calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

11・5「何が秘密?それは秘密」法(秘密保護法案)に反対する緊急集会

0
     高田健です。
    拡散、よろしくお願いします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    11・5「何が秘密?それは秘密」法(秘密保護法案)に反対する緊急集会

    ■とき  11月5日(火)午後6時30分〜8時30分
    ■ところ 文京区民センター2A集会室
        (都営三田線・大江戸線春日駅「A2」出口徒歩0分、営団丸
         ノ内線「A4」出口徒歩5分)
    ■講演 ●海渡雄一さん(弁護士)
               「戦争を準備する秘密法が招く民主主義の危機」
         −修正案では表現の自由は守れない−
        ●半田 滋さん(東京新聞編集委員)
         「安倍政権がめざす軍事国家への道」
    ■発言 すべての基地にNO!を・ファイト神奈川 ほか       
    ■参加費  500円
    ■主催 「何が秘密?それは秘密」法(秘密保護法案)に反対するネットワーク
    ■連絡先 
    盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219(久保)
    東京共同法律事務所(海渡雄一・中川亮) 03-3341-3133
    日本国民救援会   03-5842-5842
    反住基ネット連絡会 090-2302-4908(白石)
    許すな!憲法改悪・市民連絡会  03-3221-4668 

    みなさん!
    安倍政権が「何が秘密?それは秘密」法(秘密保護法案)の制定に向けて動き出
    しました。自民、公明両党は22日、与党政策責任者会議を開き、秘密保護法案を
    正式に了承しました。政府は25日に閣議決定し、同法案を国会上程しようとして
    います。
    政府、与党は、同法案を国家安全保障法会議設置法案と一体のものとして、特別
    委員会で審議する方針です。特別委員会での審議の狙いが、集中審議による早期
    審議打ち切り・採決、今国会での制定にあることはいうまでもありません。
    「何が秘密?それは秘密」法(秘密保護法案)は、外交、防衛、特定有害活動(
    スパイ活動)・テロ防止の4つの分野に関する情報を行政機関の長が「特定秘密」
    に指定できるというものです。何が「秘密」とするかは行政機関の恣意的判断で
    きめられ、それをチェックする第三者機関もありません。「特定秘密」を漏らし
    た公務員だけでなく、記者や市民も知ろうとすれば、最高懲役10年の厳罰が科せ
    られます。
    政府・与党は、同法案に対する批判の高まりの前に、条文に文言として「知る
    権利」「取材の自由」をいれるから問題ないとしていますが、小手先のごまかし
    にすぎず、法案の持つ危険性にかわりはありません。
    現在でも、原発関連情報は隠され続けています。同法案が制定されれば、市民の
    生命と安全にかかわる情報が主権者である市民の目から隠されてしまいます。
    知る権利、取材・報道の自由を侵害する「何が秘密?それは秘密」法(秘密保護
    法案)の制定に反対しましょう。11・5緊急集会にご参加ください。
    ------------------------------------------------------------
    許すな!憲法改悪・市民連絡会
    高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
    東京都千代田区三崎町2−21−6−301
    03-3221-4668 Fax03-3221-2558
    http://web-saiyuki.net/kenpoh/
    憲法審査会傍聴備忘録
    http://web-saiyuki.net/kenpou/


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.04 Saturday
      • -
      • 09:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック