calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送ラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2017/12/15) 谷口真由美 沖縄の痛みをヤマトンチュは本当に理解して行動しているのか、基地のない方が沖縄は発展する&上泉雄一のええなぁ、亘佐和子 沖縄には朝鮮民主主義人民共和国より在日米軍の方が脅威だ!

0
    永岡です、朝日放送ラジオの、伊藤史隆(しりゅう)のラジオノオト、金曜日のレギュラーは大阪国際
    大学の谷口真由美さんでした。ツイッターによると谷口さん、ヒョウ柄の服装です(笑)。

     谷口真由美の一言よろしい、今回のお話は、リスナーより、沖縄のヘリ部品落下事故、沖縄の駐留部隊
    のレベルは低いのかと質問があり、谷口さん、沖縄でCH53の落ちた西銘さんのことを話し、そしてCH53か
    らストロンチウム入りの瓶が落ちて、たまたま当たらなかったものの、もし園児に当たったら大変と言っ
    ていたら、13日にまたまたCH53の窓90cm四方のものが落ちて、朝の10時、授業、休み時間に子供が一人ケ
    ガして、これが沖縄の日常であることを認識すべき、谷口さん、お子さんは小学生で、学校に何か落ちた
    ら、現に大阪で民間機から落ちたのに、ところが沖縄で米軍の事故が続いて、奇しくも、東京MXテレビ
    のニュース女子がBPOからフェイクニュースと指摘されて、BPOの発表は調査報道の優れた内容、
    ニュース女子は反対派に日当とか、現地を取材せずやったもので、報道機関としてやってはならないもの
    で、沖縄のフェイクニュース、落ちた学校の校長に非難の電話が本土から殺到、落ちる場所に学校を作る
    な、であり、しかし飛行ルートでないところは宜野湾市になく、飛行ルート以外に住めない沖縄の日常に
    目を向けず、ヤマトンチュの言うことは沖縄から出て行けであり、夜中の飛行も殺到し、沖縄タイムスの
    記者さんから、以前はセンター入試の日は止めてくれたのに、ここ数年はセンター入試の日も飛び、しか
    しセンター入試は全国一律に同じ条件でやるべきなのに、沖縄の学生さんは轟音の中で試験!さすがに英
    語のリスニング時は止めてくれるものの、日本の将来を担う若者のこともヤマトンチュは理解せず、父母
    会のコメントもあるが、これは辺野古の基地ができて解決する問題ではなく、辺野古にはコンクリートの
    打ち込みがされて、しかしジュゴン、サンゴ礁が破壊されて、普天間の父母会は、普天間軽減のために辺
    野古にしたら、名護の子供たちが危険な目にあい、なぜ沖縄だけが基地を負担しないといけないのか、こ
    れについて、ヤマトンチュはどう答えるのか?沖縄に基地がないと日本の安全保障は成り立たないのか?
     伊藤さん、日本の安全保障、地政学で共和国や中国の脅威という意見と、沖縄は基地がないと経済は成
    り立たないと言われているが、伊藤さん阪神タイガースのキャンプを見て沖縄は変わり、谷口さん、横須
    賀の方が米軍の力は強く、速く、沖縄に基地のある必要はなく、沖縄に基地がないと経済は成り立たない
    というのは違い、阪神のキャンプのある宜野湾市も基地がなくなった方が進化して、伊藤さん、沖縄の基
    地を撤去して、そこを再開発、中日のキャンプする北谷町、回遊性のあるいい街で、沖縄に来る外国人が
    楽しめて、経済的には基地を撤去した方が雇用も経済も良くなると言われて、谷口さん、基地があった方
    がいいというヤマトンチュは沖縄のことをちゃんと知らず、情報源の分からないものを根拠にして、しか
    し大人は知ってから言うべきであり、それが人を貶める、苦しめるなら余計考えるべき、どこに基地を置
    くかの前に、沖縄のことをちゃんと知り、しかし沖縄ではこういうことが日常的に起きて、それを本土で
    も報じるべきと言われて、伊藤さん、阪神キャンプを見たら、基地よりこういう方がはるかに繁栄して、
    そして日米の安全保障を、わが事として考えるべきと締めくくられました。以上、谷口さんのお話でし
    た。

     毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、MBSラジオ報道の亘佐和子さん、介護報酬の引き上げを政
    府が決めたこと、保険料、自己負担が増えて、日銀短観、9月から3ポイント上昇のプラス25、5四半期連続
    上昇、年賀状の投函受付開始。
     今日の注目ニュース、沖縄の米軍ヘリの窓落下事故、宜野湾市議会は抗議を全会一致で可決、小学校に
    ヘリの窓落下、原因究明とその間の運用中止を求めて、翁長知事は菅氏に会い抗議、これが初めてではな
    く、ヒヤリハットは無数あり、小学校に落ちただけでなく、海に落ちることもあり、昨年はオスプレイの
    墜落、件数は多いのにニュースにならず、12/7には保育園の屋根にヘリの部品落下、CH53、10月に高江で
    同じCH53が民家に落ちて炎上、米軍は不時着と言い、オスプレイもCH53も大丈夫か、沖縄国際大学の前泊
    博盛さんのお話を亘さん聞かれて、CH53は古く80年代初頭に配備開始=30数年配備&老朽化、イラクやア
    フガンで酷使されて、早く引退させないといけないのに、次の型ができるのは2019年度、普及は2029年度
    までかかり、本当は入れ替えないとならず、乗員も大変、最近増えているのは、前泊さん、最近低空飛行
    と夜間飛行が多く、前泊さんの家の上を夜の11時に爆音を響かせている、以前はこんなことなし、明らか
    に朝鮮民主主義人民共和国対策、ボロボロの機体に、訓練で疲れたヘロヘロの乗員が乗って事故。
     幼稚園に落ちたことを米軍は認めず、整備の統制も取られず、事故の原因究明されないうちにまた飛ん
    で事故、日本政府も遺憾と言いつつ、飛行差し止めを求めず、共和国対応と言うものの、米軍の方が沖縄
    の脅威になっていると、亘さん締めくくられました。
     …老朽化しているヘリを使い続けないといけないとは、太平洋戦争末期の大日本帝国ではあるまいし、
    ましてや事故のヘリは神戸製鋼が作った物でもないし(笑)、まさに、モロボシ・ダン、ウルトラセブン
    の言う、血を吐きながら続ける悲しいマラソンです。こんなアホなことを許したら、国が破綻します!

     

    文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/12/15) 金子勝 日本の政治システムが破綻している、メディアが安倍政権のデタラメを追及しない!&吉田照美さんの提言

    0

      永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の
      金子勝さんでした。パートナーは作家の室井佑月さんでした。

      大竹メインディッシュ、今日のゲストはラジオパーソナリティの吉田照美さんでした。
      集英社新書から本、コミュ障だった僕が学んだ話し方を出された吉田さん、室井さんのアナウンスに
      突っ込まれて、読むトークとの落差を評価されて、室井さんの語りを初々しいと言われて(笑)、対人恐
      怖症、大学受験に失敗、人との接触が下手、ラジオの仕事をやったら治った、採用試験の際のフリートー
      クを今聴いたらビックリ、だそうです。
      吉田さん、風刺画を描かれて、風神雷神ではない、夫人雷神ビール瓶、加計学園の健やテレビで相撲し
      かやらない件を取り上げて、去年は晋ゴジラ、顔を安倍総理にして、君の名は、この世界の片隅にをパ
      ロったら、ネトウヨから袋叩き、週刊誌の取材も受けて、森友学園、加計学園とフィンガーファイブをネ
      タにして品がないファイブ、やくみつるさんにはなるつもりはなく、夫人雷神ビール瓶、5日で20万くらい
      いいね、そろそろおろし、もりそばとかけそばを描いて、そろそろおろし、安倍おろし、仲良きことは美
      しい、立派な方々が出て、インプレッションが13万に減り、その後8万に減り、これはおかしいと、吉田さ
      んもバカではなく、減らす瞬間をスクリーンショットにしたら、変なことはなくなり、今は49万回、最高
      75万回行き、アンケートで吉田さんがケチという結果(笑)。
      回数が減るだけでなく、思ったことを評価されず、全部信用してはいけない、新聞もテレビも、ラジオ
      も、伊藤詩織さんの件はゴールデンラジオならではと評価して、あんな放送したら大竹さん、いつ死んで
      もいいか?
      吉田さん、このネタ、2・11と3・11から社会は変わり、3・11から社会性の発言をして、世の中がおかし
      くなり、さんまさんが政治的な話をして、自民党の憲法草案の人権削除をそれほどメジャーでないテレビ
      で語り、軍事費のために納税したくない、BS朝日でも番組をやり、室井さん、テレビで言いたいことを
      言ってくれると評価されて、しかし室井さん、来年ヤバイ、吉田さん、したたかにやるべき、落合恵子さ
      んが先輩で、うまくやってね、であり、落合さん、スプーン一杯の幸せから話をされて、今の日本、政治
      の話をしたらおかしいと思われて、話をしたいのにさせない、しかし室井さん、政治家は一番茶化してい
      い存在と言われて、吉田さん、日本はユニセフにお金を出して、しかしユニセフから日本の子供は大丈夫
      かと言われる始末と指摘されました。
      吉田照美さんの歌がかかり、好きな人の情報は前もって知っている、吉田照美さんのラジオの帯番組復
      帰を期待していると大竹さん言われて、室井さん、みんなで少しずつ勇気を奮うべきと言われて、吉田さ
      ん、ケチと言われて、ジョージ・クルーニーは一人に1億出した、日本はお金持ちは何とかすべき、格差が
      開きすぎて、世界の金持ち8人と、世界の低所得者の資産が同じはショック、日本もそうなり、アメリカは
      トップ5人と低所得者の資産が同じ、大竹さん、資本主義は格差が広がるもので、これを民主主義で糺すべ
      きと言われて、吉田さん、日本を家とすると、親父が放蕩三昧、家族が追い詰められているようなものと
      喩えられて、吉田照美さんの本は本日発売です、以上、吉田さんのお話でした。

      大竹紳士交遊録、金子さんのお話、今日はモリカケ問題がたくさん出て、森友学園、ゴミの撤去、算定
      の1/100、8200万でできて、室井さん、答弁は与党がこれからちゃんとやるというものの、国民は今回の責
      任を問い、金子さん、太田氏はちゃんと言わず、石井国交大臣もデタラメ、全て破綻して、なぜこうなっ
      たか、池田氏、迫田氏、佐川氏らを全員調べるべき、大阪地検はやっているふり、昭恵氏は籠池氏が拘束
      されているのにつらいといい、権力をとれば何をやってもいい、リニア新幹線でゼネラル汚職、リニア自
      体は10兆円かかり、非効率、客もJR東海のものが増えんず採算は合わず、葛西氏が安倍氏の友達で憲法
      改悪、原発再稼働したく、スパコン汚職もあり、経団連の榊原氏は辞めるべきなのに、内部留保をため
      て、国民に痛みを押し付けている。
      失言、暴言、政治資金規正法違反のオンパレード、日本社会が壊れて、メディアが、日本が詰んでいる
      と言うべき、黒田日銀総裁に説明を要求しているメディアはなく、過去にも汚職事件があり、メディアを
      賑わしても、トップが腐っているので日本そのものが破綻している。
      政治のありようで何が変化したか、コーポラティズムの政治、農協などと政治が結びついてやる政治、
      ヨーロッパはこれがなりたち、日本は1/3の社会党で、安定的な支持層がはっきりしていたのが、新自由主
      義でこのようなものがなくなり、ポピュリズムが横行して、野党も小池氏が正反対の主張に乗ってしま
      い、まだ何とかしようという動きは権力に就きたい、議員でいたい、こんな政治を追及すべき野党がこの
      体たらく、分裂含み、連合を改革しないとダメ、一般の人から浮いた、17%しか参加せず、非正規労働者
      の要望を連合は知らず、電力総連、過去には同情があり、石炭は衰退産業、しかし原発はそんなことはな
      く、国土を犠牲にして難民を生み出して、伊方の差し止め、中央構造線ではなく、阿蘇山の噴火なら川内
      原発もアウト、連合は一般の庶民とのつながりを失い、数を集めるだけではダメ。
      検察の動きはアリバイ作り、籠池氏を閉じ込める大阪地検、良心を示す裁判官もいるが、安倍氏は小選
      挙区制で劣化した政治家だらけ、安倍氏のやっていることは、国会は無意味だから投票するな、安倍氏は
      経済最優先というが、野党になったら経済はダメになるとしても、ドアホノミクスはいかに危険か、ボト
      ムアップ、人がどうやったら人が豊かにあるか、一過性のブーム、ポピュリズムに乗らずやるべき、これ
      だと選挙で票が入らないが、室井さん、時間がない、とんでもないことがされて、それで都民ファースト
      がのさばるのだと締めくくられました、以上、金子さんのお話でした。




       


      市民のための自由なラジオ(2017/12/14) 次の世代にそっと渡したい、尾道向島の帆布と藍のにおいが指し示す大事なこと、新里カオリさんのお話

      0

        永岡です、市民のための自由なラジオLight Up! 第90回、今回は詩人のアーサー・ビナードさん久々の
        司会で放送されました。アーサーのわかるラジオです。今週はFMたるみずを聞きました。

         報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん、映画「否定と肯定」と南京大虐殺につ
        いて、ブログで書いておられます。
        https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12336207494.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog-
        ---hirano-yukio_12336207494
         朝日放送のおはよう朝日です、にて、伊方原発の広島高裁差し止め仮処分、規制基準は火山から160kmを
        考慮すべきと言っても、社会通念で裁判所は認めて、大阪国際大学の谷口真由美さん、社会通念は一般の
        人の常識で、裁判所の言う社会通念は常識と逆と言われて、司会の岩本計介さん、野々上裁判長は定年の
        直前で(この判決を出せた)、谷口さん、裁判官の出世コースがあり、最高裁の裁判官を任命するのは内
        閣で、内閣の覚えが良くないと出世できず、岩本さん、三権分立に反すると言われて、谷口さん、司法の
        独立を担保するのには有権者のチェックが必要と言われました。

         アーサーさん、自由な隅田川スタジオから放送、前回ドーム語りのことを放送されて、鈴木コージさん
        の後に誰を出すか、半年思索されて、今回のゲストは立花テキスタイル研究所(https://tachitex.com/
         )代表の新里カオリさん、尾道向島で特産物の帆布を使ってバッグやファッション小物を作っておられ
        て、これに関するお話です。
         新里さんについてすぐわかるのは染色に詳しい方orRCCラジオのヘビーリスナー、帆布、天然の染料
        による、見たら欲しくなる尾道に根差した産業、自然と、一種の必然性、アーサーさん広島で新里さんに
        出会い、ラジオも聞いて、今回、上京された新里さんを自由な隅田川スタジオに招いての放送です。
         その新里さんのお話、勝鬨に来られて、尾道は生まれ故郷ではなく、実家は埼玉県、新里さんの肩書は
        染色家、会社を立てて5年経っても肩書なし、尾道水道を挟み向島、12000人住んでいて、向島の名前は
        アーサーさんいいな、迎えに来てくれる、尾道からすぐ行ける、船が行き来する最高の環境と言われて、
        新里さん、見たら斜めに流されて、最後は着地点に行き、向島行きのフェリーがあり、駅の近く、船はピ
        ストン、時刻表はないが、各地から渡し船があり、最初、船が動かずおかしいと思っていたら、大きな桟
        橋から旗を振ると船が来る、使う人が少なく、そうしているものであり、旗を振って下さいと書いてあっ
        たら待ちぼうけしなかったが、渡船料は70円だったり100円だったり、東京の地下鉄より安く、駅の近くに
        は人と自転車の乗れるフェリー、さらに車の乗れるフェリー、安いフェリーは座礁、漂流があり、130円の
        フェリーを利用する。
         みんな尾道に行きたくなるもので、新里さんの会社は1933年からある尾道帆布という会社があり、尾道
        に帆布工場は10社あり、ピットに船が入り、船を直す、船員で賑やかな町で、工場の一角を借りて、そこ
        で布を染めて、帆布は真っ白、もともとは麻と綿の混紡が、綿100%、造船の町の工員さんのものを100%
        綿でやり、会社の一角に新里さんの会社があり、帆布を染めるのは、工業製品の帆布、大半ナイロンに代
        わり、鉄工所など地元にあり、材料、一般の方の廃棄物、鉄の粉、フルーツを剪定した枝、テーブルの端
        を染料にして、白い帆布を染めてバッグにしている。
         味わい深いチャーコールブルー、鉄の粉と糊を混ぜて、船になる鉄板は表面に酸化膜があり、パイの生
        地みたいに浮いて爪で取れて、これを取り、鋼の球を当てて取る、そうしないと溶接できず、真っ黒い酸
        化鉄、安定して、鉄は安定した第二酸化鉄、これを布に塗り込み、職人さんが、左官屋さんが塗るように
        やって、乾かして、木の棒に紙やすりをつけて磨き、ジーンズっぽくなり、布は染めると浸透するが、裏
        に行かないスピードで、表面に浸透させて乾かせて、最初は滲みでるのを、酸素と触れたら固まり、固ま
        る→やすり、蒸す、熱を加えて、それで完成。
         その後、洗ったりせず、材料は産業廃棄物、すすぎも少なく、柿渋は熱を加えず、水を少し使うのみ、
        染色というと煮るのを想像するが、柿渋は木になっている青い柿を絞り、液体を2年寝かせて、発酵して液
        体ができて、瓶や樽にためて、フルーツは成熟していないと青く、虫に食べられないように、虫に嫌がる
        味の酸味、タンニンを持ち、これを取り、帆布を柿渋に染めるのを30回、漬けては乾かし、これを繰り返
        して赤褐色にして、回数により濃さが変化して、紫外線に反応して色も変わり、秋、冬になると変わり、
        夏は28回、冬は35回繰り返して、良い色に、革製品の高級品にみえて、海外のユーザーも評価する、ブイ
        トート、船を止めるブイにちなんだもの。
         ガスも使わず、柿さえあったらやれて、途上国でもやれる染色技術、世界3大染色、アフリカの泥染め
        と、日本の藍染、柿染め、ジャパンブラウン。
         他にも作品があり、どこか入っているベージュ、縞々のもの、綿の栽培を8年前からして、尾道の耕作放
        棄地、荒れていて、耕作放棄地を無償に高く借りて、綿を植えて、4年貯めた綿を糸にして、綿の茎は捨て
        られて、種は綿実油になるが茎は利用されず、染めたら柔らかいピンクベージュになり、煮詰めて、糸を
        染めるとむらが出て、それがきれい。
         畑をやり、畝織トート、帆布の糸を手織りで、半分藍染、どちらが表でもOK、耕作放棄地で育てるも
        の、藍は農家に依頼して、昔の農家は農業以外の仕事を持ち、岩手の雫石、食べるために牛も飼い、冬は
        藁でくつを作っていたが、今の農家は忙しく、中国地方では畑に出て、売れる野菜は限られて、藍の栽培
        を委託して、買い取っていて、日本の藍染は特別、発酵させるものであり、地元の大工さんに風呂を作っ
        てもらい、藍の葉を取り、茎を取り、発酵させる、温度チェックも大変、放置したら50度になるもので
        す。

         ここで音楽、新里さんの選曲、旅番組ではなく、新里さんと話すと尾道、向島の旅、加藤登紀子さんの
        知床旅情をリクエストされて、尾道→北海道の旅、これは私も良く知っている曲です。71年のライヴ映像
        がYouTubeにありました。
        https://www.youtube.com/watch?v=yEQAzMFHvk8


         後半のお話、新里さんは尾道で帆布を使って、天然の染料による、優れたバッグなどを作られて、藍を
        扱うと風邪を引かなくなり、それまでよく引いていたものが、藍のためか、柿渋のためか、藍染で体調は
        良くなり、液化したもの、泡で自分の手も染まり、糖分をエサにするので、麦芽糖、PH、温度計で測る
        のを途中から止めて、数字を入れない方がよく、あれっと思うとにおいを見て、においで感じると、工場
        に来て元気ないと思うと、油膜ができて、動物も目を見て健康状態を見て、PHが低いと調節する、PH
        と糖度、温度で管理して、冬寒いのが苦手で、土の中に瓶を埋めて、いつも15度、様子を見て、毛布を掛
        けて温度調節して、においでわかるようになるまで、最近までかかった。
         自分が、藍、微生物の体調を気にするようになったら体調も良くなり、ある程度便利で考えなくていい
        まで、においを感じるくせ、ごはんのにおいにも敏感になり、環境の気配に気がつくようになり、昔の人
        は測定器なしでやっていて、植物のにおい、日本だと大事にせず、ホメオパシーの文化もなく、今はアル
        マオイルも浸透したが、これを日本も取り入れるべき。
        和食は基本冷たく、ソース、高音ではなく、においに結びついて、視覚に重点を置いており、そういう文
        化がある。
         今は、先人の時代より鈍くなり、眠る→病気であり、敏感になったら、体調も変わる。
        自分が染色の世界に入ったのは、母親が裁縫が好きで布にまみれて、シャツの布などで遊び、ミシン、貼
        箱もあり、学校から帰ったら縫物をして、大学も美術大学で布を勉強して、染める面白さ、子供の頃は朝
        顔を取って遊び、その延長、尾道は、旅行で行き、大学は東京、仕事も都内、尾道に行き帆布工場と出会
        い、ある方が、大学で美術をしていると知ると、尾道は旅行客、日本一リピーターが多く、染色を勉強し
        ていると言うと、帆布工場に連れて行ってもらい、大学院2年、出たらイタリアに留学しようとしていたの
        を止めて、日本にこんないいところがあると知り、帆布に関わり、尾道に行かなかったら、人生は変わっ
        ていた、イタリアに行っていた。
         日本に魅力を感じず、ものがたくさんある中で、イタリアで勉強しようと思い、ファッション、インテ
        リアを学ぼうと思っていたが、尾道の工場を見て、武骨な工業製品を見て、80年なぜ生き残ったか、疑問
        で、いろいろ勉強して、そして原点に立ち返り、自分を見つめ直している。
         キャンパス、油絵の土台であり、航海のエネルギーを見るもので、自分が関わらなかったら、工場は潰
        れると思い、日本のこういう工芸は1日400社潰れており、自分の役割、まだ生き残る文化を残し、グレー
        ゾーン世代、高度経済成長を支えた親から生まれて、戦争もなく育った世代の存在意義、ここで見つけ
        て、自分より下の世代はもっとしんどくなり、下の世代は苦労して、グレーゾーン世代のやるべきことを
        見つけて、自分から大きなアクションを見つけるより、右から左へ引き継ぐものの、役割を見つけられ
        た。
         帆布工場、大学生に見てもらい、インターンでやってもらい、若い人に実習してもらい、これから立花
        テキスタイル、HPを見て、興味があると注文してもらい、さらに尾道、向島に来てほしい、大元の帆布
        が必要で、工場で生きているうちに、見てもらい、帰って風景を思い出してもらったら、心の糧になるも
        ので、帆布工場はもともと軍事産業、日露戦争で潤い、大日本帝国の注文で生き残り、そして今は本物の
        平和利用、廃棄物を有効利用する重要なものなのです。
         今度は、工場を取材したいとアーサーさん言われて、製品に、鉄のにおいがあり、アーサーさんアメリ
        カで妹たちに見せたいと締めくくられました。

         今回の特集、市民のための自由なラジオ、新里さんに、尾道から来てもらい、においを伝えられるメ
        ディアはなく、そんなものができても偽物のにおいしか伝わらず、しかし環境、体調もにおいで分かり、
        においに敏感になると、メディアリテラシーになり、においを生活の情報源にすると、胡散臭い、マスコ
        ミ、政府からの情報や企業のPRを判別できるようになるとアーサーさん言われて、大きな収穫と締めく
        くられました。
         自由なラジオは、大きなメディアの伝えないことをこれからも伝えます、以上、今週の自由なラジオで
        した。
         


        朝日放送ラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です(2017/12/14) 内藤正典 トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都に指定する意味を語る、宗教が違っても同じ人間である、死の商人の跋扈を許してはならない!

        0

          永岡です、朝日放送ラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェスト、アメリカの
          トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都に指定した件、世界的な問題になり、エルサレムの歴史的
          背景も含めて、中東問題にくわしい同志社大学の内藤正典さんがお話をされました。
          内藤さん、アメリカがイスラエルの大使館をテルアビブ→エルサレム、まだ移転しておらず、しかしア
          メリカは議会がエルサレムをイスラエル首都として、トランプ大統領は今までの大統領はやらないとして
          も、世界の各国はテルアビブに大使館を置いて、首都を決めるのはその国で、イスラエルはエルサレムを
          首都としても、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地、そこにいる人たちは敵対していたのではな
          く、宗教では一神教、後からのものはインチキと思っても、20世紀になるまでは共存して、先輩の宗教を
          認めて、ところが第1次大戦時に、イギリスがユダヤ人の入植を後押しすると言ってからおかしくなり、迫
          害されたユダヤ人が、イギリスのお墨付きで入り、第2次大戦後イスラエルができて、キリスト教やイスラ
          ム教の人が抗議して、そこからパレスチナ問題、3つの宗教が絡み、イスラエルがエルサレムを首都にする
          ことを国際社会は許さず、イスラエルとパレスチナ(国家として承認されていないが)はテルアビブを首
          都にして、ところがトランプ大統領が怖し、選挙公約を守るためにやったものの、トランプ氏は中東をど
          うしたいかビジョンなし、オバマ氏と逆のことをやりたい、イヴァンカ氏の婿のクシュナー氏がイスラエ
          ルと近く、クシュナー氏を通してトランプ氏はイスラエルの意向を知り、去年の選挙公約のために、トラ
          ンプ氏は他人のことを考えていない。
          しかし、アメリカがエルサレムを首都とした件、日本すら距離を置いて、ヨーロッパや中東は非難し
          て、しかしこれはどうにもならない、アラブ諸国が反発しているように見えるが、アラブ諸国、サウジ、
          首長国連邦はアメリカとグル、これらの国に米軍基地があり守ってもらっていて、イスラム教の聖地がな
          くなるとしても、本気で戦わず、サウジアラビアは事前に知っており、他の国も莫大な軍事予算をアメリ
          カに捧げて、しかし国内で国民の不満をガス抜きするために反発しているのみ、一般国民は反発しても、
          アラブの国は不満を抑えるために反対するポーズを取っている。
          ヨーロッパは中東でシリア、イエメンなどムチャクチャでも、エルサレムの問題はイギリスやフランス
          に責任があり、日本は第2次大戦のことで今も近隣国からきびしい目で見られているが、中東の人たちは今
          の問題がイギリスとフランスの責任と思っており、3つの聖地が1km四方にあり、しかし石油が出て西欧の
          列強の侵略があったが、何もない時に3つの教徒はいがみ合っていない、同じ神を信奉しており、憎しみ
          合っているならどれかは全滅しており、しかしエルサレムについて、外から手を突っ込んで仲違いさせて
          いて、宗教のせいと西欧諸国は言っても、イギリス、フランスに責任があり、予想される最悪の事態は、
          イスラム教徒にも大事と思っていて、イスラエルの政府だけでなく、憎しみはアメリカやイスラエルだけ
          でなく、自国の政府に怒りが向いて、テロが起きるリスクがあり、アメリカべったりの日本はどうすべき
          か、日本は今までパレスチナ、イスラエルの話し合いで解決すべきとして、日本はパレスチナにODA援
          助して、しかし安倍政権はアメリカと近く、朝鮮民主主義人民共和国関係でアメリカとべったり、これを
          続けると、日本と中東の関係は悪化する危惧がある。
          道上さん、今年に入り、共和国が危険と思うが、むしろトランプ政権の方が危険と言われて、内藤さ
          ん、トランプ氏に世界をどうしたいかビジョンはなく、しかしトランプ氏はセールスマン、各地を脅して
          武器を買えと、日本も、韓国もであり、イスラエルはアメリカの武器の市場、そしてサウジなどの産油国
          に武器を売ることになり、戦争→流血=トランプ氏は死の商人。
          ロシアと中国がストッパーになるか、ロシア疑惑があり、この2国は一人の強大な指導者に率いられて、
          民主的なやり方ではなく、リーダーの意向では戦争から平和になり、ロシアはシリアの和平を模索して
          も、結局アメリカと競い武器を売り、本来、9条で軍隊を持たない日本は、中東から軍事でない支援に感謝
          と信頼があり、軍事力でない外交を日本はして、これを解決すべきであり、アメリカ、中国、ロシアが武
          器商人である構図は簡単に変わらず、ヨーロッパは落ち着いてみているように見えるが、ヨーロッパに分
          割の責任があり、中東の分割をヨーロッパ、イギリスとフランスは全く反省しておらず、第1次大戦では侵
          略者であったが、第2次大戦ではファシズムと戦い、前の罪はなかったようになってしまい、日本国民は遠
          い世界のことと思わず、我々と同じ、宗教が違うから殺し合うのではなく、同じ人間だという視点が必要
          だと締めくくられました。以上、内藤さんのお話でした。道上さん、強烈な指導者同士が武器商人とな
          り、戦争をして、そして共和国のこと、武器の飛び交う世界は、価値観を求めあぐねていると言われまし
          た。以上、おはパソの内容でした。
           


          ラジオ関西 時間です!林編集長(2017/12/14) 景山佳代子 伊方差し止めと福島事故の風化を語る、沖縄を見たら日本はアメリカの植民地で主権国家ではない!&毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ 谷口真由美 ヤマトンチュは沖縄の痛みを理解しているのか!

          0

            永岡です、ラジオ関西の、時間です!林編集長、本日のコメンテイターは神戸女学院大学の景山佳代子
            さん(以前ラジオフォーラムの司会をされていた方です)でした。司会は林真一郎さん、アシスタントは
            野村朋未さんでした。
             昨日の、伊方差し止めの広島高裁の判決、阿蘇山の立地でアカンと、高裁が差し止め、景山さん、地裁
            では仮処分が何度かあり、しかし高裁でひっくり返り、高裁で仮処分が出たのは画期的、原発の新設ま
            で、福島事故から6年9か月で、事故を忘れさせようと原子力マフィアがするなかでこれは画期的なことと
            言われて、判決で、阿蘇山の噴火、火砕流は伊方原発の敷地に来ている、原発100kmの広島にも被害との判
            断であり、伊方原発と阿蘇山は160kmだが、核では地元の経済と言うものの、福井地裁の樋口判決と同じ、
            今回判決を読み直して、核を止めたら経済アウトと言われるが、核のないことが国富、核事故=国富破
            綻、お金ではなく、一人一人の命を大切にした判決と景山さん指摘されて、広島の方の提訴で、伊方現地
            は核事故なら避難はとてもできず、重箱の隅を楊枝でほじくるのではなく、佐田岬の付け根に原発、九州
            側の人は逃げられず、東日本大震災時に東京すら交通は麻痺、ましてや原発の地元では避難など冗談では
            なく、これを考えずに核を進めるのは無責任、野村さん、原発の立地だけでなく、近隣だけでなく日本全
            体の問題と言われて、景山さん、福島事故は太平洋に面していたが、伊方の事故=瀬戸内海破綻、画期的
            な判決、しかし火山は考慮しても、基準地震動は考慮されず、しかし伊方は中央構造線に立地して、これ
            がOKなら他の原発は止められず、原告の主張すべてが認められたのではないが、高裁で差し止めは画期
            的、核は地裁で止められないのが大半の中で、上級審の高裁で判決の意味、景山さん、大飯の件について
            取材されて、SLAPP訴訟、企業が個人に嫌がらせ訴訟、核の止まった件で、個人に払えない額を賠償
            するSLAPP訴訟があり、国や電力会社に訴えられたら、原告は家も売って失うものがないようにせざ
            るを得ず、高浜原発訴訟でもSLAPP訴訟をされて、世論が原子力マフィアにSLAPP訴訟をさせな
            いことが必要で、高浜だと、関電のやることは筋違いと林さん言われて、国としての姿勢が福島事故を経
            て変わっていない、政府、国が核を認めるなら東京に原発を作れ、原発を僻地に、基地を沖縄に押し付け
            るのはおかしいと言われて、景山さん、核に対する問題、今は醒めて、政府、原子力マフィアの意のま
            ま、福島の汚染土を全国の公共事業で使えるようにしており、道路、堤防に使われて、全国で他人事では
            ない、福島、伊方だけでなく、全国民の問題であり、福島事故は現在進行形であることを忘れてはいけな
            いと言われて、しかし国民は忘れるのか、景山さん、大学で教えると、ニュースにならず、今は福島の情
            報は入らず、復興と言われると原発事故は収束したと国民は思っている面があり、林さん、江戸時代に戻
            るのではないが、6年9か月で、福島事故を経て、核を使わない方向になぜならないのか、経済と言うが、
            国は方向性を出すべき、未だに故郷を追われた人が何万人もいるのだと言われて、野村さんも福島事故を
            風化させる空気がある、しかし福島事故は何も変わっていないどころかもっと悪くなっていると言われ
            て、林さん、東日本大震災1年で、神戸で仙台から避難されている方を取材されて、みなさん2011・3・11
            で止まっていると言われて、核、放射能の問題は終っていないと言われました。
             伊方差し止めについて、神戸の、うずみ火読者というリスナーより、伊方差し止めについて詳細に報告
            されたことに敬意を表します、原発はエネルギー源ではなく、ウラン濃縮に莫大なエネルギーのいる浪費
            機関であり、核武装を想定しないと採算は取れないとの指摘があり、林さん、核は分からないからいいで
            はなく、賛成反対より核についてちゃんと考えるべきと言われて、絶対大丈夫はないと言われて、関心を
            持ち考えてほしいと言われて、景山さん、核のことを知らず、ラジオフォーラムの司会をするので勉強を
            始めて、エネルギーの問題ではなく、誰かがそれでつらい思いをしていることを知らずに使うのは、いま
            我々にで許されないと言われて、林さん、福島の方が、原発再稼働について、他の国民はなぜ核の過酷さ
            を知らずに是認するのかと言われた件を取り上げられました。
             そして、今年1月のニュース女子の沖縄ヘイト内容、BPOが、重大な倫理違反があったと結論を出しま
            した。
            https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121400772&g=soc
             さらに、沖縄のヘリ部品落下事故、景山さん、たまたまではなく、先週保育園で部品落下、その前も東
            村でヘリ墜落、その上放射性物質ストロンチウムがあったのに知らされたのは後、日米地位協定があると
            何が起きているか知る機会を奪われて、親御さんなら、自分の子供のところに米軍ヘリの部品が落ちたら
            エライことであり、林さん、翁長知事は怒り、小学校の児童が怖いと体調不良であり、校長は運動場の使
            用を当分中止、校長が謝ったものの、米軍ヘリはまた飛んでいると指摘されて、景山さん、沖縄に行くと
            植民地であり、基地の近くでは飛行訓練が無数に日常的に行われて、それをこんなムチャクチャな事故が
            起きても止められない日本は主権国家ではない=植民地と言われて、林さん、日本の警察が許可なく立ち
            入れないのはおかしい、一緒にやるならまだしも、米軍が調べてからはおかしい、地位協定、安全保障と
            これは違うと言われて、景山さん、イタリアでは米軍基地でもこんなことはなく、日本とアメリカの関係
            に問題があると言われて、林さん、首脳の安倍総理とトランプ氏は仲がよく、それならもっと抗議すべき
            と言われて、翁長知事は抗議、全ての米軍機を飛ばすな、野村さん、何度言っても受け入れられないと言
            われて、景山さん、昨年の墜落を不時着と嘯き、民家に落ちなかったのを感謝しろでは、問題解決にはな
            らない、安倍総理はトランプ氏に抗議しろと言われて、林さん、ちゃんと指摘することが本当の有効だと
            指摘されて、日本の領土とイデオロギー的なことは言いたくないが、沖縄は日本の領土と言われて、景山
            さん、自分の国で安心して暮らせないのは、沖縄だけでなく、ヤマトンチュの問題、58年前に米軍機が小
            学校に墜落してたくさんの子供が殺された、あれと全く変わっていないと言われました。

             続いて、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大学の谷口真由美さ
            んでした。
             しゃべりたいんやトピックス、谷口さん、沖縄の米軍ヘリからの落下物事故、普天間に隣接する小学校
            にヘリの窓が落下して児童がケガ、ヘリから窓が落ちたら大変なことであり、しかも先週は宜野湾の幼稚
            園にヘリから筒状の部品落下、CH53から落ちたが、本来乗る前に外すべき+ストロンチウムという放射性
            物質で子供たちがエライことになり、部品が落ちて、ちゃんと説明すべきなのに、次は窓が落ちて、90cm
            四方の部品がCH53、西銘さんのところに墜落したもので、CH53の事故が3連続、それより危険なのがオスプ
            レイ、これだけ事故が続き、市街地でけがなしでは忘れられるが、自分の子供の通っている小学校に落ち
            たらどうするか、基地がある限り事故は起きて、思い返してほしい、アメリカから返還された沖縄、72年
            以降45年間で米軍機から67件も落下、11月にはステルス戦闘機から海上に部品が落下し、海上で事故はな
            かったが、沖縄でまた落ちて、1965年には読谷村で2トンのトレーラーが落ちて小学生が殺されて、普天間
            は辺野古に移設させる、辺野古が唯一の選択肢と言い、民主党の鳩山由紀夫氏が最低でも県外と言うもの
            の、辺野古のジュゴンが絶滅、普天間軽減のための辺野古と言うものの、辺野古に移設しても、琉球新報
            の記者さんが取材しても、普天間の方は辺野古に移って欲しくない、移転先で危険になる、狭い沖縄の外
            に出せと、これはヤマトンチュが本気で聞いていない。
             沖縄国際大学に2004年に墜落、教員、学生さんも全員追放されて、取材した沖縄メディアの記者さんも
            カメラを取り上げられる始末、しかし大学の中で学生さん、先生が追放されて、ネットでは飛行機、ヘリ
            の飛ばないところに住めと罵詈雑言があるが、沖縄で米軍機の飛んでいないところはなく、今は夜中も飛
            び放題、どころかセンター入試の際も米軍機が飛び、受験に支障、過去は受験時は止めてくれたのに、こ
            こ2年は英語のリスニング時以外は飛び、ウチナンチュの方は受験すらまともにさせてもらえない、谷口さ
            ん、繰り返すが、米軍は沖縄だけが選択肢ではないのに、ヤマトンチュが沖縄に押し付けて、フェイク
            ニュースがネトウヨに出て、しかし自分の子供のいる小学校や幼稚園に落ちたらどうするのか、上泉さん
            も、部品が落ちたら大惨事と言われて、谷口さん、これを何とかしてくれというウチナンチュの声をヤマ
            トンチュが受け止めるべき、日本の安全保障というなら、ウチナンチュに押し付けてヤマトンチュは知ら
            んぷりは許されないと締めくくられました。以上、今週の谷口さんのお話でした。
            (永岡注:米軍機は1年に7回も事故を起こして、民間航空会社がこんな事故を起こしたら間違いなく倒
            産、まあ神戸には土台からメルトダウンして安倍総理に助けてもらおうとしている会社があるものの、米
            軍の神戸製鋼化を許してはなりません!)

             


            朝日放送おはようコール(2017/12/15) 中川譲が個人を標的にした増税のデタラメと自動運転とAI、ITのことを語る&荻上チキSession-22 安田浩一 ニュース女子沖縄ヘイト番組へのBPO放送倫理検証報告

            0

              永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
              院大学客員教授の中川譲さん(元朝日新聞編集委員)でした。

               来年から個人に増税がどんどん待ち受けている件、自公の税調、たくさんの反発、所得税は年収850万以
              上で増税、900万で1.5万、1000万で4.5万増税(2020年に増税)、取れるところからの増税に反発の声もあ
              り、たばこ税は8年ぶりの増税、1本3円、加熱式たばこも初の増税、出国税が作られて、日本を出るときに
              1000円取られて、森林環境税が住民税に上乗せされて(2024年)、税制大綱に盛り込まれて税収は2800億
              増えて、しかし企業には減税、法人税を最大20%減税、スタジオでも、税をどう使うのか、景気の変化で
              見直すのかとの声があり、これについて中川さん、使途が大切、税金は金持ちから取るべきなのに、取り
              やすいところから取っているのは問題、国の借金残高は1000兆円を超えて、これをどうするか、負担増に
              ついて、消費税について安倍政権はズルズル先送り、国民に納得させる誠意もなく、自営業者の必要経費
              を削っており、こうして小出しの、意味の分からない増税、所得税で年収850万以上だが、必要経費を認め
              ず、これについて説明なし、増税の税収2800億はイージス艦や長距離ミサイルを買ったらすぐに吹き飛
              び、こんなことをしていいのか、社会保障のためか軍事費につかうのかちゃんと国会で議論すべきと言わ
              れました。

               AIが急速なスピードで発展、自動車の自動運転の実証実験、車道を自動運転の車が走る実験は初で、
              愛知でも、横断歩道で歩行者を認識して自動停止する、対向車を認識するなどあり、3次元データを元に今
              の位置を認識するもので、信号や標識、車、歩行者を認識、これはゲームの技術から、自動運転にAIを
              取り入れたものであり、自動運転は進化して、レベルを5段階の2まで行き、1は自動ブレーキ、今は部分的
              な自動運転、ここまで発売されて、レベル3は条件付きで自動運転、今回はレベル4の高度なもの、スタジ
              オでは、事故の際に誰が責任を取るのかとの声があり、これについて中川さん、法律の整備が必要で、車
              の運転が好きな人はまだ多く、レベル4はまだまだと言われていたのがあっという間、自動車メーカーでは
              なくIT企業で、電気自動車と相性が良く、日本はガソリン車で世界をリードしてきたが、アメリカ、中
              国、ヨーロッパで電気自動車が普及し、自動車の常識が激変すると言われました。

               楽天が第4の携帯電話に参入、NTTドコモから回線を借りているのを新規参入であり、料金は安くなる
              のか、ITジャーナリストは携帯だと参入の投資はたくさんいるものの、球団をもつ楽天が入り変化する
              もので、楽天は電波割り当てを申請して2019年に参入、通信費が家計に占める割合は激増しており、中川
              さん、競争で安くなる期待もあるが、楽天参入に基地局などたくさんの投資が必要で、今でも携帯は安売
              り競争しても、家庭に請求される金額は大きく問題と言われました。

               本日の気になる新聞記事、毎日23面、お年玉の額についてバンダイの調査、小学校低学年で2万ほど、中
              学生で3万、平均5人にもらい、スタジオではお年玉について自分で判断するとの指摘であり、中川さん、
              各家庭に事情はあるが、誰にいくら渡すか家族で話すと親族間で不和が起きて頭が痛い、夫婦で議論した
              いと言われました、以上、中川さんのお話でした。

               昨夜のTBSラジオ、荻上チキSession-22にて、ニュース女子の今年1月放映での沖縄ヘイト内容がBP
              Oにより重大な放送倫理違反と指摘された件、ジャーナリストの安田浩一さんの解説がありました、TB
              Sクラウドで公開されています。
              https://radiocloud.jp/archive/ss954/
               デイリーニュースセッションセレクト、今年1月のニュース女子のデタラメ内容、BPOが嘘を報じて、
              裏付けなし、MXテレビがDHCシアターの持ち込みをチェックしていなかったと、安田さん、BPOの
              会見を取材されて、委員より、冒頭、報道倫理検証で、MXテレビの検証が、完パケ(制作会社で完成さ
              せた番組を局に持ち込むことを言う)の番組について検証したのは初であり、番組内容の検証と、委員か
              ら個別事案、反対派に日当が出ている、救急車を止めた、字幕スーパーで基地の外と黄色く示し、放送禁
              止用語を思わせて、侮蔑的表現、取材&裏付け不十分、考査対照がアウトで、重大な倫理違反があり、考
              査はMXテレビがチェックする際に問題、MXテレビは二人でチェックして問題なしとしたのは考査とし
              て大変で、委員の指摘は大変に厳しく、川崎委員長、MXテレビは放送してはいけないものを報じた、も
              う一人の委員、弁護士は反対派を揶揄するだけと断じ、さらに2月にMXテレビは放送の正当性を主張した
              ことも厳しく批判。
               BPO報告は安田さんの予想より厳しく、今後どうするか、重大な放送倫理違反と断じられて、これは
              過去に2例しかなく、フジテレビのやらせと、NHKのクローズアップ現代の出家やらせだけ、厳しい内容
              で、MXテレビは再発防止と言うものの、、MXテレビはこの内容をチェックしておらず、考査体制の充
              実より、局の側に報道機関としての自覚はあったのか、局は問題なしと、2月に見解を発表、外部発注でも
              局の人間は制作会社と同じ、偏向報道ですらなく、取材していない、高江に行っていない、リポーターは1
              日しか行っていない、制作会社は沖縄をなめており、足を作って取材していない。
               トンネルをデタラメ、全くやる気なし、40km離れ、東京駅のことを千葉から取材するようなもの。
               さらに、人権委員会でも審議されて、のりこえネットの辛淑玉さんを運動の黒幕と誹謗中傷、韓国人、
              外国人が仕切っていると報じたのは、人権侵害の審理がなされており、放送倫理の問題でアウト、さら
              に、人権侵害でも大問題だったと安田さん締めくくられました。
               チキさんも報告書を読まれて、放送局は制作会社の内容をチェックせず、問題をとらえる意図がなく、
              基地反対派を最初から誹謗中傷する意図があり、ネットスラング、基地外を意図的に使っており、今回の
              審理は考査なものの、テレビ局に持ち込まれた内容のチェックにデタラメ、救急車が通れなかったとか、
              裏付けなしでやったことを問題視して、BPOは問題にしっかり向き合っており、冒頭、ニュースを知り
              たい大人と引き立て役の女性が刺激的なトークをしてギャラリーを沸かせるもので、女性をバカにしてい
              る要素もあり、MXテレビの、放送局としての問題を指摘しており、MXテレビはちゃんとチェックし
              て、デタラメなものを放映すべきでないと締めくくられました。
               このニュース女子の件は、リテラの解説が的確で、紹介しておきます。
              http://lite-ra.com/2017/12/post-3656.html


              朝日放送おはようコール(2017/12/14) 二木啓考が沖縄・普天間のヘリ部品落下事故と日米地位協定を語る&TBSラジオ 荻上チキSession-22、崎山敏也 伊方原発の差し止め仮処分解説

              0

                永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
                リストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

                 沖縄での米軍ヘリから部品落下、大型ヘリの窓が落下して、体育の授業中の生徒一人が負傷、アクリル
                板(ガラスより強度は高い)、CH53の窓が落ちて、校庭に50人の児童がいて、10mほど離れたところにいた
                児童を直撃、児童は怖がり、窓は1m四方で重さ7.7kg、普天間では先週も保育園に部品が落ちて、普天間に
                隣接する小学校には米軍機がひっきりなしに飛び交い、保護者の方は怒り、辺野古に移っても事故は減ら
                ないと住民は怒り、もし直撃なら大変なことではあり、これが落ちて小石が児童を直撃、緊急脱出時に窓
                枠が外れるようになっていて、2004年には沖縄国際大学にヘリが墜落、落ちたのは全部CH53、1年前はオス
                プレイが墜落、これについて二木さん、CH53は荷物を運ぶもので、機体数は多く、普天間の航空写真があ
                り、基地があってそれで経済が行くのではなく、普天間は敗戦直後に米軍が本土攻撃用に作った基地で、
                住民は避難から戻ったら家は基地になり、普天間の92%は住民の土地であり、沖縄のもので、しかし米軍
                にのいてくれと言えない、日本全土の基地の75%が沖縄に押し付けられて、これが東京や大阪なら大騒
                ぎ、沖縄にヤマトンチュが押し付けて、辺野古を作っても普天間は閉鎖されず、日米安保条約と日米地位
                協定のため、基本的に拒否できず、日本政府がどう対応するかの問題、政府の尻に火が付いていない、し
                かしこれで辺野古に移設しても沖縄の負担は減らないと言われました。

                 将棋と囲碁で羽生氏、井山氏に安倍総理は国民栄誉賞を検討、羽生氏は淡々と将棋について語り、井山
                氏は26歳で7冠を達成、あこがれた羽生氏とともに受賞であり、井山氏は棋士としてまだまだこれからと語
                り、羽生氏は井山氏を探求心などで評価して、将棋界、囲碁界で初の国民栄誉賞、安倍政権で5度目?年内
                決定、年明けに授与、スタジオでも二人は謙虚との声があり、二木さん、予定でも、安倍総理の指示でそ
                れをひっくり返すことはなく、二人は実るほど頭が下がる稲穂かなと言われました。

                 都道府県別の男性の長寿日本一は滋賀県、女性は長野県、短いのは男女ともに青森県、近畿は上位にラ
                ンクイン、しかし大阪は東京よりかなり下、滋賀は食塩摂取量が少なく、喫煙者が少なく、日刊スポーツ
                の寺尾さん、健康は食と運動の両輪で成り立ち、バランスのいい食事がポイントと言われて、二木さん、
                全国に健康寿命自治体が70あり、高齢者の医療費が地方財政を圧迫しているため、県別より、自治体別に
                見るべきと言われました。

                 本日の気になる新聞記事、朝日新聞1面トップ(各紙1面トップ)、伊方差し止め、広島地裁の決定を覆
                して、阿蘇山の噴火の影響を認めて、二木さん、高裁の仮処分、理由は阿蘇山の噴火で、130km離れていて
                も、火砕流は9万年前に届き、しかし熊本大地震で中央構造線の地震+半島の住民の避難ができず、高裁の
                判断の意味は大きく、朝日新聞20面の記事で、腹筋運動は問題、日刊スポーツの寺尾さん、腹筋が悪いで
                はないが常識と言われて、二木さんもスボーツジムに行き指導されていると指摘されました、以上、二木
                さんのお話でした。

                 昨夜の荻上チキSession-22にて、伊方差し止めについて、予想通りTBSラジオ記者の崎山敏也さんの
                解説がありました、TBSクラウドで公開されています。
                https://radiocloud.jp/archive/ss954/
                 デイリーニュースセッションセレクト、阿蘇山の噴火リスクで、広島高裁が伊方差し止めを決定、仮処
                分申請で、来年9月末まで運転停止、熊本県の阿蘇山の噴火のリスクについて評価しての判決、四国電力は
                異議申し立てとして、住民弁護団を取材された崎山さん、崎山さんはマッチと同じ日が誕生日、しかし大
                転機の裁判、そもそも伊方原発と阿蘇山、巨大なカルデラがあり、130kmも離れて、再稼働推進委員会は、
                火山も地震同様予測は困難、前回が大規模で、次回はそれくらい、過去最高のものを参考にすべき、阿蘇
                山は9万年前に噴火して、火砕流は愛媛県、山口県にも及ぶ可能性もあり、安心できない、厳しいのは、伊
                方原発をこんなところに設置したらアカンという判決、伊方原発の建っていることが、阿蘇山のカルデラ
                から見たらアウト。
                 噴火で噴石、火山灰について、9万年前の噴火だと倍以上の灰が積り、非常用発電機をパーにして、火山
                の町だと噴火でエライことになり、この対策が四国電力だとアウトとして、再稼働推進委員会((c)今中先
                生)の言うことはアウトとなり、今回は広島高裁、地裁では同様の判断でも、地裁は何万年に1度などで国
                民から不安は出ていない、発生確率は低くリスク小が社会通念として差し止めをせず、しかし高裁は社会
                通念より、噴火になったら元も子もないとしての判決である。
                 高裁での差し止め判決は初、高裁はベテランの裁判官3人で判断は重く、しかし止めるのは来年9月ま
                で、本訴訟が今動き、審理が来年9月から始まるため、しかし高裁の判断は、絶対に安全でないとアカンと
                するもの、日本は火山大国、巨大カルデラは北海道と九州に集中して、洞爺湖のカルデラと泊原発は60km
                しか離れておらず、桜島の噴火でも原発は影響を受けて、全国の原発の仮処分は37件裁判で問われて、差
                し止めを覆すのには、噴火の影響は小さく核への影響は小さいと原子力マフィアが証明しないと安全性は
                担保されず、原子力マフィアは異議申し立てしても、崎山さん、社会通念、世の中が大丈夫というからO
                Kはアカン、分からないこともあるが、わかっていることでの判断は貴重で、それを社会が受け止めて、
                こんなところに核施設を置いたらアカンと社会も、原子力マフィアも考えるべきで、川内の仮処分でも同
                様の判断もあるものの、ちゃんとやってほしいと崎山さん締めくくられました。


                ラジオ関西 ばんばひろふみラジオDEしょー(2017/12/13) 西谷文和 トランプ大統領のエルサレム首都は自身の疑惑隠し+武器ビジネスのため!軍事費増大で社会保障を削られていいのか!

                0
                  永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみラジオDEしょー、第2水曜日にフリージャーナリストの西谷
                  文和さんが出られました。
                   世の中の様々な出来事をジャンルを問わず取り上げるばんばん侍、今日はもちろんトランプ大統領がエ
                  ルサレムをイスラエル首都に指定した件、リスナーの声があり、下手したら戦争にならないか、ワシント
                  ンポストはトランプ大統領のメンタルはメルトダウンしていると報じ、トランプ大統領はセクハラで告発
                  されている、早く辞任させないといけないなどの指摘、西谷さん、エルサレムはほとんどのアラブ人が訪
                  れたい聖地、西谷さん、イラクに直接入れず、ヨルダンのアンマン経由でエルサレムに7km、しかしアラブ
                  人には近くて遠い、イスラエルのビザが要り、アンマンはヨルダンなので入れずもどかしい、エルサレム
                  は本来ユダヤ教、イスラム教、キリスト教があこがれて、国連は首都ではない、みんなで管理しようとし
                  ているのに、歴代大統領はこんなアホなことはせず、西谷さん、ヨルダンのアンマンから坂道を下るよう
                  に行き、大陸分割の割れ目が死海、ヨルダン川、これを超えたらイスラエル、アンマンは雪→エルサレム
                  は花が咲いて、アンマンは冬でもエルサレムは夏、文明の豊かな国であり、3つの宗教は文明的に豊かで農
                  産物ができて、ユダヤ教→キリスト教→イスラム教とできて、3つの宗教の聖地、エルサレムには嘆きの壁
                  があり、そこまで金属探知機があるが、そこで取材したら、イスラム教の聖地は目と鼻の先、何と、嘆き
                  の壁が神戸新聞やラジオ関西の建物ならイスラム教の聖地はウミエ、近親憎悪、ユダヤ人とアラブ人は日
                  本から見たら区別できず、右から書いて、似たものが争い、エルサレムに行くのは、死海に行くと、初め
                  て行った際に、本当に浮く、体が船みたいに浮くくらい塩分があり、死海の水をバケツで組んで出すと塩
                  分、すぐに出てシャワーを浴びないとならず、イスラエル側とヨルダン川があり、西谷さん、吹田の職員
                  時代に行かれて、文明の発祥の地、イスラエルは西谷さん、ハリネズミみたいな国、ヨルダン川に国境、
                  バックパッカーで行くと、サングラスの人が来てなにしにきたと聞いて、カメラ、パソコンなどで西谷さ
                  ん止められて、これはモサド、秘密警察の人間で西谷さんが観光客でないと、ビデオカメラを持って怪し
                  いと見られて、横のカナダ人の方も止められて、ガザ地区の人道支援の人で、西谷さん、レバノンに何し
                  に行ったと、パスポートまで調べられて、裸にされて凶器を持っていないか5時間調べられて!イスラエル
                  は、エルサレムに西のところ(ユダヤ系)と東(アラブ系)があり、2002年から壁、世界の人権問題にな
                  り、イスラエルの壁で子供たちが登校できない、救急車も間に合わない!そんなものを写真に撮られたく
                  なく、西谷さんのようなフリーにいやがらせ、テルアビブ、日本もアメリカも大使館があり、リスナーの
                  方も、イスラエルに行く際に、イスラエルの後でレバノンなどに行くなら、パスポートにイスラエルのス
                  タンプがあると入れず、それだけアラブとユダヤが争い、別の紙にスタンプを押してもらいホチキス止め
                  しないと、他のところで外さないとダメ、それくらいいがみ合っている。
                   宗教的には、イエス・キリストもユダヤ人、キリスト教徒でユダヤ人は差別されて金融などをやり、芸
                  能もユダヤ系があり、アラブ、イスラエルの聖地、韓国と黒人の旅行者が多く、ゴルゴダの丘、イエスは
                  坂を上がり、オリーブの木は樹齢2000年、そこでイエスが処刑されて、みんなが行きたがるところで、一
                  つの宗教が独占したらダメ。
                   クシュナー氏がユダヤ教徒、トランプ大統領はエルサレムに大使館に移すのは、自身のロシア疑惑、セ
                  クハラ疑惑から目をそらすため、安倍総理が北朝鮮(共和国)で目をそらさせるのと同じ、これが目的、
                  しかし大変な代償になり、しかしイスラエルもアメリカの武器を買う、ハマスが攻撃、イスラエルが武器
                  を買う、サウジアラビアはアメリカから最も武器を買っている国、トランプ大統領が安倍総理に武器を買
                  わせたのと同じ、戦争にならずとも緊張状態で武器は売れて、安倍総理との取引と同じことを中東でやろ
                  うとしている。
                   西谷さん、エルサレムに移すのは無理、移せない、5,10年先と言うものの、やったら戦争になり、テロ
                  の口実になり、しかしパレスチナ人もイスラエルの方も負傷、死亡で大変なこと、無責任なのはトランプ
                  氏、共和国でも2兆円ミサイル防衛システムを日本に買わせて、巡行ミサイルは攻撃用で防衛ではなく、小
                  野寺大臣の言うのはおかしい、共和国のための巡行ミサイルではなく、先制攻撃、しかしトランプ氏と安
                  倍総理はゴルフして、武器を買わされて、福祉が削られて、沖縄でCH53の窓が落ちて子供が怪我して、そ
                  の前に米軍機の部品も落ちて、チェックしておらず、泥棒に調査させるようなもの、先週と今週事故、少
                  し前にオスプレイが落ちて、共和国のロケットよりオスプレイが落ちる方が日本には脅威でシャレになら
                  ず、それで思いやり予算、軍事費を上げられて、その代償に社会保障を削られていいのかと締めくくられ
                  ました、以上、西谷さんのお話でした。

                  TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/12/13) 近藤勝重さん、トランプ大統領トランプファーストだ!二木啓考 民進党ゴタゴタを語る

                  0

                    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ!水曜日のレギュラーは毎日新聞特任編集委員の
                    近藤勝重さんでした。

                    TBSラジオ、荒川強啓デイ・キャッチ! 伊方原発3号機の仮処分、広島高裁で認められて、高裁が原
                    発を差し止めるのは初、ニュースランキング8位、3位は国民栄誉賞、2位はニューヨークのテロ、1位は沖
                    縄でヘリから部品が落下して男児がケガ、これについて近藤さん、のぞみの新幹線トラブルが気になっ
                    た、博多を出て、小倉でおかしい、名古屋で止めた、それ以上のトラブルに良くならなかった、ヒビが
                    入ったのは大変、それが時速300km(ランキング4位)。
                    その1位、宜野湾市の小学校の校庭に、1m四方の窓のようなものが見つかり、飛行機からの落下物、CH53
                    Eヘリの一部、落下時に校庭にいた児童がケガ、先週もヘリから筒状のものが落下、琉球新報の野里さん
                    が解説されて、沖縄では大変驚いて、去年の12月13日にはオスプレイが墜落大破!した日、これを報じた
                    日にまた小学校に落下+6日前に宜野湾市にヘリの部品落下、米軍は自分のものと認めていないのに、沖縄
                    はここを飛ぶなと要請して、翁長知事、宜野湾市長が抗議、米軍は原因究明というものの、ちゃんとやら
                    ず、近藤さん、米軍が最近おかしい、落下物+オスプレイ墜落、沖縄の被害者感情をどう思うのか、去年
                    は民間人に被害なしを感謝しろはダメ、その上騒音、幼稚園、学校を蹂躙するなら、沖縄県民は毎日空を
                    見て暮らさないとならず、米軍は殺害事件ならある程度まともに対応するが、こんな事故は沖縄を見下し
                    て、日本全土を米軍は守っているから頭を下げないものであると指摘されました。
                    この、沖縄でのヘリの部品落下事故、関西のニュースでも大きく取り上げられて、関西テレビのニュー
                    スでは、現地から、何回怒りの声を上げたら済むのかとの声が届けられて、ピーターさん、デビュー時は
                    沖縄に行くのにパスポートが要ったと言われて、普天間→辺野古は県内でいいのかとの解説もありまし
                    た。沖縄に新しい基地をつくっていいのか、なのです。

                    2位のニューヨークのテロ、近藤さん、容疑者にトランプ大統領は国を守れなかったというものは、アメ
                    リカファーストではなくトランプファースト、エルサレムについて歴代大統領は手出しできず、アメリ
                    カ、世界の秩序を守ったが、トランプ氏は歴代大統領と異なる、ユダヤ系の支持より、アメリカではなく
                    トランプ氏は自分を守り、しかし北の脅威とかいうのと通じて、リアクションが懸念されると指摘されま
                    した。
                    将棋の羽生氏、井山氏への国民栄誉賞、近藤さん、囲碁将棋と言うが、東西で囲碁将棋の看板を背負
                    い、互いの子供の頃、羽生氏は言い訳せず、負けてもにらみ返した、井山氏はテレビゲームで囲碁の素養
                    を作り、アニメ「ヒカルの碁」で学び、今の子供たちのゲーム感覚、コンピューターの扱い方、さらに後
                    に続けとなるものが気になると指摘されました。強啓さん、自分の時代は父親や兄に学んだと言われて、
                    近藤さん、ゲーム、マンガで素養を学ぶ時代、しかし人間の脳の方が上だとも指摘されました。
                    民進党について、解党か、党名変更か、再来年の参院選は民進党では戦えないという声が地方から来
                    て、これについて二木啓考さんが解説、民進党は混迷しているが、どうしようとしているか、二木さんも
                    分からない、本人たちもどうしたらいいか分からない、大塚氏は経済・金融に詳しいものの、党を引っ張
                    る能力に欠けて、党名変更、解散・解党、耐えしのぐ・現状維持の3つのついて選び、しかし大塚氏の本音
                    は、立憲民主党や希望の党にいやいや行った人に戻って来てほしい、国会は3党物語、民進党、希望の党、
                    立憲民主党、近藤さん、3色混ぜたら真っ黒だと言われて、二木さん、枝野氏は全野党結集を呼びかけて、
                    近藤さん、身内でやってどうか、二木さんも離党した人に帰って来てほしい、でないとまた離党者が出
                    て、有田氏も離党、立憲民主党の支持率は12%、民進党は1%、岡田氏、野田氏、蓮舫氏らは、総選挙後に
                    地方組織を固めるのに、他の党から手を突っ込まれる、連合も困っており、連合は何とか一緒にやってほ
                    しい、近藤さん、立憲民主党は今支持率があるものの、一緒になったらまた下がると言われて、二木さ
                    ん、それで枝野氏は一緒にやりたくない、しかし半年前、小池氏の勢いがすごく国政選挙で100議席と言わ
                    れて、そして今はガタガタ、ふわっとした民意を集めても、今後どうなるか、近藤さん、立憲民主党は相
                    対的な民意で成り立つと指摘されて、民進党の再生について、二木さん、結局解党はやめたい、民進党の
                    金庫に70億あり、解党だと国に返さないとならず、来年1月から政党交付金を民進党は40〜50億もらえて、
                    それなら二木さんなら耐えると言われて、近藤さん、大塚氏にキャラクターはともかく、求心力を問われ
                    て、二木さん、人柄は政治家には褒め言葉ではなく、敵を作らないと政治家は務まらない、立憲民主党枝
                    野氏は政治を動かしたのは悪相!小沢一郎氏、田中角栄氏であり、さらに二木さん、正しい政策を上げた
                    ものが勝つのではなく、勝った人が正しい、勝った人は人相が悪い、しかし1月1日に政党が成り立たない
                    と政党交付金はもらえず、希望の党はそこそこもらえて、立憲民主党ももらえて、枝野氏の党本部はワン
                    ルームマンションくらい、政党交付金で職員はもらえて、大塚氏の言う3党一緒は難しいのです、以上、二
                    木さんのお話でした。
                    時事川柳、年越しに 安倍家出さぬ モリとカケ、近藤さん安倍家ではタヌキが出ると言われて
                    (笑)、揃わない 4横綱と 公文書、窓よりも ルート外せよ 危険だろ、金田一秀穂さん、ルートを外
                    すより基地をなくせと言われて、維新だの 革命だのと 与党言い、カケさんち いいな忖度 ロース来
                    て(笑)、金田一さん、忖度したのはカケさんではないと言われて、最初の二つが45点で並び、金田一さ
                    ん、揃わない 4横綱と 公文書をチャンピオンに選ばれました、以上、近藤さんのお話でした。
                    …なお、広島高裁の伊方差し止め仮処分、デイ・キャッチ!では特集はなく、朝日放送、関西テレビと
                    もに特集なしですが…もし今夜たね蒔きジャーナルがあったら、こんなことになったと想像します、水野
                    さん「小出先生、広島高裁が伊方差し止め判決を出しましたが、どう思われますか」、小出先生、「うれ
                    しいですね、伊方差し止めは私も証人として出て、事実認定は100%こちらが勝っていたのに判決直前に裁
                    判長が更迭されて敗訴で、司法には絶望していましたが、高裁にも良識ある人がいることを心強く思いま
                    した」、近藤勝重さん、「高裁にもまともな裁判官いるんやなぁ…」というようなやり取りを想像して締
                    めくくります。


                    朝日放送おはようコール(2017/12/13) 木原善隆が自民党の軍事予算の大問題と新幹線トラブルを語る&荻上チキSession-22、慰安婦問題の日本政府の姿勢をチキさん批判

                    0

                      永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、水曜日のコメンテイターはABCコ
                      メンテイターの木原善隆さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

                       防衛省が過去最大の軍事予算を見積もり、5兆2551億円、アメリカから膨大な量の軍事設備を買うことに
                      なり、FMS、企業を通さずにアメリカから直接買うもの、2015年度から激増、トランプ大統領はアメリ
                      カに雇用と言い、朝鮮民主主義人民共和国のロケット発射に対応するために、政府は巡行ミサイルを導入
                      することにして、戦闘機に搭載するもので、射程距離は500〜900km、日本海から平壌、共和国全土の攻撃
                      が可能なものの、小野寺大臣は敵基地攻撃が目的ではないというもの(日本に入った物を攻撃)の、日本
                      の空幕長は歓迎、専守防衛、米軍を矛とするものに抵触するもので、自民党の国防関係ではイージス・ア
                      ショア2000億も買うことになり、突然巡行ミサイルを導入するのに専守防衛といい、離島に敵艦船の接近
                      を防ぐものと言うものの、立憲民主党の枝野氏は国会で追及するというものの、これについて木原さん、
                      通常国会で問題になるものの、特別国会の終わった途端で、アメリカ政府の言い値で買い、トランプ大統
                      領の来日時に安倍総理が約束して、しかし部品の問題もあり、国際的な軍事常識から見たら巡行ミサイル
                      は敵基地攻撃能力を持ち、国際社会からどう見られるか考えるべきで、夏の概算要求でこれを出さず、離
                      党防衛ならその点で出すべきで、今出すのは国会無視で、来年度予算は通常国会で追及されるものの、
                      イージス・アショアを持つと、レーダー、人工衛星と際限なく広がり、必要なのかとちゃんと議論すべき
                      と言われました。

                       新幹線の台車に亀裂で運転中止、新幹線初の重大インシデント、トラブルの発生から1日経っても名古屋
                      駅で立ち往生、焦げたにおいや異常な音、JR西日本で、台車に亀裂、モーターの油漏れ、事故調査官3人
                      を派遣して調べており、深刻な事故につながりかねない重大インシデント、乗客1000人に支障なし、博多
                      駅を出てトラブル、しかし最終的に停車したのは名古屋であり、JR西日本は点検時には問題なしという
                      ものの、木原さん、対応は遅く、台車は車両を支えるもので、このままいけば脱線の可能性もあり、新幹
                      線の安全神話があり、小倉でトラブルは分かったのに、名古屋まで止めず、新幹線は過密ダイヤで止めら
                      れなかったが、異臭などの段階で安全第一にすべき、ダイヤより安全を守るべきことが最大のサービスで
                      あったと指摘されました。

                       2017年の今年の漢字は「北」、昨日は北からのカンパが猛威をふるい、兵庫県北部のスキー場は大雪、
                      気象予報士の正木明さん、寒気は後退しても真冬の寒さは続くと言われて、漢字は「北」、北朝鮮(共和
                      国)、九州北部豪雨、北海道日本ハムファイターズに清宮選手が入り、木原さん、共和国の経済制裁が寒
                      い時期にどう効くか正念場と言われました。

                       本日の気になる新聞記事、読売1面トップ、羽生、井山氏に国民栄誉賞、木原さん、安倍政権になり4人
                      目、歴代内閣で最多、栄誉賞に異論はないと言われて、朝日の記事で、ペルーでドラゴンボールから名前
                      を付けた人が500人以上あり、ゴハン、シェンが多く、木原さん、日本のアニメの人気は高く、ペルーは親
                      日的、しかしゴハンの意味は分かっているのかと言われて、産経2面、大阪市議会でサンフランシスコ市と
                      の友好関係があり、サンフランシスコ市長が急死、木原さん、吉村市長は関係を断つというものの、今日
                      の判断が注目されると言われました。以上、木原さんのお話でした。

                       昨夜の荻上チキSession-22、このサンフランシスコの慰安婦像に反対する決議を維新と自公が大阪市議
                      会で可決した件、チキさんのコメントがありました、TBSクラウドで公開されています。
                      https://radiocloud.jp/archive/ss954/
                       デイリーニュースセッションセレクト、サンフランシスコの慰安婦像に大阪市が反対決議、姉妹都市関
                      係解消、サンフランシスコ市に抗議、チキさん、慰安婦像に反対というものの、日韓合意の精神を傷つけ
                      るというものの、他の国でも慰安婦像などあり、韓国だけでなく、菅氏は遺憾と言ってもこんなコメント
                      は論点が食い違い、日韓合意は日本と韓国のみ、他の国でも慰安婦問題を繰り返させないような動きに制
                      約をかけるものではなく、世界にこんな文句を日本がいう権利はなく、個別の事実に異論があるなら議論
                      していいが、今回のネタの、性奴隷、像が日本への侮辱というのは、具体的な事実、慰安婦の数、犠牲者
                      数の検証は困難で、検証は日本の軍や業者の加害行為を減免するもの、名誉回復ではなく、事実を否定す
                      ると今の日本政府がこのように事実を隠蔽することになり、日本政府の立場とどう異なるのか、河野談話
                      があり、サンフランシスコ市だけでなく、世界にどう情報発信するのか、日本の名誉回復というものの、
                      これだと恥の上塗りであり、日本の名誉を傷つける行為で、そもそもどういう問題があるのか、ウェブで
                      も資料はあり、これらを参照すべき、サンフランシスコのリー市長が亡くなり、しかしこれに日本が介入
                      したら火に油を注ぐことになると指摘されました。
                       また、拉致問題についても、拉致被害者の家族、ジェンキンズさんが亡くなり、チキさん、拉致被害者
                      の家族が高齢化して、ジェンキンズさんは日本にきて、二度と会えないと思っていたものが再開し、国家
                      の犯罪行為、随分時間も立ち、拉致問題は解決せず、家族が再開できず亡くなる例が続き、日本だけでは
                      何も動かず、共和国をどう交渉につけるのか、表だった行動は難しく、一時動きがあると言われても、進
                      展はなく、具体的な動き、非人道的、本人の意に反して連れ去られて、人生を破壊されることはあっては
                      ならないと言われました。


                      | 1/611PAGES | >>