calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

報道するラジオ2013/7/5 参院選〜分かりやすく各党の公約をひも解きます(経済、消費税、憲法)

0
      永岡です、毎日放送ラジオの報道するラジオ、今週も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。今成、エエぞ!メッセンジャー、エエぞ!そやけど原発推進球団には負けるなよ!(野球に興味のない人いつもすみません(笑))



    参院選で、昨日公示され、今週と来週の2回、各党の公約をできるだけわかりやすくひも解く企画で、今週は経済政策と消費税増税、憲法問題です。来週は社会保障と原発を取り上げます。冒頭、安倍総理他9党の党首の第1声が紹介されました。この訴えをする人はこの党と分かるのか、平野さん、この番組のリスナーは分かったと言われましたが、今日は公約を見るものです。リスナーより、先週の放送で、あいまいでストレスになったと指摘がありました。今夜の特集で痒いところに手が届くものになるのです。リスナーより、争点が見えないのが問題とあり、平野さん、これから3年国政選挙はなく、なにかおかしいことがあっても国民の審判はない、大事な岐路と言われました。

     東京報道の神崎智大さん、昨日公示日で、神崎さんが取材され、福島に行かれて、安倍氏が福島であり、安倍氏は衆院選も福島に行き、日本を取り戻す闘いを福島からと、首相官邸で福島の米を食べているといい、海江田氏、午後福島に来て、福島の復興なくして日本の復興なし、浪江町の仮設に行くと、菅総理はなぜ謝りにこないと言われたのです。安倍氏は経済のみに演説し、そのためにもねじれ解消といい、しかし原発、憲法についてはほとんど触れず、福島なのに原発のことは反省すると言うのみで、再稼動、輸出には一切触れず、福島県連は廃炉、党本部はねじれているためで、憲法改正も全く触れず、自民はアピールするのをねじれ解消+アベノミクスになり、原発、憲法は反対が多くて不人気となるので、実績のしやすい経済にしているのです。

     海江田氏、アベノミクスの批判、副作用、物価上昇+賃金は上がらず、しかし海江田氏も原発には触れず、マニフェストに書いている2030年代ゼロは語らずで、民主党には連合がいて、その中に電力の労組もいて、そこの反対で声高に言えない+民主党に勢いはなく、参院選で連合は分裂=民主党分裂もあり、海江田氏、原発ゼロと言えないのです。

     神崎さん、演説だけでは分からず、演説では大声で言いたいことだけで、本当は進めたいが人気のない話は出ない、しかし公約には書いてあり、公約はきびしく見るべきなのです。

     公約、ネットでも全部見る時間はなく、この番組のスタッフで読んでやったのが結果です。

     経済:自民は3本の矢の推進、法人税引き下げで、平野さん、TPP推進、選挙後交渉の山になり、参加して自由競争に入りたいという意味と言われました。勤勉を尊び頑張る人に報いるとしています。公明は財政と金融=アベノミクス、若者や女性の雇用拡大、TPPは国益を守り参加。民主は2030年度原発ゼロ、TPP反対なものの、TPP参加は菅政権で開き、しかし民主党内部も利害の反する立場の人がいて、小泉改革賛成もいて、又咲きの中の参加です。みんなの党は混合診療解禁、放送・通信の規制緩和、電力自由化、TPP参加。生活の党は脱原発、原発廃炉をビジネスにする、TPP反対。共産党は内部留保で賃上げ、TPP反対。社民党は介護・医療、自然エネルギーに投資、TPP反対。維新は競争、規制緩和、減税、カジノ、レジャー。みどりの風は核廃棄物管理、廃炉をビジネスにする、TPP反対です。

     神崎さん、アベノミクスについて、誰が得をするかで、民主、生活、社民のように反対の野党、志位氏は大企業のため、日本をブラック企業にするといい、進めるのは維新とみんな、医師会、電事連が既得権として、野党が分かれており、安倍氏はアベノミクスに反対するならどうするかとしており、しかし安倍政権の戦略は民主党と同じ、その前の第1次安倍政権と同じで、実現性の薄いものなのです。

     水野さんのまとめは、規制緩和、競争が自民、公明、維新、みんな、企業の内部留保によるのが共産、社民。原発を経済性略とするのが自民、電力改革が民主、みんな、生活、みどりです。TPPでは賛成は自民、公明、民主、みんな、維新。反対は生活、共産、社民、みどり。デフレ脱却は、企業の潤う政策が自民、公明、賃金を上げるのが生活、共産、社民、みどりで、平野さん、民主党の経済政策、又割きであり、方向性なし=どっちつかず、政権時に実行できなかったものを引きずっている。共産、みどりの内部留保利用は輸出産業が円安で潤うが、グローバル経済の中、企業は持っておきたくて、サバイバルの中、企業は悩み、吐き出すのは難しいと言われました。

     消費税増税は、自民は経済情勢で引き上げる、社会保障にする、公明も上げるが、所得の低い人に給付。民主も経済情勢により引き上げ、社会保障に当てる。みんなは増税凍結、議員・官僚の身を切る。生活は増税廃止、凍結。共産は中止、社会保障は別の道。社民党は増税撤回、戻し金制度を作る。みどりは凍結、内部留保の大企業優遇を見直し、維新は全額地方財源にするであり、平野さん、増税を社会保障としており、維新は地方の活性化に競争原理として、良い成績の自治体に還元し、実際は地方税にするのです。増税賛成は自民、公明、民主、維新は地方税化、ほかは反対です。自民はマニフェストで増税に触れず、これは法案が出来ているためです。平野さん、消費税が上がるかの、国民のお墨付きの機会で、NOとしたら撤回させるもので、安倍氏も今年前半の物価上昇率を見るとしており、判断を出来るか、今金融政策のみでやって、アップできるかの正念場で、9〜10月に最終判断であり、これが最後のジャッジになるのです。



     憲法、分かりやすくひも解くのは大変だと水野さん言われました。全党の公約を見るのは無理で、この番組のスタッフが読み解き、漢字が多い、専門用語が多い中、この内容を最後の審判にして欲しいのです。

     その憲法、自民は改正草案を目指す、マニフェストには自衛権明記、国防軍、武力攻撃、自然災害に対応、家族の尊重、発議を2/3→1/2に緩和。公明は新たな理念を加える加憲、9条は第1,2項を堅持、自衛隊を明記。96条改正は議論。民主は国民と共に憲法対話、議論して未来志向、96条改正反対。みんなは首相公選制、自衛権、天皇を元首、非常事態法、96条改正(最終的には触れていない)、平野さん、96条改正に国民の賛意がなく、みんなは別の言い方で、改憲の前にやるべき事があると後退しています。生活は国連の平和活動を見直し、96条堅持。共産は96条堅持、社民も96条改正反対、維新は首相公選制、天皇を元首、安保体制、96条改正、みどりは96条改正反対。

     神崎さん、一昨日の党首討論会で、96条改正について批判があり、自民の憲法草案も批判し、小沢氏、97条が削除され、基本的人権が自民案で削除されていること、安倍氏は分からないとしており、安倍氏が手元になくて分からないと言うもので、安倍氏、憲法改正は9条しか興味がないという模様です。また、みどりの谷岡氏、「日本国民は」、となるのを「日本国は」、になり、憲法は国民のものでなくなると指摘し、安倍氏、国民主権は同じと言うのですが、自民の草案をすぐに主張しないと安倍氏聞かれてもいないのにいい、批判を気にして、すぐに変えないと言うのです。鍵を握るのは公明で、憲法について異なり、山口氏、集団的自衛権を認めず、変えるなら国民の理解を得るとしており、連立離脱は国民が期待しないとあり得ると言うのです。公明の動向も注目です。

     96条改正について、賛成は自民、維新、みんな、慎重は公明、ほかは反対。生活は自衛隊が国連PKO参加を明記。公明は自衛隊の存在を検討。共産、社民、みどりは9条を守るもので、平野さん、96条改正は自民、維新、みんなが賛成=この3党で2/3を取ると発議可能になり、一気に先行改正、憲法改正に動く、大きな岐路、戦後最も大きく憲法の動く選挙になると言われました。



     ニュースは千葉猛さんの担当でした。

     原発再稼動、柏崎・刈羽を再稼動させたい東電は申請、新潟知事は反発です。新潟でトップ会談、泉田知事と東電広瀬社長の話、申請を早くやりたいと言うものです。泉田知事、お金と安全のどちらが大切というものです。広瀬氏、3期連続の赤字を避けたいとして、泉田知事、東電の書類を受け取らず、です。関電ほかは、5つの再稼動(泊、大飯、高浜、、伊方、川内)、加圧水型ならフィルターベントを5年猶予?のです。福島の事故全容は解明されていないのです。

     エジプト、全土で抗議行動で、カイロでデモが始まり、モルシ大統領は選挙で選ばれたのに、軍の排除に会い、ムスリム同胞団はモルシ氏支持、暴力衝突も懸念されます。エジプトも暴力的でないデモならOKとするものの、軍はムスリム同胞団の幹部を拘束、デモで流血になるかも知れないのです。

     橿原市のいじめ自殺、調査委員会、調査結果の開示は受け入れず、両親は死の追求の姿勢がないと言うのです。

     フランスで、情報当局が電子メール、ツイッター、フェイスブックの情報を収集して、パリ警察などが利用できるようになっていたと報じられました。これは違法行為です。



     リスナーより、公約の分析について、各党のめざす方向が見えたと言われました。リスナーも○×のチェックが出来たと言われました。来週は社会保障(年金)と原発を取り上げます。平野さん、成長と平等のどちらに重きを置くかと言われました。この内容、例により私に無断でいくらでも広げてください、皆さんこれを参考にして投票してください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2013/07/23 12:04 PM