calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

IK原発重要情報(101)

0
     IK原発重要情報(101) [2012年4月15日]

    私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

    弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

    連絡先 [1月1日より新住所です。御注意ください。]
    〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号 河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
    Email: kenkawauchi@nifty.com

    脱原発の国民投票をめざす会
    http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

    ――――――――――――――――――――――――――
     福井のデモ 西川知事の考え 福島の人たち 世論調査

    昨日福井入りした枝野経産大臣は、原発の運転再開反対の市民のデモに迎えられました。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000092-mai-soci
    デモの様子は、毎日新聞の以下の写真ニュースでも見ることができます。皆が元気一杯がんばっている様子に感動します。
    http://mainichi.jp/graph/2012/04/15/20120415k0000m010062000c/001.html

     枝野経産大臣と西川福井県知事の話し合いの様子が、かなり明瞭に伝わってきました。その中で、私が注目するのは、以下の点です。
     西川知事は、立地県の貢献を強調したと言われています。たしかに、西川知事の気持ちからいけば、これを強調したくなる気持ちも分かります。しかし、福井県を他の府県よりも特殊な位置において発言すれば、他の府県に福井県の真意に対する誤解が生じるのではないでしょうか。
    http://mainichi.jp/select/news/20120415k0000m040074000c.html?inb=yt
     西川知事は、政府が「関西圏の理解」をとりつけることを求めた、と言われています。「自分だけがOKを出してたたかれるのは嫌だ」という気持ちからこのような発言がなされたのなら問題ですが、この発言自体は正しいことだと思います。私は、西川知事も、関西圏の知事と意見交流をされたら良いのでは、と考えています。政府は、西川知事のこの発言を重く見るべきだと思います。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000086-mai-pol
    http://news.biglobe.ne.jp/economy/0415/ym_120415_5790505253.html
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041590071342.html

    福井現地の状況を知るには、福井新聞のサイト、大飯原発再稼動反対監視テントのサイト、グリーンピースのサイト、県会議員の佐藤正雄さんのサイトが便宜です。
    http://www.fukuishimbun.co.jp/
    http://twitter.com/#!/oikanshi
    http://www.greenpeace.org/japan/ja
    http://blog.goo.ne.jp/mmasaosato

    福島で原発災害を経験された方が怒っています。私たちは、この声を重く受け止めなければならないと思います。
    http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/34163.html
     グリーンピースが紹介した、以下の福島の小学生の言葉も、わたしたちは胸に刻まなければならないと思います。

     のだ首相、
     げんぱつを「さいかどう」しようとしてるって、本当ですか?
     ぼくたちは、まだ元の生活にもどれていません。
    http://www.greenpeace.org/japan/ja

    私たちが強調しているように、原発の運転再開反対は国民の過半数を超えています。「政治家」は、国政上の重要問題については、主権者たる国民の意思に反する自由を持たないのです。それが「国民主権」ということです。それが民主主義ということです。
     時事通信の世論調査では、3月時点(!)で、58%が反対だったということです。現時点では、もっと増えているでしょう。NHKの3月の世論調査は、「つくられた数字」です。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012041500082
    http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/120401.pdf

    最後に、当面する原発の運転再開反対に取り組んでおられる人々に気のついたことを少し。
     脱原発の取り組みを進めるにあたっては、政府の動きに十分注意してください。政府の動きは早いのです。さもないと、政府が大飯原発の運転再開を最終決定してから、運転再開に反対する集会を開く愚を犯してしまうことになりかねません。
     当面する原発の運転再開に反対する行動については、「出遅れ」ということは有りません。今回は「出遅れ」たから、何もしない、というのは最悪です。過去のことは気にしないで、今からでも声明をだしたり、要請メールを発信したりしましょう。
    いろんなことが有りますが、心を一つにして、大飯原発・伊方原発の運転再開に反対して、共に頑張りましょう。

    ―――――――――――――――――――――――――――
                        以上

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.20 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック