calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【3月3日】 軍事力で日本の平和を守れるのか?―自衛隊の大軍拡を考える

0

    「軍事力で日本の平和を守れるのか?―自衛隊の大軍拡を考える」

    イベントページ
    https://www.facebook.com/events/146770732659838/

    ▪️日程:3月3日(土)19:20〜

    ▪️会場:下京いきいき市民活動センター 集会室(3階)
    (アクセス)
     http://www.geocities.jp/tgtmk561/1192.jpg

    ▪️講師:片岡明さん(京都平和委員会)

    ▪️参加費:500円

    ***************
    安倍政権は朝鮮半島での軍事的緊張の高まりを口実として史上最大の自衛隊の大軍拡に乗り出しています。
    過去最大の5兆1911億円の2018年度防衛予算案をはじめ、その内容も米国製の新たな迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」や巡航ミサイル、
    空母艦載機など憲法上の制約をかなぐり捨てた攻撃用兵器の導入、「F35」ステルス戦闘機など米国からの兵器大量購入を進めています。
    こうした自衛隊の大軍拡が果たして日本や東アジアの平和をもたらすのでしょうか?
    東アジアでの軍事的緊張を高めるだけでなく、
    地球規模の米軍の戦争に自衛隊を参戦させ、海外で米軍とともに戦争できる国へと日本を変貌させる「安倍9条改憲」
    の実質化へと道を開くのではないでしょうか?
    今回の講演会では、こうした本質的な問題について自衛隊問題に詳しい京都平和委員会の片岡明さんをお招きして考えたいと思います。

    ▪️主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会
    jinkensongen@gmail.com
     


    PP研主催シンポ(11/11)「朝鮮半島の危機と東アジアの平和構想」のご案内

    0

      Message body

      東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
      [転送・転載歓迎/重複失礼]

      直前のご案内となり恐縮ですが、11日(土)午後に朝鮮半島危機をめぐる
      シンポジウムが行われます。核とミサイル開発 VS 軍事演習と武器押し売り
      という構図から抜け出す道を探りたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

      ---------------------------------

      <シンポジウム>
      「朝鮮半島の危機と東アジアの平和構想」
      http://www.peoples-plan.org/jp/modules/news/article.php?storyid=537

      日時:11月11日(土)14:00〜17:00(開場は13:30)
      会場:ピープルズ・プラン研究所
         (有楽町線「江戸川橋駅」1-b出口徒歩5分、TEL 03-6424-5748)
      アクセス http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5
            ※場所がわかりにくいので地図をご確認ください。
      報告:湯浅一郎さん(ピースデポ)
         杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])
      資料代:700円(PP研の会員・読者は500円)

       朝鮮半島をめぐる危機が深刻になっています。北朝鮮と米国の双方によ
      る軍事的挑発行為は、エスカレートの一途を辿っています。北朝鮮が「核
      保有国」をめざして核実験とミサイル発射実験を挑発的に繰り返せば、米
      国は朝鮮半島近辺への空母の派遣、米韓合同軍事演習、B1戦略爆撃機の
      飛来など軍事的威嚇行為を一段と強めています。

       ところが、日本国内では「北朝鮮の挑発行為」だけが大々的に報じられ、
      安倍政権は朝鮮半島での軍事衝突の危険を回避する緊要性について一言半
      句語らず、「対話と交渉」を真っ向から否定し「圧力の強化」だけを唱え
      続けています。そして、安保法制を密かに発動して米艦の防護や給油を行
      い、米軍の臨戦態勢に加担しています。さらに、Jアラートを繰り返し発
      動し、避難訓練に住民や子どもたちを動員して危機感と不安を煽っています。

       こうした事態に対して、批判の声を上げ異議を唱える動きが少ないこと
      に、私たちは危機感を持ちます。朝鮮半島の危機を解決するためには、米
      朝間の平和条約締結によって長年の戦争状態を終わらせる、東北アジアの
      非核化をめざす対話と交渉を再開する、米軍の軍事的威嚇行動に加担する
      安保法制の発動をストップする、といった課題が問われます。
       朝鮮半島の危機の本質を明らかにし、軍事力によらない東アジアの平和
      構想について論じ合いたいと思います。

      【主催】ピープルズ・プラン研究所(PP研)
      住所:〒112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
      電話:03-6424-5748 FAX:03-6424-5749
      URL: http://www.peoples-plan.org/jp
      E-mail: ppsg@jca.apc.org
      facebookページ: http://on.fb.me/NIAlYV
      twitter:@ppsgj

      〈他流試合!?〉9条を考える討論&上映会が、立場の異なるリベラルと護憲のあいだで

      0

        http://www.theater-seven.com/2017/event_171112.html

        @シアターセブン 11月12日(日)
        【映画】
         15:50開場 / 16:00開映 / 17:17終映
        【討論会】
         17:20開場 / 17:30開演 / 19:30終了予定
         ※討論会のお席は、当日映画から鑑賞される方を優先
        料金(※映画・討論会は別料金)
        【映画】
         一般 1,500円 / シニア 1,100円 / 学生 1,000円 / シアターセブン会員 1,000円
        【討論会】
         一般・シニア 1,500円 / 学生 1,000円 / シアターセブン会員 1,000円
         ★『第九条』を当日ご鑑賞の方は、討論会 500円割引
        http://www.theater-seven.com/2017/event_171112.html
        討論会 登壇者
        吉田栄司(関西大学法学部教授。専門は憲法。9 条の会・おおさか事務局長)
        松竹伸幸(かもがわ出版編集長。「自衛隊を活かす会」(代表・柳澤協ニ)事務局長)
        宮本正樹(映画監督、脚本家。作品に『第九条』、『共に歩く』など)
        今井 一(ジャーナリスト。著書に『「憲法九条」国民投票』、『国民投票の総て』など)
        討論のテーマ
        自民党が他党を巻き込んで来年にも国会で発議しようとしている「9条改正案」(1項2項は触らず3項で自衛隊明記)は、これが国民投票で可決されれば、明文改憲の形をとった究極の解釈改憲となる。かといって発議阻止、現状維持と叫ぶだけでは、解釈改憲状態の抜本的解決には至らない。
        どの党、誰が政権を執っているかに関わらず、国民は主権者としてこの根深い問題に向き合い自身の手で解決しなければならない。では、どう向き合い、どう行動すればいいのか。そうしたことを論じ合い、参加者と共に考えます。

        9・11学習会「自衛隊は今どうなっているか? 〜安倍(政権下での)改憲案と自衛隊の変貌」のお知らせ

        0

          9・11学習会「自衛隊は今どうなっているか? 〜安倍(政権下での)改憲案と自衛隊の変貌」のお知らせ

          みなさま

          自衛隊問題についての学習会のお知らせです。

          現政権下で行われた集団的自衛権行使容認や安保関連法成立、自衛隊法改正の後、自衛隊の装備や訓練がどのように変わったのかなどを学習します。

          講師は京都平和委員会の片岡明さんです。

          ぜひご参加ください。

          ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

          自衛隊は今どうなっているか?

          〜安倍(政権下での)改憲案と自衛隊の変貌

          ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

          https://www.facebook.com/events/331500830644070/

          ■日時:2017年9月11日(月)19:00〜

          ■場所:下京いきいき市民活動センター 2階 第2会議室
          (京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分
          河原町通り塩小路通り交差点より東入る)
          http://www.geocities.jp/tgtmk561/

          ■講師:片岡 明さん(京都平和委員会)

          ■資料代:500円

          ■主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会
                      jinkensongen@gmail.com


          【転送】南の島で安倍政権が密かに進める戦争準備 南西諸島への自衛隊配備を考える(6/22水@神戸)

          0
                     緊急報告会
              南の島で安倍政権が密かに進める戦争準備
                南西諸島への自衛隊配備を考える
            南西諸島ピースネット共同代表 猪俣哲さんに聞く
            日時 6月22日(水)18:00
            会場 神戸市婦人会会館(4階もくれん)
            参加費無料
            主催:兵庫県弁護士9条の会 
            問い合わせ: 後藤玲子法律事務所  TEL 078-341-0422 
            南西諸島は、鹿児島県馬毛島、奄美大島から沖縄本島、宮古島、石垣島、さらに与那国 島に至る1000キロにも及ぶ島々で、各島々はそれぞれの文化をもち、古来より台湾 や大陸との交流も盛んにされていました。
            その南西諸島に今、戦後最大規模で自衛隊の 配備が強引になされており、いまやこの平和な島々は日米同盟の最前線と化しています。
            しかし、本土に住む私達にはなかなかこのような状況は伝わってきません。 
            与那国島に住む猪股哲さんは、南西諸島をくまなく廻り、島民と交流するなどし、南西諸島の状況について最もよく知る方です。
            その猪股さんが関西に来られる機会をとらえ、南西諸島の歴史や現在の変貌、そこから見えてくる日本列島の軍事基地化などご報告いただきます。
            貴重な機会ですので皆様 どうぞご参加下さい。

            【討論集会】自衛隊・安保問題はどこへいってしまったのか

            0

              *********************
              [討論集会]
              自衛隊・安保問題は
              どこへいってしまったのか
              *********************

              [問題提起&討論者]
              太田昌国さん(編集者/民族問題研究家)
              杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク)
              木元茂夫さん(すべての基地にNO!をファイト神奈川)
              池田五律さん(戦争に協力しない!させない!練馬アクション)
              天野恵一(反安保実行委員会)

              日時:6月17日(土) 午後6時〜
              会場:文京区民センター・3D(地下鉄春日駅・後楽園駅)
              http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm     
              資料代:500円

              「自衛隊は違憲だ!」「自衛隊はいらない!」声を上げた先に、シラけた
              苦笑が待ち構える。

              朝鮮半島に向かう米軍艦隊とそれに並ぶ自衛隊艦隊の映像を前にしても、
              「安保反対」の声はどこにも響かない。

              自衛隊も日米安保も、いつのまにか「当たり前」に、そしてそれどころか
              「必要・有用なもの」になってしまった。

              完全なる少数派に追い込まれた「反自衛隊」「反安保」の現在を改めて見
              つめ直し、「何を根拠に、どう訴えればよいか」を探る討論をします。
              ぜひ、ご参加下さい。

              主催:反安保実行委員会


              「新・日米安保論」(集英社新書)の刊行記念イベント

              0

                body

                明日(7日)午後7時30分より、新宿・神楽坂において、
                「自衛隊を活かす会」の3人の呼びかけ人の手による新著、
                「新・日米安保論」(集英社新書)の刊行記念イベントが開催されます。
                以下の案内をご覧の上、どうぞご参加下さい。
                http://www.honnonihohi.jp/ detail/307                   
                自衛隊を活かす会 事務局
                  (正式名称)
                        「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会」
                   呼びかけ人:柳沢協二(代表)、伊勢崎賢治、加藤
                 
                〒151-0053 
                東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス気付
                 電話:070-6420-0018
                 ホームページ:http://kenpou-jieitai.jp

                日本は地位協定の加害者です。それも類い稀な。

                0

                  【伊勢崎賢治さんから】
                  日本は地位協定の加害者です。それも類い稀な。

                  この記事は日米地位協定についてです。(この順番でお読みください)
                  https://dot.asahi.com/aera/2017041000060.html 
                  https://dot.asahi.com/aera/2017041000063.html 
                  しかし、日本は地位協定の被害者であると共に、アメリカ以上の「加害者」であること
                  を忘れるべきではありません。日ジブチ地位協定のジブチ政府には公務内・外の両方に
                  おいて裁判権がありません。自衛隊がその傘下に入っている国連地位協定下の南スーダ
                  ンにおいて、日本は、自衛隊が犯す公務内の事故を審理し南スーダン社会に説明責任を
                  果たす法体系さえ持っていません。
                  リベラルであることを自負する者として申し上げます。
                  かの地の民に対して、このとんでもなく”残酷”な事態を、我々は、安倍政権”以前”
                  から、民主党政権の時を含めて、ずっと許してきたのです。
                  なぜか。
                  この問題は自衛隊の法的地位の問題、つまり憲法9条の問題だからです。
                  この問題を”今”議論することは「安倍政権を利する」と非難する護憲派が…この頃少
                  なくなってきたようですが…まだおりますので、申し上げます。

                  5月に撤退とはいえ、今この瞬間にも、南スーダンの民に対して恒常的に強いているこ
                  の理不尽は安倍政権のせいですか? 違います。

                  安倍政権を倒したとして、この問題の解決の具体的な道筋はありますか? 僕には全く
                  見えません。ていうか、逆に据え置きになると思います。いままでのように。

                  いつの世にも…たとえ共産党が政権をとったときでも…与党/野党の対立・緊張関係は
                  必要です。民主主義のために。今、あるべき対立軸は、もはや、安倍政権vs9条護憲で
                  はなく「リベラル9条改憲」を考える時期にあるのではないでしょうか。

                  ジャズにお越しください。

                  4月21日(金)午後7時半開演
                  かみむら泰一(ts), 坂本千恵(p),鈴木堅登(b), 坂本貴啓(ds)
                  於:吉祥寺 メグ:http://www.meg-jazz.com/map.html <http://www.meg-jazz.co
                  m/map.html>

                  4月29日(土)午後2時開演 (マチネです)
                  坂本千恵(p),鈴木堅登(b), 西川彩織(ds)
                  於:吉祥寺 メグ:http://www.meg-jazz.com/map.html 


                  【本日】やめろ!大軍拡 基地強化を許さない! 3・16防衛省申し入れ行動

                  0

                    東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。当日のご案内
                    となりすみません。[転送・転載歓迎/重複失礼]

                    本日16日夕方、首都圏で基地反対の取り組みを続けてきたグループによる
                    防衛省行動が取り組まれます。ほとんど報じられていませんが、基地の役割
                    や機能の強化が急速に進んでいます。ぜひご注目、ご参加ください。

                    ---------------------------------

                    <やめろ!大軍拡 基地強化を許さない! 3・16 防衛省申し入れ行動>

                     2017年度の防衛関係予算案は、5年連続増加し、5兆1251億円と戦後最
                    大になりました。第3次補正予算案に含まれる防衛費約1800億円を合わせ
                    ると大幅な軍備増強となります。この大軍拡予算で、防衛省はオスプレイ
                    など高価な武器を買い漁ろうとしています。また、自衛隊同士だけでなく
                    米軍とも一体となって行動できるように、自衛隊の編制や指揮系統を再編
                    ・強化しようとしています。こうした大軍拡で儲かるのは軍需産業です。
                    軍事研究の助成など、軍需産業を育成する動きも強まっています。
                     一方、「駆け付け警護」任務などを追加された南スーダン派兵など、自
                    衛官は殺し・殺される危険にますますさらされるようになっています。沖
                    縄での米軍新基地建設、自衛隊増強だけでなく、首都圏の米軍・自衛隊施
                    設でも、その役割や機能の強化が図られようとしています。
                     “基地の街”から反戦平和の声をあげてきた私たちは、こうした大軍拡
                    と海外派兵を許すわけにはいかないと考え、防衛省に申し入れる行動を呼
                    びかけました。是非、ご参加ください。

                    ◆日時
                    3月16日(木) 18:30 防衛省前集合 19:00 申し入れ
                             (JR、地下鉄市ヶ谷駅、四谷駅より徒歩約10分)

                    ◆私たちが訴えたいこと
                    自衛隊はオスプレイを買うな! 横田に米軍オスプレイを呼ぶな!
                    オスプレイ整備拠点を木更津につくるな! ミサイル防衛をやめろ!
                    新世代戦闘機も水陸両用車も買うな!
                    陸上自衛隊総隊司令部を朝霞につくるな! 座間に日米共同部を設置するな!
                    米軍特殊部隊と自衛隊との共同訓練をやめろ!
                    軍事研究助成制度を廃止しろ! 武器輸出をやめろ! 宇宙軍拡反対!
                    宮古・石垣に自衛隊を配備するな! 沖縄米軍新基地建設反対!
                    入間に自衛隊病院をつくるな! コンバットメディカル(戦闘医療)教育訓練をやめろ!
                    自衛官は殺すな!殺されるな! 自衛隊は南スーダンからただちに撤退しろ!

                    ◆呼びかけ
                    有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
                     北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03−3961−0212
                    立川自衛隊監視テント村
                     東京都立川市富士見町2−12−10−504 TEL・FAX 042−525−9036
                    パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
                     TEL:090−3509−8732 FAX:047−456−5780

                    ◆協賛
                    新しい反安保行動をつくる実行委員会
                    武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) 


                    2月メール通信3「南スーダンPKO派遣差止訴訟 第1回口頭弁論」(池住義憲)2

                    0

                      <2017年2月メール通信3> BCC送信

                       

                      *受信不要・重複受信の方ご一報下さい

                         〜転送・転載、歓迎〜

                       

                      「自衛隊・南スーダンPKO派遣差止訴訟

                        第1回口頭弁論 開かれる!」

                       

                      第一回口頭弁論が、2月21日(火)、札幌地裁で行われました。

                      私は他用と重なって傍聴に行けませんでしたが、現職自衛官の母

                      である原告の平和子(たいらかずこ、仮名)さんの意見陳述は、

                      危険な派遣の問題点の核心に迫るものであった、と報じられています。

                      (2017.2.22 しんぶん赤旗)

                       

                      訴訟の概要を知る「訴状」および弁護団が提出した南ス−ダン情勢

                      や日報問題などに関する書面、また原告平和子さんの意見陳述などは、

                      下記ホ−ムペ−ジで見ることできます。

                        → https://stop-sspko.jimdo.com 

                       

                      それから、原告の平さんと弁護団の佐藤博史弁護士へのインタビュ−

                      が動画でアップされています! これは、必見!です。インタビュア−は

                      川口創弁護士。2004〜2008年の『自衛隊イラク派兵差止訴訟

                      ・名古屋』の事務局長で、本訴訟の弁護団でもあります。

                      とても分かり易い。是非ご覧ください。

                       → http://www.magazine9.jp/movies/

                       

                      そして、見たあと、「いいね!」クリックしてくれると嬉しいのですが・・・。

                      みなさん、拡散を含め、よろしくお願いします。

                       

                      なお、次回(第二回)口頭弁論は、6月1日(木)15:30から、です!

                      ご注目ください。

                       

                           2017年2月24日

                              池住義憲

                       


                      | 1/36PAGES | >>