calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/6/18) 青木理 拉致問題は安倍政権の責任で(やれないだろうが)解決しろ!メディアの程度が低く安倍政権の横暴を許している&毎日放送ラジオ、サンテレビ 大阪北部地震特番

0

    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木理さんでした。また、毎日放送ラジオは特番で、さらに阪神・淡路の被災地のサンテレビも特集しており、これらを聞いてみました。ややこしいですが、ご容赦ください。

     毎日放送ラジオは特別編成、大阪北部地震(大阪で震度6は1923年以来初)、女児が亡くなった高槻市立寿永小学校をネットワーク1・17のキャスターの千葉猛さんが報告、倒れた塀は古いもので強度に問題と報告されました。1596年に今回と類似の地震、マグニチュード7.5の地震がありました。
     松井愛さんと藤林温子さん、MBSに自転車、皆さん徒歩で来たというのです。松井愛さんは自転車で来られて、しかし、交通手段がなくMBSに来られなかった方も多いのです。
     近藤光史さん(大阪市福島区、梅田の一つ西)、ベッドをつかんで、マンションの、13階、ペットの犬は病院で、家では近藤さんのみ騒ぎ、エレベーターは止まり階段のみ、13階との往復の勇気はなく、松井さん、タワーマンション30何階は大変と説かれて、近藤さんのところは大混雑はなく、松井さん、高い食器から割れたという声を紹介されて、近藤さんは阪神・淡路を体験しておらず、食器は無事、家具は方向を考えて置いて、ベッドに倒れないようにしてあるというのです。エレベーターはようやく再開なのです。
    上泉雄一さん、西宮におられて、MBSに行くところで地震、阪神西宮に行っても電車は止まり、甲子園の野球の際どころでない混雑であり、15時半のラジオ開始に間に合うか、SNSで交通が動いていないと知られて、ひたすら阪急の夙川駅(西宮北口の一つ西)に行かれて、電車は立ち往生、点検車両が動いて、何とか大変であったのです。
     リスナーより、10時の段階でスーパーは水とカップ麵はなくなったと声もありました。

     デイ・キャッチ!でも大阪北部地震のこと、震度6弱の茨木市の主婦の方の声があり、この時間、ご主人は出勤、お子さん二人とおられて、地震発生時、上の息子さんはお休み、下の息子さんを幼稚園に送る準備で、子供を呼びに台所を離れたら、食器棚が倒れて、ご主人の力なしで食器棚は元に戻せず、電気と水はOK、ガスは昼の時点で止まり、お子さんにけがなし、棚から落ちるものは全て落ちて、地鳴り→横揺れ、お子さんのところに走るのも大変で、幸いに大きなけがはなしでした。
     MBSの馬野雅之さん、デイ・キャッチ!に電話で出られて、自宅であり、地震の際に犬と散歩されて、西宮市と宝塚市の境におられて、ドンという音→下から突き上げるような揺れ、長い揺れではなく、地面がうねるような感覚であり、馬野さんは阪神・淡路の際は就寝中、震度6のところであり、阪神・淡路の揺れに近く、阪神・淡路の時になかった緊急地震速報は、馬野さんのところでは揺れてから鳴り、間に合わない、直下型地震と海洋型地震の違いを知り、馬野さんのところはライフラインは大丈夫、しかし鉄道は再開のめどなし、ラッシュアワーで、お嬢さんは電車の中に閉じ込められて、電車から出たら自己責任!どこに行ったらいいか、近所の方が誘導される場合もあるものの、自宅から離れたところで被災したら、阪神・淡路は早朝、今回は活動時間であり問題と説かれました。
    (緊急地震速報は地震のP波(縦波、弱い、先に出る)を感知して、本番の強い揺れのS波(横波、後で出る)を警告するもので、直下型地震だと二つの時間さ時間差は短くなっていまいます)
     サンテレビのニュースで、GPSにて地震を調べられている京大の西村卓也さん、歪集中帯、新潟〜神戸と説かれて、西村さん、今回の地震は内陸で浅い地震、マグニチュード6.1と小さめでも震源が浅く揺れが大変で、地震の要因は、震源の位置は有馬・高槻断層帯であり、これが動いた可能性があり、さらに生駒断層帯と交わるところで地震、二つの活断層が関与した可能性があり、有馬・高槻断層は東西方向、生駒は南北、GPS観測からも歪みのたまっていることが分かり、阪神・淡路の余震ではなく、大阪府でも東、阪神・淡路の震源から20km離れて、阪神・淡路の余震ではなく、別の地震だと説かれました。
     室崎先生、直下型地震が頻繁すると、南海トラフ地震の可能性を説かれて、直下型地震と海洋プレート地震は関連しているとサンテレビで説かれました。

     デイ・キャッチ!青木さん、岸井さんのお別れ会に行かれたところで、ジャーナリスト魂を継ぐべきと説かれました。
     ニュースランキング1位はもちろん大阪北部地震、3位は森友学園問題を78%決着していない、2位はワールドカップです。青木さん、サッカーは興味なし→始まると世界最高の選手のプレーはすごい、ニュースのコメントをしないといけないから見ている(笑)と説かれました。
     大阪北部地震、マグニチュード6.1、青木さん、一報は仕事場で聞かれて、最初は軽微か→大被害と知り、気象庁は南海トラフ地震とは直接関係ないというものの、青木さん、阪神・淡路を取材されて、直下型地震、三宮のビルが潰れて、神戸はこの世の地獄なのに、大阪は平常の市民生活、直下型地震は局地的な被害、東日本大震災は広大な被害、犠牲者は子供と高齢者であり、大阪で震度6は1923年以来、しかしたかが90年、1596年の慶長・伏見地震以来、減災の努力が要り、そして千葉沖、群馬で地震、連動していないと言うなら、どうして地震が続くのか、南海トラフ地震の懸念もあり、南海トラフ地震は30年以内に70%で起きる、明日起きてもおかしくなく、家族の間で連絡の取り方、プールのブロックは鉄筋が入らず、小学校で被害を減らせなかったのかと説かれました。
    (1596年の地震の後で、南海トラフ地震が起きていると、室崎先生がサンテレビで語られました)
     森友学園問題に国民が納得していない件、大阪地検特捜部が佐川氏不起訴を70%が納得せず、しかし内閣支持率は上がり、朝鮮半島非核化は77%がしない、バクチ法案は69%が反対、6増も59%反対、これらについて青木さん、毎度のことで、モリカケ問題は批判されて、国会の後で支持率低下→時間が経つと回復、政権支持する人の大半が他に誰もいない、共同通信では支持者の半分が他になし、安倍政権には問題があり、大阪地検の処分も、バクチ法案も7割納得せず、個別の問題では不満でも、他にいないから、政治に対するニヒリズム、あきらめがあったら大変、朝日新聞の折々のことば、何も期待しない→それ以上のものは得られない、期待しないムードが広がると、他にいないと安倍政権を許したら、待機児童、災害対策、全ては政治、政治に期待しないと世の中は悪くなり、憂慮する、他にいないからではなく、安倍政権に任せているから、この程度のメディア、国民で安倍政権は支持されている、。モリカケ問題、バクチ法案、働かせ方改悪、メディアの問題と説かれました。

     デイキャッチャーズボイス、安倍総理は拉致問題を自分の責任で解決せよと青木さん説かれます、これについて、報道するラジオの案内であった毎日新聞の平野幸夫さんがブログで説かれています。安倍氏は官房副長官の際に小泉訪朝、しかしDPRKについて分かっているのか、です。
    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12384516781.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----hirano-yukio_12384516781
     また、ジャーナリストの立岩陽一郎さん、日朝関係でマスコミ各社は政府に踊らされていないかと指摘されています。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20180618-00086625/
     青木さん、安倍総理は日朝会談に意欲と言うものの、米朝首脳会談は史上初のものが成功、客観的に煽られて、安倍総理は日朝会談→拉致問題解決?被害者家族は期待しているものの、考えてみたい、この問題は小泉政権下で拉致問題はあるとして、小泉氏は拉致問題解決なしで日朝関係は改善されず、2002/9/17に日朝会談、なぜ日朝会談、拉致問題について、金正日氏が謝罪したのは、当時、お膳立てした田中均氏、拉致問題の前進なしに日朝関係は前進せず、外交は一方のみ勝つことはなく、日朝関係正常化、DPRKへの戦時賠償数兆円、これが欲しいなら拉致問題を解決しろであり、驚くべき事実、金正日氏は日朝国交正常化を考えて、日朝だけではなく、米朝の国交も考えて、当時のクリントン政権は米朝関係改善を考えていたら、ブッシュ政権になってしまい、そして日本のムードを変えたのは安倍氏、田中均氏と福田氏が交渉しても、8人死亡で安倍氏は批判して強硬姿勢になり、田中均氏の対話路線を批判して、安倍氏は幹事長→総理になった=DPRKほの圧力が受けて安倍氏は総理になり、しかし2002年に拉致問題が前進したのは交渉なのに、安倍氏は交渉を批判して総理になり、DPRKの核開発、ロケットに対して強硬論を悪用しての仕上がり、昨年の総選挙もDPRKの危機をあおって自民党は圧勝した。
     米朝会談→日朝になるのか?安倍政権は拉致問題をライフワーク、のし上がる土台にして、DPRKは独裁者の国として批判して、次の首相、次の政権で解決できるのか?今、DPRKは日本に譲歩する余地はあるのか?青木さん、安倍政権が拉致問題をちゃんと解決すべき、三選までに解決の目鼻をつけないと、今後解決は困難。
     安倍氏が2002年の、融和路線を切った、ブッシュ政権も要因だが、安倍氏が融和の路線を断ち切った、しかし拉致問題を政権浮揚にこれ以上悪用するなら青木さん釘をさされました、以上、青木さんのお話でした(…しかし、青木さん、安倍氏に拉致問題が解決できるなら、暗黒時代の阪神タイガースがワールドシリーズで世界一になると思いますが…それ以前に安倍氏が阪神の監督なら今頃トラキチにより大阪南港に放り込まれて土座衛門になっていると思いますが…こんなこと書いたら共謀罪で逮捕かな?(笑))。


    毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/6/18) 大阪北部地震2時間特番 梅田康弘さんのお話の続き、南海トラフ地震に要注意&国会・政治の動き、山田恵資さんのお話、安倍三選は濃厚でも憲法改悪は無理、吉村真紀さんによる防災アドバイス(PART2)

    0

      永岡です、毎日放送ラジオの、ニュースなラヂオ、第13回、続いて矢野宏さんと、加藤夏美さんの司会
      で2時間特番後半です
       大阪北部地震、南海トラフ地震について、京都大学名誉教授の梅田康弘さんのお話の続き、日も暮れ
      て、余震が怖いもので、余震の確率、熊本よりは少ないものの、一両日は油断したらいけない、一回り小
      さい地震もあり得て、震度6弱だが、地震の規模は小さくとも、震度は震源に近いと大きく、大きな地震で
      も離れると震度は低く、地震学者は規模でしか話さず、体感する人には、真下で地震ならエライこと。
       矢野さん、余震以外にも、京阪神の活断層、阪神・淡路以降活動期化と問われて、梅田さん、その通
      り、南海トラフ地震は特定の間隔で繰り返して、関西には地震なしと思っていたが、阪神・淡路以降地震
      が相次いで、一昨年は鳥取、今回のものより、南海トラフ巨大地震が切迫して、場所は特定できないが、
      地震には要注意。
       地震の揺れのみを考えるのではなく、明日は雨で、テレビでは、市街地だけでなく、山にも被害で土砂
      災害は注意すべき、宅地造成していて注意は必要。
       家の中では、崩れたものは片づけていると思うが、落ちてこないようにする、落ちても安全なところに
      位置して、揺れの減り方を見ないとダメ、今夜は要注意なのです、以上、梅田さんのお話でした。
       先ほど、姫路からメールの方、家に着いたそうです。
       地震以外のニュース、上田さん、JRの運転、京阪神の再開を19時以降→20時以降、一部は終日休止、
      まだ大変であり、阪急京都線は見込みなし→再開です。京都には阪急で帰れるものの、普通電車だけであ
      り大変です。
       その他のニュース、千葉での女児殺害事件、検察は死刑を求刑です。
       袴田事件、再審請求を東京高裁が認めず、最高裁に特別抗告、袴田さんは2014年に再審が認められて、
      検察の特別抗告が認められず、袴田さんは最高裁の結果まで収監されないのです。
       一億総社畜化法案((c)小田嶋隆さん)は明日採決せずです。
       安倍総理は金委員長との日朝会談を計画、森友学園問題は麻生氏は再発防止を語り、世論調査では森友
      学園問題は国民の疑念は晴れず、内閣支持率は少し上がりました。

       国会について、時事通信の山田恵資さんがお電話でお話されました。地震だけでなく、国会も気にな
      り、山田さん、実家は兵庫県で心配、今日は東京におられて、TBSラジオに出ていて、緊急地震速報→
      MBSラジオの馬野さんがレポート、山田さんスタジオにおられて、3人亡くなられて山田さんショック、
      余震が要注意。
       共同通信の世論調査で、支持率は6%アップ、支持>不支持、読売新聞も上がり、これについて山田さ
      ん、モリカケ問題は国民は疑念ではあり、決着していないは78%、しかしこれは支持率には反映せず、
      今、自民党の中で安倍氏に代わる人がない、石破氏、岸田氏、総裁選は分からないとは建前、流れで安倍
      氏は現職で優位と国民は感じ取り、不満はあるが、安倍氏で仕方ない、官邸サイドが、時間をかけたら戻
      るという戦法が当たっているもので、矢野さん、世間にはモリカケ問題は飽きと説かれて、山田さん、野
      党の追及が、安倍氏を追い込めず、皮肉なことで、疑惑の数が多すぎで、本質は安倍氏が直接指示せずと
      も、安倍氏が霞が関、自民党の中での影響力が強く、自民党の中でも安倍批判はなく、国民も妥協してき
      ている。
       矢野さん、本質は安倍氏のえこひいき、これを国民が許していると怒られて、山田さん、安倍氏は直接
      指示はしていないが、加計孝太郎氏と関与はあり、安倍氏は少しでもかかわると致命傷、官僚を盾にし
      て、これを打ち崩す材料なし、これはメディアにも責任があり、安倍氏は外交で成果を上げようとして、
      日朝会談、拉致問題に振り向けようとして、しかし先週の調査は、米朝会談で、安倍氏が前に出て解決す
      る手立てになり、国民は安倍氏に任せるしかない、安倍氏しかやれないと、官邸の作戦が功を奏したもの
      で、しかし、安倍氏は何もしておらず、解決してこの結果ではなく、実際にDPRKは解決策を出すの
      か、平壌では拉致問題は解決済みのものを持ち出すと批判して、安倍氏はトランプ大統領に拉致問題を上
      げてくれであり、しかし安倍氏は圧力のみで蚊帳の外→トランプ大統領に泣きついて、ところが、DPR
      Kはこれを無視、官邸は解決済みは言わなかったとしているものの、情報を勝手に解釈して、日朝会談に
      オープンではなく、DPRKは拉致問題ではなく、日本のお金が欲しく、DPRKは拉致問題は解決済み
      と言い続けて、残り12人を返せが日本政府の姿勢、4人亡くなり、8人行方不明、これは解決は困難、DP
      RKはカードなしと分かり、それで拉致問題を、秋の総裁選を勝つために利用しているという見方もあ
      り、拉致問題は安倍氏以外には解決できないとするもので、矢野さん、怒られて、しかし、山田さん、解
      決できないと分かったら安倍氏には致命傷、もし解決できるなら、安倍氏は8月に平壌に行くことになる、
      それは勝負。
       一億総社畜化法案の採決をしないのは、山田さん、国会の会期延長、7月まで30日伸ばすことになり、先
      週末はこれでは長すぎると自民党の中で議論があり、しかし世論調査では支持率回復、しかし国会をした
      ら安倍氏に批判と言うものの、それで強行採決してきたが、世論調査の結果で、急いでやらなくていい、
      会期延長は、支持率と同じ、一億総博徒化法案((c)小田嶋隆さん)は今国会でやる、矢野さん、国会でモ
      リカケ問題を追及されるかと問われて、山田さん、先週の世論調査で風向きが変わり、野党のいうことを
      聞くと楽しい?しかし、国民は不満を持っても支持する、一億総博徒化法案は公明党が抵抗して、3週間前
      に山口氏はこれ反対、海外を視察してバクチ場はアカン→このままだと、来年まで延ばすと統一地方選+
      参院選、石井氏、国交相が公明党で、とことん反対できず、公明党は与党を割りたくなく、公明党はブ
      レーキ役と言っていたが、公明党が逆にアクセス役になり、今国会終盤のことを有権者は覚えておくべ
      き。矢野さん、バクチ場を拙速と批判されて、山田さん、観光立国と言うものの、観光立国、成長戦略に
      はもうバクチしかなく、バクチの利権もあり、数の力でやるしかなく、しかしバクチは他人の不幸を財源
      にするもので、慎重にすべきであった。
       矢野さん、安倍三選を問われて、山田さん、竹下派が鍵、穏健派、しかし安倍一強に竹下派も与するし
      かなく、どうも安倍三選は濃厚で、地方票はどうなるか、しかし、憲法改悪は困難、三選でも、挙党態勢
      で、安倍氏以外に憲法改悪を意図する政治家はなく、安倍氏は三選されても、その後の永田町、自民党は
      安倍一強は全盛期よりおちるものの、安倍三選は濃厚になったというもので、しかし、三選なら2021年と
      言うものの、来年は政局の年になると締めくくられました。


      毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/6/18) 大阪北部地震2時間特番 被災地各地の報告、梅田康弘さんのお話(PART1)

      0

        永岡です、毎日放送ラジオの、ニュースなラヂオ、第13回、今週も新聞うずみ火代表の矢野宏さんと、
        フリーアナウンサーの加藤夏美さんの司会で放送されました。ニュースキャスターはスタジオで上田崇順
        さん、JR大阪駅に福本晋悟さんでした。7時から2時間特番です、新番組開始3か月で特番です(明日、母
        が検査で準備が大変で、要点のみの抜粋に止めさせていただきます)。
         地震の後で、SNSでデマが広がっており、神戸新聞に記事がありました。
        https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011365678.shtml

         今日の特集言うまでもなくは大阪北部地震、矢野さん、この時間は大概家にいるが、枚方市の中学校で
        講演、阪急電車に乗り、中津駅で止まり、携帯の緊急地震速報がなく、震度6、車内では揺れは大きくな
        く、しかし向かいの電車が大きく揺れて、そこに閉じ込められて40分、梅田の一つ前で、解放されて梅田
        のうずみ火事務所に行けて、しかしもっと遠かったら大変、皆さん車内で携帯を見るも情報なし、会社に
        送れると電話する人もあり、加藤さんは自宅で、前後左右に揺れて、緊急地震速報より揺れるのが初、矢
        野さんは阪神・淡路を体験されて、加藤さんは阪神・淡路の時は関西におられず、食器が落ちて、食器棚
        は震災を感じて倒れにくい、開かないように、なのに食器が割れて、矢野さん、観音開きではなく、スラ
        イド式に変えたと説かれて、加藤さん、液晶テレビが割れた!で、ラジオで情報を得たのです。
         地震のニュースは上田さんの担当でした。
         大阪北部地震、7時58分、マグニチュード6.1、震度6弱を大阪市北区、3人死亡、けが人は307人、大阪市
        の災害対策本部も発足、9歳の女児がブロック塀の下敷きになり亡くなり、通学路の見守りに行く高齢の男
        性も死亡、です。火災も起きて、東淀川区で集合住宅が火災、けが人は複数の情報、ライフラインは、関
        電によると大阪府で17万件停電、これは復旧、大阪ガスも11万戸で停止、復旧は最短で21日!3日もか
        かり、お風呂、シャワー、料理に大変です。
         高槻市では水道管破裂、断水もあり、国立循環器病センターではライフラインが止まり自衛隊出動、462
        カ所の避難所開設、1036人が避難、また地震もあるかも知れず、交通は、JRでは終日運休のところあ
        り、19時以降に再開、京都線と神戸線の新快速停止、私鉄はモノレール、阪急の京都線で再開のめど立た
        ずです。大阪地下鉄は御堂筋線など再開、一部運休、新幹線は東海道新幹線は107本運休、5時間最大の遅
        れ、山陽新幹線は新大阪〜新神戸で速度を落とし、伊丹空港は41便欠航、遅延もあり、神戸空港は通常通
        り、道路は通行止めは解消です。

         現場から最新の情報、千葉猛さんが最大震度6弱の高槻市の寿永小学校におられて、プールのブロック塀
        が倒れて女児の亡くなったところ、小雨、事故現場は警察の規制線があり、16時にドンと突き上げる地
        震、被災者は大変ではあり、地震の恐怖が続き、倒れたブロック塀は寿永小学校、4mの道路とプールの
        間、1.9mの壁、上には40年前に中が見える金属製のフェンスがあり、それで中が見えるので、代わりにさ
        らに1.6mの高さのブロック塀=3.5mの高さで、ブロック塀が道路側に倒れて、プールサイド2m近いものの
        上に落ちて、大変な衝撃。
         被害の重要なポイントはブロック塀、千葉さん、上新庄でブロック塀に80歳の男性がやられたもの、こ
        ちらは鉄筋が入っていたが、高槻市は鉄筋なし、1978年の宮城沖地震でブロック塀が倒れて大被害、建築
        基準法改正でブロック塀の強度を上げないといけないのに、今回の被害、検証の必要があると千葉さん説
        かれて、ねずみ色のブロックより大きなもので、その下敷き。
         高槻市の寿永小学校は、一戸建ての住宅が立ち並び、しかし、ブロック塀以外に倒れている家、塀はな
        く、事故のブロック塀のみ倒れて、地域の方は、プールのブロック塀には膨らんでいたと指摘、危険と感
        じていた住民は少数で、改善は要求されておらず、高槻市は3年に1度ブロック塀を点検しても、鉄筋の量
        などをチェックしていたか不明、作られた時の情報は不明で、亡くなった女児は高学年の子供に声をかけ
        て、みんなに話しかけて遊んでいた子供であり、学童保育にも通い、指導員もいい子だと評価していたも
        のであり、ブロック塀の下敷きになった女児を大人が懸命に助けても、亡くなり、矢野さん、ブロック塀
        の強度はどうか、千葉さん、学校の正門のそば、大勢の子供たちが通学路であり、高槻市長が会見、しか
        しお詫びだけでなく、原因究明は必要、矢野さん、親御さんにとって通学路の安全は絶対であるべきと説
        かれて、千葉さん、倒れたブロック塀には楽しい壁画があり、創立40周年の際に親御さんが描いたもの
        で、千葉さん、地震は続いており、ブロック塀には決して近づいてはならないと締めくくられました、以
        上、千葉さんの報告でした。
         JR大阪駅、福本晋悟さん、3階の改札口、ルクアの入口におられて、朝の8時半からおられて、環状線
        再開、しかし電車が7時25分時点で来ていない!7時前にはホームに10人ほど並び、しかし、電車が来てお
        らず、朝は多くの乗客がいて、今まで混乱はなく、座るべき人は座り、改札の内外にブルーシート、JR
        係員が用意されて、改札外には座らず、中には座る人はいて、今は混乱はそれほどではなく、電車で帰る
        か、歩いて帰るか、阪急の神戸方面は動き、神戸には私鉄で帰れるが、新大阪や京都にどう行くか、阪急
        とJRは止まり、京都には京阪電車しか動いておらず、JRは夕方に再開の意向が中止、止む無く歩く人
        もあり、なぜJRは時間がかかるか、停止した電車の球児活動が終わらないと電車を回収できず、終わっ
        たのは16時、JR環状線は地震発生から11時間でも動いていない。
         線路の異常は、こちらには入らず、再開の一報を聞いて待ち続ける人もあるものの、疲労の色は濃くな
        り、皆さんスマホで情報収集、学生さんは宿題をする人もあり、茨城、高槻市の被害の大きいところから
        来た人は早く帰りたく、福本さん、20代の男性に取材、神戸から来ても一人暮らしで家を確認できず、高
        槻市が被害で不安を説く声もありました。
         JR大阪駅から動いている電車は19時半現在なし、私鉄、地下鉄は動いているが、東海道新幹線は動い
        ていると言うのです、以上、福本さんの報告でした。
         リスナーより、労組の大会に行くので1時間遅く電車に乗り、緊急地震速報→揺れて、電車が止まり、3
        時間半車内で閉じ込められて、迂回できず、待つしかなかったとあり、姫路では新幹線で三宮に行く途中
        で地震、今も東加古川で足取り、JRが止まりエライことなのです。
         大阪市内に金山泉さん、阪急梅田駅、阪急神戸線は15時に再開、しかし各駅停車のみ+本数は少なく、
        乗客は行列、京都線は復旧のめどなし、橋のゆがみがあり、これではお客様を乗せられない、再開のめど
        全くなし、50代の女性、朝阪急に乗り、梅田について地震、今日は社員旅行のはずが中止、ところが京都
        に帰れず!駅構内は蒸し暑く、熱中症も懸念されて、駅ではアナウンス、京都線再開のめどなし。


        毎日放送ラジオ 報道特別番組(2018/6/18) 大阪北部地震 矢野宏さん、西村愛さんの報告

        0

          永岡です、本日の7時58分に、大阪北部地震が発生、毎日放送ラジオは特番で、福島暢啓(のぶひろ)ア
          ナウンサーがスタジオから司会、ニュースなラヂオの司会の矢野さんの新聞うずみ火の矢野宏さんがお電
          話で報告、矢野さんは地震当時阪急電車にいて、中津駅にいて30分閉じ込められて、そこから梅田の事務
          所に徒歩で歩き、阪神・淡路を体験された栗原さん、デスクトップパソコンが二つ倒れて、飲みかけの焼
          酎が二つ倒れて、うずみ火の読者が大阪に800人いて、電話して今のところ支障はなく、矢野さん、武庫之
          荘(兵庫県尼崎市の阪急電車の駅、西宮北口の一つ東)→梅田に行く通勤特急で、緊急地震速報、電車が
          停止、向かい側の電車が目で見て大きく揺れるのが見えた。
          中津駅(梅田の一つ手前)、30分ほどで補閉じ込めはなくなり、しかし車内の皆さんは大半出られて、
          街中の輪様子は、方々で立ち止まって携帯電話をかけられて、会社、学校、自宅まで安否確認されて、矢
          野さんは閉じ込められて、その後矢野さんは枚方に行く予定が、行けなくなり、しかも携帯電話の回線が
          満杯で電話もなかなか通じずであったのです、以上、矢野さんの報告で、NTTによると通信設備の故障
          で18000件がつながらないのです。
          気象予報士の吉村真紀さん、崖崩れは急に水が止まるなどが予兆で、今は関西は蒸し暑く、吉村さんは
          自宅から歩いて来られて、普段歩いていないところを来られて大変で、熱中症には対策が必要、看板が落
          ちる、エレベーターが止まり、あすは天気が下り坂、大阪で明日夜〜明後日に50ミリの降雨、和歌山では
          100ミリの降雨が予想されて、厳重な注意が必要です。
          京都大学名誉教授の梅田康弘さん、今回の震源は上町断層か有馬高槻断層で、しかし熊本大地震のよう
          にこの後でさらに大きな地震が起きることは考えにくいが、南海トラフ地震の可能性は高まっていると語
          られました(毎日放送ラジオの、ありがとう浜村淳です、にて)
          震度6を大阪で観測したのは、観測体制の整った1923年1月以来初で、長周期地震動も大阪、兵庫で観測
          されて、関電は大飯、高浜原発に異常なしと報告して、福井県の核施設、もんじゅなどに異常はないとい
          うことです。

          ネットワーク1・17キャスターの西村愛さん、豊中市からお電話で報告、地震で大きな被害はなく、お弁
          当を作っているとき、火はすぐ消して、お風呂に水をためて、一軒家で大きな被害はないものの、桃山台
          のマンションは水道管が壊れて断水、西村さんの、ご主人の実家は大丈夫、子供たちは親御さんが迎えに
          来て、お店には商品を求める方もあり、しかし棚も倒れて、スーパーは開店を30分遅らせて、ドラッグス
          トア、商品を片づける暇もなくお客さんも殺到、栄養剤の瓶が倒れて壊れて片づけるのは大変で、救急車
          のサイレンが鳴り、近所にはけが人はいないものの、まず縦揺れ→横揺れであり、ご主人とどこに避難す
          るか、日頃からの備えが大事と締めくくられました、以上、矢野さん、西村さんの報告でした。今日は、
          関西のラジオを追跡します。


          【転送】東日本大震災・熊本地震 被災地交流/物産・物品展

          0

            兵庫県保険医協会 西宮・芦屋支部
              東日本大震災・熊本地震 
            第10回被災地交流/物産・物品展

            日時 7月7日(土)9:00〜15:00
            会場 広川内科クリニック 
               〒662-0845 西宮市神明町4−26
                TEL 0798-64-2707
               ・JR西宮駅より北へ徒歩約7分
               ・阪急西宮北口駅より南西へ徒歩約12分

            【二胡の演奏会も開催 】13時〜14時
               奏者 劉 揚さん

            東日本大震災と熊本地震被災地への支援と地域交流のため、岩手県宮古市の「かけあしの会」の物産品販売・展示会を開催いたします。
            みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひお気軽にご参加ください!

            ※熊本県南阿蘇村の低農薬野菜、「三春彩花」の会津木綿を使った小物雑貨、岩手県藤沢「ちくちく工房」のバッグ、宮城県気仙沼の復興住宅から手作りの手籠なども販売します。

            【物産品取扱例】
            岩手県田老町漁協わかめ、磯とろろ、塩蔵わかめ、おつまみ板昆布、塩麹クッキー、岩手県産すき昆布佃煮、岩手三陸産カットわかめ、ふのり、ひじき、松藻、いさだ、かもめの玉子など、物産品多数!!
            ホタテ焼き、蒸し牡蠣などの実演販売や宮古の塩サイダーなどのお飲み物も販売しております!

            チラシpdf
            http://www.hhk.jp/shibu/180707%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E7%89%A9%E7%94%A3%E7%89%A9%E5%93%81%E5%B1%95.pdf


            文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/6/15) 金子勝 安倍総理に拉致問題解決は無理、デタラメ法案で法治主義破綻の安倍世紀末ハチャメチャ政権による秩序崩壊を語る

            0

              永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、金曜日の大竹紳士交遊録は経済学者の金
              子勝さん(立教大学特任教授)でした。パートナーは室井佑月さん、アシスタントは太田英明さんでし
              た。大竹さんはヘルニアのため電話出演で、実質司会は室井さん、今週は室井淑女交遊録、金子さんも
              ギックリ腰だそうで、お大事に。…で、例により頭に来る話であり、皆さん!心臓は強く持って晋三を
              ぶっ飛ばしましょう!
               今回のテーマは、金子さん腰痛で、政府答弁を聞いて腰を抜かして、米朝首脳会談で1週間もちきり、C
              VID、検証可能、不可逆的、しかし米韓軍事演習中止に憤るとは戦争したいのかと、金子さん、安倍氏
              は戦争のために敵を作り、トランプ大統領は気まぐれでも、なぜDPRKはこうしたかは、朝鮮戦争が終
              わっておらず、リビアやシリアを見たら金委員長は怖い、室井さん、武器が要らなくなったら、DPRK
              に経済支援するとしても、人殺しにお金を使うより、人道支援の方がいいと言われて、金子さん、9月に再
              会談、トランプ大統領は中間選挙を見て、そして安倍氏は日朝協議というものの、Jアラートを鳴らして
              イージス・アショアを買い、憲法改悪するような安倍氏にやってもらうのは問題、圧力一辺倒で安倍氏は
              やってきて、パイプなし、ウランバートルで接触しても、パイプなし、安倍氏はDPRKも信用せず、別
              の人が交渉すべき。安倍氏が三選のために日朝協議というものの、今まで圧力一辺倒、あと3か月で何がで
              きる、安倍氏ではなく、話し合いのできる人が交渉すべき、圧力一辺倒→トランプ大統領が接触で朝令暮
              改、メディアは嘘をついて、しかしG7と米朝首脳会談で安倍外交は破綻。
               G7は破綻、モリカケ問題はまだ山ほどスキャンダルが出て、重要法案は、働かせ方改悪、バクチ法
              案、参院の定員、バクチ法案は18時間しか審議しておらず、6000円払うとしても、バクチ場には日本人
              しか来ず、海外のカジノ業界への利益供与、働かせ方改悪、高度プロフェッショナルというのに12名しか
              聞いておらず、それも法案のできた後で、データ改竄も高度プロフェッショナルであり、高度プロフェッ
              ショナルになったら残業時間無限大というのに、厚労省はデータ捏造、それも12人を問題になった直後、
              安倍氏のお友達にヒアリングしたのではないか?法律は欠陥だらけ、厚労省の省令で年収制限は下げられ
              る、そうなると、一旦通すと全労働者に残業代はなくなり、労働者派遣法で、竹中平蔵氏らのために、正
              社員は恵まれすぎていると嘯き、全労働者派遣になりかねず、非正規雇用は400万、自由な働き方ではな
              く、年収制限や職種は小さく生んで大きく育てる、これを塩崎氏ははっきり言っており、ちゃんと議論せ
              ず、国民に知らせず、働かせ方改悪も、バクチ法案も拙速なのは議論したらボロが出るだけで、アンケー
              トでは分からないが1/3、論点を一つ一つ議論すべき、法案の作り方はモリカケ問題とそっくり、お友達の
              ためにデータ改竄、法治主義破綻。
               新潟県知事選は、与党の候補が勝ち、金子さん、池田氏を応援したが、しかし、中野区長選は野党が勝
              ち、福島第2廃炉=柏崎刈羽再稼働のためで、花角氏は原発隠しで勝ち、当選したら、自民党、世耕氏に会
              い、忖度そのもので、福島第2廃炉は。花角氏の勝利で柏崎刈羽の再稼働OK、しかし、柏崎刈羽は中越沖
              地震で被災して、福島事故の責任を誰も取っておらず、こんなことでなし崩し的に核をやったら日本は破
              綻だと締めくくられました、以上、今週の金子さんのお話でした。
               


              朝日放送おはようコール(2018/6/15) 中川譲が日本は朝鮮民主主義人民共和国との接触と博多での新幹線の事故を語る&荻上チキSession-22 崎山敏也 福島第2廃炉を語る、日本列島は廃炉の時代に入った!

              0

                永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
                院大学客員教授の中川譲さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウン
                サーでした。

                 日朝首脳会談、モンゴルでキックオフ、シンガポールで満面の笑みを浮かべていた金委員長は安倍総理
                との会談に意欲と分かり、平壌では朝鮮民主主義人民共和国、DPRKの記録した米朝首脳会談について
                テレビで初めて動画が放映されて、これまで見たことのない様子があり、シンガポールで国民が金委員長
                を熱烈歓迎していると報じ、日本にとって重要な拉致問題について、トランプ大統領は本格的な経済支援
                が欲しいなら日本と会談するよう金委員長に語り、安倍総理は拉致問題解決なしに経済支援しないと告げ
                て、これに対して金委員長は安倍総理との会談にオープンというもの、DPRKと日本のルートは冷め
                きっていて、ところが昨日モンゴルで日本の担当者はモンゴル・ウランバートルの国際会議短時間で会う
                ものの、ロシアなどの関係者の後でのもの、中国やロシアの関係者がDPRKの関係者と名刺交換するの
                を日本の外務省の関係者は指をくわえて見ているだけ、日本とDPRKが会っても話すことはないとDP
                RKの担当者は語り、この後DPRKと日本の会話はほとんどなし、安倍総理は拉致問題、被害者全員帰
                国、対話のための対話はしないというものの、米朝首脳会談→日朝会談は、金委員長は対話に応じるとい
                い、9月には国連総会、この辺りで日朝協議か?自民党の総裁選もあり、これについて中川さん、DPRK
                は会っても話すことはないと言い、しかし会うことは必要、今はアメリカとDPRKが話して日本の割り
                込み余地はなし、非核化は米朝のテーマで、日本は口を挟む余地なし、経済支援は、国連の経済制裁解除
                でないとできず、拉致問題は金委員長が解決ずみと言っていないとしか分からず、DPRKが日本の満足
                できる回答がない場合はどうするのか?これでも対話と言うなら安倍氏の最も嫌う対話のための対話、D
                PRKは安倍氏が秋に総裁選と知り、足元を見られて、日本は妥協できず、どれだけ真剣に日本、安倍総
                理が拉致問題解決に取り組むのかが問題と説かれました。

                 山陽新幹線線路に人?線路では人の体の一部も見つかり、新幹線の先頭が破損して、血もついており、
                JR西日本は新幹線が人と接触したと会見、発車時に異常はなく、博多駅〜小倉駅で異常、乗客にけがは
                なかったものの、人体と衣服が発見されて、のぞみの先頭がこれだけ破損、性別不明の胴体と腕の一部や
                衣服が石坂トンネルの付近で発見、新幹線のダイヤは大きく乱れて、76本運休、新下関駅で緊急停止、今
                日は始発から平常運転、しかし新幹線の線路に人が入ることは前例がほとんどなし、中川さん、この破損
                は並みのものではなく、運転手が小動物と思ったのは信じられない、交通事故をしたものの言い訳と同
                じ、大事故にならなかったのは不幸中の幸い、止めたらダイヤに乱れと思ったらダメ、台車に亀裂の教訓
                が生かされず、効率より安全を求めるべきで、何かあったら止めるべき、76本運休なら、最初から止める
                べきと説かれました。

                 本日の気になる新聞記事、朝日35面、ロシアのワールドカップ開幕、ユニフォームの人気ランキングは
                日本のホームが10位、一番人気はナイジェリア、ナイキジャパンでも日本にて在庫切れ、最近のユニ
                フォームは普段着でも使えて、300万着の予約で、中川さん、開会式のセレモニーはオリンピックと異なり
                楽しく、ワールドカップの意味を説かれて、産経新聞3面、民泊届け出が低調、厳しい営業日数の制限など
                であり、中川さん、民泊について行政の規制か規制緩和か、民泊はまだ日本の文化になじまず、トラブル
                もあり、問題点は厳しく対処すべきと説かれました、以上、中川さんのお話でした。

                 昨夜の荻上チキSession-22、崎山敏也さんが福島第2原発廃炉について報告されました、TBSラジオク
                ラウドで公開されています。
                https://radiocloud.jp/archive/ss954/
                 デイリーニュースセッションセレクト、福祉第2、廃炉と、東電小早川社長が福島県内堀知事に報告、福
                島県は全部廃炉を求めて、今回回答、82〜87年の運転で、全基30年を超えて、これについて崎山さんの報
                告、福島第2は第1と12kmしか離れておらず、富岡町と楢葉町にあり、第1原発のそば、福島第1原発事故の
                際に、第2原発でも非常用発電機が壊れて冷やせなくなり、福島第1の同心円での避難の際に、第2原発の避
                難もあり、しかし外部電源の回線が生き残っていて、3/15までに第2原発は冷温停止になったが、これだけ
                原発が集中していたら危ない、第2原発も事故ならとんでもないことになっていた、今回、東電の社長が福
                島県知事に報告、Jビレッジがあり、これをサッカーのトレーニングセンターとして復活、楢葉町は原発
                に固定資産税、雇用など依存していたが、福島第2は廃炉、Jビレッジの復旧の意味は楢葉町には意味が多
                く、なぜ今まで第2を廃炉しなかったか、町長は遅すぎた、福島県で原発を動かしていいという人は皆無だ
                が、福島第2は動かそうと思えばやれる、燃料は使用済みプールに移送して、しかし福島第2は廃炉しかな
                いのに、どうしても動かすならどれだけお金がかかるか、老朽化して、再稼働には補修に大変なお金がか
                かり、福島第1、最大の問題点は汚染水、トリチウムの分離ができない汚染水が100万トンたまり、あと3,
                4年でタンクも増設できず、汚染水は海に捨てるしかないと、国も考えて、しかし漁業関係者は納得せず、
                それで、お荷物にならないように福島第2は廃炉、代わりに第1の汚染水を海に捨てることを許してほしい
                という意図が東電、原子力マフィアにある。
                 日本で、商業用の原子炉を完全な形で廃炉した前例はなく、東海原発も廃炉作業が遅れて、建物など放
                射能の問題点、放射能レベルの高いところは10万年!面倒を見ないとならず、最低レベルの処分しか決
                まっておらず、東海も2025年に廃炉完了のところすら目途はなく、核廃物について、原子力マフィアは見
                てみぬふり、正面から見てこず、しかし原発は54→37と2/3、原発は廃炉の時代になり、廃炉しないといけ
                ない原発がたくさん出てくる=無数の核廃物が出てくる、使用済み核燃料も無数あり、東電だけで核廃物
                の処分ができるのではなく、税金投入もあり、東海原発、最小のものでも廃炉は完了せず、しかし東海の
                経験を生かして、手順をちゃんとしないと廃炉は成り立たないもの、決め方が下手くそであるのが戦後日
                本の破綻で、日本全体が廃炉の時代になったと崎山さん締めくくられました。


                朝日放送おはようコール(2018/6/14) 二木啓考が米朝首脳会談、日朝協議と18歳成人問題他を語る

                0

                  永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
                  リストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウンサーでし
                  た。

                   米朝首脳会談、非核化認識に両国のズレがあり、歴史的な米朝会談はDPRKのメディアも大きく取り
                  上げて、トランプ大統領は帰国して、記者の質問をかわして車に乗り、携帯電話を出してツイート、DP
                  RKの核の脅威はない、オバマ氏はDPRKが最も危険と言っていたがそれを否定、ポンペオ氏はトラン
                  プ大統領の一期目に達成と語り、DPRKの地下鉄には新聞が張り出されて、DPRKの市民はトランプ
                  大統領のことをあまり知らず、DPRKの労働新聞は成功と報じて、しかしアメリカのメディアはこれを
                  政治ショーと酷評、具体的な進展を見せられるかと疑問、DPRKの非核化は、アメリカは検証可能で不
                  可逆的、DPRKは段階的にやるので制裁をやめてくれ、さらに、DPRK非核化の費用は日本が負担と
                  いう件に、野党から疑問の声もあり、拉致問題は、モンゴルで中国やロシアも参加する協議をやり、金委
                  員長は拉致問題は解決済みと言わなかったとも報じられて、これについて、二木さん、トランプ大統領は
                  6/12と示してしまい、それに合わせて、トランプ大統領は中間選挙を意識して、DPRK、金委員長は独
                  裁者であり、トランプ大統領とやりあったとできて、金委員長は民意を気にする必要はなく、今回は8:2
                  で金委員長が成果を取ったと言われて、そして日朝協議、金委員長は安倍総理と会うと語り、日朝協議に
                  ついて水面下で模索、7,9月にやり、モンゴルのウランバートルで、外務省のスタッフ、日本の参事官が行
                  き、DPRKは秋に建国70年、文大統領、習近平氏もいき、これの前に日朝協議をやらないとならず、金
                  委員長は日本に対して成果を上げたい、日本はDPRKに対して、拉致問題、核、ロケット問題の解決な
                  しに国交正常化なし、それまで圧力と言ったものの、トランプ大統領が頭ごなしにDPRKとやり合って
                  しまい(ニクソンショックの再来)、日本の路線は破綻、トランプ大統領が拉致問題を金委員長にどれだ
                  け言ったのか不明、拉致問題はまた調査するというものの、結果の出ない可能性があり、結局お金を出す
                  だけ、図式は、トランプ大統領の後に手提げ金庫を持った安倍総理がいることになり、日本がお金を出さ
                  ないと、世界的な緊張緩和に日本は貢献しないのかと言われて、拉致問題解決の目途はなく、安倍総理に
                  も日本国民にもエライことになると語られました。

                   看護師連れ去り事件、闇サイトを利用した犯行で、女性は帰宅後車で外出後に連れ去られて、遺体で発
                  見、容疑者は面識なしというもので、二人の容疑者は事件当日に会ったというもの、インターネットで犯
                  罪仲間を探す闇サイトが介して、ダークウェブ、通常の検索では見つからず、二木さん、通常闇サイトと
                  呼び、2007年には衝撃的な事件であり、アクセス方法が分からず二木さんも見ていないが、覚醒剤をアイ
                  スと呼ぶ、容疑者はもう一人いてそれが主犯格、そのために逮捕した二人の名前を公表しておらず、加害
                  者と被害者の因果関係の全く分からないもの、ダークウェブはテロの手段になり、アメリカでは対策も進
                  めていると説かれました。

                   本日の気になる新聞記事、18歳成人について、読売新聞一面、2020年施行、ローン契約、パスポートも
                  取れて、性別変更もOK、飲酒、喫煙、ギャンブルは20歳のまま、二木さん、国民投票法、憲法改悪のた
                  めに取り入れられて、民法刑法を変更したものの、一番の楽しみはダメ、アメリカは全部18歳、少年法を
                  どうするか、読売新聞32面、阪急阪神ホールディングスの株主総会、電車がどうしてライバル球団の巨人
                  の色のオレンジなのかと追及?日刊スポーツの寺尾さん、株主総会の現場にいて、巨人に負け越している
                  件を追及されたと説かれました、以上、二木さんのお話でした。


                  明後日6/16(土)ソビエト史研究会2018年度年次大会

                  0

                    紅林進です。

                    下記研究会年次大会のご案内を転載させていただきます。

                    (以下、転送・転載歓迎)
                    ********************************************************************************
                    2018年度 ソビエト史研究会年次大会 プログラム
                    日時:6月16日(土曜日)
                    場所:専修大学 向ケ丘遊園駅前サテライトキャンパス
                    (神奈川県川崎市多摩区登戸2130-2 アトラスタワー向ヶ丘遊園2階)
                    https://www.senshu-u.ac.jp/social/satellite/
                    ********************************************************************************

                    *ソビエト史研究会大会には,会員でない方も参加できます(参加費は無料です)。
                    ソビエト史に関心のある方でしたら,いつでも入会することが可能です(会費は無料です)。

                    10:00 会場準備・開場 
                    10:25-10:30 開会挨拶:ソビエト史研究会事務局
                    セッション1:若手研究者によるソビエト史研究への新たなアプローチ(仮)
                    10:30-12:00
                    報告者:藤本健太朗(日本学術振興会),松本祐生子(東京大学・院)
                    司 会:熊倉潤(アジア経済研究所)
                    10:30-10:55 報告1「ソ連領北サハリンの形成 :上からの『ソヴィエト化』と極東の国際政治(仮題 )」:藤本健太朗
                    10:55-11:15 全体討論
                    11:15-11:40 報告2「戦後スターリン期の祭典」(仮題;副題は後日もしくは当日):松本祐生子
                    11:40-12:00 全体討論
                    12:00-13:00 <昼食休憩>
                    セッション2:合評会
                    13:00-15:00
                    対象図書:高橋沙奈美著『ソヴィエト・ロシアの聖なる景観 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム』北海道大学出版会、2018年
                    執筆者:高橋沙奈美(北海道大学)
                    評者:松井康浩(九州大学)、半谷史郎(愛知県立大学)、井上まどか(清泉女子大学)
                    司会:地田徹朗(名古屋外国語大学)
                    13:00-13:05 趣旨説明(5分):地田徹朗
                    13:05-13:25 コメント1:松井 康浩
                    13:25-13:45 コメント2:半谷 史郎
                    13:45-14:05 コメント3:井上まどか
                    14:05-14:25 執筆者からのリプライ:高橋沙奈美
                    14:25-15:00 全体討論
                    セッション3:パネルディスカッション企画「隣接領域からみたソビエト経済史研究の現在:岩波書店『ロシア革命とソ連の世紀』所収論文を読む」
                    15:12-18:05
                    対象論文
                    第1巻『世界戦争から革命へ』
                     左近 幸村「経済のグローバル化とロシア帝国」
                     鈴木 義一「社会刷新の思想としての計画化」
                    第2巻『スターリニズムという文明』
                     上垣  彰「社会主義的工業化:理念・実績・評価」
                     日臺 健雄「農業集団化:コルホーズ体制下の農民と市場」
                    第3巻『冷戦と平和共存』
                     野部 公一「農村の近代化と生活水準の向上」
                     徳永 昌弘「経済開発と公害・環境問題」
                     浅川あや子「ペレストロイカの下での経済改革―その成果と限界」
                    討論者:田中延幸(帝京大学),丸川知雄(東京大学),新田滋(専修大学)
                    司 会:日臺健雄(和光大学)
                    15:12-15:15 趣旨説明(3分):日臺健雄
                    15:15-15:50 論文執筆者による概要説明(各5分):左近幸村(新潟大学),鈴木義一(東京外国語大学),上垣彰(西南学院大学),日臺健雄,野部公一(専修大
                    学),徳永昌弘(関西大学),浅川あや子(千葉商科大学・非常勤)
                    15:50-17:05 討論者によるコメント(各25分):
                    15:50-16:15 田中延幸 <ドイツ経済史・欧州統合史研究の観点から>
                    16:15-16:40 丸川知雄 <中国経済研究の観点から>
                    16:40-17:05 新田 滋 <マルクス経済学研究の観点から>
                    17:05-17:14 休憩
                    17:14-17:35 執筆者からのリプライ(各3分)
                    17:35-18:05 全体討論
                    18:10-18:40 会員総会
                    19:00- 懇親会

                    以上となります。


                    ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!(2018/6/13) 西谷文和 米朝首脳会談を軍事費から考える、アメリカの言うがままに武器を日本が買ったら日本は破滅する!拉致問題解決をトランプ大統領に丸投げなら安倍総理は要らない!

                    0

                      age body

                      永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー! 第2水曜日にフリージャーナリス
                      トの西谷文和さんが出られました。アシスタントは増井孝子さん、露の吉次さんでした。
                       世の中の様々な出来事をジャンルを問わずスタジオメンバーが取り上げるばんばん侍、今回のテーマは
                      米朝会談であり、歴史的、首脳が会い非核化合意は抽象的でもいいもので、やらなかったら戦争であり、
                      対話を西谷さん評価されて、今回は視点を変えて、お金の面からこれを考えるもので、西谷さん、中学
                      校、高校で戦争の授業をして、なぜ戦争するかと問うと、宗教などとでるが、宗教が異なり、民族が異な
                      るだけで人を殺さず、領土問題も西谷さん、戦争で領土を決めたらだめ、話し合いで決めるべき、決まら
                      なければ保留で双方入れたらいい、尖閣諸島も同じ、慎太郎氏+野田総理の愚行で大変なことになり、戦
                      争の理由は金、「戦争はお金が儲かるからやる」、平和になったので武器は売れない、DPRKの脅威を
                      煽り、トランプ大統領は安倍総理に武器をしこたま売り、イージス・アショアは一つ1000億×2=アホ、話
                      し合い=軍事費ゼロ、トランプ大統領はムチャクチャなことも言うが、米韓軍事演習を無駄と語り、軍事
                      費の世界一はアメリカ、66兆/年、国家予算の半分!トランプ大統領はそれでもったいないと語り、トラ
                      ンプ大統領はラストベルトの労働者を守ると言うが、戦争に金を使うことがアメリカの限界にきて、しか
                      し、アメリカは軍事産業が無数にあり、ロシアは3位、中国は2位で20兆/年、東アジアだと、日本、韓
                      国、DPRKで軍事費ワーストは日本、5兆/年、かつてのGDP1%を超えて、福祉、教育を削り軍事費
                      に注ぎ、GDP2%にしたら日本は破綻、しかし、日本は東アジアで軍事費ワーストであり、続くのは韓
                      国、4兆/年、DPRKは1兆円/年=DPRKから見たら、日本、アメリカ、韓国が莫大な軍事装備を
                      持ち、米韓軍事演習はDPRKには怖く、DPRKは兵士はいてもお腹ペコペコ、金委員長は中国の飛行
                      機で来た=DPRKの飛行機はボロボロ、DPRKは核兵器を作ってハリボテ、しかし持ったら対話路
                      線、金委員長は対話で、核兵器は維持管理に莫大なお金がかかる+国民が飢えている、ともかく対話で経
                      済発展したい、アメリカとの駆け引き、電気屋さんで、カラーテレビ昔値引きしたようなものを、アメリ
                      カとDPRKはやり、アメリカは第1,2時大戦、ベトナム戦争、イラク戦争などで、兵士はPTSD、う
                      つなどになり、大きな戦争をアメリカは出来ず、シリア、イエメンなどでやるものの、DPRKともし戦
                      争なら天文学的な被害がアメリカ軍に出る=トランプ大統領はクビ。
                       トランプ大統領は、昨年春にシリア、アフガンにミサイルを撃ち込み、オバマ氏と違う、次はDPRK
                      といい、原子力空母を配備、しかし、もしアメリカがDPRKを先制攻撃したら、反撃能力がある+韓国
                      にたくさんアメリカ人がいる、シリアには反撃能力なし、アメリカ人なし、それで、緊張を煽る危ないぞ
                      危ないぞ詐欺、年金枯渇、保育園なし、で安倍総理は批判されるべきものが、メディアを使いDPRKは
                      怖いと煽った物で、しかし、どこかで対話しないとダメと、トランプ大統領、金委員長はなり、トランプ
                      大統領は、中間選挙で有利になる、ノーベル平和賞は西谷さん、トランプ大統領や金委員長にあげないで
                      ほしいというが、トランプ大統領は、これからは日本と韓国に非核化の費用を出せ、しかし、非核化は核
                      武装している国しか技術はなく、アメリカが受注して、日本と韓国に払わせる、ところが、安倍総理は、
                      DPRK非核化の費用をアメリカに出せと言っておらず、拉致問題もあるものの、日本は何兆円払えと言
                      われて、安倍総理は抗議せず、東京オリンピックの後で恐慌になるかもしれず、日本の国益を考えるな
                      ら、圧力一辺倒として、金委員長と会わなかった安倍総裁の責任、交渉は、賃上げでもやるが、安倍総理
                      は圧力だけで、今は蚊帳の外、日本は拉致問題と戦後補償を金委員長と話し合ったら解決できる、「拉致
                      問題解決をトランプ大統領に丸投げなら日本に首相は要らない!」
                       トランプ大統領の友達とアピールしてきた安倍総理、しかし、トランプ大統領は、エルサレムを首都に
                      する、G7でアメリカべったりは日本だけ、安倍総理はトランプ大統領と距離を取るべき、日本はアメリ
                      カの属国のままではダメ。
                       日本はマッチポンプ、DPRKがロケット発射すると、安倍政権の支持率は上がり、しかし、DPRK
                      の非核化の費用をまるまる日本は払うのか?しかし、イージス・アショアは買う、オスプレイも買う、
                      キャンセル料を払っても買わない方が国益にかない、武器はローンで10年たたる。
                       中国の脅威というものの、中国は日本と経済関係も深く、中国と日本は戦争できず、世界は大戦争は出
                      来ず、シリア、イエメンなどの極致戦になり、第3次世界大戦が起こると世界破滅、イラク戦争など、米軍
                      に莫大な被害であり、日本は人口減少で、武器と金融をアメリカは日本に売る、テレビ、自動車は中国、
                      ベトナム、ミャンマーで作り、こういうところを冷静に見て、武器を買うべきではない、Jアラート、D
                      PRKのロケット発射でやったらだめ、日本は、拉致問題も直接DPRKと話し合うべきであり、そし
                      て、15日に吹田のメイシアターで、松元ヒロさんと、テレビではできないというイベント
                      http://mainichi.jp/articles/20180613/ddl/k27/200/345000c )、18時開場、西谷さん、南スーダン
                      報告、松元ヒロさんはものまねで、セクハラ罪などを取り上げるというのです、以上、西谷さんのお話で
                      した。
                       なお、報道するラジオの案内であった平野幸夫さんが、ブログで是枝監督の万引き家族と、是枝監督が
                      公権力と距離を置くという件について書いておられます、私も同感です。
                      https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12383332502.html?frm_src=favoritemail

                      | 1/648PAGES | >>
                      このページの先頭へ▲