calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

明日9/19(火)原発メーカー訴訟 控訴審 第1回期日@東京高裁

0

    body

    紅林進です。

    本日9月18日(月)は、 「さようなら原発 さようなら戦争 全国集会」が代々木公園で開催されますが、明日9月19日(火)、東京高裁で開催されます、「原発メーカー訴訟」控訴審のご案内をさせていただきます。

    原発メーカーの製造物責任を問う原発メーカー訴訟の控訴審の第一回裁判が、明日9月19日(火)、東京高裁で行われます。

    メーカーに製造物責任があるのは当然ですが、原発メーカーのみ、原子力損害賠償法(原賠法)により免責されています。このような不条理に対して、事故を起こした福島第一原発の原発メーカーである、日立、東芝、GEに対して、その責任を問い、損害賠償を求める、また原発メーカーを免責する原賠法の違憲を問う裁判が国内、海外合わせて4000名
    を超える人々が原告(私もその一人)になって、2014年に東京地裁に提訴しました。

    しかし東京地裁は真摯な審理を行わず、不当にも被告企業の責任を認めませんでした。
    そのため、多くの原告と弁護団は控訴し、その第1回控訴審が明日9月19日(火)の午前10時30分から、東京高裁で行われます。

    原発メーカーの責任を追及し、原子力損害賠償法を改めさせるため、明日9月19日(火)のこの控訴審に結集しましょう!

    東京高裁アクセス・地図
    http://www.courts.go.jp/tokyo-h/about/syozai/tokyomain/index.html

    (転送・転載・拡散歓迎)

    みなさま、「原発メーカー訴訟原告団世話人代表」の大久保徹夫です。
    下記の通り、期日があります。

    1.原発メーカー訴訟 控訴審 第1回期日
    ・9月19日(火) 10時30分
    ・東京高裁101号法廷(地裁と同じ)
     
    2.傍聴をお願いします。
    ・原告で傍聴登録されている方
    ・10時前に地裁前に来てください。傍聴券をお渡ししますので、10時〜10時10分の間に入廷して、ご自分の番号の位置に座ってください。
    ・一般傍聴の方
    ・9時半過ぎに地裁前にお集まりください。高裁の方の指示に従って、抽選に並んでください。

    3.報告会等
    ・衆議院第二議員会館1Fの多目的会議室
    ・10時より「ブッダの嘆き」上映 (抽選に外れた方はぜひこれをご覧ください)
    (「ブッダ生誕の地」と言われるインド、ジャドゥゴダにウラン鉱山があるが、ウランの採掘・精錬の廃棄物が投棄されており、近隣でガン、白血病、流産等が多発している。そのドキュメンタリー映画)
    2000年3月に「地球環境映画祭」で大賞を受賞しました。

    ・13時より法廷報告会
        ・14時30分より「“世界最大の原発”建設へ インドのジレンマ」を上映
    インドのジャイタプール原発建設地、政府の考え方と現地の漁民、農民の反応、闘いの映画。
    インドの原賠法の特徴(事故が起きた場合、一義的に電力会社が賠償に応じるが、電力会社は原発メーカーに求償できる規定がある)の紹介と原発メーカーの反応が後半に記録されている。

    どうぞ、みなさま、福島事故で何ら賠償責任なしで、焼け太りする原発メーカーへの怒りと海外輸出(特にインド)への反対を訴えましょう。

    傍聴をお願いします。
     

    株主が東京電力役員の福島原発事故責任を訴えた株主代表訴訟を傍聴ください

    0

      野村修身です。

      このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

      既にお知らせした裁判の日程が近づきましたので、訂正/捕追して再投稿します。

      福島第一原子力発電所が大事故を起こし、東京電力株式会社は会社としても多大な損害を蒙ったわけですが、この責任は当時の経営責任者にあることが明白です。そこで、東京電力株式会社の株主の有志は、会社法に基づいた株主の権利を使って、会社に損害賠償をするように、当時の経営責任者に対して裁判を起こしました。これが「株主代表訴訟」です。そのために、裁判の原告である株主の有志が勝ったとしても、認められた賠償金は東京電力株式会社が得ることになり、原告である株主の有志には全く入りません。なお、賠償金のすべてを福島原発事故の被害者救済に使うことを、裁判の目的にしています。

      提訴より足かけ6年が経過して、いよいよ佳境に入ってきました。裁判の傍聴に出席して、私たち原告を応援してくださるようにお願いします。

      裁判を取り仕切っている裁判長は、慣例としては他の裁判所に移動する年月になりましたが、移動をせずにこの裁判を続けて取り扱っています。並々ならぬ覚悟をもってこの裁判を指揮していると思われる裁判長は、近いうちに判決を行うと思われますので、良い判決を出すように励ますためにも、皆様の傍聴が欠かせません。

      この歴史的な裁判を成功させて、原子力発電の廃絶につなげたいと思います。

      福島原子力発電所の事故に対しては、地元の人々が中心になって、当時の経営責任者の数人を犯罪者として刑事告訴しており、6月30日に最初の公判が開かれました。この刑事裁判とタイアップして、こちらの裁判も進めたいと思います。

      どうかよろしくお願いします。
                        _________________________________________________
                        NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
                        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      (案内ビラより抜粋)

      <東京電力株式会社の株主有志による株主代表訴訟の第34回口頭弁論(裁判)>

      日時:2017年9月14日(木)10時30分より
      場所:東京地方裁判所103号法廷
      交通:地下鉄東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞が関」駅A1出口徒歩1分、有楽町線「桜田門」駅5番出口徒歩3分

      (裁判後に以下の集会を行います。こちらにも参加ください)

      場所:衆議院第一議員会館 多目的ホール
      <裁判の報告>担当の代理人(弁護士)より
      < 映画「知事抹殺の真実」上映>収賄額ゼロの佐藤栄佐久・福島県知事が辞任に追い込まれたのは?

      <連絡先>東電株主代表訴訟
      電話:090−6183−3061(木村)
      e-mail: nonukes0311@yahoo.co.jp
      blog: http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/
       


      東京電力株主代表訴訟第34回口頭弁論

      0

        > 実施期日が1週間ほど後となりましたので、訂正/捕追して再送します。
        >
        > 福島原子力発電所の事故により、東京電力の株主に多大な損害をもたらしたとして、
        会社法に基づき、当時の経営責任者に損害賠償を裁判所に訴えました。これは株主の責
        任としての行動です。提訴から足かけ6年が経過して、いよいよ佳境に入ってきました
        。裁判の傍聴に出席して、応援してくださるようにお願いします。
        >
        > なお、勝訴の場合には、得られた賠償金のすべてを福島原発事故の被害者救済に使う
        ことにしています。
        >
        > 先の口頭弁論のあとで、裁判官の交替がありました。裁判長は変わらず、2人の陪席
        裁判官が交替という異例な移動となりました。裁判長は自分で判決を行う決意で、留任
        されたのではないでしょうか。原告としてしっかりと裁判をやりぬく決心をあらためて
        誓いました。。
        >
        > この歴史的な裁判を成功させて、原発の廃絶につなげたいと思います。
        >
        > 裁判の迅速化をはかるために、被告を当時の中心者である、勝俣恒久元会長、武黒一
        郎元副社長、武藤栄元副社長、小森明生元原子力・立地副本部長、清水正孝元社長に絞
        り、他22人に対する訴え取り下げました。この状況における初めての口頭弁論です。ご
        期待ください。
        >
        > 福島原発事故に対しては、被災地の人々が中心になって、彼らを含む東電の責任者た
        ちを犯罪者として刑事告訴し、6月30日に最初の公判が開かれました。この刑事裁判と
        タイアップして、こちらの裁判も進めたいと思います。
        >
        > 裁判の傍聴および裁判後の集会は、どなたでも予約なしで出席ください。皆様の応援
        をよろしくお願いします。
        >                    _________________________________________________
        >                    NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
        >                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        >
        > (案内ビラより抜粋)
        >
        > <東京電力株主代表訴訟第34回口頭弁論>
        > 日時:2017年7月20日(木)10時30分より
        > 場所:東京地方裁判所103号法廷
        > 交通:地下鉄東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞が関」駅A1出口徒歩1
        分、有楽町線「桜田門」駅5番出口徒歩3分
        >
        > <裁判後に以下の会合を行います>
        > 場所:衆議院第二議員会館 第1会議室
        > ●裁判の報告 報告者:海渡雄一さん(原告代理人・弁護士)
        > ●学習会 講師:中山洋子さん(東京新聞)
        >      演題:新聞記者が観た原発現地と感じるメディアへの圧力
        >
        > <連絡先>東電株主代表訴訟 電話:090−6183−3061(木村)
        > e-mail: nonukes03@yahoo.co.jp
        > blog:http:tepcodaihyoso.blog.fo2.com/
         


        永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 今日は福島原発事故で強制起訴された東電の元 社長たちの初公判の模様を、TBSラジオ記者の崎山敏也さんが報告されました。津波対策を怠り業務上 過失致死傷で起訴された勝俣、武黒、武藤氏の3人、東日本大震災の関係

        0

          脱原発の声残したい 越前市の永田さん発刊

          http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2017063002000210.html
          2017年6月30日【日刊県民福井】

          【転送希望】6/24(土)第3回「関電八木会長原発や​めてくださいパレード」へのお誘い

          0

            直前のお知らせとなりました。
            今年も関電株主総会を前に、八木会長の住む上牧からJR島本までパレードをします。

            ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
              
               第3回 関電八木社長 原発やめてくださいパレード


             日時:2017年6月24日(土) 午後2時集合 2時40分出発

             集合:阪急京都本線上牧(かんまき)駅近くの「かんなび公園」
                     (※当日は上牧駅に案内人が立ちます)

             呼びかけ:原発ゼロ上牧行動、脱原発高槻アクション、
                    とめよう原発!!関西ネットワーク

             (連絡先)072-669-1120(坂元) http://takatukigomi.sblo.jp/

            ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

             今般関西電力は、高浜原発4号機と3号機を再稼働しました。この再稼働には大義がありません。

             電気料金を安くすることは二の次の問題です。第一に国民・住民の安全を担保することが求められています。今後、若狭の原発で福島級の過酷事故が起こったときの責任をあなたはとれますか。

             いま原発をやめるとしても、使用済み核燃料の保管、処理の問題や廃炉の問題などがあります。10万年ともいわれる保管期間を保証できますか。こういった問題に対応することがあなたに求められています。

             原発が人類の手におえない発電装置であることは、あなたもよくご存知のことと思います。そして今や電力が余っていることもご存知の通りです。私たちの最低限の責務は子どもや孫たちに安心して暮らせる未来を保障し、残すことです。

             八木会長、よく考えて原発やめてください。
             あなたが止めなくて、誰がやめるのですか。6月28日の株主総会を前に、八木会長に原発廃炉を訴えます。
             


            【転送】〈連続講座・第3回〉 広島の被爆と福島の被曝 この両者は本質的に似たものか似て非なるものか(7/14金@東京)

            0
              4回シリーズの斎藤紀医師の講演、
              3回目でやっと原爆訴訟裁判の意義について。
              最終回で、福島原発事故の被曝を考えるには、3回にわけて原爆の被爆をおさえていくことが必要だということなんですね。
              ==========================================
              〈連続講座・第3回〉 広島の被爆と福島の被曝
              この両者は本質的に似たものか似て非なるものか

              日時:7月14日(金)午後3時〜6時
              場所:信愛書店スペースえんがわ
                  東京都杉並区西荻南2-24-15 JR中央線・総武線 西荻窪駅南口徒歩2分 03-3333-4961
              お話:齋藤紀さん
              司会:池田香代子さん
              会費:1000円 主催:かもがわ出版
              *事前申込みが必要です。
              お申込みは以下まで メール:matutake@kamogawa.co.jp FAX:075-417-2114

               医者になってすぐ、 広島で被爆者治療と研究に献身。第二の人生を福島でと移り住んだら 3.11 に遭遇。広島も福島も知り尽くす医師が語る現実と未来。  
              第3回目は、広島、長崎の原爆訴訟が持った意味についてです。

              【さいとう・おさむ】
              1947年宮城県生まれ。福島わたり病院医師。福島県立医科大学卒業後、広島大 学原爆放射能医学研究所で内科・臨床血液学の研究に従事。
              その後、88年福島生協病院病院長・名誉院長を経て、09年〜現職
              ==========================================

              【拡散希望】6/24(土) 第3回関電八木会長 原発やめて下さいパレードのお知らせ

              0

                展望なき再稼働 高浜原発動かすな!

                6月28日の関西電力株主総会で八木会長に原発廃炉を求めるため、
                八木会長の住む高槻市上牧でパレードを行います。

                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

                第3回 関電八木会長

                 原発やめてくださいパレード

                日時 2017年6月24日(土)
                     午後2時集合 2時40分出発
                場所 神内−こうない−かんなび公園(上牧駅近くの公園) 集合

                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

                当日は案内が阪急上牧駅に立ちます
                神内かんなび公園からJR島本駅までパレード

                (呼びかけ)
                  原発ゼロ上牧行動
                  脱原発高槻アクション
                  とめよう原発!!関西ネットワーク

                (連絡先)
                 072-669-1120(坂元)
                 http://takatukigomi.sblo.jp/


                【拡散希望】5/31-6/6高浜3号炉再稼働反対−関電本店前抗議行動(上牧行動)

                0

                  高浜では5日アメーバデモ、6日現地行動が予定されていますが、
                  大阪の関電本店前では今日5/31から上牧行動主催者が抗議行動を開始されました。
                  皆さま ご参集下さい。

                  =================

                  上牧行動主催者夫人のブログより
                  http://takatukigomi.sblo.jp/article/179910139.html
                  2017年05月31日


                  高浜3号再稼働


                  高浜3号炉が6月6日には再稼働します。

                  それでじいちゃんは今日から関電本店前の行動にはいります。

                  5月31日、6月1日、2日、5日、6日です。
                  時間は正午から1時まで、午後5時半から6時半を中心に活動をします。
                  その他の時間も関電前にいます。

                  よろしくお願いします。


                  原発国賠訴訟のご案内(5/25神戸、5/26京都、6/1 大阪)

                  0

                    永岡です、福島から関西に避難されている皆さんが国と東電を相手に起こされている国賠訴訟、明日は
                    神戸、明後日は京都、来週は大阪のそれぞれ地裁で口頭弁論が行われます。

                    明日、2017年5月25日(木) 原発賠償ひょうご訴訟@神戸地方裁判所
                    http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1534.html
                    明後日、2017年5月26日(金)『本人尋問』原発賠償京都訴訟@京都地裁
                    http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1533.html
                    そして、来週、
                    2017年6月1日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第14回口頭弁
                    論期日 http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1456.html
                    どうぞお時間許す限り、
                    原発避難を続ける避難者・原告の声を聞きに裁判所にご参集お願い申し上げます。
                     特に、京都は原告の証人尋問が行われて、原告の皆さんを支援するために、多くの皆さんの傍聴をよろ
                    しくお願いいたします。


                    『脱原発の哲学』合評会(筑波大学)

                    0

                      みなさま、

                      筑波大学の佐藤嘉幸です。
                      5月18日(木)18:15から、筑波大学人文社会学系棟A101にて、
                      佐藤嘉幸、田口卓臣『脱原発の哲学』合評会を行います。
                      本の内容については、以下から目次、序文などを見ることができます。
                      http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b214457.html

                      コメントは、『みんなで決めた「安心」のかたち――ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年』
                      著者の五十嵐泰正さん、子供の保養を行う「311受入全国協議会」共同代表の早尾貴紀さん、
                      もとSEALDsの本間信和さんです。その後、著者による応答、全体討議があります。

                      入場無料、事前登録不要ですので、どうぞご参加ください。
                      アクセスは以下から(「人文社会学系棟」は中央図書館向かい)。
                      http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html

                      ===
                      2016 年に刊行され、『朝日新聞』『ル・モンド』紙にも取り上げられた、科学、技術、政治、経済、
                      歴史、環境などあらゆる角度から「脱原発」を論じる話題の哲学書をめぐって、討議を行います。
                      コメント:五十嵐泰正(筑波大学人文社会系)、本間信和(筑波大学大学院)
                      早尾貴紀(東京経済大学、311 受入全国協議会)
                      著者からの応答:佐藤嘉幸(筑波大学人文社会系)、田口卓臣(宇都宮大学)
                      司会:木村周平(筑波大学人文社会系)

                       


                      | 1/72PAGES | >>