calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/4/25) 小西克哉が北朝鮮とアメリカのチキンレースと日本政府によるネット監視の問題、ペット霊園のデタラメな閉鎖を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝のコメンテイターは国際ジャー
    ナリストの小西克哉さんでした。

    本日の新聞紹介、北朝鮮の軍創建85年、朝日は沖縄の辺野古今日着工、護岸工事開始、沖縄は反発、読
    売は大阪万博立候補、来年11月に投票、毎日も同じ、現状パリとの一騎打ち、産経は北朝鮮包囲網のこ
    と、日経はヤマト運輸の値上げ、早ければ9月に、人材確保のためです。

    その北朝鮮情勢の緊迫化、25日は軍の創建記念日、ASS総理はトランプ大統領と電話会談して、北朝
    鮮に自制を求めて、中国による介入はなく、習近平氏はトランプ氏に何を伝えたか?中国→北朝鮮への働
    きかけは明確にならず、しかし中国→北朝鮮への石油提供は、核実験をしたら止めると言っており、アメ
    リカによる北朝鮮の核施設の限定攻撃については、中国は軍事介入はしないと言うものの、アメリカの限
    定攻撃は容認する(体制転覆は認めない)、読売は中国軍が北朝鮮国境に展開と報じて、北朝鮮崩壊によ
    る難民を防ぐもので、しかし韓国現地に特に緊迫感はなく、ANNの世論調査でも対話を求める声が
    65%、これについて小西さん、北朝鮮のXデー、軍の出来た日で、軍の創設は本来2月で、今日はそれほど
    重要な日ではない、金日成氏の誕生日ほど重要ではなく、中国と北朝鮮に日米のような軍事同盟はあって
    も、アメリカが攻撃しても、北朝鮮は中国との約束を破り、アメリカは中国が何もしないと見て、アメリ
    カが手を出す可能性は、シリアのようなサプライズでないと攻撃は効果がなく、北朝鮮が核実験をした
    ら、核のミサイル搭載も視野に入りアメリカに問題で、アメリカが手を出した際の北朝鮮の反撃は、しか
    し、北朝鮮の核施設のみの限定攻撃なら戦争への敷居が低くなり恐ろしいこともあると言われました。

    大阪、枚方のペット霊園が突然閉鎖されて、経営サイドと連絡が取れず利用者から困惑で、心を込めた
    ペット霊園と言うものの、今年1月に閉園の通知、4月から工事に入るものであり、霊園は建物もなく、更
    地で霊園があったとは信じられず、火葬場も撤去されて、遺骨が山積みにされて、野ざらしにされた、家
    族との思い出の遺骨、利用者はツイッターで閉園を知り来たものの、霊園からの連絡は利用者になく、せ
    めて連絡してほしかったと語り、遺骨、墓石が何の通告もなく積み上げられて、ペットは家族であるとの
    声もスタジオにあり、これを取り締まれず、ペット霊園の法律はなく、全国に20カ所しかなく、枚方市に
    は条例なし、ペットの葬送には法律なし、ペット霊園、ペットは15歳未満の子供の数より多くなり、これ
    をビジネスと見る向きもあり、ペットの死の際には、どうするか、自己所有地に埋葬、これについて小西
    さん、子どもよりペットが多いのはショック、小西さんも10年前に猫が亡くなり、近くのお寺に依頼し
    て、しかしこのようなつてのない場合、永代供養してくれず、ペット霊園のやりたい放題、ペットの遺骨
    はゴミ扱いにされて、高齢化でペットの需要は増えて、ペット霊園の需要があっても、業者を管理する法
    律はなく、永代供養できないのは、法律に問題で、政治家はちゃんと考えよと言われました(昨日の毎日
    放送VOICEでは、管理人は裁判で撤去を命じられてそれに従ったのみ、地権者は高齢で取材拒否でし
    た)。

    本日の気になる新聞記事、朝日1面、日本にアメリカが監視システムを提供していた件、NSAと関連し
    て盗聴して、日本に見返りとしてメールのやり取りも監視されて、日本当局が国民の電子メールを監視し
    ていたことであり、小西さん、裏どりが難しく朝日のみ報じて、しかしメールの検閲はされており、朝日
    の取材に防衛省はノーコメント、ロシア、北朝鮮、中国の情報をアメリカは知り、日本も含まれて、NS
    Aは盗聴もネット上の情報も監視されて、ネットで反政府的なことをやり取りしたら監視される、アメリ
    カではこれをやるのに裁判所の礼状が必要で、市民はネットが監視されていることを知るべきと言われま
    した。以上、小西さんのお話でした。


    報道するラジオ(2017/4/24) 共謀罪〜国会審議から見える実像、伊賀興一弁護士のお話

    0

      永岡です、第241回報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会で放送されまし
      た。

       ニュースは上田崇順さんの担当でした。
       フランス大統領選、マクロン氏が1位、極右のルペン氏が2位、1回で過半数がなかったら決選投票にな
      り、5/7に決選投票、共和党、社会党、歴代政権の2候補が敗れて、メランション氏も決選投票にならず、
      マクロン氏優勢で、東証は大幅に値上がりです。注目されたルペン氏が決選投票に行き、移民受け入れ、
      EU離脱、トランプ氏も応援して、フランスに極右か、フランスは既存政党にNO、マクロン氏は左派で
      はなく、既成政党に国民がNOであり、アメリカ大統領選でも既存政党への批判、イギリスもBRIEXIT、世
      界の潮流で、ルペン氏はフランスのトランプ氏と言われており、ヨーロッパ初の極右を阻止するために、
      敗れた候補がマクロン氏支援で、しかしまだわからず、フランスも左派から見たらマクロン氏は何か?社
      会党のオランド政権の閣僚でも、お金持ち、エリートで、ロスチャイルドの幹部、官僚もして30代で政界
      入りのエリート、労働者や失業者から見てどうなのか?という点もあるのです。水野さん、極右のルペン
      氏、左派を応援していた人か、中毒のマクロン氏にどう出るかと言われて、上田さん、不満を極右が取り
      込んでおり、マクロン氏の過去の姿勢、労働者のためではない、金融界のための人か?単なる左右のこと
      ではなく、アメリカの大統領選でも、サンダース氏支持者がトランプ氏を支持して、そういうこともフラ
      ンスで起こるのか、決選投票に注目、マクロン氏は39歳、当選したら歴代最年少の大統領誕生で、世界的
      な潮流を見ないといけないと水野さん指摘されました。

       今回のテーマは共謀罪、国会審議から見える実像、テロの組織的犯罪処罰法案、2月にも取り上げて、そ
      の際には法案が国会に出ておらず、過去3回廃案になった共謀罪とは異なるとASS(abe Shinzo 
      Shusho(c)想田和弘さん)政権は言っても、どうなのか?この問題に詳しい大阪弁護士会の伊賀興一(い
      が・おきかず)弁護士のお話がありました。伊賀さんは、阪神・淡路大震災の公的支援のことで私も共闘
      した方です。大阪民主新報に、伊賀さんの講演のことがありました。
      http://www.jcp-osaka.jp/osaka_now/4718
       国会のテレビ中継もなく、政府は今までの共謀罪と異なり、一般人は対象でないと言うものの、本当
      か?伊賀さんのお話がありました。
       報道するラジオ、共謀罪について、伊賀さんスタジオでのお話、国会に出た法律には共謀罪ではなく、
      テロ等準備罪、廃案になった法案に、テロリズム集団と9文字付け加えて、中身も構造も過去の共謀罪と同
      じであり、過去3回に廃案になり、話し合っただけで罪、市民生活に、犯罪を警察が探すことになるという
      もので、なぜ政府は今までのものと異なると、3点、犯罪の主体を組織的集団として、リスナーより、一般
      人の定義は何かと質問があり、国会の答弁で金田法相、一般人のこと、組織的犯罪と疑われると関係ない
      と言うものの、伊賀さん「何を言っているかわからない」、法的な根拠なし、組織に定義なし、書いてお
      らず、組織的犯罪集団と名乗るバカはおらず、暴力団は組織的犯罪集団かと金田氏は聞かれて答えられ
      ず、事件の後で集団をレッテル貼りするもので、最初から犯罪集団との定義はなく、オウム真理教のよう
      なものもあっても、事件後に名付けられたものであり、誰のことを差すのか、法務大臣の答弁として考え
      られず、共謀罪の説明を金田氏はする気はない、金田も分かっていない!と伊賀さん言われて、わからず
      に法務大臣は務まらず、組織的犯罪集団とかかわりが疑われる→誰かが疑ったら、適用対象になり、定義
      なしと伊賀さん指摘されて、処罰されるのは、誰か提起されず、条文だと2人以上での計画で、主婦同士で
      仲の悪いおばちゃんに嫌がらせと、やる気がなくても、話をした段階で適用されて、法務省はこれも当た
      る可能性があると、線ギリギリのもので、対象は凄まじく、会社、労組、沖縄の基地反対のサークルも、
      警察から見て犯罪と後でレッテル貼りをされて、リスナーより、一般人は本当に外れるかと質問で、伊賀
      さん、その限定はなく、二人以上で計画、廃案になったものは、共謀したもので、行為は全く同じ、計画
      そのもの。
       さらに、国会の答弁で、処罰されるかの前の捜査で、一般人が捜査されるか、民進党大坂議員が質問し
      て、森山副大臣の答弁は、捜査対象かと聞いて、森山氏のいうことは、例により1+1=サルマタで答えにな
      らず、一般人が対象にならないと副大臣は明言して、要するに一般人も対象になり、伊賀さん、一般人は
      対象にならないと言った金田氏の答弁と異なり、森山氏の答弁が正しく、身分犯、共謀した時の条件はな
      く「一般人、日本国民全部が対象になると、条文から明確で」、それを金田氏が否定して、森山氏のいう
      通り、話し合っただけでなぜ罪に問われるか、伊賀さんは納得できない。
       続く国会の論議、民進党山尾氏の質問に、金田大臣ではなく官僚が答えて、官僚の国会出席は禁止され
      て、呼ぶなら全会一致が必要で、なぜ金田大臣はしゃべらないか、金田氏に能力がなく、林局長は優秀
      で、林氏にちゃんと説明させるように、野党は頑張るべきであり、対象となる犯罪は限定されて、処罰対
      象は絞り込まれていると政府は言い、今回の法案で、277の犯罪が対象になり、保安林のキノコのことも共
      謀罪の対象になると、19日の審議で、山尾氏、キノコ、竹を取って、なぜ海産物は関係ないのか、廃棄物
      処理がテロの予防になるかと追及して、林氏が登録していないと山尾氏は抗議、林氏は例により2+2=モモ
      ヒキ、日本語になっておらず、全く理解できず、山尾氏、答えになっていないと追及して、リアリティな
      しと批判して驚き、これについて伊賀さん、テロ組織の資金源というのはこじつけ、取り締まる法律はす
      でにあり、相談の段階で捕まえてテロ防止になるかが国民の疑問で、テロ対策だから国民は一般人の監視
      を認めるとしても、これはテロ対策ではなく、市民の相談を監視するものと林氏はいみじくも明確にして
      おり(聞き方によっては)、テロ対策ではないことを、テロ対策と強弁して、水野さん本当にテロ対策
      か、伊賀さん、キノコを採るのを捕まえてもテロ対策にならず、外務省のHPで、日本は13のテロ防止条
      約に入って安全と書いており、13の条約は凄まじく、キノコとりは関係なく、テロを防ぐための法律では
      ないと伊賀さん指摘されて、本当は何のためか、なのです。

       後半のお話、かつての共謀罪と違い、実行準備行為でやるというものの、資金調達、ものを買う、視察
      する、などであり、下見に行くことも共謀になるもので、準備行為で逮捕が遅くなることはなく、日常誰
      でもやる、預金を下ろす、散歩も対象になり、内心を問うしかなく、内心で裁くものであり、準備行為な
      しで処罰されないのと、逮捕されないは異なり、強姦は告訴状なしで逮捕はできず、しかし起訴は出来
      て、今回は準備行為について、誰の行為か、犯人の行為と規定するか、誰かの行為か、誰かがやったと、
      関係なくても逮捕されるものであり、たまたま居合わせても、誰かが散歩に行った(一人でも対象)、散
      歩を下見と言われたら逮捕されるものであり、日常生活を捜査機関が見ないとわからない、捜査をどうす
      るのかと水野さん言われて、伊賀さん、市民の間の監視がなかったら成り立たず、共謀罪、刑事法の学者
      が、警察の捜査を、事件が起こってからではなく、その前の監視に置くもので、どこから捜査するか、自
      民の議員が質問されて、結論は密告、散歩しようと言うのを密告ででっち上げで逮捕→日本社会がガタガ
      タになる。
       その、どこから捜査になるのか、国会での議論、21日の法務委で、民進党の追及に、金田大臣は、成
      立のためには組織的なとか、日本語になっておらず、テロ等準備罪の前では罪にならず、逮捕はないと言
      うものの、答えになっておらず、強制捜査ではなく、任意捜査について、林氏、これまた日本語になら
      ず、書き起こし不可能であり、しかし任意捜査は許容されると言い、疑い→共謀罪の捜査で、伊賀さん、
      金田氏は捜査しないと言っても、準備行為の前に、共謀罪は成立して捜査は開始されて、林氏のいうこと
      が正しく、準備行為ありとして、逮捕が遅くなるというのは3つめの嘘で、いつ捜査、逮捕、ガサ入れは話
      し合いの途中で乗り込めて、話し合いを把握しないとできず、そのために盗聴、会話の盗聴やメールの
      チェック、警察に国民を監視させられることになり、どこで話しているか分からず、監視を引き出す法案
      で、伊賀さんこれが一番怖いと言われて、しかし水野さん、世論調査でも賛成がわずかに多く、リスナー
      より、現実にテロに襲われる、テロを放置するのかとあり、伊賀さん、テロ対策にはこの法律は役に立た
      ず、若狭勝氏が新聞で、共謀罪によりテロの防止というのは国民を騙すもので、礼状なしで逮捕の法律が
      テロ対策には必要で、しかし伊賀さん、警察でテロが防げるなら、ロシアもヨーロッパもテロは起きな
      い。
       リスナーより、一般市民が捕まるのではなく、テロを企てる側を取り締まるのかとあり、伊賀さん、日
      本はテロの標的にされているか?日本は平和ボケと言われるのではなく、日本は軍事で加担せず、テロの
      標的にならず、テロの標的になる、過剰な反応、日本が戦争に加担するなら、テロの標的になり、伊賀さ
      ん、日本はテロの対象になるか、60代の伊賀さん、戦争をしていない、平和外交を日本はして、しかし
      市民生活の監視をされたら大変で、通ったら監視されて、治安維持法と同じと言われるが、治安維持法の
      頃のように、アカを特高が尾行するのではなく、GPS機能&防犯ビデオのネットワーク化がされたら、
      その人の動きが分かり、テロ対策と本気でいうなら、共謀罪ではダメ、全ての人の動きを把握する監視社
      会にしてテロ対策にならない、市民は閉塞と言われるのです。

       その他のニュースも上田さんの担当でした。
       北朝鮮のトランプ大統領の政策をASS政権は評価して、トランプ大統領は習近平氏と会談して、習近
      平氏は周辺諸国のやり方を述べて、カール・ビンソン派兵のトランプ政権を牽制です。
       佐賀県の山口知事は、玄海原発の再稼働を容認、早ければ夏にも再稼働、地元の同意による再稼働は4
      例目、しかし周辺の30km圏では反対もあり、福岡県や長崎県にもおよび、再稼働反対を全会一致で採択で
      す。
       経営難の倒芝は分社化、社会インフラ、ITなどを分社化、8割の従業員が転籍(=解雇)、財務の悪化
      で、1兆円の売り上げを失う危惧もあり、新たな会社としてやることもあるのです。
       中川氏の、不倫での離党で、国会は22日の流会を明日開ます。
       東京都議会選に向けて、民進党からの離党ドミノであり、都民ファーストからの支援を求めて、民進党
      は36人の公認のうち5人離党です。
       天下り問題、受け入れたところは受注が増えたと近大の報告があり、企業で1.16人、公共事業の落札が
      0.7%増えているのです。

       今週の報道するラジオ、共謀罪の件、リスナーより、計画しているのを見つけるのに監視、デモを計画
      しても逮捕されるのかとあり、伊賀さん、難しいとあり、皆さんの心配があり、沖縄の基地反対の人に適
      用かとの質問に、伊賀さんやられるとあり、憲法19条違反との指摘もあり、伊賀さん可能性あり、テロ対
      策と政府が言い、それに期待する人にこのラジオを聴いてほしい、テロ対策ではなく、テロ対策と言って
      も過去の共謀罪と同じであり、条約の締結にも批准は可能であり、外務省の言い分は誤訳であり、テロ対
      策の条文として無理矢理して、日本の警察、刑事裁判に、話し合いだけで逮捕のことはアカン、起こした
      ら、ではなく、起こすどころか、考えてアウト、それを容認するのかと言われて、一般市民は無縁ではな
      く、いつ、どこで誰が話をしているかわからず、盗聴警察になってしまったら大変なのです。警察の責務
      になり、エライことになるのです。
       もうお判りでしょう、こんなものを通したら日本は破滅です!この内容、いくらでも拡散してくださ
      い、以上、今週の報道するラジオでした。


      TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/4/24) 青木理&渡邊啓貴 韓国大統領選と北朝鮮情勢、フランス大統領選を語る

      0

        永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木
        理さんでした。

        フランス大統領選について、東京外国語大学の渡邊啓貴さんのお話がありました。異例の接戦となっ
        た、超党派のマクロン氏vs極右のルペン氏の決選投票になった件、フランス公使の経験もある渡邊さんの
        お話、感想は従来の既成政党に失望、マクロン氏もルペン氏もアウトサイダー的な位置にあり、首相経験
        もない人が決選投票で今までと異なり、フランス国民の意図、棄権率が大統領選では異例に高く、社会党
        や保守派が数か月前にはトップ→身内への縁故スキャンダルで従来の政党は信用を失い、決選投票につい
        て、政策面では、ルペン氏は反EU、反グローバリズム、マクロン氏は移民、難民についても正反対で、
        ルペン氏は排外主義、移民排斥であり、ルペン氏はトランプ氏と似ており、右派ポピュリズム、直接国民
        に話しかけて受けている、ポピュリズムが受ける=従来の価値観が信頼されず、他方、ルペン氏の公約の
        実現性も未定で、ルペン氏の排外主義について強啓さん聞かれて、渡邊さん、社会保障を言ってもルペン
        氏は排外主義、フランスは窮屈になり、フランス国民の良識が、第2次大戦の教訓もあり、強啓マクロン氏
        のEU主義が評価されないのかと言われて、渡邊さん、厳しい生活に置かれている人たちは、金持ちなど
        のためと妬んでルペン氏を支持、若い、戦争を知らない世代の問題もあり、マクロン氏も若い人が希望に
        より支持して、オランド大統領の二の舞にならないように、であり、決選投票では渡邊さん、マクロン氏
        が勝つ、ルペン氏は左派の支持はなく、保守派の右寄りがルペン氏に入れても、ルペン氏の得票率は最高
        であったが、フランスの支持層としては低く、決選投票で大差がつく可能性があり、フランス大統領選と
        日本との関係、渡邊さん、イギリス程ではないにせよ、フランスがEU離脱なら、フランスそのものがE
        Uの核で与える影響は大きく、しかしイギリスは離脱開始、フランスはそれを見ながら、日本企業も多数
        進出して、ユーロの貨幣価値も大きく影響する、大きく極端にフランスがなってほしくないと渡邊さん締
        めくくられました。
        これについて、青木さん、世界に与える影響は大きく、EU離脱、極右のルペン氏と、左派のメランソ
        ン氏の争いになったらEU離脱にどちらもなり、しかしマクロン氏が勝ったことで、当面そういう心配は
        回避されて、ルペン氏は熱狂的な支持とアンチもあり、決選投票はマクロン氏の勝ちと見られても、中道
        右派と社会党が政権であったのに、既存政党への不信が世界にあり、どちらが勝ってもフランスは新しい
        時代になり、強啓さん、若い人たちが移民に不満と指摘されて、青木さん、既存政党のエスタブリッシュ
        メントへの不満、アメリカもサンダース氏支持の背景が、若い人たちに将来の希望がなくなり、今回はE
        U離脱の判断の結果は減っても、既存政治への不信が急進右派、左派に流れると言われました。

        北朝鮮情勢がニュースランキング2位で、青木さん、25日に何かやるか、朝鮮人民軍の創設の日に何かや
        るか、アメリカ人の拘束、正男氏暗殺のことは、アメリカとの交渉との思惑があり、青木さんの気になる
        のは、ASS−トランプ会談、全てのオプションに賛同、カール・ビンソンの展開と自衛隊の展開=軍事
        オプションを評価して、共同訓練になったら、トランプ氏とASSで、まるで日本を狙ってくれ、にな
        り、軍事オプションを回避すべき日本がこんなアホなことをやっていいのかと言われて、中国も習近平氏
        が北朝鮮の国連安保理に反するものに反対して、北朝鮮の核開発は中国もアカンと言うものの、中国も北
        朝鮮に何かあったら被害で、青木さんはASS政権より中国の方が平和的な解決を目指しているように見
        えて、日本が緊張感を持つだけでなく、軍事オプションにはあまり深入りはすべきでないと言われまし
        た。

        デイキャッチャーズボイス、韓国大統領選について、青木さんのお話がありました。
        青木さんは韓国に駐在されたこともあり、また韓国を取材されたばかりで、大統領選まで半月、青木さ
        んは3日のみの取材で、現状の報告、今回は朴槿恵氏の弾劾訴追罷免によるもので、朴槿恵氏は保守→保守
        総崩れ、候補は10人いて、保守の3人は泡沫、支持率は一桁で勝つ可能性はなく、圧倒的に文氏、共に民主
        党、廬武鉉氏の際の官房長官みたいな人が41%の支持→3月下旬から安氏が追い上げ、安氏は中道リベラ
        ル、アンチウィルスソフトを作った、韓国の実業家、ソウル大学医学部の人で、支持率10数%→上げて、
        今は安氏が30%、左派vs中道左派の2強対決、青木さんの取材で、韓国には保守層、高齢層でいて、しかし
        保守総倒れで、文氏が嫌いで安氏に入れるものが伸びて、しかしここにきて安氏は失速、北朝鮮の情勢が
        影響して、韓国だと選挙の際に北朝鮮が何かやることがあり、韓国で北風と言われて、これは過去、保守
        に有利であったのに、今回は左派vs中道左派、安氏は政治家の経験不足、文氏は政治家の経験が豊かで、
        有事の際には政治家の経験のある文氏が頼りとなり、世代格差、若い人たちは理想、リベラルで文氏を20
        〜30代が支持して、文氏を拒否する40〜60代が安氏を支持して、2030vs5060の対決と韓国の新聞が書き、
        世代管理対立、韓国は地図で、右半分(保守、経済に恵まれて開発も進んでいる)と左半分(リベラル、
        金大中氏の出身地)の対立は薄れて、世代間の対立、安氏は保守でないのに、保守が勝てずに文氏を勝た
        せたくない空気、北朝鮮情勢でも結果は変わり、対日姿勢は、安氏も日本に厳しくなり、どちらが勝って
        も対日関係は厳しくなると青木さん締めくくられました。以上、青木さんのお話でした。

        なお、本日発売のAERAに、右傾化する女たち、右傾化の特集があり、これは沖縄ヘイト問題とも関
        連して取材されており、素晴らしい特集でした。
        この特集を読んで、右傾化は日本が行き詰った結果であり、右翼と言う人たちのいうことは支離滅裂で
        あり、これは私が、ヤクザや右翼が経営していた神戸製鋼というトンデモ企業でエリートたちの言ってい
        たことと同じで(こいつらは、私たちが汗水たらして働いていた中で、会社の金で遊んでいたのです!)
        他人に奉仕するのは止めて、自分たちさえよければという思考の行きついたものであり、これはトランプ
        大統領当選やイギリスのEU離脱も同じであり、外敵(北朝鮮、中国、移民など)を排撃して団結しよう
        とするもので、ASS政権の支持率が下がらないのもここに理由があると思いました。皆さんもご覧くだ
        さい。



         


        TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/4/24) 青木理&渡邊啓貴 韓国大統領選と北朝鮮情勢、フランス大統領選を語る

        0

          永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木
          理さんでした。

          フランス大統領選について、東京外国語大学の渡邊啓貴さんのお話がありました。異例の接戦となっ
          た、超党派のマクロン氏vs極右のルペン氏の決選投票になった件、フランス公使の経験もある渡邊さんの
          お話、感想は従来の既成政党に失望、マクロン氏もルペン氏もアウトサイダー的な位置にあり、首相経験
          もない人が決選投票で今までと異なり、フランス国民の意図、棄権率が大統領選では異例に高く、社会党
          や保守派が数か月前にはトップ→身内への縁故スキャンダルで従来の政党は信用を失い、決選投票につい
          て、政策面では、ルペン氏は反EU、反グローバリズム、マクロン氏は移民、難民についても正反対で、
          ルペン氏は排外主義、移民排斥であり、ルペン氏はトランプ氏と似ており、右派ポピュリズム、直接国民
          に話しかけて受けている、ポピュリズムが受ける=従来の価値観が信頼されず、他方、ルペン氏の公約の
          実現性も未定で、ルペン氏の排外主義について強啓さん聞かれて、渡邊さん、社会保障を言ってもルペン
          氏は排外主義、フランスは窮屈になり、フランス国民の良識が、第2次大戦の教訓もあり、強啓マクロン氏
          のEU主義が評価されないのかと言われて、渡邊さん、厳しい生活に置かれている人たちは、金持ちなど
          のためと妬んでルペン氏を支持、若い、戦争を知らない世代の問題もあり、マクロン氏も若い人が希望に
          より支持して、オランド大統領の二の舞にならないように、であり、決選投票では渡邊さん、マクロン氏
          が勝つ、ルペン氏は左派の支持はなく、保守派の右寄りがルペン氏に入れても、ルペン氏の得票率は最高
          であったが、フランスの支持層としては低く、決選投票で大差がつく可能性があり、フランス大統領選と
          日本との関係、渡邊さん、イギリス程ではないにせよ、フランスがEU離脱なら、フランスそのものがE
          Uの核で与える影響は大きく、しかしイギリスは離脱開始、フランスはそれを見ながら、日本企業も多数
          進出して、ユーロの貨幣価値も大きく影響する、大きく極端にフランスがなってほしくないと渡邊さん締
          めくくられました。
          これについて、青木さん、世界に与える影響は大きく、EU離脱、極右のルペン氏と、左派のメランソ
          ン氏の争いになったらEU離脱にどちらもなり、しかしマクロン氏が勝ったことで、当面そういう心配は
          回避されて、ルペン氏は熱狂的な支持とアンチもあり、決選投票はマクロン氏の勝ちと見られても、中道
          右派と社会党が政権であったのに、既存政党への不信が世界にあり、どちらが勝ってもフランスは新しい
          時代になり、強啓さん、若い人たちが移民に不満と指摘されて、青木さん、既存政党のエスタブリッシュ
          メントへの不満、アメリカもサンダース氏支持の背景が、若い人たちに将来の希望がなくなり、今回はE
          U離脱の判断の結果は減っても、既存政治への不信が急進右派、左派に流れると言われました。

          北朝鮮情勢がニュースランキング2位で、青木さん、25日に何かやるか、朝鮮人民軍の創設の日に何かや
          るか、アメリカ人の拘束、正男氏暗殺のことは、アメリカとの交渉との思惑があり、青木さんの気になる
          のは、ASS−トランプ会談、全てのオプションに賛同、カール・ビンソンの展開と自衛隊の展開=軍事
          オプションを評価して、共同訓練になったら、トランプ氏とASSで、まるで日本を狙ってくれ、にな
          り、軍事オプションを回避すべき日本がこんなアホなことをやっていいのかと言われて、中国も習近平氏
          が北朝鮮の国連安保理に反するものに反対して、北朝鮮の核開発は中国もアカンと言うものの、中国も北
          朝鮮に何かあったら被害で、青木さんはASS政権より中国の方が平和的な解決を目指しているように見
          えて、日本が緊張感を持つだけでなく、軍事オプションにはあまり深入りはすべきでないと言われまし
          た。

          デイキャッチャーズボイス、韓国大統領選について、青木さんのお話がありました。
          青木さんは韓国に駐在されたこともあり、また韓国を取材されたばかりで、大統領選まで半月、青木さ
          んは3日のみの取材で、現状の報告、今回は朴槿恵氏の弾劾訴追罷免によるもので、朴槿恵氏は保守→保守
          総崩れ、候補は10人いて、保守の3人は泡沫、支持率は一桁で勝つ可能性はなく、圧倒的に文氏、共に民主
          党、廬武鉉氏の際の官房長官みたいな人が41%の支持→3月下旬から安氏が追い上げ、安氏は中道リベラ
          ル、アンチウィルスソフトを作った、韓国の実業家、ソウル大学医学部の人で、支持率10数%→上げて、
          今は安氏が30%、左派vs中道左派の2強対決、青木さんの取材で、韓国には保守層、高齢層でいて、しかし
          保守総倒れで、文氏が嫌いで安氏に入れるものが伸びて、しかしここにきて安氏は失速、北朝鮮の情勢が
          影響して、韓国だと選挙の際に北朝鮮が何かやることがあり、韓国で北風と言われて、これは過去、保守
          に有利であったのに、今回は左派vs中道左派、安氏は政治家の経験不足、文氏は政治家の経験が豊かで、
          有事の際には政治家の経験のある文氏が頼りとなり、世代格差、若い人たちは理想、リベラルで文氏を20
          〜30代が支持して、文氏を拒否する40〜60代が安氏を支持して、2030vs5060の対決と韓国の新聞が書き、
          世代管理対立、韓国は地図で、右半分(保守、経済に恵まれて開発も進んでいる)と左半分(リベラル、
          金大中氏の出身地)の対立は薄れて、世代間の対立、安氏は保守でないのに、保守が勝てずに文氏を勝た
          せたくない空気、北朝鮮情勢でも結果は変わり、対日姿勢は、安氏も日本に厳しくなり、どちらが勝って
          も対日関係は厳しくなると青木さん締めくくられました。以上、青木さんのお話でした。

          なお、本日発売のAERAに、右傾化する女たち、右傾化の特集があり、これは沖縄ヘイト問題とも関
          連して取材されており、素晴らしい特集でした。
          この特集を読んで、右傾化は日本が行き詰った結果であり、右翼と言う人たちのいうことは支離滅裂で
          あり、これは私が、ヤクザや右翼が経営していた神戸製鋼というトンデモ企業でエリートたちの言ってい
          たことと同じで(こいつらは、私たちが汗水たらして働いていた中で、会社の金で遊んでいたのです!)
          他人に奉仕するのは止めて、自分たちさえよければという思考の行きついたものであり、これはトランプ
          大統領当選やイギリスのEU離脱も同じであり、外敵(北朝鮮、中国、移民など)を排撃して団結しよう
          とするもので、ASS政権の支持率が下がらないのもここに理由があると思いました。皆さんもご覧くだ
          さい。

           


          毎日放送VOICE(2017/4/24) 憤懣本舗 なみはや大橋無料化の影で…&北朝鮮に放送する人たち

          0

            永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の月曜企画、憤懣本舗、今回2つの特集があり、ペット霊
            園を勝手に閉園したことも取り上げられましたが、大阪のなみはや大橋の無料化により、通行量が激増し
            て、周囲に問題になっていることが取り上げられました。
            なみはや大橋は、大阪市の港区と、大正区に渡るもので、大阪の大動脈の一環、ここは3年前まで有料
            で、普通車100円、大型車360円のものが、無料になり、ここを通る車が激増して、沿道で理髪店を営まれ
            る方は、そのために、騒音が激しくなり、さらに振動も、地震かと思われるほどのものが大型車の通行で
            起きて、VOICEが調べたら、1時間に110台もの車が通り、そして騒音は82デシベル、パチンコ屋や、
            地下鉄の駅並みの騒音で、この騒音で、理髪店ではお客さんとの会話もさえぎられるほどです。
            ここは、大正区というのは、陸地ではなく一種の島で、大阪の他の場所から来るには、全て橋を渡らな
            いとならず、なみはや大橋無料化の前は、大型車は国道43号線を通り、そしてなみはや大橋無料化によ
            り、大阪の物流を支える大型車、トラック、トレーラーなどが利用して、実は、先の理髪店の前には小学
            校があり、そこは騒音対策で通行が規制されており、しかしこの理髪店は対象でないのか?VOICEの
            取材に、大阪府警は、特別な通行量ではなく、規制の必要はないと回答して、神戸学院大学の中野雅至さ
            んも、小学校の規制が出来て、理髪店対象外のおかしさを語られて、司会の西靖さんも、日本は車の通行
            を無造作に認めている件を問われました。
            大正区は、このような橋に支えられて、そして物流は日本の柱ですが、このような野放図な交通を必要
            とするのか?物流は大切でも、道路の容量は限界であり、古い標語ですが、狭い日本、そんなに急いでど
            こへ行く?と言われて40年以上、車と道路に日本が押しつぶされそうになっており、自動車は日本の産業
            の根幹ですが、このような道路の問題を放置したら、日本の産業が破綻すると思うのですが…

            そして、北朝鮮に、ラジオで呼びかけている人があり、拉致の可能性のある方の家族、しおかぜという
            ラジオ、けたたましい警報音から始まり、アメリカは正恩氏の挑発に武力行使というもので、北朝鮮の中
            に、攻撃に対して、緊急事態に対処するもの、特定失踪者の家族も収録に参加されて、助けられなくてご
            めんと家族はいい、戦争なら逃げてほしいと語り、その声は届いているのか?最近は北朝鮮の妨害電波も
            少なくなり、しおかぜの主催者は届いているというのです。
            明日、朝鮮人民軍85年、龍谷大学の李さんは、北朝鮮の核実験をアメリカは止めたいと思っていると語
            り、安倍総理は北朝鮮に自制を求めて、北朝鮮は明日、記念日であり、解説の三澤肇さん、北朝鮮に空爆
            だと、家族にも被害であり、特定失踪者家族が呼び掛けて、北朝鮮への空爆の可能性があると、ニュース
            内で語っており、家族が自分の安全を守れると信じて、拉致被害者の地村さんもこの放送を北朝鮮で聴い
            て、北朝鮮は電力不足で妨害電波を出せず!であり、明日、北朝鮮の選択肢は、核実験かICBMの選択
            をしたら、自滅であり、北朝鮮に世界が注目していると語り、アメリカは20年やって成果が出ず、中国頼
            みと言われました。
            しかし、今回の北朝鮮のことは、トランプ政権がシリアにミサイル攻撃したのが発端であり、拉致被害
            者のことをASSが解決すると言って何もせず、おそらく、解決のためには90年に金丸信氏がやったよう
            なことが必要で、しかし日本の右派世論は、日本より劣っていると勝手に思っている北朝鮮に頭を下げる
            のを認めないのでしょう(日本のエリートは、自分より身分の低いものに、決して頭を下げません、日本
            が実質、階級社会の証明です)、そもそも、日本には攻撃されたらヤバイ原発や核施設がたくさんあり、
            これらに非常事態宣言がないのは、北朝鮮が攻撃してこないと思っている証明です。以上、VOICEの
            内容他でした。
             


            朝日放送おはようコール(2017/4/24) 伊藤惇夫がフランス大統領選と北朝鮮vsトランプ政権のチキンレースを語る

            0

              永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝のコメンテイターは政治アナリ
              ストの伊藤惇夫さんでした。

              今朝の新聞一面紹介、朝日は対峙とアメリカの空母の日米訓練、毎日も同じ、産経もアメリカの空母の
              こと、共同訓練は北朝鮮への牽制、北朝鮮はどう出るか、読売はフランス大統領、現地メディアによる報
              道でマクロン氏とルペン氏の接戦、日経は宇宙ビジネスのことです。

              そのフランス大統領選第1回投票の速報、結果次第ではEUの存続が危ぶまれ、現地メディアは投票終了
              とともにマクロン氏とルペン氏の決選投票になったと報じて、ルペン氏は満面の笑み、エリートから解放
              すると語り、マクロン氏はフランスもEUも大事と語り、投票率は80%、パリでテロのために、投票所は
              厳戒態勢、テロ対策、EU脱退、移民排斥のルペン氏と、中道独立候補のマクロン氏の決選投票になり、5
              月7日に決選投票、敗れた候補はマクロン氏支持を表明して、マクロン氏は前経済大臣、39歳で大統領に
              なったら最年少、右派でも左派でもなく、歴代の大統領の多くが国立行政学院の出身で、29歳の時に24歳
              年上の奥さん(高校時代の先生)と結婚、EU統合、規制緩和、ルペン氏はフランスのトランプ氏、フラ
              ンス第一主義、移民キャンプは全部撤去すると言い、元弁護士、国民戦線の党首の父を追い出して、ルペ
              ン氏は2回離婚して、エリートvs極右で、伊藤さん、この二人の決選投票になったら、マクロン氏が有利な
              のが一般的な見方、ルペン氏の支持者は熱狂的な層がいても限定されて、選挙は拒否度によるもので、ル
              ペン氏は嫌という人がマクロン氏に投票することになり、フランス大統領選は日本にも他人事ではなく、
              フランスがEU離脱だと日本経済も打撃で、下馬評通りではあり、しかしアメリカ大統領選も予想外の結
              果で、トランプ氏が勝つとは思わず、イギリスのEU離脱も同じであり、フランスはエリート主義の国
              で、政治はエリートに任せるもので、それでマクロン氏が有利、決選投票で投票率が上がったらマクロン
              氏に有利と言われました。

              明日、北朝鮮軍創立85年で、米軍の空母カール・ビンソンが出発、日本の軍艦あしがらとさみだれも共
              同演習に参加して、北朝鮮のロケット発射や核実験に    対応、軍事ジャーナリストの黒井文太郎さ
              んは、これは北朝鮮に領土から1000kmまで近づくと射程距離に入り北朝鮮に脅威と語り、北朝鮮の消息筋
              の情報(聯合ニュース)から、アメリカ系の人間が北朝鮮に拘束されて、他にもアメリカ人の牧師他が拘
              束されており、北朝鮮は今も圧力と反発、昨日から日米共同訓練、日米の一体化で、核実験を止めろとし
              て、北朝鮮は日本列島を攻撃できる、アメリカ本土を攻撃できるとして、他方アメリカ人が拘束されて、
              明日は軍の創建85年、日本政府もHPに攻撃時の対応を載せており、しかしアメリカの防衛準備態勢は4、
              これは変わっておらず、これについて伊藤さん、これを北朝鮮がどう受け止めるか、反発になり、合同演
              習は非公開で、これは北朝鮮と、中国に、中国には北朝鮮を何とかしろのメッセージ、アメリカにはIC
              BMと届くか?韓国、日本とアメリカの危機の度合いは異なり、しかし日本のロナルド・レーガンは動い
              ておらず、アメリカはレッドラインを超えてはおらず、ロナルド・レーガンが動いたらエライことで、明
              日北朝鮮が核実験などするのかがポイント、またアメリカ人の拘束は、常套手段、しかしトランプ氏は予
              測不可能の対応をすると警告されました。

              本日の気になる新聞記事、産経24面、14歳の藤井四段が羽生三冠に勝利、羽生さんも驚き、スタジオで
              も若い棋士の活躍に驚きの声で、伊藤さん、将棋は祖母から学んで、将棋のうまい祖母の成果と言われ
              て、日経38面、拉致家族の集会があり、早期解決を求めるものの、家族会は安倍総理と面談し、ASS氏
              の決意にも、メンバーは険しく、伊藤さん、総理の言葉はむなしく、家族の高齢化を懸念されて、朝日の6
              面の記事で、ヒンズー教のインド、牛肉を世界一輸出して、イスラム教の信者がやり、伊藤さん、人口の
              多い国で、日本はマグロ、クジラを取りすぎと海外で言われて、豚とマグロの戦争になっていると言われ
              ました。以上、伊藤さんのお話でした。




               


              ネットワーク1・17(2017/4/23) 熊本大地震1年、バリアフリー仮設住宅の今、作本誠一さん、日隅辰彦さんのお話

              0

                永岡です、第1063回ネットワーク1・17、今週も毎日放送アナウンサーの千葉猛さんと、フリーアナウン
                サーの野村朋未さんの司会で放送されました。
                 先週は熊本大地震1年、リスナーより、熊本大地震で高齢者に支援が届かないのにショック、在宅高齢者
                への支援、被災地支援のあり方を考えさせられたとの声がありました。
                 今週のテーマも熊本大地震1年、昨年11月に益城町にバリアフリー型仮設住宅が6戸完成し、個別住宅と
                しては全国初、グループホームではあったものの、段差をなくす配慮などあり、住んでいる障碍者はどう
                思っているのか?益城町の自宅が全壊して、バリアフリー仮設住宅に住まわれる作本誠一さんと、熊本障
                害フォーラム(https://sites.google.com/site/sabetsukinshi/home )事務局長の日隅(ひのくま)辰
                彦さんのお話がありました。
                 作本さん、今は車椅子で生活されて、障害は頸椎の麻痺で首から下に障害、手は動いても指先は動か
                ず、歩くのは無理であり、トイレに行く、入浴は介助が必要で、今51歳、弟と一緒に住んで、弟に介助し
                てもらうのではなく、事業所のヘルパーさんに、出来ないことを頼んでおり、昨年11月にバリアフリー仮
                設住宅が出来て、配慮されているのは、段差なし、ドアもアコーディオンで、仕切りなし、車椅子で動き
                やすく、建物の中に扉がなく、アコーディオンカーテンで折りたためて、扉になり、力を入れずに開け閉
                め出来て、部屋の広さは一般の仮設と同じ、キッチンは少し広く、トイレは車椅子を回転できて、介助者
                の入れるもの、お風呂も同じ、家には段差なし、引き戸であり、キッチンの工夫は、車椅子が小さく、車
                椅子に乗って一般だと足が入らないのでシンクに近づけず、病院にあるような電動車椅子は使える。
                 バリアフリー仮設住宅は、障碍者の聞き取りもされて、これくらいの広さで介助者も使えるように、と
                いうもので、これは行政の配慮ではなく、自分たちが声を上げて、作本さんの要望も、使ってみるとここ
                が不自由と言う点もあり、建物の外見はシンプルで、スロープが駐車場からあり、長屋のようなものであ
                り、玄関もスライドドア、溝があっても気にならず、車椅子の高さに電気のスイッチも合わせてあり、住
                みやすく工夫されても、実際に住んで、改善してほしいのは、ベランダに出るのに、ドアに段差で車椅子
                で出られず、外は水はけのいいように行政は考えて、洗濯物を干すのが出来ず、ヘルパーさんに頼んでお
                り、通れる範囲は最低限やってもらい、砂利だと車椅子で行けず、ここは6世帯入れて、4世帯入り、リス
                ナーからも6世帯しかないのかとあり、2世帯空いて、しかし入居者は決まっており、他の入居者は視覚障
                害者など、様々な方があり、不便と思うのは、洗面台の壁、ドアに足元が入らない問題もあり、壁を取り
                除いて、ある程度入れるようになり、自分で改良するのは、自由にはできず、行政に言って許可をもらう
                もので、そうでないと生活に不便で、お風呂にリフトがあったら介助者が助かるものであり、それがある
                と移動が楽になり、浴槽は二人でないと入れず、ゆったり入れず、リフトをつけるのも許可をもらって
                やっており、実費負担、50万ほど、仮設住宅で、ここを出るときはリフトも外すものであり、バリアフ
                リー仮設住宅は、障碍者のみが入居して、何かあったときに助けてもらえる健常者はいるか、一般の仮設
                と離れて、助け合いの点で不安はないか?コミュニティに問題があり、看護の支援はあっても月1回。
                 障碍者の避難生活は、もう少し町の方から定期的に回ってくれたら、であり、仮設に入るものばかりで
                のコミュニティも欲しいのです、以上、作本さんのお話でした。千葉さん、バリアフリー仮設住宅は配慮
                されても、実際には課題もあり、声を吸い上げて、高齢者社会にみんな他人事ではないと言われました。
                 バリアフリー仮設住宅の建設に尽力された日隈さん、最初はバリアフリー仮設住宅は全体の1割を目指し
                て、しかし仮設住宅にスロープを付けただけ、時間もかかってしまい、益城町で11月になりやっと出来
                て、最初の仮設住宅は5月に出来て、一般の仮設住宅に入れると思っていたが、ただスロープを付けただ
                け、それからの変更に11月までかかり、バリアフリー仮設住宅は被災地のセンターでの要望、障碍者の声
                により出来て、バリアフリー仮設住宅を求めている人は多くても、6軒のみ、それも地域から離れて、最初
                入る予定から、近所の方と同じ仮設住宅に、不便でも入ったもの、コミュニティが、地域から離れるのが
                不安であり、バリアフリー仮設住宅は最近になり要望の出来たものではなく、実際出来たものは、車椅子
                の生活は困難であり、熊本大地震の前にはバリアフリー仮設住宅はなく、一般の仮設にスロープを付けた
                ものであり、今回は6軒、木造の仮設住宅で自由もあり出来て、しかし6軒は少なすぎて、日隈さん、バリ
                アフリー仮設住宅は必要で、全部この形でやれたら、熊本大地震の時のような遅れはなく、元からバリア
                フリーを作るのは法律的に、広さなど制限もあるが、6軒でも出来て、これを参考にしてほしい。
                 災害時に、バリアフリー仮設住宅は最初から設置すべき義務と日隈さん言われて、熊本大地震でバリア
                フリー仮設住宅が実現したのは前進で、今後の災害時に参考にしてほしいと、日隈さん締めくくられまし
                た。
                 今週の内容、千葉さん、高齢者社会で、仮設住宅は全部バリアフリーにすべきと言われて、野村さん
                も、自分たちも自分のこととして考えるべき、また復興住宅も配慮すべきと締めくくられました。以上、
                今週のネットワーク1・17でした。

                 


                市民のための自由なラジオ(2017/4/22) 思想家内田樹さんのお話、安倍政権のデタラメを読み解く&今中先生 高浜原発・伊方原発仮処分却下を語る、司法がまた国、政府の方を向いてきた!

                0

                  body

                  永岡です、市民のための自由なラジオLIGHT UP! 第56回、今週はジャーナリストの西谷文和さんの司
                  会で放送されました。西谷文和のニュースの歩き方です。

                   その前に、毎日放送ラジオの、しあわせの五・七・五、川柳な人々、毎日新聞特任編集委員の近藤勝重
                  さんのお話、先週は自費出版された方のことで、他にも句集を作られている方があり、水野さんの紹介
                  で、田原さんと言う方が、自分らしいものを、とパソコンで作られて、1枚ずつ両面プリント、イラスト
                  もカラーで入れて、丁寧にするもの、パソコンがあるから本格的にできるもので、自分では 見えない背
                  中 子が見てる、川柳集を作ったものも子供が見て、大きいものだと近藤さん言われて、歳を重ねて、親
                  父がこんなものを作っていたのかとあり、夢屋敷さんも、自分でパソコンのワードで句集を作られて、建
                  築の仕事をされている方で、文章表現でものつくり、3年各地で入選した句が300あり、そこから150絞っ
                  て、悩みなし 言い切る妻を 見て悩む、などあり、女性で乾さん、句集にタイトル、砂時計、花が好き
                  でカラー写真を入れるもので、乾さん40代でぜんそくになり、そして川柳を読まれて、沈黙を 守った父
                  の黒カバン、子ども心にどんなものが入っていたのかと思うもので、乾さん、古希を迎えて出版、次は喜
                  寿で90の句を出したいと言われて、古希という節でやるものであり、近藤さん昔は還暦で再スタート、今
                  は10年延びて古希になった、還暦は今忙しく、さらに75歳になるものかと言われて、川柳、短歌をされる
                  方、来年は後期高齢者の仲間入り、75歳で、大概は、ふんふんふんで 過ぎていく、近藤さん、短歌でも
                  川柳でも、様々な角度から見えるもので、多面的に見えて、水野さん、この方は足のけががきっかけで川
                  柳を始めて、マイナスが自分を、人生を見つめ直すきっかけになると言われて、速水さんという方は3000
                  の句を作り 鍋囲む 一家団欒 我一人、定年を迎えてのもので、水野さん、自費出版、お金のあるもの
                  は豪華なものもできる、ない人にもできるものがあると、自分の表現をまとめて人に見てもらうのは最高
                  のものだと、水野さん締めくくられました。

                   西谷さん、近況報告、2月にソマリアに行かれて、昨年はトルコ経由でシリアを取材、ASS政権の南
                  スーダン派兵を、テロとの戦いを疑えという本をかもがわ出版から4/7に出版されて
                  http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ta/0910.html )、税抜き1600円、西谷さんはイスタン
                  ブールで強制送還により取材できず、これは本にして書いてやるとして、出版して、トランプ政権、AS
                  S政権の暴走、共謀罪、森友学園の問題、今週のゲストは思想家で神戸女学院大学名誉教授の内田樹さん
                  です。内田さん、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権を語られます。昨年秋から出演を依
                  頼して、タイミングは森友学園、ASS政権の問題とピッタリ、内田さんは思想家としてコメントされて
                  も、本流は武道と哲学、映画、教育論で政治は一介の市民として発言しても、怒りっぽいと内田さん言わ
                  れて、森友学園、テロの問題で4/6以降のことはフォローできていないとのことです。

                   前半のお話、森友問題とASS政権、似たようなことはロッキード事件、リクルート事件など、政治家
                  が身内の便益を図ることはあっても「今回脇が甘すぎる」、ありとあらゆるところで、ずさん、ASS総
                  理はかかわっていたら政治家を辞めると言い、しかし悪事はやっているものであり、あんな大見得を切ら
                  なかったら、であり、しかし潔白と言い切り、安倍一強時代で乗り切れると、何の手当もしておらず、8億
                  の根切りも、役人も言い逃れできるようにしていたのに、ゴミが出たなど、思い付き(西谷さん、現地を
                  見てゴミはなかったと証言)、調べたらわかる嘘は過去にはなく、リスクヘッジをしていたのに、ばれた
                  ら困ることの手当てが、安倍一強で驕りがあり、警察もメディアも野党も動かないと言う気のゆるみ、誰
                  かまともな人間がいたら、幼稚園でASS総理がんばれとか、日本会議との関係、アッキーの暴走、普通
                  の官邸ならちゃんとしろと助言する、アッキーに名誉校長も止めろと、内田さんが官邸のスタッフなら進
                  言するもので、驕り高ぶり、また総理夫妻が不機嫌になることをしたら飛ばされる、総理が暴走しないよ
                  うにと言ったら飛ばされて、イエスマンのみ残り、何を言われても言うことを聞くものが残り、5年かかっ
                  て丸裸になったのが実態、森友学園拡大したのは内部告発、自民の中でも鴻池氏の発言があり、籠池氏の
                  発言も安倍一強の中の内部告発、秘密を知っているものは、財務省でも何十人いるもので、メール、ワー
                  ド、サーバーに資料が残っているはずで、財務省には心ある人もいて、自浄作用を示すべきと、内部告発
                  した場合、共産党や民進党に匿名でリークしており、また爆弾が出てくるものであり、官邸、財務省、大
                  阪府、ほとんどの公務員はまともであり、国民の財産を8億もダンピングしたことに9割の役人は怒ってお
                  り、上にいる腐った連中を切らないといけないと、役所の中で出て、内部告発は一つ出たら誰が、という
                  ものの、泥船、モグラがどんどんリークして、官邸はリークの元をたどることもできず、それにはヒュー
                  マンリソースがいり、毎日閣議決定して、アッキーは私人とか、とってつけた嘘を守るために官邸の人的
                  資源を浪費、谷氏がどこに隠されているのか、親や友人にひどいと言い、それがまた広がり、週刊誌に独
                  占手記、谷氏は自分でも公務員としてまずいと思っていたか?夫人付きはあいまいな、特権階級、治外法
                  権、梯子を谷氏が外されて、籠池氏も梯子を外されて、経産省の役人も怒り、明日は我が身、この政権は
                  問題が起きたら個人に責任を押し付けてトカゲの尻尾きりをするとわかった。
                   塚本幼稚園での、教育勅語の件、これだからASS官邸は便宜を図ったものであり、神道のミッション
                  スクールを作ろうとして、6年後には中学校→3年後には高校、日本各地で作り、天皇の命令に従う臣民を
                  作る、1937〜45年の少国民教育、少国民育成をこの森友学園のことからやって、アッキーは100万円であれ
                  だけやらせてと言ったもので、神道系ミッションスクールの尖兵で、そこと安倍晋三は一体なのです。

                   LIGHT UP!ジャーナル、高浜原発3,4号機の再稼働、伊方差し止め棄却について、今中先生のお話があり
                  ました。西谷さん、ひどい判決と言われて、今中先生、昔に戻ったと言われて、伊方原発は今中先生たち
                  も裁判をして、原告が押して国がしどろもどろでも、国は勝訴して、78年のこと、事故など起きないと判
                  決直後にアメリカのスリーマイル事故が起きて、そして関電の高浜原発3,4号機の差し止めが出て、時代は
                  変わったかと今中先生思っても「裁判所は政府、国の方を向くようになった」、田中氏の言うように、新
                  規制基準に合ったからと言って安全ではなく、飛行機、自動車も基準に合っているから事故が起きないの
                  ではなく、社会的なコンセンサスが要り、しかし原発は一般の国民にメリットはなく、伊方原発は目の前
                  が中央構造線、岬の先だと住民の避難もできず、そんな危ないものを使って電気を作るべきなのか?核心
                  は、原発停止=資産ゼロ→関電、四国電力が破綻し、今中先生、倒芝の破綻もあって調べて、関電の財産
                  は7.4兆、負債が6.2兆、黒字、純資産は1.2兆円あり、しかしこれは原発と核燃料が資産で9000億→原発を
                  止めたら純資産3000億、厳しく、純資産がマイナス→倒芝と同じであり、一つの企業の都合で、多くの人
                  たちの命が脅かされているのです、以上、今中先生のお話でした。

                   ここで音楽、内田さんの選曲、大滝詠一さんのファンで、楽しい夜更かし、最初に聴かれた大滝さんの
                  曲です。これはyoutubeにありました。
                  https://www.youtube.com/watch?v=KMprqJ6or6

                   番組後半のテーマは、共謀罪とASS政権です。教育勅語暗唱、日の丸ビジネスと西谷さん言われて、
                  内田さん、それでお金も集まり、籠池氏は金もうけのためではなかったし、教育勅語もやったが、自己資
                  金ゼロで学校が出来て、同じような学校を日本中に計画して、神道系の学校だとタダで国有地がもらえ
                  る、日本会議の好きな企業、アパホテル、高須クリニックなどあり、全国で自由なラジオにて、昨年秋に
                  木村真さんを招いて、木村真さんがいなかったら今頃開校→第2の安倍晋三学校が出来て、福岡には麻生太
                  郎学校、福井には稲田朋美学校、ASSは子供を洗脳したら勝ちだと、ヒットラーみたいなもの、教育か
                  らいじろうとして、しかし馬脚を表し、パン屋を和菓子にするなど、ASS政権周囲は日本の文化に何の
                  興味もなく、銃剣道の採択を見たら、全部記号、踏み絵としてやっており、マイレージ方式、教育勅語を
                  褒める、靖国参拝、民進党の悪口を言ったらポイントがたまり、加算したポイントがキャリアに跳ね返
                  り、近畿財務局→国税庁長官に栄転、ASSにゴマをすったら栄転、尽くした人間には報酬を与えて、官
                  僚、政治家はASSに忖度したらポイントのために尽くし、本人も自分のような優秀な人間が上にいたら
                  国民のため、官僚の上から目線をさらにひどくしたものである。
                   森友学園問題時に、共謀罪を出して、これは予定通り、問題をそらすためにより大きな問題を出してや
                  るのは普通の手口であり、西谷さん、政府はテロの取り締まり、東京オリンピックのためにとしたのは悪
                  辣と言われて、内田さん、東京オリンピックは安全だからと誘致、アンダーコントロールと言い、しかし
                  テロのリスクは9条のために少なく、しかしそれを理由に招致→共謀罪なしでオリンピックできないと嘘を
                  ついており、言いたい放題、新しい判断だからと、維新の橋下氏が、自分の言ったことが綱領というも
                  の、それを信じる人がいて、みんなそんなものを信じるのは止めよう。
                   戦争準備法案、共謀罪と、ASS政権の中でやれることはやれと、警察、防衛省がやってしまえ、であ
                  り、現金をATMで降ろして逮捕、平成の治安維持法、今は法的には表現の自由は守られても、通ったら
                  おしまい、西谷さんもパスポートを取られる、ビザが下りない危惧もあり、そしてASS政権は内田さん
                  が見たら、後先考えない、日本の国際社会のことも考えず、日本経済の破綻も考えず、内田さんは教員
                  で、日本は教員でOECDの中でダントツに落ちたいるのに、それをうまくいっていると嘘をつくもの
                  で、後世の判断を待つと、10.20年後に日本史上最悪の政権と、今が、自分が良ければそれでいいというむ
                  ちゃくちゃな政権、安倍一強=ASSこけたら一瞬で瓦解して、西谷さんは早くいなくなってほしいが、
                  内田さん、こんな脆弱な政権だと、これから大変なことになると危惧されました。

                   そして、トランプ政権、軍事産業をぶった切る、世界的な傾向で、フランスもルペン氏が勝ちそうで、
                  グローバリズムの中で、みんなハリネズミのように外に攻撃的、西谷さん、アメリカファーストはシリア
                  のことはどうでもいい、都民ファーストも福島はどうでもいい、内田さん、ファーストは政治家には許さ
                  れず、全ての国民は行政から同じサービスを受けられて、しかしこんなことでは世界でテロ、アメリカの
                  グローバリズムがイスラムに侵略して起きて、ロシアでも起きて、何とかファーストとなったら、グロー
                  バル勢力がなくなり、中世化、北斗の拳のような、国際的な秩序がなくなり、戦争は地域限定、シリアが
                  ひどいのもイギリスやロシアに責任があり、トランプ氏のメキシコとの壁を作る、追い出し過程に、難し
                  い問題の解決策がなくなったら、相互不干渉、これで紛争のいくつかはなくなっても、新しい紛争にな
                  り、西谷さん、日本車は優秀で買うと言われて、内田さん、アメリカ市場の破綻、トランプ氏も史上最低
                  の大統領と後世に呼ばれて、しかし軍事産業、アメリカは戦争と金融で行った国で、日本も軍事費を出
                  せ、軍事産業は一般の産業だと飽和して売れなくなり、しかし兵器は投入したら市場がさらに拡大するも
                  ので、行き場のなくなった資本主義が戦争に行くのは自然の理で、経済成長の余地がなく、製造業は自動
                  車などでやっても、車で儲からず、軍事産業に日本の経済がみんなぶら下がり、自動車より消耗するもの
                  で、行き場を失った製造業が戦争してくれ、武器輸出してくれ、これが戦争準備法案の本質、グローバル
                  資本主義の行き着く先であり、それから命を守るのは9条であるのです、以上、内田さんのお話でした。

                   今週の特集、西谷さん、リスナーの寄付を、圧力のないために企業スポンサーを持たない番組によろし
                  くお願いいたします。内田さんのお話は明快で、ASS内閣の暴走、安倍一強、野党が弱い、お友達内
                  閣、ASSに苦言を呈したら排除されて、内田さんはその上、お友達はマイレージシステム、8/15に靖国
                  参拝でポイント10倍、教育勅語を褒めたらマイレージがたまり、メディアでもASS政権を褒めたらテレ
                  ビに出してもらえる、このようなシステムの問題で締めくくられました。以上、今週の自由なラジオでし
                  た。

                  文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/4/21) 金子勝 ASS政権は独裁、大臣はバカが威張る末期状態!バブル破綻で日本沈没!

                  0

                    永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の
                    金子勝さんでした。パートナーは作家の室井佑月さんでした。
                     大竹紳士交遊録、バカの壁、橋本治さんの作家、右傾化より馬鹿の最終局面と言われて、世間も政権も
                    政治もであり、大臣はスゴイ!稲田氏の籠池氏関係の嘘、鶴保氏の大阪の機動隊の土人は差別ではない、
                    普天間の予算での恫喝、今村氏の自主避難は自己責任、金田法相のキノコもテロになる発言、説明しろと
                    言ったらキノコで資金集め?山本大臣の学芸員誹謗中傷発言、中川氏の重婚、不倫を超えて、務台氏の長
                    靴、政務官は辞めて、大臣は1回はパス、しかし御大将(ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さ
                    ん))は総理を辞める→ヤバいと資料を出さない、立法府の長の失言、北朝鮮の問題、カール・ビンソン
                    は別の方向に行き、国連もロシアが対話でやれで、トランプ氏の煽り、森友学園のフェードアウトも見ら
                    れるが、近畿財務局は森友学園に丁寧に説明しており、佐川理財局長が森友学園に土地を貸すとは言って
                    いないかったのに、財務省の文章は異なり、大阪府に近畿財務局が2014〜15に5回も来て、役人たちは偽
                    証、大塚副大臣は、森友学園の資料は与党の許可がないと公開できない、西田氏は維新と付き合うと言
                    い、8億年の値引きの根拠を説明するようにASSが依頼、建築の専門家は、9m掘ってゴミがあることはな
                    く、3mしかない、全く根拠のないことが次々と出て、佐川氏は偽証に近く、政権党の許可なしで文書が出
                    ないのは独裁、どこかの委員長の国で、疑惑の横綱はASS、云々をでんでんと読む、色々なことが持ち
                    上がっても、支持率が下がらないとスタジオで指摘があり、しかし第3者的に見たらどこまで国民が許すの
                    かと言われて、金子さん、訴えられるかも知れないが、大臣たちはバカであり、今村氏と同じでバカが威
                    張る時代であり、これを許したら独裁、東大を出ても頭がいいとは限らず、資料を国会議員が得られな
                    い、出さないは独裁で、何でもあり、色々なところで忖度が行われて、大竹さん自民の支持率が下がらな
                    い=与党の自信につながり、世論調査をどうしているかわからないが、野党はしっかりすべきで、森友学
                    園の問題も民意の8割がASS政権に納得していない、支持率と違うと言われて、室井さん、マスコミも問
                    題、金田法相のデタラメをちゃんと報じていないと言われて、金子さん、森友学園の問題をNHKは報じ
                    ず北朝鮮ばかり、森友学園、倒芝のことは、国民の知りたいことをメディアが流さず、テレビの視聴率は
                    落ちており、ASSは銀座のことで忖度と言って冗談を言い、室井さん、ASSは追い詰められたらわざ
                    とそうたい態度に出ると言われて、国民はなめられている。
                     金子さん、日銀で金融緩和に反対する人が排除されて、国民の財産、ゆうちょ、年金もなくなり、いつ
                    かバブルがはじけたら、もう取り返しがつかず、1億総麻薬中毒、日銀もNHKもASSの意を汲んだ独
                    裁だと、金子さん締めくくられました。

                     共謀罪について、報道するラジオの案内の平野幸夫さんが、ブログで的確な指摘をされています。
                    http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12267576502.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog--
                    --hirano-yukio_12267576502
                     以上、金子さんのお話でした。


                    ◆◇本日22日午後NHK総合ドキュメンタリードラマ「母、立ちあがる」◆

                    0

                      ◆◇本日22日午後NHK総合ドキュメンタリードラマ「母、立ちあがる」◆

                      45歳でアルツハイマー病と診断された「えにし」のナース藤田和子さん。

                      3人の娘を持つ一人の母親が、人々の意識や社会を変えようと歩みつづける闘い
                      ……10年間の日々を見つめます。

                      評判の番組の再放送が、
                      4月22日(土)午後4時20分〜午後5時10分

                      和子さんの役を女優の富田靖子さんが、素敵に演じています。

                      http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3605/2549161/
                       


                      | 1/556PAGES | >>