calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【アーカイブ】「池田香代子×野間易通 これからの『脱原発』の話をしよう」(4/19)

0
    「池田香代子×野間易通 これからの『脱原発』の話をしよう」(4/19)はネット動画で観れます。 
    http://www.ustream.tv/recorded/31669667

    対談に先立ちあった
    オキュパイ関電 神戸支店前 第42回(4/19) 
    http://www.ustream.tv/recorded/31659149
    野間易通さんと池田香代子さんが激励あいさつされている動画、31:50頃からです。

    非核の政府を求める兵庫の会機関紙『非核』掲載記事を転送します。
       ↓
    ===========================
    市民学習会に若者ら80人以上 「これからの脱原発」に確信
    池田香代子×野間易通 対談トークに共感

     非核の政府を求める兵庫の会・市民学習会「これからの『脱原発』の話をしよう」は4月19日、神戸市勤労市民会館多目的ホールで開催されました。
    関西電力神戸支店前での金曜日抗議行動を呼びかけたZEROこねっとをはじめ、さよなら原発神戸アクション、原発をなくそう芦屋連絡会、YWCA平和活動部、市民社会フォーラムの5団体が協賛。午後7時30分開始と、金曜行動に配慮した時間設定も効果的で、抗議行動を終えて駆けつけた若者たちも含めて、80人以上が参加しました。
     この学習会は、ドイツ文学翻訳者で世界平和アピール7人委員会のメンバーでもある池田香代子さんと首都圏反原発連合の野間易通さんという、異色の顔合わせによる対談トークが新鮮で、東京の官邸前一帯で行われてきた新しい市民運動の全国的な広がりが、新たな感動と共感を呼び起こしました。

    会場発言も活発に

     池田さんは「脱原発の思いを表現する場を維持することは大変だが、それが大きな力になっている」と高く評価。また、東電の原発事故では、「ポピュラー・センチメント(民情・世論)がパブリック・オピニオン(民意・輿論)へと成熟していく過程を経験した」として、「ポピュラー・センチメントのまま、こじれてしまっている人びとが、早くこのことに気づいて下さることを願っている」と、翻訳家らしくコメント。
    さらに、「もう時効だろうから、思い切って言っちゃおう」と前置きして、「関電の副社長とドイツのスマートグリッドについての話をしたとき、副社長がいかにも素人を諭すように、『要は、余っている電気をどう使うか、ということ』と言うので、『じゃあ、電気は余っているんですね』と返すと、副社長は『しまった!』という顔をしていた」というエピソードを披露。電力会社が原発推進のために、いかに国民を騙してきたか、その一端を暴露しました。
     神戸出身の野間さんも「官邸前で声をあげる場を確保し、津々浦々への広がりが確信になっており、この力で廃炉・脱原発へ」と強調しました。
    会場発言では、「節目での連携を強めて」「法律制定も含め、国会への働きかけで原発ストップにどう持って行くか」など、活動報告や質問も相次ぎ、活発な意見交流が行われました。

    権力は「有象無象」を恐れる

     この中で、野間さんは、「それぞれの考え方や行動スタイルなど、個性を尊重し、違いは脇において反原発の一致点で共同を広げ、ともに運動を進めてきた。しかし、中には私たちを『権力の手先』『反原発の偽者』などと誹謗中傷し、煽りたてるグループもあって、努力の甲斐なく袂を分かつことになった、という例もある」と発言し、会場が「おおー」と、どよめく一幕もありました。
    池 田さんも、主婦や若者、子育て世代も多い脱原発杉並の取り組みに触れて、「ネグリとハートが『帝国』の中で言っているが、グローバル化が進む現代、権力を握っている側にとっては、組織立ったデモも暴力的な暴動もちっとも恐くない。得体の知れない有象無象がとびきり楽しいことをするのを、最も恐れている。ネグリとハートはこれを、爛泪襯船船紂璽畢瓩般症佞韻燭、日本語にすれば猴象無象瓩箸いΔ海函廚判劼戞∩楼婢夫を凝らした有象無象の多種多様な運動の発展方向を示しました。
     野間さんの著書『金曜官邸前抗議〜デモの声が政治を変える』(河出書房新社)も、池田さんのセールストークが効いてか、みごと完売!! 書店やネット通販でも手に入ります。

    次回は6月22日、安斎育郎さんを講師に

     次回の市民学習会は6月22日(土)午後4時から、神戸・元町の兵庫県保険医協会5階会議室で、「こんどの騙しは手ごわいぞ〜改憲マジックと原発『安全神話〜』」と題して開催します。講師は安斎育郎・立命館大学名誉教授です。
    (田所明治) 

    ===========================

     泥憲和さんの感想もブログに掲載しています。」
    http://civilesociety.jugem.jp/?eid=20856



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック