calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

12日18:00 大阪駅前 高江 米軍CH53 墜落 緊急抗議行動

0

    Message body

    Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション/ジュゴン保護キャンペーンセンター
        松島です。

    (以下 緊急拡散希望)
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     11日午後5時35分ごろ、沖縄県高江で米軍の大型輸送ヘリコプターCH53
    が墜落しました。民家から500mの距離です。

     https://ryukyushimpo.jp/news/entry-592033.html

     昨年の名護市安部へのオスプレイ墜落。これも集落まじかでした。
     住民の生命に関わる被害に関わる事態にならなかったのは奇跡にすぎません。

      緊急の抗議行動を行います。

     日時:10月12日(木) 18:00〜19:00
     場所:大阪駅前南口ひろば
     よびかけ:Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション

     緊急の行動ですので、チラシの準備はありません。
     おもい思いのプラカードやバナーをもっご参加お願いいたします。

    【号外】米軍ヘリ、沖縄で墜落・炎上 東村高江の民間地 乗員は搬送か

    0

      ★沖縄タイムス  2017年10月11日 19:33
      【号外】米軍ヘリ、沖縄で墜落・炎上 東村高江の民間地 乗員は搬送か
      http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/155044

       11日午後5時35分ごろ「東村高江の集落に米軍機が墜落したもよう」と、沖縄県
      の国頭(くにがみ)地区行政事務組合消防本部に119番通報があった。在沖縄米軍か
      ら防衛省に入った連絡によると、米軍の大型輸送ヘリCH53が炎上。乗員が海軍病院
      に搬送されたという情報もある。


      ★琉球新報 2017年10月11日 19:21
      【号外】高江 米軍ヘリ墜落 CH53 民間地で炎上
      https://ryukyushimpo.jp/news/entry-592033.html

       国頭地区消防本部によると、11日午後5時35分ごろ、「東村高江で米軍機が墜落
      炎上している」という通報があった。沖縄防衛局によると、墜落したのはCH53大型
      輸送ヘリコプターという。けが人の情報はない。

       東村などによると、墜落したのは米軍北部訓練場近くの民間地で、高江の車地区の牧
      草地。午後6時半現在、米軍ヘリが墜落現場の上空を旋回し、消火活動に当たっている
      。住民提供の写真では、炎と黒煙が上がっている様子が確認できる。
        東村高江に住む伊佐育子さん(57)は「黒煙が牧草地から上がっているとの連絡を
      受け、現場に駆け付けた。米兵がいっぱいいた。高江公民館からわずか2キロ先だ。政
      府に対し、私たちの命を何と思っているのかと怒りでいっぱい。これ以上(米軍機を)
      飛ばすことはしないでほしい」と話した。
        米軍機は県内でたびたび墜落事故を起こし、県民の不安や懸念が高まっている。最近
      では昨年12月、名護市安部で米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落
      した。2013年、キャンプ・ハンセンでHH60救難ヘリが墜落。2004年には宜
      野湾市の沖縄国際大学に海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落した。

      /////////////////////////////////////////////////


      【お知らせ】10月22日 講師 奥間政則さん「土木技術者から見た辺野古ずさん工事の実態」

      0

        Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション/ジュゴン保護キャンペーンセンター

         松島と申します。(以下拡散希望)

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        【お知らせ】2017年10月22日 「土木技術者から見た辺野古ずさん工事の実態」

         土木技術者の立場から、辺野古埋め立て工事の問題点を指摘しておられる奥間政則さんをまねいて、琉球石灰岩の複雑な海底や活断層などをまともに考慮せず、「建設ありき」の無謀な工事で辺野古大浦湾の貴重な自然を破壊している、工事の実態についてお話を聞きます。また海底地盤の複雑さを考慮すれば「設計変更」は不可避。かならず名護市と沖縄県への変更申請が必要です。来年2月の名護市長選挙の重要性もより飽きたかになります。

        どなたもぜひ参加してください。

         ・講師 奥間政則さん(一級土木施工管理技士)

         ・場所 総合生涯学習センターメディア研修室

             (大阪駅前第2ビル5階)  http://osakademanabu.com/venues/umeda/  

         ・日時 10月22日(日) 13:30受付 14:00開始

         ・資料代 500円

         ・主催  Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション

              http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka      

        チラシは以下

        http://www.sdcc.jp/pdffiles/171022okumaflier.PDF

        詳しくはは以下

        http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka/e/da6dd3e213601d5627079f9bb23cbab0


        沖縄現地と連帯して立ち上がろう!【辺野古新基地建設反対!差し止め訴訟勝利!オスプレイの飛行即時停止・配備撤回!】『県民大会とともに! 8・12京都沖縄連帯行動』 明日午後2時、京都市役所前へ集まろう!

        0

          □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

          『県民大会とともに! 8・12京都沖縄連帯行動』

          □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

          https://www.facebook.com/events/1881709462085168/

          https://scontent-sea1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-0/c62.0.200.200/p200x200/20525549_1965423180357467_3569327322847671598_n.jpg?oh=b90b6a134443e77d3e1a0643afd8be01&oe=5A247C56

          『県民大会とともに! 8・12京都沖縄連帯行動』
          www.facebook.com
          □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 『県民大会とともに! 8・12京都沖縄連帯行動』 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□...


          ■日時 2017年8月12日(土) 午後2時集合

          ■場所 京都市役所前 午後2時半デモスタート(四条河原町下る流れ解散)

          ■よびかけ 『No Base! 沖縄とつながる京都の会』
                090-4643-2940(増野)

          沖縄・辺野古の新基地建設に向けた埋め立て工事が強行され、南西諸島への自衛隊配備・強化が図られている中、沖縄での新基地建設反対の取り組みが続けられています。

          7月22日には辺野古のキャンプ・シュワブゲートを封鎖する人間の鎖、24日には沖縄県が国を相手に埋め立て工事差し止め訴訟を提起、25日には大浦湾での「海上座り込み」が行われました。

          そして、来る8月12日には『辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議』主催の県民大会が午後2時から那覇市の奥武山陸上競技場で行われます。

          わたしたちは、この県民大会への参加に力を尽くすとともに、地元京都でも沖縄の取り組みに呼応しての行動をよびかけます。ともに声を上げましょう。   


          (関連情報)

          【琉球新報】県民大会で特別決議 オスプレイ停止、撤回要求
          https://ryukyushimpo.jp/news/entry-552388.html

          2017年8月9日 10:41

           辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は8日、那覇市内で幹事会を開き、12日の県民大会でオスプレイの飛行即時停止と配備撤回を求める特別決議を行うことを決めた。幹事会後の記者会見で明らかにした。山本隆司事務局長は「基地や不条理が続く限り、何度でも(県民大会を)やる。裁判闘争と現地闘争で連帯して翁長知事を支える」と話した。県民大会は、辺野古新基地建設の埋立工事差し止めを求めて国に提訴した翁長雄志知事を支える意味があることを強調した。

           幹事会では高良鉄美氏(琉球大学大学院教授)を共同代表に追加することも全会一致で決めた。同会議の共同代表は稲嶺進氏、呉屋守将氏、高里鈴代氏、玉城愛氏、高良氏の5人となった。


          【琉球新報】沖縄県民大会に知事参加へ 3万人規模 8・12開催を発表
          https://ryukyushimpo.jp/news/entry-532901.html

          2017年7月12日 07:30

          記者会見に並んだオール沖縄会議の(左から)玉城愛氏、高里鈴代氏、山本隆司氏、比嘉勝太氏=11日午後、那覇市の自治労県本部

           辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議は11日、那覇市内で記者会見し、新基地建設断念などを訴える3万人規模の県民大会を8月12日に開催することを正式に発表した。

           那覇市の奥武山陸上競技場で午後2時から行う。翁長雄志知事も参加を前向きに検討しているという。山本隆司事務局長は「知事の差し止め訴訟を全面的に支持し、裁判勝利まで知事を支える。来週にも提訴という中で、違法な護岸工事を裁判で止めるという決意の一環として大会を位置付けている」と話した。


           共同代表の高里鈴代氏は「国は工事を強行しているが、県民は決して諦めないということを確認したい。県民の思いを内外に発信して知事を支えたい」と語った。

           オール沖縄会議は8月16〜24日に2度目の訪米でカリフォルニア州を訪れる。アジア太平洋系アメリカ人労働者連合(APALA)や県系人の集まりなどに参加し、政治家と接触するなどして米国内で沖縄への理解促進に努める。


          お知らせ(オール沖縄会議のHPより)

          【翁長知事を支え、辺野古に新基地を造らせない県民大会】
          http://all-okinawa.jp/%E3%80%90%E7%BF%81%E9%95%B7%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%80%81%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E3%81%AB%E6%96%B0%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%82%92%E9%80%A0%E3%82%89%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84/

          日時:2017年8月12日(土)13:30開場 / 14:00開会 / 15:00閉会

          会場:奥武山陸上競技場

          目的:わたしたち「辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議」は2013年の「建白書」の理念の実現をめざし、翁長雄志沖縄県知事と稲嶺進名護市長を支え、辺野古新基地建設阻止に向けた活動を多くの県内外の支援者と共に行動してきた。
          また、6月議会にて翁長知事が提案した「辺野古新基地建設差し止め訴訟」を全面的に支持し、裁判勝利まで翁長知事を支えることを6月20日の緊急支援集会にて確認した。
          今年の沖縄前戦没者追悼式における知事の「平和宣言」は、復帰45年を経てもなお重くのしかかる沖縄県の過重な基地負担の現状を県内外へ訴えた。
          今こそ、沖縄県がアジアにおける平和の創造と共生の「礎(いしずえ)」となることをめざし、私たちは「辺野古新基地建設断念」「オスプレイの配備撤回」「普天間基地の閉鎖・撤去」の実現を日米両政府に求める。
          翁長雄志沖縄県知事と稲嶺進名護市長を支え、誇りある豊かな沖縄を実現するため、県内外の多くの支援者の英知と力を結集し、沖縄県民の民意を全国・全世界に発信することを目的に今大会を開催する。


          812沖縄県民大会連帯アベやめろデモ

          0

            こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGOの高橋秀典です。
            8月12日の沖縄県民大会に連帯して、首都圏や京都でも行動が
            取り組まれますが、神戸でもアベやめろデモを大横断幕を先頭に
            開催いたします。

            ぜひご参加ください。

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー下記は転送歓迎

            8.12沖縄県民大会連帯 アベやめろデモ



            みなさん、7月1日東京秋葉原で街頭演説する安倍首相に対して

            「安倍やめろ」の大横断幕が登場し、アベやめろ!の叫びが響き

            ました。その事件が注目された理由は、森友・加計学園事件を通じ

            た国政私物化や、民意を無視する「アベ政治」に対する国民の

            怒りが全国に広がっていることだと思います。

            アベノミクスによっても一向に良くならないくらし。原発再稼働や憲

            法改悪にこだわる「アベ政治」によって、私たちのいのちも危険に

            さらされています。こわすな憲法!いのちとくらし!といっしょにアピ

            ールしませんか?

            おりしも8月12日、沖縄では、「翁長知事を支え、辺野古に新基地を

            造らせない県民大会」が開かれます。「アベ政治」と県民ぐるみで

            たたかっている沖縄の人たちといっしょに、「基地をつくるな!アベ

            やめろ!」の声を上げていきましょう。鳴り物やボードなどをお持ち

            ください。



            日時 8月12日(土) 14:30〜16:00

            場所 出発集会 花時計前(三宮南へ徒歩5分、神戸市役所北側)

                 デモコース フラワーロード北上→三宮センター街西進→

                 鯉川筋南下→大丸前解散

            よびかけ こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO

            問合せ先 高橋 090-3652‐8652 saltship@kobe.zaq.jp
             


            【『No Base! 沖縄とつながる京都の会』より】 『県民大会とともに! 8・12京都沖縄連帯行動』への呼びかけ

            0

              □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

              『県民大会とともに! 8・12京都沖縄連帯行動』

              □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

              https://www.facebook.com/events/1881709462085168/

              ■日時 2017年8月12日(土) 午後2時集合

              ■場所 京都市役所前 午後2時半デモスタート(四条河原町下る流れ解散)

              ■よびかけ 『No Base! 沖縄とつながる京都の会』
                    090-4643-2940(増野)

              沖縄・辺野古の新基地建設に向けた埋め立て工事が強行され、南西諸島への自衛隊配備・強化が図られている中、沖縄での新基地建設反対の取り組みが続けられています。

              7月22日には辺野古のキャンプ・シュワブゲートを封鎖する人間の鎖、24日には沖縄県が国を相手に埋め立て工事差し止め訴訟を提起、25日には大浦湾での「海上座り込み」が行われました。

              そして、来る8月12日には『辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議』主催の県民大会が午後2時から那覇市の奥武山陸上競技場で行われます。

              わたしたちは、この県民大会への参加に力を尽くすとともに、地元京都でも沖縄の取り組みに呼応しての行動をよびかけます。ともに声を上げましょう。


              市民は自主的な納税によって瀬長を助けようと

              0

                1956年4月の出獄後、同年12月に行われた那覇市長選に出馬する。対立候補から選挙妨
                害を受けるが、まったく保護されない無法選挙を戦うことを余儀なくされたものの、大
                方の予想を覆し当選を果たす。だが占領軍出資の琉球銀行による那覇市への補助金と融
                資の打ち切り、預金凍結の措置に遭い市政運営の危機に見舞われるが、市民は自主的な
                納税によって瀬長を助けようとし、瀬長当選前の納税率が77%だったのに対し当選後は8
                6%にものぼり、最高で97%にもなった。そのおかげで自主財源での市政運営できるよう
                になり危機を脱する。これに対し占領軍と沖縄自民党は7度にわたる不信任決議を提出
                するが、いずれも不発に終わる。しびれを切らした占領軍は1957年、高等弁務官ジェー
                ムス・E・ムーア陸軍中将が布令を改定し(米民政府高等弁務官布令143号、通称「瀬長
                布令」)1954年の投獄を理由に、瀬長を追放し被選挙権を剥奪した。市長在任期間は一
                年足らずであったが、那覇市政をめぐる米軍との攻防は、瀬長に対する沖縄県民の絶大
                な支持を呼んだ。

                http://senaga-kamejiro.com/kamejiro.html


                【直前のお知らせ】6月23日(金) 慰霊の日キャンドルアピール行動 大阪駅前

                0

                  ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC) 松島と申します。

                   6月23日(金) 18:00〜19:30 SDCCも呼びかけ
                  団体に参加する、Stop!辺野古新基地建設!大阪アクションの呼びかけで
                  JR大阪駅前にて「6/23 沖縄慰霊の日 キャンドル行動」を行います。

                   (以下、拡散希望)
                  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                   昨年の6月23日は、米軍属に虐殺された、うるま市在住の20歳女性への追悼を込めて行いました。

                   あれから1年。政府は辺野古で違法な護岸工事の強行を続け、逮捕された米軍属への取り調べ
                  も、「殺意を否認している」以上は明らかにされていません。

                   沖縄戦で亡くなった人々、そして米軍人軍属による事件事故のすべての被害者に思いを馳せ、
                  辺野古新基地を許さない思いをひとつにしたいと思います。

                   みなさま、ぜひご参加お願いいたします。
                  =========================
                  日時:6月23日(金)18時〜19時半 
                  場所:JR大阪駅前南口ひろば

                  くわしくは
                  http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka/e/0b8946047bc6f8cb6cca489133163a03

                  沖縄戦終結72年、慰霊の日、キャンドルを灯して辺野古新基地建設NOをアピールします。ぜひ参加してください。

                  (雨天決行。キャンドルがともせない場合も、アピール行動として行ないます)

                  呼びかけ:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション
                   https://www.facebook.com/stophenokoosaka/
                   http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka

                   (大阪アクションで呼びかけさせていただきましたが、
                    どなたも一人一人の思いで、ご参加ください。  )
                  =========================
                   


                  沖縄の戦争展 & 戦場体験者に会える茶話会 のご案内

                  0

                    野村修身です。

                    このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。
                    転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

                    沖縄戦の体験者に直接聞ける貴重な機会です。おさそいあわせてご参加ください。
                                      _________________________________________________
                                      NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
                                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                    Forwarded by NOMURA OSAMI <peace-st@jca.apc.org>
                    ----------------------- Original Message -----------------------
                    Date: Thu, 15 Jun 2017 17:45:07 +0900
                    Subject: [senjyouhozonkai:02648] 沖縄の戦争展 & 戦場体験者に会える茶話会 のご案内
                    ---
                    (以下転送、転載大歓迎)
                    LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL
                    ◆生の体験談から知る沖縄の戦争展◆
                    【会場】浅草公会堂 1F展示ホール
                    【日時】2017年6月23日(金)〜25日(日) 10時開場、入場17時まで(23日は18時)

                    同時開催
                    ◆沖縄戦・南洋戦の体験者と出会える茶話会◆
                    【日時】6月23日(金)13時〜16時、24日(土)〜25日(日)10時〜16時

                    ◆ナイトセミナー 地上戦の民間戦災者はなぜ放置されてきたか◆
                    【日時】6月23日(金)18時〜19時半
                    【講師】瑞慶山茂弁護士(沖縄戦被害、南洋戦被害国賠訴訟弁護団長)

                    いずれも入場無料
                    【主催】戦場体験放映保存の会 【協力】沖縄・民間戦争被害者の会
                    LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

                    ◆生の体験談から知る沖縄の戦争展◆
                     沖縄戦・南洋戦を体験した軍人軍属25〜30名の証言をパネルで紹介
                     個人の体験を通じて地上戦の実態を伝えます。
                     今回は特に、戦争孤児や後遺障害を負った方の戦中戦後にわたる体験、
                     パラオ・サイパン・テニアンなど南洋に移住して戦争に巻き込まれた方たちの
                     体験のご紹介に力点をおきました。また米軍による当時の写真、
                     艦砲射撃の砲弾の破片、銃弾で穴の空いた水筒など実物資料も展示します。

                    ◆沖縄戦・南洋戦の体験者と出会える茶話会◆
                     沖縄戦、南洋戦の体験者の方々と直接語り合える場として「茶話会」を開きます。
                     来場者の方は、自由に体験を聞き、話し合うことができます。
                     1回1時間程度、途中の出入りは自由です。

                    ◎茶話会参加予定者
                     6月23日(金)
                     〇山岡芳子さん(1941年生まれ、静岡県在住)
                       目前で母親と兄妹が艦砲射撃で死亡、自身も目や頬に火傷を負う
                       その後父親が艦砲射撃で死亡。祖母と兄だけになり
                       復帰前に本土の伯父夫婦に引き取られる
                     〇金城圀弘さん(1938年生まれ、茨城県在住)
                       沖縄南部を逃げ回る。祖母が、米軍が火をつけた自分の仮小屋に飛び込み焼身自殺
                     〇佐藤孝則さん(1930年生まれ、埼玉県在住)
                       テニアンに移民。祖母と生後2か月の弟は衰弱死
                       ご本人は砲撃、米軍の手りゅう弾、銃撃とそれぞれ負傷したが生還
                     6月24日(土)、25日(日)
                     〇上間幸仁さん(1933年生まれ、沖縄県在住)
                       母親が艦砲射撃で死亡。避難した墓の中で3か月の妹をどう生かしてよいか分からず
                       栄養失調で亡くす。実父は中国で戦死、孤児になる。
                     〇普天間道子さん(1935年生まれ、沖縄県在住)
                       沖縄戦で北部に避難するが、母は砲弾で負傷。その後、米兵に何度も刺されて
                       殺されるのを目撃。戦後は年長の姉のもとで生活。
                     〇柳田虎一郎さん(1938年生まれ、沖縄県在住)
                       パラオに移住、沖縄への疎開船が撃沈され比島ミンダナオ島へ
                       母親が死に、兄弟4名だけでジャングルをさまよう中、末の芋生とを栄養失調で亡くす
                     〇上原和彦さん(1938年生まれ、沖縄県在住)
                       パラオで生まれる、沖縄への疎開船が撃沈され台湾へ
                       母親と姉が亡くなり、次いで弟妹を栄養失調で亡くす。兄は鉄血勤皇隊で戦死
                     〇上江洲清さん(1939年生まれ、沖縄県在住)
                       テニアンで生まれ、ポナペ島で育つ。疎開船が爆撃を受け、トラック島に上陸
                       その後沖縄に引き上げ沖縄戦を体験

                    ◆ナイトセミナー 地上戦の民間戦災者はなぜ放置されてきたか◆
                     戦闘に巻き込まれて身心に後遺症が残る負傷を受けたり、家族を亡くしたにも
                     かかわらず、補償を受けられず置き去りにされてきた民間人がます。
                     日本軍への「協力」の有無、被害の証人を立てられたかどうかなどの条件で
                     補償を受けられた人とそうでない人、戦後の沖縄県民は二分されました。
                     まして孤児など弱い立場に立たされた人の多くは、何の補償も、誰からの謝罪も
                     受けられず苦しんでいます。
                     沖縄戦、南洋戦被害国家賠償訴訟の弁護団長である瑞慶山茂弁護士に
                     地上戦民間被害者の戦後補償の経緯と現状、問題について講演いただきます。

                    【お問い合わせ】 戦場体験放映保存の会
                     〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2 公益社団法人マスコミ世論研究所内
                     E-mail:senjyou@notnet.jp
                     FAX: 03-3916-2676
                     TEL: 03-3916-2664(火・木・土日祝)

                     戦場体験史料館・電子版 http://www.jvvap.jp/
                     全国キャラバン・公認ブログ http://senjotaikenhozontabi.blog2.fc2.com/


                    【本日・時間変更 19:30〜/『No Base! 沖縄とつながる京都の会』4月例会】 「屈辱の日」を前に 沖縄闘争の現段階

                    0
                      【『No Base! 沖縄とつながる京都の会』4月例会】「屈辱の日」を前に 沖縄闘争の現段階
                        https://www.facebook.com/events/618946201629478/

                      うるま市での強姦殺人事件から1年
                      沖縄が日本から分離された「屈辱の日」(4月28日)
                      を前に、沖縄闘争の現段階を見据える。
                      大湾宗則・共同代表の提起を受けてのフリートーク

                      ■日時2017年4月25日(火)19:30 - 21:00

                      ■場所:ひと・まち交流館 京都 第5会議室
                        http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

                      ■主催:No Base!沖縄とつながる京都の会
                       https://www.facebook.com/okinawakyoto/


                      ★例会の前に緊急抗議行動を行います!ぜひご参加を!

                      4/25〜4/27 辺野古護岸工事着手を許さない!山城博治さんら3名の無罪判決を!連続行動(京都)
                      https://www.facebook.com/events/1372945419442761/

                      「護岸工事」といっても実態は原状回復困難な埋め立て工事です。
                      あらためて辺野古新基地建設反対の声をあげ、国策逮捕・裁判を強いられている山城博治さんらの裁判勝利を勝ち取りましょう!

                      ■日時:2017年4月25日(火)〜4月27(木)午後6時〜7時

                      ■場所:京阪三条駅前

                      ■呼びかけ:No Base!沖縄とつながる京都の会
                       https://www.facebook.com/okinawakyoto/

                      ■連絡先:090-4643-2940(増野)
                       

                      | 1/58PAGES | >>