calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

☆みんなの声を☆原子力災害対策指針〜こんな「被ばく」基準、許せません

0
     東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
    [転送・転載歓迎/重複失礼]

    満田夏花さん(FoE Japan)の呼びかけを転送します。意見募集の期間は
    短いですが、出来る限り多くの声を届けていきましょう。パブコメ大運動
    が必要です。ツイッター等でも広めてください。よろしくお願いします。

    ----------------------------------------------

    みなさま(重複失礼、拡散歓迎)

    FoE Japanの満田です。本日(30日)の原子力規制委で、避難基準(事故
    後最初の数時間は毎時500μSv、その後は毎時20μSv)を含む原子力災害
    対策指針案が了解され、今日から2週間、パブリック・コメントに付され
    ることになりました。被災者のヒアリングもせずに、こんなものをサクサ
    ク決めていくなんて、許せん!と怒り心頭です。

    傍聴席から
    「パブコメ2週間なんて短すぎます」
    「各地で説明会開いてください」
    「被災者のヒアリングをしてください」
    「避難基準高すぎます!20マイクロなんて受け入れられません!」
    「国民が当事者です。国民の声をきいてください」
    などの声があがっていました。(が退場を命じられてしまいました)

    さきほどようやく規制委にパブコメページがアップされました。
    (が、パブコメ提出フォームはエラーがでていました)
    http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu130130.html

    みなさん、ぜひパブコメを出しましょう。たった2週間しかありませんが、
    彼らには出されたパブコメに答える義務があります。
    多くの国民が、「20μSvなんてとんでもない!」と声をあげれば、無視は
    できません。ぜひ、各地で、「パブコメだそう!」の声を広げてください!

    東京では、2/9(土)の18時から、飯田橋の仕事センターで「パブコメ・
    ワークショップ」を開催します。また、各地で、規制庁を呼んでの説明会
    開催を求めてください!
    --------------------------------------
    【実践セミナー】みんなで書こう!
    原発「新安全基準」&「防災指針」パブリック・コメント
    http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/2918-55b2.html
    日時:2月9日(土)18:00〜20:00
    場所:東京しごとセンター (東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号)
    ゲスト:後藤政志さん(原発技術者)
    --------------------------------------
    原子力災害対策指針については、下記に図入りの説明ペーパーをアップ
    しています(PDF)。
    https://dl.dropbox.com/u/23151586/130123_bousai_factsheet.pdf
    --------------------------------------
    下記はパブリックコメントの文例です。
    --------------------------------------
    ○パブリックコメントの期間が短すぎます!
    2週間のパブリック・コメントの期間はあまりに短すぎます。国民の命や
    安全に関する問題です。当事者は国民です。各地で説明会を開催するべき
    です。

    ○緊急防護準備区域(UPZ)30kmでは狭すぎます!
    福島原発事故後、3月15日、60kmの福島市も24μSv/時を観測しました。
    避難指示がだされた飯館村は30〜35kmでした
    規制委員会が行ったシミュレーションで、7日間100mSvでも30km以遠に及
    びました。自治体は、UPZ=避難範囲ととらえてしまっています。

    ○500μSv/時、20μSv/時という基準が高すぎます。
    放射線管理区域の基準(実効線量が3月あたり1.3mSv)が年換算5.2mSv、
    毎時換算0.6μSvであること、チェルノブイリ事故後生じたさまざまな疾
    患を考えれば、避難基準としての20μSv/時はあまりに高い値です。
    子ども・妊婦への配慮は行われていないのは問題です。福島原発事故後、
    国が示した「年20mSv」という基準による避難区域の外側では、多くの人
    々が自主的判断のもとでの避難を強いられました。それが再現されていい
    のでしょうか?

    ○今回の原子力規制委員会の検討はあまりに拙速です。
    原発事故によって、最も被害を受けるのは近隣の住民であり、被害の範囲
    は全国民に及びます。原子力規制委員会は、福島原発事故の実態をふまえ
    るため、被災住民からの聴き取りを行うとともに、広く懸念を有する市民
    の声をきくべきです。各原発立地およびその周辺地域で、説明会を開催す
    るべきです。
    --------------------------------------
    ※参考記事
    原子力災害対策指針案、パブコメへ:避難基準は事故後数時間は500μSv/時、
    その後20μSv/時 … この被ばくを受け入れることができますか?
    http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/500sv20sv-85d6.html
    --------------------------------------  


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.14 Monday
      • -
      • 08:13
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック