calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

森友疑惑徹底追及!加計疑惑徹底追及!稲田も安倍もすぐ辞めろ!7・24〜25国会議員会館前行動の御案内

0

    高田健です。
    拡散希望です。
    衆参予算委員会閉会中審査
    森友疑惑徹底追及!加計疑惑徹底追及!稲田も安倍もすぐ辞めろ!7・24〜25国会議員会館前行動の御案内

    ようやく衆参予算委員会での閉会中審査が決まりました。
    時間配分の変更や、安倍昭恵氏、加計孝太郎氏らが証人喚問されていないこと、政府が臨時国会召集にいまだに応じていないことなど、決して満足できるものではありませんが、私たちはこの閉会中審査に注目します。
    おりから、稲田防衛相の国会虚偽答弁問題も浮上しています。
    この間、共謀罪の強行採決や、森友・加計疑惑隠し、あるいは安倍政権周辺での閣僚や議員のさまざまな行動が安倍政権への人びとの不信を拡大しています。
    総がかり行動実行委員会は、閉会中審査を監視し、安倍政権退陣を掲げ、市民のみなさんと共に国会前行動をおこないます。

    ●7月24日(月)、25日(火)12時〜13時
    場所:衆議院第2議員会館前を中心に
    呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

    ------------------------------------------------------------
    許すな!憲法改悪・市民連絡会
    高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
    東京都千代田区三崎町2−21−6−301
    03-3221-4668 Fax03-3221-2558
    http://web-saiyuki.net/kenpoh/
    憲法審査会傍聴備忘録
    http://web-saiyuki.net/kenpou/

     


    [jim-netメルマガ:0080] 【講演会のお知らせ】8/4(金) シリアNOW!〜難民支援の現場から〜

    0
      (転送・転載歓迎)
      □■□■□■□■□■□■□■□■□2017年7月21日発行
      JIM-NET (ジムネット)
      日本イラク医療支援ネットワーク
      メールマガジン
      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      ☆☆クリックでJIM-NETを応援☆☆
      gooddoで1日1回のクリックをお願します!
      クリックのポイントがJIM-NETへの支援になります。
      (ページ右下の「応援する!」というボタンをクリックしてください)
      http://gooddo.jp/gd/group/jimnet/

      ☆Instagram始めました☆ ユーザーネーム:jim_net

      ----------------------------------------------------------
      ◆INDEX◆
      1)8/4(金)シリアNOW! 〜難民支援の現場から〜
      2)  JIM-NET東京事務所が移転しました。
      3)  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーのパートナー団体となりました。
      4)  現地レポート
      ・シリア難民負傷者・障害者支援:ヨルダンより女性障害者の社会活動報告
      ・シリア難民がん支援:イギリスのタハニさんとTV電話
      ・モスル緊急支援:無事にモスルに薬が届きました。

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      1)8/4(金)シリアNOW! 〜難民支援の現場から〜
      http://jim-net.org/blog/event/2017/07/84now.php
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      7年目に入ってしまったシリア紛争により、国外に逃れる人の数は増え続けて500万人を超え、隣国ヨルダンには66万人を超えるシリア難民が暮らしています。

      JIM-NETは、特に難民が急増した2013年から、ヨルダンに暮らすシリア難民の負傷者・障害者支援を実施しています。

      不安定な生活を強いられているシリア難民の人たちを取り巻く状況は、他国への移住、シリアへの帰国、ヨルダン国内での移住など、彼らを取り巻く状況は常に変化しています。

      今回は、毎日、シリアに関する複数のメディア情報を整理・発信している東京外大の青山先生をお迎えし、シリア国内の状況についてお話し頂くとともに、7月末にヨルダンから帰国した直後の佐藤真紀と内海旬子が最新の現地情報をお伝えいたします。

      【登壇者】
      青山弘之(東京外国語大学教授)
      佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
      内海旬子(JIM-NET海外事業担当)

      ◆日時:2017年8月4日(金) 18:45〜20:30 (開場:18:30)
      ◆会場:文民教育協会 東京子どもの文化研究所 https://goo.gl/avPha5
         (東京都豊島区目白3-2-9・JR目白駅徒歩3分)
      ◆参加費:1,000円(JIM-NETサポーターは無料)
          ※当日、受付にてお支払いください。
      ◆お申込:JIM-NET 03-6228-0746/info-jim@jim-net.net
      申込フォーム:https://goo.gl/P8g7td
      ◆定員:50名


      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      2)  JIM-NET東京事務所が移転しました。
      http://jim-net.org/blog/news/2017/06/post-196.php
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      6月22日に9年お世話になった神田川沿いから離れ、東京事務所を移転しました。最寄り駅は今までと同じく高田馬場ですが、早稲田通りと反対側の出口となり、駅から近くなりました。
      新しい事務所にも子どもたちの絵や、シリア難民ママたちのグッズなどを飾り、
      ボランティアや募金者の皆さんが集まりやすい環境を作って行きたいと思っております。
      お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

      ◆新住所
      〒169-0075
      東京都新宿区高田馬場4丁目4-11 内藤ビル2C
      電話・FAX:03-6228-0746
      メール:info-jim@jim-net.net
      (電話・FAX・メールは変更なし)

      ◆最寄り駅:高田馬場
      JR戸山口より徒歩2分
      JR/西武新宿線 早稲田口・東京メトロ1番出口より徒歩5分

      ◆地図 http://jim-net.org/aboutus/map.php

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      3)  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーのパートナー団体となりました。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)・デーとは
      『誰もが、どこでも、お金に困ることなく、自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる状態 』を実現するよう世界に呼びかける日です。
      2012年12月12日、国連総会でユニバーサル・ヘルス・カバレッジを国際社会共通の目標とする決議が全会一致で採択されました。これを記念して、市民社会が中心となって2014年から12月12日を「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」とすることになりました。
       
      「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」の詳細はこちら⇒http://uhcday.jp

       JIM-NETでは、イラクやシリアの子どもたちが、お金がなくて抗がん剤が買えない、病院に子どもを通わすお金がない、骨髄移植のためにすべての財産を失ってしまった。そして残念なことに子どもの命も奪われてしまった、といった例をいくつも見てきました。
      イラクは、石油資源が豊富であることから国立病院は無料で治療が受けられることになっていますが、戦争の影響で、いまだに安定した政府ができずにいて、病院には抗がん剤がない状況です。
      私たちは病院に薬を届けたり、患者が自己負担で買った薬の立替や、病院への交通費を払っています。そういった支援を続けながらも、世界にユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を訴えていきます。

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      4)現地レポート
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆シリア難民負傷者・障害者支援:ヨルダンより女性障害者の社会活動報告
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-388.php
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-386.php

      ◆シリア難民がん支援:イギリスのタハニさんとTV電話
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-389.php

      ◆モスル緊急支援:無事にモスルに薬が届きました。
      http://jim-net.org/blog/report/2017/07/post-387.php
      ---------------------------
      募金はこちらから http://jim-net.org/support/
      スタッフブログ http://blog.livedoor.jp/jim_net/

      このメルマガの問い合わせ・配信停止について
      JIM-NET http://jim-net.org/
      info-jim@jim-net.net
      03-6228-0746


      ★★【少額からスマホで簡単】かざして募金★★
      【POINT】
      その1:思い立った時に手軽に募金できます!
      その2:少額から選べます。
      (100円・500円・1000円・3000円・5000円・10000円)
      その3:募金額は携帯利用料と一緒に引き落とされます。
      (クレジットカード情報を入力する手間がありません。)

      Softbankのスマートフォンをお持ちの方
      コチラ↓からログイン後、募金額をお選びください。
      https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=370

      ※Softbank以外の方は、恐れ入りますが従来の
      JIM-NETのWEBサイト内のカード決済をご利用ください。
      http://jim-net.org/support/donation.php

      7/24(月)18時半〜講演「ぶっ飛ばせ!共謀罪」小倉利丸さん

      0

        荒木です。共謀罪あかん大阪の学習講演会のお知らせです。

        以下拡散希望
        ***********************************
        共謀罪施行後、初の共謀罪学習講演会です。
        メインの講演は、ネットワーク反監視プロジェクトで活躍されている小倉利丸さん。共謀罪についての共著があり、インターネット上の監視についても詳しい小倉さんのお話は興味津々です。

        さらに、共謀罪が施行されてしまった今、まずは政府に共謀罪を使わせないことが一番! でも、もしも、もしも逮捕されてしまったら、そのときはどうしたらいいの?というもしものときの実践マニュアルも、弁護士の先生からお話していただきます。

        そして、新聞うずみ火代表の矢野さんからは、ジャーナリズムと共謀罪という、これまた興味津々のお話も。

        短い時間に盛りだくさんで、とても贅沢な内容の学習講演会です。
        共謀罪なんてぜったい許せない!と思っている方も、でもこれからどうなるのか正直ちょっと不安…という方も、ぜひぜひご参加下さい。

        ●7月24日(月) 18時半〜エルおおさか708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m)

        講演「ぶっ飛ばせ!共謀罪」
         小倉利丸さん(元富山大学経済学部教授)
        ◇講師の小倉さんより◇
        共謀罪の施行を目前にして、共謀罪への反対運動を今後も継続することは当然のこととして、これまでの反対運動で十分に議論されてきたとはいえない幾つかの重要な論点と、共謀罪成立後の日本における刑事司法と私たちの自由の権利との新たな構造について考えてみたい。

        「ジャーナリズムと共謀罪」
          矢野 宏さん(新聞うずみ火) 
        「もし逮捕されたら?―実践マニュアル」
          永嶋靖久さん(弁護士)

        資料代:¥700
        主催:共謀罪あかんやろ!オール大阪
        連絡:共謀罪に反対する市民連絡会・関西気付 市民共同オフィスSORA TEL06-7777-4935

        https://www.facebook.com/events/253221815168310/

         


        7・22 グローバル・ジャスティス研究会 「文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか?」 韓国は今 Part2 - 新政権の出発と「核・ミサイル危機」 ? 東アジアの平和のための課題」

        0

          東アジアや朝鮮半島での緊張緩和・軍縮・非核化をどう実現していくのか、真剣な議論が問われています。

           際限のない軍拡競争と核戦争瀬戸際政策に向かうのか、文大統領による「新ベルリン宣言」に見られるように話し合いによる緊張緩和を目指すのか、その中心にあるのは当事者である韓国の文在寅政権です。

           東アジアの新たな平和的秩序をどう実現していくのか、参加者一同で議論できたらと思います。

           グローバル・ジャスティス研究会

          /////////////////////////////////////////////////////////////////

          グローバル・ジャスティス研究会・7月の企画

          文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか?
          https://www.facebook.com/events/147843695787186/

          ■日時:7月22日(土) 午後6時半(6時開場)

          ■会場:ひとまち交流館 京都第5会議室(京阪清水五条駅下車)
          http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

          ☆報告☆

          韓国は今 Part2 - 新政権の出発と「核・ミサイル危機」 ? 東アジアの平和のための課題」

          ■講師:崔誠一さん 在日韓国民主統一連合(韓統連)大阪本部・事務局長

          4月に続いて、崔誠一さんのお話です。朴槿恵大統領弾劾のキャンドル運動から、大統領選挙での文在寅候補の圧勝。改革への期待、南北対話の再開をめぐる動き、一方でTHAAD(サード)ミサイル配備をめぐる動きや日韓関係。東アジアの平和のために、今、何が求められているか、いっしょに考えましょう。ぜひご参加ください。

          ■参加費:資料代として500円

          (割引希望の方は受付でお申し出ください)

          【参考記事】文大統領「新政府は光州の延長線上にいる」 1万人が《37周年5.18記念式》で『님을 위한 행진곡』を斉唱
          http://hanchung.org/archives/2340

          ■主催:グローバル・ジャスティス研究会
          https://www.facebook.com/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-683537078494574/

          ■お問い合わせ:080-2742-2590(佐々木)

          北朝鮮、韓国・文大統領の「新ベルリン宣言」に初反応=韓国ネットも高い関心
          Record china配信日時:2017年7月16日(日) 12時0分
          http://www.recordchina.co.jp/b184565-s0-c10.html

          2017年7月15日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が南北関係改善の意志を込め6日に発表した「新ベルリン宣言」に初めて反応した。
          北朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、実名入りの論評「朝鮮半島の平和と統一のための進路が何なのか、はっきり知らねばならない」で、新ベルリン宣言について「(東西ドイツ統一と朝鮮半島統一を絡めた)前半の内容には、対決の意思があり、平和と南北関係の改善に役立つどころか、障害だけを積み重ねる寝言のような詭弁が列挙されている」と非難した。
          労働新聞は一方で、文大統領の構想を「6・15共同宣言と10・4首脳宣言の尊重と履行を約束するなど、前任者とは異なる一連の立場が込められているのは幸いなこと」とし、一部肯定的に評価した。
          文大統領は6日、独ケルバー財団で行った演説で、「ドイツ統一の経験は地球上最後の分断国家として残った私たちに統一に対する希望と共に、私たちが進むべき方向を教えてくれる」とし、「ビリー・ブラント首相が第一歩を踏み出したドイツの統一の過程は、別政党のヘルムート・コール首相に至り完成した。私は朝鮮半島の平和と共同繁栄のためにも同様に政党を超越した協力が続いていかなければならないと信じる」と東西ドイツの統一に触れ、朝鮮半島統一への期待を示した。
          さらに、「われわれはすでに平和な朝鮮半島への道を知っている。『6・15共同宣言』と『10・4首脳宣言』に戻ることだ」とし、「北朝鮮が戻って来ることができない橋を渡らないことを願う。北朝鮮は核とミサイル開発を放棄し、国際社会と協力できる道を見つける必要がある」と付け加えた。
          6・15共同宣言は、2000年6月13日から15日にかけて平壌で行われた韓国の故金大中(キム・デジュン)元大統領と北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記による南北首脳会談の最終日6月15日に出された合意文章の内容を指し、10・4首脳宣言は、韓国の故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領と北朝鮮の故金正日総書記が07年10月の首脳会談後に発表した8項目の内容を指す。
          この報道を受け、韓国のネットユーザーからは2000件を超えるコメントが集まっており、関心の高さがうかがえる。コメント欄には「南北対話をしよう。自主的平和統一をしよう。そして、世界の一流国になろう」「過去の政府とは異なり、戦争よりも会話に重きを置いている。私たちの力でこの姿勢を推し進めたら、互いに対話が可能になる」「同じ民族同士、手を握って統一を成し遂げよう」など、南北対話と統一に好意的な意見が多く並んだ。
          また、「開城工業団地再開が平和統一の第一歩」と、朴槿恵(パク・クネ)前大統領によって中断されている事業の再開に触れた意見もみられた。
          その他に、「朝鮮韓半島全体にWi−Fiがつながるようにして、韓国の地上波報道や娯楽芸能放送を北朝鮮の住民にも見せてあげよう」とする意見や、「根本的な問題は、金一族の3代世襲の全体主義的独裁主義だ。人民に自由を認めて、主権を返してやれ」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)


          【市民社会フォーラム共催企画のご案内】対談企画 松尾匡×井上智洋 「ひとびと」のための経済 そして ベーシックインカム(8/27日@大阪)

          0
            以下転送転載拡散歓迎
            ==========================
             ■□■市民社会フォーラム共催企画のご案内■□■
                  対談企画 松尾匡×井上智洋
            「ひとびと」のための経済 そして ベーシックインカム        
            日 時 8月27日(日)13:45(受付13:15)〜17:00
            会 場 関西学院大学大阪梅田キャンパス 1004教室(K.G.ハブスクエア大阪10階)
                 http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html    
                      大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー◆TEL 06-6485-5611 
            参加費 500円
            ※事前申し込み不要、定員99名/先着順、終了後に懇親会あり
              対談企画問い合わせ:bikansai00[アットマーク]gmail.com
            共 催 ひとびとの経済政策研究会、ベーシックインカム勉強会関西、市民社会フォーラム
            チラシ bi-leaflet-ver2-03

            「ひとびと」のための経済、そしてベーシックインカム
            日本に蔓延するデフレマインドを鮮やかに払しょくするべく、
            反緊縮松尾とヘリコプター井上がタッグを組んだスペシャル対談企画。
            停滞から脱却し、誰もが等しく経済成長の恩恵を享受し、自由で楽しい社会を
            実現するための経済政策を二人が徹底的に語り尽くします。

            【プログラム】
            〆8紂景気はよくなっていくか
            起こりつつある「人手不足」と人工知能による「雇用崩壊」
            ブラック企業のなくし方
            し从兩策はなぜ必要なのか?
            テ本の借金は危ない!は本当か?
            財源の作り方、教えます (マネークリエーションとヘリコプターマネー)
            Д戞璽轡奪インカムは何を変えるか?
            会場とのディスカッション

            松尾匡氏:立命館大学経済学部教授
            著書『不況は人災です!』『自由のジレンマを解く』『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼』

            井上智洋:駒澤大学准教授
            著書『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』『ヘリコプターマネー』『「人工知能」-生命と機会に壁にあるもの-』

            講演のお知らせ:日本は中国で何をしたか〜憎しみと赦しの映画戦争〜

            0

              みなさま

              大阪府立大学の永田です。
              22日に芦屋市で講演を致しますので、よろしくお願いします。


              「日本は中国で何をしたか〜憎しみと赦しの映画戦争〜」

              日時:2017年7月22日(土曜日)午後2時〜4時

              お話:永田喜嗣(大阪府立大学人間社会学研究科博士後期課程)

              会場:芦屋市大原集会所洋室B

              主催:日本中国友好協会芦屋支部

              ●今年は1937年7月7日に起きた盧溝橋事件と同年12月13日前後に起きた南京事件から80周年を迎えます。
              「日本は中国で何をしたか」・・・それを忘れてしまった人々、それを知らない人々があまりにも多い現状があります。
              あの戦争は真珠湾に始まって原爆で終わったのではありません。
              中国での戦争が太平洋戦争への道と繋がっていることを我々は忘れがちです。
              日中戦争がなんであったのか?日本人にとっての中国とはなんであったのか?なぜ、日本人は責任を意識できないのか?
              戦後も終戦を迎えない抗日映画による映画戦争の足跡を辿りながら日本人が残した中国での戦争と、私たち日本人の今について考えます。

              今までの抗日映画についての講演とはまた違った内容になっています。

              是非、ご来場ください。

              永田喜嗣
               

              【本日です!】★立憲主義回復を!総選挙で決着を!★ 7/19 戦争法=安保法制の廃止を求め 左京みんなのデモ

              0

                ★立憲主義回復を!総選挙で決着を!★

                7/19 戦争法=安保法制の廃止を求め 左京みんなのデモ

                https://www.facebook.com/events/1969487646597553/

                共謀罪法強行のすぐあとに行われた東京都議選挙で、安倍自公政権は歴史的大惨敗となり、国民の痛烈は審判を受けました。ところが、憲法の平和主義・9条の改憲を正面にかかげ、秋にも自民党改憲草案を出すとしています。秘密保護法、共謀罪法、安保法制=戦争法などで憲法を壊す安倍政権は、一刻も早く退陣に追い込み、総選挙で決着をつけましょう。都議選の結果をうけとめ、憲法を壊す安倍政権は退陣するように強く求めるデモを行います。ぜひ、手作りプラカードをもってご参加ください。

                ■日時:2017年7月19日午後5時40分

                  「左京みんなのデモ」
                ■百万遍・京大博物館前 5:40集合・出発
                ⇒京都市役所前6:30着
                 午後6時30分〜市役所前集会
                 午後7時00分〜デモ

                ■主催/
                ・安保関連法に反対するママの会@左京
                ・自由と平和のための京大有志の会
                ・戦争をさせない左京1000人委員会(市民環境研究所 電話711-4832)
                ・戦争法廃止を求める左京の会(事務局・民医労東支部 電話712-6289)

                ※毎月開催する「左京みんなのデモ」呼びかけ団体を募集中です。
                 


                7月22日(土)〜29日(土)<アジア プレス設立30周年記念イベント&上映会>

                0

                  以下、転載・転送・拡散歓迎です。よろしくお願い申し上げます。

                  <アジアプレス設立30周年記念イベント&上映会>

                  全日程・詳細→ http://www.asiapress.org/apn/30th-anniversary-event/

                  ▼7月22日(土)早稲田大学小野記念講堂(入場無料 定員200名)
                  シンポジウム「独立系ジャーナリズムはアジアをどう取材してきたか?」

                  第1部  紛争地、強権国家を取材するビデオジャーナリスト(13:00〜14:30)
                  司会 野中章弘
                  !)古居みずえ&玉本英子 女性が取材したパレスチナとイラク、シリア
                  !)綿井健陽 米国に壊されたイラクの現場から
                  !)石丸次郎 閉鎖国家・北朝鮮の内部に迫る

                  第2部  ルポとドキュメンタリー 長期の現場取材、密着という手法(14:45〜16:00)
                  司会 石丸次郎
                  !)吉田敏浩 ビルマ辺境長期取材から日米密約ルポまで
                  !)刀川和也 児童養護施設の日常に8年間密着 ドキュメンタリー映画に挑む
                  ほかのアジアプレスメンバーも発現します。

                  第3部〔討論〕危機に瀕するアジアのジャーナリズム 我われに何ができるか(16:15〜17:30)
                  野中章弘 吉田敏浩 石丸次郎 綿井健陽 他

                  ----------------------

                  ▼7月23日(日)13時〜18時(二部制) 早稲田どらま館 

                  現場報告 匿されし国の取材 〜北朝鮮とイラク・シリア・アフガンの現場から〜
                  接近が困難で危険な地域の核心にどう迫るか?  20余年取材活動を続けて来た玉本英子と石丸次郎が映像を交えて報告します。

                  第1部 北朝鮮取材 その現場と方法 石丸次郎 (12時30分開場 13時〜15時 入場料 1000円 予約不要 先着順)

                  第2部 会社員からジャーナリストへ 中東取材20年 玉本英子(15時半会場 16時〜18時 入場料1000円 予約不要 先着順)
                  ※公開処刑されたアフガン女性を追ったドキュメンタリー「ザルミーナ」(2004年・50分)も上映、解説します。

                  (1部と2部は入れ替え制です。予約不要、先着順に整理券を配布します。一日通し券は1500円 各回定員50名程)

                  ------------------------------

                  ▼7月24日(月)〜29日(土)<ドキュメンタリー上映と監督トーク> 
                  会場:早稲田小劇場どらま館(入場料1000〜1500円 各回定員50名程)

                  !)7月24日(月)
                  17時30分開場、18時開演「アンナの道」(直井里予作品・70分)上映
                  19時30分「隣る人」(刀川和也作品・85分)上映 
                  上映後 刀川和也監督トーク 21時45分終了予定 
                  (入場料1本のみは1000円2本通しは1500円 学生1000円)

                  ※25日(火)は休館

                  !)7月26日(水)
                  17時30分開場、18時開演 「隣る人」(刀川和也作品・85分)上映
                  19時45分「ダイビングベル」 (安海龍作品・77分)上映
                  上映後、安海龍監督トーク 21時45分終了予定 
                  (入場料1本のみは1000円2本通しは1500円 学生1000円)

                  !)7月27日(木)
                  17時30分開場 18時開演「ザルミーナ」(玉本英子・坂本卓作品・50分)上映
                  19時10分「ぼくたちは見た」(古居みずえ作品・86分)上映
                  上映後、古居みずえ監督トーク 21時30分終了予定 
                  (入場料1本のみは1000円2本通しは1500円 学生1000円)

                  !)7月28日(金)
                  18時開場 18時30分開演「イラク チグリスに浮かぶ平和(綿井健陽作品・108分)上映上映後、綿井健陽監督トーク 21時終了予定(入場料1000円)

                  !)7月29日(土)
                  12時30分開場  13時開演「ガーダ パレスチナの詩」(古居みずえ作品・106分)
                  15時10分「飯舘村の母ちゃんたち」(古居みずえ作品・95分)
                  上映後、古居みずえ監督トーク 17時30分終了予定 
                  (入場料1本のみは1000円2本通しは1500円 学生1000円)

                  ≪会場詳細≫

                  ◆小野記念講堂
                  東京都新宿区西早稲田1-6-1  早稲田大学 27号館 地下2階 
                  電話:03−3208−9644 (内線)701-506/701-508

                  ◆早稲田どらま館
                  東京都新宿区戸塚町1丁目101 【Tel】03-3202-0706

                  !)問合せ先
                  アジアプレス
                  ■ 大阪オフィス
                  〒530-0021 大阪府大阪市北区浮田1-2-3 サヌカイトビル303
                  TEL/FAX (06) 6373-2444 osaka@asiapress.org


                  夏休み親子「憲法カフェ」のご案内

                  0

                    夏休みスペシャル 《親子で学ぶ憲法カフェ》のご案内

                     

                    《夏休みの研究テーマ》にどうぞ

                    「憲法を知って、くらしに生かそう!」

                    弁護士と語り合って、わかりやすく学べます。

                     

                    日時: 827日(日)  会場:神戸市勤労会館

                    午後3時〜午後4時40分  409号室 

                     

                    先着:親子10組(大人と、小6〜中、高生)

                    講師:若手弁護士の有志の会(略称「あすわか」)

                     

                    参加ご希望の方は、FAX0783911245maildci@kcc.zaq.ne.jp

                     ,名前(大人        子ども:小、中、高   年生)

                    ◆]⇒軅茵 ―蚕蝓    TEL/FAX/mail

                     学びたいこと・聞きたいことがあればどうぞお知らせください。

                     

                    呼びかけ:子どもの権利条約を進める神戸の会

                    (〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-13-9:502


                    『安倍内閣の退陣をめざす7・19大集会』

                    0

                      高田健です。
                      暑い夏ですね。
                      でも闘いはやめない。ご結集を!
                      拡散希望です。

                      『安倍内閣の退陣をめざす7・19大集会』
                      共謀罪法廃止!戦争法廃止!森友・加計疑惑徹底追及!辺野古新基地建設反対!安倍9条改憲反対!
                      発言:棗一郎弁護士(労働弁護団)、木村辰彦さん(沖縄一坪反戦地主会関東ブロック)、他。
                      日時:7月19日(水)18時半〜 
                      場所:衆議院第2議員会館前を中心に 
                      主催:総がかり行動実行委員会 

                      ------------------------------------------------------------
                      許すな!憲法改悪・市民連絡会
                      高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
                      東京都千代田区三崎町2−21−6−301
                      03-3221-4668 Fax03-3221-2558
                      http://web-saiyuki.net/kenpoh/
                      憲法審査会傍聴備忘録
                      http://web-saiyuki.net/kenpou/


                      | 1/1135PAGES | >>