calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2017/12/14) 二木啓考が沖縄・普天間のヘリ部品落下事故と日米地位協定を語る&TBSラジオ 荻上チキSession-22、崎山敏也 伊方原発の差し止め仮処分解説

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
    リストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

     沖縄での米軍ヘリから部品落下、大型ヘリの窓が落下して、体育の授業中の生徒一人が負傷、アクリル
    板(ガラスより強度は高い)、CH53の窓が落ちて、校庭に50人の児童がいて、10mほど離れたところにいた
    児童を直撃、児童は怖がり、窓は1m四方で重さ7.7kg、普天間では先週も保育園に部品が落ちて、普天間に
    隣接する小学校には米軍機がひっきりなしに飛び交い、保護者の方は怒り、辺野古に移っても事故は減ら
    ないと住民は怒り、もし直撃なら大変なことではあり、これが落ちて小石が児童を直撃、緊急脱出時に窓
    枠が外れるようになっていて、2004年には沖縄国際大学にヘリが墜落、落ちたのは全部CH53、1年前はオス
    プレイが墜落、これについて二木さん、CH53は荷物を運ぶもので、機体数は多く、普天間の航空写真があ
    り、基地があってそれで経済が行くのではなく、普天間は敗戦直後に米軍が本土攻撃用に作った基地で、
    住民は避難から戻ったら家は基地になり、普天間の92%は住民の土地であり、沖縄のもので、しかし米軍
    にのいてくれと言えない、日本全土の基地の75%が沖縄に押し付けられて、これが東京や大阪なら大騒
    ぎ、沖縄にヤマトンチュが押し付けて、辺野古を作っても普天間は閉鎖されず、日米安保条約と日米地位
    協定のため、基本的に拒否できず、日本政府がどう対応するかの問題、政府の尻に火が付いていない、し
    かしこれで辺野古に移設しても沖縄の負担は減らないと言われました。

     将棋と囲碁で羽生氏、井山氏に安倍総理は国民栄誉賞を検討、羽生氏は淡々と将棋について語り、井山
    氏は26歳で7冠を達成、あこがれた羽生氏とともに受賞であり、井山氏は棋士としてまだまだこれからと語
    り、羽生氏は井山氏を探求心などで評価して、将棋界、囲碁界で初の国民栄誉賞、安倍政権で5度目?年内
    決定、年明けに授与、スタジオでも二人は謙虚との声があり、二木さん、予定でも、安倍総理の指示でそ
    れをひっくり返すことはなく、二人は実るほど頭が下がる稲穂かなと言われました。

     都道府県別の男性の長寿日本一は滋賀県、女性は長野県、短いのは男女ともに青森県、近畿は上位にラ
    ンクイン、しかし大阪は東京よりかなり下、滋賀は食塩摂取量が少なく、喫煙者が少なく、日刊スポーツ
    の寺尾さん、健康は食と運動の両輪で成り立ち、バランスのいい食事がポイントと言われて、二木さん、
    全国に健康寿命自治体が70あり、高齢者の医療費が地方財政を圧迫しているため、県別より、自治体別に
    見るべきと言われました。

     本日の気になる新聞記事、朝日新聞1面トップ(各紙1面トップ)、伊方差し止め、広島地裁の決定を覆
    して、阿蘇山の噴火の影響を認めて、二木さん、高裁の仮処分、理由は阿蘇山の噴火で、130km離れていて
    も、火砕流は9万年前に届き、しかし熊本大地震で中央構造線の地震+半島の住民の避難ができず、高裁の
    判断の意味は大きく、朝日新聞20面の記事で、腹筋運動は問題、日刊スポーツの寺尾さん、腹筋が悪いで
    はないが常識と言われて、二木さんもスボーツジムに行き指導されていると指摘されました、以上、二木
    さんのお話でした。

     昨夜の荻上チキSession-22にて、伊方差し止めについて、予想通りTBSラジオ記者の崎山敏也さんの
    解説がありました、TBSクラウドで公開されています。
    https://radiocloud.jp/archive/ss954/
     デイリーニュースセッションセレクト、阿蘇山の噴火リスクで、広島高裁が伊方差し止めを決定、仮処
    分申請で、来年9月末まで運転停止、熊本県の阿蘇山の噴火のリスクについて評価しての判決、四国電力は
    異議申し立てとして、住民弁護団を取材された崎山さん、崎山さんはマッチと同じ日が誕生日、しかし大
    転機の裁判、そもそも伊方原発と阿蘇山、巨大なカルデラがあり、130kmも離れて、再稼働推進委員会は、
    火山も地震同様予測は困難、前回が大規模で、次回はそれくらい、過去最高のものを参考にすべき、阿蘇
    山は9万年前に噴火して、火砕流は愛媛県、山口県にも及ぶ可能性もあり、安心できない、厳しいのは、伊
    方原発をこんなところに設置したらアカンという判決、伊方原発の建っていることが、阿蘇山のカルデラ
    から見たらアウト。
     噴火で噴石、火山灰について、9万年前の噴火だと倍以上の灰が積り、非常用発電機をパーにして、火山
    の町だと噴火でエライことになり、この対策が四国電力だとアウトとして、再稼働推進委員会((c)今中先
    生)の言うことはアウトとなり、今回は広島高裁、地裁では同様の判断でも、地裁は何万年に1度などで国
    民から不安は出ていない、発生確率は低くリスク小が社会通念として差し止めをせず、しかし高裁は社会
    通念より、噴火になったら元も子もないとしての判決である。
     高裁での差し止め判決は初、高裁はベテランの裁判官3人で判断は重く、しかし止めるのは来年9月ま
    で、本訴訟が今動き、審理が来年9月から始まるため、しかし高裁の判断は、絶対に安全でないとアカンと
    するもの、日本は火山大国、巨大カルデラは北海道と九州に集中して、洞爺湖のカルデラと泊原発は60km
    しか離れておらず、桜島の噴火でも原発は影響を受けて、全国の原発の仮処分は37件裁判で問われて、差
    し止めを覆すのには、噴火の影響は小さく核への影響は小さいと原子力マフィアが証明しないと安全性は
    担保されず、原子力マフィアは異議申し立てしても、崎山さん、社会通念、世の中が大丈夫というからO
    Kはアカン、分からないこともあるが、わかっていることでの判断は貴重で、それを社会が受け止めて、
    こんなところに核施設を置いたらアカンと社会も、原子力マフィアも考えるべきで、川内の仮処分でも同
    様の判断もあるものの、ちゃんとやってほしいと崎山さん締めくくられました。


    ラジオ関西 ばんばひろふみラジオDEしょー(2017/12/13) 西谷文和 トランプ大統領のエルサレム首都は自身の疑惑隠し+武器ビジネスのため!軍事費増大で社会保障を削られていいのか!

    0
      永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみラジオDEしょー、第2水曜日にフリージャーナリストの西谷
      文和さんが出られました。
       世の中の様々な出来事をジャンルを問わず取り上げるばんばん侍、今日はもちろんトランプ大統領がエ
      ルサレムをイスラエル首都に指定した件、リスナーの声があり、下手したら戦争にならないか、ワシント
      ンポストはトランプ大統領のメンタルはメルトダウンしていると報じ、トランプ大統領はセクハラで告発
      されている、早く辞任させないといけないなどの指摘、西谷さん、エルサレムはほとんどのアラブ人が訪
      れたい聖地、西谷さん、イラクに直接入れず、ヨルダンのアンマン経由でエルサレムに7km、しかしアラブ
      人には近くて遠い、イスラエルのビザが要り、アンマンはヨルダンなので入れずもどかしい、エルサレム
      は本来ユダヤ教、イスラム教、キリスト教があこがれて、国連は首都ではない、みんなで管理しようとし
      ているのに、歴代大統領はこんなアホなことはせず、西谷さん、ヨルダンのアンマンから坂道を下るよう
      に行き、大陸分割の割れ目が死海、ヨルダン川、これを超えたらイスラエル、アンマンは雪→エルサレム
      は花が咲いて、アンマンは冬でもエルサレムは夏、文明の豊かな国であり、3つの宗教は文明的に豊かで農
      産物ができて、ユダヤ教→キリスト教→イスラム教とできて、3つの宗教の聖地、エルサレムには嘆きの壁
      があり、そこまで金属探知機があるが、そこで取材したら、イスラム教の聖地は目と鼻の先、何と、嘆き
      の壁が神戸新聞やラジオ関西の建物ならイスラム教の聖地はウミエ、近親憎悪、ユダヤ人とアラブ人は日
      本から見たら区別できず、右から書いて、似たものが争い、エルサレムに行くのは、死海に行くと、初め
      て行った際に、本当に浮く、体が船みたいに浮くくらい塩分があり、死海の水をバケツで組んで出すと塩
      分、すぐに出てシャワーを浴びないとならず、イスラエル側とヨルダン川があり、西谷さん、吹田の職員
      時代に行かれて、文明の発祥の地、イスラエルは西谷さん、ハリネズミみたいな国、ヨルダン川に国境、
      バックパッカーで行くと、サングラスの人が来てなにしにきたと聞いて、カメラ、パソコンなどで西谷さ
      ん止められて、これはモサド、秘密警察の人間で西谷さんが観光客でないと、ビデオカメラを持って怪し
      いと見られて、横のカナダ人の方も止められて、ガザ地区の人道支援の人で、西谷さん、レバノンに何し
      に行ったと、パスポートまで調べられて、裸にされて凶器を持っていないか5時間調べられて!イスラエル
      は、エルサレムに西のところ(ユダヤ系)と東(アラブ系)があり、2002年から壁、世界の人権問題にな
      り、イスラエルの壁で子供たちが登校できない、救急車も間に合わない!そんなものを写真に撮られたく
      なく、西谷さんのようなフリーにいやがらせ、テルアビブ、日本もアメリカも大使館があり、リスナーの
      方も、イスラエルに行く際に、イスラエルの後でレバノンなどに行くなら、パスポートにイスラエルのス
      タンプがあると入れず、それだけアラブとユダヤが争い、別の紙にスタンプを押してもらいホチキス止め
      しないと、他のところで外さないとダメ、それくらいいがみ合っている。
       宗教的には、イエス・キリストもユダヤ人、キリスト教徒でユダヤ人は差別されて金融などをやり、芸
      能もユダヤ系があり、アラブ、イスラエルの聖地、韓国と黒人の旅行者が多く、ゴルゴダの丘、イエスは
      坂を上がり、オリーブの木は樹齢2000年、そこでイエスが処刑されて、みんなが行きたがるところで、一
      つの宗教が独占したらダメ。
       クシュナー氏がユダヤ教徒、トランプ大統領はエルサレムに大使館に移すのは、自身のロシア疑惑、セ
      クハラ疑惑から目をそらすため、安倍総理が北朝鮮(共和国)で目をそらさせるのと同じ、これが目的、
      しかし大変な代償になり、しかしイスラエルもアメリカの武器を買う、ハマスが攻撃、イスラエルが武器
      を買う、サウジアラビアはアメリカから最も武器を買っている国、トランプ大統領が安倍総理に武器を買
      わせたのと同じ、戦争にならずとも緊張状態で武器は売れて、安倍総理との取引と同じことを中東でやろ
      うとしている。
       西谷さん、エルサレムに移すのは無理、移せない、5,10年先と言うものの、やったら戦争になり、テロ
      の口実になり、しかしパレスチナ人もイスラエルの方も負傷、死亡で大変なこと、無責任なのはトランプ
      氏、共和国でも2兆円ミサイル防衛システムを日本に買わせて、巡行ミサイルは攻撃用で防衛ではなく、小
      野寺大臣の言うのはおかしい、共和国のための巡行ミサイルではなく、先制攻撃、しかしトランプ氏と安
      倍総理はゴルフして、武器を買わされて、福祉が削られて、沖縄でCH53の窓が落ちて子供が怪我して、そ
      の前に米軍機の部品も落ちて、チェックしておらず、泥棒に調査させるようなもの、先週と今週事故、少
      し前にオスプレイが落ちて、共和国のロケットよりオスプレイが落ちる方が日本には脅威でシャレになら
      ず、それで思いやり予算、軍事費を上げられて、その代償に社会保障を削られていいのかと締めくくられ
      ました、以上、西谷さんのお話でした。

      TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/12/13) 近藤勝重さん、トランプ大統領トランプファーストだ!二木啓考 民進党ゴタゴタを語る

      0

        永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ!水曜日のレギュラーは毎日新聞特任編集委員の
        近藤勝重さんでした。

        TBSラジオ、荒川強啓デイ・キャッチ! 伊方原発3号機の仮処分、広島高裁で認められて、高裁が原
        発を差し止めるのは初、ニュースランキング8位、3位は国民栄誉賞、2位はニューヨークのテロ、1位は沖
        縄でヘリから部品が落下して男児がケガ、これについて近藤さん、のぞみの新幹線トラブルが気になっ
        た、博多を出て、小倉でおかしい、名古屋で止めた、それ以上のトラブルに良くならなかった、ヒビが
        入ったのは大変、それが時速300km(ランキング4位)。
        その1位、宜野湾市の小学校の校庭に、1m四方の窓のようなものが見つかり、飛行機からの落下物、CH53
        Eヘリの一部、落下時に校庭にいた児童がケガ、先週もヘリから筒状のものが落下、琉球新報の野里さん
        が解説されて、沖縄では大変驚いて、去年の12月13日にはオスプレイが墜落大破!した日、これを報じた
        日にまた小学校に落下+6日前に宜野湾市にヘリの部品落下、米軍は自分のものと認めていないのに、沖縄
        はここを飛ぶなと要請して、翁長知事、宜野湾市長が抗議、米軍は原因究明というものの、ちゃんとやら
        ず、近藤さん、米軍が最近おかしい、落下物+オスプレイ墜落、沖縄の被害者感情をどう思うのか、去年
        は民間人に被害なしを感謝しろはダメ、その上騒音、幼稚園、学校を蹂躙するなら、沖縄県民は毎日空を
        見て暮らさないとならず、米軍は殺害事件ならある程度まともに対応するが、こんな事故は沖縄を見下し
        て、日本全土を米軍は守っているから頭を下げないものであると指摘されました。
        この、沖縄でのヘリの部品落下事故、関西のニュースでも大きく取り上げられて、関西テレビのニュー
        スでは、現地から、何回怒りの声を上げたら済むのかとの声が届けられて、ピーターさん、デビュー時は
        沖縄に行くのにパスポートが要ったと言われて、普天間→辺野古は県内でいいのかとの解説もありまし
        た。沖縄に新しい基地をつくっていいのか、なのです。

        2位のニューヨークのテロ、近藤さん、容疑者にトランプ大統領は国を守れなかったというものは、アメ
        リカファーストではなくトランプファースト、エルサレムについて歴代大統領は手出しできず、アメリ
        カ、世界の秩序を守ったが、トランプ氏は歴代大統領と異なる、ユダヤ系の支持より、アメリカではなく
        トランプ氏は自分を守り、しかし北の脅威とかいうのと通じて、リアクションが懸念されると指摘されま
        した。
        将棋の羽生氏、井山氏への国民栄誉賞、近藤さん、囲碁将棋と言うが、東西で囲碁将棋の看板を背負
        い、互いの子供の頃、羽生氏は言い訳せず、負けてもにらみ返した、井山氏はテレビゲームで囲碁の素養
        を作り、アニメ「ヒカルの碁」で学び、今の子供たちのゲーム感覚、コンピューターの扱い方、さらに後
        に続けとなるものが気になると指摘されました。強啓さん、自分の時代は父親や兄に学んだと言われて、
        近藤さん、ゲーム、マンガで素養を学ぶ時代、しかし人間の脳の方が上だとも指摘されました。
        民進党について、解党か、党名変更か、再来年の参院選は民進党では戦えないという声が地方から来
        て、これについて二木啓考さんが解説、民進党は混迷しているが、どうしようとしているか、二木さんも
        分からない、本人たちもどうしたらいいか分からない、大塚氏は経済・金融に詳しいものの、党を引っ張
        る能力に欠けて、党名変更、解散・解党、耐えしのぐ・現状維持の3つのついて選び、しかし大塚氏の本音
        は、立憲民主党や希望の党にいやいや行った人に戻って来てほしい、国会は3党物語、民進党、希望の党、
        立憲民主党、近藤さん、3色混ぜたら真っ黒だと言われて、二木さん、枝野氏は全野党結集を呼びかけて、
        近藤さん、身内でやってどうか、二木さんも離党した人に帰って来てほしい、でないとまた離党者が出
        て、有田氏も離党、立憲民主党の支持率は12%、民進党は1%、岡田氏、野田氏、蓮舫氏らは、総選挙後に
        地方組織を固めるのに、他の党から手を突っ込まれる、連合も困っており、連合は何とか一緒にやってほ
        しい、近藤さん、立憲民主党は今支持率があるものの、一緒になったらまた下がると言われて、二木さ
        ん、それで枝野氏は一緒にやりたくない、しかし半年前、小池氏の勢いがすごく国政選挙で100議席と言わ
        れて、そして今はガタガタ、ふわっとした民意を集めても、今後どうなるか、近藤さん、立憲民主党は相
        対的な民意で成り立つと指摘されて、民進党の再生について、二木さん、結局解党はやめたい、民進党の
        金庫に70億あり、解党だと国に返さないとならず、来年1月から政党交付金を民進党は40〜50億もらえて、
        それなら二木さんなら耐えると言われて、近藤さん、大塚氏にキャラクターはともかく、求心力を問われ
        て、二木さん、人柄は政治家には褒め言葉ではなく、敵を作らないと政治家は務まらない、立憲民主党枝
        野氏は政治を動かしたのは悪相!小沢一郎氏、田中角栄氏であり、さらに二木さん、正しい政策を上げた
        ものが勝つのではなく、勝った人が正しい、勝った人は人相が悪い、しかし1月1日に政党が成り立たない
        と政党交付金はもらえず、希望の党はそこそこもらえて、立憲民主党ももらえて、枝野氏の党本部はワン
        ルームマンションくらい、政党交付金で職員はもらえて、大塚氏の言う3党一緒は難しいのです、以上、二
        木さんのお話でした。
        時事川柳、年越しに 安倍家出さぬ モリとカケ、近藤さん安倍家ではタヌキが出ると言われて
        (笑)、揃わない 4横綱と 公文書、窓よりも ルート外せよ 危険だろ、金田一秀穂さん、ルートを外
        すより基地をなくせと言われて、維新だの 革命だのと 与党言い、カケさんち いいな忖度 ロース来
        て(笑)、金田一さん、忖度したのはカケさんではないと言われて、最初の二つが45点で並び、金田一さ
        ん、揃わない 4横綱と 公文書をチャンピオンに選ばれました、以上、近藤さんのお話でした。
        …なお、広島高裁の伊方差し止め仮処分、デイ・キャッチ!では特集はなく、朝日放送、関西テレビと
        もに特集なしですが…もし今夜たね蒔きジャーナルがあったら、こんなことになったと想像します、水野
        さん「小出先生、広島高裁が伊方差し止め判決を出しましたが、どう思われますか」、小出先生、「うれ
        しいですね、伊方差し止めは私も証人として出て、事実認定は100%こちらが勝っていたのに判決直前に裁
        判長が更迭されて敗訴で、司法には絶望していましたが、高裁にも良識ある人がいることを心強く思いま
        した」、近藤勝重さん、「高裁にもまともな裁判官いるんやなぁ…」というようなやり取りを想像して締
        めくくります。


        朝日放送おはようコール(2017/12/13) 木原善隆が自民党の軍事予算の大問題と新幹線トラブルを語る&荻上チキSession-22、慰安婦問題の日本政府の姿勢をチキさん批判

        0

          永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、水曜日のコメンテイターはABCコ
          メンテイターの木原善隆さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

           防衛省が過去最大の軍事予算を見積もり、5兆2551億円、アメリカから膨大な量の軍事設備を買うことに
          なり、FMS、企業を通さずにアメリカから直接買うもの、2015年度から激増、トランプ大統領はアメリ
          カに雇用と言い、朝鮮民主主義人民共和国のロケット発射に対応するために、政府は巡行ミサイルを導入
          することにして、戦闘機に搭載するもので、射程距離は500〜900km、日本海から平壌、共和国全土の攻撃
          が可能なものの、小野寺大臣は敵基地攻撃が目的ではないというもの(日本に入った物を攻撃)の、日本
          の空幕長は歓迎、専守防衛、米軍を矛とするものに抵触するもので、自民党の国防関係ではイージス・ア
          ショア2000億も買うことになり、突然巡行ミサイルを導入するのに専守防衛といい、離島に敵艦船の接近
          を防ぐものと言うものの、立憲民主党の枝野氏は国会で追及するというものの、これについて木原さん、
          通常国会で問題になるものの、特別国会の終わった途端で、アメリカ政府の言い値で買い、トランプ大統
          領の来日時に安倍総理が約束して、しかし部品の問題もあり、国際的な軍事常識から見たら巡行ミサイル
          は敵基地攻撃能力を持ち、国際社会からどう見られるか考えるべきで、夏の概算要求でこれを出さず、離
          党防衛ならその点で出すべきで、今出すのは国会無視で、来年度予算は通常国会で追及されるものの、
          イージス・アショアを持つと、レーダー、人工衛星と際限なく広がり、必要なのかとちゃんと議論すべき
          と言われました。

           新幹線の台車に亀裂で運転中止、新幹線初の重大インシデント、トラブルの発生から1日経っても名古屋
          駅で立ち往生、焦げたにおいや異常な音、JR西日本で、台車に亀裂、モーターの油漏れ、事故調査官3人
          を派遣して調べており、深刻な事故につながりかねない重大インシデント、乗客1000人に支障なし、博多
          駅を出てトラブル、しかし最終的に停車したのは名古屋であり、JR西日本は点検時には問題なしという
          ものの、木原さん、対応は遅く、台車は車両を支えるもので、このままいけば脱線の可能性もあり、新幹
          線の安全神話があり、小倉でトラブルは分かったのに、名古屋まで止めず、新幹線は過密ダイヤで止めら
          れなかったが、異臭などの段階で安全第一にすべき、ダイヤより安全を守るべきことが最大のサービスで
          あったと指摘されました。

           2017年の今年の漢字は「北」、昨日は北からのカンパが猛威をふるい、兵庫県北部のスキー場は大雪、
          気象予報士の正木明さん、寒気は後退しても真冬の寒さは続くと言われて、漢字は「北」、北朝鮮(共和
          国)、九州北部豪雨、北海道日本ハムファイターズに清宮選手が入り、木原さん、共和国の経済制裁が寒
          い時期にどう効くか正念場と言われました。

           本日の気になる新聞記事、読売1面トップ、羽生、井山氏に国民栄誉賞、木原さん、安倍政権になり4人
          目、歴代内閣で最多、栄誉賞に異論はないと言われて、朝日の記事で、ペルーでドラゴンボールから名前
          を付けた人が500人以上あり、ゴハン、シェンが多く、木原さん、日本のアニメの人気は高く、ペルーは親
          日的、しかしゴハンの意味は分かっているのかと言われて、産経2面、大阪市議会でサンフランシスコ市と
          の友好関係があり、サンフランシスコ市長が急死、木原さん、吉村市長は関係を断つというものの、今日
          の判断が注目されると言われました。以上、木原さんのお話でした。

           昨夜の荻上チキSession-22、このサンフランシスコの慰安婦像に反対する決議を維新と自公が大阪市議
          会で可決した件、チキさんのコメントがありました、TBSクラウドで公開されています。
          https://radiocloud.jp/archive/ss954/
           デイリーニュースセッションセレクト、サンフランシスコの慰安婦像に大阪市が反対決議、姉妹都市関
          係解消、サンフランシスコ市に抗議、チキさん、慰安婦像に反対というものの、日韓合意の精神を傷つけ
          るというものの、他の国でも慰安婦像などあり、韓国だけでなく、菅氏は遺憾と言ってもこんなコメント
          は論点が食い違い、日韓合意は日本と韓国のみ、他の国でも慰安婦問題を繰り返させないような動きに制
          約をかけるものではなく、世界にこんな文句を日本がいう権利はなく、個別の事実に異論があるなら議論
          していいが、今回のネタの、性奴隷、像が日本への侮辱というのは、具体的な事実、慰安婦の数、犠牲者
          数の検証は困難で、検証は日本の軍や業者の加害行為を減免するもの、名誉回復ではなく、事実を否定す
          ると今の日本政府がこのように事実を隠蔽することになり、日本政府の立場とどう異なるのか、河野談話
          があり、サンフランシスコ市だけでなく、世界にどう情報発信するのか、日本の名誉回復というものの、
          これだと恥の上塗りであり、日本の名誉を傷つける行為で、そもそもどういう問題があるのか、ウェブで
          も資料はあり、これらを参照すべき、サンフランシスコのリー市長が亡くなり、しかしこれに日本が介入
          したら火に油を注ぐことになると指摘されました。
           また、拉致問題についても、拉致被害者の家族、ジェンキンズさんが亡くなり、チキさん、拉致被害者
          の家族が高齢化して、ジェンキンズさんは日本にきて、二度と会えないと思っていたものが再開し、国家
          の犯罪行為、随分時間も立ち、拉致問題は解決せず、家族が再開できず亡くなる例が続き、日本だけでは
          何も動かず、共和国をどう交渉につけるのか、表だった行動は難しく、一時動きがあると言われても、進
          展はなく、具体的な動き、非人道的、本人の意に反して連れ去られて、人生を破壊されることはあっては
          ならないと言われました。


          朝日放送おはようコール(2017/12/12) 小西克哉がニュースでのテロと相撲のゴタゴタを語る&荻上チキSession-22、木村草太 ノーベル平和賞と生活保護の切り下げを語る

          0

            永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、火曜日のコメンテイターは国際
            ジャーナリストの小西克哉さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

             ニューヨーク中心部マンハッタン、タイムズスクエアでテロ、体に巻きつけた爆弾を爆発させた27歳の
            容疑者を警察は拘束、通勤時間の7時半で3人が軽いけが、地下鉄が止まり多くの労働者は歩いて通勤、容
            疑者は重傷でも命に別条はなくバングラデシュ出身の元タクシー運転手、、ISの影響を受けており、ロ
            イター通信はトランプ大統領が緊急の会議を開いたと報じて、ニューヨークでは10月にもトラックによる
            テロがあり、小西さん、42番街、長距離バスの発着点で人が多く、狙いやすい場所、アメリカは車社会
            でも、ニューヨークは日本に似て電車が利用されてこのようになり、70〜80年代にはいかがわしい店も
            あったが今は改善されて、朝の7時はラッシュ、組織的なものかわからず、市長の会見では単独犯、小西
            さんもそう思い、組織的なものならもっと大きく、トラックの暴走ではなく、単独犯で、バングラデシュ
            出身だから思想的な背景というものではなく、間接的なISの影響の可能性もあるものの単独犯であり、
            トランプ大統領のエルサレムのイスラエル首都指定とこのテロの関係はまだ未定(IS系のサイトが一つ
            主張しているのみ)と言われました。

             日馬富士の書類送検、貴乃花親方はいつまで沈黙するのか、貴ノ岩はまだ姿を見せず、都内の貴乃花部
            屋を相撲協会鏡山危機管理部長が訪れて、診断書提出を求めても、今後ファックスでやり取りするように
            ということで、貴乃花親方は無言で出てきて、貴乃花部屋の関係者は、貴乃花は心の傷が治らず、モンゴ
            ルの英雄日馬富士を引退させたのは貴ノ岩とモンゴルで言われて、日馬富士の弁護士がコメント、貴ノ岩
            と貴乃花親方に謝罪したいと申し入れているというもの、日刊スポーツの井関さん、貴乃花親方は厳罰を
            求めたというのと違う方向に言っていると指摘されて、これについて小西さん、相撲のニュースはもうい
            いと先週いい、書類送検は昨日のネタ、もうニュースバリューはなく、危機管理部長がテレビカメラの前
            で写真を撮らせたことの意味、これを朝の5時半から伝えるようなニュースか、相撲協会で勝手にやれ、貴
            乃花親方も文句があるなら早く記者会見せよ、火曜日に相撲のニュースを持ってくるのは止めて欲しい、
            社会的に日馬富士は引退していると言われました。
            (今日も新聞のテレビ欄を見たら、昼のワイドショーは日馬富士ラッシュです…)

             日本列島に今季最強の寒気が襲来、今日がピーク、各地で大荒れ、本州日本海側では暴風雪警報、昨日
            は暖かった関東も厳寒、北海道では融けた雪で冠水しており、気象庁はラニーニャ現象、赤道付近の海水
            温が低くなると発表、ラニーニャ現象だと寒さ、大雪に警戒が必要、気象予報士の正木明さん、上空の寒
            気と、等圧線感覚が狭く、降ったら全国的に雨ではなく雪、明日は等圧線は北より、新幹線の関ヶ原付近
            で交通に支障の出る可能性があり、また来週の始めに強い寒気が来て、来年の春まで厳寒が続き、長期予
            報だと12月は平年より低く、この冬は平年よりかなり低い気温を警告されました。

             本日の気になる新聞記事、毎日30面、来春開校の加計学園に志願者殺到、倍率30倍、他の私学よりはる
            かに高く、小西さん、簡単に入れると思ったが、推薦入試、滑り止めで加計学園を受けるもの、その後他
            の学校を受けるというものの、知名度は大きいと言われて、日経9面、サウジアラビアに映画館解禁、小西
            さん、サウジアラビアはアラブでも偶像崇拝を禁止して、それでも30年前、イラン革命、ムハンマド皇太
            子が新しいことをしたいためと指摘されました、以上、小西さんのお話でした。

             昨夜のTBSラジオ、荻上チキSession-22にて、核兵器禁止のノーベル平和賞について、チキさんと、
            首都大学東京の木村草太さんのお話がありました、TBSクラウドで公開されています。
            https://radiocloud.jp/archive/ss954/
             デイリーニュースセッションセレクト、ノーベル平和賞で、被爆者サーロー節子さん、核兵器は絶対悪
            として、核なき世界を、核兵器禁止条約を批准しなかった国を批判、菅氏は核兵器禁止条約は我が国のや
            り方と違うといい、カズオ・イシグロ氏はノーベル賞は平和のためと語り、長崎で被爆した91歳の母を
            想起したと語り、木村さん、富岡八幡宮の事件はびっくり、強い殺意+残忍、ショック、場所も近く、こ
            れは現在進行形、明日神社について、神社本庁のことも取り上げることになり、ノーベル平和賞、木村さ
            ん、核保有と日本国憲法、防衛のための必要最低限のものしか許されず、核兵器は防衛の必要最低限とな
            るなら9条に抵触しないと政府は言うが、しかし条約+98条で禁止されるのが形式的、核武装について
            は、憲法以前に核不拡散条約に抵触、国際事情に弓を弾く、共和国と同じく国際社会に批判されて、核兵
            器の破壊力は大変で、必要最低限の武力にはならない。
             ノーベル平和賞、達成できるかジンクスをチキさん問われて、木村さん、生物化学兵器は禁止条約があ
            るのに、もっとエグい核兵器をなぜ禁止しないのか、核兵器は安全保障、日本はアメリカに安全保障を依
            存しても、究極の理想は一致して、それをどう実現するか問うべきなのです。
             所得税増税、年収850万以上の会社員とすることで自公が合意した点、800万だと公明党から中華層直撃
            と批判、これについて木村さん、これとともに生活保護の切り下げがあり、生活保護の切り下げはまず
            い、生活保護世帯の捕捉率は低く、本来もらえるのにもらっていない世帯が多く、これを下げると底が抜
            けることになり、現在の基準額すら訴訟になり問題、物価を想定して下げたというのは問題、その中での
            増税は納得できず、歳出の議論とともにちゃんとすべきで、年収800万の点だけでなく、生活保護所帯のこ
            とを考えていない、800万→850万、800万は上位1割以下、中間層ではなく、1500万以上だと1%以下、どこ
            を富裕層として捉えるか、1割以外は中間層、年収300〜400万が日本の世帯の過半数で、セーフティーネッ
            トをちゃんとすべきとチキさん言われて、木村さん、生活保護13%下がるのはムチャクチャ、社会保障の
            底が抜けて、再分配ではなく、貧しいものから貧しいものになってしまうとチキさん指摘されました。


            TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/12/11) 青木理&久田将義 相撲問題の報じられ方を語る&毎日放送ちちんぷいぷい 中朝国境の町報告

            0

              永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木理さんでした。荒川強啓さんの司会、片桐千晶さんがアシスタントでした。

              朝鮮民主主義人民共和国の食糧事情について、毎日放送のちちんぷいぷいで、JNN上海支局の米田(こめだ)佳史さんが解説されました。ヤマヒロさん、河田直也さんの司会で、中朝国境にて、追い詰められる共和国のこと、共和国はロケット発射して、日本に木造船の漂着、米韓軍事演習はステルス戦闘機を使用して、圧倒的な先制攻撃の様子、他方国連は事務次長を共和国に送り、中朝国境丹東(たんとう)は鎖国時代の出島みたいなもの、米田さん、中国は共和国との道路閉鎖、工事のためで、共和国側で労働者がいて、この橋が閉鎖されたら共和国にエライことで、丹東でパスポートをコピーする人たち、就労ビザが更新できず、帰国を余儀なくされて、また5年前に開業した共和国のレストランも閉店、外貨獲得の揚力な手段なのに、来年別の店ができて、中国は共和国との銀行口座の凍結など制裁をして、共和国との合弁企業を解除、制裁で共和国はお金が無くなり企業は倒産して、龍谷大学の李英哲さん、9月の核実験の後、国連制裁で中国は共和国との合弁会社を閉鎖してしまい、中国は表では国連の制裁に合わせて、石油を禁輸、しかしこんなことをしたらエライことで、丹東の端の閉鎖、李さん、年末年始で生活必需品をここから共和国は得て、共和国の上層部は困り、各家庭にも食糧の配給をしていたが、それも滞り、金正恩氏が困り、しかし共和国と国交のある国は180か国!あり、40か国は国連の制裁に従わず、お金の流れを完全に止めていない、180か国は、過去の経緯があり、アメリカは共和国と関係を断てとして、20か国ほど止めたものの、毎年家庭にお餅を配れない。
              そして共和国の子供たちのこと、配っていたキャンディもなくなり、米田さん、中朝関係、閉鎖は共和国の事情でまた再開の可能性があり、しかし例年頻繫に物資が行き来する+氷点下の寒い時期で、橋の閉鎖は共和国の中国への不満、屈しないとの国際的な表示と言われて、ヤマヒロさん兵糧攻めのことを危惧されて、李さん、中国は共和国との航空便も止めて、中朝関係は悪化している。
              中朝貿易は双方減って、立岩陽一郎さん、中朝国境は長く、北だと川幅数m、ロシアもあって何が行われているのか分からないと言われて、地下道はないものの、六ヶ所税関があり、今からアメリカが海上封鎖というものの、陸路を止めないと物資は流れる、密貿易はとめにくい。1400kmの国境の全封鎖は無理。
              米田さん、丹東では制裁の影響はじわじわと出て、出稼ぎ労働者の給与水準は中国の半分で、まじめにやるので、現地では安い労働力として貴重なものの、これを得られず閉鎖のものもあり、このまま続くと中国も大変ではあり、共和国のレストランは大きく、中国は制裁を大きなところからやり、共和国の方は中国政府の批判はせず、中朝関係を元通りにしてほしい意図もある。
              李さん、丹東のパイプラインは止められず、撤退した企業、中国は共和国資本の会社を閉める方針で、一方、中国には共和国との商売は面倒くさいという声もあり、共和国との商売は成立しない、実名で取引するので、闇取引できず、核実験は中国でも揺れたほど、中国でも共和国の核を脅威として、中国は共和国を敵に回すと攻撃される危惧を持ち、共和国を追い詰めたくない。
              共和国のトラブルは中国にとってマイナス、米田さん、アメリカの求めてきた圧力には中国は反対して、原油全面停止のカードは切れず、中国の新聞に、アメリカ、韓国、日本が石油禁輸を求めるのは中国と共和国の友好関係を悪くするためと報じていると、米田さん締めくくられました。以上、ちちんぷいぷいの内容でした。

              デイ・キャッチ! 青木さん執筆活動は年末進行で、出版社、印刷所も年末に向けてバタバタ、しかしデイ・キャッチ!は1月1日のみ休みというのです。

              ニュースランキング1位は日馬富士の書類送検、2位がパレスチナ情勢、青木さん、日馬富士を鳥取地検が起訴するのか、検察官は人を刑事裁判にかけるかどうかの判断を独占して、起訴しない、起訴猶予だと裁判にならず、略式起訴、罰金刑の可能性もあり、警察は検察に起訴を求めたのは異例ではなく、示談成立、情状酌量なら起訴せず、検察も独自捜査もあるが、一般的には傷害は検察から来るものの半分、起訴されるのはその半分、社会的な反響、被害者が加害者に処罰を求めて、検察官の判断は鳥取地検にはそれほど検察官はおらず難しいものもあると指摘されました。
              パレスチナ問題、アッバス議長がペンス副大統領との会談拒絶について、パレスチナはトランプ政権を、和平努力を無に帰したと批判して、青木さんのチェックが入り、ネット投票は1位のニュース、相撲より関心があり、トランプ氏は愚か、対話から遠ざかったのはパレスチナではなくトランプ氏、悪影響をトランプ氏は考えず、トランプ氏は移民の排斥、パリ協定否定と、短期的にはアメリカの利益になっても長期的にはアメリカの利益にならず、エルサレムをイスラエル首都にするのはどころか短期的な利益もなく、下品で短絡的、世界的な宗教対立を深める&原理主義者に正当性を与えるアホなことだと指摘されました。

              デイキャッチャーズボイススペシャル、ネットニュースTABLO編集長の久田将義さんと青木さん、大相撲、日馬富士問題の報じられ方を語られます。久田さんは実話ナックルズの編集長で、今年のニュースは今年のうちに、未だにメディアを騒がせている日馬富士問題、この1か月各メディアについてどうであったか、久田さん、海外ドラマのシーズン2、シーズン1は日馬富士の引退、ビール瓶でやったか。貴ノ岩側がおかしい→ノイズ、相撲メディアは相撲側について、本質は暴行事件なのに、貴ノ岩の方がおかしいとなり、しかしワイドショーを見ている方もバカではなく、貴乃花親方が頑なとのイメージが出て、相撲協会側は日馬富士は悪いがけれど、村社会の相撲協会、暴行、暴力は地位が上のものが下のものにやる、ノイズが働き、貴乃花側、日馬富士側に触れたと指摘されて、強啓さん、この事件が起きて貴乃花が頑な、医者に行くのを優先、判断が出るまでコメントを控えるべきというものではないかと言われて、久田さん、司法に任せるべき、理事としては良くないが、相撲協会はそれではダメ、貴乃花の肩を持つのではないが、警察に通報すべき、貴乃花は世間のことを知らず、相撲協会のたこつぼ的なものを嫌ったというもので、青木さん、久田さんのお話で、メディアとジャーナリズム、相撲のことを青木さんご存じなく、第一報は11/14のスポーツニッポンのスクープ、一般紙が一面トップでもおかしくない、その後、貴乃花の振る舞いではなく、暴行事件のことを言えばいいのに、青木さんの出た番組ではコメンテイターは相撲協会寄りで問題、政治記者は官邸よりになったらアウトで、相撲のあり方ではなく、暴行事件と考えたらしかし、けれども、は要らないというもので、強啓さんも事件を優先させるべきと言われて、久田さん、報じ方は相撲協会によると、となり、モリカケ問題で、コメンテイターが安倍政権によると、と言うのはおかしく、相撲のジャーナリズムに問題、相撲は特別な世界と指摘されて、青木さん、シーズン1は書類送検で終わり、シーズン2は相撲協会と貴乃花、モンゴル人力士の問題というもので、久田さん、シーズン2は貴乃花vs白鵬、モンゴル人力士だと言うのです。
              シーズン2の件、リスナーの声があり、今回の相撲報道を見たら、マスコミは弱いものしか報じない、中身が薄い、新しい情報がないのに視聴率が稼げるのかと指摘があり、青木さん、本当に報じる必要があるのか、毎日相撲のゴタゴタを報じるのは視聴率がいいから、キャラが立つ、登場人物が面白い、日々毎日ちょっとずつ報道が出る、モリカケ問題で、森友学園は視聴率が良く加計学園は良くない、森友学園は籠池氏のキャラが立ち、これにより他の問題が隠されて、メディアのありようとして問題であり、強啓さん、シーズン2をもっとやってくれと思う人がいると指摘されて、久田さん、シーズン1はノイズを取り除けば良かったが、朝青龍など伝聞の連続、キャラなどで、ワイドショーにはおいしいというもので、青木さん、ワイドショーでは、日馬富士のやったことはダメだが、貴乃花にも問題とされて、さらにモンゴル人力士が悪い、貴乃花の言うことは排他的、メディアは弱いものしか攻撃できないという点に強調されて、リスナーより、ワイドショーで角界を袋叩きに異を唱える声があり、久田さんは相撲のファンで、袋叩きではない、むしろメディアはかばい気味、一般の会社と相撲協会は同じではなく、たこつぼ的な世界は良くないと、相撲協会も感じて、相撲は2500年の歴史があり変えるのは大変であり、強啓さん、相撲はスポーツではなく神事とにおわせたものがあり、青木さん、相撲は何か、人により異なり、スポーツ、格闘技、神事か、八百長問題がタブー視されて、文春や新潮のみ報じて、星の回し合いがあり、久田さん、シーズン2はノイズだらけ、一つずつ解決するしかなく、鳥取県警が記者会見したら、貴乃花の事情聴取の結果を公表したら、シーズン1を総括して、シーズン2の収束のやり方と言われて、青木さん、相撲は何か、格闘技か、神事か、モンゴル勢が入り、精神論でやるのも何か、相撲とは何か、しかしメディアではモリカケ問題をもっと報じるべきと締めくくられました、以上、デイ・キャッチ!の内容でした。


              「砂川事件 60年後の問いかけ」 

              0

                Message body

                坂井貴司です。
                 転送・転載歓迎。
                 
                 今から60年前の日本本土には至る所、在日アメリカ軍の基地がありました。事
                故や犯罪が毎日のように起こっていました。それに対して多くの人々が日本国憲
                法第9条をたてに立ち上がって、基地撤去を求める闘いを行いました。
                 結果として沖縄に米軍基地を押し付けることになってしまいましたけれど、多
                くの労働者・市民を反戦に目覚めさせる運動になりました。

                 その一つに1957年の「砂川闘争」がありました。東京都立川市にある立川基地
                の拡張反対を求めて、幅広い層の市民・学生・労働者が団結して激しい闘いを行
                いました。そして、在日アメリカ軍基地の存在は憲法違反であるという伊達判決
                (1959年)を勝ち取りました。
                 この歴史的な伊達判決は、アメリカ政府、最高裁判所、自民党政権の密議によ
                ってひっくり返されました。
                 立川基地に違法に侵入したとして逮捕されたデモ参加者の7人は伊達判決によっ
                て無罪になったものの、高等裁判所をすっ飛ばして最高裁判所で裁かれ、逆転有
                罪となりました。そして司法は在日アメリカ軍基地対して憲法判断はしないとい
                う判例になりました。
                 
                 その7人の一人に福岡県在住の武藤軍一郎さんがいます。
                 私は以前、アジア共同行動(AWC)の集会として武藤さんに砂川闘争につい
                ての講演を依頼したことがあります。武藤さんは無罪を取り消され、有罪になっ
                たことが日本政府とアメリカ政府、最高裁判所の密議によるものであったことを
                知り、再審を東京地裁に求めていました。
                 講演会で武藤さんは砂川闘争、伊達判決の意義を語りました。再びの無罪を勝
                ち取る決意を表明しました。
                 残念ながら2016年3月8日、東京地裁は再審請求を棄却しました。しかし武藤さ
                んは諦めることなく東京高裁に即時抗告しました。

                 12月16日、NHK教育テレビが砂川闘争と伊達判決を描く特集を放送します。

                NHK教育
                ETV特集
                「砂川事件 60年後の問いかけ」 
                http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-12-16/31/24183/2259600/

                放送日:12月16日
                放送時間:午後11時00分〜 午前0時00分

                 砂川闘争と伊達判決、武藤さんたちの再審請求については
                 
                伊達判決を生かす会 
                http://datehanketsu.com/

                が詳細に記しています。 

                朝日放送おはようコール(2017/12/11) 伊藤惇夫が安倍総理はトランプ大統領べったりだと世界の信用を失うこと、核兵器廃絶と日本の役割、朝鮮民主主義人民共和国の木造船漂着他を語る

                0

                  Message body

                  永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナ
                  リストの伊藤惇夫さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

                  トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都とした件、現地で死者も出て、世界各国で反対デモ、
                  ニューヨークでも反対デモ、メイ首相、メルケル首相、マクロン大統領も反対デモで、我らの安倍総理は
                  何も言わず、伊藤さん、安倍総理、日本政府ははっきりとした態度を示すべき、トランプ大統領はユダヤ
                  系の支持を得たく、国内対策で外交を使うのは最悪、トランプ大統領はまた嫌われて、日本は国連安保理
                  の理事国、このまま日本政府がトランプ大統領支持なら世界から孤立して、日本はアラブと仲が良く、ト
                  ランプ大統領支持だとこれを失い、世界から嫌われているトランプ大統領の唯一の親友が安倍総理、安倍
                  総理は100%トランプ大統領と一緒というなら、独立国の気概はどこに行った?こういう時こそ、安倍総理
                  はトランプ大統領にこんなアホなことをするなと言うべきと指摘されて、横山さん、核兵器禁止条約でも
                  独自の立場を示せない日本政府とは何かと締めくくられました。
                  (この件、ワシントンポストに、トランプ大統領のメンタルはメルトダウンしているという記事が載って
                  おり、
                  https://www.washingtonpost.com/opinions/trumps-mental-meltdown/2017/12/07/a010dbcc-d605-11e7-b6
                  2d-d9345ced896d_story.html?tid=ss_tw&utm_term=.141cbb4fd59d この件、日本のメディアは報じていま
                  せんが、まるで映画「博士の異常な愛情」の狂った軍人を地で行くもので、エライことです!)

                   ノーベル平和賞を核兵器禁止国際キャンペーンのICANが受賞した件、広島の被爆者のサーロー節子
                  さんがスピーチ、ICANは核の傘の元のものは核兵器の共犯、サーローさんは核兵器廃絶を訴えて、人
                  類と核兵器は共存できない、あきらめるなと被爆時に聞こえたといい、重い責任を受け継いだと言われ
                  て、核保有5か国は欠席、これについて伊藤さん、核兵器禁止条約に日本は賛成せず、アメリカの核の傘と
                  いうものの、唯一の被爆国がこれでリーダーシップを取らず、具体的な外交政策も示さず、被爆国日本の
                  態度が核廃絶のブレーキになり、河野大臣は現実をとらえると言っても説得力はなく、共和国の核の脅威
                  と言うが、だからこそ具体的な行動が必要だと指摘されました。

                   朝鮮民主主義人民共和国の木造船、北海道の島に漂着して、発電機などを盗んだとして検挙されて、脱
                  出しようとした木造船は海上保安庁に拿捕されて、激しく抵抗する乗組員もいて、船長他逮捕、避難小屋
                  の管理人が入ると、部屋の家電製品他盗まれて1000万円の被害、今年に入り78隻の木造船が日本に漂
                  着、菅氏はこの問題についてコメントせず、松前小島から盗み、逃走しようとして検挙されて、電化製
                  品、食料まで、これで起訴されたら実刑、不起訴なら強制退去、伊藤さん、これは難破船ではなく動け
                  て、問題は今後の政府の対応、外交カードになり、これを外交にどう使うか、過去でも中国の尖閣の漁
                  船、かつては金正男氏の不法入国をカードにせず、相手国からどれくらい交渉するかが外交カードであ
                  り、軍事的に動いているのか、軍も疲弊してお金を稼ぐためか、78隻も漂着するのは異常で、せっかくの
                  カードをどう使うのかと指摘されました。

                   富岡八幡宮での殺害事件、宮司の座を巡るトラブル、容疑者は宮司職をスキャンダルで追放、姉と対
                  立、伊藤さん、警察が接見禁止命令を出しており、警察の対応も問題、宮司はそんなにおいしい仕事なの
                  か、神社本庁も6年放置したのは問題、容疑者が中傷の文章を神社本庁に出して放置したのは問題と指摘さ
                  れました。
                   この問題、背後に日本会議や、神社本庁の男尊女卑体質があると、リテラに報道がありました。
                  http://lite-ra.com/2017/12/post-3639.html

                   日馬富士が今日鳥取県警で傷害にて書類送検、いつ事件の真相はあきらかになるのか、白鵬は鹿児島で
                  コメント、自分の仕事をしっかりやりたいと語り、貴乃花親方と相撲協会は連絡が取れず、貴ノ岩と連絡
                  も取れず、ちょっと前はテレビもこのネタ一色が、事態が動かず、伊藤さん、意地と維持のぶつかりあ
                  い、相撲界の事情やモンゴル人力士のこと、相撲界の改革を貴乃花親方が意図しても、相撲協会は今のも
                  のを維持したいと指摘されました。以上、伊藤さんのお話でした。

                  朝日放送ラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2017/12/8) 谷口真由美 沖縄の実態を知り、基地が沖縄にあるのは仕方ないという思考は止めるべき&上泉雄一のええなぁ、亘佐和子 巡行ミサイルと専守防衛を語る

                  0

                    body

                    永岡です、朝日放送ラジオの、伊藤史隆(しりゅう)のラジオノオト、金曜日のレギュラーは大阪国際
                    大学の谷口真由美さんでした。
                     谷口真由美の一言よろしい、このところ世の中で起きている出来事、先々週の週末に沖縄に行かれて、
                    それを話そうとしたら、沖縄県宜野湾市の保育園の屋根に飛行機から落ちた落下物、職員、園児にけがは
                    ないものの、放射性物質ストロンチウム90の入ったもの、普天間から400m、保育園の、1歳児の部屋のトタ
                    ン屋根のところ、突き破った可能性があり、米軍関係者によると、これは飛行前に外すことが義務付けら
                    れたもので、なぜ落ちたか、目撃者が、落下直前に普天間からヘリが宜野湾市に離陸したのを見て、300m
                    下のところに落ちたもの、宜野湾市、翁長知事も抗議、菅氏も沖縄県民に不安を与えてあってはならない
                    と言うものの、谷口さん、国際人権学会に行かれて、高江の牧草地にCH53のヘリが墜落、北部訓練場を
                    住民の反対を無視して作り、西銘さんの家に落ちて、海岸沿いの家、飛行機は西銘さんの家に落ちる、山
                    の草のところより、牧草地に落ちた方がパイロットには安全で、西銘さんのお話は、沖縄県外には伝わら
                    ず、11/11に牧草地にCH53が墜落して、朝に墜落、海岸沿いの家で、音は聞こえず、しかし燃え盛り、西
                    銘さんiPADで撮影、89歳のおじいさんが燃えるのを見て、墜落、米軍機と分かり、おじいさんは沖縄
                    戦を生き延びた方なのに、米兵は大丈夫かと言い、牧草は貴重なのに収穫できなくなり、これを何とかし
                    てくれの前に米兵を気遣い、米兵は救助のヘリに乗ってトンズラ、しかし燃えているのに消火活動を村の
                    方がしていると、米軍関係者が、ストロンチウムが漏れているから気をつけろと言って帰り、これを聞い
                    て皆さん怒るが、自分の庭にとんでもないことをされて、放射性物質が漏れていると言われて、おじいさ
                    んの感情と、米軍の対応、心配しているおじいさんと、無視の米軍、その後警察と米軍の合同捜査、日本
                    の規制線が外の二重の規制線、米軍関係者しか現地に近づけず、西銘さんの墜落現場はブルーシート、そ
                    の後台風も来て、どうなっているか西銘さんも分からず、重油のにおいもして、ストロンチウムもあり、
                    豚舎もあるのに、米軍の規制線の中なので、自分の家なのに入るのに許可が要り、自分の土地に入ること
                    すらできず、こういう不条理が沖縄では当たり前、西銘さんの土も地質調査されても説明されず、もちろ
                    ん補償もこれから、皆さん、自分の家の庭や保育園にヘリが墜落する意味を考えるべき、地政学的に沖縄
                    に基地がないといけないわけではなく、第2次大戦後の占領下、岐阜県各務原市に海兵隊がいて、海兵隊
                    は、日本全土が海に面しているので、内陸でも海兵隊は運用できて、沖縄に無理を押し付けるのはおかし
                    く、各務原には米軍を追い出した歴史の展示があり、各務原でレイプ、強盗事件があり、出ていったもの
                    が沖縄に行き、海兵隊は元々各務原にいて、我々、遠い島に基地を押し付けて、アメリカのレポートでも
                    基地が沖縄にないといけない理由はなく、我々がフェイクとして信じているのは何か?
                     琉球新報社の、高文研の出した沖縄フェイクの見破り方
                    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-617955.html )、沖縄は基地の交付金がないと成り立たないの
                    ではなく、産業を作らせず、産業があったら米軍は追い出されて、基地の亡くなった場所は観光で潤い、
                    沖縄について、ちゃんとした情報に基づいて考えるべきであり、この本を見て欲しい、さらに沖縄タイム
                    スの阿部岳記者の書かれた、国家の暴力(http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/146895 )現場記
                    者の見た高江、プロ市民だ、日当をもらって反対しているとかネトウヨがわめき、2冊とも今年出た本で、
                    これを見てから、沖縄の議論をしてほしい、沖縄に基地のあるのは仕方ないという議論は止めるべき、沖
                    縄で傷ついている人がたくさんいて、当事者の視点で、自分の家に基地が目の前にあったらと考えてほし
                    いと言われて、伊藤さん、自分の家の庭に米軍ヘリが落ちて、高齢者が米兵を気遣うのに、米軍はちゃん
                    と対処せずトンズラ、人として対等でない、軍隊とはそういう装置だと締めくくられました。以上、谷口
                    さんのお話でした。

                     毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、MBSラジオ報道の記者の亘佐和子さんが注目のニュースの
                    解説をされて、政府は天皇退位を2019/4/30に閣議決定、5/1に元号変更、来年半ばに公表、来年度の税制
                    改正、年収850万以上のサラリーマンを増税、800万から、公明党の反対で見直し、富岡八幡宮で殺害事
                    件、亘さん注目のニュースは小野寺防衛大臣、航空自衛隊の戦闘機の巡行ミサイル=敵基地攻撃、専守防
                    衛に抵触の可能性があり、ミサイルは目標地点にまっすぐに行き、弾道ミサイルは放物線を描き、巡行ミ
                    サイルは無人の飛行機みたい、低空でレーダーに発見されにくく、射程900km(トマホークは2500km)、敵
                    基地破壊は防衛ではなく攻撃、900kmとは、日本海から共和国の攻撃が可能になり、専守防衛との関係、政
                    府は、敵基地攻撃能力は認められているとしても、専守防衛の立場で持たない、法的には持てるが政策的
                    に持たない→自衛隊の装備は攻撃的なものが増えて、飛行距離の長い戦闘機もあり、しかし巡行ミサイル
                    は野党はもちろん公明党も反対し、しかしこれは敵基地攻撃ではなく、日本の防衛、尖閣諸島などの離党
                    防衛、派兵したら大変で、ミサイルで方をつけると言っても、国内はともかく、共和国、韓国、中国は日
                    本の軍拡をどう思うか、アメリカではなく、日本は専守防衛であり、攻撃は憲法で認められず、能力を持
                    つことは許されるのか、グレーでも抑止力と言うものの、憲法に抵触、そしてきな臭くなると問題、今日
                    は12月8日、真珠湾攻撃の日なのです、以上、亘さんのお話でした。

                     

                    朝日放送おはようコール(2017/12/8) 中川譲がトランプ大統領のエルサレムを首都指定の愚挙と東京での神社での殺傷事件他を語る&荻上チキSession-22 神保哲生 トランプ大統領のエルサレム首都指定問題を語る

                    0

                      永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
                      院大学客員教授の中川譲さんでした。

                       トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都に指定した件、現地では抗議デモ、民衆蜂起に通じかね
                      ないもので、トランプ大統領の決定はイスラム、パレスチナに看過できるものではなく、エルサレムはイ
                      スラエルが一方的に首都としたものを、トランプ大統領が追認、第3次中東戦争でイスラエルが占領して
                      も、各国の大使館はテルアビブであり、ティラーソン氏やマティス氏もトランプ氏を批判、エルドアン大
                      統領もトランプ氏を批判、ガザ地区からロケット弾も発射、しかし菅氏ははっきり言わず、中川さん、ア
                      メリカの今度の決定は暴挙、愚挙、これから当事者の交渉で決めるべきことを、アメリカにとってもマイ
                      ナス、親米諸国(サウジなど)と反米諸国あり、親米国家も反発、日本もアメリカに明確に反対しない
                      と、日本は国際的に孤立すると指摘されました。

                       昨夜、東京江東区の富岡八幡宮で、宮司ら3人が死亡、現地では宮司職を巡りトラブルがあり、江戸初期
                      から徳川将軍家と関係のある神社、警視庁は殺人事件として捜査、昨晩の段階では分からなかった背景
                      が、宮司を待ち伏せして日本刀で襲撃、毎日新聞によると、氏子さんはいつこんなことが起きてもおかし
                      くなったと語り、今年神社本庁から離脱、宮司職を巡りトラブルのためで、これについて中川さん、この
                      辺りは深川、江戸の下町風情のある町で、日本刀の振り回される場所ではなく、宮司職・神官を巡りトラ
                      ブル、神社本庁を巡るトラブルがあり、間もなく正月、日本の平和な風景を象徴する初参りのところで、
                      何があったか解明しないと初参りできないと言われました。

                       詐欺罪で裁判中の大阪の池田市議、羽田被告が、本会議に出席、整骨院の運営会社で水増しにより700万
                      だまし取り、去年10月詐欺罪で逮捕・起訴されて、関係者10人も逮捕、起訴、池田市議会は羽田被告に辞
                      職勧告決議を2度全会一致で可決しても、法的強制力はなく、給与は支給されて、市民団体も解職請求の署
                      名を集めようとしても足りず、罪を認めても、保釈中に議会に出て、スタジオでもなぜ辞め内科の声があ
                      り、中川さん、本人は罪を認めても、辞職勧告決議には強制力がなく、議員は法律に守られて、それを選
                      んだ民意が優先されるが、民意を得たから何をしてもいいと言った人がいても、投票の重さを住民も考え
                      るべき、候補のことを見抜かないといけない、こんな人間を選んではいけない、こういう批判を何とも思
                      わない人を選んではいけないと言われました。

                       本日の気になる新聞記事、読売36面、年賀状は期間外に投函すると10円高くかかること、期間外は年賀
                      はがきの扱いにならず、スタジオでも年賀状は早く出せと言われてもおかしいとの指摘があり、中川さ
                      ん、これは混乱を招く、早く出す人に余計に請求するのは、現場に負担で、愚策、10円以上の負担が現場
                      にある、朝日9面、電動アシスト自転車、来年で発売から25年、10年で2倍以上に伸びて、高齢者用のもの
                      が、通勤や子供の送迎に使われて、スタジオでも愛用しているとの声があり、中川さん、子供の送迎には
                      生活必需品、安全性を考えて乗ってほしいと言われました、以上、中川さんのお話でした。

                       昨夜のTBSラジオ、荻上チキSession-22にて、トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都に指定
                      した件、ジャーナリストの神保哲生さんの解説がありました、TBSクラウドで公開されています。
                      https://radiocloud.jp/archive/ss954/
                       デイリーニュースセッションセレクト、エルサレムはイスラエルの首都と、トランプ大統領が正式に発
                      表、6日にホワイトハウスで演説、大使館を移転、パレスチナ自治政府のアッバス氏はトランプ大統領を批
                      判、イスラエルのネタニヤフ首相は歓迎、しかしメイ首相やメルケル首相は批判、これについて神保さ
                      ん、トランプ大統領の演説、世界から注目されたが,大したことは言わず、現状追認、アメリカは中東和
                      平にコミットするものの、なぜ移すか、理由は質疑を受け付けておらず、ニュースで言われたことを発表
                      しただけ、移すことを決めたと言っただけで、新しいアプローチと言うものの、中身についてトランプ氏
                      は語らず、記者の質問を受けておらず、アメリカにどういうメリットがあるか、ホワイトハウス、トラン
                      プ氏から説明がなく、空理空論、いじわるな見方をしたら、イスラエルの方が強くそれで押し切るという
                      もので、しかし中東和平には逆効果と世界は判断して、トランプ氏の行動は、トランプ氏はトランプ氏、
                      理由を考える方が間違い、トランプ氏はユダヤ系の影響力が強く、大口献金者、票田が右派、トランプ氏
                      は選挙の公約にエルサレム移転を掲げており、公約を実行に移しただけ、トランプ氏のポピュリズム、白
                      人の支持を固めて勝ち残り、3つの宗教の聖地に、ユダヤ教、キリスト教に一方的に肩入れ、アメリカでは
                      イスラム教は少なく、これらポピュリズムでトランプ氏は選挙に勝ち、しかしトランプ氏が大統領になる
                      時に、核アプリ、核のボタンを握り、トランプ氏は本気で政治をやっているのか、金持ちの道楽か、核の
                      火遊びをさせる危惧があり、イランの核合意も反故にして、しかし、エルサレムの首都移転はアメリカ議
                      会で決めても、95年以来22年、ウェーバーで実行を先送りしており、トランプ氏は大統領令でムチャク
                      チャして、議会の抵抗などで実行できず、しかしトランプ氏が無理してやるべきことではなく、裁判所、
                      議会の横やりの入らないもの、トランプ氏はウェーバーに署名して、記者会見時にペンス氏が控えて、ペ
                      ンス氏の強い意向が働いていると見せていて、影響の大きさをトランプ氏がちゃんと理解しているのか、
                      反発があまりに大きく、トランプ氏の決定で最大の決断、国連も緊急安保理を開くものの、トランプ政権
                      の私的な事情で、国際的影響があまりに大きく、トランプ氏のリスクの結果と神保さん締めくくられまし
                      た。


                       


                      | 1/611PAGES | >>