calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

6/25予定のトークイベント中止のお知らせとお詫び

0

    つなぐ・つながる通信 2019/6/18
    (転送歓迎、重複ご容赦。mail; ren_tunagu2@yahoo.co.jp

    ----6/25予定のトークイベント中止-----------
    会期末の過密日程が連日続くなか、国会内で要として活動している
    国会議員の本来の活動を何より優先すべき、との判断に至りました。

    高木衆議院議員(公明党)と杉尾参議院議員(立憲民主党)による
    「憲法9条改憲NO!トークイベント」の企画そのものは、画期的で
    意義あるものでしたが、今回はあまりにもタイミングが悪く、
    またこちらの不手際もあり、国会運営、政党及び各方面に
    迷惑をおかけすることも避け難く、よって中止といたしました。

    企画発案が遅れたために、このような結果となったことを
    皆様にお詫び申し上げます。

    9条改憲NO!トークセッション実行委員会 実行委員長 鈴木国夫
    -----------------------------------------
     


    高木衆議院議員(公明党)と杉尾参議院議員(立憲民主党)による憲法9条改憲NO!トークセッション

    0

      Message body

      つなぐ・つながる通信2019/6/17(転送歓迎、
      重複ご容赦。mail; ren_tunagu2@yahoo.co.jp

      ----------------------------------------
      なぜ公明党かという経緯説明については
      「つながる市民@東京」HPをご覧ください。
      https://tunagaru-tokyo.jimdo.com/

      -----------------------------------------
       「参院選目前・9条改憲NO! 院内トークセッション」
      -- 気鋭のジャーナリスト出身の与野党議員が熱く語る ---
      6月25日(火曜日) 16時から18時   無料
       参議院議員会館講堂 15:30からロビーで入館証配布

      9条改憲派で三分の二なんて、絶対にイヤです。
      「平和の党」公明党の平和憲法を守る決意と、
      「立憲の党」立憲民主党の護憲の取り組みについて、お話を伺いたいと思います。
      高木陽介(公明党衆議院議員、党東京都本部代表、元毎日新聞記者)
      杉尾秀哉(立憲民主党参議院議員、党報道局長、元TBSテレビキャスター)
      主催: 9条改憲NO!トークセッション実行委員会
      (実行委員長:鈴木国夫(つながる市民@東京))
      ---------------------------------------------------
      なお、終盤国会の情勢によるリスクについてもHPをご覧ください。
      https://tunagaru-tokyo.jimdo.com/
      -------------------------------------

      【あさって!】死の商人おことわり 武器見本市NO!6.17大抗議アピールへ

      0

        東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
        [転送・転載歓迎/重複失礼]

        何度かご案内してきましたが、いよいよあさってに迫りましたので、最
        後のお願いとなります。世界の紛争を助長し、憲法違反の大軍拡と一体
        の武器見本市を易々と開催させるわけにはいきません。とりわけ17日13
        時からの大抗議アピールに一人でも多くの方のご参加を呼びかけます。
        お知り合いにも情報の拡散をお願いします。

        --------------------------

        ★死の商人おことわり 武器見本市NO!
         大抗議アピール&視察実施のお知らせ

        https://kosugihara.exblog.jp/239314724/
         
         6月17〜19日に開催が強行されようとしている幕張メッセでの武器見本
        市「MAST Asia 2019」に抗議し、実施当日の3日間、私たちは大抗議アピ
        ールを行います。

         私たちはこれまで様々な行動を重ね、中止を求めてきました。幕張メッ
        セの主要な所有者である千葉県に対しては、貸し出し中止を求める署名を、
        インターネット、紙とを合わせ、約2カ月で寄せられた1万8014人分を6月
        4日に県へ提出しました。県からは「メッセを貸し出さない事由はない」
        との返答でした。しかし、これまで県は「開催内容に関知しない」との態
        度を頑なにとってきましたが、今回の署名提出に際して「武器展示という
        意味を重くとらえるべきであり、展示内容を把握すべきだ」との私たちの
        主張に「(視察を)検討する」と答えました。

         私たちは実施当日の3日間、下記の通り抗議行動を実施します。主催者
        へ抗議するとともに、来場者に対し、「武器が人びとに何をもたらすのか
        考えよう」と呼びかけるものです。また、千葉市議、千葉県議の皆さんに
        対しては、広く視察ツアーへのご参加を呼びかけています。

         「戦争という手段によらずに紛争を解決する道を追求する」と謳う『非
        核平和千葉県宣言』を持つ千葉県は、武器見本市への貸し出しを拒否する
        のにふさわしいはずです。そして本来なら、「戦争しない」と誓った憲法
        9条を持つ日本では武器見本市など開催できないはずです。

         今や武器見本市は、F35戦闘機や長距離巡航ミサイル、イージス・アシ
        ョアなど憲法違反の高額武器の爆買いを促進する場にもなっています。日
        本を世界の軍需産業=「死の商人」たちの"自由貿易地帯"にするわけには
        いきません。

         今回の抗議行動が日本における武器見本市反対運動史上、最大規模と
        なることは確実です。その規模とインパクト次第では、11月に同じ幕張メッ
        セで予定されている「DSEI JAPAN」の開催を食い止めることにもつながり
        ます。そのために、あなたの参加が必要です。ぜひお集まりください!
        報道関係者の皆さんはぜひご取材ください。

        【6月17日(月)】
         [9時30分頃〜]JR京葉線海浜幕張駅前南口でスタンディング
         [10時45分〜]千葉市議とともに武器見本市視察ツアー
        ★[13時〜13時35分]幕張メッセ前で大抗議アピール
        ・スピーチ(開催の趣旨、視察の報告、国会議員=予定)
        ・フラワーヒューマンチェーン
        ・コール
        ・ダイイン

        【18日】[10時〜14時]海浜幕張駅前南口でスタンディング
        【19日】[10時〜14時]海浜幕張駅前南口でスタンディング
            [10時30分〜]千葉県議とともに武器見本市視察ツアー

        <幕張メッセへのアクセス>
        https://www.m-messe.co.jp/access/
        ※海浜幕張駅南口に来ていただければ抗議場所をご案内します。

        【呼びかけ】
        安保関連法に反対するママの会@ちば
        幕張メッセでの武器見本市に反対する会
        [問い合わせ先]
        メール mnw.chiba@gmail.com
        <最新情報はこちらから>
        https://twitter.com/Mo_NoWar_Chiba
        https://bit.ly/2WrZX2a


        7/7(日)社会主義理論学会第81回研究会@慶応義塾大学三田キャンパス

        0

          Message body

          紅林進です。

          社会主義理論学会第81回研究会のご案内を転載させていただきます。

          (以下、転送・転載歓迎)

          社会主義理論学会第81回研究会

          <報告>
          ●碓井敏正(京都橘大学名誉教授)
           「立憲主義だけで闘えるのか――成熟した政治的主体像を模索する」

          ●西川伸一(明治大学教授)
           「内閣法制局の現在――小松長官以降の変容」

          日時:7月7日(日) 午後2時〜5時

          会場:慶応義塾大学三田キャンパス研究室棟1階A会議室
               (JR田町駅、都営地下鉄三田線三田駅下車)
               地図・アクセスhttps://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

          資料代:500円(社会主義理論学会の会員は無料)

          主催:社会主義理論学会
          http://sost.que.jp/

          ※社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方も自由に
          ご参加いただけます。
          ※予約、申し込み等必要ありませんので直接会場にお越しください。

          【場所変更!】17:30〜 香港代表部前で(6/13香港の自由と民主主義を守る緊急行動)

          0

            東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

            お伝えした本日夕方からの緊急行動のうち、17時30分からの行動の場所が
            中国大使館前から九段下の香港経済貿易代表部に変更されました。直前の
            お知らせとなりすみません。ご注意ください。情報の拡散もお願いします。

            【最新】6/13香港の自由と民主主義を守る緊急行動

            [1]17:30〜18:30 九段下・香港経済貿易代表部前
                    (九段下駅2番出口から10分、市ヶ谷駅A3出口から10分)
                   https://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/aboutus/access/
            [2]21:00〜22:00(予定) 渋谷・ハチ公前
            (※参加者それぞれで移動して下さい。)

            容疑者引き渡し条例に声をあげる香港の人たちを応援し、東京で、でき
            ることをやりましょう。

            ※すばやい呼びかけに感謝。可能な方はぜひ! 大至急広めてください!

            <6月12日のNEWS23での周庭さんのコメント>
            「今回、3〜4割が人生で初めてデモに参加した人。(逃亡犯条例改悪が)
            可決されたら、香港の良さが全部なくなる。香港人だけでなく、香港に来
            る観光客、記者、ビジネスマンも中国に引き渡されるかもしれない。人権
            と自由だけでなく身の安全に関わる問題。最後のデモという覚悟で参加し
            ている」
            「(逃亡犯条例改悪に)英国、カナダ、米国、そしてEUも異例のステート
            メントや懸念や反対声明をあげた。日本と香港は強い経済的パートナー。
            日本政府にも自分の意見をハッキリ言っていただきたい」

            ★日本政府にしっかり態度表明させることも具体的な連帯です。
            【外務省】
            TEL 03−3580−3311
            メール https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
            【河野太郎国会事務所】
            (TEL) 03−3508−7006
            (FAX) 03−3500−5360


            【東京】6/13(木)香港の自由と民主主義を守る緊急行動(中国大使館前&渋谷ハチ公前)

            0

              Message body

              東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

              元山仁士郎さんのツイートで知りました。急きょ決まった本日13日の
              アクションです。

              6/13(木)香港の自由と民主主義を守る緊急行動
              17:30〜 六本木 中国大使館前
                  (広尾駅または六本木駅、港区元麻布3-4-33)
                   http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgjss/t62814.htm
              21:00〜 渋谷 ハチ公前
              容疑者引き渡し条例に声をあげる香港の人たちを応援し、中国に対して
              日本政府が適切に人権を守ることを求めるアクションを、東京でやりま
              しょう。

              ※すばやい呼びかけに感謝。可能な方はぜひ! 大至急広めてください!

              <6月12日のNEWS23での周庭さんのコメント>
              「今回、3〜4割が人生で初めてデモに参加した人。(逃亡犯条例改悪が)
              可決されたら、香港の良さが全部なくなる。香港人だけでなく、香港に来
              る観光客、記者、ビジネスマンも中国に引き渡されるかもしれない。人権
              と自由だけでなく身の安全に関わる問題。最後のデモという覚悟で参加し
              ている」
              「(逃亡犯条例改悪に)英国、カナダ、米国、そしてEUも異例のステート
              メントや懸念や反対声明をあげた。日本と香港は強い経済的パートナー。
              日本政府にも自分の意見をハッキリ言っていただきたい」

              →日本政府にしっかり態度表明させることも具体的な連帯です。
              【河野太郎国会事務所】
              (TEL) 03−3508−7006
              (FAX) 03−3500−5360

              7/1(月)「ストップ!消費税10%・京都デモ」

              0
                鈴木宏介(京都・中京民主商工会事務局)です。

                7月1日(月)、消費税廃止京都各界連絡会の呼びかけで、下記の通り、京都市役所前での街頭宣伝と四条河原町までのデモ行進が行われます。
                景気の悪化が鮮明になっているにもかかわらず、安倍政権は今年10月からの消費税10%を強行する構えです。国会の会期は延長せず衆参ダブル選挙は見送り(7月21日参院選)、消費税10%は予定通り実施……との報道がなされていますが、まだまだあきらめるわけにはいきません! 見送るべきは消費税10%です。
                 こんな経済状況での増税強行は、私たち庶民を崖から突き落とそうとするものにほかなりません。いよいよ、私たちの運動と世論で消費税10%増税をストップさせるときです。京都近辺の方はぜひご参加ください。

                (以下、転送転載拡散歓迎)

                ---------------------------

                ストップ!消費税10%・京都デモ

                景気の悪化が鮮明になっているのに、安倍政権は今年10月からの消費税10%を強行する構えです。
                こんな経済状況での増税強行は、私たち庶民を崖から突き落とそうとするものにほかなりません。
                「消費税10%は必要だけど、いま上げるべきでない」という人も、
                「景気回復のため消費税はせめて5%に戻すべき」という人も、
                「消費税は不公平なので廃止すべき」という人も、
                10月からの消費税10%ストップで力を合わせましょう!

                日時:7月1日(月)
                午後6時半〜街頭演説会
                午後7時〜デモ出発
                ※御池通東進、河原町通南進、四条河原町まで
                場所:京都市役所前集合
                呼びかけ:消費税廃止京都各界連絡会
                連絡先:京都府商工団体連合会 筺353-3551
                https://twitter.com/nakagyouminnsyo/status/1138019911337275392

                【転送】「政治と金をどうチェックするのか」(6/15土@大阪)

                0

                  dy

                  https://www.openpolitics.or.jp/news/60/
                  -----------------------------------------
                  6月15日、梅田で政治と金のセミナー
                  「政治と金をどうチェックするのか」

                  堺市の竹山修身市長が巨額の政治資金を政治資金収支報告書に記載していなかった問題で辞任しました。
                  なぜ、この問題は起きたのでしょうか?
                  なぜこうした政治と金の問題は後を絶たないのでしょうか?
                  公益財団法人「政治資金センター」が皆さんと考える為のセミナーを開催します。
                  政治の透明性に関心のある多くの方に参加して頂きたいと思います。

                  日時 6月15日(土曜日)午後1時半から(午後1時受付開始)
                  場所 毎日放送本社AVルーム(地下1階)
                      大阪府大阪市北区茶屋町17−1

                  プログラム
                   「政治資金収支報告書から読み解く政治と金の実態」

                      憲法学者 上脇博之神戸学院大学教授
                   「情報技術革新が切り開く新たな政治監視の仕組み」
                      情報学者 佐藤哲也(株)アンド・ディ代表
                   「政務活動費の追及 神戸新聞の取り組み」
                      神戸新聞 志賀俊彦東播支社長
                   「政治資金収支報告書の盲点」
                      京都新聞報道部 峰 政博記者
                  司会 亘佐和子(毎日放送記者、政治資金センター評議員)
                  ※資料代 500円  セミナー終了後に懇親会(有料)も有ります。

                  【転送】市民公開講演会「エッグサイティングな卵の研究  卵の栄養・調理・健康機能」(7/20土@西宮)

                  0

                    body

                    兵庫県保険医協会西宮・芦屋支部第39回総会記念
                               市民公開講演会
                         エッグサイティングな卵の研究   
                          卵の栄養・調理・健康機能  

                    と き 7月20日(土) 14時開場 14時30分開演(16時30分終了予定 ) 
                    ところ なでしこホール
                               西宮市高松町5番39号 なでしこビル8F 

                    講 師 京都女子大学 家政学部食物栄養学科
                                八田 一 先生
                    入場無料  どなたでもご参加いただけます。 
                    後 援 西宮市、芦屋市、西宮市教育委員会、芦屋市教育委員会、神戸新聞社

                     日本人は1年間に1人あたり約330個の卵を消費する卵好きな国民です。
                    我々にとって、卵は必要不可欠な食品ですが、鶏にとっては、命をつなぐカプセルです。
                    その中には生命誕生に必要な機能が備わり、多くのエッグサイティングな研究テーマの宝庫です。
                    本講演では、卵の栄養・調理・健康機能として、黄身返し卵や逆温泉卵、アンチエイジング効果、コレステロール問題、虫歯予防卵やピロリ菌除菌卵など、エッグサイティングな話題を紹介します。

                    ■八田 一(はった・はじめ)先生 プロフィール
                    京都女子大学家政学部食物栄養学科教授。
                    専門分野は食品加工学、食品材料学。
                    たまごの研究を始めて40年、たまごからヒヨコが生まれるときの成分変化やニワトリを病気に強くするえさの研究を進める。

                    お申し込み・お問い合わせ先
                     shin-ok@doc-net.or.jp  Fax078-393-1820  電話078-393-1809

                    【転送】米公文書から迫る核兵器・原発推進体制の闇(7/28日@神戸)

                    0

                      核戦争を防止する兵庫県医師の会 第38回総会記念講演
                          米公文書から迫る核兵器・原発推進体制の闇

                      日 時 7月28日(日)14:00〜16:00
                      会 場 兵庫県保険医協会5階会議室 
                                http://www.hhk.jp/pages/access.php
                      師 高橋 博子 氏(名古屋大学大学院法学研究科研究員)
                      参加費無料 どなたでもご参加歓迎です

                       機密解除された米国の公文書にもとづき、当局がヒロシマ・ナガサキ、ビキニの原水爆被害者を治療でなく、「核時代」の次の戦争に向けた研究の対象としかみなかったことを明らかにした、米国の核開発史に詳しい高橋博子さんに、広島・長崎に米原爆傷害調査委員会(ABCC、現在の放射線影響研究所の前身)ができる経緯や、原子力推進の体制の実情について、お話いただきます。

                      ■高橋博子(たかはし・ひろこ)氏
                      名古屋大学大学院法学研究科研究員。アメリカ史専攻。日本平和学会会理事。
                      広島平和記念資料館資料調査研究会委員、第五福竜丸平和協会専門委員。
                      著書に『〈新訂増補版〉封印されたヒロシマ・ナガサキ―米核実験と民間防衛計画』(凱風社、2012年) など。


                      お問い合わせ・お申し込み先
                      核戦争を防止する兵庫県医師の会 
                       shin-ok@doc-net.or.jp TEL.078-393-1807 FAX.078-393-1802 
                       


                      | 1/1226PAGES | >>