calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【案内】「知りたいこと、伝えたいこと〜放射線被ばく影響の科学的考え方〜」

0

    市民社会フォーラムにも協力要請をされている「市民と科学者の放射線コミュニケーションネットワーク」の催しのご案内です。
    サイトはこちらです。
    http://networkofcs.xsrv.jp/citizenforum.html


    市民フォーラム
    「知りたいこと、伝えたいこと〜放射線被ばく影響の科学的考え方〜」

    日時:2016年8月28日(日曜日)15時~17時
    場所:大阪大学中之島センター10階佐治敬三メモリアルホール
    参加費:無料(ただし、懇親会参加の場合は3000円)
    対象:放射線について科学的に理解したい方

    開催趣旨

    「科学の信頼を取り戻すこと」、これが今回の福島事故の課題です科学への信頼失墜は、人類 の歴史に長く影響するでしょう。
    そんな思いから私たちは、科学者・市民・福島県外避難者、学生が一緒になって放射線の影響についての知識を、噂ではなく、事実に基づいて調べてみようと 勉強会を始めました。
    その成果として5年がかりで出来上がったのが「放射線 必須データ32」 です。
    世界初といってもいいこの共同作業を通じて完成したこの本を手掛かりに、これからさら にたくさんの「分かりたい」と思っている方々と議論し、知識を共有していきたいと願っています。
      その第1弾として、この活動を始めるにあたって皆さんの率直なご意見や「何が知りたい か」など意見交換を行いたいと以下のような企画を立てました。放射線の影響について様々な立場から、意見を交換し今後の活動につなげていきたいと希望しています。
    これからみんなと手をつないで頑張ります! みなさんのご参加を心からお待ちしています。

    プログラム

        1. 講演会 15:00-16:00 司会者:中島裕夫 (大阪大学助教)

        1. 初めの挨拶嶋田一義(科学技術振興機構科学コミュニケーションセンター 調査役)
    中野貴志(大阪大学核物理研究センターセンター長)15:00-15:05


        2. 「市民と科学者を結ぶ放射線コミュニケーションのネットワーク基盤構築」の趣旨と目的坂東昌子(NPOあいんしゅたいん理事長) 15:05-15:25


        3. 「だれに、なにを届けるのか」小出重幸(ジャーナリスト) 15:25-15:35


        4. 「今、知りたいこと、当時知りたかったこと」佐藤勝十志(東日本大震災滋賀県内避難者の会世話人代表)
    西本由美子(NPO法人ハッピーロードネット理事)15:35-15:45


        5. コメント1.「今知りたいこと、当時知りたかったこと」
    土田理恵子(「放射線必須データ32」ファシリテーター) 15:45-15:50

    2.「『放射線必須データ32:被ばく影響の根拠』では不十分なこと」
    角山雄一(「放射線必須データ32」編集委員) 15:50-15:55 


        2. 会場との意見交換会 16:00-17:00 司会者:角山雄一(京都大学助教)会場から意見を募り、講演者や著者を交えて議論します。


    *17時半から9F交流サロン「サロン・ド・ラミカル」にで意見交換会を実施します(会費3000円)。
    *ご来場ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
     お申し込みフォームへ     
    https://www.secure-cloud.jp/sf/1469631753FojcbEnX

      


    「代替医療は存在しない、効く治療と効かない治療があるだけだ」

    0
       OKABYです。
       ポール・オフィット著/ナカイサヤカ訳『代替医療の光と闇 魔法を信じるかい?』(地人書館)を読み終えて、ぜひ紹介したいところですが、

      時間がないので、またの機会にして、訳者の論考を紹介します。

      2015.10.27 Tue
      代替医療は存在しない、効く治療と効かない治療があるだけだ
      ナカイサヤカ / 翻訳家
      http://synodos.jp/science/15446
      特に重要ななところを引用します。
      =====================
      そして、日本でも、国民がサプリをもっと利用すれば医療費の削減に繋がるだろう(それは幻の期待であることも本書が明らかにしているが)という考えの元に、
      DSHEAをお手本にして、国民が自己責任で健康食品やサプリを自由に選択して自己責任で健康管理をする方向を目指すべく、実際の動きも始まっている。
      2015年に開始された「機能性表示食品」のもその一つである。

      TPP合意のニュースも流れる現在、日本の市場に魅力を感じているアメリカのサプリ業界と、
      アメリカのように厳しい規制なしでもっとサプリを売りたい国内の業界、
      経済成長への期待がある政府と役者が揃えば、この動きが止まることはなさそうだ。
      日本の私たちも先行するアメリカのサプリの規制緩和でだれがどのように得をして、何が起こったのかは知っておいて損はないだろう。

      日本人もアメリカ人に負けず劣らず健康志向で、健康のために代替療法に傾倒してしまう人も多く見かけるからである
      (代替療法自体に副作用がなくても、実際に効果が確認されている通常医療から患者を遠ざけるという問題があることも、本書のエピソードを読めば納得できるはずだ)。


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      最近は日本でも医療不信を表明して、標準的な医療と製薬会社の金儲け主義を糾弾する意見を見かける。
      だが本書でオフィットが何度も指摘するのは、代替医療ビジネスの儲けの大きさと、
      代替医療とセットになって売られているナチュラルでオーガニックな健康食品・ビタミン・サプリ・ビジネスの巨大化である。

      詐欺まがいの主張も内包したまま大きなビジネスへと成長してきたこの業界の怪しさは、残念ながら大製薬会社の欺瞞や不正といった話題ほど興味を惹かないようだ。
      本書を精読したあとに、いつの間にか私たちもナチュラルでオーガニックなものが身体に悪いはずがない、
      健康を考えて私が自分で選んだものが悪いはずがない、
      という前提でものを考えるようになってしまっていることに気がつき、現実的な恐怖を感じてしまった。

      訳者の私はニセ科学やデマに興味を持つうちに代替医療の問題に遭遇した。
      数年前に欧米で代替医療が大きな問題になっていると聞いたときには、
      健康保険システムによって主流医療が安く手軽に受けられて、
      加えて医師が漢方を処方し、国家試験を受けた鍼灸師の治療も医療の一部として使える日本では大きな問題とならないだろうと考えた。
      だが、その後、代替医療の問題に注目してニュースを追うようになって、この見込みがまったく甘かったことを思い知った。

      高齢化で膨らむ医療費に悩む政府は、代替療法の活用で国民の健康が維持できるとの主張に惹かれている。
      治らない病気を抱えた人々は現代医療に不満を持ち、医療を否定する本がベストセラーになっている。
      医療否定と代替療法への傾倒の結果もたらされた悲劇が、感動する話としてメディアに登場し、多数の人が涙する。
      今、日本もそのような状況にある。
      ぜひ本書を読んで、少し違った角度から、私たちの暮らしと健康について考えて下さる方が増えることを熱望している。

      =====================  

      関連して明日神戸である学習会をご紹介します。

      http://hysikairyo.blogspot.jp/2015/10/118.html
      ==========================
      「保険でより良い歯科医療を」兵庫連絡会 市民講座
          危ない健康情報を見分けるコツ
           ニセ科学に騙されないで!!

      日 時 11月8日(日)14:00〜16:30(開場13:30)
      会 場 兵庫県保険医協会会議室(神戸フコク生命海岸通ビル5階) 
            JR元町駅を南に7分
      講 師 小内 亨先生(群馬県伊勢崎市・おない内科クリニック院長)
      参加費無料 どなたでもお気軽にご参加歓迎です
      当日参加可能

       「●●で痩せられる」「●●が健康にいい」「●●で○○が良くなった」「●●で○○が治った」etc.
         健康食品やサプリメント、ダイエット法、民間療法、放置医療などなど、宣伝広告などを通じて怪しい健康・医療情報が巷にあふれています。
      それらには高いお金をかけても健康に良い効果があるかどうか不明なものがあるだけでなく、なかには、取り返しのつかない健康被害をもたらすリスクもあります。
      それらは「個人の体験談」や「科学の装い(ニセ科学)」などで、人々の善意によりそい、さらには、「正規の医療を否定(ニセ医学)」するものまであります。
      危ない健康情報と本当に役に立つ健康情報の見分け方はどうしたらいいでしょうか?
      ダイエットに詳しい内科専門医として開業するかたわら、巷にあふれる健康関連の情報をどのように判断すべきかについて情報発信している小内亨先生にお話しいただき、怪しい健康情報を見抜いていきます。

      小内 亨(おない・とおる)先生
      1984年群馬大学医学部卒後、群馬大学医学部第一内科などを経て米国ルイジアナ州立大学ベニントン・バイオメディカル・リサーチ・センターにて肥満の基礎的研究に従事する。
      2000年に「おない内科クリニック」開業。同クリニック院長。医学博士。日本内科学会認定内科専門医、日本糖尿病学会専門医。主な著書などに『危ない健康食品&民間療法の見分け方』『内臓脂肪をスッキリ落とす』。

      プログラム
      ■14:00〜 ミニ学習会
      「健康長寿社会に向けて“保険でより良い歯科”を」
      ■14:30〜 小内亨先生ご講演
      ■16:30終了 
      ■終了後、歯の健康相談(無料)。お気軽にご相談ください。 

      主催 「保険でより良い歯科医療を」兵庫連絡会  
      共催 兵庫県保険医協会、兵庫県民主医療機関連合会
      協賛 兵庫県歯科医師会/兵庫県歯科技工士会/兵庫県歯科衛生士会 
      後援 兵庫県/神戸市/神戸新聞社/朝日新聞神戸総局/読売新聞神戸総局/毎日新聞神戸支局/
          NHK神戸放送局/サンテレビジョン/ラジオ関西/FMわぃわぃ 

      | 1/1PAGES |