calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/6/22) 中川譲が大阪北部地震、ブロック塀の問題と自民党魔の3回生による暴言の問題他を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
    院大学客員教授の中川譲さん(元朝日新聞編集委員)でした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタン
    トは斎藤真美アナウンサーでした。

     大阪北部地震、女児の亡くなったブロック塀の問題、亡くなった女児の通っていた寿永小学校では授業
    再開、崩れたブロック塀の残っている通学路、校長は亡くなった女児にコメントとして、涙ぐむ児童もい
    て、被災地を訪れた安倍総理はブロック塀に喧嘩して、全国のブロック塀の緊急点検をすると言うもの
    の、寿永小学校ではガスが出ず給食を出せず、臨時の保護者説明会、1時間の予定が2時間になり激しい質
    疑応答になり、校長はプールの壁が危険と認識して、教育委員会に問い合わせていたもので、毎日新聞一
    面トップ、ブロック塀は危険と3年前に防災アドバイザーから指摘されていたと報じられて、これを聞いた
    校長は教育委員会に相談、しかし点検は市教委の人間がハンマーでたたいて安全と判断されて、対応が
    違っていたら倒壊は防げたもの、これについて中川さん、3年前に気づいて、防災アドバイザーの意見を聞
    いても教育委員会が、形ばかりの対応で、職員も教育の中身を担当するセクションの人間で安全の専門家
    ではなく、これはずさん、安全対策は問題、日本は安全を重視する国だと言われているがそれに反する事
    例が相次いで、警察の捜査も必要、業務上過失致死事件として捜査して、建築基準法違反であり、専門家
    が見たら一目で分かり、市の教育委員会は3年前にちゃんとしておらず、遺族には悔やんでも悔やみきれな
    い。
     被災地ではボランティア活動を募集して、登録が必要、義援金の募集もしているのです、大阪モノレー
    ルは運休部分が縮小です。

     自民党の魔の3回生議員がガン患者にヤジ、参考人として肺がん患者が国会に来て、公共の場での禁煙、
    受動喫煙を防ぐべきものに、自民党穴見議員、大分1区選出、ヤジは1回だけではなく、穴見氏は昨日午後
    コメントを発表して表面上反省しているものの、野党は頼んで来てもらっている参考人への冒涜と批判し
    て、共産党志位氏も激怒、国会に、肺がん患者にいい加減にしろはまともな政治家では考えられず、穴見
    氏は九州のファミレスの経営者、喫煙規制の影響を受けるもの、中川さん、穴見氏は議員バッヂをすぐ外
    すべき、ヤジではなく暴言、暴言を続けて大臣の座にとどまる政治家もいて、政治家の資格なし、これは
    ネットメディアが報じて大きくなり、野党も怒り、国会、永田町が人間らしさを失ってきている、野党は
    もっと頑張ってほしいと説かれました。
    (この件は今日のワイドショーで比較的大きく取り上げられています)

     女社長が弟を殺害、大阪府堺市、これで逮捕、実家のトイレで遺体を見つけたのは弟の妻、自らの関与
    を否定するコメント、しかし弟は睡眠薬を飲まされて、押収されたパソコンから遺書、これには弟の使わ
    ない言葉があったために判明、弟の妻を中傷するビラもまかれて、これは容疑者の会社で印刷されたもの
    で、プリンターで30枚ほど印刷、実家のトイレで亡くなり、扉が接着剤で止められて、練炭に火をつけた
    ライターもトイレの外で見つかり、これだけ不自然なところがあるのに当初自殺、これについて中川さ
    ん、不審な点が多数あり、練炭似比を付けたのは弟ではないとすぐわかり、事件性があれば司法解剖すべ
    き、もっと早い段階から容疑者を絞れて、弟の妻の依頼で司法解剖になり、それがなかったら事件は分か
    らず、警察の捜査に問題、警察はちゃんと捜査すべきと説かれました。

     本日の気になる新聞記事、読売32面、山の死者が統計の残る中で最悪になり、単独の死者が多く、高齢
    者の登山ブーム、海外からの登山者もあり、二田一比古さん、山に入り友達のできるもので、広がりがあ
    るというもので、中川さんも若い頃山に登り、細心の注意が必要なのに、レジャーの延長上になってい
    る、登山は遊びではないと説かれました、以上、中川さんのお話でした。


    ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!(2018/6/20) 西谷文和 地震の多いところに建てられた日本の原発は止めないとエライことになる&大竹まことゴールデンラジオ 白井聡 国体論、菊と星条旗を語る、天皇の代わりにアメリカがいて戦前からの国体は維持さ

    0

      永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー! 今回は第3水曜日ですが、ばんばん侍にフリージャーナリストの西谷文和さんが出られました。アシスタントは増井孝子さんと露の吉次さんでした。
       世の中の様々な出来事をジャンルを問わずスタジオメンバーが取り上げるばんばん侍、西谷さん吹田市で縦揺れ、横揺れ、自宅は大丈夫でも事務所は食器棚に被害、しかし水は出て、ばんばさんは京都で、しかし地震で5人亡くなり、400人以上負傷、振り返ると、70〜80年代は地震は少なく、しかし今日は福島で震度4、地震が頻繁して、西谷さん、原発と地震について、70〜80年代の地震の少ない時に原発が作られて、地震は関東でと言われて、70〜80年代に原発が各地で作られて、(1)大都会から離れる、大阪、東京には事故が起きたら怖いから作られない、(2)構造上、当時は地震なし+海のそば、原発は発電効率がムチャクチャ悪く、熱の1/3しか伝記にならず、残り2/3の熱を捨てるために海が必要(永岡注:原発は280度の蒸気でタービンを回し発電するのですが、これは私の専門で、蒸気でタービンを回すには400〜500度にしないと効率が悪く、ところが、原発で400〜500度で運転すると事故になるために出来ないというとんでもないもので(私は84年に研究室の見学で美浜原発に行き、どうして280度と言う温度で原発を運転するのかと関電の社員に質問したら、答えはしどろもどろでした、効率のいい温度にしたらメルトダウンするとは、原子力マフィアは口が裂けても言えないのです)、これは原発が発電のためのものではなく、核兵器材料のプルトニウムを作るためにあらゆる無駄を許すとんでもないものであること示しています)、(3)海のそばのリアス式海岸に建てる、ビーチだと隠れず、リアス式海岸に大飯、伊方原発も立ち、ところがリアス式海岸は活断層は多く、地震は良く来る、ところが、70〜80年代は地震なしとされて、津波も来ないとされて、リアス式海岸に原発が建てられて、伊方原発は中央構造線の真上、断層の上であり、大飯、高浜原発も断層の上で原発はとんでもない。
       今回は有馬・高槻断層帯、断層は動く、原発を活断層の上に建てる→地震、破滅、断層は原子力規制委員会があり、島崎さんが警告していたら追放されて、何が第3者委員会、モリカケ問題と同じ、加計理事長は地震の翌朝に、ワールドカップの時に記者会見であり、ばんばさん、加計理事長を見て何とも言えず、西谷さん、渡辺事務局長に責任を押し付けて、これはとんでもないことであり、ばんばさん、プライドはないのかと問われて、西谷さん、2012年の第2次安倍政権以降19回も加計理事長は安倍総理と会い、年に4回、そしてなぜこの時期に記者会見か、地震+ワールドカップ、ワイドショーは、特にワールドカップがあり、ドン・ファン、タレントの不祥事もあり、地震の活断層に原発がある、モリカケ問題は安倍政権に痛手で、加計理事長の記者会見は地元記者しか来られず、報道ステーションの記者は排除、地元の記者クラブの記者しか入れず、知る権利を侵害している。
       モリカケ問題を追及してきたジャーナリストを入れないのは、都合が悪いからで、今治市と愛媛県から93億も補助金が出て、これの責任があり、渡辺事務局長が嘘をついた→詐欺罪なら、渡辺事務局長と加計理事長は籠池夫妻と同じく補助金詐欺、それも森友学園と比較にならない大きい額で、これは刑事告発されて、渡辺氏が愛媛県をだましているとしたら、愛媛県民、今治市民は住民監査請求、訴訟ができる、県民税を詐取、安倍氏がいいねと言ったからとされて、嘘なら安倍氏は怒るべきなのにせず、これは自分や妻がかかわっていたら辞めると言ったときは逆ギレしたのに、安倍氏は加計理事長や渡辺氏に逆ギレしない。
       住民監査請求は行政のチェックのため、地震は起きたら、市役所などは災害の対策本部になり、大阪城があそこにあるのは強固なところのため、ところが、2008年に橋下が知事になり、WTCに府庁を移転、96億かけて、これは行政訴訟になり、今回は3,4階建ての建物が一番揺れて、今回は内陸型地震、揺れに固有の周期、10mで1秒で、今回は3,4階建ての建物が共振して壊れて、ところが南海トラフ地震はプレート同士の衝突によるもので、東日本大震災も同じ、長周期地震動になり、大阪は6秒揺れて、60階建てのビルは東日本大震災でも一番揺れて、東日本大震災は宮城沖地震で地震、しかし大阪ではWTCのみ揺れて、エレベーターが止まりひび割れ、これは、長周期地震動の際には高層マンション、タワーマンションが危険、5,6秒の周期の地震だと、最上階は特に危険、家具が飛んでくることで、ブロック塀の危険性は1978年の宮城沖地震で分かり、しかし大阪では実感なく今回の被害、大阪府庁をWTCにしたら、大災害で職員は行けないし、災害対策できず、しかしこれは分かっていて、当時は橋下氏が飛ぶ鳥を落とす勢いで、WTCにして、利権があると西谷さん疑われて、府庁を動かすと、ゼネコンも入り、大手前の庁舎を壊して、そこに新たなハコモノを建てる利権もあったと締めくくられました、以上、西谷さんのお話でした。

       続いて、大竹まことゴールデンラジオ、政治学者の白井聡さんが大竹メインディッシュに出られて、司会は壇蜜さん、国体論、菊と星条旗、6刷7万部であり、毒にも薬にもならないものを書くつもりはなく、今自分たちのいるところを理解すべき、今年は明治維新150年、あの頃の日本人は元気だったではなく、この150年の結論を見たいもので、太田英明さんも読まれて刺激的で、好奇心をそそられて過激と言うもので、国体という意味について、意識せず使われているが、白井さん、国体の意味は、現在死語になり、国民体育大会のことではなく、戦前、国体と頻繫に使われて、世界に類を見ない日本国の独特のもの、治安維持法が罰する対象は、思想弾圧では、国体を変えようとしたら、最高刑は否定=国体を否定することは絶対に許されないもの、国体の意味は、当時、日本国のあり方を、巨大な家族に見立てて、トップは天皇陛下、国民は天皇の赤子、一億総天皇の子供、家族のような国家のあり方は日本独特のもので、太平洋戦争の敗戦を経て、国体が国を狂わせたとして、国体は否定されて死語になり、天皇を中心とした家族体制に戦前は異議を唱えられない。
       国体は、体制の意味かと太田さん問われて、白井さん、国家観、支配がない、日本は西洋の近代国家と異なり、国家の成立は社会契約論を示し、人々が対立する、支配と被支配、約束ごとを作り、国家、秩序を作る、権利を縛る憲法の立憲主義、しかし、国体論は、対立していない、みんな家族というもので、天皇陛下が支配しているのでなく、天皇陛下は国民を我が子のように思うもので支配ではないとするもので、明治維新→太平洋戦争、国体の動き、戦後は天皇の上にアメリカが立ち、戦前と同じ支配ではあり、それで今は戦前と同じく危ないと白井さんは警告されて、一度国体は太平洋戦争敗戦で否定されて、表向きは無くなり、しかし、白井さん、国体は表面上なくなっても生きている、フルモデルチェンジ、日本の全体の形式、天皇がトップ、その上にアメリカが君臨すれるネオ国体、戦後の国体ではあり、戦前は天皇に異を唱えることは許されず、そして今はアメリカに逆らえないが政府与党、そして国民にあり、日米安保条約を否定する言説は日本だと決してメジャーになれず、政府ではそんな考えは許されず、安保否定=反国体であり、日本はアメリカに逆らえないのを利用している既得権益があり、対米従属という言葉があり、戦後日本はアメリカの子分、地位協定などで、驚くべきことではない、アメリカと戦争して惨敗したためで、世界ではアメリカに従属していない国はないほどだが、日本は世界でも類を見ない形で対米従属、従属していないと思っている。
       浜松町の空は日本のものではなく、東京上空は横田基地の、米軍の支配する空域で、米軍機が最近よく事故、F15が沖縄で墜落、オスプレイも事故続発でも、日本にそれを止められず、米軍機はどこを飛んでもいい、日本に異議を唱えられず、こんな地位協定を結んでいる国は他にない。
       今後、予想される日本の破綻は、一回目の国体の破綻は、最後太平洋戦争は長引き、犠牲者は最後に集中して、300万のうち200万は最後の1年でなくなり、戦争を止めなかったのは国体を守るため、しかし45年8月にポツダム宣言、本土決戦しなかったのは国体を守るため、同じことが今もあり、対米従属している人たちの利益のために、どんなことをしてもいいが日本の支配層の考えで、これは日本がこれを許さないとレベルアップするしかない。
       トランプ大統領の登場で、今までアメリカは日本を守る庇護をしていたとポーズはあったのに、トランプ大統領はアメリカファースト、日本の支配層は発狂状態、これをごまかすのに安倍政権は必死になっているもので、これを白井さん説かれました。以上、白井さんのお話でした。


      朝日放送おはようコール(2018/6/21) 二木啓考が大阪北部地震と国会の与党のやり方は生煮えであることを語る&デイ・キャッチ! 近藤勝重 加計理事長の記者会見に怒る

      0

        永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
        リストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウンサーでし
        た。

         大阪北部地震、不安を抱えた生活はいつまで続くのか、未だに1500人避難生活、茨木市内に長蛇の列、
        自衛隊が風呂を設営して開放されて、ガスの止まった中で少しでも、被災者は喜び、水風呂に入れず、3日
        ぶりのお風呂に感銘、しかし、昨日は大雨で、避難所に身を寄せる人も多く、高槻市では、避難所生活を
        余儀なくされる被災者が絶えず、自宅で暮らす人たちも不安を抱えて、専門家が家屋の判定をして、家を
        修理する必要のある方もあり、被災者は大変であり、日常生活を取り戻すのはいつか、高槻市ではガスの
        復旧に向けて大変、大阪ガスは4000人態勢で復旧作業に懸命ではあり、建物・家屋の診断、赤い危険と判
        断されたら家に入れず、ガスは11万戸で止まり、二木さん、災害ストレス、地震発生時には気が張って
        いるものの、段々と体調が崩れて、心的ストレスが、避難所でプライバシーなし、余震への恐怖、災害ス
        トレスを抱えないように専門家に相談してほしいと説かれました。避難指示、避難勧告は昨日の雨で土砂
        崩れが危惧されて、地震に便乗した詐欺、役所の職員を名乗りニセの募金、悪質リフォーム詐欺、補強し
        なくしてもいいものに呼びかけて、技術を悪用するもの、不審に思ったら警察、役所に相談すべき、二木
        さん、熊本大地震を取材されて、益城町でもリフォーム詐欺、ビニールシートを押し売りがあり、名前と
        顔をマスコミに公表するのが再発防止、少しでも怪しいと感じたら疑うべきと説かれました。そして、地
        震と大雨で交通が乱れています。

         国会での与野党の攻防、国会は昨日が会期末でも、一億総社畜化法案、一億総博徒法案をゴリ押しする
        ために、与党の判断で1か月延長、参院を6議席増やすもの、野党はモリカケ問題で総理の出席する集中
        審議や加計理事長の国会招致を求めて、野党は日程協議を拒否、二木さん、久々の大型延長、新たにモリ
        カケ問題が出てきたため、野党は疑惑を晴らせでも、与党は真摯な態度で再発防止と言うものの、全然進
        まず、こんなに多くの問題、全部生煮え法案、一億総社畜化法案は、残業代ゼロでも根拠のデータがデタ
        ラメ、法律施行時に、運営規定が必要だが、省令、政令は60あり、一億総博徒化法案も生煮え、政令は330
        もあり、何も決まっておらず、形だけ通してしまうのが与党のやり方、進める話は生煮え、野党の追及も
        弱いが、取材してなるほどは全くないと説かれました。

         大阪で、練炭自殺に見せかけての殺人事件、二木さん、父親がインスリンを投入したと、両親、弟にこ
        んなことをはた背景は何であったかと説かれました。

         本日の気になる新聞記事、朝日新聞32面、大迫半端でない、2009年の高校サッカー選手権からのも
        の、日刊スポーツの寺尾さん、個人的にはピンと来ない、パフォーマンスではなく、半端ないの氾濫を危
        惧されて、二木さん、鹿児島出身、スターであると説かれました、以上、二木さんのお話でした。

         20日のTBSラジオ、荒川強啓デイ・キャッチ! 加計理事長の記者会見について近藤勝重さん、朝に
        岡山でやったが、本件は岡山でやるべきことではなく、大阪の地震とワールドカップがあり、事務局長が
        前に進めたいと言ったのを否定したなら、愛媛県と今治市は税金93億を加計学園に出すもので、かつて政
        治家の名前を出してお金を出させたのと同じ、これで安倍氏はいいねと言った件、問題が大きいのに、記
        憶にない、記録にないで逃げたらダメ、記憶にないは永田町で禁句にすべき、記憶にないと言ったとたん
        にブーイングするようにすべきと怒られました。
         また、国会の延長について、リスナーより、こうなったら国会は1年中やって安倍氏の疑惑を追及すべき
        とあり、近藤さん、バクチは刑法に抵触するもの、バクチ場に賛成しているのは大阪のみ、その大阪で地
        震、バクチ場にお金を使うなら、防災にお金を使い、国際観光都市として世界にアピールすべき、外国人
        相手にバクチで儲けなくても、バクチ場に行くのは日本人で成長戦略にならないと怒られました。そし
        て、地震、南海トラフ地震についても対策しないことに怒られました。


        朝日放送おはようコール(2018/6/20) 木原善隆が大阪北部地震でのブロック塀の問題、東京加計理事長記者会見はなっていないことを語る

        0

          永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、水曜日のコメンテイターはABCコ
          メンテイターの木原善隆さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウン
          サーでした。伊藤史隆(しりゅう)アナウンサーも同席でした。今朝のテレビはワールドカップでの日本
          の勝利一色で、ニュースのコーナーは縮小です。

           大阪北部地震、高槻市で女児がブロック塀が倒れて亡くなった(失血死)ことを機に市内のブロック塀
          を検査して、市の教育委員会が危険と認めたブロック塀、問題のものは高さで建築基準法違反+鉄筋な
          し、専門家は倒れやすかったと指摘して、警察は業務上過失致死の容疑で捜査、そして建築基準法違反の
          危険な塀は複数の学校にあり、高槻市長は明言を避けても、ブロック塀は問題だらけ、建築基準法では
          2.2mまでなのに、3.5m、それも不十分な鉄筋であり、支え壁の設置も義務付けられているのになし、高槻
          市では他にも違法建築があり、史隆さん、生活にこういう壁は多数あると指摘されて、これについて木原
          さん、いたたまれず、高槻市だけでなく、大阪府内で180カ所にて39校で問題あり、なぜこんなに問題なの
          か、学校の耐震工事は阪神・淡路を経てやったのに、フェンスや壁は対象外、高槻市では第2次ベビーブー
          ムで学校をたくさん建てた時期で粗製乱造であり、横山さん、こんな構造ではダメと言われると、木原さ
          ん、コストが安く、耐震化工事は20年かかり、壁の補強は容易でもっとすべきと説かれました。
           今日は雨のピークは午前中〜昼、木原さん、2次災害に要注意で、熊本大地震のように2回目か大きい場
          合もあり、少しでも危険だと感じたら避難すべきと説かれました。大阪には雨による避難勧告も出ていま
          す。

           本日の気になる新聞記事、朝日新聞1面、加計理事長が記者会見して、午前11時、しかし会見を知らせる
          ファックスは開始時間のたった2時間前に送られて、加計理事長は謝罪して、木原さん、昨日の記者会見の
          タイミングはひどすぎる、大阪での地震の後、ワールドカップ、こんな時間では東京のメディアは来られ
          ず、大阪にいた報道ステーションの記者が急遽行っても門前払い、これで説明責任を果たしたとは言え
          ず、加計理事長を国会に呼ぶべきと説かれて、、読売新聞34面、JRに閉じ込められた人は14万人、過去
          最大であり、木原さん、安全確認は必要だが、時間はかかりすぎ、JR社員も現場にたどり着くのに大変
          であったと説かれました。以上、木原さんのお話でした。


          朝日放送ラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です(2018/6/19) 梅田康弘 大阪北部地震を語る、南海トラフ地震が近づき内陸型地震が起きる!

          0

            永岡です、今朝の朝日放送ラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェスト、大阪
            北部地震について、京都大学名誉教授の梅田康弘さんが出られました。すでに昨夜のニュースなラヂオと
            今朝のおはようコールとの内容も重複しますが、お知らせいたします。
             昨日の大阪北部地震、7時52分にも余震、南海トラフ地震の発生が迫り、梅田さんは内陸地震の発生を警
            告されて、これはその一環、フィリピン海プレートの歪みにより、昨日のような地震、熊本大地震、鳥取
            地震も同じ、東日本大震災は太平洋プレートにより起きて、西南日本はフィリピン海プレート、太平洋の
            南海沖、アメリカが名前をつけてフィリピン海プレート、これが大陸から来ているプレートと、日本と衝
            突して、挟み撃ちになり、それで南海トラフ地震が起きる、マグニチュード8クラス、西南日本で、この10
            年で70〜80%、最後の南海地震は1946年であり、70年以上経ち、歪みがたまり、南海トラフ地震になる。
             有馬・高槻断層帯での地震は予想されたか、マグニチュード6クラスだと断層との対応が困難、マグニ
            チュード7クラスだと、阪神・淡路の野島断層のように出てくるが、今回は出ず(地層のずれは地下で地上
            から見えない)、そして上町断層、奈良。生駒断層があり、この3つの活断層のどれか不明、マグニチュー
            ド7くらいなら判別できるが、断層帯と言われるように、細かい断層がたくさんあり、どれが動いたか不
            明、活断層はたくさんあり、断層帯だらけ、日本列島は変動帯、活断層は地上から見えないものもたくさ
            んあり、活断層がないと思われるところにもあり、主要な活断層は100程度、細かいのも含めて何千何万と
            あり、日本列島は中国大陸から外れて移動して、動くのが日本列島、そういうところにいるから、水など
            豊かな暮らしができて、しかし断層には、水、そして動物もいて、断層があるから、水や温泉など恵みも
            あり、断層の恵みを無視したらダメ。
             熊本大地震は連続で起こり、熊本、大分のようにならないか、地震の減り方、熊本大地震は大きな地震
            が続き、本震が後で来て、そして大阪も注意は必要。これが直接南海トラフ地震の引き金になるのではな
            く、逆で、南海トラフ地震が近づいているので、内陸型地震が起きる。
             近々の注意は雨で、メディアは高槻市、茨木市の、造成地を見せて、崖崩れに要注意、長期的には南海
            トラフ地の震対策で、家具の固定などをすべきと締めくくられました、以上、梅田さんのお話でした。

             

            朝日放送ラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です(2018/6/19) 梅田康弘 大阪北部地震を語る、南海トラフ地震が近づき内陸型地震が起きる!

            0

              永岡です、今朝の朝日放送ラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェスト、大阪
              北部地震について、京都大学名誉教授の梅田康弘さんが出られました。すでに昨夜のニュースなラヂオと
              今朝のおはようコールとの内容も重複しますが、お知らせいたします。
               昨日の大阪北部地震、7時52分にも余震、南海トラフ地震の発生が迫り、梅田さんは内陸地震の発生を警
              告されて、これはその一環、フィリピン海プレートの歪みにより、昨日のような地震、熊本大地震、鳥取
              地震も同じ、東日本大震災は太平洋プレートにより起きて、西南日本はフィリピン海プレート、太平洋の
              南海沖、アメリカが名前をつけてフィリピン海プレート、これが大陸から来ているプレートと、日本と衝
              突して、挟み撃ちになり、それで南海トラフ地震が起きる、マグニチュード8クラス、西南日本で、この10
              年で70〜80%、最後の南海地震は1946年であり、70年以上経ち、歪みがたまり、南海トラフ地震になる。
               有馬・高槻断層帯での地震は予想されたか、マグニチュード6クラスだと断層との対応が困難、マグニ
              チュード7クラスだと、阪神・淡路の野島断層のように出てくるが、今回は出ず(地層のずれは地下で地上
              から見えない)、そして上町断層、奈良。生駒断層があり、この3つの活断層のどれか不明、マグニチュー
              ド7くらいなら判別できるが、断層帯と言われるように、細かい断層がたくさんあり、どれが動いたか不
              明、活断層はたくさんあり、断層帯だらけ、日本列島は変動帯、活断層は地上から見えないものもたくさ
              んあり、活断層がないと思われるところにもあり、主要な活断層は100程度、細かいのも含めて何千何万と
              あり、日本列島は中国大陸から外れて移動して、動くのが日本列島、そういうところにいるから、水など
              豊かな暮らしができて、しかし断層には、水、そして動物もいて、断層があるから、水や温泉など恵みも
              あり、断層の恵みを無視したらダメ。
               熊本大地震は連続で起こり、熊本、大分のようにならないか、地震の減り方、熊本大地震は大きな地震
              が続き、本震が後で来て、そして大阪も注意は必要。これが直接南海トラフ地震の引き金になるのではな
              く、逆で、南海トラフ地震が近づいているので、内陸型地震が起きる。
               近々の注意は雨で、メディアは高槻市、茨木市の、造成地を見せて、崖崩れに要注意、長期的には南海
              トラフ地の震対策で、家具の固定などをすべきと締めくくられました、以上、梅田さんのお話でした。

               

              文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2018/6/19) 深澤真紀 災害時のデマ、ヘイトを許してはならない!デイ・キャッチ! 森功 加計孝太郎氏記者会見を語る、ガス抜き、出来レース会見である!

              0

                永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、今週火曜日の大竹紳士交遊録は獨協大学
                特任教授でコラムニストの深澤真紀さんでした。パートナーははるな愛さんでした。大竹さん腰痛でお休
                み、はるな淑女交遊録です。
                 今回のお話は、昨日の大阪北部地震、夫の実家が兵庫県、阪神・淡路も体験して、今回はSNSでデ
                マ、フェイクカード、ヘイトが飛び交い、シマウマ脱走、これは愉快犯、京セラドームにひびが入ったも
                のは、汚れを誇張、京阪電車脱線など、デマ、熊本大地震の際に、ライオンが逃げたと、神奈川の男性が
                やり、リアルな写真で警察が動かざるを得ず、警察、消防の忙しい時で、投稿したものは逮捕されて、熊
                本でもデマがあり、ツイッターで公式サイトによる更新もあり、ツイッター、SNSは、災害時こそ慎重
                にすべき、東京都は公式アカウントもあり、ヤフー防災速報(https://emg.yahoo.co.jp/  )、ドコモ
                でも、タブレットでも入る無料のアプリ、GPSに入れたらどこにいても分かり、東京都防災アプリ
                http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1005744/index.html )、東京以外で使えて、日本語だけでなく、
                英語、中国語、韓国語でOK。
                 お住いのところのインフラ、JR、ガスなどをブックマークしていたら大丈夫、ツイッターに頼りがち
                だが、公式アカウントは信頼度があり、デマの投稿はリプライを見たら、デマで拡散するな、本人が間違
                いと気づくものがあり、ツイッターで、大阪・シマウマと検索したらデマと分かり、フェイクニュース、
                ヘイトのものはアカウントを見たら判別できて、グーグルの画像検索で最新の画像ではないと分かり、急
                いで伝えるとデマになり、最初はお友達同士の連絡のみにして、そして関東大震災の時から、日本にいる
                外国人へのヘイトデマ、大阪で、外国人の窃盗に気を付けろ、パニックを起こすなど書き込む人が残念な
                がら多く、リプライ欄にヘイトデマをながすなと書けるが、東日本大震災でも、熊本大地震でも必ずデマ
                が出る、被災者がやるのではなく、周囲でヘイトスピーチをして、ツイッター社はヘイト発信を止めるこ
                ともあり、差別発信は止めるべき、外国人は災害で不安ではあり、そして東京都の防災アプリは多言語に
                対応できて、やさしい日本語のサイトもあり、日本語がある程度分かる人には利用できて、自分も外国に
                行ったことを考えるべき、これから日本に外国人も多く来て、英語だけではダメ、大阪は外国人が多く、
                日本語表記だけでは問題、デマ、ヘイトを社会が許さないと、社会が発信すべき。
                 太田英明さん、日頃から社会、自治体の信頼感が必要と説かれて、深澤さん、地震に紛れての記者会見
                の問題にも言及されました、以上、深澤さんのお話でした。

                 荒川強啓デイ・キャッチ!オープニングで加計学園の加計孝太郎氏が緊急記者会見した件、ノンフィク
                ション作家の森功さんが報告されました。加計学園の理事長が、緊急会見は今朝突然発表、愛媛県に誤っ
                た情報を与えた渡辺事務局長が勝手にやったと叱責、加計理事長は理事長職を続けて、安倍氏との個人的
                な関係なし、渡辺氏のものは前に進めるための虚偽発言というもので、なぜ今回大きな問題になったか、
                愛媛県中村知事が会見を求めていて3週間後、こちらのスケジュールで中村知事に会えなかった、国会招致
                は自分が決めることではないといい、たまたま総理と仲がよくこうなったと言うものの、森さん、悪だく
                みの本を書かれた方で、お電話でお話、今回の記者会見は「ガス抜き会見、出来レース」、簡単に言う
                と、自民党から記者会見の要求が、竹下氏ら、このままだと持たないので記者会見してくれと要請のあっ
                た出来レース、加計理事長が出てきてガス抜き。
                 今朝、突然のもので、朝の11時には東京のメディアは行けない+大阪で地震で、その合間と強啓さん説
                かれて、森さん、驚いた、9時半に会見で、さらにワールドカップもあり、話題にならないタイミングを見
                計らい、東京ではしない、地元限定の記者しか入れず、国家戦略特区は国政の話で、地元の記者のみの記
                者会見は意味がない。
                 中村知事が早く会見しろとして、どこかのタイミングでやる、誰かの指示があったのかもしれず、渡辺
                事務局長が勝手に、前に進めるためと言うものの、何をどう進めるのか、記者の質問も甘く、渡辺氏の発
                言のどこが間違いか指摘されず、加計理事長のあいまいな表現、前に進めるとよく使うものの、補助金を
                もらうためか、官邸との打ち合わせか、「前」の意味が分からずあれでは会見になっていない。
                 安倍氏も、加計学園について理事長と話していないと言うものの、突っ込むべきは、安倍氏は加計学園
                に入れ込み、千葉科学大学の入学式に行く、アメリカの小学校を視察、加計学園の仕事にも安倍氏はビジ
                ネスとして貢献して、これを無視したのは不自然ではあり、国会招致は待つというので、これのみ収穫、
                招致されるなら行くというからには、自民党も会期延長であり、加計理事長を招致すべきと締めくくられ
                ました、以上、森さんのお話でした。


                朝日放送おはようコール(2018/6/19) 梅田康弘、小西克哉が大阪北部地震を語る&Session-22での谷口真由美さんのコメント

                0

                  永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、火曜日のコメンテイターは国際
                  ジャーナリストの小西克哉さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウン
                  サーでした。地震学者の京都大学名誉教授の梅田康弘さんも昨夜のニュースなラヂオ特番に続いて参加さ
                  れました(梅田さんはこの後道上洋三さんのラジオにも出られます)。
                   NHKは毎朝4時半からニュースなのに、今日はワールドカップで、地震情報は画面にL字のみ、本来な
                  らばNHKは臨時ニュースを24時間やるべきです!

                   大阪北部地震、4人死亡、300人以上負傷、大阪で400カ所の避難所、JR大阪駅に津田理帆アナウンサー
                  がいて、大阪北部地震は交通機関に大影響、環状線は始発から平常通り運航とのことです。大阪モノレー
                  ルは運休、土砂災害もあり、気象予報士の正木明さん、中部、南部で今日午後から大雨が危惧されて、朝
                  の雨は中部、南部、今夜〜明日に大雨、地震で地面の緩んでいるところは、大雨警報、土砂災害警報の基
                  準が(雨量の)低めに設定されています。
                   地震の被害、いきなり大きな縦揺れが7時58分に発生、最大震度6弱、火災も発生して、高槻市では水道
                  管破裂、たくさんの水が溢れて、警察官が車を誘導して、電車が止まり、JR職員に誘導されて線路に降
                  りて、高槻市では9歳の女児が犠牲になり、市の教育委員会は壁が違法建築と認め、茨木市でも高齢の男性
                  がタンスの下敷きになり死亡、このマンションには主婦とリタイアした高齢者のみいるもので、大阪市内
                  では信号機も破損、国道176号(大阪→宝塚)も大混雑、大阪市内でも火災、エレベーター閉じ込め事案が
                  連続、新淀川大橋は行列ができて、小西さん、新淀川大橋の混雑に遭遇です。大阪市では半壊一棟、高槻
                  市の被害はまだ明確にならず、中邨雄二さん、高槻市で、水道が止まり、地震の際に仙台におられて(前
                  日楽天と阪神の試合中継のため)、大阪に帰るのに苦労(タイガースの選手の乗る飛行機は遅れて、中邨
                  さんの便は欠航)、小西さん、伊丹空港→朝日放送に昨日は3時間、タクシーがないためです(通常なら30
                  分くらいで行く)。
                   ブロック塀被害があり、壁の崩落、建築基準法では補強が必要なのにされておらず、これについて梅田
                  さん、ブロック塀は耐震性が低く、見直しの必要があると説かれました。
                   今回の地震の原因、震源は高槻市周囲であり、ここには有馬・高槻断層帯、しかし危険とされていたの
                  は上町断層帯、さらに東には生駒断層帯があり、梅田さん、ここは東西方向の圧縮力のあるところで、地
                  震は断層がずれて起きるが、今回の地震はどの断層で起きたか、マグニチュード6.1なら特定は困難(地表
                  に出ない、マグニチュード7なら出てくる)、小さな断層の動いた可能性もあり、ここでは1596年に大地
                  震、小西さん、有馬・高槻断層帯で地震の起きる確率0.1%というなら誤解を呼ぶ、0.1%の意味を問われ
                  て、梅田さん、断層帯全部が動く確率が0.1%で、今回はピンポイントであり、有馬・高槻断層帯が全部動
                  くとマグニチュード7.5、しかし小さい地震の起きる確率は上がり、マグニチュードが1低くなると、発生
                  確率は10倍、大きい地震だと阪神・淡路のように断層が明確になるが、今回はマグニチュードは大きくな
                  いものの、震源が13kmと浅く、淀川の堆積層が被災地で厚く、高槻市市街地は最たるもので、それにより
                  被害は大きくなり、地盤が元から緩んでいる。
                   小西さん、ピンポイントの確率をなぜ政府は出さない、0.1%が独り歩きしたら安心と思われると問われ
                  て、梅田さん、断層はたくさんあり、このように小さい地震の確率を政府は発表できていない。
                   中邨さん、高槻市民として、熊本大地震みたいに後でまた大きいものは来ないかと問われて、梅田さ
                  ん、皆さん一番懸念されていることで、しかし余震活動はあっても減りつつあり、熊本大地震では最初と
                  同規模の地震が続き減らず、今回は余震が小さくなりつつあり、熊本大地震では余震が大変に多く、今回
                  は余震が22回、しかし、ここ2,3日は要注意、地震は規模が小さくても、堆積層がこれでは注意が必要。
                   千葉、栃木で地震もあり、南海トラフ地震は、このような地震の連続の後に起こると梅田さん警告され
                  ました。
                   ブロック塀、小西さん、高槻市も謝罪して、1978年の宮城沖地震で耐震基準は変わり、しかし阪神・淡
                  路を経てもブロック塀の対策はなく、フェンスはもっと軽いもので今やっていると説かれました。

                   今夜から大雨が危惧されて、正木さん、梅雨前線が活発、地盤が緩み、少しの雨でも被害は危惧され
                  る、梅田さん、市街地は振動による被害だが、高槻市は造成地があり、土砂崩れ、崖崩れに要注意と説か
                  れました。
                   津田さん、5時半現在、JR大阪駅は乗客が集まりだして、昨夜電車に乗れずネットカフェで過ごした方
                  のことを報告されました。6時現在JR大阪駅は混乱なしですが、電車には遅れも出ています乗客は早めに
                  出た人もいた模様です。JR西日本はほぼ通常通り、私鉄も始発から通常通り、大阪モノレールは全線で
                  運行再開のめど立たず、関西3空港は通常通りです。

                   これから、家具や大型家電の固定、避難場所を家族で確認、避難時には長袖で行くべき、発泡スチロー
                  ルはこういう時に役に立つことなどです。小西さん、帰宅困難者が多く、電車が止まったら、どこで過ご
                  すかの対策は必須、中邨さん、ガラスが落ちて、スリッパは必須と説かれました。

                   本日の気になる新聞記事、産経4面、スーパー、コンビニで買い出し殺到、飲料水品薄、中邨さん、買い
                  出しに家族が行っても、人間の食べるものはなく、ペットフードしか残っておらず、梅田さん、南海トラ
                  フ地震に備えは必要と説かれて、朝日2面、エレベーター閉じ込めが200件以上、このまま落ちるかと、携
                  帯電話で家族に連絡した例もあり、2009年以降、地震を感じると最寄り階に止まるように義務付けられて
                  いるものの、山崎寛代さん、ホテルの18回で大変であったと説かれて、梅田さん、たくさんのエレベー
                  ターが止まると救出も大変で、対策が必要だと言われて、朝日新聞34面、ツイッターにデマが拡散され
                  て、シマウマ脱走、大阪ドームに亀裂などあり、ツイッターのデマは熊本大地震でも、動物園からライオ
                  ンが放されたとデマ、柴田博さん、どうしてこんなことをするのか、SNSは助ける方向にすべき、人間
                  の嫌なものを見たと言われて、梅田さん、昔から地震でデマもあり、江戸時代からパニックになるとこう
                  いう傾向があった、大きな地震がまた来るぞとなると説かれました。以上、梅田さん、小西さんのお話で
                  した。

                   荻上チキSession-22で、谷口真由美さんが報告されています。
                  https://radiocloud.jp/archive/ss954/
                   デイリー


                  TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2018/6/18) 青木理 拉致問題は安倍政権の責任で(やれないだろうが)解決しろ!メディアの程度が低く安倍政権の横暴を許している&毎日放送ラジオ、サンテレビ 大阪北部地震特番

                  0

                    永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 月曜日のレギュラーはジャーナリストの青木理さんでした。また、毎日放送ラジオは特番で、さらに阪神・淡路の被災地のサンテレビも特集しており、これらを聞いてみました。ややこしいですが、ご容赦ください。

                     毎日放送ラジオは特別編成、大阪北部地震(大阪で震度6は1923年以来初)、女児が亡くなった高槻市立寿永小学校をネットワーク1・17のキャスターの千葉猛さんが報告、倒れた塀は古いもので強度に問題と報告されました。1596年に今回と類似の地震、マグニチュード7.5の地震がありました。
                     松井愛さんと藤林温子さん、MBSに自転車、皆さん徒歩で来たというのです。松井愛さんは自転車で来られて、しかし、交通手段がなくMBSに来られなかった方も多いのです。
                     近藤光史さん(大阪市福島区、梅田の一つ西)、ベッドをつかんで、マンションの、13階、ペットの犬は病院で、家では近藤さんのみ騒ぎ、エレベーターは止まり階段のみ、13階との往復の勇気はなく、松井さん、タワーマンション30何階は大変と説かれて、近藤さんのところは大混雑はなく、松井さん、高い食器から割れたという声を紹介されて、近藤さんは阪神・淡路を体験しておらず、食器は無事、家具は方向を考えて置いて、ベッドに倒れないようにしてあるというのです。エレベーターはようやく再開なのです。
                    上泉雄一さん、西宮におられて、MBSに行くところで地震、阪神西宮に行っても電車は止まり、甲子園の野球の際どころでない混雑であり、15時半のラジオ開始に間に合うか、SNSで交通が動いていないと知られて、ひたすら阪急の夙川駅(西宮北口の一つ西)に行かれて、電車は立ち往生、点検車両が動いて、何とか大変であったのです。
                     リスナーより、10時の段階でスーパーは水とカップ麵はなくなったと声もありました。

                     デイ・キャッチ!でも大阪北部地震のこと、震度6弱の茨木市の主婦の方の声があり、この時間、ご主人は出勤、お子さん二人とおられて、地震発生時、上の息子さんはお休み、下の息子さんを幼稚園に送る準備で、子供を呼びに台所を離れたら、食器棚が倒れて、ご主人の力なしで食器棚は元に戻せず、電気と水はOK、ガスは昼の時点で止まり、お子さんにけがなし、棚から落ちるものは全て落ちて、地鳴り→横揺れ、お子さんのところに走るのも大変で、幸いに大きなけがはなしでした。
                     MBSの馬野雅之さん、デイ・キャッチ!に電話で出られて、自宅であり、地震の際に犬と散歩されて、西宮市と宝塚市の境におられて、ドンという音→下から突き上げるような揺れ、長い揺れではなく、地面がうねるような感覚であり、馬野さんは阪神・淡路の際は就寝中、震度6のところであり、阪神・淡路の揺れに近く、阪神・淡路の時になかった緊急地震速報は、馬野さんのところでは揺れてから鳴り、間に合わない、直下型地震と海洋型地震の違いを知り、馬野さんのところはライフラインは大丈夫、しかし鉄道は再開のめどなし、ラッシュアワーで、お嬢さんは電車の中に閉じ込められて、電車から出たら自己責任!どこに行ったらいいか、近所の方が誘導される場合もあるものの、自宅から離れたところで被災したら、阪神・淡路は早朝、今回は活動時間であり問題と説かれました。
                    (緊急地震速報は地震のP波(縦波、弱い、先に出る)を感知して、本番の強い揺れのS波(横波、後で出る)を警告するもので、直下型地震だと二つの時間さ時間差は短くなっていまいます)
                     サンテレビのニュースで、GPSにて地震を調べられている京大の西村卓也さん、歪集中帯、新潟〜神戸と説かれて、西村さん、今回の地震は内陸で浅い地震、マグニチュード6.1と小さめでも震源が浅く揺れが大変で、地震の要因は、震源の位置は有馬・高槻断層帯であり、これが動いた可能性があり、さらに生駒断層帯と交わるところで地震、二つの活断層が関与した可能性があり、有馬・高槻断層は東西方向、生駒は南北、GPS観測からも歪みのたまっていることが分かり、阪神・淡路の余震ではなく、大阪府でも東、阪神・淡路の震源から20km離れて、阪神・淡路の余震ではなく、別の地震だと説かれました。
                     室崎先生、直下型地震が頻繁すると、南海トラフ地震の可能性を説かれて、直下型地震と海洋プレート地震は関連しているとサンテレビで説かれました。

                     デイ・キャッチ!青木さん、岸井さんのお別れ会に行かれたところで、ジャーナリスト魂を継ぐべきと説かれました。
                     ニュースランキング1位はもちろん大阪北部地震、3位は森友学園問題を78%決着していない、2位はワールドカップです。青木さん、サッカーは興味なし→始まると世界最高の選手のプレーはすごい、ニュースのコメントをしないといけないから見ている(笑)と説かれました。
                     大阪北部地震、マグニチュード6.1、青木さん、一報は仕事場で聞かれて、最初は軽微か→大被害と知り、気象庁は南海トラフ地震とは直接関係ないというものの、青木さん、阪神・淡路を取材されて、直下型地震、三宮のビルが潰れて、神戸はこの世の地獄なのに、大阪は平常の市民生活、直下型地震は局地的な被害、東日本大震災は広大な被害、犠牲者は子供と高齢者であり、大阪で震度6は1923年以来、しかしたかが90年、1596年の慶長・伏見地震以来、減災の努力が要り、そして千葉沖、群馬で地震、連動していないと言うなら、どうして地震が続くのか、南海トラフ地震の懸念もあり、南海トラフ地震は30年以内に70%で起きる、明日起きてもおかしくなく、家族の間で連絡の取り方、プールのブロックは鉄筋が入らず、小学校で被害を減らせなかったのかと説かれました。
                    (1596年の地震の後で、南海トラフ地震が起きていると、室崎先生がサンテレビで語られました)
                     森友学園問題に国民が納得していない件、大阪地検特捜部が佐川氏不起訴を70%が納得せず、しかし内閣支持率は上がり、朝鮮半島非核化は77%がしない、バクチ法案は69%が反対、6増も59%反対、これらについて青木さん、毎度のことで、モリカケ問題は批判されて、国会の後で支持率低下→時間が経つと回復、政権支持する人の大半が他に誰もいない、共同通信では支持者の半分が他になし、安倍政権には問題があり、大阪地検の処分も、バクチ法案も7割納得せず、個別の問題では不満でも、他にいないから、政治に対するニヒリズム、あきらめがあったら大変、朝日新聞の折々のことば、何も期待しない→それ以上のものは得られない、期待しないムードが広がると、他にいないと安倍政権を許したら、待機児童、災害対策、全ては政治、政治に期待しないと世の中は悪くなり、憂慮する、他にいないからではなく、安倍政権に任せているから、この程度のメディア、国民で安倍政権は支持されている、。モリカケ問題、バクチ法案、働かせ方改悪、メディアの問題と説かれました。

                     デイキャッチャーズボイス、安倍総理は拉致問題を自分の責任で解決せよと青木さん説かれます、これについて、報道するラジオの案内であった毎日新聞の平野幸夫さんがブログで説かれています。安倍氏は官房副長官の際に小泉訪朝、しかしDPRKについて分かっているのか、です。
                    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12384516781.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----hirano-yukio_12384516781
                     また、ジャーナリストの立岩陽一郎さん、日朝関係でマスコミ各社は政府に踊らされていないかと指摘されています。
                    https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20180618-00086625/
                     青木さん、安倍総理は日朝会談に意欲と言うものの、米朝首脳会談は史上初のものが成功、客観的に煽られて、安倍総理は日朝会談→拉致問題解決?被害者家族は期待しているものの、考えてみたい、この問題は小泉政権下で拉致問題はあるとして、小泉氏は拉致問題解決なしで日朝関係は改善されず、2002/9/17に日朝会談、なぜ日朝会談、拉致問題について、金正日氏が謝罪したのは、当時、お膳立てした田中均氏、拉致問題の前進なしに日朝関係は前進せず、外交は一方のみ勝つことはなく、日朝関係正常化、DPRKへの戦時賠償数兆円、これが欲しいなら拉致問題を解決しろであり、驚くべき事実、金正日氏は日朝国交正常化を考えて、日朝だけではなく、米朝の国交も考えて、当時のクリントン政権は米朝関係改善を考えていたら、ブッシュ政権になってしまい、そして日本のムードを変えたのは安倍氏、田中均氏と福田氏が交渉しても、8人死亡で安倍氏は批判して強硬姿勢になり、田中均氏の対話路線を批判して、安倍氏は幹事長→総理になった=DPRKほの圧力が受けて安倍氏は総理になり、しかし2002年に拉致問題が前進したのは交渉なのに、安倍氏は交渉を批判して総理になり、DPRKの核開発、ロケットに対して強硬論を悪用しての仕上がり、昨年の総選挙もDPRKの危機をあおって自民党は圧勝した。
                     米朝会談→日朝になるのか?安倍政権は拉致問題をライフワーク、のし上がる土台にして、DPRKは独裁者の国として批判して、次の首相、次の政権で解決できるのか?今、DPRKは日本に譲歩する余地はあるのか?青木さん、安倍政権が拉致問題をちゃんと解決すべき、三選までに解決の目鼻をつけないと、今後解決は困難。
                     安倍氏が2002年の、融和路線を切った、ブッシュ政権も要因だが、安倍氏が融和の路線を断ち切った、しかし拉致問題を政権浮揚にこれ以上悪用するなら青木さん釘をさされました、以上、青木さんのお話でした(…しかし、青木さん、安倍氏に拉致問題が解決できるなら、暗黒時代の阪神タイガースがワールドシリーズで世界一になると思いますが…それ以前に安倍氏が阪神の監督なら今頃トラキチにより大阪南港に放り込まれて土座衛門になっていると思いますが…こんなこと書いたら共謀罪で逮捕かな?(笑))。


                    毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/6/18) 大阪北部地震2時間特番 梅田康弘さんのお話の続き、南海トラフ地震に要注意&国会・政治の動き、山田恵資さんのお話、安倍三選は濃厚でも憲法改悪は無理、吉村真紀さんによる防災アドバイス(PART2)

                    0

                      永岡です、毎日放送ラジオの、ニュースなラヂオ、第13回、続いて矢野宏さんと、加藤夏美さんの司会
                      で2時間特番後半です
                       大阪北部地震、南海トラフ地震について、京都大学名誉教授の梅田康弘さんのお話の続き、日も暮れ
                      て、余震が怖いもので、余震の確率、熊本よりは少ないものの、一両日は油断したらいけない、一回り小
                      さい地震もあり得て、震度6弱だが、地震の規模は小さくとも、震度は震源に近いと大きく、大きな地震で
                      も離れると震度は低く、地震学者は規模でしか話さず、体感する人には、真下で地震ならエライこと。
                       矢野さん、余震以外にも、京阪神の活断層、阪神・淡路以降活動期化と問われて、梅田さん、その通
                      り、南海トラフ地震は特定の間隔で繰り返して、関西には地震なしと思っていたが、阪神・淡路以降地震
                      が相次いで、一昨年は鳥取、今回のものより、南海トラフ巨大地震が切迫して、場所は特定できないが、
                      地震には要注意。
                       地震の揺れのみを考えるのではなく、明日は雨で、テレビでは、市街地だけでなく、山にも被害で土砂
                      災害は注意すべき、宅地造成していて注意は必要。
                       家の中では、崩れたものは片づけていると思うが、落ちてこないようにする、落ちても安全なところに
                      位置して、揺れの減り方を見ないとダメ、今夜は要注意なのです、以上、梅田さんのお話でした。
                       先ほど、姫路からメールの方、家に着いたそうです。
                       地震以外のニュース、上田さん、JRの運転、京阪神の再開を19時以降→20時以降、一部は終日休止、
                      まだ大変であり、阪急京都線は見込みなし→再開です。京都には阪急で帰れるものの、普通電車だけであ
                      り大変です。
                       その他のニュース、千葉での女児殺害事件、検察は死刑を求刑です。
                       袴田事件、再審請求を東京高裁が認めず、最高裁に特別抗告、袴田さんは2014年に再審が認められて、
                      検察の特別抗告が認められず、袴田さんは最高裁の結果まで収監されないのです。
                       一億総社畜化法案((c)小田嶋隆さん)は明日採決せずです。
                       安倍総理は金委員長との日朝会談を計画、森友学園問題は麻生氏は再発防止を語り、世論調査では森友
                      学園問題は国民の疑念は晴れず、内閣支持率は少し上がりました。

                       国会について、時事通信の山田恵資さんがお電話でお話されました。地震だけでなく、国会も気にな
                      り、山田さん、実家は兵庫県で心配、今日は東京におられて、TBSラジオに出ていて、緊急地震速報→
                      MBSラジオの馬野さんがレポート、山田さんスタジオにおられて、3人亡くなられて山田さんショック、
                      余震が要注意。
                       共同通信の世論調査で、支持率は6%アップ、支持>不支持、読売新聞も上がり、これについて山田さ
                      ん、モリカケ問題は国民は疑念ではあり、決着していないは78%、しかしこれは支持率には反映せず、
                      今、自民党の中で安倍氏に代わる人がない、石破氏、岸田氏、総裁選は分からないとは建前、流れで安倍
                      氏は現職で優位と国民は感じ取り、不満はあるが、安倍氏で仕方ない、官邸サイドが、時間をかけたら戻
                      るという戦法が当たっているもので、矢野さん、世間にはモリカケ問題は飽きと説かれて、山田さん、野
                      党の追及が、安倍氏を追い込めず、皮肉なことで、疑惑の数が多すぎで、本質は安倍氏が直接指示せずと
                      も、安倍氏が霞が関、自民党の中での影響力が強く、自民党の中でも安倍批判はなく、国民も妥協してき
                      ている。
                       矢野さん、本質は安倍氏のえこひいき、これを国民が許していると怒られて、山田さん、安倍氏は直接
                      指示はしていないが、加計孝太郎氏と関与はあり、安倍氏は少しでもかかわると致命傷、官僚を盾にし
                      て、これを打ち崩す材料なし、これはメディアにも責任があり、安倍氏は外交で成果を上げようとして、
                      日朝会談、拉致問題に振り向けようとして、しかし先週の調査は、米朝会談で、安倍氏が前に出て解決す
                      る手立てになり、国民は安倍氏に任せるしかない、安倍氏しかやれないと、官邸の作戦が功を奏したもの
                      で、しかし、安倍氏は何もしておらず、解決してこの結果ではなく、実際にDPRKは解決策を出すの
                      か、平壌では拉致問題は解決済みのものを持ち出すと批判して、安倍氏はトランプ大統領に拉致問題を上
                      げてくれであり、しかし安倍氏は圧力のみで蚊帳の外→トランプ大統領に泣きついて、ところが、DPR
                      Kはこれを無視、官邸は解決済みは言わなかったとしているものの、情報を勝手に解釈して、日朝会談に
                      オープンではなく、DPRKは拉致問題ではなく、日本のお金が欲しく、DPRKは拉致問題は解決済み
                      と言い続けて、残り12人を返せが日本政府の姿勢、4人亡くなり、8人行方不明、これは解決は困難、DP
                      RKはカードなしと分かり、それで拉致問題を、秋の総裁選を勝つために利用しているという見方もあ
                      り、拉致問題は安倍氏以外には解決できないとするもので、矢野さん、怒られて、しかし、山田さん、解
                      決できないと分かったら安倍氏には致命傷、もし解決できるなら、安倍氏は8月に平壌に行くことになる、
                      それは勝負。
                       一億総社畜化法案の採決をしないのは、山田さん、国会の会期延長、7月まで30日伸ばすことになり、先
                      週末はこれでは長すぎると自民党の中で議論があり、しかし世論調査では支持率回復、しかし国会をした
                      ら安倍氏に批判と言うものの、それで強行採決してきたが、世論調査の結果で、急いでやらなくていい、
                      会期延長は、支持率と同じ、一億総博徒化法案((c)小田嶋隆さん)は今国会でやる、矢野さん、国会でモ
                      リカケ問題を追及されるかと問われて、山田さん、先週の世論調査で風向きが変わり、野党のいうことを
                      聞くと楽しい?しかし、国民は不満を持っても支持する、一億総博徒化法案は公明党が抵抗して、3週間前
                      に山口氏はこれ反対、海外を視察してバクチ場はアカン→このままだと、来年まで延ばすと統一地方選+
                      参院選、石井氏、国交相が公明党で、とことん反対できず、公明党は与党を割りたくなく、公明党はブ
                      レーキ役と言っていたが、公明党が逆にアクセス役になり、今国会終盤のことを有権者は覚えておくべ
                      き。矢野さん、バクチ場を拙速と批判されて、山田さん、観光立国と言うものの、観光立国、成長戦略に
                      はもうバクチしかなく、バクチの利権もあり、数の力でやるしかなく、しかしバクチは他人の不幸を財源
                      にするもので、慎重にすべきであった。
                       矢野さん、安倍三選を問われて、山田さん、竹下派が鍵、穏健派、しかし安倍一強に竹下派も与するし
                      かなく、どうも安倍三選は濃厚で、地方票はどうなるか、しかし、憲法改悪は困難、三選でも、挙党態勢
                      で、安倍氏以外に憲法改悪を意図する政治家はなく、安倍氏は三選されても、その後の永田町、自民党は
                      安倍一強は全盛期よりおちるものの、安倍三選は濃厚になったというもので、しかし、三選なら2021年と
                      言うものの、来年は政局の年になると締めくくられました。


                      | 1/649PAGES | >>