calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【協賛企画】ビルマ(ミャンマー)「変化」の行方(9/22@大阪)

0

     以下転送転載拡散歓迎
    ===================================
    ■□■市民社会フォーラム協賛企画のご案内■□■
    ◆◆◆ ビルマ(ミャンマー)「変化」の行方 ◆◆◆


    昨年からビルマ(ミャンマー)は、大きく民主化の道へ踏み出し、
    今もその歩みを進めているように見えます。
    しかし、少数民族の問題など私たちにはとらえられない国内問題も
    数多くあります。
    軍政下のビルマ全土を20 年にわたって歩き、取材を続けてこられた宇田有三氏。
    圧政に苦しむ少数民族をはじめビルマの人々の生活を撮り、世界に
    発信してこられました。
    宇田有三氏の20 年に渡る取材と最新取材の報告、そしてロヒンジャ問題に
    ついて語っていただくと共に、本年4 月に宇田氏に同行取材し、「ミャンマー・
    軍政20 年の真実〜フォトジャーナリスト・再会の旅〜」を制作した玉本氏から、
    宇田氏の取材を通して見えるビルマについてお聞かせいただきます。


    宇田有三
    フリーランスフォトジャーナリスト
    1963年 神戸市生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科 修了(法
    学修士)。教員を経て渡米。中米の紛争地エルサルバドルの取材
    を皮切りに取材活動を開始。現在、東南アジアや中米諸国を中心
    に、軍事政権下の人びとの暮らし・先住民族・世界の貧困などの
    取材を続ける。


    玉本英子
    1966 年東京生まれ。デザイン事務所勤務を経て1994 年よりアジ
    アプレス所属。アフガニスタン、コソボなど中東や紛争地域を中心
    に取材。2001 年以来、イラク取材は11 回におよぶ。2004 年、ドキュ
    メンタリー映画「ザルミーナ・公開処刑されたアフガニスタン女性
    を追って」を監督した。2010年10月、2012年3〜5月には宇田氏に同行し
    ビルマを取材。共著に「アジアのビデオジャーナリストたち」
    (はる書房)、「イラクで私は泣いて笑う」(JVC ブックレット)


    日時:2012年9月22 日(土)18:15 開演(18:00 開場)
    場所:大阪市立男女共同参画センター中央(クレオ中央)セミナーホール
       地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘下車徒歩3 分
       http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
    定員:100 名 事前予約は必要ありませんが、参加人数確認のため事前に
       お申込みいただければありがたいと思います。
    参加協力費:1,000 円
    主催:DAYS JAPAN 関西サポーターズクラブ
       お問合せ・お申込み先 筺090-8539-7021 e-mail v-kansai@daysjapan.net


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック