calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

沖縄と連帯して歌って踊って語り合おう!川口真由美さんとおもちゃ楽団も登場!沖縄好きの方、参加大歓迎!

0

    沖縄と連帯して歌って踊って語り合おう!川口真由美さんとおもちゃ楽団も登場!沖縄好きの方、参加大歓迎!

    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    大 ゆ ん た く 2 0 1 9
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

    『No Base! 沖縄とつながる京都の会』恒例の大ゆんたく。
    今年は下記の通り開催します。
    各人のテーブルスピーチからゆんたくできればと思います。
    会員外の方のご参加も大歓迎です。

    ■イベントページ https://www.facebook.com/events/614506149284860/

    ■日時 2019年12月21日(土) 14:00〜17:00

    ■場所 京都府部落解放センター(北区・烏丸紫明) 4階大ホール

    https://www.suishinkyoukai.jp/center/

    ■参加費 2000円 障害者等割引あり

    ・現地映像ダイジェスト
    ・公演 川口真由美とおもちゃ楽団
    ・テーブルスピーチ ゆんたく
    【連絡先】090-4643-2940(増野)
    mashino@par.odn.ne.jp

    --------------------------------------------

    参加申込書
    □氏名
    □連絡先

    --


    辺野古の海は重要海域

    0

      野村修身です。

      このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。
      転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

      東京新聞2019年10月25日社会面に以下の記事が掲載されていました。

      辺野古の海が「重要海域に」 米環境NGO認定、日本初
      https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019102501002199.html

      首里城が火災で焼失したことと同じくらいに、辺野古の海が消滅することは重大なことであり、軍事基地建設はもっての外です。日本政府に強く迫るべきことと改めて思います。
                        ____________________________________________


      【5月25日(土)@京都タワー前】◆◆「示そう辺野古No の民意を」全国総行動in京都◆◆

      0

        ◆◆「示そう辺野古No の民意を」全国総行動in京都◆◆
        https://www.facebook.com/events/1329623970528219/

        戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会!
        止めよう!辺野古埋め立て国会包囲実行委員会
        基地の県内移設に反対する県民会議 
        の3団体から、5月25日(土)14:00からの国会包囲行動とあわせて、「示そう 辺野古No の民意を」全国総行動 が呼びかけられています。 
          https://humanchain.tobiiro.jp/index.html

        この呼びかけに応えて、京都でも下記の通り街頭行動を行います。

        チラシは実行委員会でも準備しますが、各人・各団体それぞれの表現で、「辺野古埋め立てNo!」「沖縄の民意を踏みにじるな!」という思いを伝えていただければありがたいです。

        リレートークの他、歌や音楽、踊りも大歓迎!京都タワー前を大勢の人間で埋め尽くして楽しく市民に沖縄連帯をアピールしましょう!

        □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

        「示そう辺野古No の民意を」全国総行動in京都

        □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

        ■日時   2019年5月25日 14:00〜15:30
        ■場所   京都タワー下
        ■内容   リレートーク・チラシ配布など

        呼びかけ 『辺野古埋め立て反対京都実行委員会』 
        連絡先 090-4643-2940(増野)

         


        辺野古新基地建設は断念を! 憲法審査会に自民党改憲難を「提示」させるな! 5.19国会議員会館前行動

        0

          高田健です。
          下記行動にご参加ください。拡散お願いします。

          辺野古新基地建設は断念を! 憲法審査会に自民党改憲難を「提示」させるな! 5.19国会議員会館前行動
          日時:5月19日(日)14:00〜
          場所:衆議院第2議員会館前を中心に
          共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
             安倍9条改憲NO!全国市民アクション

          -----------------------------------------------
          許すな!憲法改悪・市民連絡会
          高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
          東京都千代田区三崎町2−21−6−301
          03-3221-4668 Fax03-3221-2558
          http://web-saiyuki.net/kenpoh/
          戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
          http://sogakari.com/
          憲法9条を壊すな!実行委員会
          http://kyujokowasuna.com/

          【沖縄「屈辱の日」を問う4・28京都集会】 新時代沖縄の扉を開く若者の声をきく 徳森りまさんをお招きして

          0
            □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
             沖縄「屈辱の日」を問う4・28京都集会
                   新時代沖縄の扉を開く若者の声をきく
                        徳森りまさんをお招きして
            □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

            ■日時 2019年4月28日(日)18:30〜21:00
            ■場所 ひと・まち交流館 大会議室 (市バス 河原町正面)
            ■参加費 500円 ※会場カンパあり
            ■主催 No Base! 沖縄とつながる京都の会 連絡先090-4643-2940(増野)

             1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約発効の日は、日本本土にとっては敗戦後の連合国軍の占領下から独立を果たした「主権回復の日」ですが、沖縄にとっては、日本から切り離され、アメリカの軍政下で日本国憲法が適用されず、人権が蹂躙され基地被害に晒されることになる「屈辱の日」と呼ばれています。

             そして本土復帰後も基地被害と人権侵害が続き、県民の「民意」を無視して日本政府による辺野古新基地建設が強行されるなど、
            「毎日が屈辱の日」といわれる状況が続いています。                  
                   
             そのような状況の中で、昨年5月に始まった、「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例制定」署名運動は2か月間で約10万筆の署名を集めて県民投票条例制定を勝ち取り、その力は9月の県知事選挙では39万票という歴代最多得票で玉城デニーさんの勝利を支え、今年2月の県民投票では、5市の首長・議会による投票不実施の策動をしのいでデニーさんの得票をさらに上回る43万票を集めて、主権者である住民の意思を直接的に明確に示しました。

             その原動力となったのは紛れもなく若者でした。玉城デニーさんの勝利を支えた『ポジティブキャンペーン』の中心メンバーである徳森りまさんを京都にお迎えして、新時代を切り開いてゆく若者の声をきき、ともに学びたいと思います。是非ご参加ください。

            https://www.facebook.com/events/2440614952628843/

            会を始動させるな! 3.19国会議員会館前行動

            0

              body

              高田健です。
              ご参加をお願いします。

                  第42回19日行動 
                  辺野古新基地建設は断念を!政府は沖縄の民意に従え!安倍9条改憲NO!憲法審査会を始動させるな!
                  3.19国会議員会館前行動
                  日時:3月19日(火)18:30〜(18:15〜プレコンサート:なりぞうさん)
                  場所:衆議院第2議員会館前を中心に
                立憲野党各党代表発言
                市民の発言:MIC・南新聞労連委員長
                      沖縄平和市民連絡会・北上田毅さん
                      柚木康子さん・女性差別撤廃条約実現アクション
                      西谷修さん・立教大学
                  共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
                  安倍9条改憲NO!全国市民アクション


              -----------------------------------------------
              許すな!憲法改悪・市民連絡会
              高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
              東京都千代田区三崎町2−21−6−301
              03-3221-4668 Fax03-3221-2558
              http://web-saiyuki.net/kenpoh/
              戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
              http://sogakari.com/
              憲法9条を壊すな!実行委員会
              http://kyujokowasuna.com/

              辺野古米軍基地建設工事続行 賛成?反対?全国投票の案内

              0

                全国投票の会事務局の野田隆三郎です。  (重複ご容赦。拡散歓迎)
                久しぶりの投稿です。

                 先月24日に新米軍基地建設のための辺野古埋め立ての
                賛否を問う沖縄県民投票が実施され、反対が7割を占めました。しかし
                政府はそれを無視して埋め立てを続けています。
                 このことについて本土の住民がどのように考えているかを市民の手で
                調べるために、標記の街頭シール投票を全国各地で行います。
                (4月21日終了予定)
                 沖縄の民意を無にしないためには、本土の世論の喚起が欠かせないと
                考えたからです。全国の投票結果は安倍首相はじめ、すべての国会議員に
                届けます。
                 
                 呼びかけ文等を以下のHPにおいています。
                  https://hbkkz.exblog.jp/
                全国各地からのご参加をお待ちしています。


                「OKINAWAじゅごんを救え!!〜米国裁判所にジュゴン登場!〜」(3/17 大阪)

                0

                  ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)松島と申します。

                  「OKINAWAじゅごんを救え!!〜米国裁判所にジュゴン登場!〜」(3/17 大阪)
                   【以下拡散希望】 

                   ジュゴン訴訟の経過報告とドキュメンタリー映画「ZAN」の上映会を開催します。
                   皆様の参加をお待ちしております。予約は不要です。

                   ジュゴン訴訟は名前は知られていても詳しい経過をご存知の方は少ないと思います。
                   しかし、工事を実際に止める極めて重要な回路です。
                   今回は沖縄から、原告団の支援を長く行い、現在の局面に精通している吉川秀樹さんを招いて直近の情報を聞きます。
                   あわせて、いままさにK8護岸の建設によって破壊寸前の大浦湾の自然に関するドキュメント映画を見ます。
                  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                  OKINAWAじゅごんを救え!!〜米国裁判所にジュゴン登場!〜
                   https://blog.goo.ne.jp/sdcc/e/3728b04430ab92d36e0112c12639c98f
                   https://www.nacsj.or.jp/2019/01/14282/?fbclid=IwAR1woFZO5uDJPspqFvntVYSLLNUDxW26eaIZ050JYvbSqYlQVTpeUUzmDgo

                  上記タイトルでジュゴン訴訟の経過とドキュメンタリー映画「ZAN」の上映会を開催します。
                   日にち 3月17日(日) 13時30分開場
                   場所  ドーンセンター 大会議室3
                   資料代 1000円

                  13時30分開場   
                  13時45分 開会  
                          第1部 ドキュメンタリー映画「ZAN〜ジュゴンが姿を見せるとき〜」上映会
                  15時15分 第2部 ジュゴン訴訟報告会  講師 吉川秀樹(SDCC国際担当)
                  16時20分 質疑応答

                  第1部 沖縄の豊かな自然の中で様々な発見、体験を通して
                  ジュゴンが暮らすこの海とともに生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー映画です。

                  第2部 2003年に米国国防総省を国家歴史保存法違反で訴えた裁判は15年という長きに渡り争ってきました。
                  昨年9月に連邦裁判所に控訴。今年から審理が始まっています。その経過などをわかりやすくお話します。
                  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                  【京都】 沖縄県民投票連帯の取り組みを【2/22〜25・28】

                  0

                    各位

                    14日に告示された辺野古埋め立て工事の是非を問う沖縄県民投票(有権者数1,156,295人)は、20日現在11市計で93,421人(8.08%)が投票しています。

                    安倍政権に対して改めて沖縄の民意を突きつけるこの県民投票に、全国から連帯の声を上げ、埋め立て反対の声と力をひろげましょう。

                    京都市内では現在以下の取り組みが準備されています。ぜひご参加ください。

                    ■カンパ送り先

                    1.ゆうちょ銀行
                      ※郵便局からの振込 記号/17010  番号/20400841
                      ※他金融機関からの振込
                      店名/七〇八(読み ナナゼロハチ) 店番号/708 普通/2040084
                     2.琉球銀行 県庁出張所 店番号/251 普通/191759
                     3.沖縄県労働金庫 県庁出張所 店番号/953 普通/3412792
                     名義人:新基地建設反対県民投票連絡会 事務局長 照屋大河
                     https://www.facebook.com/stophenoko/

                    ■2月22日(金) 18:30〜19:30  京都タワー下 
                     辺野古埋め立て反対!沖縄県民投票勝利!街頭宣伝  
                     辺野古埋め立て反対! 京都実行委員会 
                     https://www.facebook.com/events/2006618762726087/

                    ■2月23日(土) 17:00〜18:30  三条河原町 
                     街頭アピール行動in京都
                     沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★
                     http://kyoto-action.jugem.jp/ 

                    ■2月24日(日) 9:00〜17:00  四条河原町 
                     “辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票”に連帯するZENKO全国市民投票
                     ZENKO-平和と民主主義をめざす全国交歓会
                     http://www.zenko-peace.com/vote-nobase201902

                    ■2月25日(月) 18:30〜19:30  京都タワー下
                     安倍政権は沖縄の声を聞け! 緊急街頭宣伝
                     No Base! 沖縄とつながる京都の会
                     https://www.facebook.com/events/348556972424583/

                    ■2月28日(木) 18:30〜20:30  東山いきいき市民活動センター
                     辺野古埋め立て土砂投入をやめろ! 日米地位協定の改定を!2・28京都集会
                     辺野古埋め立て反対! 京都実行委員会 
                     https://www.facebook.com/events/2210996569160145/



                    【沖縄タイムス】2019年2月19日 15:53
                    沖縄県民投票、どうなる投票率? 知事判断に影響する最低ラインは29万票か
                    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/385736

                     沖縄県名護市辺野古の新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問い、24日に投開票される県民投票で、投票率に注目が集まっている。条例では、「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択のいずれか多い方が投票資格者総数の4分の1に達したときは、知事はその結果を尊重しなければならず、首相や米大統領に通知すると定められており、各選択肢の得票数も結果の判断材料となる。(政経部・伊集竜太郎)

                     13日時点の投票資格者名簿登録者数は115万6295人。単純計算で各選択肢の4分の1は28万9074票で、29万票を超えるかが目安となる。投票率が下がるほど、そのハードルは高くなる。
                     一方、玉城デニー知事が知事選で獲得した39万6632票を得るには、有権者の約35%の投票数が必要だ。
                     有権者の半数は単純計算で57万8148票。仮に1996年の県民投票とほぼ同じ投票率の60%だった場合は、投票総数の約84%を獲得しなければならない。
                     現在、辺野古沖で工事が進む新基地建設について、日米両政府が現行のV字形滑走路案に合意したのは2006年。以降、新基地建設に反対を訴えた候補の知事選での当選は14年の翁長雄志氏が初めてだった。前年に当時の仲井真弘多知事が辺野古沖の埋め立てを承認したことに対する県民の反発も強く、結果は36万820票を獲得。仲井真氏に9万9744票差をつけ、全4候補の総得票数の51・6%を占めた。投票率は64・13%だった。
                     直近の全県選挙でもある18年の知事選は、翁長氏の急逝により9月に実施された。基地建設を強行する政府に真っ向から対峙(たいじ)してきた翁長氏の後継候補として出馬した玉城氏は「翁長氏の遺志を継ぐ」と訴え、支持を広げた。結果は、知事選では過去最多となる39万6632票を獲得。安倍政権が全面支援した佐喜真淳氏に8万174票の差で、全4候補の総得票数の55・1%を占めた。投票率は14年より下がり、63・24%だった。
                     一方、都道府県単位では全国初となる住民投票として、県は1996年9月、日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小の賛否を問う県民投票を実施。当時の関係者は「選挙と違い候補者がいない。誰も経験していない県民投票に、どれだけの県民が参加するのか」と、投票率に気をもんだ。結果は投票率が59・53%で、賛成が投票総数の89・09%に達した。賛成の総数は全有権者の約53%を占めた。

                    --
                    このメールは Google グループのグループ「NO BASE沖縄とつながる京都の会」の登録者に送られています。
                    このグループから退会し、グループからのメールの配信を停止するには no-base-okinawa-kyoto+unsubscribe@googlegroups.com にメールを送信してください。
                    このグループに投稿するには、no-base-okinawa-kyoto@googlegroups.com にメールを送信してください。
                    このディスカッションをウェブ上で閲覧するには、https://groups.google.com/d/msgid/no-base-okinawa-kyoto/5c6ec5a8.1c69fb81.e5146.85f6SMTPIN_ADDED_BROKEN%40gmr-mx.google.com にアクセスしてください。
                    その他のオプションについては、https://groups.google.com/d/optout にアクセスしてください。

                     


                    本日1/30(水)地方自治の砦「国・地方係争処理委員会」に訴える総務省ヒューマンチェーン〜美ら海の埋め立ては違法! 公正・中立な審査を行え!〜(東京・霞が関 総務省前)

                    0
                      紅林進です。

                      私自身は所用のため参加できないのですが、本日1月30日(水)、辺野古関係で下記ヒューマンチェーンが行われるとのことです。

                      (以下、転送・転載歓迎)

                      1/30(水)地方自治の砦「国・地方係争処理委員会」に訴える総務省ヒューマンチェーン〜美ら海の埋め立ては違法! 公正・中立な審査を行え!〜(東京・霞が関 総務省前)

                      案内→http://humanchain.tobiiro.jp/index.html
                      チラシ→http://sogakari.com/?p=3953

                       私人の権利救済を目的とした行政不服審査請求を私人ではない防衛省沖縄防衛局が用い、沖縄県の辺野古埋め立て承認取り消しの執行停止を求めることは許されるのでしょうか。
                       これは、行審法第7条2項の「国等の機関はこの法律の規定は適用しない」という規定に違反しています。
                       また、そうした沖縄防衛局の申し出を同じ国の機関である国土交通省の石井啓一大臣が受け入れたことは行政不服審査請求の悪用であり、国の「自作自演」的行為だと言えます。
                       石井国交大臣が執行停止の理由として取りあげたものは、「普天間の危険性の除去」「日米間の信頼・同盟関係」「外交・防衛上の不利益」などで、沖縄防衛局が私人ではないことを逆に裏付けるものでした。

                       こうした事態を受け、沖縄県は、今回の国交大臣の決定は違法だとして、総務省管轄の第三者機関である「国・地方係争処理委員会」に審査の申し出をしました。
                       地方自治法において、国と地方自治体の関係は対等です。
                       この両者の対等な関係を担保する目的でつくられたのが「国・地方係争処理委員会」です。
                       私たちは、「国・地方係争処理委員会」が本来の趣旨に沿った公正・中立な審査を行うことを求めて、同委員会が所在する総務省前にてヒューマンチェーンを行います。

                       昨年12月14日、沖縄防衛局は辺野古への土砂投入を強行しました。
                       違法な埋め立てを許してはなりません。
                       多くの皆さんの参加を呼びかけます。

                      地方自治の砦「国・地方係争処理委員会」に訴える総務省ヒューマンチェーン〜美ら海の埋め立ては違法! 公正・中立な審査を行え!〜

                      日 時:2019年1月30日(水)
                          16:30 「国・地方係争処理委員会」への申し入れ
                          18:30  総務省前リレートーク
                          19:30  ヒューマンチェーン
                      場 所:総務省前 (東京都千代田区霞が関2-1-2)
                          アクセス→https://goo.gl/5fdT8b
                      主 催:「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会
                      http://humanchain.tobiiro.jp/index.html
                      協 力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
                      http://sogakari.com/?p=3953
                      連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック tel.090-3910-4140
                          沖縄意見広告運動 tel.03-6382-6537
                          ピースボート tel.03-3363-7561

                      ---------------------------------------
                      辺野古埋め立てに関する国地方係争処理委員会に対する要請書への協力のお願い
                      ※提出まで十分な時間がないため、団体に限らせていただきます。

                       昨年8月、沖縄県が辺野古埋立て承認を撤回したことに対し、沖縄防衛局は国民の権利救済を目的とした行政不服審査法を悪用し、私人になりすまして国土交通相に県による埋め立て承認撤回の効力の執行停止を申し立て、国交相がこれを決定しました。この行為は同法の乱用であり、かつ行政機関の適用除外を定めている同法7条2項にも違反しています。
                       これに対し沖縄県の玉城デニー知事は11月29日、国土交通相が辺野古埋め立て承認撤回の効力を停止したのは違法として、総務省所管の第三者機関・国地方係争処理委員会に審査を申し出ました。
                       私たちは、同委員会が地方自治を守る機関として玉城知事の意見を真正面から受け止め、中立・公正な審理を行うよう要請を行っていきたいと思います。
                       そこで来る1月30日、別紙の要請書を国地方係争処理委員会に提出することにしました。つきましては、多くの皆さんがこの趣旨に賛同していただき、共同提出者になっていただくようお願いしたいと思います。
                       具体的には、別紙の要請文に団体名、住所を記載し、期日までに指定の住所までお送り下さい(FAXの場合、03-3363-7562)。当方で責任を持って集約し、同員会に提出したいと考えます。
                       規定では、申し出がなされてから90日以内に結論を出すことになっており、時間が限られていることから、今回は団体の賛同に限らせていただきたいと思いますのでご了承下さい。
                       なお当日は、16時30分に霞が関の総務省庁舎内にある同委員会に提出し、18時30分から総務省前でリレートーク、19時30分から総務省を囲むヒューマンチェーンを行いたいと思いますので、こちらにも併せてご参加下さい。

                      「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会
                      ※署名した要請書の送り先
                       〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1 ピースボート事務局
                       FAX:03-3363-7562

                      「国・地方係争処理委員会」への要請書↓
                      http://humanchain.tobiiro.jp/pdf/youseisyo2.pdf
                       

                      | 1/64PAGES | >>