ謝罪、矢野さん、先週の上田さ
                      んの報告が貴重と説かれて、上田さんはメディアで最も早い報告、市民も注目してほしいと説かれまし
                      た。 

                       今週は国際人権法のスペシャリスト、英国エセックス大学人権センターフェローの藤田早苗さん、大阪
                      出身で、秘密隠蔽法や共謀罪を英訳して国連に報告、国際社会から見て日本の人権状態はどうなのかを語
                      られます。
                      https://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/
                       藤田さん、2017年暮れに自由なラジオ、アーサー・ビナードさん司会の回に出られていました。藤田さ
                      ん、生出演、堺市出身、今はイギリスで教鞭をとり、開発と人権から日本のことが気になり、共謀罪、秘
                      密隠蔽法、日本のことはなかなか英語で発信されず、秘密隠蔽法は国民の知る権利侵害、2013年に作られ
                      て、共謀罪は相談だけで捕まる、2017年にゴリ押しであり、矢野さん、危険な、戦争のできる国になっ
                      た、法案審議の際には市民は反対しても、成立したらあきらめかと説かれて、藤田さん、使わせてはなら
                      ないと弁護士がいて、政府には使いにくい。
                       リスナーより、英訳のむつかしい法案を問う声があり、秘密隠蔽法は長い、共謀罪は日本語に難解で、
                      弁護士の助力で、日本語→日本語→英訳、わかりにくい、わかると反対される。
                       国連のデーヴィッド・ケイさんは日本のメディアが安倍政権の支配下にあると危惧、2年前の勧告無視を
                      問われて、藤田さん、2016年にケイさん調査、翌年勧告→3年たち検証して、情報提供を藤田さんして、藤
                      田さん調査、それをまとめて、実施されているものはほとんどない、それで国際社会もビックリ、11項目
                      で2つしか施行されず、ケイさんは特別報告者の意味、政府の人間でも、国連の職員でもなく、大学の職員
                      などボランティアでやって、年に2つ3つの国の人権状態を調査して、専門家がやり、矢野さん、人権理事
                      会は安保理の人権版かと問われて、藤田さんその通り、ケイさん10日聞き取り調査、政府、省庁、メディ
                      ア、専門家、法律家に一日中会い、この報告で、矢野さん、日本政府は勧告無視かと問われて、藤田さ
                      ん、2年前の勧告を事実無根と無視、しかしこれはケイさんだけでなく、あらゆる警告を日本政府は無視、
                      特別報告者の見解は理事会に任命されて、権威はあり、国連では人権は重要であるのに、日本政府は無
                      視、思い出して、国連はいくつかのテーマ、DPRK、イランなどあり、日本政府は耳の痛いものは無視
                      しても、DPRK叩きは歓迎して、勲章を与えて、拉致問題解決に貢献、特別報告者でも自国を誉めたら
                      喜び、日本の人権改善は無視。
                       矢野さん、ケイさんの11項目を問われて、藤田さん、勧告のリスト、メディアでは放送法、今だと政府
                      の圧力権限があることを批判、電波停止権限のあるのは先進国では日本だけ、本来は独立機関のやるべき
                      ことを政府がやるのはおかしいのに、全く改善されず、秘密隠蔽法はジャーナリストに委縮効果があり、
                      委縮させないことを明文化しろ、ケイさんに法務省は言い訳しても、明文化せず、北口さん、法律にピン
                      ポイントで問題と指摘されて、藤田さん、秘密を守るなら、最低限の基準が必要で日本はそれすらない、
                      人権弾圧、他の国では勧告をどう受け止めたか、5つの国について調べて、コートジボワールは13の勧告の
                      6つを実施、日本は無視。
                       北口さん、国際社会から見たら大変と説かれて、藤田さん、2014年に人権規約の審査の際に、議長は日
                      本が同じ勧告をして実施しない、国際社会を無視と言い、矢野さん、日本は批判を受け入れないと説かれ
                      て、藤田さん、最近は日本が批判にヒステリックであり、イギリス政府の人と話すと、政府は批判されて
                      当然、直せばいい、しかし日本の官僚、政府は全く違う、政府は批判されたら逆ギレ、カナタチさんは批
                      判する友達、クリティカルフレンド、大事な人が危険なことを仕様としたら防ぐ、その人ために批判して
                      いる、相手を思うからの批判。
                       藤田さん、日本の人権保障は、勧告されても是正せず、2017年にUPR、国連の審査日本は3回目で217の勧
                      告、個人通報制度、日本は最高裁で負けたらアウトだが、その後国連で審査が可能で、政府はそうするよ
                      うにしないといけない、その制度のない先進国は日本だけ、ずっと言われているのに是正しない。
                       北口さん、勧告は貧困、ジェンダーと説かれて、藤田さん、福島について、原発移染作業員の労働条件
                      のこと、自主避難者、女性、子供たちを汚染地域に返すな→日本政府は悪くないと逃げるだけ、矢野さ
                      ん、役所の答弁と怒り、リスナーより、他の国は勧告を実施しているかとあり、藤田さん、他の国は真剣
                      で、イギリスは共謀罪で、カナタチさん、イギリスも盗聴法があり、これはひどいと厳しく批判してメ
                      ディアも大きく報じて、イギリス政府は法律を改訂して、努力はカナタチさんも認めて、対話とは本来そ
                      ういうもの。
                       矢野さん、他の貧困問題について問われて、藤田さん、専門家がアメリカ人で去年5月に特別報告、生活
                      保護引き下げしたら貧困層の人権侵害と批判して、厳しい勧告、共同声明であり、これは日本で報じられ
                      ず、情報はHPで公開、日本のメディアは報じるべき、貧困のことは東京新聞と赤旗のみ報告。
                       矢野さん、藤田さんのお話で日本は人権の低い国と怒られました。
                       その他のニュースも上田さんの担当で、中国の習近平氏がDPRK訪問です。 
                       終盤国会、野党は追求、老後に2000万要るで政権追及、安倍政権は経済は良くなったと逆ギレです。
                       イージス・アショアで岩屋大臣秋田県に謝罪、秋田県は新屋ありきと反発、協議に応じられないです。
                       山片蟠桃賞決定、日本文化と自然のことを書いて受賞です。

                       「10分で現代を解説」は福本晋悟さんにより、武器輸出についての報告でした。望月衣塑子さんの本も
                      出たテーマです。
                       福本さん、千葉県の幕張メッセで取材、商品展示のあるところで、3日間MAST、海と空の芸術、防衛
                      装備品の展示、武器と呼んでいいか、国際協力と軍事技術について、2006年から開始、日本では2015年と
                      2017年にやり、防衛省と外務省がやり、防衛装備庁のブースがあり、ロッキードマーチンも出して、墜落
                      したF35を作り、反対の市民も200人いて、科学技術と軍事技術、川崎重工業(潜水艦)、NEC(ソ
                      ナー)を展示、軍港、原発を見守るもの、防衛装備庁のブースは、中小企業5社の展示、ポリエステル繊維
                      でヘリポートを作れるもの、国交省に災害時に納入→陸上自衛隊に納入+外国に出す、災害対策なら問題
                      ないが、誰が買うかで変わり、企業は儲けるために軍事技術、デュアルユース、民生用も軍事用も使える
                      もの、科学技術で経済発展でも、軍事ならどうか?同志社大学の村山さんに軍事技術と民間のものについ
                      て、軍事市場で民生品が増えて、AI、5G、GPSなど軍事技術に民間市場からきて、米中対立のネ
                      タ、5Gで負けると軍事で負ける、昔と比較して軍事研究費が減り、民生技術を軍事に転用、技術と安全
                      保障は、トランプ政権で完全に一体化していて大変というもので、日本は安全保障で武力行使はできず、
                      経済と技術を世界の平和のために何ができるか、日本は武器輸出三原則を改悪、防衛装備庁もできて、軍
                      事産業はそれまで自衛隊にのみ納入して、しかし海外の軍事品が自衛隊に納入→軍事産業は海外に売らな
                      いとならず、日本の軍事品は戦争で使われておらず、防衛装備庁の人間の話で、コストの面で民生技術に
                      よりコストは安くなる、今後の展望は、防衛装備庁ができて4年、大きな輸出はないものの、小規模で輸出
                      するものというのです。武器輸出三原則、日本の軍事産業は海外で苦戦、自衛隊は安く買いたい=民間企
                      業の技術に期待、福本さん、民生技術と軍事技術のこと、同じものを軍事使用で来て、矢野さん、日本の
                      技術が他国の人間の命を奪ってはいけない、福本さん、民間と軍事技術の境界線がわかりにくくなり、11
                      月には陸海空の安全保障の展示会もあり、こういう展示会は日本で増えて、経済、軍事で考えるべきと福
                      本さん締めくくられました。

                       今週の特集、藤田さんによる国際社会から見た日本の人権、藤田さん、講演会を19日にされて、22日に
                      は毎日放送で講演会、学生無料であり、リスナーより、日本は人権意識低いのにビックリ、市民は何をし
                      たらいいかとあり、藤田さん、人権とは何か、思いやりと人権は違う、国連の人権では、生まれながらの
                      ものを発揮するものが人権、すべての人に与えられて、しかし思いやりは全ての人向けではないのに、日
                      本では思いやりで、これは大問題=すべての人に等しく人権を求めるべきと締めくくられました、私も日
                      本が、安倍政権のバカにするDPRKなどよりひどいのにビックリです、この内容、例に寄りいくらでも
                      拡散してください、人権無視の安倍政権のやりたい放題を許したら、日本は、世界は破綻です(イスラエ
                      ルはゴラン高原をトランプ高原として、こんなことを続けたら本当に戦争です!)。明日はジャム・ザ・
                      ワールドにラジオニュース界の首位打者、青木理さんが出られます(先週の宮台真司さん登場の際にツ
                      イッターは盛り上がり、いかに市民が安倍政権の手先となったテレビなどに背を向けてラジオの重要なも
                      のを求めているか、です!)





                       


                      | 1/673PAGES | >>