calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

リエゾン地域福祉研究所 北欧視察報告/優秀・良識ある公務員には「浸透」?さとうしゅういちと緑の党

0
     さとうしゅういち@緑の党・ひろしまです。

    いつもお世話になります。


    【リエゾン地域福祉研究所 北欧視察報告】

    リエゾン地域福祉研究所 北欧視察報告・法人設立記念講演が11月30日、ありました。

    http://blog.goo.ne.jp/maru-optimal

    丸山法子理事長たちが今年秋にデンマークとスウェーデンを訪問した報告です。

    今回の視察には、わたくし・さとうしゅういちと県庁時代の同僚で、同じ県庁退職組の緑の党の同志・大西康史さんも参加し、
    環境・エネルギー政策を中心に調査をしておられます。
    丸山理事長も県社協退職組で、奇しくも「県退職組」が揃った会になりました。

    最初は生協ひろしまの高田公喜さんのお話でした。

    北欧では高福祉高負担です。所得税も消費税も日本よりは税率は高い。しかし、負担が自分達に返ってくるという実感があります。

    また、市議や県議に相当するひとたちは、別に仕事を持っていて、議会も夕方から開催です。
    これは、わたくし、さとうしゅういちが、以前訪問したノルウェーと一緒です。


    デンマークやスウェーデンでは医療費は無料。

    しかし、39度の熱が出た子どもには、インフルエンザでなければ、「大丈夫」といって、寝ておけというだけです。

    自然治癒が出来るものに対しては、甘えないということです。
    高齢者については胃瘻などもほとんどないわけです。自分の人生は自己決定になっているのです。

    スウェーデンの高齢者住宅のコンセプトは、利用者参加、安心安全、最後に思いやりです。

    自然に人と触れ会える場所をつくっています。人間、一人で暮らすのはしんどいものです。
    残存能力をいかに発揮するか?建物とガーデニングが一体となっています。

    部屋の中も自由にしていいという感じです。若い時にアフリカでハンティングをするのが趣味の人は、はく製が室内に立て付けられていました。

    オーデンセ市の議会は円卓で話し合う様になっています。

    デンマークの孤島・ロラン島では、原発を入れるかどうかを議論。三年かけて議論し、原発に頼らない事にしたのです。ここは、最先端の風力発電を導入しています。

    デンマークの片田舎ですが、3.11の時の津波や放射能の広がりを見る事ができたそうです。日本では考えられない事です。

    日本の幸福度は、日本は、90位。中国よりも低いのです。

    デンマークは格差は少ないのは産業別の賃金体系がきちんと決まっているからです。だから、結果として地域差も少ないという事です。その点は日本とは違います。

    丸山さんは日本と北欧の違い、これからは「人生一世紀」ということ、そして、これからの提言をされました。

    北欧は、高福祉高負担、日本は中福祉中負担です。

    日本の場合、このままでは、高負担低福祉になりかねない、と感じているそうです。わたしも同感です。

    北欧では「共助」という概念はないそうです。そもそも、人として当たり前に助け合いとしてやっているそうです。
    一方で日本でいうところの「公助」です。これは、国柄があるのではないか、と丸山さんはいいます。

    日本がいけないのは国は面倒を見切れないからと、転嫁しているのはおかしいと丸山さんは感じています。

    いまの社会保障は使いにくい。これは、戦後すぐに作られた法律だからです。

    個々には複雑なニーズが見えにくくなっています。
    その上で、自分で決められないということが、日本の幸福度が中国よりも低い原因になります。

    一度足を踏み外したら負け組扱い。情報が多すぎるから迷ってしまう。情報が不足している。同意がないから心細い。誰かが先に決めてくれてしまう。

    福祉はこれからは、みんなが困っていることを改善し、暮らしにくさを改善する。

    広島県は健康年齢は男性には30位、女性は46位です。それだけ、広島県は介護が必要な期間が長いのです。

    一人暮らしも増えています。相互扶助も成り立たなくなる時代。これが人生1世紀時代です。

    日本は自己決定ができる大人が少ないから次世代も育ち上がらない、丸山さんは問題提起します。
    日本は伝統的に公助が小さく、そして、自助(貯蓄)が肥大化していました。そして、共助・互助が色あせています。

    ある地域では「うちらの地域は困っておる人がいない」というのです。

    ちょっと困って居る人はすぐに、グループホームなど施設に入所するからです。
    そして、「なんで、助け合いをせんといけんの?」という感覚になってしまうのです。

    最近は、自助と公助しかない状況です。

    そして、もうひとつ、日本に必要なのは生活ニーズを満たすビジネスです。

    民助です。自己決定できるようにするためにも、民間企業もがんばる必要があるのではないか?と丸山さんはいいます。

    団地などではスーパーも撤退し、フードデザート=食の砂漠が深刻です。民間企業が、車に食料を積んで宅配するのも良いでしょう。

    関東では現役世代が未来を話し合う場がはじまっています。40代から50代が介護離職の問題が深刻です。
    介護のために仕事を辞めてしまってはあとが大変です。

    高齢者に偏りがちな地域の話し合いの場ですが、若手が未来を話し合う場が必要です。

    地域については以下のような役目が必要です。

    これからの地域に必須なのは良好な人間関係づくり、そして見守り通報機能です。
    安定して定着したリーダーを育てることが必要です。

    安定したリーダーも必要です。2,3年で交代してしまうと大変です。

    NPOについては、まずは一人の困りごとを解決することからチャレンジしたらいい、とアドバイスします。

    県や市については「事実を知らせることに徹してほしい」と苦言を呈します。

    そして、それをもとに自己決定できる県民、市民になってもらうのが役目です。
    また、うまく健康にやって、介護保険や国保を使わないでいる人を褒めるべき、と提案しました。インセンティブが必要です。

    民間企業はどうか?各企業とも、なかなか社会貢献したいという気持ちは皆持っているのです。

    例えば、介護サービスや介護予防サービスを企業の福利厚生サービスに組み込みという方法もあります。それにより介護離職を防ぎます。

    あるいは、親のことを相談できることを福利厚生にいれるのです。

    民間企業にとってのビジネスのヒントとしては、
    1.家族がいままでやってきたことを代替するとしたら?ということ
    2.ネガティブ回避サービス(終活、婚活、離活)
    3.住の整備を急ぐ
    4.まるごと大丈夫的なシンプルなサービス。
    があげられます。

    地域福祉は漢方薬です。しかし、じわりと効いてくるので、地域福祉をやって行けばいいのではないのか?と丸山さんは結論付けました。

    わたくし、さとうしゅういちも、ノルウェーを2007年に訪問しているのでよくわかります。
    たとえば、介護職員(年収200万円台が多い)と福山市役所のお役人(6割が800万円以上)でこんな差があるのは、かの国では異常です。
    議員もかの国ではボランティア。河村たかし・名古屋市長がおっしゃる「議員ボランティア論」のほうが向こうでは正論なのです。

    また、日本において、「健康を維持している高齢者に対してもっと褒める事が必要」と言う点は、まったく同感です。

    わたくし、さとうしゅういちの支持者の方には、女性の年配自営業者・農業従事者も多く、お元気な方が多いです。
    「介護保険を使っていないのだから、その分はなんらかのご褒美がほしい」と彼女らはおっしゃいます。

    また、社会保障制度も「生涯現役」に近い自営業者の方を相対的にもっと優遇してもいいのではないか、正規公務員
    や大手企業正社員との格差をなくすべきではないか、とも思っています。

    そんなことを思い出しました。

    【優秀・良識ある公務員には「浸透」?さとうしゅういちと緑の党】
    福祉や環境、街づくりなどのイベントの現場に行くと、かつての同僚に出会うことも多くあります。
    今日も、県庁時代は、お互い直接には存じ上げなかった幹部職員にお会いしました。

    彼女も、わたしやわたしの政治活動についてご存じでいらっしゃいました。

    勉強熱心な公務員、良識ある公務員の方には、わたしの名前や考え方はよく伝わっているようで何よりです。

    わたくし、さとうしゅういちが許さないのは県民に奉仕すべき公務員の立場、弱者の味方であるべき労働組合の本分を忘れ、
    柳田稔元法相や福山市長の選挙運動を押し付ける連合・自治労の「労働貴族」と呼ばれる方々です。

    最高裁で「有罪判決」が確定したのに、自治労広島県本部委員長=広島県内の公務員の最高指導者=に居座る労働貴族の方々です。

    あるいは、自分が誰のおかげで給料をもらっているかも忘れて「地域の中小企業がつぶれたほうが物価が安くなっていいじゃないか」
    (街づくりのボランティアに商店街の皆さんと一緒に従事したことを揶揄する発言)と放言する公務員、
    「セーフティネットがあると県民がサボる」(リーマンショック後、反貧困運動に従事するわたしを揶揄した発言)と放言する組合幹部
    などです。

    「限りなき躍進」は組合の歌ですが、いまの連合・自治労は「限りなき後退、自治労働組合」と歌うのがお似合いでしょう。

     こうした不届き者から県政、福山市政を県民・市民の手に奪還しなければ、広島も福山もゴーストタウンになってしまいます。

     県政・市政を市民の手に奪還すれば、優秀な公務員、良識ある公務員も良い方向で能力を発揮できるでしょう。

    今日は、別の旧知の幹部公務員ともお話をしました。彼も現状には危機感を持っています。彼は地域でもボランティア活動
    を積極的にされている人格立派な方です。

    「議員や正規公務員は仁徳天皇を見習い、民の苦しみを分かち合うべきだ。そうしないとどんな施策をやっても市民はついてこない。」
    という認識で一致しました。

    議員の身の切り方は定数削減よりもむしろ、給料をバッサリ切って「日当+政務調査費(1円単位まで透明化)」に支給を絞ることです。
    河村たかし市長の言う、「議員はボランティア」論も筋論としては正しいということで一致しました。

    島根県のある過疎地の自治体では、町長ら公務員が率先して身を切り、町民が奮い立って、地域活性化策に邁進しています。

     わたしは、現役公務員時代から一ミリもぶれていないことがあります。「介護職員と我々でこんな給料の差があるのはおかしい。これでは
    日本が崩壊してしまう。」「もっと自営業者が県内で元気にならないと我々の給料も危ない。」ということです。

     けしからんのは公務員としての意識も弱者の味方であることを失い、さりとて、古の仁徳天皇のような国民と労苦を共にする意識もなくした
    労働貴族ら不心得者です。

     行政内部の優秀な公務員、良識ある公務員は、わたくし・さとうしゅいち、そして緑の党を知っていただき、そしてその主張をそれなりに
    理解してくださっているとの確信をますます強めました。

     正しいと信じることを言い続ければ必ず効果があるのです。 

    広島から第三の選択肢「緑の党」を!官僚も政治家もあなたが雇い主!
    さとうしゅういち Satoh Shu-ichi
    E-Mail:hiroseto@f2.dion.ne.jp 携帯090-3171−4437
    〒731−0138 広島市安佐南区祇園2−2−2−203 TEL・FAX082−962−6817
    広島瀬戸内新聞ニュース:http://hiroseto.exblog.jp/
    緑の党: http://greens.gr.jp/
    緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima/ 

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2012/12/16 12:01 AM