calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

伊藤惇夫が自民&オスプレイを語る

0
      永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。

     自民党総裁選、当初石原氏が優勢といわれつつ、今日の朝日の調査で石破氏の優勢が報じられています。伊藤さん、これは鍵を握るのは地方票で、これの優位な石破が強いが、確実に決選投票になる、その際は石原、安倍氏にも可能性があるが、林、町村氏は可能性なし、なぜ立候補したのか、ということでした。
     他方、民主党は野田氏が再選で、輿石氏が幹事長、これは党内人事で、これだと離党者が少なくなるという配慮(輿石氏は解散先延ばしの路線)なのですが、臨時国会で野田内閣は攻められて、離党者が増えたら不信任可決になる、その際民主党内は解散はやめてくれ、野田氏に総辞職してくれというものだそうです。

     さらに、オスプレイ、モード転換は基地の外でやっており、それが普天間なら住宅地なのです。これ、日本政府は森本大臣が安全性を確認したと沖縄訪問を模索して失敗、しかしどうやって日本政府が安全性を確認するのだ、森本氏の意向はパフォーマンスとの伊藤さんの批判がありました。

     そして、維新の会の討論会その2がありましたが、伊藤さんは田原氏が出てきて、朝まで生テレビであり、本来なら参加する議員との対談であるべきなのにやったのは橋下氏vs田原氏で、参加する議員も維新について理解しておらず、パフォーマンスで、こんなことをやっていたら維新は本当にあぷない、政策なしで、支持を失うとの伊藤さんの批判がありました。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.14 Monday
      • -
      • 08:08
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック