calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【12月22日(金)】10月革命100周年・討論会「ロシア10月革命を問い直す」(京都)

0

    10月革命100周年・討論会「ロシア10月革命を問い直す」

    本年2017年は、「ロシア10月革命」から100周年に当たります。

    この節目の年に、「ロシア10月革命」とは現代に生きる私たちにとって何であったのかを問い直す討論会を行います。

    関西の地で長らく社会運動に関わってこられた諸氏からの問題提起を受け、参加者全員で討論を行えたらと思っています。

    ■日時: 2017年12月22日(金)18時30分〜

    ■場所: ひとまち交流館 京都 第5会議室
    http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

    ■資料代: 500円

    ■主催: 10月革命100周年討論会「ロシア10月革命を問い直す」実行委員会

    ■呼びかけ: 内富一(070-5650-3468)

    https://www.facebook.com/events/369747230114791/


    【11/23】憲法“授業祭り!” 〜9条改正問題を旺盛に「授業」しよう!!〜

    0

      総選挙の結果、改憲論議は大きく動き出しそう。
      18歳選挙権の実現で有権者が存在する高校生の間でも、憲法学習がますます重要になります。

      「政治的中立」もしっかりおさえ、かつ萎縮することなく、旺盛な議論を教室でどう展開できるのか。

      「今、憲法のことは授業でやっときたい。でも、いろいろとビミョーな時期だしなあ……」とお悩みの教員の方々。
      「今、学校でセンセイたちはどんな憲法の授業をしてるの?」と興味をお持ちの方々。


      「憲法を大切に、平和を希求する」方々なら、「改憲」「護憲」等問いません。
      どなたでもどうぞ参加ください。

      これまでも人類の英知としての歴史学習や立憲主義の到達点をふまえた授業に取り組んできた教師たちの実践をもとに、憲法問題を議論する上で欠かせない視点を参加者のみなさんと学びあいたいと思います。
      憲法“授業祭り!” 〜9条改正問題を旺盛に「授業」しよう!!〜


      ★「憲法改正を語る前にまず立憲主義をこう教えよう」  竹山幸男さん(全民研・歴教協会員)
      ★「憲法9条改正問題を議論する前におさえておきたい授業」 杉浦真理さん(全民研会員)
      ★「憲法9条1,2項そのままに自衛隊明記条文を高校生たちとつくってみた」 佐藤功さん(大阪高生研会員)
      ★「憲法改正手続き、2015年自民党憲法案と2017年安倍憲法改正案を議論する」 福田秀志さん(全民研会員)
      ★「9条と自衛隊の関係 1972年政府見解を中心に」田丸美紀さん (授業工房メンバー)

      ★「学生が授業する〜憲法9条改正問題初挑戦」 ソーシャルデザインNPO Mielka(ミエルカ)
      ★「憲法カフェ、市民教育の立場からの授業提案」 諸富健さん(弁護士)
      ★全体討論

      (終了後懇親会予定)

      ☆2017年11月23日(木・休)13:15-17:00
      ☆会場:キャンパスプラザ京都(6F立命館大学講義室) 京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分。
      ☆参加費:1000円 学生500円 高校生以下 無料

      ★主催:「授業工房」制作委員会 事務局:首藤広道(大阪高生研会員) メール:shutti21@yahoo.co.jp
      (資料の都合がありますので事前にお申込みください)
       


      【報告と呼びかけ】11.15NAJAT集会の動画など&UAEへのC2輸送機輸出を止めよう!

      0

        東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
        [転送・転載歓迎/重複失礼]

        11月15日、青井未帆さん、池内了さんを招いてのNAJAT集会は、約140人の
        参加で無事終了しました。9条改憲の動きと武器輸出三原則、軍学共同と
        反対運動の課題、武器輸出と日本版「軍産学複合体」作りの現段階などを
        めぐって、質疑応答も含めて、中身の濃いシンポになりました。

        UPLANさんによる全編動画と、UAE(アラブ首長国連邦)へのC2輸送機輸出
        をクローズアップした志葉玲さんの力作記事をご紹介します。ぜひご視聴、
        ご一読ください。

        後半には、UAEへのC2輸送機輸出を止めるためのアクションの呼びかけを
        掲載しました。ぜひご協力をお願いします。お知り合いにも広めてください。

        ◆20171115 UPLAN 亡国の武器輸出〜日本版「軍産学複合体」の今
        https://www.youtube.com/watch?v=Pz9xjr5inCw
         青井未帆さん 5:48〜30:53
         池内 了さん 31:00〜59:55
         杉原浩司 1:00:07〜1:25:15
         パネラー討論・質疑応答 1:26:00〜
        ※お時間のある時にぜひ全編をご覧ください。
        (近日中に3人の講演録[文字起こし]をNAJATのブログに掲載予定です)

        ◆志葉玲さんのYahooニュース記事(大勢に読まれています)
        https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20171116-00078220/

        -----------------<アクション呼びかけ>----------------

        ★イエメンの人々への戦争犯罪に加担するUAEへのC2輸送機輸出を止めよう!

         11月15日午前の防衛装備庁技術シンポジウムで、林美都子・防衛装備庁
        国際装備課長は、ドバイ航空ショー(武器見本市)帰りだとして、航空シ
        ョーでC2輸送機売り込みのためにいかに頑張ったかを力説していました。
         私は、プレゼン終了後の休憩時間に、林課長を直撃。「戦争犯罪への加
        担につながるUAEへのC2輸送機輸出はやめるべきではないか?」と問うと、
        「(武器)移転は我が国の安全保障に資する場合に行う」という紋切り型
        の回答。そこに、イエメンの人々の惨状への想像力はかけらも感じられま
        せんでした。

         UAEの国防省関係者は「サウジ主導の連合軍で使用する場合、C2は軍の
        装備品(注:武器など)を輸送することになる」と明言しています。

        自衛隊の新型輸送機 UAEが購入に前向きな考え示す(11月14日、テレ朝News)
        http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000114468.html

        [動画]イエメン内戦 隠された現実(7月28日、BBCニュース)
        http://www.bbc.com/japanese/video-40749872

         日本が輸出したC2(川崎重工製)が、イエメンを無差別空爆し飢餓やコ
        レラを含む「人道危機」を引き起こしている連合軍で使用されれば、日本
        は戦争犯罪に加担し、正真正銘の「死の商人国家」に堕落します。なんと
        しても武器輸出を食い止め、連合軍による空爆や国境封鎖こそをやめさせ
        なければいけません。

        <「戦争加担につながるC2輸送機のUAE輸出をやめてください」の声を
        届けてください!(短いものでも構いません)>

        ◆川崎重工
        【神戸本社】TEL 078−371−9530 
              FAX 078−371−9568
        【東京本社】TEL 03−3435−2111
              FAX 03−3436−3037
        【岐阜工場】TEL 058−382−5712  ※C2を製造
          FAX 058−382−2981
        問い合わせフォーム(企業の社会的責任)
        https://www.khi.co.jp/cgi-bin/other-q1.cgi?form-type=corp-sr
        ※下の「同意する」をクリックしてフォームへ。

        ◆防衛装備庁(鈴木良之長官、林美都子国際装備課長)
        TEL 03−3268−3111(代表)
        メール info-soumu@atla.mod.go.jp

        ◆大野敬太郎 防衛政務官(自民党・衆院 香川3区)
        ※ドバイの武器見本市で「売ることが主目的ではなく、(世界や日本の)
        安全保障環境を良くしていくことだ」と白々しく発言(11月13日、日経夕刊)
        【国会事務所】
        TEL 03−3508−7132
        FAX 03−3502−5870

        ◆日本製軍用機の輸出を止めよう!アクションシート
        川崎重工さん、新明和工業さん「死の商人」にならないで!(ハガキつき)
        https://goo.gl/pQ8oGL
        ※川崎重工あてには「UAEへの」と書き足してお送りください。オリジナ
        ルのハガキでも構いません。
        ※まとまった枚数が必要な方には、着払いで郵送できますのでお知らせ
        ください。

        【武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)】
        ブログ https://najat2016.wordpress.com
        メール anti.arms.export@gmail.com
        ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT ※フォローしてください。
        Facebook https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/
        〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3・11市民プラザ気付
        FAX 03-5225-7214 電話 090-6185-4407(杉原)

        ★大好評発売中!!!
        『亡国の武器輸出〜防衛装備移転三原則は何をもたらすか』(合同出版)
        http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=555


        講演会のご紹介 法学館憲法研究所 「司法の戦後責任 ドイツと日本の比較」(東京・飯田橋)

        0

          東京まで遠方の方々にもお知らせさせていただいております。

          当研究所が開催した連続講演会「日本国憲法と裁判官」(2009年〜2010年)
          http://www.saiban-kenpo.org/event/index.htmlでコーディネーターを務めた守屋克彦氏
          (元裁判官、弁護士)が理事長である特定非営利活動法人刑事司法及び少年司法に関する教育・学術
          研究推進センター(略称:刑事・少年司法研究センター、ERCJ)が主催する講演会をご紹介させていただ
          きます。

          よろしかったら、ご参加ください。


          特定非営利活動法人刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター
          (略称:刑事・少年司法研究センター、ERCJ)主催

          第5回講演会
          「司法の戦後責任 ドイツと日本の比較」(東京・飯田橋)

          第1部 表彰式 「第5回守屋賞」「第4回守屋研究奨励賞」

          第2部 講演   広渡清吾氏(東京大学名誉教授)

          第3部 講演   ヘルムート・オルトナー氏(『ヒトラーの裁判官
          フライスラー』著者)

          日時 2017年12月17日(日) 12:30開場
          13:00開演
          会場 株式会社TKC(東京・飯田橋)
              〒162-0824
              東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル2階
              東京メトロ・飯田橋駅 B4b出口すぐ


          連絡先
          株式会社日本評論社内
          電話番号 03-6744-0353
          FAX番号 03-6744-0354
          URL http://www.ercj.org/
           メールアドレス ercj@ercj.org


          レイバーフェスタ2017ニュースNO.1

          0

            Message body

            松原です。複数のメーリングリストに投稿します。転載歓迎。

             レイバーフェスタニュースNO.1を発行しました。フェスタ開催まであと1か月です。メインの映画は韓国の大ヒット作『弁護人』、厳しい時代を迎えて観る人に「希望と勇気」を与えてくれることでしょう。ことしも新企画満載です。ぜひご参加ください。なお、参加予定のかたは、メール予約がお得です。

            ●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●
              ☆レイバーフェスタ2017ニュース 第1号 2017/11/17☆
                    勝負はこれから!文化が熱い
            ●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

            ★レイバーフェスタ2017 12月16日(土)田町交通ビル6Fホール
            ★お得なメール予約 http://labornetjp.jimdo.com
                (当日1700円のところ1500円)
            ★学生・若者集まれ! 学生と20歳以下は無料です。
            ★12/16フェスタ詳細情報ページ 
             http://www.labornetjp.org/news/2017/1216kokuti

            ■あなたもつくろう! 川柳・3分ビデオ■

             <妻たちに「平和」と書かせ武器売買」>。11月の「朝日川柳」に投稿されたこの句はトランプ訪日の本質をずばり突いていて、共感を呼んでいます。川柳は権力者を風刺するだけでなく、運動側に元気を呼び起こす17文字の短詩。日本や世界の現状、安倍政権に言いたいことなど、あなたも川柳で表現してみませんか。ことしのテーマは「2017年を振り返っていま言いたいこと」です。すでに16人・46句が寄せられています。締め切りは12月5日(火)。お早めにフェスタ事務局あてにメール・FAX・郵便でお送りください。当日優秀作を発表します。→投稿は
            http://labornetjp.jimdo.com/senryu/ から。
             また恒例の3分ビデオも新人大募集です。「素材はあるが編集はどうも」という方には「編集サポート」もできます。スマホの映像でもOK。仕事のこと、生活のこと、社会のこと、言いたいことを3分の作品にまとめて下さい。内容は自由です。あなたが撮ったとっておきの映像を大スクリーンで上映しましょう。世の中に何かを知らせるには「レイバーフェスタ3分ビデオ」は最適です。こちらも締め切りが12月5日です。あなたの作品を待っています。→送付先は事務局。DVDまたはデータ便で。
             
            ■音楽 : たたかいの中に歌がある■

             今回は、たたかいの現場でうまれている歌やパフォーマンスを紹介します。非正規差別とたたかう「東部労組メトロコマース支部」がことしの多田謡子反権力人権賞に選ばれましたが、彼女たちのたたかいの現場には、いつも歌がありました。音楽コーナーでは、その「メトロレディーたち」の出演も決まりました。また、不当解雇と長期にわたってたたかっている「フジミ争議団」「JAL原告団合唱団フェニックス」が登壇します。そして「山口正紀のフリップ芸/アベ語辞典」、朝鮮高校無償化を求めるソング「声よ集まれ!歌となれ」等々。フェスタの舞台では、争議の勝利をめざして歌声が響きます。

            ■プログラム

            9:30 開場
            10:00 映画『弁護人』上映
               木下昌明のミニ解説あり
            12:10 休憩 50分
            13:00 音楽 : たたかいの中に歌がある
              「JAL原告団合唱団フェニックス」など
               運動の現場で生まれる歌や表現を紹介
            13:40 公募川柳入賞作発表「2017年を詠む」
            14:00 ニッポンのいま〜映像と報告
            (1)脱原発テント強制撤去から1年
               テントの映像+早川由美子・淵上太郎
            (2)市民と野党の共闘/衆院選のたたかい
               衆院選の映像+湯本雅典・鈴木国夫
            (3)外国人労働者の叫び
              「だまされるな!技能実習生(ベトナム編)」上映+山村淳平・指宿昭一
            15:00 休憩15分
            15:15 3分ビデオ20本一挙上映
              −フェスタ名物の目玉企画
            16:30 終了
            *別会場で17 : 00から「大交流会」を行います。飲食代実費。
            →午後2時からは、ニッポンの今を映す「映像と報告」で脱原発テント・衆院選・外国人技能実習生を取り上げます。詳細は、http://www.labornetjp.org/news/2017/1216kokuti
            をご覧ください。

            ■出店ブース紹介■

             現在ブース出店は以下の方が予約をしています。今年は出店依頼がいつもより多いかと思いますので、早めに申し込んでください。(11/14現在・先着順)。ゆんたく高江・ワンラブ高江・レイバーカフェ・わかち愛・アスナロ農園・本郷文化フォーラム・全国ほるぷ多摩・たんぽぽ舎・チャンプル・三一書房・高校無償化連絡会・あらばきのおばちゃん。ブースの広さは1団体机半分です。3分の1スペースでもよい方はその旨書いてください。出演者ブースは別枠です。 

            ■賛同人紹介(11/17現在・43件)■

            〔個人〕長谷川澄(カナダ在住)・楠山忠之(映画監督)・足立安皓(京都)・村上理恵子(HOWS)・松元ちえ(ジャーナリスト)・寺島栄宏(ジャーナリスト)・坂井貴司・太田昌国・浅井健治(MDS編集部)・松元ヒロ(芸人9条の会)・大谷喜伝次・湯本雅典(映像制作者)・八重樫好・大久保雅充・森本孝子(高校無償化連絡会)・清野圭一・佐々木有美(ビデオプレス)・山口正紀(ジャーナリスト)・尾澤邦子(ノレの会)・尾澤孝司・笠原眞弓(レイバーネット川柳班)・見雪恵美(レイバーネット報道部)・松原明(ビデオプレス)・ジョニーH・木下昌明(映画批評家)・わかち愛・金野正晴・小林未来・安田幸弘・高幣真公(日中労働情報フォーラム)・乱鬼龍(川柳人)・土屋トカチ(映像グループローポジション)・山本勇祐・阿部則子(たんぽぽ舎)・坂東喜久恵(たんぽぽ舎)・志真斗美恵・H.Shima・櫻井善行(豊田市)
            〔団体〕なにぬねノンちゃんねる・東京清掃労働組合・全石油昭和シェル労組・ビデオプレス・績文堂出版
            *100件を目指しています。ぜひあなたも賛同人として支えてください。賛同人は、割引き・出店・チラシ折り込みなどの特典があります。申込みは http://labornetjp.jimdo.com/sando/ から。

            ■チラシ配布のお願い

             フェスタをみんなで広げてください。チラシ配布できる方、ご一報いただけれ
            ばすぐに送ります。多部数無料です。

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ●レイバーフェスタ実行委員会(責任団体 レイバーネット日本)
              TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
              labor-staff@labornetjp.org
             ホームページ http://www.labornetjp.org/
             フェスタブログ http://laborfesta.exblog.jp/
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             

            12・13 前川喜平さん(前文部科学事務次官)講演会「これからの日本、これからの教育」

            0

              前川喜平さん(前文部科学事務次官)講演会「これからの日本、これからの教育」
              ―復古主義的なナショナリズムと、弱肉強食を放置する市場主義が勢いを増す中で、加計学園の問題は起きた。―

              https://www.facebook.com/events/1695640437165705/

              ■会 場:キャンパスプラザ京都第一講義室(5F)       
              ■日 時:2017年12月13日(水) 18:30〜20:30
              ■主 催:前川喜平さん講演会実行委員会
              ■賛 同:ユナイトきょうと/ 自由と平和のための京大有志の会/ 市民環境研究所/ アジェンダ・プロジェクト/使い捨て時代を考える会/ 安全農産供給センター
              ■連絡先:京都大学教育学部駒込研究室
                   TEL & FAX 075-753-3034     
              ■参加費:500円(院生含む学生、障がい者、生活困窮者無料)

              ++++++++++++++++++++++

              「あったものをなかったものにはできない」「行政がゆがめられた」加計学園に関し、官僚トップにいた人の証言は前代未聞で、衝撃的でした。前川さんは新著でこう言います。「権力の集中によって驕りが生じている。」「国民の税金を使って、一部の人をもうけさせるようなことを、「岩盤規制にドリルで穴をあける」とか「既得権益の打破」といって、それらしい言葉で説明しさえすれば、国民を納得させられると思いなしている。」

                +++++++++++++++++++++++++++

              前川喜平さんプロフィール
               1955年生まれ。東京大学法学部卒業。79年、文部省(当時)へ入省。12年に官房長、13年に初等中等教育局長、16年に文部科学事務次官を歴任。17年、退官。現在、自主夜間中学のスタッフとして活動。
               17年7月10日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐって衆院文部科学、内閣両委員会による閉会中審査に参考人として出席。


              【要申込】12/6(水)変えよう選挙制度の会12月例会「自民党は、なぜ選挙に強いのか?~その秘密を探ってみよう~」

              0
                紅林進です。
                私も参加しています「変えよう選挙制度の会」は、市民の自由な選挙運動参加を妨げ、また民意を正しく反映できていない、
                現行の選挙制度や公職選挙法を、民意が正しく反映され、市民が自由に参加できる選挙制度に変えようと活動していますが、
                12月例会を12月6日(水) に東京・飯田橋の東京ボランティア・市民活動センターの会議室で開催します。
                今回のテーマは、「自民党は、なぜ選挙に強いのか?〜その秘密を探ってみよう〜」です。
                参加を希望されます方は、https://ssl.kokucheese.com/event/entry/496431/ からお申し込みください。

                (以下、転送・転載・拡散大歓迎)

                変えよう選挙制度の会 12月例会
                日時:12月6日(水)18:30〜20:30
                テーマ:「自民党は、なぜ選挙に強いのか?〜その秘密を探ってみよう〜」

                報告:田中久雄さん(変えよう選挙制度の会)

                田中さんのお話の後に参加者のみなさんと意見交換します。
                会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
                       (飯田橋・セントラルプラザ(庁舎棟)10階)
                         アクセス・地図 http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
                        JR田橋駅西口仮駅舎を出たら市ヶ谷方面に進み、交番を右折、牛込橋を渡り右側に見える茶色のビルがセントラルプラザです。
                        車イスなどをご利用の方は、エレベーターのある東口をご利用ください。
                        地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅「B2b」出口よりセントラルプラザ1階に直結しています。

                会費:500円

                【お申し込み】は下記サイトからお願いいたします。
                「こくちーず」http://kokucheese.com/event/index/496431/の申し込み欄
                https://ssl.kokucheese.com/event/entry/496431/ からお申し込みください。
                あるいは下記Eメールアドレスまでご連絡ください。
                Eメール: think.elesys@gmail.com
                 
                主催:「変えよう選挙制度」の会
                           URL: http://kaeyo-senkyo.tumblr.com/
                           フェイスブック: https://www.facebook.com/kaeruelesys
                     ツイッター:https://twitter.com/thinkelesys
                       Eメール: think.elesys@gmail.com

                北区「9条のつどい」のお知らせ

                0
                  北神戸「9条の会」の大西です。

                  今年も以下のように「北区9条のつどい」行います。
                  憲法議論が自衛隊と9条の関係が今後の議論の中心になるであろう情勢での、防衛の専門家をお招きした非常にタイムリーなテーマとなりました。

                  第12回北区9条のつどい
                  1部:防衛の専門家が語る「憲法を活かした安全保障とは」
                  講演: 柳澤協二さん

                  2部:憲法改正の国民投票に勝つカギは?
                  対談: 松竹伸幸さんと柳澤協二さんの対談

                  日時: 11月26日(日) 14:00〜16:30(開場13:30)
                  場所: すずらんホール (兵庫県神戸市北区鈴蘭台西町1丁目26−1)
                   神戸電鉄鈴蘭台駅下車 徒歩5分
                   http://www.kobe-bunka.jp/facilities/kita/
                  参加協力費: 500円(高校生以下無料)
                  問い合わせ: 090-9619-9007 (大西)

                  詳細は、こちらのチラシもご参照下さい。
                  https://www.dropbox.com/s/77673hb1tdftqt2/2017%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%81%84A4_0902_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_1.jpg?dl=0

                  一部は、安全保障問題と憲法改正問題について、防衛の専門家である柳澤協二さんにご講演していただき、北朝鮮や中国など、緊張が高まる情勢をどう見れば良いのか?その中で、どう日本の安全を確保すべきなのか?について語っていただきます。

                  さらに第2部は、「憲法九条の軍事戦略
                  」や「対米従属の謎」など、憲法を活かした日本の安全保障のあり方、とりわけ今焦点となっている自衛隊と憲法の問題ついて提言を発信し続け、「自衛隊を活かす会」の事務局長でもある、かもがわ出版編集長の松竹伸幸さんが加わり、国民投票で問題になるであろう、特に護憲派が改憲派と論じる上で必要となるだろう論点について対談をしていただきます。

                  憲法改正についての立場を超えて、参考になることを確信しています。
                  北区は遠いかもしれませんが、どうかご参加を下さい!

                  「ベーシックインカム導入の可能性とその財源」

                  0

                    「ベーシックインカム導入の可能性とその財源」

                    ベーシックインカムとは最低限所得保障の一種
                    政府がすべての国民に対して
                    最低限の生活を送るのに必要とされて いる額を
                    定期的に支給するという政策。
                    基礎所得保障、最低生活保障、国民配当や
                    basic income この頭文字をとってBIとも言われます。
                    実現できるの?いつくらいに?
                    何を財源として??などなどこの機会に詳しく聞いてみましょう!
                    場所:けいはんなプラザ 5階 中会議室 Volga ボルガ
                    〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1-7 
                    2017年12月13日㈬ 10時から12時
                    会費:コープ自然派組合員は300円(一般小学生以上500円)
                    託児有 定員20名 託児費1人300円
                    託児室 5階 小会議室 Arno アルノ
                    (講義後 けいはんな喫茶ルームで交流可能:注文個別会計自由解散)
                    講師:ツイッターでは「カントリーゼントルマンこと、桂木健次」 として。
                       Facebookでは公開講座「経済学の基礎」で、初心者にもわ かりやすく
                       解説していただいてる環境経済学の学者さん
                       富山大学名誉教授(経済学) 桂木 健次様
                    近著に「政府債務の償還と通貨発行権」(富大紀要)
                    主著「環境経済学の研究」(松香堂)
                      「社会環境学への招待」(共著ミネルヴァ書房)
                    【お問合せ・申込み】
                    主催:生活協同組合 コープ自然派京都 
                       生活協同組合 コープ自然派奈良

                    『安倍9条改憲を許さない、森友・加計学園疑惑徹底追及、安倍内閣の退陣を要求する11・19国会議員会館前行動』

                    0

                      Message body

                      高田健です。
                      下記、行動へのご参加をお願いします。拡散にご協力ください。

                      【拡散希望】
                      『安倍9条改憲を許さない、森友・加計学園疑惑徹底追及、安倍内閣の退陣を要求する11・19国会議員会館前行動

                      日時:11月19日(日)14:00〜
                      場所:衆議院第2議員会館前を中心に

                      主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会
                         戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

                      -----------------------------------------------
                      許すな!憲法改悪・市民連絡会
                      高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
                      東京都千代田区三崎町2−21−6−301
                      03-3221-4668 Fax03-3221-2558
                      http://web-saiyuki.net/kenpoh/
                      戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
                      http://sogakari.com/
                      憲法9条を壊すな!実行委員会
                      http://kyujokowasuna.com/

                      | 1/1151PAGES | >>