calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

報道するラジオ(2017/7/24) 加計学園問題、南スーダン日報隠蔽問題、安倍政権ゴタゴタ世紀末スキャンダルの国会速報 半田滋さんのお話、千葉さん、水野さんの報告

0

    永岡です、第254回報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会で放送されまし
    た。
     今週のテーマはもちろん加計学園問題、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権の閉会中審
    査、和泉氏の証言と、前川氏の証言が食い違い、さらに後半には南スーダンPKO日報隠蔽問題につい
    て、東京新聞の半田滋さんがお電話で出られました。

     ニュースは千葉猛さんの担当でした。
     加計学園問題の閉会中審査、ASSの友人が理事長で、ASSが閉会中審査に出て、前川氏にキーパー
    ソンと言われていた和泉氏が公の場に出て、和泉氏は総理の代わりに前川氏に配慮しろとしたとされる
    人、民進党大串氏が和泉氏に追及して、総理が自分の口から言えないから自分で言うと9月9日にしたもの
    について、和泉氏はしなかったと思っていると答えて、大串氏、昨年の話を追及して、和泉氏は記録が残
    らず、記憶では言わなかったとして、前川氏の言い分と和泉氏の言い分は真っ向から食い違い、和泉氏は
    記録なしで記憶によると言い、大串氏は証人喚問に出ろとして、和泉氏は国会の決定に従うとして、AS
    Sも国会に従うというものの、水野さん、与党が圧倒的な国会で与党の思うまま、閉会中審査はASSの
    決定で出来て、証人喚問もASSがやれとしても、ASSは証人喚問に否定的、証人喚問から逃げている
    のです。
     今日の国会で驚き、大串氏がASSと加計氏の関係を糺して、ASSは加計氏と14回食事、ゴルフ、特
    に加計学園の申請の際に6回会っており、それで加計学園のことは話題にならなかったかと糺すと、何とA
    SSは1+1=サルマタのあとに、加計学園の話はなかったと言い、大串氏、加計学園の申請を知ったのはい
    つかと糺すと、ASSは何と今年の1月20日の諮問会議の時と言い!国会騒然!大串氏、加計学園の申請を
    その際に知ったかと糺すと、具体的な説明はなかったというもので、水野さんもエ〜であり、ASSは7月
    以降加計氏と6回食事、ゴルフ=加計学園のことが進んでいた時、昭恵氏も同席したこともあり、しかし獣
    医学部や今治市のことは知らなかったと言いう、リスナーからもあれに納得した人はいるのかと意見があ
    り、加計学園決定の日まで知らなかったと信じられないというものであり、そして加計氏との食事は加計
    氏が払ったこともあり、ASSが払う、割り勘もある、ゴルフはASSが払ったというものの、大串氏は
    国家戦略特区の議長が知らない&おごられたら国家公務員の法律に禁止、割り勘でも利害関係者とゴル
    フ、旅行はアウト、それくらい厳しく、しかしASSは加計理事長と友人であり、リスナーからこんなこ
    とを知らなかったのかと言い、大串氏は加計氏の証人喚問を求めています。
     また、今治市の関係者が一昨年4月に総理官邸を訪問、そして今年1月に決定、秘書官から希望の方向で
    進んでいると言われたものではあり、これは今治市の文書があり、これについて民進党今井氏が柳瀬氏に
    質問して、課長クラスの官邸訪問は異例、経産省の柳瀬氏がこう答えて、今治市はついにやった、官邸に
    来て、秘書官とあえて、さすが加計氏、総理とも会えるというものについて、柳瀬氏は会った記憶なしと
    言い、記憶に本当にないと、記憶にない、覚えていないの連発で国会は紛糾して、一時止まるほど。
     民進党玉木氏が午後改めて質問して、今治市の職員と柳瀬氏が糺すと、今治市の職員と会った記憶なし
    と嘯き、自分が答えられないとすると、ASSが出しゃばり、萩生田氏が答弁している通り記録なしと言
    い、玉木氏が入館記録はないのかと糺すと、玉木氏、セキュリティに問題と怒り、官邸に入ったかどうか
    も分からず、水野さんは官邸の取材時に入館記録を取られたと言われて、千葉さん、課長クラスが官邸に
    行くのは異例で、今治市には記録があるのに、官邸になしで、玉木氏が突っ込んでいたもの。
     さらに、文科省の、加計学園ありきの文書で、松野大臣に玉木氏が質問して、文書に加計学園への伝達
    とあるのに、文科省は存否を言えないとしており、特区の認められた前の日に、加計学園は今の交渉だと
    不十分と考えていると、大臣、局長に伝達の文書があり、タイトルも加計学園、メールにも加計学園であ
    り、松野氏は1+1=サルマタで日本語にならず、文書の存在を6/15に相手が公開を望まないので公開せず、
    その後の情報公開で、相手から公開の拒否がなく、結局文書は存在すると松野氏は認めて、玉木氏、閣議
    決定の前に加計学園ありきの文書が認められたと追及して、松野氏は国家戦略特区のクリアの4条件に付い
    て、文科省の考え方を伝えて適切というもので、水野さん、加計学園へのアドバイスは、正式に加計学園
    に決まる昨年の11月の前の日であり、加計学園ありきと水野さんも驚かれて、ところが京都産業大学はど
    うかは不明。ASSは文科省は適切にやっていると言い、リスナーより、文科省の記録と、今治市の記録
    を官邸の都合で消せるのかと怒りの声があり、千葉さん、閉会中審査を見て、記憶にない、記録にないが
    あまりに多く、和泉氏も記憶なしで、前川氏の証言と平行線、他の関係者に参考人招致、証人喚問がいる
    と言われました。
     加計学園問題について、この番組の案内役であった平野幸夫さんが、加計理事長と昭恵氏なしの閉会中
    審査に批判をされています。
    http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12295137494.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog--
    --hirano-yukio_12295137494
     加計学園への伝達は、11/9に国家戦略特区の規制緩和の前日であり、正式決定は1/20=随分前から加計
    学園ありきと野党が問うと、当事者は記憶、記録がないと逃げて、参院は明日も予算委員会をするので
    す。水野さん、証人喚問が必要と言われました。

     後半は稲田大臣の南スーダン日報隠蔽問題、半田さんがお電話で参加されて、今朝の毎日新聞にエエ!
    内閣の支持率が26%!であり、仙台市長選で野党が勝ち、自公は敗北、これについて半田さん、やはり都
    議選の際の、ASS内閣への国民の不信感が強まっていると指摘されて、要因の一つは稲田大臣のことが
    あり、半田さん防衛省の取材を25年されて、稲田氏の問題、南スーダン日報問題は、きっかけは当時南
    スーダンに派遣された自衛隊が首都ジュバで戦闘を見て、ジャーナリストの布施さんが情報公開請求→な
    いので回答できない→河野太郎氏、稲田氏も探せとしたら、昨年12月の陸自ではなく統幕に見つかり、2/6
    に布施さんに見せてばれて、これとは別に、今年1月にも陸自にあったこと判明、統幕幹部が捨てたことに
    しようとして、2月に黒江氏、岡部氏ら防衛省のトップが稲田氏も出席の緊急会議になり、そこでデータな
    し→あった→どないしょう、しかし情報公開されて、今回見つかったものが隊員の個人のもので情報公開
    しない(公文書でない)、しかし南スーダンでの戦闘の記録=戦闘地域に自衛隊は行ったらアカン。
     隊員のメモではなく、オリジナルの日報=公文書、これの扱いに困り、首脳会議でなかったことにしよ
    うとして、陸自の複数のフォルダから消去、これは共同通信のスクープ、さらに3月にNHKのスクープ、
    陸自にあった→稲田氏は自分は聞いていないと、予算委員会で追及されて知らんと抜かし、さらに稲田氏
    のもとに、防衛監察本部、内部告発の調査を元検察官が調べて、稲田氏が命令→稲田氏が調査されて、漫
    才みたいな話で半田さん失笑されて、しかし陸自は稲田氏に伝えており、稲田氏は知らんと食い違い、こ
    の裏について半田さん、簡単なのはどちらかが嘘をついている、陸自が伝えたというものの、していな
    かった→稲田氏の虚偽答弁、しかしそれなら2月の首脳会議は何であったか、陸自のトップと国会対策を話
    したのか、しかし稲田氏は公開しろとしており、伏せろとは言っていないとはっきり言っていた。
     陸自が伝えていなかった例は、半田さん、陸自を取材されて、統幕について、戦闘について野党に追及
    されたばかりで、防衛省、自衛官が大臣に無断で廃棄はせず、防衛省では大臣に上げるのが当然、少なく
    ともお伺いを立てるものであり、そして、やっていたなら、会議で稲田氏は無言の意味は、イエスもノー
    も言わなかったアリバイ作り、認める→隠蔽、認めない→大臣が窮地になり、それでどちらもエライこと
    で、稲田氏が無視した可能性を追及されました。
     リスナーより、稲田氏は防衛のことを理解せず、お飾りではなかったかとの質問に、半田さん、前提が
    なければこんなことはあり得るが、戦闘、衝突で国会でひと悶着あり、それで稲田氏が知らなかったわけ
    はなく、水野さん、エライことだと言うべきと指摘されて、半田さん、それが稲田氏にシビリアンコント
    ロールとして求められて、自衛隊は国民の付託を受けた政治家がコントロール→部下の間違いを稲田氏が
    糺すべきであり、エライこっちゃ、情報開示しろとすべきであり、そして稲田氏が聞いていなかった(心
    神耗弱状態)としたら、今までの報道と異なり、次官、陸幕が勝手に決めて稲田氏を無視した可能性もあ
    り、防衛監察の結果はまだではあるが、稲田氏の統制を受ける側が勝手に行動したら、シビリアンコント
    ロール、国民が自衛隊からバカにされたことになる。
     水野さん、自衛隊はどういう思いか、閉会中審査似て日報の問題について、共産党笠井氏が質問して、
    1/18の20分の会議で、黒江氏たちがASSを訪れたと追及して、ASSは1+1=サルマタで逃げて日本語に
    なっておらず、笠井氏、3/17にも黒江氏がASSに会いに来ている→ASSは日報問題を1月から知ってい
    たと追及して、ASSは日報があったら出せとしていたというものであり、笠井氏、総理の指示も防衛大
    臣も支持していないことを、防衛省が勝手にやったら大変と言い、日報問題をASSが知っていたか、半
    田さん、1/18に防衛次官が、日報のわかった翌日であり、統幕には12月に会っており、防衛省として認識
    すべき、そして3/17の件は、陸自にあった物を破棄したと報じられた後、戦闘と衝突のすったもんだ、3月
    にNHKが陸自の日報廃棄を報じ、ASSがいつ知ったかは大変なことであり、笠井氏の言うように総
    理、防衛大臣の関係ないところで制服組がやったらシビリアンコントロール否定=防衛省、こんなことな
    ら、自衛隊のやることは何一つ信じられなくなるのです、以上、半田さんのお話でした。

     その他のニュースも千葉さんの担当でした。
     秋田県の豪雨災害、480棟に被害、避難指示は2万世帯に出て、断水も1700戸で続き、今日は新潟県佐渡
    で50年に1度の大雨、土砂崩れ、佐渡氏では車が川に転落して、村上市では避難指示、北陸、東北で雷を
    伴った大雨が懸念されます。
     普天間→辺野古の差し止め請求で、沖縄県は裁判を起こして、前知事の決定を争い、翁長知事が最高裁
    で敗訴、しかし沖縄県の岩礁破壊許可の期限を巡るもので、漁業権のある海底の変更に知事の許可がいる
    として、政府は漁協が権利放棄していて許可は要らんと却下を求めて、沖縄県は判決まで工事を止める仮
    処分を求めて、翁長知事は無許可の工事を批判、菅氏は移設を進めるというのです。
     相模原市の知的障害者施設で19人殺された件から1年、追悼式典、家族会の代表は残忍な犯行を許せない
    と語っています。
     九州北部豪雨災害で被災した小学校の仮設校舎、無事だった学校の校庭に建てて、被災前から小学校の
    統合が予定されて、新しい校舎建設も行われるのです。

     今週の特集、閉会中審査の加計学園問題と南スーダン日誌隠蔽問題、リスナーの怒りが殺到して、加計
    学園問題のASSの答弁に唖然、丁寧な説明ではない、なぜ政府が閉会中審査を避けたのか、疑惑が深
    まったとあり、記憶、記録がないに水野さんも怒られて、和泉氏の文言は水野さんもメモされて、記憶が
    ないので言っていないというのかと言われて、残っていないとおかしいデータがないのはおかしい、ム
    ニャムニャ逃れるのか、自衛隊の命がけの仕事を何と思うのか、証人喚問は森友学園で100万円で起きたぞ
    と、水野さん怒りの締めくくりでした。
     …私も書き起こしをやって、こんなムチャクチャなものはなく、ましてやシビリアンコントロール、民
    主主義が問われています、この内容、いくらでも拡散してください、こんなデタラメを放置したら下手し
    たら日本がまた戦争に巻き込まれて、破滅です!
     


    朝日放送おはようコール(2017/7/25) 小西克哉が国会閉会中審査を語る

    0

      永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、火曜日のコメンテイターは国際
      ジャーナリストの小西克哉さんでした。

      本日の新聞一面紹介、各紙国会閉会中審査を取り上げて、朝日は総理側近が記憶・記録にない、読売は
      便宜否定、毎日も同じ、前川氏vs和泉氏、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)の低姿勢?産経
      は中国の重慶市トップ(ポスト習近平氏)失脚、日経は優遇関税を途上国以外にも拡大、です。

      政権の名演を左右する閉会中集中審議はASSの反省の弁から始まり、加計ありきか、ASSの関与を
      巡り、ASSと加計氏は30年来の友人で、民進党大串氏がASSと加計氏の関係を問い、ASSは防戦一
      方、ASSが加計学園の申請を知ったのは今年1月20日と抜かして、国会騒然、加計ありきかとの追及に、
      公募をして唯一の応募の加計学園のことを知り、しかしASSと加計氏は去年下半期に7回会い、それで頼
      まれたことはないというものの、虚偽なら辞任するかと追及されてASSは逃げて、加計学園の認可取り
      消しはしないと言い、スタジオでもおかしいとの声があり、これについて小西さん、不思議な腹心の友、
      前年集中的に食事、ゴルフして、新しいことをしたいと加計氏が言っても、獣医学部のことが出なかった
      のはおかしく、一番おかしかったのはASSが逆切れせず、前頭葉のコントロールがうまく行き、しかし
      ASSには状況証拠は真っ黒、和泉氏も山本大臣も根拠なく否定して、決定打はなく、敗者は政策論議で
      あり、京都産業大学を落としているのにASSは知らず、誰の命令で破棄したか明らかにすべきで、物証
      は出ないが、支持率は落ちてASS政権はレームダック化すると言われました。

      さらに、集中審議では記憶がない、記録がないで逃げられて、前川氏と和泉氏の発言が真っ向から対
      立、しかし和泉氏は記録なし→記憶なし、今治市の記録だと、担当者が総理官邸を訪問しており、課長と
      課長補佐と会ったかと追及されて、柳井氏は記憶にないと逃げて、さらに官邸の入館記録の提出を野党が
      求めても、ASSは拒否、官邸のセキュリティは大丈夫かと追及して、記憶、記録なしはおかしいと突っ
      込み、これについて小西さん、官邸の入館記録は大事、些末ではなく、柳瀬氏の記憶は主観だが、記録な
      し→誰かが破棄したわけであり、破棄した人物を国会で証言させるべき、アメリカだとこれをやり、誰が
      破棄したか、下の人間から調べて行き、それも偽証罪の可能性のあるもので追及すべき、記憶ではなく記
      録で追及すべきと言われました。
      そして、前川氏と和泉氏の発言の食い違い、和泉氏は不当な圧力をかけていないと言い、どちらが本当
      か?小西さん、水掛け論で証拠は出ず、どちらかが嘘つきであり、そしてPKO日報問題の隠蔽に稲田氏
      がかかわっていたか、野党は稲田氏の罷免を要求して、稲田氏は野党時代に民主党の防衛大臣の罷免を要
      求していたのに、今回はASSがかばい、スタジオで失笑も漏れて、小西さん、稲田氏は内閣改造で99%
      替わり、しかしASS政権の支持率低迷は、稲田氏を引き入れたASSの責任で一蓮托生、防衛監察の結
      果が出て、稲田氏はネトウヨがともちんと呼ぶが、稲田氏はまつげのことをせず、網タイツも止めて、稲
      田ブーメラン、因果応報、ASSには李下に冠を正さず、英語でシーザーの妻は疑念を抱かれてはいけな
      いであり、稲田氏は後退しても追及すべきと言われました。

      本日の気になる新聞記事、産経2面、インフルエンザ新薬を塩野義製薬が申請、厚労省も優先的に審査、
      タミフルより効きは良く、小西さん、大きな副作用もなく、塩野義の株は上がると言われました。以上、
      小西さんのお話でした。


       


      TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/7/24) 青木理 加計学園問題国会閉会中審査を語る、後ろめたいことがないなら公文書を出せ&崎山敏也 障碍者大量殺人事件追悼式典報告

      0

        永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のコメンテイターはジャーナリストの青
        木理さんでした。強啓さんはお休み、駒田健吾アナウンサーが司会です。
        青木さん、閉会中審査について、共同通信からコメントしろと言われて共同で缶詰めになり担当者と朝
        から5時間ご覧になり、15時のところまでご覧になり、閉会中審査でようやくASS(abe Shinzo
        Shusho(c)想田和弘さん)が出て、どういう発言をするのか、印象を一言で、首相が殊勝な゜態度だが、
        言っていることは今まで変わらず、こんな人たち、印象操作と言わなかったが、なにも関与していないと
        言うのみ、追及する野党は男性で、しかしASSは特定の女性議員に質問されるとキレるので、それを意
        地悪だか見たかった、しかしASSは表向きは冷静でも中身はなかったと言われました。
        ニュースランキング1位は閉会中審査、2位は秋田県で集中豪雨、3位はオリンピックまで3年、自宅勤務
        を促すテレワーク、PKO日報問題も追及されて、ASSは稲田氏を罷免せず、ASS内閣の支持率が急
        落、毎日新聞で26%、先月から10ポイント低下、総裁を変えろは62%、日経でも10ポイント落ちて、リス
        ナーよりASSは説明せず、野党も迫力不足とあり、これについて青木さん、李下に冠を正さず、スモモ
        の下でやったら盗んでいるように見えるからやるな、ASSはやっていない、見えたらご免というもの
        の、岩盤規制を突破したのは腹心の友であり、ASSが支持率低下で何のカードを切るか、今治市の開学
        を白紙撤回する、入試説明会も始まったが、これを止めるかと思ったら、李下に冠を正さずと言いつつそ
        れをやらず、言葉が丁寧になっただけで内容は変わっておらず、和泉氏の発言は言っていないのか、それ
        の記憶がないのかと突っ込まれて、和泉氏は言わなかったと思うと言う始末で、デイ・キャッチ!に前川
        氏に生で来てもらったが、前川氏はリスクだけ負い、社会的な地位を背負い発言して、他の人たちは保
        身、忖度があり、どちらが正しいかは一目瞭然と言われました。
        2位の秋田県での記録的な豪雨、300ミリを超えて秋田新幹線にも支障、佐竹知事はゴルフで関係機関の
        会議に間に合わず、酒を飲んで帰れず、これについて青木さん、今年だけで豪雨災害のラッシュで、佐竹
        氏は天気予報を見たら行かないと駒田さんのツッコミに、気象の予報は進化して、それを聞いてちゃんと
        対応すべきであり、佐竹氏は大丈夫か、自衛隊を呼ぶのは知事の権限で、ゴルフ→酒は緊張感なしと言わ
        れて、今年4月に選挙に勝って知事になり、片桐千秋さんは秋田の出身で、後輩の田んぼが大変と言われ
        て、青木さん、九州北部豪雨、山陰、新潟の雨もあり、これだけの降り方の反面東京は雨が降らず、地球
        温暖化の影響かと言われました。
        相模原障碍者殺傷事件からまもなく1年、容疑者は障碍者を否定する言葉を発して、追悼会場に崎山敏也
        さんがおられてリポート、670人が参加して、黙祷、弔辞でも、通常の追悼式典と異なり、亡くなった19人
        の名前、写真はなく、黒岩知事は、家族の意向、社会が障碍者を特別な目で見て、この社会を変えるのは
        難しいと語り、入所者の家族会の会長も、名前を公表しないのは、今は自分たちの生活を守るので精一杯
        で、今は暖かく見てほしいと語り、670人の参列者が19人の犠牲者を追悼して、施設はどうするか、黒岩知
        事は、元のところに戻してほしいとの声で、神奈川県には共生社会をとの声があり、黒井氏は建て替え、
        時代遅れの施設ではなく、周りに何もない、神奈川県の中心部から外れたところではなく、もっと近くに
        グループホームとの声もあり、しかし今は元の生活を、であり、遺族、家族は大規模施設の再建を希望し
        て、自宅に帰ってもやまゆり園がいいという声があり、しかし親はいずれ亡くなり、親に依存しない生活
        をグループホームで、地域と関わることを、と言い、大多数の方はやまゆり園の再建を希望、しかし「地
        域で障碍者の暮らせない社会を作っているのは私たちであり、私たちが考えるべき」と言われて、青木さ
        ん、被告とメディアが接触したら、役に立たない人間は要らないと差別主義、排外主義があると問われ
        て、これについて崎山さん、家族は自分たちの生活を守るのが精一杯で、被告についてコメントする余裕
        はなく、まだ社会に伝える時期ではなく、被告の裁判で被害者の名前が呼ばれないことになり、被告は障
        碍者は生きている意味がいなと言い、やまゆり園は重度障碍者を扱い、就労は困難で、これが被告の意見
        の柱になり、被告のような考えが社会にある限り、名前も写真も出せず、被告への見解は遺族からは聞け
        なかったと崎山さん締めくくられ、青木さん、事件は社会の歪みを示し、被告はトランプ大統領の考えと
        つながり、障碍者についても、日本でも排外主義のはびこるものであり、今回19人も、役に立たないから
        と殺されたことは衝撃的で、遺族の発信を、戦後有数の深刻な事件であると言われました。
        青木さん、慰安婦問題で韓国の理事が辞意を表明したことについてコメントされて、主な活動が止まる
        危惧があり、元慰安婦にお金を渡すものの、文政権が路線を見直しであり、青木さんの気になるポイント
        は、韓国国内でも反発はあり、しかし財団は一昨年の共同宣言で、36人の元慰安婦が支援金を受け取り、
        これは前進、韓国の女性科学部の大臣はこの解散に問題と語り、世論の日韓合意への反発と、国際合意を
        守る大切さがあり、少しでも前進したことは評価すべきと言われて、デモをする人をビジネスマンは小ば
        かにしている点があると駒田さん言われて、青木さん、日本のメディアは少女像の周りだけ映すが、韓国
        の世論は多様であり、メディアはそれを報じるべきと言われました。

        デイキャッチャーズボイス、青木さんが加計学園問題閉会中審査をご覧になり、コメントされました。
        一部始終をご覧になり、古巣の共同通信の指示で国会を全部青木さん聞かれて、与党は小野寺氏が質
        問、これまで前川氏の参考人、籠池氏の場合はASSに近い右派の議員が質問したが、小野寺氏がなぜ
        か?国対委員長が質問して、与党のヨイショ質問ではダメ、仙台市長選でも負けて、小野寺氏が真摯なA
        SSをおぜん立てしたが、しかしASSの言うことは既存の枠を出ず、しかし問題なのは、和泉氏、前川
        氏がキーパーソンと言っており、前川氏に9/9に首相の代わりに言ったのかと問われて、しかし記憶にない
        と、言っていない→言わなかったと、どう考えても疑念が残り、一番の問題は、民進党の質問で、新聞の
        首相動静を紹介して、第2次政権下でASSと加計氏がゴルフ、食事を14回もして、獣医学部の問題は昨年
        夏〜秋、その際に6回も会い、野党議員がちゃんとASSが払っているかと追及したら、割り勘、おごられ
        があったとASSが言って騒然、国家戦略特区の議長はASS、決定権者が、事業させてほしいという人
        と親友だけでアウト、ましてや供応を受けたら、公務員ならアウトであり、駒田さん、萩生田氏も和泉氏
        もあいまいなのに、ASSと萩生田氏、加計氏の3ショットもあると言われて、青木さん、ASSが国家戦
        略特区の申請を知ったのは今年1月20日、それまで14回ゴルフ、食事して、この間この問題が出ないのはお
        かしい、李下に冠を正さずではなくスモモを取ったとすら言われて、殊勝な態度をしてもゼロ回答、最大
        の問題は、文科省の資料、前川氏の証言に関係者のことを糺すには公文書の公開が必要で、ASSが曇り
        がないと言うなら、法的に公文書を出すシステムを作るべきと青木さん締めくくられました、以上、青木
        さんのお話でした。


         


        毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/24) 三澤肇 加計学園問題、稲田日報隠蔽問題の閉会中審査を語る

        0

          永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、フリーアナウンサーのヤマヒロ(山本浩之)さんの司会で、加
          計学園問題、稲田大臣問題、閉会中審査について、MBS記者の三澤肇さんの報告がありました。
          ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)はていねいに説明すると言いつつ、ASSは加計学園に配
          慮していないというものの、毎日新聞の世論調査でASS政権支持率26.6%、1か月ごとに10ポイントずつ
          落ちて、石田英司さん、都議会選挙でお灸をすえても国民は納得しないと言われて、仙台市長選も自公が
          負けて、今日もASSが出ての国会も、キーパーソンは前川氏、和泉氏、両者の言っていることが対立し
          て、さらに山本地方創生大臣、申請の前に加計学園に決めたと報じられて、さらに稲田大臣の日報隠蔽は
          13時半まで追及されていないものの、稲田氏が隠蔽に加担していたらエライことであります。
           MBS三澤記者が取材されて、前川氏と菅氏のトイレでの遭遇を目撃されて、三澤さん、前回前川氏は8
          時半に国会に入り、前川氏は今回8時50分に正面から入り、今日は参考人が多く、9時きっかりに集中審
          議、注目の閉会中審査で、委員会室は満員で立ち見の記者もいて、記者は4列しか入れず、立ち見記者が盛
          り上がり、官僚も押し寄せてごった返しで、際立ったのはASSの低姿勢、声も抑えて、支持率低下+仙
          台負け、しかしそれで中身も丁寧なのか、です。
           前川氏は昨年9月の出来事、和泉氏に呼び出されたと語り、和泉氏はこれを否定、ASSは加計学園のこ
          とを1月20日に知ったと言って会場騒然、稲田氏について追及されて、ASSに私もタオルを投げ込みたく
          なり(笑)、三澤さんは前川氏と和泉氏のどちらかが嘘をついているが、和泉氏が強弁と言われて、ヤマ
          ヒロさんも和泉氏は最初威勢がよかったのがしぼんだと指摘されて、三澤さん、和泉氏は官僚出身で、し
          かし言っていないと気色ばみ、その後カバーして、前川氏と和泉氏の言い分が対立して、前川氏は加計学
          園ありきと言い、和泉氏は岩盤規制と言い、どちらかが嘘を言っているとしか思われないと言われて、ヤ
          マヒロさん、野党は証人喚問わするのかと言われて、三澤さん、参考人招致は偽証罪に問えず、しかし集
          中審議も竹下氏が断ったのをASSがいつもに逃げ向上というものであり、神戸学院大学の中野雅至さ
          ん、前川氏は慣れても和泉氏は相当上がり、和泉氏は妖怪官僚で民主党政権でも重用されたやり手であ
          り、このまま知らないと言い続けるとかないものの、証人喚問は必要とスタジオでも声がありました。
           さらに、ASSが加計学園の申請を今年1月に知ったというものの、加計理事長とは何度もあっていてお
          かしいものであり、三澤さん、野党議員からこんな大法螺を初めて聞いたとの声を紹介されて、野党のベ
          テラン議員の声、ASSは諮問会議のトップ、1/20に加計学園がとっくに認められたが、その半年前にA
          SSと加計氏は数回会っており、つまり獣医学部のことをついて知らなかったわけはないと野党は思い、
          そして問題、民進党から加計氏とのごちそうはどちらが払ったかとの質問に、ASSがおごってもらった
          ことがあるというのは、公平公正を要する立場として大問題と語り、民進党は食事自体アカンというもの
          であり、公務員は利害関係者と食事はアウト(政治家は許される)
           つまり、加計氏の証言も必要であり、三澤さん、加計氏を参考人招致で呼ばないと、ASSと加計学園
          の問題は解決せず、しかし与党は加計氏の参考人招致には消極的だが、野党はASSにちゃんと説明させ
          ろという立場であり、スタジオでもやっていないとASSが言う分印象は悪くなり、この態度はおかし
          い、ASSの印象はガス抜きとりんごさんも言われて、中野さん、ダメージコントロールがダメ、野党は
          ASSを怒らせてヒステリックにさせたら支持率はさらに低下すると言われました。

           加計学園問題、週刊朝日に今西憲之さんの記事が載っています。
          https://dot.asahi.com/wa/2017072400018.html
           また、今西さんのブログだと、稲田氏が、例の自衛隊、防衛省として都議会選挙に頼みと言った件で、
          公選法違反、国家公務員法違反、自衛隊法違反で刑事告発されたということです。
          http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/51754991.html

           そして、フジテレビのグッデイに伊藤惇夫さん、寺脇研さんが出られて(ひるおびに出ていたスシロー
          氏は出ずです)、伊藤さん、ASSは低姿勢で、しかしもう遅く、前川氏と和泉氏の水掛け論は証人喚問
          しか道はなく、ASSのマイナスは1/20に加計学園のことを知らなかったというのは不自然であり、しか
          しそれまでに加計氏のことを聞いており、新しいボロは出ても全体に水掛け論、記憶にないと逃げている
          と言われて、寺脇さんは、2018年開学がキーワード、最初の自民党の質問で決着して、特区の認可をして
          も、大学の認可は延期したらと自民党の質問に、ASSは答えず2018年開学の旗を降ろさないというもの
          に問題と言われました。
           …太平洋戦争の末期、沖縄が落ちて広島・長崎に原爆を落とされるという大日本帝国もこんなもので
          あったのでしょうか?以上、主にちちんぷいぷいの内容でした。

           


          ティラーソン国務長官にパレスチナの女性活動家 カリダ・ジャラルとキタム・サフィンを解放するようイスラエルに圧力を掛けることを求める署名

          0

            浅田です。

            以前に同趣旨の署名を紹介しましたが今月不当にイスラエルに拘束された パレスチナ立法会議議員のカリダ・ジャラルとパレスチナ女性委員会議長のキタム・サフィンを解放するようティラーソン国務長官にイスラエルに圧力を掛けるようもとめる同趣旨の署名です。
             

            署名の趣旨です。


            Release Khalida Jarrar & Khitam Saafin!

            Dear Secretary Tillerson,

            We call on you to pressure Israel to immediately release Palestinian women activists, Khalida Jarrar and Khitam Saafin. Khalida Jarrar is a member of the Palestinian Legislative Council and Khitam Saafin is president of the Union of Palestinian Women’s Committees. Both are being held under administrative detention without charge or trial. 

            署名はここから

            Sign here: http://www.codepink.org/release?recruiter_id=20238

            -
            賛成の方の署名をお願いします。 転送・転載歓迎


            朝日放送おはようコール(2017/7/24) 伊藤惇夫が仙台市長選での自民党敗北、安倍政権閉会中審査と秋田県豪雨災害を語る

            0

              永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナ
              リストの伊藤惇夫さんでした。

               本日の新聞一面紹介、朝日は全国の自治体の支援する3セク、公社の財務状況、14%で債務超過、51%で
              実態不明、読売は慰安婦財団の活動終了、毎日はASS政権支持率26%、ASS総裁を替わった方がいい
              が62%、産経は仙台市長選で自公が敗北、日経はLNG発電の包括輸出です。

               ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権、支持率低下&仙台市長選の敗北、正念場の集中審
              議、都議会選挙後の与野党対決の仙台市長選は野党4党側の勝利になり、自民党の惨敗した都議会選挙後、
              各党の幹部も入る総力戦、野党の支援した郡氏が自公候補に2万票差で勝ち、自民党の票をまとめられなか
              つた逆風、これについて伊藤さん、国政が関係して、しかしそれほど票差はなく、郡氏は地元で有名なア
              ナウンサーでもこの差は、国政、ASS政権への逆風しかしこれはお灸のレベルを超えて、支持率低下は
              止まらず、26%は危険水域、野党が非力で政権交代はないが、自民党の中でトップを変える方向で、それ
              なのにASSは憲法改悪という始末であり、自民党、与党が加計学園問題でちゃんと反省するか、国政が
              激動の予感と言われました。
               今日と明日が閉会中審査、ASSも出て、前川氏も今回出て、和泉氏も出て、仙台市長選の敗北もAS
              S政権に打撃であり、山本大臣の問題発言もあり、PKO日報隠蔽問題、非公開の決定に稲田大臣は関係
              していたか、伊藤さん、前川氏はキーパーソンは和泉氏と言い、この二人の対決が注目されて、山本大臣
              は問題発言ばかり、獣医師の需給もでたらめで、野党が攻撃するウィークポイント、獣医師会は記録が残
              り、山本大臣は記憶のみ、PKO日報問題は、稲田氏が3月に否定して矛盾して、しかし観察中と逃げられ
              るか、水掛け論になるが、国民がASS政権を信頼するか、前川氏や野党側を信頼するかが勝負であり、
              ASSは今まで通りの加計学園問題に関与していないと言うのでは国民は納得しないと言われました。

               秋田県で記録的豪雨、川が氾濫して住宅に浸水の被害、東北で大雨、大仙市で洪水被害、由利本荘市で
              は田んぼに川が氾濫して、秋田県に線状降水帯、降水量は300ミリを超えて、猿田川の水が住宅に迫り、下
              流では雄物川があふれて、最近全国各地で豪雨災害、短時間強雨、年間発生回数は40年で34%も増えて、
              過去のでたーを朝日新聞の調査で、気温、海水温が上がると災害、気象予報士の正木明さん、温暖化とリ
              ンクして、気象庁の予測では温暖化で倍になるという予測があり、しかし佐竹秋田県知事は私用で宮城県
              にいて、緊急会議に間に合わず、これについて伊藤さん、飲んでいてもトップなので戻るべき、佐竹氏は
              名門の出、ズバズバものを言う人(反面猫を8匹飼っている)だが、トップとしての危機感に欠けていると
              言われました。

               本日の気になる新聞記事、読売1面、血液1滴でがんの診断ができること、3年以内に国に申請、がんの
              95%の確率で診断できて、スタジオでも評価する声があり、伊藤さん、いくつもがん検診が要り、全検査
              にはお金もかかり画期的と言われて、読売21面の記事、オープンキャンパスは豪華になり、受験生集めに
              どこも懸命であり、伊藤さん、少子化の中で受験生集めは大変、受験料で大学は稼ぎ、知り合いの大学の
              先生は高校を回っていると言われて、産経の7面の記事、中国が南シナ海に映画館、伊藤さん、既成事実が
              重なり、ベトナムとトラブルになると言われました。以上、伊藤さんのお話でした。

               なお、週刊文春で、作家の亀和田武さんが、ひるおびに出てくる田崎スシロー氏について書いておられ
              るのがネットに載りました。
              http://bunshun.jp/articles/-/3414
               これは週刊金曜日ではなく、文春にこれだけ書かれるとは、安倍総理、トランプ大統領、由伸監督、誰
              が最初に「お迎え」に来てもらうのかな?

              ネットワーク1・17(2017/7/23) 災害に備えるタイムライン 松尾一郎さんのお話

              0

                永岡です、災害と防災を考えるネットワーク1・17、第1076回、今週も毎日放送アナウンサーの千葉猛さ
                んと、フリーアナウンサーの野村朋未さんの司会で放送されました。
                 九州北部豪雨災害、現地にはボランティアも入られて、豪雨災害に気象庁は正式な名前を付けて、2015
                年の鬼怒川決壊以来、現地では仮設住宅の建設も始まり、東峰村では入居の手続きも始まり、被災者が一
                刻も早く入れるように、リスナーより、東大阪市でも100ミリ/時間の雨があり、早めの避難が必要との声
                がありました。
                 九州北部豪雨災害、避難の情報の問題もあり、気象災害で、あらかじめ予測される被害時間からさかの
                ぼり、対策や行動を時系列で組み立てるタイムラインという考えがあり、NPO法人CeMI環境・防災
                研究所(http://www.npo-cemi.com/ )副所長の松尾一郎さんのお話がありました。
                 災害が襲ってきた際に行動を事前に立てること、タイムライン導入を自治体に提言されている松尾さ
                ん、九州北部豪雨で、数年前にも九州で豪雨だが、それよりひどく被害の全貌も分からず、これは大阪で
                も起こるものであり、タイムラインは防災行動計画、松尾さんアメリカの2013年のハリケーン災害で
                ニューヨークの地下鉄が冠水、伊勢湾台風並み、これは日本だと大都市は高潮のこれほどの被害は60年近
                くなく、ニュージャージーを調査してタイムラインのことを知り、台風だと、日本では熱帯低気圧が風速
                で決まり、台風発生→何日後に直撃するか、台風は前日、前々日から影響が出るが、その前の晴れている
                時に、側溝の点検などやれることはあり、しかし従来は気象庁から警報で自治体が活動開始では遅く、早
                め早めの、先を見越しての対策が必要であり、自治体の防災計画は、気象庁が警報を出した際に行政機関
                が初めて参集するものだが、警報が出るのは直前、数時間後に雨が降るというものの、雨はこのところ極
                端で、2012年の京都豪雨でも対応は後手後手になり、あらかじめ予測されるもので、時間割、5日前から計
                画して、防災行動を3つの要素で考えるもので、住民、消防、自治体も参加して、今まさに九州では6月か
                らタイムライン、長崎県諫早市は参加して、自治体、消防、警察、自衛隊、さらに報道機関も入り、数回
                の議論でタイムラインを決めて、従来はトップダウン、行政が決めるもの、しかし被害が広がるところで
                の計画を作るものであり、諫早では台風ではなく前線のことから決めて、諫早では60年前に大被害があ
                り、気象庁から前線の気象情報を知り、気象台での情報→長崎県でこれだけ雨が降る→タイムラインのス
                テージを上げて、気象情報で1、警報で2、そして危険になったら4、4になったら避難する、これは行政だ
                けでなく、高齢者や寝たきりの人をどう避難させるかく決めて、ステージ1では状況を見て、施設の点検、
                下水が機能しているか、ポンプは稼働するか、家で雨どいはどうか、雨具の用意などであり、3日前、買い
                物は2日前までに済ませて、風が強いと高齢者は外出すべきでなく、大阪湾は文化があり、2014年にJRが
                台風で運航を見合わせて、利用者にアンケートを取ったら、8割の人が評価して、明日止めると予告したら
                対応はできで、減災行動、昔は台風が来るともっと早く対応して、集まり、顔の見える、ボトムアップの
                考え方がある。
                 それを示すタイムライン、自治体で導入されて、大阪では貝塚市の二色浜海水浴場、大きな川があり高
                潮の心配があり、高潮のタイムラインを現地で作って、自治会の方は、台風が来た際の対応をしておく
                と、台風が来た先に慌てずに済み、防災報道のレベルが1〜5で、それごとに対応、1は準備、3日後に台風
                が来る際に、持ち出し品を備えて、2は防災本部を設置、声がけ、黄色いタオルを持ち、避難の際にタオル
                を置く=その家は避難済み、黄色いタオルは配布済み、3になったら貝塚市から高齢者の避難の指示、4で
                は全員避難であり、このタイムライン作りに松尾さんも参加されて、松尾さん、自治会長のリーダーシッ
                プが素晴らしく、皆さんボランティアで、議論して計画する面白さが、見えてきて、地域の変わりよう、
                タイムラインをすると人は変わり、防災に関心のなかった皆さんも参加して、議論して役割を決めたら、
                皆さん防災担当として意識が変わり、タイムラインは作って訓練して、災害時に備えるもので、高潮のタ
                イムラインは2月に完成で、自治会長の和田さんも住民の変化を知り、今まで住民の避難も、避難訓練はタ
                イムラインを学ぶと、今までの訓練では足りないと分かるものと言われて、そして中で意見の対立もあ
                り、一番の問題は要支援者の対応であり、行政も入り、情報共有して、どう避難させるか、同居する家
                族、家族が働いている場合はどうするか、コミュニケーションを取って、一緒にやっていくものであり、
                そうして本当の防災になり、まず地域で考えて、家族で議論、個人がどうするか、行政が避難指示、勧告
                を出して、個人にもタイムラインはあるべきというのです。
                 大阪でもタイムラインの取り組みが、寝屋川市でも始まり、生駒、金剛でも土砂災害は起こり得て、大
                阪でも土砂災害はあり得て、大阪でも本格的に始めるべきであり、自治体でも地域でもやるべきなので
                す、以上、松尾さんのお話でした。
                 今回の特集、千葉さん、タイムラインの考えは過去になく、台風が来る際の計画を認識して、これから
                どう対策するかが問題と野村さんも言われました。大雨、梅雨が明けて熱中症対策も必要です、以上、今
                週のネットワーク1・17でした。


                市民のための自由なラジオ(2017/7/22) 伊藤真さん、憲法をもう一度教えてください、忘れず、あきらめず戦争しようとするものと闘おう&今中先生 飯舘村と科学者について語る

                0
                  永岡です、市民のための自由なラジオLIGHT UP!第69回、今週はジャーナリストの西谷文和さんの司会
                  で大阪から放送されました。西谷文和のニュースの歩き方、です。
                   ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)内閣の支持率が急落、3割を切って危険水域、森友学園問
                  題、加計学園問題+こんな人たちに負けるわけにいかないと、総理として言ってはいけないことを言うA
                  SSの危険性に国民は気づいて、しかし安倍一強は続き、今こそ日本国憲法のことを学びたいと、今週の
                  ゲストは弁護士で伊藤塾塾長の伊藤真さん、東京からわざわざ来られて、日本国憲法について改めて語ら
                  れます。
                   伊藤さん、支持率が急落しても憲法改悪を加速すると言い、ASSは5/3に日本会議の会合で憲法改悪を
                  語り、広報紙の読売新聞を読め、その読売新聞が前川氏の誹謗中傷をする中で、伊藤さんが改めて憲法を
                  語られます。
                   前半のテーマは、9条に自衛隊を追加するASSの狙いについて、日本国憲法の成立、日本は明治維新
                  後、西洋から、憲法がいるとドイツを手本に大日本帝国憲法、天皇主権、国民は臣民を道具として戦争を
                  やってアジアで2000万人殺し、日本人も300死んで、戦前は「家」を、家父長制、父親の言うことを聞け、
                  天皇のいうことも聞け、女性には個人は否定されて、臣民として、軍部の暴走を許し、日本国憲法では個
                  人を大切にして、2度と戦争をしない、戦争の元である軍隊を持たない(2項)、交戦権を認めない=敵の
                  兵士を殺せない=侵略戦争を否定。
                   侵略戦争否定は1928年のパリの協定以来あるので、9条の1項は世界標準であり、2項が重要「2項がある
                  から日本国憲法は素晴らしい」、戦争しないのは世界標準で、そこに全ての戦争を否定した2項を自民党は
                  撤廃したく、しかしASSは2項を置いて自衛隊を入れるのは、方針転換ではなく作戦変更、自民党は2012
                  年の憲法草案で国防軍を持つと言い、これは今も生きていて、しかしこれは国民に抵抗があるので、全段
                  階で、自衛隊は災害救助もして、これを違憲と言うのか?自衛隊を9条に入れるのは国民の抵抗もなく、し
                  かしこれを一里塚として、実際戦争準備法案が出来て、自衛隊は海外で人殺し出来て、この自衛隊を9条に
                  入れるのはもちろん専門家として矛盾、自衛隊の交戦権を認めたら、自衛隊ではなく軍隊で2項は骨抜き、
                  集団的自衛権、戦争準備法案があり、その上に自衛隊を9条に入れたらアメリカと一緒に世界で自衛隊は戦
                  争出来て、自公で国会は2/3を占めて、憲法改悪の発議は可能で、自民党の中で案を作り、衆参両院の2/3
                  が必要で、しかし憲法改悪の案はあっても、国民が騙されて、専守防衛、災害救助のためと、自民党と公
                  明党、維新も賛成して、しかし憲法改悪は国民投票の過半数(有効投票の過半数、投票率40%なら20%の
                  得票で改悪される)で通り、憲法改悪に熱心な人は投票に行き、投票に行かない人が多いと、有効投票の
                  半分は取られて、都議選の投票率も50%くらい、しかも国民投票には公選法が適用されず、テレビCMは
                  可能で、お金をかけてCMできて、アイドルに憲法改悪に賛成と、吉本の芸人たちにさせることも可能、
                  広告資金の上限もなく、そして憲法改悪の国民投票と総選挙を一緒にやると、選挙は公選法が適用されて
                  も、国民投票には共謀罪も適用されて、こんなことでいいのか、ASSは拙速であり、憲法改悪には、来
                  年国民投票はとてもできず、教育費の無償化、緊急事態条項、参院の選挙区のことなど、国民に時間をか
                  けて理解してもらうべきことを、共謀罪のようにデタラメな展開で押し切ることを、憲法改悪で行われた
                  ら、将来に禍根であり、ASS内閣の支持率が急落して、2/3を持っているうちにやってしまえ、はあり得
                  るのです。

                   LIGHT UP!ジャーナルは元京都大学原子炉実験所の今中哲二先生、全村避難6年、福島、飯舘村と科学者
                  の役割について語られました。今中先生、5/28に映像’17に出られて、飯舘村と今中先生、映像’17は沖
                  縄のこともやり、全村避難6年で、今中先生のやってこられたことをMBSディレクターの津村健夫さんが
                  作られて、津村さんは熊取6人組の番組に激怒、これは2008年のこと。
                   今中先生、飯舘村の測定を、原発事故のあと2週間後に入られて、避難指示は20km、しかし飯舘村は20〜
                  40km、阿武隈山地の農業の町で、最近は肉牛、飯舘村ブランドのところに原発事故、家に住めなくなり6年
                  間、今年3月に帰還困難区域以外は解除でも、線量は10〜20倍、帰るには被曝の覚悟が要り、セシウムの半
                  減期を見たら50年以上かかる、100年で1/10、300年で1/1000、物凄い長い時間軸で見ないとダメ。
                   飯舘村は高齢者の町で、原発事故の影響はなくなったとアピールしたい、そうして不満をそらしたい意
                  図もあり、今中先生はお年寄りが仮設住宅で苦労するより、国の責任でケアする必要はあり、しかし「帰
                  りたくない人も帰れはおかしい」、飯舘村に戻ると余計な被曝をして、福島の汚染地域にいるのは被害者
                  であり、被害者を国と東電はちゃんとケアすべきなのに、同心円で仕切ってすべてやるのは間違い、飯舘
                  村の移染に3000億はかかり、それだけのお金を、もっといい使い方がある、避難している人にケアするな
                  ど必要だと、今中先生締めくくられました。

                   ここで音楽、オリジナルは美空ひばりさん、一本の鉛筆、一枚のざら紙があったら戦争反対と言える、
                  今回はクミコヴァージョンです。これはYou tubeにライヴ映像がありました。
                  https://www.youtube.com/watch?v=WC7EnbPVwUQ

                   後半は、ヒトラーから学ぶ権力者とメディアについての伊藤さんのお話です。
                   伊藤真さんのお話、ヒトラーがいろいろな本を書いて、我が闘争で何を書いたか、政権を取る前につか
                  まり、1925年に獄中で書いたもの、ドイツの全家庭に聖書のように配られて、ドイツ民族の純粋、優性政
                  策、ユダヤ人や障碍者を毒ガスで抹殺するホロコーストだが、プロバガンダの、大衆をコントロールする
                  もの、理解力は小さいがすぐに忘れると、難しいことは分からないがすぐ忘れる、次々と事件、オスプレ
                  イ墜落、沖縄の女性殺害などあり、強行採決、秘密隠蔽法などしても、忘れて、効果的な宣伝、冷静な熟
                  慮より感情的に民衆は動き、肯定か否定か簡単であり、9・11のあとにブッシュ氏がアメリカに付くのかテ
                  ロリストに付くのかと言ったのと同じ、国会答弁も同じことを繰り返し、これは今も同じ。
                   オリンピックも利用して、盛大な祭典にして、聖火リレーもヒトラーが始めて、だから戦後オリンピッ
                  クの政治利用はダメ、ASSがマリオの真似はダメであり、緊急事態条項を入れて、1930年に首相になっ
                  たときはヒトラーは力もなかったものの、共産党の弾圧、数千人逮捕して、社民党の弾圧、教会も弾圧し
                  て、全権委任法を作り、内閣が法律を作れて、憲法に違反してもOK、ワイマール憲法は実質なくされ
                  て、西谷さん、プロバガンダ、上手に言葉を言い換えて、独裁→決められる政治、橋下氏、ASSもそ
                  う、戦争の準備→平和と安全の確保と言い、これは戦争準備法案時も同じ、民族と国家を防衛するとの大
                  義名分で全権委任法を作り、危機に対処するのでは反対できない、そして国民を戦争に駆り立てて、戦争
                  準備法案とは印象操作とうそぶき、武器輸出→防衛装移転、カジノ解禁→IR推進、共謀罪→テロ等準備
                  罪、と言うと、みんな必要。
                   そして南スーダンで、戦闘を衝突と言い換えて、西谷さん、日本のメディアは両極、朝日や毎日は共謀
                  罪、読売やNHKはテロ等準備罪という言葉の言い換えに怒られて、しかし言葉の言い換えはヒトラー、
                  ブッシュ氏、トランプ氏もやっており、ヒトラーの片腕ゲーリング、ゲジュタポを作り、国民は戦争を望
                  まない、どこの国も同じ、人々を従わせるのは、我々は攻撃されかかっている、平和主義者は戦争が嫌と
                  いうものと言われて、西谷さん、背筋が凍り、北朝鮮のことで今の日本も同じと言われて、9条を守る=非
                  国民というもの。
                   伊藤さん、平和度指数ランキングがあり、1位はアイスランド、2位はデンマーク、3位はオーストリア、
                  日本は長い間8位、先進国ではドイツ16位、フランス18位、アメリカ103位!アメリカは世界最大の軍事力
                  を持ち、抑止力というが、平和の度合いでは最悪。
                   相手がミサイルを持ったら、もっと持つというのは、「抑止力は挑発になる」、自分の国を守るために
                  軍事力を高める→相手も持つ、果てしなき軍拡=血を吐きながら続ける悲しいマラソン((c)ウルトラセブ
                  ン、モロボシ・ダン)、しかし儲けるのは武器を作っている会社で、アメリカは1位ではなく、シリアと南
                  スーダンは下から1位と2位、しかし南スーダンは平和だから自衛隊が行ったはずなのに、西谷さん、南
                  スーダンを取材されて、世界で2番目に危険な国。
                   しかし、日本は9条+戦争をしない、でこのランキングのベストテンであり、しかし10年前は日本はベス
                  トスリー→日本はアメリカの片棒を担ぐと見られて、8位→9位には2015年、もちろん戦争準備法案のため
                  であり、戦争準備法案を伊藤さんたちは憲法違反として違憲訴訟して、戦争準備法案にはほとんどの憲法
                  学者が憲法違反、弁護士も憲法違反といい、それが強行採決であり、これは許せないものであり、平和的
                  生存権を侵害された皆さんが、2016年4月26日に東京地裁に提訴、そして全国20カ所で北海道〜沖縄まで
                  6000人以上の原告、1600人の弁護士が参加して、自衛隊へのイラク派兵の際にも、名古屋高裁で憲法違反
                  の勝訴であり、憲法、法律の専門家にとって戦争準備法案は憲法違反であり、あきらめずに、裁判をする
                  権利はあり、メディアも権力者に忖度するものだけではなく、忘れず、あきらめず、闘って選挙で意思を
                  表示すべきなのです。
                   権力者がファシズムに走る14の兆候を伊藤さん挙げられます、自由なラジオのHP 
                  http://jiyunaradio.jp/ に載っています。

                   今週の特集、西谷さん、伊藤真さんにもう一度憲法を教えてほしいであり、ファシズムの兆候は、アメ
                  リカのワシントンにホロコースト記念館があり、協力で継続的なナショナリズム、敵国を設定、マスメ
                  ディアのコントロール、安全保障への執着、知性や芸術の軽視、身びいきの蔓延、詐欺的選挙(一票の格
                  差)など、全てASS政権のやっていることは14とも当てはまり、今、重要な時代にいて、歴史の過ちを
                  繰り返してはならず、次世代の若い人たちのために必要、何があってもあきらめてはだめなのです。以
                  上、伊藤さんのお話でした。
                   今回の内容、昨年暮れの瀧本さんのお話と同じく、素晴らしいものでした。この内容、いくらでも拡散
                  してください、ファシズム、戦争を志向する勢力を倒して、本当の平和な世界をGETしましょう!
                   

                  サンテレビニュースPORT(2017/7/21) 明石歩道橋事故16年

                  0

                    永岡です、サンテレビのニュースPORT、11人の亡くなった2001年の明石歩道橋事故から16年の日の
                    ことが取り上げられました。明石市は若手職員のための研修会、入所5年までの職員が参加、花火大会の後
                    で歩道橋にて群衆雪崩、現場の職員には有罪判決でしたが、強制起訴された副所長は免訴(実質無罪)で
                    す。職員には、中学生の時に事故を知り、
                    遺族の下村誠司さん、長男が生きていたら二十歳で、その世代の職員さんに事故を語り継ぎたいと言われ
                    て、事故発生時刻の8時半には泉市長、下村さん他が献花、事故の時間になると16年前に戻り、事故の教訓
                    で、安全安心を明石発信でやってほしいと言われました。
                     明石市では、歩道橋事故後に入所した職員が4割で、安全安心を作るのは我々大人であると、キャスター
                    の小浜さんも強調されました。
                     このニュースは、神戸新聞にも記事が載りました。
                    https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201707/0010391087.shtml
                     この歩道橋事故は、警備のあり方を変えて、しかし、現場の担当者は刑事責任を問われても、トップの
                    責任は問われず、これは福知山線脱線事故や、福島原発事故も同じです。以上、ニュースPORTの報告
                    でした。


                    毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/21) 武田一顕 安倍世紀末ゴタゴタ五里霧中内閣改造を語る

                    0

                      body

                      永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、河田直也アナウンサーの司会で、稲田日報ゴタゴタスキャンダ
                      ル、山本加計学園ゴタゴタスキャンダルのASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権の内閣改造
                      について、TBSラジオ政治担当記者の武田一顯さんがMBSスタジオで出られました。
                       稲田氏の発言に矛盾、南スーダン日報問題の隠蔽に稲田氏もあり、一句「徳俵 足がかかった安倍改
                      造」、白鳳のように勝てるか、土俵を割るか、であり、稲田氏は一番最悪のパターン、最初にスキャンダ
                      ルがドンと出るのではなく、毎日稲田氏の嘘が少しずつばれて、稲田氏=嘘つき大臣と見られるものであ
                      り、今日も防衛省から新証言、組織的隠蔽に稲田氏も関与したというもので、武田さん、黙っていると大
                      臣は了承と見なされると言われて、菅氏も特別監察の対象に稲田氏も入り、武田さん、大臣は対象ではな
                      く、しかし伸ばしても監察の結果は変わらず、そして内閣改造を国会王子、武田さんが大胆予測、8月3日
                      に改造とASSは山口氏に言うものの、稲田氏はどうなるか?防衛大臣が8/3まで持つか、金田法相、山本
                      幸三大臣はアウト、塩崎氏もアウト、ASSは骨格を変えないので、麻生氏、菅氏、二階氏は続投であ
                      り、徳俵に足がかかり本来はガラッと変えたいが、ASSにそこまでできず、高市氏は政治スタンスの違
                      いで離婚、しかし高市氏はASSと思想が近く、また特別監察で問題ありとされるので、稲田氏が罷免な
                      ら、総理が兼務しても、その間に何かあったら問題で、武田さんは稲田氏を改造前に変えるのは難しい、
                      しかし連日稲田氏のゴタゴタスキャンダルでも、来週の閉会中審査で稲田氏に余計なことを言わないで、
                      がASSの必死の気持ち。
                       金田氏は答弁になると全くダメであり、共謀罪成立、永田町、霞が関ではあれだけ難しい法律を作った
                      のは勲章であり、金田氏はご勇退、稲田氏は更迭が実質、共謀罪は金田氏が政治家を辞めても自慢でき
                      る。
                       山本氏も厳しく、麻生氏、菅氏を変えず山本氏を変えなかったらどうしようもない。
                       では、誰が入閣するのか、進次郎氏のことは、武田さん、入閣待望論があっても当選回数が少なく、本
                      人も入らないと言っており、今入っても仕方ないと思う、また考えも石破氏に近く、ASS政権には入ら
                      ない。
                       橋下氏はどうか?武田さん、今回は難しい、ASSより菅氏と近く会食もしているが、ASSは入れた
                      くても、今はダメ、2か月前ならともかく、今は救世主になるのか、しかし政治はしないと一昨年いい、今
                      回はない。
                       目玉はなく、武田さん、石破氏も来年の総裁選に出て、武田さんはASSが来年いっぱい持たず、ポス
                      ト安倍で、今回は入らず、甘利氏は入る可能性はあり、ASS、麻生氏、甘利氏、菅氏が四天王で、AS
                      Sは甘利氏を起用して2012年をもう一度としたく、しかし闇献金問題はまだ解決しておらず、そういう外
                      を入れるリスクと、ASSの安心のどちらを取るか?三原じゅん子氏は厚労大臣、当選2回でも、女性を入
                      れたい、ASSは女難内閣(笑)、稲田氏みたいにヘリコプターみたいに入れたら、失敗することにな
                      り、野田聖子氏もASSと思想は合わず、しかしこれを入れたらASSは度量が広いと株は上がり、しか
                      しこれで解散総選挙はできず、しかし下手なことをしたら派閥に不満→安倍おろし、自民は支持するがA
                      SSはアカンが世論であり、そして防衛大臣は誰か?元の中谷氏、副大臣にさせるのは荷が重く、日誌隠
                      蔽問題の決着が必要で、稲田氏や下村氏を無役にさせるのか、かわいいから処遇するのかと注目されてい
                      る。
                       会沢氏ら、当選回数があり大臣になっていない人を入れても、ASSのイメージアップにはならないと
                      武田さん言われて、その新内閣を武田さん「五里霧中内閣」、2か月前はこんなことは想像されず、支持率
                      は森友学園問題ではなく、驕る平家は久しからずであり、ASSも菅氏も驕り、特に女性の支持が落ち
                      て、政権運営は謙虚にすべきと言われました。
                       解散総選挙は、来年になっても支持率は上がらず、むしろ下がり、徳俵にかかったまま、麻生氏の解散
                      総選挙の轍は踏みたくなく、ASSの中には解散総選挙は早くやった方がいいかも知れず、しかし都民
                      ファーストが国政に出たら根こそぎ取られる、民進党はなくなるというのです。
                       その中で、上西小百合氏がツイッター炎上で、次の選挙をどうするか、勝つ可能性の高い党から出ると
                      言うものの、浦和レッズの試合にコメントして炎上であり、これは炎上商法ではなく、河田さんはサッ
                      カーの発言は問題と言われて、武田さん、上西氏はサンデージャポンにも出て、国会でもやっているが、
                      次はどこのプロダクションから出るか考えた方がいい(=芸能界に転身しろ)と締めくくられました。以
                      上、武田さんのお話でした。
                      (暗黒時代の阪神タイガースの監督・スタッフ選びよりひどい、阪神は戦争しないから(笑)、安倍さん
                      の気持ちが一番わかるのは、球団の連敗新記録を作った高橋由伸監督かな?(笑

                      | 1/581PAGES | >>