calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

全国女たちの座り込み!(10/30-11/5、経産省前)

1
 東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。
福島の女たちによる座り込み(10/27-29)に続いて、全国の女たち
による座り込み(10/30-11/5)も行われます。前者は「福島の女たち」
が前面に出る形での座り込みですが(県外の方はオープン参加との
こと)、後者は東京も含めた全国の女たちによるアクションとなります。
現在、賛同者、参加者も募集中です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

………………………………………………………………………

〜!*♪☆♭〜!*♪☆♭〜!*♪☆♭
拡散希望

10月27−29日まで、福島の女たちが東京経産省前で座り込みに入ります。
http://onna100nin.seesaa.net/ (原発いらない福島の女たち)

それを受けて、私たちも立ち上がりました!
_______________________

福島の女たちに続け!    
全国緊急アクション 参加者大募集!

「もう、黙ってはいられない!」

全国の女たちが立ち上がり
そして、座りこむ!

http://shuttomari.blogspot.com/2011/10/blog-post_09.html

場所: 霞が関、経産省前 
  住所: 東京都千代田区霞が関1丁目3−1
  日時: 10月30日〜11月5日 (10−15時)

お昼休みだけでも、1日でも、1週間の参加でもOK

9月22日、ニューヨークの国連首脳会議で、野田総理が「世界一安全な原発
をつくります」と宣言したその外で、「福島の子どもたちを守れないで、原発
に安全を言うのは卑怯だ!福島の人々の苦しみを無駄にしないでください。
世界の原発を止めてください!」と国連前でアピールをした女たち!帰りの
飛行機のなかで、相談しました。「福島の女たちに続いて、全国の女たちの
座りこみをやろう!」

放射能線量が未だ高いにもかかわらず、政府は9月30日、福島第一原発
事故を受けて指定していた「緊急時避難準備区域」を約5か月ぶりに解除し
ました。一方、10月3日には、日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)と信州大
学病院が、福島県内の子ども130人を対象に今夏行った健康調査で、10
人(7・7%)の甲状腺機能に変化がみられ、経過観察が必要と診断された
ことを報告しました。「目に見えない放射能が飛び交う戦場に、子どもたちを
置いていてはいけない!」「原発はもう真っ平!」と、 福島の女たちが立ち
上がりました。その想いを受け止め、私たちも立ち上がりました。

☆すべての子どもたちに避難の権利を!
★全国の原発の再稼働を止め、安心してくらせる場所を!

日本中の、世界中の、女たちに呼びかけます!

*賛同者を募ります。
**雨と寒さ対策、座りこみ用のシート・座布団などもお忘れなく
***連帯の熱い思いと、参加者のための交通費等カンパなどでの
    参加も大歓迎

振込先:Shut泊 

※ゆうちょ振替口座:02720−5−79991 「女座り込み」と明記
※ゆうちょ銀行総合口座:
  ゆうちょ銀行から 19050 15998721 「女座り込み」
 他銀行から  九〇八−908−1599872 「女座り込み」  

このことの連絡先は↓

泉かおり 090-2695-1937 Email: kaori-izumi@ta3.so-net.ne.jp
山口たか 090-6990-5447 Email: yamaguchi-jichi@topaz.plala.or.jp
谷田部裕子 090-9201-3642 携帯メール: najya-yuu@softbank.ne.jp

賛同、参加希望者の方は、Email: women_sit_in_owner@yahoogroups.jp に
「女たちの座り込み」の題でメールを送信してください。

********************

呼びかけ人(10月10日現在)

泉かおり Shut泊、福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道)
山口たか 市民自治を創る会、福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道)
舩田クラーセンさやか 東京外語大学教員、
              福島乳幼児・妊婦避難プロジェクト(東京)
満田夏花 国際環境NGO FoEジャパン(東京)
アイリーン・美緒子・スミス グリーン・アクション(京都)
谷田部裕子 ナージャのFukushima支援(茨城)
米川正子 宇都宮大学教員、福島乳幼児・妊婦避難プロジェクト(栃木)

賛同人(10月10日現在)

吉武輝子 作家、日本脱原発をめざす女たちの会 代表 
鈴木かずえ 国際環境NGO グリーンピース・ジャパン(東京)
島田清子 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)(大阪) 
渡辺瑛莉 国際環境NGO FoEジャパン(東京)
吉田明子 国際環境NGO FoEジャパン(東京)
阪本公美子 宇都宮大学国際学部教員、福島乳幼児・妊婦避難プロジェクト(栃木)
安斎由希子 有機農業者(北海道余市町)
常田益代 北海道大学名誉教授(北海道) 
小林芳子 「プルサーマルを知ろう」後志住民ネットワーク(北海道共和町)
徳永理彩 恵泉女学園大学、東京外国語大学非常勤講師(東京)
石丸初美 玄海原発プルサーマル裁判の会(佐賀)
上野白湖 非戦いぶり(北海道壮瞥町)
松浦雅代 原発がこわい女たちの会(和歌山)
戸倉由紀枝 STOP!浜岡原発(静岡)
小木曽茂子 さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト(新潟)
山口泰子 ふぇみん婦人民主クラブ
木村 結  脱原発・東電株主運動

(以下、氏名のみで失礼します。)

堀田千栄子、小倉菜穂子、富塚とも子、岡本満喜子、小林俊子、水上さえ、
石神博子、谷百合子、大野朋子、松本絵里、

2011.10.10

スポンサーサイト

0
    • 2020.10.25 Sunday
    • -
    • 08:29
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    コメント
    賛同いたします。高放射線汚染地域から一刻も早く、集団で避難されることを望んでおります。支援も行き渡るよう希望しております。安全管理や、その為の教育以外の原発予算から資金を振り向けて脱原発も実現しましょう。
    • 勝連 裕子
    • 2011/11/10 6:33 AM
    先ほど、転送メールを受信しました。有り難うございます。私は先約があり出来ませんでしたが、私たちの団体からも有志が座り込みに参加しました。2回目の活動も11月5日までだったのですね。まだ、足の怪我の術後で思うように動けませんが、出来る限りの応援をしております。日本友和会 飯高京子

    • 飯高 京子
    • 2011/11/09 9:12 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2011/10/12 12:11 PM