calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

レイバーネットTV案内「この「働き方」おかしくない?」

0

    松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転送歓迎。

    ギャラリー参加も大歓迎です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ●労働者の 労働者による 労働者のための
          レイバーネットTV 第145号放送

    特集:この「働き方」おかしくない?〜名ばかり「事業主」の現実
    ・日時/放送時間  2019年11月20日(水)
     19.30一20.50(80分)ギャラリー開場 19.00
    ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv
    ・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋)
      http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html
    ・キャスター 土屋トカチ ジョニーH

    <動画ニュース>(10分)
     この1か月のホットなニュースを動画でお送りします。

    <木下昌明の映画紹介『家族を想うとき』>(10分)
     イギリスの巨匠ケン・ローチの最新作。不安定な「ゼロ時間契約」の配達ドライバーを主人公に、働き方と時代の変化に振り回される家族の姿を描いている。(下記「特集」との連動企画です)


    <特集:この「働き方」おかしくない?〜名ばかり「事業主」の現実>(60分)
     ウーバーイーツ配達員、クリーニング店オーナー、ヤマハ英語教室講師……「雇われない働き方」が注目を集めている。「自由な働き方」ともてはやされることもあるが、報酬の不安定、仕事でけがをしても自分持ち、突然の解約・失職など、その現実は危険がいっぱい。中には、実態は社員と同じなのに、名前だけ「オーナー」にして労働者の権利を取り上げる会社も。しかし「このままではいけない」とユニオンをつくり現場から声を上げた人たちがいる。番組ではそうした人たちに出ていただき、名ばかり「事業主」の実態とたたかいを伝えたい。また「雇われない働き方」の保護を模索する内外の動きも紹介しながら、「新しい安心の形」を考えたい。

    ・出演者=工藤貴史(クリーニングユニオン書記長)
         前葉富雄(ウーバーイーツユニオン執行委員長)
         八木橋修(全国一般三多摩労組日本テクノ分会)
         指宿昭一(弁護士、日本労働弁護団)
    ・電話での出演
         鈴木和幸(NPO法人クリーニングカスタマーサポート代表)
         Oさん(ヤマハ英語講師ユニオン)
    ・司会進行=北 健一(ジャーナリスト、出版労連)
      *特集の休憩タイムにジョニーHの歌が入ります。

     レイバーネットTVは公開放送です。スタジオ見学歓迎。投げ銭歓迎。オリジナルコーヒー販売あり。「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます。番組終了後、実費の「懇親会」もあります。ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    --
    ***********************
     松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
     http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
     http://www.labornetjp.org レイバーネット
    ***********************


    レイバーネットTV第143号番宣 : 日韓問題特集

    0

      松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転送歓迎。

       レイバーネットTV 2019後期放送(9−12月)の第一回は、9月18日です。日韓対立が過熱するなかで、じっくりこの問題を考えてみませんか?
      スタジオ観覧歓迎です。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ●労働者の 労働者による 労働者のための
        レイバーネットTV 第143号放送
        特集:日韓「ピープル to ピープル」でいこう

      ・日時/放送時間  2019年9月18日(水)
       19.30一20.45(75分)ギャラリー開場 19.00
      ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv
      ・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋)
          http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html
      ・キャスター ジョニーH 見雪恵美

      <動画ニュース>(10分)
       この1か月のホットなニュースを動画でお送りします。

      <特集 : 日韓「ピープル to ピープル」でいこう>(50分)

       9月7日の市民アクションで、在日3世の女性は「いま私たちは生きるか死ぬかの瀬戸際です。マスコミは煽りをやめてちゃんと報道してください」と訴えた。昨年の韓国大法院「徴用工」判決から始まった日韓政府の対立はエスカレートを続け、危険な水域に達している。安倍政権に追随する日本のTVや週刊誌は「嫌韓」をあおり、人々の反韓感情は高まる一方だ。しかし「報復ではなく対話を」「日韓市民は反安倍で連帯を」「煽り報道はやめよう」との声も上がりはじめている。いまこそマスコミ報道に流されずに、日韓関係の基本的問題はどこにあるのかをしっかり考えるときである。
       番組では、日韓問題専門家のイヨンチェさん、在日の金承民(きむすんみん)さん、市民活動家の菱山南帆子さんをゲストに自由にディスカッションする。国家間の対立をこえ日韓市民同士がつながる道はどこにあるのか? 戦後補償問題をどうするのか? 東アジアの平和をどうつくっていけるのか、など一緒に考えてみませんか。

      ★ゲスト=イヨンチェ(日韓問題研究家・恵泉女学園大学教授)・金承民(きむすんみん・在日韓国青年同盟委員長)・菱山南帆子(市民活動家・「許すな!憲法改悪・市民連絡会」)
      司会=尾澤邦子

      ★特別出演=右田隆のひとり芝居「韓国に行ってきた」(15分)
      *特集の合間に上演します。

      *レイバーネットTVは公開放送です。スタジオ見学歓迎。投げ銭歓迎。オリジナルコーヒー販売あり。「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます。番組終了後、実費の「懇親会」もあります。ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      --
      ***********************
         松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
       http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
       http://www.labornetjp.org レイバーネット
      ***********************


      デモクラシータイムスメルマガ8月29日号

      0

        池田です。

        きのうライブ配信の「ウィークエンドニュース」は常にも増して聞き応えたっぷりです。
        埼玉県知事選の意味するもの&岩手知事選も参院補選もやっぱり共闘野党に利?
        「害虫被害」で輸入するトウモロコシの行方は決まっている?
        わけのわからないトランプの言動を北丸雄二さんが快刀乱麻でバッサリ、福島東電原発の処理水について、土屋直也さんが直言!
         ご視聴はこちらから↓
        https://www.youtube.com/watch?v=FGMDsKNvVFs 

        ◎デモクラシータイムスメルマガの配信申し込みはこちら
        ⇒ https://www.mag2.com/m/0001687521.html?l=gvy175d3c7 

        ************************************

        【デモクラシータイムス】2019年8月29日

         リベラルなニュース解説、一歩踏み込む社会時評、現場直撃のゲリラ取材、世界情報の真相、ネットに溢れるフェイクを分析、ほんわか昭和が香るジジ対談、目からウロコの真実。
        生ぬるいテレビや新聞・雑誌の報道に飽き足りない方たちに提供する番組の数々。「リベラル市民ネットTV局=デモクラシータイムス」が大健闘中です。
         ご視聴はこちらから↓
         https://www.youtube.com/channel/UCIIhko3gMRId9cCteX1eu-Q 


         どうもキナ臭い。日韓の間に異様な火種がくすぶり始めています。日本のマスメディアは、何かに憑かれたように「嫌韓」を煽り、すでにネット上では「日韓断交」などといったほんとうに常軌を逸した言説も飛び交っています。
         「冷静になれ」という一部の人たちの声も、テレビではごく少数派になっています。何かがあった時、勇ましいことを言うのがコメンテーターの役割だと勘違いしているバカが多すぎます。その上、「嫌韓」を煽れば視聴率が上がり部数が伸びる、などと広言するアホナディレクターや編集者まで出てくる始末。 
         危ない時こそ「本質は何か」を冷静に分析し考えるべきマスメディアがこれでは、トンマな政治家連中の思うがままです。そんな時だからこそ、「デモタイ」は冷静さを失わずに、確かな情報から真相へ迫ります。
         たくさんの番組が、あなたの「知りたい」に応えます。
         みなさんの友人知人に広めてください。そして、チャンネル登録にご協力ください。

        一週間、メルマガをおさぼりしてしまいました。
        二週間分、お届けします。


        ◆明日、金曜にお送りする今週の一週間を振り返る「ウィークエンドニュース」◆
        野党共闘効果と秋政局/日米貿易交渉の奇々怪々/原発共同事業化のごまかし
            出演  北丸雄二さん(ジャーナリスト) 
                土屋直也さん(経済ジャーナリスト) 
                竹信三恵子さん(ジャーナリスト・和光大学名誉教授) 
             司会:山岡淳一郎(ノンフィクション作家)
        ───────────────────────────────────────

        ◆先週、すでに配信済みの一週間を振り返る「ウィークエンドニュース」◆
          迷走・対立の世界情勢
          https://youtu.be/7SM5Tcyogbw 
            出演 高成田亨(ジャーナリスト・元朝日新聞アメリカ総局長)
               内田聖子(アジア太平洋資料センター共同代表)
               奥寺 淳(ジャーナリスト・元朝日新聞ワシントン・北京特派員)
             司会:山田厚史(ジャーナリスト)
        ───────────────────────────────────────
        ◆今週水曜までの公開ラインナップ◆

        【横田一の現場直撃 29】
          ハマのドン、命がけのカジノ阻止/どうして勝ったの?埼玉知事選
          https://youtu.be/q3aKpZpcDds 

        【週刊エコノミストと・・経済の深層】
          延びる 消える鉄道/絶望の日韓
          https://youtu.be/sPaMHVjUaSo 

        【日刊ゲンダイ週末号】
          テロからエロまで 日韓/五輪/横浜カジノ
          https://youtu.be/crdqA0mY78s 

        【佐高×早野のジジ放談】
         投票率と野党の勝利/戦後政治の脇役たち(二階堂と西村)
         https://youtu.be/QT1YZnrXaYI 

        【横田一の現場直撃 28】
          横浜林市長がカジノ誘致へ裏切りの記者会見ほか
          https://youtu.be/wBVtj331MH0 

        【日刊ゲンダイ週末号】
          テロからエロまで 断韓/五輪水質汚染/マツコとN国
          https://youtu.be/B4TfIfsOz9k 

        【荻原博子の「危ないお金の話」】
          まだまだ出てくる、かんぽ生命の深い闇
          https://youtu.be/-ovjFnSweNE 

        【山田厚史の「だいたい5分で分かる」大問題】
          かんぽ不正はなぜ起きたのか
          https://youtu.be/XFoZ3RWR69I 

        ◆近日公開のお楽しみ番組◆
        【日刊ゲンダイ週末号】
        【新沖縄通信】 ヤギが泳ぐ西表/ 翁長前知事の一周忌法要 ほか
        【佐高信の隠し味】 韓流ドラマのうらおもて(朴慶南)
        【横田一の現場直撃 第30回】
        【田岡×北丸のディープバックグラウンド】
        【銀行の罠】第一シリーズ総集編
         ほか、たくさんの番組を準備中!!

        ◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
        ※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

         


        デモクラシータイムスのメールマガジン

        0

          sage body

          池田です。

          8月18日号を転送します。
          登録はこちら
          https://www.mag2.com/m/0001687521.html?l=gvy175d3c7


          【デモクラシータイムス】2019年8月18日

          ◆リベラルなニュース解説、一歩踏み込む社会時評、政治の裏側を読む対談・座談会、現場直撃のゲリラ取材、じっくり話を聞く話題の人インタビュー、ほんわか「昭和」が香るジジ放談などなど。
          生ぬるいテレビ・新聞・雑誌に飽き足りない方たちに贈るYouTubeチャンネル!
          ご視聴はこちらから ↓
           https://www.youtube.com/channel/UCIIhko3gMRId9cCteX1eu-Q/

          ◆テレビも新聞も、8月になると思い出したように「戦争」を報じます。マスコミ恒例の「8月報道」です。
          こんな悲惨なことがあった、切ない事件が埋もれていた、戦死者からの手紙が発掘された、そして結論は「だから戦争はしてはいけない」…。
          しかし、そんな報道とは裏腹に、世界はキナ臭さを増すばかり。カシミール高原の自治権を巡ってインドとパキスタンは一触即発。
          香港では若者たちの怒りが頂点に達し、あの天安門事件の再来を恐れる中国が、巨大な圧力を香港政府にかけ始めているようです。若者たちの裏には米国の影がちらつくという、やや眉唾の情報もチラホラ。
          その米国は、銃乱射事件に揺れています。ほとんど毎週のように、米国のどこかで銃声が聞こえ、数十人の死者が報じられます。
          日韓の摩擦は、安倍首相も文大統領も、振り上げた拳をどう下ろせばいいのか引っ込みがつかない有り様。まるで子どものケンカです。
          日本国内でも「あいちトリエンナーレ」の騒動は尾を引いています。「報道の自由」どころか「表現の自由」が押し潰されようとしています。『1984年』は小説の世界の話じゃなくなりました。
          こんな時代だからこそ「デモタイ」は頑張ります。真相(深層)を突く番組が次から次へオンエアされます。ぜひ、知人友人の方々へ拡散してください。真のリベラル市民ネットTV局を確立するために!



          ◆ 1週間を振り返る「ウィークエンドニュース」 8月16日 ◆
            <香港、日韓、あいちトリエンナーレ/ 窒息社会の風穴はどこに>
            https://youtu.be/EEc0sYKUIxo
             出演  永田 浩三(武蔵大学教授、元NHK)
                 三木由紀子(情報公開クリアリングハウス理事長)
                 斎藤 貴男(ジャーナリスト)
             司会  高瀬 毅(ノンフィクション作家)
                                   
          ◆ 8月16日までの公開ラインナップ ◆
                  
          【横田一の現場直撃】 
            日韓摩擦・観光地の現実は?
            https://youtu.be/2MitwMaKJjw

          【山田厚史の闇と死角・特別編】 
            韓国現地訪問記〜反日と反アベの間
            山田厚史(ジャーナリスト) 鈴木 耕(編集者・ライター)
            https://youtu.be/M73iD7jewa4

          【日刊ゲンダイ週末号】
            進次郎の結婚/五輪コース変更要望・・・
            今泉恵孝(ニュース編集部長)塙 雄一(編集局次長)
            https://youtu.be/_L9CDBVByoI

          【3ジジ放談】
            酷暑とお盆のはざまで〜
            平野貞夫、佐高信、早野透
            https://youtu.be/yd2yVFHMcDQ

          【田岡・北丸のディープ・バックグラウンド】
            在日米軍の真の任務は?日本防衛を任務とする米軍は一兵もいない?!
            田岡俊次、北丸雄二
            https://youtu.be/htvO4oznS48

                                             
          ◆そして、これからのお楽しみは!・・ちょっとお盆疲れですが・・ ◆
          【日刊ゲンダイ週末号】
            「断韓」経済損失/五輪会場異常な水質汚染/マツコvsN国
             森本啓士(スポーツ編集部長)、高月大樹(ニュース編集部)

          【荻原博子の危ないお金の話】
            「かんぽ問題」を総ざらいする
             荻原博子(経済ジャーナリスト)、山田厚史(ジャーナリスト)

          【佐高信のヒ・ミ・ツ】
             なんと韓流大ファンの佐高節炸裂!
           

          ドキュメンタリー「ソウルの社会的経済」(57分03秒)

          0

            紅林進です。

            韓国では、最近、社会的経済や社会的連帯経済に関する活動が盛んになってきていますが、
            それを紹介したビデオが、社会的連帯経済の研究者廣田裕之さんによって作成されました。
            カン・ネヨンさん、橘川純子さん、そのほかの皆さんも関わって作られたとのことです。

            以下、ご案内を連帯経済関係のMLより転載させていただきます。

            こんにちは、広田です。

              さて、5月にソウルで撮影した内容をもとに、「ソウルの社会的経済」(日本語版、57分03秒)という
            ドキュメンタリーを作ってみました。
            まだまだアマチュアレベルのものではありますが、日本の方にソウルや韓国全体の社会的経済に
            ついてちょっと知ってもらううえで役に立つのではないかと思います。

            https://www.youtube.com/watch?v=Zv5H-rWIuRY

            Youtubeチャンネル「デモクラシータイムス」を視聴しませんか?

            0

              Message body

              池田です。

              今やマスメディアは一部のラジオとごく一部のテレビを除いて、民主主義のインフラとしての役割を放棄してしまっている感があります。
              片やネットメディアは、排外主義と分断をよしとする極右の発信者が圧倒的な勢力を保っています。
              これは、彼らが長年こつこつと発信してきたたまものであり、リベラル勢力はその努力が足りなかったと、率直に認めるところから出発しなければなりません。
              そんな反省から、3年ほど前、10人の同人がyoutubeに「デモクラシータイムス」という政治チャンネルを開設しました。
              ご存じの方は熱心にご視聴くださっていますが、なかなか広まりません。
              登録者数はただいま17,871人です。
              たとえば右派最大のチャンネル「チャンネルさくら」は32万人、N国主催者のチャンネルは16万人です。
              みなさまのお力で、「デモクラシータイムス」をこれらを超えるチャンネルに成長させていただきたく、毎週発信しているメルマガを転送します。
              これをお読みいただければお分かりのように、今もっとも知るべき、考えるべき話題をお送りしていると自負しています。
              よろしかったら、メルマガの購読者になってください。
              登録はこちらからお願いします⇒ https://www.mag2.com/m/0001687521.html?l=gvy175d3c7
              そして、番組をご覧になって、いいと思ったらチャンネル登録をお願いします。
              さらに、チャンネル登録のボタンの右に現れるベルマークをクリックしていただくと、新しい番組が配信されるとメールでお知らせが行きます。
              よろしくお願いします。

              **********ここから転送***********

              【デモクラシータイムス】 2019年7月19日

              リベラルなニュース解説、一歩踏み込む社会時評、現場直撃のゲリラ取材、ほんわか「昭和」cCな放談など、テレビ・新聞に飽き足りない方々に送るYouTubeチャンネル!
               番組視聴はこちらから
               ⇒https://www.youtube.com/channel/UCIIhko3gMRId9cCteXleu-Q
              =================================
              ◆快進撃続く「デモタイ」です!
               よく分からぬうちに参院選挙は終わりました。各党とも、勝ったのか負けたのか、自分たちで首をかしげるような妙な結果でした。結局、れいわ新選組のみが気を吐いた選挙でしたが、事前にそのことに触れたマスメディアは、ほとんどありませんでした。選挙後に、まるで言い訳のように「山本太郎旋風」などと取り上げても、何の意味があるでしょう。
              いま、日本のジャーナリズムが問われています。

              それにしても、なんという投票率の低さだったでしょう!
              日本の民主主義が根底から揺らぎ始めています。
              そんな今だからこそ、「デモタイ」は必要とされているのでしょう。視聴者の方々からの反響メールも増え、「チャンネル登録者数」も着々とその数を伸ばしています。
              もっともっと多くの方たちの、熱い意見をお待ちしています。

              ◆番組数も大増殖中
               「デモタイ同人」は10名。同人各自が、それぞれの責任で番組をディレクションしています。だからいまや、番組が溢れんばかり。その密度と取材力は、ぬるま湯の地上波TVになんか負けていません。数あるYouTubeの動画中でも、信頼度はバツグンとの評価が定着しつつあるようです。
              主な番組名は以下の通りです(順不同)。
              『ウィークエンドニュース』
              『日刊ゲンダイ週末号』
              『永田町フ〜ウン録』
              『週刊エコノミストとともに 経済の深層』
              『田岡×北丸のディープバックグラウンド』
              『池田香代子の世界を変える100人の働き人』
              『横田一の現場直撃!』
              『沖縄タイムス共同企画・新沖縄通信』
              『原子力市民委員会共同企画・原発耕論』
              『荻原博子のアブナイお金の話』
              『佐高×早野のジジ放談』ときどき『佐高×早野+平野のジジジ放談』
              『いまそこに沸き起こる ザ・バーニング・イシューズ』
              その他、『銀行の貸し手責任を問う会とともに 銀行の罠』『アベ政治のまやかし』『ベネズエラ大使緊急インタビュー』などなど、その時々で社会問題になっている(なりそうな)ことを、どこよりも早く取り上げています。イージスアショアのばかげた配備も東芝の危機もゴーンの国策捜査もどこよりも早く取り上げ、消費税は上げたらアカンのか、韓国制裁は愚劣なのかに切り込み、池田の100人はブレイクする前の注目人を発掘してきました。

              どうです? どれから観るか悩むでしょう?
              これからも続々、新番組を構想中です。乞うご期待!

              ◆こんな盛りだくさんの番組を、「デモタイ」はYouTubeチャンネルで無料配信を続けています。これからもその姿勢を貫きます。
               でもこのところ、製作費がかさんで四苦八苦中です。ぜひみなさんの熱い声援とカンパをお寄せください。(K)


                ───────────────────────────────
                  ▼今週を切り取る、「ウィークエンドニュース」▼
                   (注・今週は7月27日(土)の公開です)
                   「 参議院選を総括する 」
                 〜 改憲勢力は勝ったのか/野党共闘とれいわ/これからの政治
                   https://youtu.be/vQx8sMdrq1o
                ──────────────────────────────
                   【コメンテーター】 中野晃一 (政治学者 上智大学教授)
                             高成田享 (元朝日新聞ワシントン総局長)
                                          小塚 かおる (日刊ゲンダイ ニュース編集部長)
                                【司会】 山田 厚史 (ジャーナリスト)
                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ▼ 今週のおすすめ ▼  
                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ◎【田岡俊次×北丸雄二のディープバックグラウンド】
                 トランプはアブナイ! 
                 愚の骨頂!タンカー防護有志連合/日米安保はアメリカの利益
                 https://youtu.be/K87Y8iv9UWw
                  ボルトンから有志連合への参加を迫られ、さて、安倍さんは断われるのか。
                 田岡さんがせっかく冷静な対応をほめているんですから、頑張っていただきたい。
              ◎【山田×土屋の出前ケイザイ時評】 参院選@浦安 
                  二人が聴衆に語り、対話を試み、対立し、議論は続く・・・
                 https://youtu.be/SG4r-AY9TvM
              ◎【銀行の罠 特別編】見よ!紛糾のスルガ銀行株主総会
                 河合弘之(弁護士・被害者の会援護団長)と山田厚史・山岡淳一郎
                 https://youtu.be/-sYC-zXqpyI
                  銀行の罠第3回で取り上げたシェアハウス「かぼちゃの馬車」事件。
                 不動産融資のほとんどが、不正な、いや違法な手段で実行されていたスルガ銀行。
                  今、銀行の存立さえ危ぶまれ、身売りのためにも底なしの不正融資債権の処理を迫られています。
                  その株主総会に、被害者のサラリーマンたちと弁護士が参加し、経営陣に疑問をぶつけました。
                  その顛末と、今、一筋の希望が見えてきた被害者救済の現状を報告します。
                  被害者は、担保割れしている不動産を銀行側(債権回収会社)に渡し債務の帳消しを目指します。
                 こういう形で解決できれば、日本の銀行と顧客の新しい関係の始まりでもあります。
              ◎【佐高×早野のジジ放談】不敵のジャーナリスト筑紫哲也/控訴せずと政治家の本性
                https://youtu.be/HHVEIxi1sr0
              ◎【山田厚史の 闇と死角】かんぽ不正と郵政民営化
                https://youtu.be/3fgmSK7L5oI
                選挙期間中に爆発したゆうちょ生命での不正。
                その規模は爆発的に増え、津々浦々、被害は全国に及びます。
                かんぽは、新規営業をあきらめ、全ての保険の点検をする事態となりました。
                かんぽ生命も、親会社の郵政株式会社も株価は急落し、終息の見通しは立ちません。
                山田さんは、かんぽの不正もゆうちょ銀行の投資信託の不当販売も根っこは同じ、郵政民営化の矛盾の噴出だと言います。
              ◎ 大好評は 日刊ゲンダイ週末号でした!
                参院選当落予想!/京アニ惨事、動機と素性/闇営業と吉本
                 日刊ゲンダイ週末号Vol 102 https://youtu.be/kwnTMXRSSnw

                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ▼ 今後の公開予定 ▼ もりだくさん!に準備中
                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ◎沖縄タイムス【新沖縄通信】 沖縄選挙区オール沖縄勝利! 辺野古の今と7月の話題
              ◎週刊エコノミスト【経済の深層】
              ◎【山田厚史のそこがききたい】
               伝説の会計人 細野祐二さん 会計学的犯罪分析 ゴーンは無実だ!
              ◎【横田一の現場直撃!】

              ◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
              ※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

              ◎デモクラシータイムス
              の配信停止はこちら
              https://www.mag2.com/m/0001687521.html?l=gvy175d3c7
               

              レイバーネットTV第142号「どうする どうなる!参院選大ディスカッション」

              0

                松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転送歓迎。

                 選挙も終盤の7月17日夜に「参院選」を特集します。一緒にディスカッションに参加しませんか。ライブでもネットでも視聴できます。この日は、このテーマ一本です。

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                ●労働者の 労働者による 労働者のための
                  レイバーネットTV 第142号放送
                      特集:どうする どうなる!参院選大ディスカッション
                ・日時/放送時間  2019年7月17日(水)
                 19.30一20.45(75分)ギャラリー開場 19.00
                ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv
                ・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋)
                      http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html

                <「どうする どうなる!参院選大ディスカッション」討論テーマ>

                 新風を巻き起こしている「れいわ新選組」をどうみるか。社民・共産・立憲など革新系左派をどうみるか。自公の優勢が伝えられている。そんななかで私たちはどうしたらいいのか。さまざまな角度から自由にディスカッションします。会場のつくりも一方通行ではなく対話型の「ラウンドテーブル」スタイル。最初に、白石さんから問題提起をしてもらいます。内容は、日本の選挙制度がとても変であること、革新系左派の足腰の弱さ・高齢化・労働運動の衰退で地力を失いつつあること、アメリカのバーニー・サンダースやコルテス、イギリスのジェレミー・コービンなど21世紀欧米左派や社会運動が深化する韓国から何を学ぶのか、などです。それを受けた形で、ゲストの発言、会場全体の大ディスカッションと続きます。今回のレイバーネットTVの主役はあなた、スタジオの内外からご意見をお寄せください。

                ★キャスター 白石孝 尾澤邦子
                ★発言予定者 柴田武男(聖学院大学講師)、大野博美(さくら・市民ネットワーク)、北穂さゆり(選挙スタッフ体験者)、会場全員(1人2分以内)
                ★候補者への電話インタビュー(大椿ゆうこ、渡辺てる子、おしどりマコを予定しています)「選挙から見えてきたこと」を伺います。
                ★選挙関連映像やジョニーHの歌もあります。

                *レイバーネットTVは公開放送です。スタジオ見学歓迎。投げ銭歓迎。オリジナルコーヒー販売あり。「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます。番組終了後、実費の「懇親会」もあります。ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662
                →メールであなたのご意見をお寄せください。番組で紹介します。当日、午後5時まで。labornetjp@nifty.com
                あて。
                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                --
                ***********************
                     松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
                 http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
                 http://www.labornetjp.org レイバーネット
                ***********************


                レイバーネットTV第141号「オリンピックおことわりTV」

                0

                  Message body

                  松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転送歓迎。

                  以下、19日の放送案内です。スポーツ・ジャーナリストの谷口源太郎さんらがゲストです。ギャラリー参加歓迎です。

                  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                  ●労働者の 労働者による 労働者のための
                    レイバーネットTV 第141号放送
                    特集:オリンピックおことわりTV 第三弾
                    「ワクワク感動? ボーっと生きてんじゃねーよ!」

                  ・日時/放送時間  2019年6月19日(水)
                   19.30一20.45(75分)ギャラリー開場 19.00
                  ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv
                  ・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋)
                    http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html
                  ・キャスター おことわりん子 おことわりん太郎

                  1,動画ニュース(10分) *コーナー司会=尾澤邦子
                   この1か月のホットな情報をお伝えします。

                  2,特集 : オリンピックおことわりTV 第三弾(60分)
                    「ワクワク感動? ボーっと生きてんじゃねーよ!」

                   アンダーコントロールという「ウソ」と賄賂という「カネ」で買った2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで一年余り。巨額の開催関連費用という税金に群がるスポンサー企業のためのメガ・スポーツ・ショー・ビジネスとなったオリンピック。2020東京が掲げる「復興五輪」の掛け声は、国家主義的プロパガンダの「大東亜共栄圏」を彷彿とさせる。アスリートは極限まで肉体を蝕まれ、競技施設の建設労働者は労災死の危険と隣り合わせ、野宿者は路上から排除され、被災地は「笑っていれば放射能の影響はない」といわんばかりの「祝賀」と「復興」を強制される。2020年のあとには「我が亡きあとに洪水は来たれ」の大不況が顔をのぞかせる。
                   エリート・スポーツとしての五輪の問題を指摘する谷口源太郎さん、国家主義・天皇制とスポーツの関係から五輪を批判する鵜飼哲さん、福島原発事故で避難を余儀なくされた住民の声を丁寧に集めてきた堀切さとみさんをスタジオに招き「復興五輪」のウソを暴く。オリンピックでワクワクする? パラリンピックで感動?って騙されるな! ボーっと生きてんじゃねーよ!
                   おことわりん子・おことわりん太郎の名コンビキャスターでお送りする「オリンピックおことわりTV 第三弾」。ジョニーHの替え歌と乱鬼龍の川柳もあります。

                  ゲスト
                  ・谷口源太郎(スポーツ・ジャーナリスト)
                  ・鵜飼哲(一橋大学教員)
                  ・堀切さとみ(映像作家)
                  キャスター
                  ・おことわりん子 おことわりん太郎
                  ・替え歌 ジョニーH 川柳 乱鬼龍
                   
                  ★レイバーネットTVは公開放送です。スタジオ見学歓迎。投げ銭歓迎。オリジナルコーヒー販売あり。「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます。番組終了後、実費の「懇親会」もあります。
                  ★ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。
                  ★連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662
                  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                  -- ***********************
                   松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
                   http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
                   http://www.labornetjp.org レイバーネット
                  ***********************

                  レイバーネットTV案内「止まらない軍拡日本〜幕張メッセで武器見本市」

                  0

                    Message body

                    松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転送歓迎。

                    22日の放送では、軍拡・武器問題を取り上げます。
                    ぜひご覧ください。また「ザ争議」には自販機産業ユニオンが登場します。

                    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                    ●労働者の 労働者による 労働者のための
                      レイバーネットTV 第140号放送
                              特集:止まらない軍拡日本〜幕張メッセで武器見本市

                    ・日時/放送時間  2019年5月22日(水)
                     19.30一20.45(75分)ギャラリー開場 19.00
                    ・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv
                    ・配信スタジオ スペースたんぽぽ(東京・水道橋)
                              http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html
                    ・キャスター ジョニーH 見雪恵美

                    1,動画ニュース(10分)

                     この1か月のホットな情報をお伝えします。

                    2,「ザ争議」自販機ストライキ(15分)
                     
                     缶やペットボトルをトラックで運び「自動販売機」の詰め替え作業をしている労働者がいる。労働時間は朝の5時から夜の9時があたりまえ。このままでは殺されてしまうと「ジャパンビバレッジ」と「大蔵屋商事」で業種別ユニオンが結成された。いま「殺人的長時間労働の削減」「違法な96時間固定残業代の廃止」を求めてストライキで闘っている。
                    ・ゲスト=自販機産業ユニオンメンバー
                         池田一慶さん(オルガナイザー)

                    3,特集・止まらない軍拡日本〜幕張メッセで武器見本市(50分)

                     安倍政権のもとで知らないうちにどんどん進む日本の軍事化。4月9日には空自の最新鋭のステルス戦闘機「F35A」が墜落したが、パイロットは行方不明のままだ。そんななか6月17日—19日に千葉県の幕張メッセで大規模な国際武器見本市「MAST
                    Asia
                    2019」が開催される。前回の見本市では外国企業からの武器だけでなく、日本からも三菱重工、川崎重工、新明和工業などから誘導ミサイル駆逐艦、水陸両用車などの出展があった。これにいち早く反対の声をあげたのが「安保関連法に反対するママの会@ちば」の人たち。「幕張メッセでの武器見本市に反対する会」をつくって森田知事への中止要請をはじめ、さまざまな形でキャンペーンを展開している。「各国に緊張の種をばらまく武器の見本市はゴメン」「だれの子どももころさない、だれの子どももころさせない」という思いを、アートや音楽を取り入れながら広く訴えている。番組のゲストにはママの会@ちばのメンバー二人と、一貫して武器問題に取り組んでいる杉原浩司さん。トークだけなく動画・スライド・音楽なども交えながら、この問題に深く迫っていきたい。
                    ・ゲスト=杉原浩司(武器取引反対ネットワーク NAJAT代表)
                         金光理恵・村田マユコ(ママの会@ちば)
                    ・歌=すみや信一(反対する会)
                       
                    ★レイバーネットTVは公開放送です。スタジオ見学歓迎。投げ銭歓迎。オリジナルコーヒー販売あり。「スペースたんぽぽ」の広いフロアですので、たくさんの方が参加できます。番組終了後、実費(2000円程度)の「懇親会」もあります。
                    ★ツイッターコメント歓迎。ハッシュタグは#labornettvです。
                    ★連絡先:レイバーネットTV 070-5545-8662
                    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                    --
                    ***********************
                             松原 明 mgg01231@nifty.ne.jp
                     http://vpress.la.coocan.jp ビデオプレス
                     http://www.labornetjp.org レイバーネット
                    ***********************

                    【IWJ動画】沖縄「屈辱の日」を問う4・28京都集会 新時代沖縄の扉を開く若者の声をきく 徳森りまさんをお招きして

                    0

                      約100名の参加者でしたがとても感動的な講演会でした。ぜひご視聴下さい。本土でもこうした運動を創っていきましょう!

                       内富

                      沖縄「屈辱の日」を問う4・28京都集会 新時代沖縄の扉を開く若者の声をきく 徳森りまさんをお招きして 2019.4.28
                      記事公開日:2019.4.28取材地:京都府 動画
                       
                       2019年4月28日(日)18時半より京都市下京区のひと・まち交流館京都で開かれた「沖縄『屈辱の日』を問う4・28京都集会」で、「新時代沖縄の扉を開く若者の声をきく〜徳森りまさんをお招きして」と題し、玉城デニー沖縄県知事の選挙戦を支えた「ポジティブ・キャンペーン」の中心メンバー・徳森りま氏の話を聞いた。

                      ■Twitcasting録画(19:27〜 1時間2分)

                      話 徳森りま氏(沖縄知事選ポジティブ・キャンペーン)
                      (※集会中、徳森氏講演部分のみの録画となっております)
                      日時 2019年4月28日(日)18:30〜
                      場所 ひと・まち交流館 京都(京都市下京区)
                      主催 No Base! 沖縄とつながる京都の会(詳細)

                      https://iwj.co.jp/wj/open/archives/447687
                       


                      | 1/42PAGES | >>