calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ネットワーク1・17(2017/7/23) 災害に備えるタイムライン 松尾一郎さんのお話

0

    永岡です、災害と防災を考えるネットワーク1・17、第1076回、今週も毎日放送アナウンサーの千葉猛さ
    んと、フリーアナウンサーの野村朋未さんの司会で放送されました。
     九州北部豪雨災害、現地にはボランティアも入られて、豪雨災害に気象庁は正式な名前を付けて、2015
    年の鬼怒川決壊以来、現地では仮設住宅の建設も始まり、東峰村では入居の手続きも始まり、被災者が一
    刻も早く入れるように、リスナーより、東大阪市でも100ミリ/時間の雨があり、早めの避難が必要との声
    がありました。
     九州北部豪雨災害、避難の情報の問題もあり、気象災害で、あらかじめ予測される被害時間からさかの
    ぼり、対策や行動を時系列で組み立てるタイムラインという考えがあり、NPO法人CeMI環境・防災
    研究所(http://www.npo-cemi.com/ )副所長の松尾一郎さんのお話がありました。
     災害が襲ってきた際に行動を事前に立てること、タイムライン導入を自治体に提言されている松尾さ
    ん、九州北部豪雨で、数年前にも九州で豪雨だが、それよりひどく被害の全貌も分からず、これは大阪で
    も起こるものであり、タイムラインは防災行動計画、松尾さんアメリカの2013年のハリケーン災害で
    ニューヨークの地下鉄が冠水、伊勢湾台風並み、これは日本だと大都市は高潮のこれほどの被害は60年近
    くなく、ニュージャージーを調査してタイムラインのことを知り、台風だと、日本では熱帯低気圧が風速
    で決まり、台風発生→何日後に直撃するか、台風は前日、前々日から影響が出るが、その前の晴れている
    時に、側溝の点検などやれることはあり、しかし従来は気象庁から警報で自治体が活動開始では遅く、早
    め早めの、先を見越しての対策が必要であり、自治体の防災計画は、気象庁が警報を出した際に行政機関
    が初めて参集するものだが、警報が出るのは直前、数時間後に雨が降るというものの、雨はこのところ極
    端で、2012年の京都豪雨でも対応は後手後手になり、あらかじめ予測されるもので、時間割、5日前から計
    画して、防災行動を3つの要素で考えるもので、住民、消防、自治体も参加して、今まさに九州では6月か
    らタイムライン、長崎県諫早市は参加して、自治体、消防、警察、自衛隊、さらに報道機関も入り、数回
    の議論でタイムラインを決めて、従来はトップダウン、行政が決めるもの、しかし被害が広がるところで
    の計画を作るものであり、諫早では台風ではなく前線のことから決めて、諫早では60年前に大被害があ
    り、気象庁から前線の気象情報を知り、気象台での情報→長崎県でこれだけ雨が降る→タイムラインのス
    テージを上げて、気象情報で1、警報で2、そして危険になったら4、4になったら避難する、これは行政だ
    けでなく、高齢者や寝たきりの人をどう避難させるかく決めて、ステージ1では状況を見て、施設の点検、
    下水が機能しているか、ポンプは稼働するか、家で雨どいはどうか、雨具の用意などであり、3日前、買い
    物は2日前までに済ませて、風が強いと高齢者は外出すべきでなく、大阪湾は文化があり、2014年にJRが
    台風で運航を見合わせて、利用者にアンケートを取ったら、8割の人が評価して、明日止めると予告したら
    対応はできで、減災行動、昔は台風が来るともっと早く対応して、集まり、顔の見える、ボトムアップの
    考え方がある。
     それを示すタイムライン、自治体で導入されて、大阪では貝塚市の二色浜海水浴場、大きな川があり高
    潮の心配があり、高潮のタイムラインを現地で作って、自治会の方は、台風が来た際の対応をしておく
    と、台風が来た先に慌てずに済み、防災報道のレベルが1〜5で、それごとに対応、1は準備、3日後に台風
    が来る際に、持ち出し品を備えて、2は防災本部を設置、声がけ、黄色いタオルを持ち、避難の際にタオル
    を置く=その家は避難済み、黄色いタオルは配布済み、3になったら貝塚市から高齢者の避難の指示、4で
    は全員避難であり、このタイムライン作りに松尾さんも参加されて、松尾さん、自治会長のリーダーシッ
    プが素晴らしく、皆さんボランティアで、議論して計画する面白さが、見えてきて、地域の変わりよう、
    タイムラインをすると人は変わり、防災に関心のなかった皆さんも参加して、議論して役割を決めたら、
    皆さん防災担当として意識が変わり、タイムラインは作って訓練して、災害時に備えるもので、高潮のタ
    イムラインは2月に完成で、自治会長の和田さんも住民の変化を知り、今まで住民の避難も、避難訓練はタ
    イムラインを学ぶと、今までの訓練では足りないと分かるものと言われて、そして中で意見の対立もあ
    り、一番の問題は要支援者の対応であり、行政も入り、情報共有して、どう避難させるか、同居する家
    族、家族が働いている場合はどうするか、コミュニケーションを取って、一緒にやっていくものであり、
    そうして本当の防災になり、まず地域で考えて、家族で議論、個人がどうするか、行政が避難指示、勧告
    を出して、個人にもタイムラインはあるべきというのです。
     大阪でもタイムラインの取り組みが、寝屋川市でも始まり、生駒、金剛でも土砂災害は起こり得て、大
    阪でも土砂災害はあり得て、大阪でも本格的に始めるべきであり、自治体でも地域でもやるべきなので
    す、以上、松尾さんのお話でした。
     今回の特集、千葉さん、タイムラインの考えは過去になく、台風が来る際の計画を認識して、これから
    どう対策するかが問題と野村さんも言われました。大雨、梅雨が明けて熱中症対策も必要です、以上、今
    週のネットワーク1・17でした。


    市民のための自由なラジオ(2017/7/22) 伊藤真さん、憲法をもう一度教えてください、忘れず、あきらめず戦争しようとするものと闘おう&今中先生 飯舘村と科学者について語る

    0
      永岡です、市民のための自由なラジオLIGHT UP!第69回、今週はジャーナリストの西谷文和さんの司会
      で大阪から放送されました。西谷文和のニュースの歩き方、です。
       ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)内閣の支持率が急落、3割を切って危険水域、森友学園問
      題、加計学園問題+こんな人たちに負けるわけにいかないと、総理として言ってはいけないことを言うA
      SSの危険性に国民は気づいて、しかし安倍一強は続き、今こそ日本国憲法のことを学びたいと、今週の
      ゲストは弁護士で伊藤塾塾長の伊藤真さん、東京からわざわざ来られて、日本国憲法について改めて語ら
      れます。
       伊藤さん、支持率が急落しても憲法改悪を加速すると言い、ASSは5/3に日本会議の会合で憲法改悪を
      語り、広報紙の読売新聞を読め、その読売新聞が前川氏の誹謗中傷をする中で、伊藤さんが改めて憲法を
      語られます。
       前半のテーマは、9条に自衛隊を追加するASSの狙いについて、日本国憲法の成立、日本は明治維新
      後、西洋から、憲法がいるとドイツを手本に大日本帝国憲法、天皇主権、国民は臣民を道具として戦争を
      やってアジアで2000万人殺し、日本人も300死んで、戦前は「家」を、家父長制、父親の言うことを聞け、
      天皇のいうことも聞け、女性には個人は否定されて、臣民として、軍部の暴走を許し、日本国憲法では個
      人を大切にして、2度と戦争をしない、戦争の元である軍隊を持たない(2項)、交戦権を認めない=敵の
      兵士を殺せない=侵略戦争を否定。
       侵略戦争否定は1928年のパリの協定以来あるので、9条の1項は世界標準であり、2項が重要「2項がある
      から日本国憲法は素晴らしい」、戦争しないのは世界標準で、そこに全ての戦争を否定した2項を自民党は
      撤廃したく、しかしASSは2項を置いて自衛隊を入れるのは、方針転換ではなく作戦変更、自民党は2012
      年の憲法草案で国防軍を持つと言い、これは今も生きていて、しかしこれは国民に抵抗があるので、全段
      階で、自衛隊は災害救助もして、これを違憲と言うのか?自衛隊を9条に入れるのは国民の抵抗もなく、し
      かしこれを一里塚として、実際戦争準備法案が出来て、自衛隊は海外で人殺し出来て、この自衛隊を9条に
      入れるのはもちろん専門家として矛盾、自衛隊の交戦権を認めたら、自衛隊ではなく軍隊で2項は骨抜き、
      集団的自衛権、戦争準備法案があり、その上に自衛隊を9条に入れたらアメリカと一緒に世界で自衛隊は戦
      争出来て、自公で国会は2/3を占めて、憲法改悪の発議は可能で、自民党の中で案を作り、衆参両院の2/3
      が必要で、しかし憲法改悪の案はあっても、国民が騙されて、専守防衛、災害救助のためと、自民党と公
      明党、維新も賛成して、しかし憲法改悪は国民投票の過半数(有効投票の過半数、投票率40%なら20%の
      得票で改悪される)で通り、憲法改悪に熱心な人は投票に行き、投票に行かない人が多いと、有効投票の
      半分は取られて、都議選の投票率も50%くらい、しかも国民投票には公選法が適用されず、テレビCMは
      可能で、お金をかけてCMできて、アイドルに憲法改悪に賛成と、吉本の芸人たちにさせることも可能、
      広告資金の上限もなく、そして憲法改悪の国民投票と総選挙を一緒にやると、選挙は公選法が適用されて
      も、国民投票には共謀罪も適用されて、こんなことでいいのか、ASSは拙速であり、憲法改悪には、来
      年国民投票はとてもできず、教育費の無償化、緊急事態条項、参院の選挙区のことなど、国民に時間をか
      けて理解してもらうべきことを、共謀罪のようにデタラメな展開で押し切ることを、憲法改悪で行われた
      ら、将来に禍根であり、ASS内閣の支持率が急落して、2/3を持っているうちにやってしまえ、はあり得
      るのです。

       LIGHT UP!ジャーナルは元京都大学原子炉実験所の今中哲二先生、全村避難6年、福島、飯舘村と科学者
      の役割について語られました。今中先生、5/28に映像’17に出られて、飯舘村と今中先生、映像’17は沖
      縄のこともやり、全村避難6年で、今中先生のやってこられたことをMBSディレクターの津村健夫さんが
      作られて、津村さんは熊取6人組の番組に激怒、これは2008年のこと。
       今中先生、飯舘村の測定を、原発事故のあと2週間後に入られて、避難指示は20km、しかし飯舘村は20〜
      40km、阿武隈山地の農業の町で、最近は肉牛、飯舘村ブランドのところに原発事故、家に住めなくなり6年
      間、今年3月に帰還困難区域以外は解除でも、線量は10〜20倍、帰るには被曝の覚悟が要り、セシウムの半
      減期を見たら50年以上かかる、100年で1/10、300年で1/1000、物凄い長い時間軸で見ないとダメ。
       飯舘村は高齢者の町で、原発事故の影響はなくなったとアピールしたい、そうして不満をそらしたい意
      図もあり、今中先生はお年寄りが仮設住宅で苦労するより、国の責任でケアする必要はあり、しかし「帰
      りたくない人も帰れはおかしい」、飯舘村に戻ると余計な被曝をして、福島の汚染地域にいるのは被害者
      であり、被害者を国と東電はちゃんとケアすべきなのに、同心円で仕切ってすべてやるのは間違い、飯舘
      村の移染に3000億はかかり、それだけのお金を、もっといい使い方がある、避難している人にケアするな
      ど必要だと、今中先生締めくくられました。

       ここで音楽、オリジナルは美空ひばりさん、一本の鉛筆、一枚のざら紙があったら戦争反対と言える、
      今回はクミコヴァージョンです。これはYou tubeにライヴ映像がありました。
      https://www.youtube.com/watch?v=WC7EnbPVwUQ

       後半は、ヒトラーから学ぶ権力者とメディアについての伊藤さんのお話です。
       伊藤真さんのお話、ヒトラーがいろいろな本を書いて、我が闘争で何を書いたか、政権を取る前につか
      まり、1925年に獄中で書いたもの、ドイツの全家庭に聖書のように配られて、ドイツ民族の純粋、優性政
      策、ユダヤ人や障碍者を毒ガスで抹殺するホロコーストだが、プロバガンダの、大衆をコントロールする
      もの、理解力は小さいがすぐに忘れると、難しいことは分からないがすぐ忘れる、次々と事件、オスプレ
      イ墜落、沖縄の女性殺害などあり、強行採決、秘密隠蔽法などしても、忘れて、効果的な宣伝、冷静な熟
      慮より感情的に民衆は動き、肯定か否定か簡単であり、9・11のあとにブッシュ氏がアメリカに付くのかテ
      ロリストに付くのかと言ったのと同じ、国会答弁も同じことを繰り返し、これは今も同じ。
       オリンピックも利用して、盛大な祭典にして、聖火リレーもヒトラーが始めて、だから戦後オリンピッ
      クの政治利用はダメ、ASSがマリオの真似はダメであり、緊急事態条項を入れて、1930年に首相になっ
      たときはヒトラーは力もなかったものの、共産党の弾圧、数千人逮捕して、社民党の弾圧、教会も弾圧し
      て、全権委任法を作り、内閣が法律を作れて、憲法に違反してもOK、ワイマール憲法は実質なくされ
      て、西谷さん、プロバガンダ、上手に言葉を言い換えて、独裁→決められる政治、橋下氏、ASSもそ
      う、戦争の準備→平和と安全の確保と言い、これは戦争準備法案時も同じ、民族と国家を防衛するとの大
      義名分で全権委任法を作り、危機に対処するのでは反対できない、そして国民を戦争に駆り立てて、戦争
      準備法案とは印象操作とうそぶき、武器輸出→防衛装移転、カジノ解禁→IR推進、共謀罪→テロ等準備
      罪、と言うと、みんな必要。
       そして南スーダンで、戦闘を衝突と言い換えて、西谷さん、日本のメディアは両極、朝日や毎日は共謀
      罪、読売やNHKはテロ等準備罪という言葉の言い換えに怒られて、しかし言葉の言い換えはヒトラー、
      ブッシュ氏、トランプ氏もやっており、ヒトラーの片腕ゲーリング、ゲジュタポを作り、国民は戦争を望
      まない、どこの国も同じ、人々を従わせるのは、我々は攻撃されかかっている、平和主義者は戦争が嫌と
      いうものと言われて、西谷さん、背筋が凍り、北朝鮮のことで今の日本も同じと言われて、9条を守る=非
      国民というもの。
       伊藤さん、平和度指数ランキングがあり、1位はアイスランド、2位はデンマーク、3位はオーストリア、
      日本は長い間8位、先進国ではドイツ16位、フランス18位、アメリカ103位!アメリカは世界最大の軍事力
      を持ち、抑止力というが、平和の度合いでは最悪。
       相手がミサイルを持ったら、もっと持つというのは、「抑止力は挑発になる」、自分の国を守るために
      軍事力を高める→相手も持つ、果てしなき軍拡=血を吐きながら続ける悲しいマラソン((c)ウルトラセブ
      ン、モロボシ・ダン)、しかし儲けるのは武器を作っている会社で、アメリカは1位ではなく、シリアと南
      スーダンは下から1位と2位、しかし南スーダンは平和だから自衛隊が行ったはずなのに、西谷さん、南
      スーダンを取材されて、世界で2番目に危険な国。
       しかし、日本は9条+戦争をしない、でこのランキングのベストテンであり、しかし10年前は日本はベス
      トスリー→日本はアメリカの片棒を担ぐと見られて、8位→9位には2015年、もちろん戦争準備法案のため
      であり、戦争準備法案を伊藤さんたちは憲法違反として違憲訴訟して、戦争準備法案にはほとんどの憲法
      学者が憲法違反、弁護士も憲法違反といい、それが強行採決であり、これは許せないものであり、平和的
      生存権を侵害された皆さんが、2016年4月26日に東京地裁に提訴、そして全国20カ所で北海道〜沖縄まで
      6000人以上の原告、1600人の弁護士が参加して、自衛隊へのイラク派兵の際にも、名古屋高裁で憲法違反
      の勝訴であり、憲法、法律の専門家にとって戦争準備法案は憲法違反であり、あきらめずに、裁判をする
      権利はあり、メディアも権力者に忖度するものだけではなく、忘れず、あきらめず、闘って選挙で意思を
      表示すべきなのです。
       権力者がファシズムに走る14の兆候を伊藤さん挙げられます、自由なラジオのHP 
      http://jiyunaradio.jp/ に載っています。

       今週の特集、西谷さん、伊藤真さんにもう一度憲法を教えてほしいであり、ファシズムの兆候は、アメ
      リカのワシントンにホロコースト記念館があり、協力で継続的なナショナリズム、敵国を設定、マスメ
      ディアのコントロール、安全保障への執着、知性や芸術の軽視、身びいきの蔓延、詐欺的選挙(一票の格
      差)など、全てASS政権のやっていることは14とも当てはまり、今、重要な時代にいて、歴史の過ちを
      繰り返してはならず、次世代の若い人たちのために必要、何があってもあきらめてはだめなのです。以
      上、伊藤さんのお話でした。
       今回の内容、昨年暮れの瀧本さんのお話と同じく、素晴らしいものでした。この内容、いくらでも拡散
      してください、ファシズム、戦争を志向する勢力を倒して、本当の平和な世界をGETしましょう!
       

      サンテレビニュースPORT(2017/7/21) 明石歩道橋事故16年

      0

        永岡です、サンテレビのニュースPORT、11人の亡くなった2001年の明石歩道橋事故から16年の日の
        ことが取り上げられました。明石市は若手職員のための研修会、入所5年までの職員が参加、花火大会の後
        で歩道橋にて群衆雪崩、現場の職員には有罪判決でしたが、強制起訴された副所長は免訴(実質無罪)で
        す。職員には、中学生の時に事故を知り、
        遺族の下村誠司さん、長男が生きていたら二十歳で、その世代の職員さんに事故を語り継ぎたいと言われ
        て、事故発生時刻の8時半には泉市長、下村さん他が献花、事故の時間になると16年前に戻り、事故の教訓
        で、安全安心を明石発信でやってほしいと言われました。
         明石市では、歩道橋事故後に入所した職員が4割で、安全安心を作るのは我々大人であると、キャスター
        の小浜さんも強調されました。
         このニュースは、神戸新聞にも記事が載りました。
        https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201707/0010391087.shtml
         この歩道橋事故は、警備のあり方を変えて、しかし、現場の担当者は刑事責任を問われても、トップの
        責任は問われず、これは福知山線脱線事故や、福島原発事故も同じです。以上、ニュースPORTの報告
        でした。


        毎日放送ちちんぷいぷい(2017/7/21) 武田一顕 安倍世紀末ゴタゴタ五里霧中内閣改造を語る

        0

          body

          永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、河田直也アナウンサーの司会で、稲田日報ゴタゴタスキャンダ
          ル、山本加計学園ゴタゴタスキャンダルのASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権の内閣改造
          について、TBSラジオ政治担当記者の武田一顯さんがMBSスタジオで出られました。
           稲田氏の発言に矛盾、南スーダン日報問題の隠蔽に稲田氏もあり、一句「徳俵 足がかかった安倍改
          造」、白鳳のように勝てるか、土俵を割るか、であり、稲田氏は一番最悪のパターン、最初にスキャンダ
          ルがドンと出るのではなく、毎日稲田氏の嘘が少しずつばれて、稲田氏=嘘つき大臣と見られるものであ
          り、今日も防衛省から新証言、組織的隠蔽に稲田氏も関与したというもので、武田さん、黙っていると大
          臣は了承と見なされると言われて、菅氏も特別監察の対象に稲田氏も入り、武田さん、大臣は対象ではな
          く、しかし伸ばしても監察の結果は変わらず、そして内閣改造を国会王子、武田さんが大胆予測、8月3日
          に改造とASSは山口氏に言うものの、稲田氏はどうなるか?防衛大臣が8/3まで持つか、金田法相、山本
          幸三大臣はアウト、塩崎氏もアウト、ASSは骨格を変えないので、麻生氏、菅氏、二階氏は続投であ
          り、徳俵に足がかかり本来はガラッと変えたいが、ASSにそこまでできず、高市氏は政治スタンスの違
          いで離婚、しかし高市氏はASSと思想が近く、また特別監察で問題ありとされるので、稲田氏が罷免な
          ら、総理が兼務しても、その間に何かあったら問題で、武田さんは稲田氏を改造前に変えるのは難しい、
          しかし連日稲田氏のゴタゴタスキャンダルでも、来週の閉会中審査で稲田氏に余計なことを言わないで、
          がASSの必死の気持ち。
           金田氏は答弁になると全くダメであり、共謀罪成立、永田町、霞が関ではあれだけ難しい法律を作った
          のは勲章であり、金田氏はご勇退、稲田氏は更迭が実質、共謀罪は金田氏が政治家を辞めても自慢でき
          る。
           山本氏も厳しく、麻生氏、菅氏を変えず山本氏を変えなかったらどうしようもない。
           では、誰が入閣するのか、進次郎氏のことは、武田さん、入閣待望論があっても当選回数が少なく、本
          人も入らないと言っており、今入っても仕方ないと思う、また考えも石破氏に近く、ASS政権には入ら
          ない。
           橋下氏はどうか?武田さん、今回は難しい、ASSより菅氏と近く会食もしているが、ASSは入れた
          くても、今はダメ、2か月前ならともかく、今は救世主になるのか、しかし政治はしないと一昨年いい、今
          回はない。
           目玉はなく、武田さん、石破氏も来年の総裁選に出て、武田さんはASSが来年いっぱい持たず、ポス
          ト安倍で、今回は入らず、甘利氏は入る可能性はあり、ASS、麻生氏、甘利氏、菅氏が四天王で、AS
          Sは甘利氏を起用して2012年をもう一度としたく、しかし闇献金問題はまだ解決しておらず、そういう外
          を入れるリスクと、ASSの安心のどちらを取るか?三原じゅん子氏は厚労大臣、当選2回でも、女性を入
          れたい、ASSは女難内閣(笑)、稲田氏みたいにヘリコプターみたいに入れたら、失敗することにな
          り、野田聖子氏もASSと思想は合わず、しかしこれを入れたらASSは度量が広いと株は上がり、しか
          しこれで解散総選挙はできず、しかし下手なことをしたら派閥に不満→安倍おろし、自民は支持するがA
          SSはアカンが世論であり、そして防衛大臣は誰か?元の中谷氏、副大臣にさせるのは荷が重く、日誌隠
          蔽問題の決着が必要で、稲田氏や下村氏を無役にさせるのか、かわいいから処遇するのかと注目されてい
          る。
           会沢氏ら、当選回数があり大臣になっていない人を入れても、ASSのイメージアップにはならないと
          武田さん言われて、その新内閣を武田さん「五里霧中内閣」、2か月前はこんなことは想像されず、支持率
          は森友学園問題ではなく、驕る平家は久しからずであり、ASSも菅氏も驕り、特に女性の支持が落ち
          て、政権運営は謙虚にすべきと言われました。
           解散総選挙は、来年になっても支持率は上がらず、むしろ下がり、徳俵にかかったまま、麻生氏の解散
          総選挙の轍は踏みたくなく、ASSの中には解散総選挙は早くやった方がいいかも知れず、しかし都民
          ファーストが国政に出たら根こそぎ取られる、民進党はなくなるというのです。
           その中で、上西小百合氏がツイッター炎上で、次の選挙をどうするか、勝つ可能性の高い党から出ると
          言うものの、浦和レッズの試合にコメントして炎上であり、これは炎上商法ではなく、河田さんはサッ
          カーの発言は問題と言われて、武田さん、上西氏はサンデージャポンにも出て、国会でもやっているが、
          次はどこのプロダクションから出るか考えた方がいい(=芸能界に転身しろ)と締めくくられました。以
          上、武田さんのお話でした。
          (暗黒時代の阪神タイガースの監督・スタッフ選びよりひどい、阪神は戦争しないから(笑)、安倍さん
          の気持ちが一番わかるのは、球団の連敗新記録を作った高橋由伸監督かな?(笑

          朝日放送おはようコール(2017/7/21) 中川譲が加計学園問題での安倍政権のゴタゴタと稲田大臣のPKO日誌隠蔽問題を語る

          0

            永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、金曜日のコメンテイターは帝塚山学
            院大学客員教授の中川譲さんでした。

            今日の新聞一面紹介、朝日は南スーダンPKO日誌隠蔽問題、幹部の了解で削除、毎日は特別監察で稲
            田氏に触れられないこと、来週に延期、政権を揺るがすスキャンダル、読売は物価目標6回目の先送り、産
            経はIPS細胞での心臓病治療、日経は地銀統合九州で無期延期です。

            加計学園問題、獣医学部新設で山本幸三大臣が四国に決めた、加計学園が費用を負担と語ったと報じら
            れた件、山本氏はこれを否定、しかし関係者から得られた議事録で、山本氏が四国に新設を公募も始まっ
            ていない時期に決めたと報じられた(週刊文春の報道)、山本氏は京都もあり得ると発言、獣医師会のメ
            ンバーも山本氏の発言を証言しており、記憶と記録が食い違い、山本氏は答弁がしどろもどろ、双方の言
            い分が真っ向から食い違い、議事録はA4で4枚、山本氏は四国に決めたといい、山本氏は獣医師会の思い
            込みと言い、加計学園の発言も双方で異なり、公募の2か月前、これについて中川さん、思い込みで具体的
            な数字は出ず、山本氏が思い込みと言うのに説得力はなく、議事録には具体的な記述があり、山本氏は国
            会答弁で問題もあり、山本氏の発言に信憑性はなく、国民はどちらに軍配を上げるか、週明けの閉会中審
            査で最後の結論(どちらが正しいか)を下すべきと言われました。閉会中審査の前にこんなネタが出るこ
            とが政権末期と言われました。

            稲田大臣のPKO日誌隠蔽(戦闘を隠蔽)関与問題、複数の関係者が証言して、稲田氏はこれを真っ向か
            ら否定、廃棄した日報が陸自で保管されて、2/15に防衛省の重鎮も関与し、稲田氏は会議に出ており、日
            報隠蔽には防衛省、自衛隊の幹部も稲田氏が知らなかったわけはなく、官邸関係者は稲田氏が隠蔽に関与
            していたら加計学園問題どころではなく、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)の責任になると
            語り、菅氏は稲田氏も評価の対象と語り、特別監察は結果発表を来週に延期、これについて中川さん、場
            合によっては政権が吹き飛ぶ大変なスキャンダルであり、自衛隊のPKOは憲法に抵触し、稲田氏に隠す
            か判断させると言うものの、稲田氏の発言はグタグタ、報告すら受けていないというのでは、これで日本
            の安全保障は大丈夫か、現場は稲田氏を信用せず、稲田氏は現場に責任を押し付けるので、現場はこんな
            ことで日本の安全保障はアカンと思い、稲田氏が隠蔽に関わっていたら虚偽答弁、任命責任も含めてAS
            Sの責任でもあり、来週の集中審議が注目されると言われました。

            外来有害生物はヒアリだけでなく、外来種のクビアカツヤカミキリムシが木を食い荒らして農産物に被
            害、愛知県で確認されて、全国に広がり、海外から9〜10億トン輸入、外来種が数十種来て、オーストラリ
            アでは中の害虫駆除があると気象予報士の正木明さんは言われました。

            本日の気になる新聞記事、朝日1面、内閣改造で岸田氏留任、ポスト安倍の一員で、しかし政権批判を外
            からされることもあり、中川さんASSと岸田氏の政治姿勢の違いは憲法改悪で根本的に異なり、岸田氏
            は内閣でどうするか?岸田氏を取り込まないと政権はガタガタと言われて、読売の記事で、ポケモンGO
            配信から1年、利用者は1100万人→440万人、20〜30代が離れて、スタジオでも早く止めたとの声があり、
            中川さん全く関心がなく冷ややかに見ていたが、まだ400万のユーザーがあるのか、これは大変な数字であ
            ると言われました。以上、中川さんのお話でした。


             


            毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/7/20) 谷口真由美 ボランティア10か条を語る

            0

              永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大学の谷口真由美さんでした。
              しゃべりたいんやぁトピックス、夏休みで学生さんたちも被災地のボランティアに行く人もいるが、災害支援のボランティアには学生さんに気を付けてほしいことがあり、親御さんも気を付けてほしいものがあり、現地で空回りがあるが、友人の早稲田大学のボランティアの10か条、(1)ボランティア保険に入ってほしい、ボランティアは自己責任、助けるものであり、ボランティア保険は高くないでぜひ入ってほしい、(2)不眠不休でやったらダメ、気持ちが高まるとその後落ち込み、休息が必要、暑い中で熱中症の危惧もあり、塩昆布などが有用、体力的にしんどいものもあるが、目の前で大変な人を見て神経がハイになり続けると危険、(3)被災地では信頼できる人と行動し、単独行動はしない、2次災害でがれきの下などになった場合単独行動では助けられない、(4)被災者に、〇〇さんの分まで頑張れはダメ、被災者の視線で対応すべき、良かれと思ってアウトのことがあり、優先すべきは相手の感情、普段から高齢者の話を聞くなど必要、(5)被災者の出来る仕事を奪ってはいけない、ともかくサポート、伴奏、ボランティアは主役のランナーではない、(6)色々な状況、大災害は悲惨であり、被災者の感情があるが、ボランティアも感情がコントロールできなくなったらその場から去るべき、涙が止まらないなど心をコントロール出来なくなったらアウト、自分の感情を剝き出しにしたらアウト、(7)できないことはできないとはっきり断るべき、無償ボランティアでも責任はあり、泥かきをやってくれなかったとか恨まれて、出来ないことはできないとはっきり言うべき、被災者にはそれからの生活があることであり、(8)相手の感情に巻き込まれて過度の哀れみ、同情はダメ、上から目線ではなく、支援、サポートのためであるからで、(9)学者によくあるが、大人が出払っていたので子供と遊ぶというものがあるが、過度に興奮させて楽しませるのはダメ、ボランティアが帰った後に出来ないものは、あのお兄ちゃんのいたときは楽しかったと子供に思わせたらダメ、明日はお兄ちゃんおねえちゃん来ないだと現地の子供をかえって悲しませる、(10)被災地であり、非日常でボランティア活動になれていない人の批判をしない、指示が悪いからとか言わず、怒るのではなく、提案が必要で、言える環境か見るべき、と言われて、上泉さん、ボランティア活動の高い気持ちはあるが、行くなら覚悟が必要、やってあげたい欲のために行ったらダメと言われて、谷口さん、行く分の食料とトイレは自前でやり、現地で具合が悪くならないように、それこそ背中にテントを背負っていく気持ちで、現地でお世話になるのではなく、遠い被災地に行くのには覚悟が必要で、何なら今大変な九州より、まだまだ復興の進んでいない東北に行き、気持ちを聴くボランティアも必要、東北で困っている人たちの話を聞くのも必要で、九州で自衛隊、警察の大変なところに行ったら足手まといになる可能性があり、単なる善意だけでやってはダメと言われて、一時に比べて関心の薄れた東北などの支援も必要だと言われました。以上、谷口さんのお話でした。


              武田一顯 稲田・加計学園問題山本大臣、安倍政権世紀末ゴタゴタスキャンダルを語る

              0

                永岡です、毎日放送のちちんぷいぷい、ヤマヒロ(山本浩之)さんの司会で、稲田大臣のPKO日誌隠
                蔽問題、山本大臣の加計学園問題、TBSラジオ記者の武田一顯さんが出られました。恒例の一句「梅雨
                明けも 雹降り続く 永田町」(笑)、スタジオもバカ受け、梅雨明けも永田町の嵐は収まらず、閉会中
                審査と内閣改造まで収まらず、ASS政権ゴタゴタスキャンダル、まず稲田大臣のPKO日誌隠蔽問題、
                稲田氏は否定、緊急会議はなかったと言うものの、武田さん、稲田氏は記者会見やましてや国会で答えて
                おらず正式な回答ではなく、防衛省の次官も同じことを言い、ヤマヒロさん制服組のことを問われて、武
                田さん、防衛省も官邸も稲田氏の関与を否定していると言うものの、今までの加計学園問題での内閣府と
                文科省の対立と同じで、文書や発言、記事が双方で矛盾して、どちらかが嘘をついており、会議がなかっ
                たと言うものの、稲田氏は陸幕長とは会い、しかし会議はなかったというものは、話し合いはしても会議
                できないというものであり稲田氏は正式な記者会見をしておらず問題、松尾貴史さん、戦闘を武力衝突と
                逃げたのと同じ、こんなずさんな行動を防衛大臣が言うのかと言われて、武田さん、特別監察の結果の近
                づいている防衛省で批判を受けるのが確実で、内部に死なばもろとものムードと言われて、スタジオ失
                笑、武田さん、自衛隊は南スーダン日報問題で情報を隠すとイメージが悪化、これを稲田氏の責任にして
                逃げたい勢力が防衛省にいて、稲田氏は8月で辞めるので、全ての問題を稲田氏の責任にかぶってもらい
                たい勢力がいて、それが南スーダン日報問題を漏らしたと言われて、松尾さん、外務省の田中真紀子との
                問題と言われて、ヤマヒロさん、防衛大臣が自分直轄の疑惑を何故と言われて、武田さん、内部とは制服
                組かどうかはまだわからず、制服組と背広組が対立して、どちらが漏らしたか、稲田氏に全部責任はどち
                らかは不明なものの、防衛省に稲田氏に辞めてもらいたい勢力がいるのは確か。
                 続いて、山本幸三大臣が加計学園に決めた件(週刊文春の記事概要を、元週刊現代編集長の元木昌彦さ
                んがJ-CASTニュースにまとめておられます、https://www.j-cast.com/tv/2017/07/20303745.html )、獣
                医師会の議事録で今治市の負担、加計学園の負担他と報じられて、山本氏は否定しているものの、ヤマヒ
                ロさん、獣医師会は増やすなの方向と言われて、しかし武田さん、獣医師会のことを官邸が悪く言い、A
                SSが獣医師会を岩盤規制と誹謗中傷しているが、これは政治的なタイミング、内閣改造で山本氏を追放
                する方向のこともあると言われて、しかしヤマヒロさん、ASS政権は支持率が高かったのが、森友学園
                問題でミソがついて奈落の底、武田さん、想像だにしなかった、まさに政界一寸先は闇と言われて、武田
                さん、明日は我が身ではないが、2か月前は加計学園問題が出ても、ASS政権が根本から揺らぐとは思
                わず、武田さんの取材で政権も揺らぎ、自民党の中では解散総選挙はASSでは戦えないとの声すら出て
                いると言われて、まず、憲法改悪の「け」の字も出なくなったと武田さん言われて、それほど風向きは変
                わり、憲法改悪の草案は年内に出したところで、ASS政権が憲法改悪をしようとしても国民投票で負け
                て、ASSは退陣どころか憲法改悪が2度とできなくなる可能性があり、憲法改悪など夢のまた夢になり、
                さらに武田さん、取材がしやすくなった、ASSの反対勢力が、今まで黙っていた自民党の中の反対派
                が、過去には完全オフレコ→匿名なら言える→次に名前を出していうものと言われて、解散総選挙も近い
                かも知れないと武田さん締めくくられました。
                 この文春、出先で読みました(買わなかったので文春さんごめんなさい!)、山本幸三大臣が加計学園
                問題に関わったことが載っており、さらに、コラムで作家の亀和田武さんが、ひるおび!にスシロー氏が
                出ているのは、スシロー氏にASS政権を擁護させて、視聴者にASS政権を嫌わせるためかと皮肉られ
                て、文春は保守派でしたが、まるで日刊ゲンダイみたいなことを書いており、実際に菅氏のスキャンダル
                (先週号に載った)では日刊ゲンダイの情報公開請求を取り上げて、私の知る限り、文春の紙面に日刊ゲ
                ンダイの名前が載るのは初で、さらに一昨日発売のサンデー毎日も加計学園問題や、ASS政権のデタラ
                メを青木理さんや保坂さん、半藤さんの座談会などいいもので、そして新聞が、朝日新聞と毎日新聞、そ
                して地方紙、私は神戸新聞を見ても健闘しており、ASS政権の発足以来抑圧されていたメディアが頑
                張っています、安倍さん、早くお辞めください、お国のために(笑)、青木理さん安倍三代、昨日BOO
                K OFFでGET(青木さんごめんなさい)、祖父の寛さんも、父の晋太郎さんも草葉の陰で泣いていま
                すよ!以上、ちちんぷいぷいの内容他でした。
                 

                レイバー映画祭2017ニュースNO.2〜最終案内

                0

                  松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転載歓迎。

                  ●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●
                    ☆レイバー映画祭2017ニュース 第2号 2017/7/20☆
                   『標的の島〜風かたか』はじめ、日本を考える新作が目白押し
                  ●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

                   レイバー映画祭2017の最終案内です。初公開作品が今週続々、事務局に届いています。どれも制作者が精魂をこめた仕上がりで力作ぞろいです。また当日は、制作者だけでなく出演者が多数登壇することになりました。とても豪華な映画祭になりそうです。メール予約だけで100件を超えており、当日は大変混雑が予想されます。ぜひお早めにお出かけください。
                  →7月22日(土)10時〜16時40分 東京・田町交通ビル6Fホール
                  詳細プログラム http://www.labornetjp.org/news/2017/0722kokuti
                  メール予約 http://labornetjp.jimdo.com(21日18時で締めきります)

                  ■登壇者紹介■

                   午前の「アスベスト〜震災後のさらなる恐怖」では学生の指導にあたった武蔵大学の永田浩三さん、「私たちのフィールドスタディ〜沖縄・済州島・台湾」では恵泉女学園大学卒業生が多数参加します。また「流言蜚語の時代〜関東大震災朝鮮人虐殺の現場を歩いて」をつくった「沖縄と東アジアの平和をつくる会」の若者が登壇します。初公開の「原発の町を追われて3〜双葉町・ある牛飼いの記録」では、主人公の牛飼い・鵜沼久江さん。「共謀罪が通った日〜「前夜」がやってきた」では出演している元創価学会本部職員がステージに上がります。
                  →関連記事 http://www.labornetjp.org/news/2017/1500000994835yumo
                   午後の部の「コンビニのひみつ」では元コンビニ店長(予定)、「中村さん」は制作者の津田修一さん、そして「トゥジェン!〜韓国サンケン労組は行く」では韓国からこのために3人の組合メンバーが参加します。剃髪トリオのキムウニョンさん、ヤンソンモさん、オヘジンさんです。ぜひお楽しみに。

                  ■公園二次会■

                   会館裏手の公園二次会は、午後5時すぎから開催します。映画の感想など出し合って交流しましょう。また韓国サンケン労組には名物の「ユルトン」(律動)を披露していただく予定です。一緒にユルトンで盛り上がりましょう。

                  ■楽しいブース、目玉は「ペンとカメラ」■

                   ブースでは、「標的の島〜風かたか」にあわせて多数の沖縄グッズがあります。書籍では「実名告発 創価学会」ほか多くの書籍が並びますが、目玉は当日初披露の木下昌明著「ペンとカメラ」です。「標的の島〜風かたか」の映画批評も載ったこの本、著者サイン付きでお求めください。また関連DVDも販売されますので、自主上映のためにご購入ください。
                  →「ペンとカメラ」批評 http://www.labornetjp.org/news/2017/0720hon
                  →「サンデー毎日」記事 http://www.labornetjp.org/news/2017/0719eiga

                  ■ごみ持ち帰りのお願い■

                   ことしの映画祭は「ごみ持ち帰り方式」です。ごみ箱はありませんので、各自で持ち帰るようにお願いします。なお小さなごみ袋を主催者で用意していますので、お声かけください。

                  ■映画祭カンパのお願い■

                   問合せでは「1700円で観られるのは1本ですか? それとも全部いいのですか?」という質問がよくあります。レイバー映画祭は丸一日1700円(予約1500円)です。そして学生20歳以下は無料です。失業者・障害者は1000円です。「いい映画をできるだけ多くの人と分かち合いたい」「お金をハードルにしたくない」という趣旨で、この価格設定にしました。もちろん運営費は大変厳しいですが、カンパで補いたいと思っています。すでに10人・35000円のカンパが寄せられています。当日もカンパを呼びかける予定です。さあ、ことしのレイバー映画祭をみんなで成功させましょう。
                  →カンパ送り先 郵便振替 00150-2-607244 レイバーネット日本

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ●レイバー映画祭2017 (責任団体=レイバーネット日本)
                    TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
                    labor-staff@labornetjp.org
                   ホームページ http://www.labornetjp.org/
                   メール予約 http://labornetjp.jimdo.com
                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  -- ***********************
                   松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
                   http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
                   http://www.labornetjp.org レイバーネット
                  ***********************
                   


                  TBSラジオ 荻上チキSession-22(2017/7/19) 崎山敏也 福島原発3号機原子炉格納容器へのロボット調査を語る

                  0

                    永岡です、昨夜のTBSラジオの荻上チキSession-22で、TBSラジオ記者の崎山敏也さんが、福島原
                    発3号機への水中ロボット調査について報告されました、TBSクラウドで公開されています。
                    https://radiocloud.jp/archive/ss954/
                     崎山記者の原発関連ニュース、東電は昨日、3号機の格納容器を調べるために昨日と今日ロボットで調
                    査、東電は撮影に成功したが、デブリは確認できなかったといい、崎山さんは東電の記者会見に出られ
                    て、昨日は誕生日、今日アイドルのCD発売日(笑)ですが、崎山さんの取材、ロボットは、福島原発の
                    廃炉計画がどうなっているか、今年の夏までに、工程表では1,2号機が核燃料がメルトダウンして格納容器
                    に落ちて、それを取りだす方法をこの夏に決めるのだが、しかしその前に燃料デブリ(熔け落ちた核燃
                    料)がどうなっているかわからないと取り出せず、大きいと切断が必要など、今年の冬には1,2号機に今回
                    と異なるロボットを入れて、今回は3号機にマンボウというロボット、実態は茶筒のようなものであり、こ
                    れで調べて、記者会見は8時過ぎ、そもそもロボットは入れるのか、格納容器の穴に入れるロボット、1号
                    機の汚染水は空間があるものの、3号機は6mの深いプールであり、水中ロボットの必要があり、しかし泳ぐ
                    ロボットはケーブルで動くもの、エヴァンゲリオンみたいもので有線、ロボットでこれを撮りたいとする
                    と、ケーブルが引っかかったらロボットが帰ってこれない、タコが電柱に引っかかるようなものであり、
                    今回は格納容器の中に入り、原子炉の真下に到達して、原子炉の舌には格子状の足場があるはずなのに、
                    黒い闇であり、真上の原子炉の下から原子炉の制御棒のところにあるべきものがなく、部分的には制御棒
                    のボルトは見えても、構造物は見えないことが分かり、そこまでは障害物はなく、しかしあるべきものは
                    どこへ行ったのか?東電のHPにあり、全体にオレンジ色、もともと赤っぽい壁もあるが、錆、腐食、海
                    水を冷やすために入れて錆びたか?格納容器の中の水は、マリンスノーのような浮遊物があり、何かが壊
                    れて漂っている。
                     映像は撮れて、水中を泳げたが、燃料デブリはもっと下、格子状の足場がなく、格納容器の底は見え
                    ず、熔けて落ちた構造物が出てきたらロボットがひっかかり帰って来れなかつたら次も入りにくくなり、2
                    号機はレールの中で入れる予定が斜めになってしまい、今は縦列駐車のようなことになり、しかしすでに
                    もうロボットの墓場になり、死んだロボットがたくさんあり、メーカーは倒芝であり、アリドという国の
                    機関もあるが、中心なのは倒芝の技術者であり、しかしロボットを入れて、まだまだ分からないこともあ
                    り、燃料デブリの取り出し方は分からない。
                     今回、作業員も被曝して、福島原発の構内より被曝、0.362ミリシーベルト、1日3ミリシーベルトと予想
                    されたが、ロボット技術者が被曝して作業が出来なくなったら元も子もないもので、この夏に燃料デブリ
                    の取り出し方は決まらず、格納容器に穴が開いて、これを塞がないと水をためられない、水をためたら放
                    射線を遮られて、3号機は放射線からの遮蔽と言う意味では水煮遮られてマシ、1,2号機は空気中で放射線
                    にてロボットは壊れることもあり、今年の夏に進捗を決めると言うものの、ロボットは一つの目的だけに
                    開発されて、次の段階のロボットの開発が必要で、ロボットも万能ではなく、これから大変なのです。以
                    上、崎山さんのお話でした。



                     


                    朝日放送おはようコール(2017/7/20) 二木啓考が稲田大臣のPKO日誌隠蔽問題と加計学園問題での集中審議を語る

                    0

                      永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
                      リストの二木啓考さんでした。

                      今日の新聞一面紹介、朝日は加計学園問題で山本幸三大臣が新設を公募前に伝達していたこと、毎日も
                      加計学園ありきと山本大臣の発言、読売はオリンピック聖火リレーと稲田防衛大臣のPKO日誌保管を報
                      告されていたこと、隠蔽の認識なし、産経は朝鮮学校無償化を広島地裁が認めなかった、朝鮮総連に流れ
                      るからというもの、日経は世界の通信規格の統一です。

                      防衛省のPKO日誌隠蔽問題、組織的なものに稲田大臣の関与はあったのか、稲田氏がまた疑惑の渦中
                      であり、稲田氏は隠蔽を了承した事実はないと言うものの、PKO南スーダンの日報問題、廃棄されたと
                      いうものが防衛省ではあるのに公表しないと会議で決定されて、この会議に稲田氏も出ており、防衛省の
                      幹部も否定、今回の疑惑が出る前に稲田氏は隠蔽体質があるなら改善すると言っていたのにこのザマであ
                      り、南スーダンで戦闘があったという日報の隠蔽に稲田氏が加担したのか、なぜこのタイミングで出てき
                      たのか、二木さん、本人がいくら否定しても苦しい、特別に防衛省の中を調べる特別防衛監察があり、そ
                      れの取りまとめで、一昨日共同通信がこの取りまとめをスクープ、取りまとめは8月の末に発表されるの
                      に、支持率が急落と官僚のASS離れで漏れて、新聞報道は複数の政府関係者が認めたと報じており、マ
                      スコミの取材に匿名で答えて、これは官僚のこと、今まで官邸、菅氏が完全に掌握していたのに、以前は
                      漏らせる空気がなかったのに、ASS政権の支持率低迷で官僚が反乱して、ASSは稲田氏を辞めさせら
                      れず、内閣改造で替えたら国民は忘れるとASSは思っている(今替えると任命責任をASSが問われ
                      る)ものの、しかし内閣改造まで逃げられるか、集中審議でも問題になり、特別監察の結果も問題と言わ
                      れました。

                      加計学園問題で、24日に衆院、25日で参院での予算委員会の審議、5時間行うことで自民党と民進党が合
                      意、調整が難航していたのは質問時間の配分、今まで通り野党:与党を8体2にするか、5対5にするか、7対
                      3で決着して、集中審議のテーマはASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)の友人の加計氏のため
                      か、開学を今治市が先に把握、京産大が断念、山本地方創生大臣が公募前に四国にと発言しており、これ
                      が本当なら大変で、二木さん、築城3年、落城1日とはこのこと、朝日新聞は加計学園問題、稲田氏の問題
                      とゴタゴタスキャンダルのラッシュであり、お友達のための規制改革であったのか、ASSは支持率が高
                      かったら森友学園問題、加計学園問題を門前払い→不支持はASSの言っていることが信用できないであ
                      り、24,25日は野党が追及して、ASSは反論で野党に勝とうと思っても、ASSの言うことが公平公正
                      か、国民に納得させられるか、今までASSは質問にヒステリックに答えて、しかしこれではもうだめで
                      あり、4年半のASSの支持率を戻せるか、加計理事長も呼ぶべきなのに、そこまで自民党は踏み切れない
                      と言われました。また、ASSの唯一の希望はポスト安倍がないことで、世論調査は共同通信でASSを
                      信用できないが不支持の理由、落城寸前でも、自民党の中にポスト安倍がなく、麻生氏は支えるといい、
                      岸田氏もまだまだ、石破氏はグラウンドでなく外野席でしゃべっており、自民党の中でASSの代わりに
                      なるものはおらず、しかし集中審議で国民を説得させられないとASSは窮地と言われました。

                      中国でくまのプーさんがネットから消えて、習近平氏に似ている?とネットで評判になったのは4年前、
                      オバマ氏やASSと並ぶものなどが似ていると言われて、しかしプーさんの検索、画像投稿が不可能にな
                      り、検索したら関係する法律によりアカンと出て、劉氏がプーさんのマグカップを持っていたから?しか
                      し中国にも正式なディズニーランドがあり、そこのプーさんはどうかと司会の横山太一さんも言われて、
                      二木さん、中国は権威を傷つけるものは禁止されて、中国は権威で持っている国だからと言われました。

                      本日の気になる新聞記事、読売9面、サウジでミニスカで歩いたら女性が逮捕されて、サウジはイスラム
                      法、女性は公の場で肌を露出することを禁止、二木さん、妙なことが気になり、女性特派員の記事であ
                      り、国内でも賛否両論であり、産経の記事で、梅酒の輸出額が増えて、日本食に合うとの理由で、二木さ
                      ん、あんな甘いものは飲めるかという空気もあり、リキュール類は関税ゼロのためと言われました。以
                      上、二木さんのお話でした。


                       


                      | 1/580PAGES | >>