calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

OSF連続映画上映のご案内・再

0
     市民社会フォーラムの皆さんへ。今年で二回目の大阪社会フォーラムが来週となりました。

    http://osaka.socialforum.jp/ (再度のご案内をさせていただきます)

    ◇9月1日づけで。第1伸を投稿いたしましたが、6本目の上映予定作品『あしにほん』の監督名に誤記が
      あり訂正しないまま、投稿していまいました。深くお詫びし、下記のとおり訂正して再投稿させていただきます)

     下記に上映プロク゜ラムを紹介いたします。 どうか、この機会をおみのがしなく、多数お運びくださいますよう、
     ご案内申し上げます。
     (受付にて参加券・1000円をお求めいただければ、全企画自由に参加いただけます)     木村 修・記

    大阪社会フォーラム映画連続上映・上映プログラム     (9月16日 エル大阪研修室3)

    ●『人間を取り戻せ!−大久保製壜闘争の記録』                    10;30〜11:10
      2009年/ビデオ・プレス制作/リメイク版/40分
    ▼レイバー映画祭2009招待作品
     「オレ達は人間じゃなかった……」 暴力・セクハラ・賃金差別等、理不尽な虐待・迫害に対して立ち上がった
     労働者達の22年に及ぶ闘いの記録。労働組合の原点、ここに在り!

    ●『オキュパイ・バークレー〜歴史は今よみがえる〜                   11:20〜11:55

      2012/マブイ・シネコープ制作/ 35分
     ▼2012レイバー映画祭招待作品
       ウォール街に始まった『オキュパイ運動』。それはどのような人たちの、どんなスタイルの運動なのか。かって
      ベトナム反戦運動の全米の拠点ともなつたUCバークレー校の一万人集会を焦点に新しい運動の息吹を伝える。

    ●『塩花の木々・希望のバスに乗る』
                                               12:05〜12:50
      2011 /韓国フル・プロダクション制作/オ・ソヨン監督/45分   
     2011年1月6日。韓進重工業の整理解雇に反対する一人の女性が地上35mのクレーンに登り篭城闘争を開始。やがて、
     彼女を支援する“希望のバス運動”が発足。連帯は国内外に広まっていく。

    ●平和アニメ特集『みんながHappyになる五つの方法―関係をよくする三つの理論』
     13:00〜13:20     
      2012年/平和教育アニメーションプロジェクト制作/合計約25分

    ・『ジョニー&パーシー』(演出:秦 義人)

    ・『鬼退治したくない桃太郎』(演出:渡辺健一、林 綾美、高村早央里)

    ・『Happyになる5つの方法』(演出:渡辺健一)

    <揉め事や争いを平和的に解決するにはどうしたら良いのか?> 大人も子どもも、揃って楽しみ、そして学べる、バラエティーに
     富んだ短編アニメーション3作品の特集上

    ●『663114』(2011年/アート・アニメーション/自主制作/平林勇監督/9分)  
      13:30〜13:50  

    ・2011年度 第68回 ベネチア国際映画祭 ワールド・プレミア上映
    ・2012年度 第62回 ベルリン国際映画祭 クリスタル・ベア+14 審査員特別賞受賞
    ・2012年  第18回 京都国際子ども映画祭 短編・アニメ部門グランプリ受賞

       66年間を地下で過ごしていた蝉の幼虫が樹に登っていく。襲い来る黒い雨、大津波。それでも蝉は脱皮し、卵を生む。
       国内外で絶賛の嵐を巻き起こしている話題作、大阪初上映!

    ●『あしにほん』(2012年/実写劇映画/10分/うしこしだいすけ監督/映像制作個人
       目標を失い、自殺を決意した青年の前に不思議な中年男性が現れる。「死んだらもう出来ない事、最後にやっておきませんか?」 
      ファンタジックながら、現代日本を活写し得た意欲作。

    ●『64歳のデモ・デビュー〜3・11が私をかえた〜』              14:00〜14:31

     2012年/ ビデオ・プレス制作/松原明監督/31分             
     ▼レイバー映画祭2012招待作品
      3・11を転機にどのような人たちが立ち上がり、10万を越える『デモ』に集まったのか。一人の女性
      ノンフィクション・ライターの密着し、その素顔と肉声を追いながら、『反原発』の歩みを記録する。

    ● ≪クロージング特別上映≫『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会をこどもたちへ〜』  14:40〜15:40
      2008年/ドイツ Fuss e.V制作/フランク=ディーチェ&ヴェルナー=キーファー監督/60分
      ▼ドイツ南西部、森の中の小都市シェーナウ。チェルノブイリ事故を転機に、こどもたちの未来にむけて自然
       エネルギーの電力会社設立に立ち上がる。『脱原発』社会への市民の試みを紹介する話題作





    )マブイ・シネコープ
    Tel 06-6786-6485
    Mail:mabui1101@nifty.com
    URL:http//homepage2.nifty.com/cine-mabui/

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.24 Saturday
      • -
      • 11:27
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      -
      管理者の承認待ちトラックバックです。
      • -
      • 2012/09/12 8:20 AM
      -
      管理者の承認待ちトラックバックです。
      • -
      • 2012/09/10 10:16 AM