calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

≪イベントのご案内・東京≫17/12/16(土)警察を異常なまでにかばう裁判所の異常!無罪判決よりむずかしい、警察相手の国賠訴訟の現実(東京)

0
    皆様
    札幌の水上と申します。
    今週土曜、明るい警察を実現する全国ネットワーク主催で東京にて
    下記イベントが開催されます。
    お近くの方・ご関心のある方、ぜひ、ご参加ください。
    (以下転送・転載可です)

    2017/12/16(土)警察を異常なまでにかばう裁判所の異常!無罪判決よりむずかしい、警察相手の国賠訴訟の現実(東京)

    警察のあまりにも無謀な捜査、異常な活動。警察を信じている市民は、「まさか!」と驚き、怒り、実態を明らかにしたいと、国家賠償請求訴訟を起こす。裁判官は中立公正。ときには、被害者(原告)に同調するような態度さえとる。「警察はダメでも、さすが裁判官はちがうなあ」。そう信じた先にとんでもない結末(判決)が待っている。しかも、それは例外ではなく、常態!その現実と構造を考える。

     

     

     

     

    日 時2017年12月16日(土)午後1時30分〜4時30分

    【開場】午後1時15分

    場 所スクワール麹町・3階 錦

        (東京都千代田区麹町6−6)

        ※JR四ツ谷駅・麹町口前

        【交通】JR四ツ谷駅徒歩30秒,地下鉄丸の内線・四ツ谷駅徒歩3

    地下鉄南北線・四ツ谷駅徒歩1

    参加費:1000円(資料代)

    内 容: 原田宏二氏傘寿祝い記念講演「私がみた警察捜査の正体」

    原田宏二氏(元北海道警釧路方面本部長)

    報告:「長崎県警・けん銃摘発無令状捜査」堀 敏明(弁護士)

        「秋田県警・弁護士刺殺事件」

    近江直人(弁護士)+津谷良子(原告)

    討論:警察に勝っても裁判官に勝てない国賠訴訟の“壁”

    原田氏、堀弁護士、近江弁護士、津谷氏
     
    主催:明るい警察を実現する全国ネットワーク
    問合せ先:03(3353)3399(さくら通り法律事務所)https://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?page=FrontPage#p6

    イージス・アショアの閣議決定をやめろ!12.19官邸前緊急行動へ

    0

      東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
      [転送・転載歓迎/重複失礼]

      安倍政権は朝鮮半島「危機」を煽ったうえで、今なら何でもできるとばか
      りに歯止めなき軍備増強に舵を切っています。敵基地攻撃兵器の購入費・
      研究費の計上や地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入な
      どです。12月19日には、イージス・アショア導入の閣議決定を強行しよう
      としています。

      12月12日に行った交渉で、防衛省は、事前説明会も環境アセスメントもや
      る気なしでした。地域住民は電磁波被害の不安と周辺国から核攻撃対象と
      なるリスクを押し付けられることになります。百害あって一利なしの導入
      に「NO!」を突きつけるために、19日朝に緊急の官邸前行動を企画しまし
      た。ぜひ、ご参加ください。SNSや口コミなどでドンドン広めてください。

      【動画】大軍拡にNO!の声をあげよう!12.12防衛省交渉(UPLAN)
      https://www.youtube.com/watch?v=-56T8_4zvqM
      ※お時間のある時にご覧ください。

      陸上イージス 19日閣議決定 秋田・山口、配備調査へ(12月10日、毎日)
      https://mainichi.jp/articles/20171210/ddm/001/010/149000c

      陸上イージス「1基1千億円弱」防衛省、試算を上方修正(12月13日、朝日)
      http://www.asahi.com/articles/ASKDD4SDLKDDUTFK00T.html

      ミサイル防衛 整備費累計、18年度予算案で2兆円突破へ(12月13日、毎日)
      https://mainichi.jp/articles/20171213/k00/00m/010/198000c

      地上イージス「拒否権限ない」 秋田市議会で穂積市長(12月13日、秋田魁新報)
      http://www.sakigake.jp/news/article/20171213AK0011/

      ---------------------------------

      ★イージス・アショアの閣議決定をやめろ! 12.19官邸前緊急行動

      12月19日(火)午前8時30分〜9時
      首相官邸前(国会議事堂前駅)
      ※横断幕を掲げてアピールします。プラカードなど持ち寄り歓迎。

       安倍政権は、12月19日に地上配備型の迎撃ミサイルシステムである「イ
      ージス・アショア」2基を導入する閣議決定をしようとしています。イー
      ジス・アショアは、イージス艦に搭載されてきた中間飛行段階で弾道ミサ
      イルを迎撃するシステムを陸上に設置するもので、秋田市の新屋演習場と
      山口県萩市のむつみ演習場が配備先として有力視されています。

       イージス・アショアを含む「ミサイル防衛」自体、同時多発攻撃や「ロ
      フテッド軌道」への対応を含む実際の迎撃能力は疑問視されています。し
      かも、レーダーが四方に放出する強力な電磁波による健康被害なども懸念
      されています。さらに、政府が当初は1基約800億円と見積もっていた設置
      費用は早くも1000億円に上昇しており、さらなる膨張が予想されます。

       米国の軍産複合体を喜ばせ、地域の軍拡競争を促進する問題だらけのイ
      ージス・アショアを導入するために、防衛省は2017年度補正予算案に米国
      からの情報取得費として28億円を、2018年度予算案に基本設計費など7.3
      億円を計上しようとしています。イージス・アショアの導入が閣議決定さ
      れる12月19日に、抗議の声を安倍首相らに突きつける緊急行動を行います。
      ぜひ、ご参加ください。

      【呼びかけ】大軍拡と基地強化にNO!アクション2017
      <参加団体>
      有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
      (北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212)
      立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX 042-525-9036)
      パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
      (TEL:090-3509-8732 FAX:047-456-5780)
      反安保実行委員会
      武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
      戦争・治安・改憲NO!総行動

      ◆この日19日は夕方18時30分から、
      「安倍9条改憲NO!森友・加計疑惑徹底追及!戦争煽るな!安倍内閣退陣!
      12.19国会議員会館前行動」(安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委
      員会他)が行われますが、可能な方はぜひ朝のアクションにもお集まりく
      ださい!
      http://sogakari.com/?p=3201


      アメリカ大使館前抗議行動「エルサレムはイスラエルの首都ではない!」(12月15日)

      0

        皆さま

        役重です。
        在日ムスリム有志のイニシアチブで12月15日(金)の午後3時から
        アメリカ大使館前で抗議行動が行われます。
        http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/20171213/1513145982
        主催者の方によると、エルサレム問題は世界の問題であって、
        イスラム教徒だけの問題ではないので、ぜひ多くの方に参加してほしい、
        とのことです。

        また、福岡では、17日(日)の午前10時半集合でサイレントデモが
        呼びかけられています。
        http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/20171213/1513150188

        大阪でも17日に領事館前デモが予定されているようですので、
        詳細が分かり次第お伝えします。

        また、16日の大阪での企画「封鎖下ガザから考える中東情勢
        ―徹底討論!藤原亮司×イヤス・サリム」
        http://palestine-forum.org/event/20171216.html
        でも、エルサレム問題について議論する予定ですので、
        都合のつく方はぜひご参加ください。

        以上、情報拡散をよろしくお願いいたします。
         


        12.14講演会「モザンビーク・プロサバンナ計画とそれに抗する小農民たち」

        0
          ATTAC関西グループの喜多幡です

          直前になりましたので、再度のご案内です。
          エクアドル・インタグSOSキャンペーンのイベントです。

          +++
          12.14講演会 「モザンビーク・プロサバンナ計画とそれに抗する小農民たち」
          講師 渡辺直子さん (日本国際ボランティアセンター(JVC) 南アフリカ事業担当)
          ************************************************************************
          プロサバンナ計画は、日本のODA事業のひとつで、アフリカ南部のモザンビーク
          において企業による大規模農業開発を支援する一大プログラムです。しかしこの
          事業はさまざまな問題を含んでいるとして、モザンビークの農民などから大きな
          批判と抵抗を受けています。今回の講演会では日本国際ボランティアセンターの
          渡辺直子さんよりプロサバンナ計画の現状とこれに抗する農民の営みなどについ
          て話していただきます。また実行委員会よりエクアドル・インタグにおける鉱山
          開発事業の現在についても報告します。開発は誰のためのものか、開発計画プロ
          セスのあり方、etcについて考える機会になればと思っています。みなさんのご
          参加をお待ちいたします。
          ========================================================================
          □ 講演「モザンビーク・プロサバンナ計画とそれに抗する小農民たち」
              渡辺直子さん(日本国際ボランティアセンターJVC)
          □ 報告「森と共に生きる住民たち−エクアドル・インタグ鉱山開発の現在」
              一井リツ子(インタグ実行委員会)
          ========================================================================
          □ 渡辺直子さんプロフィール
          日本国際ボランティアセンター(JVC)南アフリカ事業担当兼地域開発グループマ
          ネージャー。大学卒業後、ボランティア活動をしながら海外を放浪、その後イギ
          リスの環境保護NGO勤務などを経て、2005年南アフリカ事業担当としてJVCへ。
          2013年からモザンビークに足を運び、現地の農民たちと日本のODAや現地で起き
          ている土地収奪等に対する調査・政策提言活動を行う。
          ***********************************************************
          □ 2017年12月14日(木)
          □ 同志社大学・今出川キャンパス・良心館305番教室(RY305)
            京都・烏丸今出川  市営地下鉄「今出川」駅
              https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html
          □ 開場18:00  開始18:30
          □ 資料代 1000円 (学生無料)
          □ 主催 「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
              http://intagcampaign.web.fc2.com/index.intag.htm
          □ 問い合わせ 075-601-6409 (一井)
          チラシ PDFデータ B5
          http://zapwest.cool.coocan.jp/intag2017121307.pdf
          ************************************************************

          【中継あり!】12.12軍拡予算案を追及する防衛省交渉へ

          0
            東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
            [転送・転載歓迎/重複失礼]

            既報ですが再送します。もう本日ですが、12日(火)午前10時から防衛省
            の2018年度予算案などに関する政府交渉を行います。

            19日にも行われる「イージス・アショア」導入の閣議決定、22日にも行わ
            れる2018年度政府予算案の閣議決定を前に、タイムリーな交渉となります。
            ぜひ、ご参加、ご注目ください。

            ★IWJさんの中継が入ります。
            遠方の方、ご関心のある方、ぜひ、ご視聴ください!!!

            【IWJチャンネル5】 (午前10時より)
            視聴URL http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

            <防衛省に提出した事前質問(59項目)はこちらから>
            http://kosugihara.exblog.jp/238057372/
            ※予算案の問題点を知るのにも役立つと思います。お時間のある時に
            ぜひ、ご一読ください。

            ---------------------------------

            ◆大軍拡にNO!の声をあげよう!
             12・12 政府交渉

            日時:12月12日(火) 午前10時〜11時30分 防衛省交渉
            場所:参議院議員会館 B104会議室(永田町駅)
               ※9時30分から参議院議員会館ロビーで通行証を配布します。

             防衛省は、2018年度概算要求で、史上最大の5兆2551億円の防衛費を要
            求しています。オスプレイの購入、「イージス・アショア」導入をはじめ
            とする「ミサイル防衛」の強化、敵基地攻撃兵器の購入費・研究費の計上、
            地対艦ミサイル配備等の南西諸島の部隊増強など、大軍拡が目論まれてい
            ます。

             11月に来日したトランプ米大統領は、高額武器の購入拡大を露骨に要請
            しました。C2輸送機の紛争当事国UAEへの輸出など、日本の軍需産業が製
            造した武器の輸出も推進されています。今後、ますます防衛費を増大させ
            る動きが強まると思われます。

             防衛省に対して、このような大軍拡にNO!の声を突きつけていきたいと
            思います。ぜひ、ご参加ください。

            <IWJチャンネル5>
            http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

            【主催】大軍拡と基地強化にNO!アクション2017
            [参加団体]
            有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
            (北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212)
            立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX 042-525-9036)
            パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
            (TEL:090-3509-8732 FAX:047-456-5780)
            反安保実行委員会
            武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
            戦争・治安・改憲NO!総行動

            無料低額診療を考えるフォーラム(1月14日大阪)

            0

              フォーラムのお知らせです。(以下の転送転載は歓迎)
              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              ■無料低額診療を考えるフォーラム 開催のお知らせ
              経済的に困っている人の医療に関心をお持ちの方は、どなたでも、ご参加く
              ださい。

              日時:2018年1月14日(日)13時30分〜16時30分(13時開場)
              会場:大阪なんば M&Dホール(大阪市浪速区幸町1-2-34)
              (JR難波駅から3分、地下鉄なんば駅から5分)
              資料代500円、申し込み不要
              ◆プログラム
              ・無料低額診療事業とは?(奥村晴彦・大阪社会医療センター付属病院)
              ・無料低額診療のあり方の論点整理(吉永純・花園大学教授)
              ・近畿の無低医療機関へのアンケート結果
              ・現場からのリポート・声(予定)
              =大阪府保険医協会(貧困の実情)、社会福祉法人の病院(大阪)、 民主医療
              機関連合会(京都)、歯科の診療所(兵庫)、無料低額診療の利用経験者
              ・会場を交えたフリーの意見交換
              ◆主催:無料低額診療事業近畿研究会(代表・吉永純)
              (事務局=京都保健会 TEL 075-813-5901 FAX 075-813-1721)
              ◆開催趣旨
              お金がなくても医療にかかれる無料低額診療事業。貧困が広がり、高い国民健
              康保険料、重い自己負担に苦しむ人が増える中、その役割は大きくなっています。
              この事業を行う医療機関は、生活に困っている人の医療費を一定の基準で減免
              し、ソーシャルワーカーによる支援を行います。一方で固定資産税、法人税の減
              免を受けられる仕組みです。しかし、事業があまり知られていない、薬局に無料
              低額事業がなく院外処方の薬代がかさむ、もともと非課税の公益法人は費用の持
              ち出しになるばかり、といった課題も多々あります。生活困窮者向けの医療支援
              制度として位置づけては、という意見もあります。
              事業を活用し、広げるには何をしたらよいのか、もっと使いやすくするために、
              どんな制度改革を行うべきか。率直な意見を出し合いましょう。
              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               


              12・12 みんなで「憲法」の魅力を読みとく~安倍改憲NO!左京市民アクション結成のつどい

              0

                Message body

                12・12 みんなで「憲法」の魅力を読みとく〜安倍改憲NO!左京市民アクション結成のつどい
                やさしい語り口で定評、そして、地域で9条の会の取り組みに参加する実践家でもある弁護士の福山和人さんをお招きし、「左京市民アクション」結成の集いを開きます。
                ■日時: 2017年12月12日(火)19:00〜
                ■場所: 京大文学部 新棟2階 第3講義室
                ■内容:
                福山さんの記念講演
                よびかけ団体のスピーチ
                ・石田紀郎さん 戦争をさせない左京1000人委員会
                ・岡田直紀さん 自由と平和のための京大有志の会
                ・川上裕光さん 戦争法廃止を求める左京の会
                フロアー発言、質疑応答
                という構成です。
                ぜひ、ご参加の輪を広げてください!!
                ■主催: 安倍9条改憲NO!左京市民アクション準備会
                ・憲法9条の会 左京連絡会
                ・自由と平和のための京大有志の会
                ・戦争をさせない左京1000人委員会
                ・戦争法廃止を求める左京の会

                大軍拡にNO!の声をあげよう!12.12政府交渉へ

                0

                  Message body

                  東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
                  [転送・転載歓迎/重複失礼]

                  タガの外れた安倍政権は、遂に「専守防衛」の制約すら踏み破り、敵基地
                  攻撃兵器の導入に舵を切ろうとしています。他にも突っ込みどころ満載の
                  防衛省予算案に対して、12日午前に防衛省との交渉を行います。平日午前
                  という時間帯ではありますが、ご関心のある方はぜひご参加ください。

                  ※防衛省に提出した事前質問はこちらからご覧になれます。
                  http://kosugihara.exblog.jp/238057372/

                  なお、後半に半田滋さんをお招きした「大軍拡を許すな!10・29集会」の
                  報告も転載していますのでご一読ください。

                  ---------------------------------

                  ◆大軍拡にNO!の声をあげよう!
                   12・12 政府交渉

                  日時:12月12日(火) 午前10時〜11時30分 防衛省交渉
                  場所:参議院議員会館 B104会議室(永田町駅)
                     ※9時30分から参議院議員会館ロビーで通行証を配布します。

                   防衛省は、2018年度概算要求で、史上最大の5兆2551億円の防衛費を要
                  求しています。オスプレイの購入、「イージス・アショア」導入をはじめ
                  とする「ミサイル防衛」の強化、敵基地攻撃兵器の研究費の計上、地対艦
                  ミサイル配備等の南西諸島の部隊増強など、大軍拡が目論まれています。

                   11月に来日したトランプ米大統領は、高額武器の購入拡大を露骨に要請
                  しました。C2輸送機の紛争当事国UAEへの輸出など、日本の軍需産業が製
                  造した武器の輸出も推進されています。今後、ますます防衛費を増大させ
                  る動きが強まると思われます。

                   防衛省に対して、このような大軍拡にNO!の声を突きつけていきたいと
                  思います。ぜひ、ご参加ください。

                  【主催】大軍拡と基地強化にNO!アクション2017
                  [参加団体]
                  有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
                  (北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212)
                  立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX 042-525-9036)
                  パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
                  (TEL:090-3509-8732 FAX:047-456-5780)
                  反安保実行委員会
                  武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
                  戦争・治安・改憲NO!総行動

                  ---------------------------------

                  <大軍拡を許すな!10・29集会の報告>

                   10月29日、私たち「大軍拡と基地強化にNO!アクション2017」は、千
                  駄ヶ谷区民会館にて「大軍拡を許すな!10・29集会」を行いました。当日
                  は、台風が接近する雨の中にもかかわらず、60名の方々が参加してくれま
                  した。
                   集会では、東京新聞論説兼編集委員の半田滋さんが「防衛費、安全保障
                  関連法、ミサイル防衛、北朝鮮情勢の考察」というテーマで講演。半田さ
                  んは、防衛費については、F35、新型掃海艦やそうりゅう型潜水艦など、
                  予算を具体的に解説。なかでも、「高速滑空弾」や巡航ミサイルにもなる
                  「新対艦ミサイル」の研究費が入ったことには、ともに敵基地攻撃にも使
                  えるものだと批判しました。また、イージス・アショアに対しては、レー
                  ダーによる強力な電磁波の問題にも言及。周辺住民への影響を懸念してい
                  ました。
                   「安保法」については、南スーダンからの突然の自衛隊撤収は、森友・
                  加計問題が取り沙汰される中で、安倍首相の不安材料を減らすために行わ
                  れたもの。現地の隊長さえも知らなかった。ミサイル防衛については、制
                  服組ですら欲しがっていなかったのに、政治家の「お下げ渡し」で導入さ
                  れることになった。「北朝鮮情勢の考察」では、対艦砲などのないヘリ空
                  母「いずも」が行った米艦防護の滑稽さについて指摘し、政治的対話によ
                  って解決されるべきと、話していました。
                   質疑では、先日の衆議院選挙のことも話題になり、若い人は満員電車解
                  消とか、友達の親が候補者とか「驚くほど身近な基準」で投票しているケ
                  ースが多い。私たちがどう身近に思えるよう発信できるかが大切だ、とも
                  おっしゃっていました。
                   集会最後の連帯アピールでは、「武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)」、
                  「トランプ・安倍戦争会談反対!新宿共同デモ実行委員会」、「辺野古へ
                  の基地建設を許さない実行委員会」の3団体から発言していただきました。
                   今後とも、このような大軍拡を許さない集会やデモなどを続けていく予
                  定ですので、ぜひご参加ください。

                  「生活保護の充実を求める緊急署名」のお願い

                  0

                    (重複投稿失礼します。転送拡散大歓迎です)

                    毎年のように生活保護基準が下げられる中、来年度の生活保護基準見直しに向けて、生活保護基準部会の検証が大詰めを迎えています。

                    わずか2日前の告知で、明日、基準部会が開催され、報告書案が提示される可能性があり、内容が注目されます。

                    http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000187028.html

                    別の部会で検討課題にあがっている「生活保護世帯の大学等への進学」は相変わらず認められない一方、 母子加算等子どものいる世帯の基準の引き下げなどが懸念されてい ます。

                    それでは貧困の連鎖が深まる一方ではないでしょうか?

                     

                    「生活保護制度の充実を求める緊急署名」、12月中旬の提出に向けての一次集約期限を12月5日としていましたが、集まりが悪いため、12月12日(当職事務所必着)まで受け付けたいと思います。

                    「チリも積もれば山となる」で、手元にあるものを、本当に少しでも良いので、お届けいただけるとありがたいです。

                    紙の署名用紙は下記HPからダウンロードしてプリントアウトできますし、オンライン署名もできます。(特にオンライン署名は簡単!)

                    http://inochinotoride.org/ whatsnew/171019shomei.php

                     

                    まだの方は、1筆でも2筆でも、ご協力いただけますよう、何とぞよろしくお願いいたします!m(__)m

                     

                    /-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
                    弁護士 小久保 哲 郎
                    〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-16
                    西天満パークビル3号館7階  あかり法律事務所
                    TEL 06-6363-3310
                    FAX 06-6363-3320
                    E-mail tk-akari@wmail.plala.or.jp
                    http://www.akari-law.com/
                    /-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/


                    世界ヒバクシャ展 緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点 のご案内

                    0

                      皆さま

                      世界ヒバクシャ展の安在です。久しぶりに投稿させていただきます。


                      世界ヒバクシャ展に写真を提供しているフォトジャーナリストの伊藤孝司
                      さんが、テレビのドキュメンタリー番組の取材過程で、北朝鮮が制作した、
                      朝鮮戦争での米軍の爆撃とその被害の様子をとらえた貴重な記録映像に
                      出会いました。

                      こんな時期だけに、埋もれていた映像の存在を知ってもらいたいと思い、
                      日本初公開となるこの映像の上映と、北朝鮮取材37回という伊藤孝司さん
                      の講演、ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダーの林田光弘さんとの
                      トークからなる緊急企画を開催することにしました。

                      暮れのあわただしい時期ですが、ぜひご参加ください。
                      情報の拡散にもご協力いただければ幸いです。

                      イベントの詳細は、下記の通りです。
                      フェイスブックに同じ情報を掲載しています。映像の一部もご覧いただけます。
                      https://www.facebook.com/ events/1486304684738164/? active_tab=about


                      緊急企画 北朝鮮 もう一つの視点
                          日本初公開の朝鮮戦争記録映像上映と伊藤孝司氏講演

                      ◆日時 2017年12月16日(土) 13:30 - 16:30
                      ◆場所 連合会館401会議室  東京都千代田区神田駿河台3-2-11
                          http://rengokaikan.jp/access/
                      ◆プログラム
                      ◇記録映像上映 「廃墟の上に立ち上がった朝鮮」
                              (1967年ごろに北朝鮮で制作、30分、日本語版)
                      ◇講 演 「歴史から読み解く核・ミサイル問題」
                              伊藤孝司(フォトジャーナリスト)
                               北朝鮮取材37回での写真を紹介しながら
                      ◇トーク 「平和への糸口はどこに?」
                              伊藤孝司&林田光弘
                                   (ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダー、
                                    長崎出身の被爆3世)

                      ※終了後に交流会を予定しています(場所未定)。北朝鮮問題の平和的な解決に
                       向けて、私たちに何ができるのかを話し合えたらと思います。

                      ◆主催 NPO法人世界ヒバクシャ展
                      ◆資料代 800円
                      ◆要予約 メールで予約をお願いします。
                      ◆申込先 NPO法人世界ヒバクシャ展
                           hibakushaten@gmail.com
                      ◆お問い合わせ 080-3558-3369(安在)

                      ◆趣旨
                      米軍の爆撃で焼け野原になった朝鮮半島の北側−
                      朝鮮戦争での北朝鮮の壊滅的な被害を伝える貴重な記録映像が発掘されました。
                      朝鮮半島での取材を長年続けてきたフォトジャーナリストの伊藤孝司さんが、
                      ドキュメンタリー番組の取材の際に出会ったもので、今回、日本で初めて公開
                      されます。
                      韓国側が撮った記録映画はあっても、北朝鮮が作ったものはほとんど見られない
                      ようで、平壌をはじめとする各都市や農村部への米軍の爆撃とその被害の様
                      などが記録された非常に貴重な映像です。

                      北朝鮮の核・ミサイル問題を考える上で必見の記録映像を見ながら、伊藤さんに
                      朝鮮半島の歴史と今を伝えてもらいます。

                      そして、ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダーの林田光弘さんとともに
                      北東アジアの平和に向けて、今、私たちができることを考えます。

                      米国が北朝鮮に軍事攻撃を加えれば、関係国の被害は、朝鮮戦争をはるかに上回る
                      ものになる可能性は十分にあります。歴史を知れば、北朝鮮への圧力強化だけが
                      解決策ではないことが見えてくるはずです。


                      ※出演者の紹介
                      ◇伊藤孝司 フォトジャーナリストとして、アジアの民衆の立場から、日本軍
                      「慰安婦」など過去の日本の植民地支配や戦争によって被害を受けたアジアの
                      人々や、日本が行っている日本国内やアジア諸国などでの大規模な環境破壊
                      長年にわたって取材しています。
                      WEB 「伊藤孝司の仕事」 http://www.jca.apc.org/~earth/
                         「平壌日記」 http://kodawarijournalist. blog.fc2.com/
                         「ヒロシマ・ピョンヤン」 http://www.jca.apc.org/~earth/ iinkai.html

                      ◇林田光弘 高校生一万人署名活動や高校生平和大使など核廃絶に関する活動を
                      経験し、大学入学後には、仲間とともに「SASPL」「SEALDs」を立ち上げ、今は、
                      ヒバクシャ国際署名などに力を注いでいます。
                      WEBインタビュー「“思い出したくない日”を語る生き様に触れて――25歳の被爆
                               3世を突き動かすもの」
                               https://www.70seeds.jp/ hibakusha-appeal-283/


                      =========================
                      NPO法人世界ヒバクシャ展(NPO No More Hibakusha)
                      安在尚人
                      080-3558-3369
                      WEB http://www.no-more-hibakusha. net
                      Facebook 世界ヒバクシャ展
                      =========================

                      | 1/1156PAGES | >>