calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール 中川譲&正木明が災害を語る

0
      永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院の中川譲さんのお話でした。今日は政治のお話はなしで、災害関係のお話でした。気象予報士の正木明さんも同席されました。

     おとといの竜巻被害、気象庁は強さをF1→F2に変更し、1961年以降6番目の強さ、平原地帯に多く、太平洋に多く、近畿では竜巻注意情報が108回発令されて、的中率は3%、自治体も対応に困っており、気象予報士の正木明さん、的中率より、竜巻が起きやすいのを対応すべきと言われました。中川さん、警報は最初は身構えるものの次第に関心がなくなり、それも問題と言われました。

     そして台風と豪雨、昨日も近畿各地で大雨であり、正木さん、台風は動いても、秋雨前線は変化なしで、前線により雨が降ると言うのです。台風は動きがゆっくりで、予想も気象庁が出しにくい模様だそうです。

     その他、ゲリラ豪雨を、虫を使って予測するやり方があるとのことで、ゲリラ豪雨は平年の2.7倍、東京は6倍もあり、予測が難しく、気象庁では昆虫(小さいもの、上昇気流に巻き込まれた虫を捉えて予測するもの)を利用して予測、まだ実用化には至らないものの、いずれ予測できる、またGPSを使っても予測できる可能性があり、正木さん、初めてご覧になり、自然生物には人間にない能力があり、可能性があるということです。中川さん、人知の及ばないものがあるが、竜巻も的中率が低く、こういうものを改善する必要があると言われました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.27 Thursday
      • -
      • 08:09
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック