calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

川崎市は利用許可の取り消しを!イスラエル軍事エキスポ中止を求める緊急申し入れへ

0

    東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
    [転送・転載歓迎/重複失礼]

    7月2日に20人で相談会を行い、「川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対
    する会」を発足させました。8月29・30日の武器見本市まで1か月半。開催
    中止を求めて走り抜けたいと思います。

    さっそくツイッターアカウント https://twitter.com/2018_anti_isdef
    始動しました。ぜひフォローして広めてください。

    最初のアクションとして、17日午後、とどろきアリーナのあり得ない利用
    を許可した川崎市当局に公開質問状を提出します。平日の暑い最中ではあ
    りますが、ぜひご参加ください。全国からも川崎市当局に声を届けてくだ
    さい。情報の拡散もよろしくお願いします。

    -----------------------------

    ★川崎市は利用許可の取り消しを!
     イスラエル軍事エキスポの中止を求める緊急申し入れ

    <7月17日(火)>

    【中原区地域振興課】
    ◆13時45分 中原区役所前に集合
     JR南武線・横須賀線「武蔵小杉駅」北改札(南武線口)から徒歩5分
     東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」正面口から徒歩5分
     http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000025996.html
    ◆14時〜 公開質問状の提出

    【川崎市とどろきアリーナ(指定管理者)】
    ◆15時20分 とどろきアリーナ前に集合 
      ※中原区役所申し入れ後、バスで移動します。
     武蔵小杉駅北口から市バス1番乗り場より「市民ミュージアム行き」など
     →「とどろきアリーナ前」下車
     http://todoroki-arena.com/access.html
    ◆15時30分〜 公開質問状の提出

    ※プラカードの持参歓迎です。
    <問合せ・当日連絡先> 090-6185-4407(杉原)

     8月29日、30日に川崎市とどろきアリーナで開催予定の「ISDEF JAPAN」
    (イスラエル防衛&国土安全保障エキスポ)なる軍事見本市は、イスラエ
    ルが2020年開催予定の東京五輪に照準を合わせ、「テロ対策」「サイバー
    セキュリティ」を煽って日本市場を狙うものです。

     イスラエルは、3月30日から始まったパレスチナ人による非武装のデモ
    に銃撃を加え、既に140人を超える人々を殺害し、約1万4600人以上を負傷
    させています。「ISDEF JAPAN」で展示されるのは、パレスチナ人の命を
    引き替えに開発された武器・技術に他なりません。

     こうした武器見本市への貸し出しは、「生涯スポーツの振興及び市民文
    化の向上を図る」ことを設置の目的(1条)とする川崎市とどろきアリー
    ナ条例に明らかに抵触します。また、展示される武器や関連装備は、同条
    例施行規則(16条)が持ち込み禁止としている「危険物」に該当します。

     中原区役所地域振興課と、とどろきアリーナの指定管理者(コナミスポ
    ーツクラブ、東急コミュニティー、川崎フロンターレ、川崎市スポーツ協
    会)は、許可を与えた責任を押し付けあっています。私たちは、イスラエ
    ルなどの「死の商人」に商機を与える利用許可の取り消しを求めて、緊急
    申し入れを行い、公開質問状を提出します。ぜひ、ご参加ください。

    【利用許可を取り消すよう、全国から声を届けてください!】
    ※その一声が確実に力になります。一度ならず繰り返して。

    <中原区役所地域振興課> 
    電話:044−744−3223
    FAX:044−744−3346
    メールアドレス: 65tisin@city.kawasaki.jp

    <川崎市とどろきアリーナ>
    電話:044−798−5000
    FAX:044−798−5005
    メールフォーム: http://todoroki-arena.com/contact.html

    <指定管理者>
    (株)コナミスポーツクラブ (ご意見・ご要望)TEL:0120-573-194
    (株)東急コミュニティー (お客様センター)TEL:0120-011-109


    【要申込】8/7(火)PARC自由学校オープン講座「もうだまされない!新自由主義的グローバリゼーション―世界で起こる「怒りの政治」の源泉とはー」@万世橋区民会館(秋葉原)

    0

      紅林進です。

      私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)の運営するPARC自由学校の
      8月に開催されますオープン講座のご案内を転載させていただきます。

      申込は必要ですが、PARC自由学校の受講生でない方々も参加できますので、ご関心の
      あります方はぜひお申込ください。

      お申込は下記お申し込みフォームよりお願いいたします。
      http://www.parc-jp.org/freeschool/event/180807.html

      (以下、転送・転載歓迎)

      今回のオープン講座の講師の柴山桂太さんは経済思想の立場から、近年の自由貿易協定や
      グローバリゼーションを「社会を分断させ、社会に痛みを与えてきた装置」と批評し、世界における
      反グローバリゼーションの動きとともに考察しておられます。
      現在日本政府は、「保護主義との闘い」というスローガンを掲げ自由貿易を推進し、国内でも
      規制緩和をますます進めていますが、こうした施策は世界の人々の運動や感覚とはかけ離れて
      いる点もご指摘されています。

      この講座では、保護主義か、自由貿易か、という二項対立を超えて、私たちの経済・社会の未
      来の展望を柴山さんにお話いただき、参加者の皆様と議論して深めていきたいと思います。そ
      の意味では、ナショナリズムや右派的なポピュリズムに回収されない政治への模索や、コミュ
      ニティのあり方、個人のアイデンティティの問題、労働など、多くの課題ともつながる議論に
      なると思い ます。ぜひ多くの方のご参加をお待ちします!

      (転送・転載歓迎)
      ====================================
          PARC自由学オープン講座

           もう だまされない!
       新自由主義的グローバリゼーションの幻想
       ―世界で起こる「怒りの政治」の源泉とは―
      http://www.parc-jp.org/freeschool/event/180807.html

       米国でのトランプ大統領の誕生や英国のEU離脱などを起点に、世界中で「保護主義が台頭し
      ている」と言われ続けています。
       こうした中、日本政府は「保護主義と闘うために自由貿易が必要だ」と、どの国よりも熱心
      に自由貿易を推進し、また国内でも労働分野をはじめ様々な規制緩和を推し進め、公共的な性
      格を持つ政策はますます後退しています。
       しかし、これは「時代を読み違えた態度」であると、経済思想が専門の柴山桂太さんは指摘
      します。
       実際、この数十年間で実質所得を大幅に増やしたのは豊かな上位1%の層と、中国・インドな
      どの都市労働者で、先進国の大多数の労働者の賃金は上がらず中間層は没落 していきました。
      グローバリゼーションが深刻な「分断」をもたらし、そればかりか国際政治・社会の至る所に
      も歪みと亀裂を作り出してしまったのです。
       こうした状況を受けて、世界では様々な形での反グローバリゼーションの動きが起こってい
      ます。南欧での新しい政治の動き、フランスやドイツなどの排外主義的な運動、ポピュリズム
      の台頭、そして地域主権を取り戻そうとする運動やローカリゼーションへの志向・・・ひとく
      くりに語ることは不可能ですが、いずれも行きすぎたグローバリゼーションへの抵抗・反応と
      して現れていることは事実です。
       では、日本においてはどうなのでしょうか?「自由貿易か、保護主義か」という二項対立を
      越えて、私たちがめざすべき社会 のあり方、主権や民主主義のあり方を考えます。

      ************************************************************

      ■日 時:2018年8月7日(火)19:00〜21:00 開場18:30

      ■会 場:万世橋区民会館 6F 洋室 (秋葉原)
       ※会場地図はhttps://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/annai/029.html

      ■参加費:500円

      ■講師:柴山桂太さん(京都大学准教授)

      ■コーディネーター:内田聖子(PARC共同代表)

      ■講師プロフィール
      柴山桂太さん
      京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は経済思想。主な著書にグローバル化の終焉
      を予見した『静かなる大恐慌』(集英社新書)、エマニュエル・トッドとの共著『グローバリズ
      ムが世界を滅ぼす』(文春新書)など多数。

      ■お申込みフォームはPARCのサイトから


      【お知らせ】7月21日(土)第126回市民憲法講座「安倍改憲を必ずとめる」お話:高田 健さん(市民連事務局長、総がかり共同代表)

      0

        「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の市民憲法講座のお知らせです。
        ぜひご参加ください。

        *転送・転載、歓迎です。よろしくお願いいたします。

        =========================================
        第126回市民憲法講座
        安倍改憲を必ずとめる

        お話:高田 健さん
            (市民連事務局長、総がかり共同代表)

        7月中旬、第196国会が終わる。
        安倍首相が政治生命を賭して企てる改憲はどこまで来たのか。
        私たちはどのような方法で、これを阻止することができるのか。
        私たちはどうたたかうか。残された課題は何か。
        北東アジアに平和と共生の風が吹き始めた新しい情勢のもとで、
        9条をまもり生かして、北東アジア非核武装地帯の構想の実現のために、
        国際的な連帯を作り上げたい。
        ともに考えたいと思います。ぜひご参加下さい。

        日 時:2018年7月21日(土)6時半開始
        場 所:文京区民センター 2階A会議室
        http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
        参加費:800円
        主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会
        東京都千代田区三崎町2−21−6−301
        03-3221-4668
        http://web-saiyuki.net/kenpoh/

        *************************
         

        ご案内: 教員の働き方を考える集い

        0

          <重複送信ご容赦ください>

          民法協と働き方ASU-NEの共催で7月19日に「教員の働き方」を考える集会を開催します!

          教員の働き方をめぐっては部活動の問題や給特法の問題などが注目を集めています。
          『教師のブラック残業』を著された内田良名古屋大学准教授にご講演いただいた後、
          関西大学労基署申告解雇事件をも取り上げて、教員の働き方の問題を議論します。
          教員の労働問題に関心のある方をはじめ、多数の方のご参加をお待ちしております。

          日時:7月19日(木)18:30〜

          会場:エルおおさか7階709号室

          テーマ:教員の働き方を考える
           講演:内田良 名古屋大学准教授
               ”学校の日常を「見える化」する”
           特別報告:関西大学労基申告解雇事件
               関西大学初中高教員組合・弁護団から
           リレートーク:”教育現場で何が起きているか”
               近畿大学教職員組合書記長 浜田太郎さん
               関西圏大学非常勤講師組合書記長 江尻彰さん
               私学教員ユニオン 坂倉昇平さん
               関大初中高教員組合委員長 大谷和海さん

          http://hatarakikata.net/modules/topics/details.php?bid=801
          チラシもこちらからダウンロードできます。


          【転送】9条の心ネットワーク 5回連続講座〜「いつもこころに憲法を」〜第1回「 おいつめられる子どもたち 」(7/28@神戸)

          0

            sage body

            9条の心ネットワーク 5回連続講座
             〜「いつもこころに憲法を」〜
            第1回「 おいつめられる子どもたち 」


            おはなし 野口 善國 弁護士
            2018年7月28日(土)14時(開場30分前)
            神戸市勤労会館会議室403(定員50名)

            主催/9条の心ネットワーク
            共催/兵庫県弁護士9条の会
            申し込み 9条の心ネットワーク     
              〒650-0015 神戸市中央区多聞通1-1-1
              TEL 078-361-9990


            毎年、5月3日の憲法記念日がやってきますが、「憲法」ってとっつきにくい、自分の生活にどう関わるのかよく分からないという声が多く聞かれます。
            私たちの生活は、朝起きて寝るまで、大きく言えば、生まれて死ぬ(亡くなる)まで憲法とは切れ目のないお付き合いをしています。
            そのことを日々のできごと(事件)から、考えてみたいと思います。
            最初はこどもたちのことです。
            「追いつめられる子どもたち」でいじめや、少年法などに詳しい野口弁護士のお話です。ふるってご参加下さい。


            野口善國 プロフィール
            1946年東京生まれ
            1970年3月 東京大学法学部卒業
                  4月 法務事務官(法務省矯正局上級職採用)
            1978年 矯正研修所東京支所教官をもって退職
            1980年 弁護士登録
            1988年〜1989年 神戸弁護士会少年問題対策委員長
            2004、2005年度 兵庫県弁護士会人権擁護委員長
            現在
            兵庫県弁護士会 人権擁護委員、子どもの権利委員、神戸保護観察書保護司、
            神戸拘置所篤志面接委員、学校事件・事故被害者全国弁護士団 副代表
            著書に、「親をせめるな」「子どもが育つ家庭づくり」「それでも少年を罰しますか」
            「非行―彷徨する若者たち、生の再構築に向けて」など多数。

            第2回  ベーシックインカム 格差社会をどう救うか 
            8月27日(月)18:30〜 神戸勤労会館予定
            第3回(経済) 働き方改革 ワークルール 9月27日(木)神戸勤労会館予定
            第4回(教育) いま学校で何が起きているか、教科書問題10月30日(火)神戸勤労会館予定
            第5回(医療) 介護人権、老人医療の問題、終末医療11月22日(木)神戸勤労会館予定
             

            「労働尊重都市」ソウルから学ぶ(東京・大阪)

            0

              なかまユニオンの井手窪です。


               7月14日(東京)、16日(大阪)で、ソウル市の労働政策担当官を招いたシンポジウムが取り組まれます。大阪では7月29日にも連動したシンポジウムが取り組まれます。
               7月14日、16日には、韓国青年ユニオンの創建メンバーでもあり、ソウル市の内部で労働行政を直接担当している労働政策担当官チョ・ソンジュ氏が来日します。ソウル市では、「労働尊重都市」というスローガンを掲げて、非正規労働者の大規模な正規化や生活賃金など労働者の労働条件の底上げが実行されています。今回のシンポジウムは、「労働尊重都市」ソウルに学びながら、格差と貧困の克服のために、最低賃金1500円や給付型奨学金など、自治体を起点に日本で取り組むべき課題について考えていこうというもの。7月29日には、ソウル市で働く非正規労働者や青年労働者の闘いを紹介し、労働者の視点からソウル市の取り組みを紹介します。

              http://www.labornetjp.org/news/2018/0711annai
              (レイバーネットページ)

              〈東京〉
              日時:7月14日(土)18:00〜20:00 場所:南部労政会館5・6会議室(JR山手線・新宿湘南ライン大崎駅新東口 徒歩3分)

              ☆報告 趙 誠柱(Cho,Seong ju)さん(Labor Relations Officer)
               「ソウル市の労働政策と労働組合の社会的役割」
              ☆パネル討論
              ☆意見交換〜教育と雇用をつなぐ地域社会を考える〜
              呼びかけ〈「教育の機会均等を作る「奨学金」を考える連絡会〉〈連絡先〉首都圏なかまユニオン 〒162-0815 新宿区筑土八幡町2-21-301  TEL03-3267-0266

              〈大阪〉
              7/16「労働尊重都市」ソウルから学ぶ
              *7月16日(月・休)13:30〜16:30 
              *PLP会館 中会議室 参加費:正規職1000円/その他500円

              <プログラム>
              ☆趙 誠柱 チョ・ソンジュ氏(ソウル市労働政策補佐官)
              報告:「ソウル市の労働政策と労働組合の社会的役割」
              ☆脇田滋氏(元龍谷大学教授)コメント
               「ソウル市(労働)行政から日本が学ぶ事」

              ☆パネル討論〜労働尊重都市ソウル市に照らして
              ・大阪府労働行政の歴史的到達点と課題 上田雄二氏(元大阪府労働事務)
              ・政府の自治体統制と矛盾 中川哲也氏(元大津市職員)
              ・向日市での公契約条例の取り組み 杉谷伸夫(向日市議)
              ・給付型奨学金を自治体から 渡部昭男氏(神戸大学教授)

              ▲愁Ε觧團魁璽襯札鵐拭爾瞭い
              *7月29日(日)9:30〜12:30
              *エルおおさか 1日参加券:正規職1200円/他700円
              ☆シム・ミョンスク氏 (希望連帯労組・茶山コールセンター支部長)

               ソウル市の労働行政は、上からの改革だけでなされているのではなく、非正規労働者自身の闘いがソウル市を突き動かしています。
              希望連帯労組茶山コールセンター支部支部長を招いて、行政を突き動かす非正規労働者の闘い・組織化を学んでいきたいと思います。 このシンポジウムは、全交「平和と民主主義をめざす全国交歓会」大阪大会の分野別討議5として開催されます。

              A挙で、青年政策を前進させよう!
              *7月29日(日)13:00~14:30 
              *エルおおさか △閥δ未裡影参加券で参加できます
              ☆キム・ヨンミン氏 (青年ユニオン事務処長)

               韓国青年ユニオンと選挙と青年政策について交流します。青年ユニオンは、さる6月13日統一地方選挙で、候補者アンケートや討論会で、青年政策の焦点化に取り組みました。
               この企画は、交流のひろばEとして開催されます。

              主催 7/16、7/29シンポジウム実行委員会
              連絡先 大阪市都島区東野田町4-7-26-304 
              Tel:06-6242-8130 Fax:06-6242-8131 (なかまユニオン気付)


              荒井とみよさん・講演会(7/5が7/26に)

              0

                神戸学生青年センター/神戸学生青年センターのの飛田です。講演会のご案内です。
                7月5日に予定していた講演会が大雨のため、7月26日に延期となりました。

                --------------------------------------------------
                荒井とみよさん・講演会
                http://ksyc.jp/nankin/20180705-3arai.pdf
                --------------------------------------------------
                日時:2018年7月26日(木)午後6時半
                会場:神戸学生青年センター TEL 078-851-2760
                (阪急六甲下車徒歩3分、JR六甲道下車徒歩10分)
                テーマ:
                「七冊の従軍手帳----山本敏雄氏の講演に続けて」
                講師:荒井とみよさん
                (神戸・南京をむすぶ会会員、元大谷大学文学部教授)
                (『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』2007.5 岩波書店 著者)参加費:500円
                ------------------------------------------
                 荒井とみよさんは、日本近代文学研究者。『女主人公の不機嫌―樋口一葉から富岡多恵子まで』(2001.7、 双文社出版)、『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』(2007.5 岩波書店)、『詩人たちの敗戦』(2016.4、 編集工房ノア)などの著書がある。今回の講演会のテーマと関連する『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』では、林芙美子、岸田國士、丹羽文雄、石川達三、里村欣三、火野葦平、佐藤春夫、山本武、東史郎らの従軍記をとりあげている。
                 「作家の従軍記は戦争体制に協力した、しないで論じられることが多かった。そういう視線からテキストを解放しようとしてやってきた作業だが、元兵隊たちの記録は私を背後から支えてくれるようだった。誰もがこれを書かずには死ねないという体験。それがあの戦争だったのだと彼らは熱く語りかける。この体験を次の世代の人たちに伝えたい、伝えなければならないと彼らはわたしの中で主張し始めた。」(あとがき)
                 その中の山本武は、神戸・南京をむすぶ会が昨年12月7日に開催した講演会「父の証した記憶をたどって」の講師山本敏雄さんの父である。今年も神戸・南京をむすぶ会は8月13日から南京常徳廠窯を訪問する。更に日本の中国侵略の問題を掘り下げていきたい。
                (山本敏雄さんの講演会は、
                http://ksyc.jp/nankin/20171207yamammoto.pdf
                http://ksyc.jp/nankin/20170615asahi-nankin-yamamoto.pdf
                も参照ください。)

                主催・問い合わせ先:神戸・南京をむすぶ会
                (代表:宮内陽子、副代表:門永秀次、林伯耀)
                 〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
                 神戸学生青年センター内
                 TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 
                 http://ksyc.jp/ e-mail hida@ksyc.jp
                後援:神戸学生青年センター

                ---------------------------------------------
                飛田雄一  HIDA Yuichi    神戸学生青年センター 
                http://ksyc.jp  hida@ksyc.jp
                Kobe Student Youth Center
                〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
                3-1-1Yamada-cho, Nada-ku, Kobe ,657-0064 JAPAN
                TEL +81-78-851-2760 FAX +81-78-821-5878
                hidablog  http://blog.goo.ne.jp/hidayuichi/
                Facebook http://www.facebook.com/yuichi.hida.56


                【7.14】集会「生活保護行政は変えられる!〜小田原市などの取り組みから〜」

                0

                  y

                  【重複投稿失礼いたします。転送・拡散歓迎です】

                  近づいてきました!
                  本当に嬉しいことに、小田原市で実務の改善に取り組んでおられる現役職員の方々が私たちの集会にご登壇いただけます!


                  生活保護問題対策全国会議 第12回総会記念集会

                  「生活保護行政は変えられる!
                  〜小田原市などの取り組みから〜」
                  http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/

                  生活保護の分野では、あいつぐ基準の引き下げや法「改正」など厳しい動きが続いています。そんな中、小田原市では生活保護ケースワーカーが「保護なめんな」などと書かれた揃いのジャンパーを着て業務にあたっていたことが問題になりました。

                  しかし、同市は、元生活保護利用者を委員に迎えた検証委員会を設置するなど保護行政の改善に向けた前例のない取り組みを続け、それが「保護のしおり」の改善運動など全国各地での取り組みにも発展しています。

                  地方から生活保護行政は改善できる!そのために必要なことは何か?

                  小田原市で実務の改善に取り組んでおられる現役職員の方々もお迎えして、皆さんとともに考えたいと思います。 

                  【日時】2018年7月14日(土)午後1時30分〜午後5時

                  【場所】CIVI研修センター秋葉原(電気街口)D405

                  ※資料代500円・申込不要


                  基調報告 「生活保護をめぐる状況と小田原市『ジャンパー事件』」

                  小久保 哲郎(弁護士・生活保護問題対策全国会議事務局長)


                  特別報告 「福島市・奨学金収入認定事件のその後」

                  関根未希さん(奨学金収入認定事件弁護団・弁護士)


                  パネルディスカッション「生活保護行政は変えられる!」

                  コーディネーター 雨宮 処凛 さん(作家)

                  パネリスト
                  塚田 崇 さん(小田原市 健康福祉部福祉政策課 総務係長)
                  加藤 和永 さん(同市 企画部企画政策課 企画政策係長)
                  和久井 みちる さん(元生活保護利用者・小田原市生活保護行政のありかた検討会委員)

                  田川英信さん(元生活保護ケースワーカー・査察指導員)


                  福祉事務所に「行ってみよう!見てみよう!聞いてみよう!」
                  各地の取り組み

                  ●愛媛の取り組み(20分)
                  鈴木靜さん(いのちのとりで裁判愛媛アクション会長・愛媛大学教授)

                  ●東北の取り組み(15分)
                  太田伸二さん(東北生活保護利用支援ネットワーク事務局次長・弁護士)

                  まとめ 尾藤廣喜(弁護士・生活保護問題対策全国会議代表幹事)

                  【7/21(土)開催】ジケイジ寺カフェ「大阪都構想とIRカジノ」

                  0

                    \\\奇数月土曜日午後開催!///

                       ジケイジ 寺 カフェ

                    \\\\どなたも大歓迎!////


                    ニュースを見るたび、「なんでやねん!」 と
                    つっこんでいませんか?

                    「お寺」で 「みんな」で「飲んだり」「食べたり」 しながら
                    ワイワイ話す、ふれあいの場です。
                    「テーマ」はその時、気になるニュースなど。
                    詳しいゲストが来る時も!ぜひお越しください。


                    ★今回のテーマは「大阪都構想とIRカジノ」
                    https://www.facebook.com/events/190301058357296/

                    ■日時 :2018年7月21日(土)16:30〜18:30

                    ※受付などお手伝いいただける方は、16時ごろお越しくださると嬉しいです!
                    ※子連れ参加OK!スタッフも子連れがいるので、子どもと遊んでくれる方も大歓迎☆

                    ■場所 :自敬寺 本堂  (www.jikeiji.com/)
                    (阪急宝塚線三国駅東口徒歩11分/御堂筋線東三国駅2番出口徒歩15分)

                    ■参加費 :無料 (ドリンク・フード代実費)
                     ☆フード、ドリンク持ち込み大歓迎!

                    ■メニュー
                    ソフトドリンク(100〜200円)、ビール(300円)
                    簡単な食べもの(実費数百円程度)


                    ※準備都合上、事前に申し込みいただけるとスタッフが喜びます。
                    「お名前・連絡先」を、「自敬寺」または「AMネット」までお知らせください。


                    ★社会のしくみが、なんか「ヘン」だと思いませんか?★

                    私たちNPO法人AMネットは1996年以来、持続可能な社会をめざして、さまざまなテーマを学びながら活動に取り組んでいる、20〜50才代の個人の集まりです。

                    最近の主な活動テーマは、「水道」「TPP」「たべもの」。
                    難しそうに感じるかもしれませんが、「なんでやねん!」「おかしいやん!」…と、私たちの疑問、怒ってることは多分みなさんとおんなじです。

                     この度、自敬寺さんに場所をお借りして、2ヶ月に1度「ジケイジ寺カフェ」をオープンすることになりました。みんなで怒り、笑いながら、いっしょに学びませんか。 


                    【主催】 NPO法人 AMネット   【共催】 自敬寺
                    〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬
                    寺 電話番号 : 06-6391-5348
                    メール問合先: amnetosaka@yahoo.co.jp 
                     


                    【参加者募集】ひろしまを考える旅2018

                    0

                      ===== 転送歓迎 参加者募集中 =====

                       

                      ひろしまを考える旅2018

                      本当に知っていますか? 〜廣島・ヒロシマ・広島〜

                      www.ywca.or.jp/whatwedo/hiroshima.html

                       

                      日時:201889日(木)〜11日(土) *オプション参加の場合は12日(日)まで

                      会場:広島市文化交流会館

                       

                      【参加費】

                      中学・高校生  23 22,000円  オプション参加 34日 32,000

                      大学生・大学院生  23日 25,000円  オプション参加 34日 36,000

                      一般  23日 30,000円  オプション参加 34日 40,000

                      *日本に滞在する留学生に参加費を1万円補助いたします。定員5名(申込順)

                      *参加費には広島までの交通費は含まれません。

                       

                      【申込締切】2018717日(火) 

                      【申込方法】日本YWCAホームページ掲載の申込用紙に記入の上、メールかFAXにて以下までお送りください。

                      【申込&問合先】

                      日本YWCA 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11東京YWCA会館302号室

                      Tel: 03-3292-6121  Fax:03-3292-6122  Emailoffice-japan@ywca.or.jp  URL: www.ywca.or.jp  

                      =====


                      | 1/1186PAGES | >>
                      このページの先頭へ▲