calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【2012年ハイチ訪問レポート No.6】

0
     CODE海外災害援助市民センターです。
    8月、代表の芹田とスタッフの岡本がハイチ地震の被災地を訪れました。
    支援地の人々の声を、いくつかのレポートに分けてご紹介していきます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■2012年ハイチ訪問レポートNo.6
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    *ゲリー・ディウリンさん(軽食販売)の話
    夫と4歳の息子と暮らす自宅の近く、住宅地の細い路地の一角で、パンとオ
    ムレツを売っている。幅2m、奥行き1mほどの小屋である。近くにある学校の子
    どもたちが主なお客さんだと言うが、「いま学校が休みだからねえ」と、店先で
    横になって昼寝していた。学校があれば、ひとつ25グールド(50円)で日に
    30〜40個を売り上げる。250ドルを借りて材料費などに当て、すべて返済し
    た。私たちの訪問で起こされたからか少し気だるそうに、「店の調子はまあま
    あね。また借りられるならもっと仕入れたいけど」と言いながら、彼女に甘えて
    まとわりついてくる息子をあやしていた。売れ行きはまずまずのようだった。

    「こういうローンが無いとき、お金を借りるような仕組みはあるの?」と聞くと、近
    隣で互助組合があることを聞いた。グループをつくり、その各メンバーから毎
    月少しずつお金を集め、その中の一人に順番に集まったお金を渡していくと
    いう、いわゆる回転型貯蓄信用講である。その月にお金がもらえた人にとって
    は、ボーナスが入ったようなものである。これを商売の開店資金にする人もい
    るだろうし、冠婚葬祭や子どもの学費に当てる人もいるだろう。しかし、当然で
    あるが、毎月の拠出金が工面できない人は参加することができない。彼女も
    参加経験があるが、いまはやっていない。近くに住む別の女性にも聞いた
    が、拠出金が払えないからやっていないという答えだった。

    また、小規模金融の例として、私的な業者が人々に5人組などのグループを
    作らせてお金を貸す消費者金融のようなものもあるという。しかし、健康状態
    の悪化などで生活の危機が往々にして起こりうるハイチでは、「連帯責任」よ
    ほどの信頼関係が無い限り敬遠されている。当初、ACSISのローンでもグ
    ループ形成の案があったが、住民はこうした事情からグループ制には反対し
    たという。コミュニティには様々な互助機能があるが、日本で私たちも経験し
    ているように、都市ではその役割が希薄になりつつあるようだった。
    (岡本 千明)

    -----------------------------------------
    被災地NGO恊働センター 代表
    CODE海外災害援助市民センター 事務局長・理事
     村井雅清(むらい・まさきよ)
     e-mail:murai@code-jp.org

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2012/09/21 11:20 AM