calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

脱原発ハンスト”ニュースVOL.79

0
     ☆ブログはこちら〜 http://blog.canpan.info/stopnps/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    脱原発ハンガーストライキ
    〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
    ………………………………………………………………………………
    VOL79(2012年9月20日)

     昨日、ドイツでの原発ゼロの動きについて、お話しした。ドイツでは1986年
    旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故により、1000厠イ譴織疋ぅ弔砲皹な
    どで放射能が届き、1年ほどは「子どもを外で遊ばせない方がいい」「野菜を
    食べない方がいい」といった騒ぎが起きた。

    また、原発の是非を諮問する委員会には、元環境相やドイツ研究振興協会
    の会長、カトリック司祭、財界人、消費団体などの17人の委員会がいたが、
    原子力の研究者は一人もいなかった。どのようなエネルギー政策を求めるか
    は、社会、消費者が決めるべきだとの考えからだ。原発容認派と反対派は
    半々くらいだったが、いつかは原発を廃止した方がいいという点で一致し
    た。問題が起きたときのリスクが、ほかのどのエネルギーよりも大きく、国境を
    越えて世界に影響を与え、放射能性廃棄物という問題も次世代に残してし
    まうからだ。原子力は倫理的ではないエネルギーだ、と委員会は判断した。
    メルケル首相には、原子力はもちろん、CO2を排出する火力も減らすべきだ
    と提案した。

    ドイツは苦労するだろうが、今それをする必要がある。ドイツが原発を廃止し
    ても、隣のオランダが国境近くに原発をつくる計画を打ち出し、フランスにも
    多くの原発があるから意味がない、という声も聞く。温暖化対策にしても、ドイ
    ツは世界のCO2の3%くらいしか排出していないので、どんなにがんばっても
    ほかの国が削減しなければ意味がないという議論もある。だが、そういう考え
    を持つと何も変わらない。ドイツが自然エネルギーで成功していい例を見せ
    れば、新しい経済、産業モデルを見せることができ、他国もそれを採り入れる
    ことができるだろう。(2011年7月4日 朝日新聞から引用)

    昨日、原子力規制委員会が発足し、同時に規制委の実務を担う原子力規
    制庁も発足し、その職員の470人のうちの多くは経済産業省原子力安全・保
    安院出身で規制を強化できるか疑問視されている。
    19日付けの東京新聞では、東電の定額賠償額に住まいを奪われた被災者
    の方が「東電は原発は安全だと繰り返し言ってきた。しかし、事故が起きた。
    地元に戻れない状況を作り出した責任はとってもらいたい」と話した。

    ドイツでも国境を越え、世代を超えて被害を出し続ける放射能のリスクを考
    え、脱原発にカジを切った。この小さな島国日本で原発を維持し続けること
    より、持続可能な社会に向けて、廃炉ビジネスなどを検討し、ドイツに続くモ
    デルを実現して欲しいものだ。それにむけて私たちひとり一人もライフスタイ
    ルを見直し、被災者の方が置かれている状況に寄り添い続けていきません
    か?
                                    (増島 智子) 

    *断食をされている方々の感想は、『代表村井のコブログ(雑感)』で紹介し
    ています。こちらをご覧下さい。 http://ngokoblog.seesaa.net/

    *トピックス
    民主代表選候補者アンケート 脱原発法案 賛否は?
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012092002000103.html
                         (2012年9月20日 東京新聞)

    原子力規制委発足 厳格、透明性を高めてこそ
    http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/37009.html
                         (2012年9月20日 福井新聞)

    *ブログのご紹介
    なくそう原発、不払いしよう電気代!〜電気代不払いプロジェクト〜
    http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/

    *節電や省エネの知恵を教えてください!!
    「我が家ではこんな工夫で節電しています!」「これをやれば省エネになりま
    す」などの情報があれば、教えてください。原発ゼロに向けた知恵を共有し
    たいと思います。

    *****************************
    *今日のリレー仲間
    本日20日(木)は、山田(神戸)の1名が行っています。

    *明日のリレー仲間 
    明日21日(金)は、加納(神戸)の1名でつないでいきます。

    *今後のリレーの予定
       22日(土)小宮(三田)
       23日(日)小宮(三田)
       24日(月)募集中!!
       25日(火)柚原(神戸)
       26日(水)大石(静岡)
    *****************************

    *24時間リレーの方法:
     この主旨に賛同いただける人たちで、「24時間ハンスト」をリレーしま
    す。24時間のハンスト(水のみを摂取)を一人ずつ行い、次の一人にバトン
    タッチしていきます。それぞれが、それぞれの暮らしの中でやれる範囲でハ
    ンストを行ってください。

    *まだまだ暑い日が続いています。ハンストをなされる皆さん、水分だけで
    なく、塩分も摂るようにして熱中症にご注意ください!!!

    *参加者募集!!
     ハンストを通じて原発や身の回りの暮らしに向き合って頂けたら幸いです。
    参加者でローテーションを組んで途切れる事なく行っていきます。参加ご希
    望の方は、ご都合のいい日と匿名希望の有無をお知らせください。ローテー
    ションに組み込ませていただきます。一人また一人と思いの輪をつないで行
    きましょう!「今日はどこの誰がハンストしている。」などの情報も今後、HPや
    ブログなどで発信していきます。

    *賛同者募集!!
     ハンストまでは出来ないけど、主旨に賛同するという方も募集しています。
    個人、団体は問いません。賛同者として名前をあげさせていただきます。匿
    名でも構いません。
     
    ご参加、ご賛同、メッセージなどは下記まで!!
    *****************************
    連絡先:阪神淡路大震災・被災地NGO恊働センター
    〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2−1−10
        TEL : 078‐574‐0701  FAX : 078‐574‐0702
        MAIL : ngo@pure.ne.jp  WEB : http://www.pure.ne.jp/~ngo/

    -----------------------------------------
    被災地NGO恊働センター 代表
    CODE海外災害援助市民センター 事務局長・理事
     村井雅清(むらい・まさきよ)
     e-mail:murai@code-jp.org

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2012/09/21 3:11 PM