calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

29日の総がかり行動の時間変更

0

    高田健です。
    29日の参院本会議の開会時刻が13:00に変更になりました。
    したがいまして、総がかりの抗議行動は12:00〜13:00、第2議員会館前に変更します。
    知り合いのみなさんに変更の告知を拡散してください

    ------------------------------------------------------------
    許すな!憲法改悪・市民連絡会
    高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
    東京都千代田区三崎町2−21−6−301
    03-3221-4668 Fax03-3221-2558
    http://web-saiyuki.net/kenpoh/
    憲法審査会傍聴備忘録
    http://web-saiyuki.net/kenpou/
     


    5・26「自衛隊員の命と人権を守る京都の会」の企画です 【京都での「自衛官人権ホットライン」の活動、その経験に学ぶ】

    0

      5・26【京都での「自衛官人権ホットライン」の活動、その経験に学ぶ】

      https://www.facebook.com/events/1456548221074524/

      湾岸戦争後、PKO(国際平和活動)協力法が成立し、自衛隊の海外派遣が現実化した1992年夏に、京都で立ち上げられた「自衛官人権ホットライン」。「自衛官とその家族に寄り添う」ことを信条にして、アフガン・イラク戦争を経て2013年まで継続された活動の経験をお話していただきます。
      一人でも多くの方と一緒に学び、ひとりの人であり同じ市民である自衛隊員の人権について考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。

      ■講演:「隣人として自衛官に向きあう」

      ■講師: 足立修行さん(元「自衛官人権ホットライン」事務局長)

      ■日時: 5月26日(金) 午後7時20分より(キンカン行動後の時間帯、会場はキャンパスプラザ京都です。ぜひ、多くの仲間の参加を呼びかけます!)

      ■場所: キャンパスプラザ京都 5階 第3演習室
      (京都市下京区西洞院通塩小路下ル、JR京都駅から5分、
       駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側)

      ■参加費:500円 事前申し込み不要

      ■主催: 自衛隊員の命と人権を守る京都の会
      https://www.facebook.com/jinkensongen/

      ■お問い合わせ:070-5650-3468 
                                      muchitomi@hotmail.com
       


      「日・韓・米・春のツレウヨまつり」

      0

        ご案内している公演「ツレがウヨになりまして」前半戦が終わり、後半戦がはじまりました。新たに、アフタートークに元朝日新聞の植村さんが決まるなどもしております。ぜひぜひ、日本編、韓国編、アメリカ編すべて見に来て頂けましたら

         「日・韓・米・春のツレウヨまつり」
        >
        > ■日程<京都公演>(3編上演)
        > 2017年
        > 5月17日(水)19:00 日 本
        > 5月18日(木)19:00 韓国
        > 5月19日(金)19:00 アメリカ
        > 5月20日(土)13:00 韓国/18:00 日本 ★
        > 5月21日(日)11:00 アメリカ/15:00 日本/19:00 韓国
        > 5月22日(月) 休演日
        > 5月23日(火)19:00 日本
        > 5月24日(水)14:00 韓国/19:00 アメリカ
        > 5月25日(木)14:00 アメリカ/19:00 日本
        > 5月26日(金)19:00 韓国
        > 5月27日(土)13:00 アメリカ ★/18:00 日本 ★
        > 5月28日(日)11:00 日本/15:00 韓国/19:00 アメリカ
        > 5月29日(月)14:00 日本
        >
        >  アフタートーク
        >  28日11時 植村隆氏(元朝日新聞記者)
        >
        > ■会場
        > アトリエ劇研( http://gekken.net/atelier/
        > 京都市左京区下鴨塚本町1
        > TEL:075-791-1966(月〜土 9:00~17:00)
        > ■チケット料金<京都公演>
        > ◎1ヶ国券
        > 当日 一般3,500円/25歳以下3,000円
        > 予約割 一般3,300円/25歳以下2,800円
        > 先得決済10 一般2,500円/25歳以下2,000円
        > リピート当日 一般2,000円/25歳以下1,500円
        > リピート事前入金・予約 一般1,500円/25歳以下1,000円
        > 新入生・高校生以下 一律 500円
        > ◎セット券(前売・予約のみ)
        > 2ヶ国 予約割   一般6,000円/25歳以下5,000円
        > 2ヶ国 先得決済10 一般4,400円/25歳以下3,400円
        > 3ヶ国 予約割   一般 8,000円/25歳以下 6,500円
        > 3ヶ国 先得決済10 一般5,500円/25歳以下4,000円
        >
         


        うずみ火通信072

        0

          _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


                  ■□■ うずみ火通信 ■□■      
                              
                              No.072 2017.5.24発行
          _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


          吹く風が心地よい季節を迎えましたが、お変わりありませんか。
          「新聞うずみ火」を応援して下さり、ありがとうございます。
          今後ともよろしくお願いします。

          さて、メルマガ「うずみ火通信」をお届けします。

                              新聞うずみ火編集部

          (名刺を交換させていただいた方など、
          ご縁をいただいた方に送らせていただいています。
          恐縮ですが、不用な方は
          uzumibi@lake.ocn.ne.jp までメールをいただけますか)。


          ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓
          ┗■┓   「うずみ火」情報        ┏■┛
           ┗■━━━━━━━━━━━━━━━■┛


          ■新聞うずみ火6月号(NO.140)を発送

          黒田清さんの月命日の23日に「新聞うずみ火」6月号を発送しました。
          主なラインナップをご紹介します。


          ・1面〜3面「検証・共謀罪」(矢野宏)


          1面トップは「検証・共謀罪」。
          なぜ、必要なのか。一般市民は対象になるのか否か。
          私たちの社会はどう変わるのか――などの疑念について、
          永嶋靖久弁護士に話を伺い、再検証した。
          「共謀罪」だと過去3回も廃案になったように、世論の反発を買う。
          「オリンピックのためのテロ防止」と訴えれば
          支持を得やすいと考えたのだろうが、
          法案にはテロのための条文はない。
          対象となる犯罪の数をこれまでの676から277へと大幅に絞り込んでいるが、
          その中には誰が見てもテロとは無関係な犯罪が数多く含まれている。
          しかも、公職選挙法や政党助成法違反が除外されており、
          国会議員と秘書が政治資金規正法に触れることを
          共謀しても捜査の対象にはならない。
          「犯罪の共謀などしないから自分は大丈夫」という声を聞くが、
          永嶋弁護士は「捜査機関が組織的犯罪集団として認定すれば、
          処罰対象になる」と指摘する。
          新聞発送の日、衆院本会議で強行採決されたが、
          まだ成立したわけではない。


          ・4面〜5面「森友問題の不可解さ」(矢野宏)

          森友学園への国有地売却に端を発し、次々に浮上する疑惑。
          その多くが未解明のままだ。
          小学校認可についても、大阪府の松井一郎知事は「国からの圧力だった」と述べ、
          説明責任を果たそうとしない。
          このまま幕引きを許すな――と、
          府の責任を追及する府民ら250人が府庁舎を取り囲み、抗議の声を上げた。

           
          ・6面〜7面「ヤマケンのどないなっとんねん」(山本健治)

          ヤマケンさんの怒りは、まず「共謀罪」に向けられた。
          こと、山本健治さんは「教育勅語」を取り上げた。
          <「共謀罪」がテロ対策ではなく、
          結局は情報化時代に対応して
          国民を監視しようとするものでしかないことを示している>
          さらに、北朝鮮のミサイル発射を取り上げ、
          <安倍首相は「断じて容認できない。アメリカ、韓国、中国、
          ロシアと連携して対応したい」と述べたものの、
          実際には何も具体的な外交的対応はなく口先だけだった。
          国家間の危機を本気で回避しようとするのなら、
          その国との間に直接かつ率直にものを言う外交ルートを確立させることであるが、
          北朝鮮との間にはホットラインはもとより、細い糸すら存在しない>


          ・10面〜11面「対話力問われる韓国新政権」(寄稿 文京洙・立命大教授)

          韓国に新しい大統領が誕生した。
          9年ぶりの革新系大統領の誕生は、韓国内外に何をもたらすだろうか。
          立命館大国際関係学部教授で
          韓国現代史が専門の文京洙さんに選挙戦を振り返り、分析してもらった。
          文さんはこんな言葉で締めくくっている。
          <今回のろうそく革命は、
          韓国の市民社会と安倍政権が有権者の高い支持を受ける日本の市民社会との溝を
          あらためて浮き彫りした。
          そんなときであればあるほど、
          グローバル化による社会的リスクの拡大・深化に共にさらされている
          両国の市民レベルの協力や学び合いがかつてなく求められている>


          このほか、「原子力と人権」(高橋宏)、「藤井四段、公式戦18連勝」(粟野仁雄)、
          「格差広がるナイロビ」(西谷文和)などの連載も好評。
          また、硬い記事ばかりではなく、
          羽世鉱四郎さんの「経済ニュースの裏側」をはじめ、
          ジャーナリストの三谷俊之さんの「100年の歌びと」
          アテネパラの銀メダリストの佐藤京さんの「車イスから思う事」、
          フリーアナウンサーの「坂崎優子がつぶやく」などの連載も大好評。
          読者からの手紙・メールも矢野のコメントつけてご紹介しています。

          ※「新聞うずみ火」の購読を希望される方は、
          うずみ火事務所までご連絡ください。
          (?06・6375・5561 Fax06・6292・8821 
          メール uzumibi@lake.ocn.ne.jp  )
          最新号と振替用紙をお送りします。
          B5版32ページ。
          月刊で1部300円(コーヒー一杯分)
          年間で3600円(1回の飲み代分)
          10年前からこの値段です。

          ※郵便振替は、00930−6−279053


          ■5月の茶話会、酒話会

          茶話会はあす25日(木)午後2時〜この1カ月の新聞記事から
          忘れてはいけないニュースを振り返る。
          定岡由紀子弁護士による「憲法BAR」は明後日26日(金)午後6時〜、
          いずれも事務所で。


          ■5月27日に「うずみ火講座 真田山陸軍墓地を歩く」

          5月のうずみ火講座は27日(土)午後2時から、真田山陸軍墓地を訪ねる。
          真田山旧陸軍墓地は1871年、大阪城の南、
          真田山丘陵地に創建された最大の陸軍墓地。
          広さ4500坪の墓地には5000基以上の墓碑が整然と並んでおり、
          兵卒、下士官など生前の階級によって墓石の大きさなどが異なる。
          当日は午後2時にJR環状線「玉造駅」改札口付近に集合。
          資料代 一般700円、読者500円


          ■6月10日は「うずみ火講座 日本会議と教育」

          6月のうずみ火講座は10日(土)午後2時〜
          大阪市此花区のクレオ大阪西・研修室で開講。
          森友学園問題で浮上した人たちに共通するのは、
          日本最大の右翼組織「日本会議」その研究の第一人者で、
          『日本会議とは何か』の著書がある
          日本の戦争責任資料センター事務局長の上杉聰さんに
          「森友学園問題が照らし出す 日本会議と憲法・教育」と題して
          講演していただきます。
          日本会議が目指す憲法とは、教育とは、わかりやすく解説していただきます。
          資料代1000円(一般1200円)、学生・障害者500円


          ■7月29日は黒田さん追悼ライブ

          「黒田清さんを追悼し、平和を考えるライブ」を7月29日(土)午後2時〜
          大阪市立東成区民センターで開く。
          今年も黒田さんが好きだったコント集団「ザ・ニュースペーパー」結成時のメンバー、
          松崎菊也さんと石倉直樹さんを招いての風刺トーク。
          【日時】7月29日(土)午後1時半〜開場、2時〜開演
          【会場】大阪市東成区大今里西3丁目の市立東成区民センター・小ホール
          (地下鉄千日前線・今里筋線「今里」下車 2番出口から西へ徒歩3分)
          資料代2000円(一般2200円)、学生・障害者1000円
          なお、当日のパンフレットに掲載する名刺広告(1マス3000円〜)を募集中。


          ■矢野が神戸新聞夕刊にコラムを連載中

          神戸新聞夕刊1面の「随想」に執筆中。
          計7回の連載で、1回目は5月16日に「黒田さんの言葉」というタイトルで紹介された。
          2回目は5月31日、3回目は6月15日、4回目は6月30日に掲載される予定。


          ■矢野の講演予定

          ・第59回吹田母親大会
          【演題】「私たちのくらし、教育、平和とメディア」
          【日時】5月28日(日)13時〜
          【会場】吹田市立勤労者会館(JR吹田駅)
          【入場料】300円

          ・コープ自然派ピュア大阪「教育を考える」
          疑問いっぱいの森友学園問題 そこから見えてきた教育とは?
          【演題】「森友学園の本質とは何か」
          【日時】6月4日(日)10時〜
          【会場】クレオ大阪東(JR京橋駅)
          【参加費】450円

          ・平和学習
          【演題】「大阪大空襲を知っていますか」
          【日時】6月16日(金)14時半〜
          【会場】摂津市立第2中学校


          ■栗原の講演予定

          沖縄戦から72年 上映会とお話

          【演題】「32軍司令部壕の歴史改ざん問題を問う」
          【日時】6月10日(土)14時〜
          【会場】クレオ大阪中央(地下鉄四天王寺駅)
          【参加費】無料
          【問い合わせ】「慰安婦」問題・関西ネットワーク(090・8383・4197)

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           マガジン名:うずみ火通信
           発行日:不定期
           発行元:新聞うずみ火 〒530-0012 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3階
               TEL 06-6375-5561 FAX 06-6292-8821
           問い合わせ:uzumibi@lake.ocn.ne.jp
           WebPage: http://uzumibi.net/
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆メールマガジンの解除について
           編集部までメールをください。
           お時間を頂く場合がございますので、予めご了承ください。
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ※当マガジンに掲載されている記事の無断転載・転用を奨励します!!


          【6/3(土)】家庭教育支援法学習会「家庭教育支援法ってなんですか」

          0

            子どもの権利条約関西ネットワークの林と申します。
            家庭教育支援法に関する学習会の案内です。
            2017年の今国会において、「家庭教育支援法案」なる法律が上程されようとしています。
            この法案が通ってしまうと、家庭の教育にお上が口出しをすることにお墨付きが与えられてしまいます。子ども目線を欠いた法案がもたらす様々な問題点を、子どもの権利の視点から読み解いていきます。いならいおせっかいは、いらないんです。

            【日時】2017年6月3日(土)14:00〜16:00
            【会場】龍谷大学 大阪梅田キャンパス 研修室
                大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階
            【プログラム】
            ■ 講演:「家庭教育支援法案の問題点―子どもの権利の視点から―」(仮)
                 國本依伸 弁護士 60分
            ■ 子ども支援の現場からの報告 30分
            ■ 質疑応答 30分

            【申込方法】
            ■要申込・定員80名(先着順) 資料代800円
            ■申込先(メール申込のみ): kodomonokenrikansai@gmail.com
             申込必要事項:〇疚召隼臆耽与堯´∀⇒軅

            【チラシはこちらからダウンロードできます→】https://goo.gl/Qxa9B5

            【講師プロフィール】國本依伸 弁護士(大阪弁護士会)
            2002年弁護士業を大阪市で開始。2011年から2012年、日弁連からの推薦を受けてカリフォルニア大学バークレー校に客員研究員として留学、アメリカの小児医療界において子どものおかれている環境、すなわち子どもの療養環境がどのようなものかを調査。成果論文として「医療を受ける子どもの人権〜カリフォルニア小児医療機関調査を中心に」(『自由と正義』2013年6月号所収)など。弁護士向けの子どもの権利条約学習会で講師を務めるなど、子どもの権利条約についても造詣が深い。「憲法の読み方・使い方」でもママたちに大人気。

            【主催】子どもの権利条約関西ネットワーク
            http://kodomonokenrikansai.wixsite.com/network
            E-mail: kodomonokenrikansai@gmail.com
            Facebook: 子どもの権利条約 関西ネットワーク
            Twitter: @forum_in_kansai
            【事務局】特定非営利活動法人CAPセンター・JAPAN
            〒545-0051大阪市阿倍野区旭町2-1-1-104
            TEL: 06-6648-1120
            FAX: 06-6648-1121


            【本日】院内集会『日本の金融機関とクラスター爆弾』

            0

              東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])です。当日のご案
              内となってしまいすみません。[転送・転載歓迎/重複失礼]

              <参考>
              年金運用先を選別できず GPIF、米・クラスター弾製造企業の株保有
              (5月12日、東京新聞)
              http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201705/CK2017051202000124.html

              -----------------------------------------

              院内集会
              『日本の金融機関とクラスター爆弾』

               非人道兵器として国際法で禁止されているクラスター爆弾を製造してい
              る企業に投融資している金融機関の実態を調査した報告書『クラスター爆
              弾への世界の投融資〜共通した責任』が5月23日、世界で同時発表されます。
               日本政府はクラスター爆弾禁止条約に発効時より加入していますが、残
              念ながら複数の日本の金融機関がクラスター爆弾製造企業へ投融資してい
              る実態が明らかになっています。締約国の中では日本の金融機関が最も多
              く、世界的に問題視されていることから、報告書の執筆者等が来日し、急
              遽東京で記者会見を行うことになりました。
               既に北欧諸国や英国等の締約国においては、投融資を禁止する法律を整
              備したり事実上禁止する措置を設けており、日本では「政府年金基金
              (GPIF)」もクラスター爆弾の製造企業の株式を保有している実態が明ら
              かになっていることから、一日も早い取り組みが求められています。

              呼びかけ議員(五十音順)
              逢沢一郎衆議院議員、笠井亮衆議院議員、河野正美衆議院議員 辻元清美
              衆議院議員、福島みずほ参議院議員、藤田幸久参議院議員

              日時:2017年5月24日(水)午後2時〜4時
              会場:参議院議員会館 B-108会議室(永田町駅)

              最新報告:『クラスター爆弾への世界の投融資〜共通した責任』
              報告者:
              Maaike Benese(マイッケ・ベネシュ)
              オランダの国際NGO、PAXプロジェクトオフィサー。主にクラスター爆弾製
              造企業に対する金融機関の投融資状況の調査を担当。『クラスター爆弾へ
              の世界の投資〜共通する責任〜』共同執筆・編集者。

              Firoz Alizada(フィロス・アリザダ)
              地雷禁止国際キャンペーン(1997年ノーベル平和賞受賞)並びにクラスタ
              ー兵器連合コミュニケーション担当マネージャー。アフガニスタン出身。
              1996年に地雷で脚を失う。国連、赤十字国際委員会、ハンディキャップ・
              インターナショナルなどで活躍。

              目加田説子(JCBL副代表理事、中央大学教授)

              *クラスター爆弾への投融資については2009年以降、グローバル・キャン
              ペーン(Stop Explosive Investments Campaign)が立ち上がり、調査・
              提言活動を展開しています。

              主催/問合せ:特定非営利活動法人 地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)
              事務局:TEL 090-6006-4340  FAX 03-3835-0519
              〒110-0005 東京都台東区上野 5-3-4
                    クリエイティブOne 秋葉原ビル6F JVC 内


              「松元ヒロひとり芝居(芦屋)」のご案内

              0

                芦屋「九条の会」の片岡です。

                6月10日 松元ヒロ爆笑ひとり芝居「けんぽうファースト」を行います。
                『憲法くん』を20年間演じ続けている松元ヒロさんのソロライブです。
                90分たっぷりの時間で『憲法くん』をはじめ様々なネタが登場します。
                (新しいネタも)
                抱腹絶倒まちがいなしです。
                安倍首相改憲発言や共謀罪で怒りのマグマがたまっているみなさん!
                怒りを笑いに変え、明日からのエネルギーにしましょう。
                みなさんのご参加をお待ちしています。

                *********************

                日時:6月10日(土)14時開演 (開場13:30)
                場所:上宮川文化センター ホール(定員240名 申込不要・先着順)
                芦屋市上宮川町10−5 JR芦屋駅南東へ徒歩5分
                参加協力費:1000円(大学生・高校生500円)
                保育あり(3日前までに要連絡)

                主催:芦屋「九条の会」 連絡先 090-7118-2312(片岡)
                後援:芦屋市・芦屋市教育委員会


                5月23日(火)衆院本会議

                0
                  みなさま
                  高田健です。
                  明日、衆院本会議で共謀罪の採決強行がある。
                  もし、そうなっても廃案をめざした闘いはつづく。
                  だからこそ、下記の行動に結集を。

                  明日の総がかりの行動。5月23日(火)衆院本会議

                       ● 昼(12時〜13時)  議員会館前行動
                       ●午後(13時30分〜16時)議員会館前座り込み
                        ●夕方(18時30分〜19時30分)議員会館前行動
                  ------------------------------------------------------------
                  許すな!憲法改悪・市民連絡会
                  高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
                  東京都千代田区三崎町2−21−6−301
                  03-3221-4668 Fax03-3221-2558
                  http://web-saiyuki.net/kenpoh/
                  憲法審査会傍聴備忘録
                  http://web-saiyuki.net/kenpou/

                  共謀罪強行へ怒りの集会

                  0

                    ■日時 5月 23日(火)18時20分〜19時50分 (開場:18時10分) *18時から議員
                    会館入口で係の者が入館証をお渡しします。
                    ■場所 参議院議員会館1階 講堂
                    ■交通 永田町駅・国会議事堂前駅 下車 約5分
                    ■資料代 500円
                    ■集会プログラム
                    司会のあいさつ 赤坂 珠良さん(一般人の会)
                    ・基調報告 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授)
                    ・弁護士としての怒り 岩村 智文さん(神奈川県弁護士会)
                    ・国会に怒りをぶつけよう!(5分間スピーチ)
                    水戸 喜世子さん(子ども脱被ばく裁判の会)
                    竹村 香津子さん(大逆事件弁護士・平出修研究会)
                    今泉 正夫さん(横須賀市革新懇代表世話人)
                    岩橋 健一さん(フリー)
                    山本 眞理さん(全国「精神病」者集団)
                    亀田 博さん(日本社会文学会)
                    筒井 修さん(福岡市民救援会)
                    その他 弁護士、研究者からの発言
                    ・出席国会議員のあいさつ(適時)
                    ・集会決議の採択
                    ・まとめの言葉 林 克明さん(フリージャーナリスト)
                    -------- 主催:共謀罪創設に反対する百人委員会 --------


                    【ご案内】武器見本市「MAST Asia 2017」に抗議するための相談会

                    0

                      東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])です。
                      [転送・転載歓迎/重複失礼]

                      6月12日から14日にかけて、幕張メッセで海軍関係の武器見本市である
                      「MAST Asia 2017」が開催されます。

                      日本では2015年に戦後初の大規模武器見本市としてパシフィコ横浜で開催
                      され、世界39ヶ国の海軍幹部や軍需企業125社が参加しました。日本から
                      は、森本敏氏がスポークスパーソンを務め、海上自衛隊に加えて三菱重工
                      などの軍需企業13社が出展しました。

                      ちなみにその際、私は会場内で「STOP ARMS SALES 武器輸出やめろ」のプ
                      ラカードを掲げて声をあげ、警備員に退場させられましたが。
                      http://kosugihara.exblog.jp/21230788/

                      2年ぶりの開催となる今回は、前回同様に防衛省、経産省、外務省が後援
                      し、ますます力の入ったものとなることが予想されます。

                      MAST Asia 2017 ホームページ
                      https://mastconfex.com/asia2017/

                      MAST Asia 2015 の報告ビデオ
                      https://www.youtube.com/watch?v=yTAlRYUcFYo

                      MAST Asia 2015 France24のレポート
                      https://www.youtube.com/watch?v=d2_eS1TK3Is

                      MAST Asia 2015 ジャパンタイムズの報道
                      https://www.youtube.com/watch?v=ORazXqVeFN0

                      武器輸出三原則の撤廃から3年が過ぎ、安倍政権は武器輸出への前傾姿勢
                      を崩していません。憲法9条のもとであり得ないはずの武器見本市に、し
                      っかりと抗議の声をあげたいと思います。

                      急な呼びかけとなり恐縮ですが、24日夕方に抗議アクションについての
                      相談会を行います。ご関心のある方はどなたでも参加できます。

                      ---------------------------------

                      <武器見本市「MAST Asia 2017」に抗議するための相談会>
                      日時:5月24日(水)18時30分〜(1時間半以内を予定)
                      会場:3.11市民プラザ
                        (飯田橋駅東口5分:新宿区下宮比町3-12明成ビル302号)
                      地図 http://chechennews.org/sharedoc/arms/map_311plaza.png
                      <行き方>
                      JR飯田橋駅東口改札出て左→飯田橋交差点の歩道橋登る→正面のECCの看
                      板のあるビルのところで下りる→そのまま進むと右手にみずほ銀行→右手
                      にローソン→ローソンの角を右に折れて小さい路地→道なりに左→左手に
                      郵便局と飲み屋を過ぎて行く→左手に1階にイタリアンとフレンチレスト
                      ランが入った茶色いビル→ここの3階右手の部屋です。

                      地下鉄はB1出口から出て左に進むと飯田橋交差点→向かいに渡って左に
                      進むと右手にみずほ、続いてローソンが出てきます。あとは上記のとおり
                      です。
                      ※不明な場合は 090-6185-4407(杉原)まで

                      【呼びかけ】武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
                      メール anti.arms.export@gmail.com
                      FAX 03-5225-7214
                      TEL 090-6185-4407(杉原)
                      ブログ https://najat2016.wordpress.com/
                      ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
                      フェイスブック https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

                      ---------------------------------

                      ★NAJATへの賛同・カンパ募集中! ※正念場の2017年を乗り切るために。
                      個人賛同:1口 1000円 団体賛同:1口 3000円 (ともに複数口も歓迎!)
                      振込先 郵便振替口座 00140−4−486789
                      口座名称 武器輸出反対ネットワーク
                      他の金融機関からの送金先 ゆうちょ銀行 019店 当座 0486789

                      | 1/1125PAGES | >>