calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

関西テレビニュースアンカー 鈴木哲夫 福知山線事故9年とオバマ来日を語る

0
    永岡です、関西テレビのニュースアンカー、金曜日のレギュラーは政治ジャーナリストの鈴木哲夫さんと、女優で脚本家の中江有里さんでした。

    まずはJR福知山線脱線事故9年、遺族の藤崎光子さんも、思い出すのは亡くなられた娘さんのことばかりと言われて、遺族の奥村恒夫さんも、JRは安全になったと自分たちで言っているだけで、遺族には検証できないと言われました。遺族は、組織罰を考える会を立ち上げ、JR西日本が安全になるようにと思われています。
    キャスターの岡安さんも遺族を取材され、中江さん、まだ9年であり、遺族の気持ちは何も変わっていない、福知山線の事故は人災で、日本のどこで起こってもおかしくなかった。遺族にもたまらない。列車は安全であるべきで、ダイヤ優先で安全軽視は本末転倒と言われました。
    そして、鈴木さん、この事故で誰も責任を取っていない件について、誰かが責任を取らないと進まない。なぜこんな事故になったのか説明がなく、遺族は浮かばれない。組織罰は鈴木さんも賛成で、しかし成立させるには大変で、それをやるのが政治の役目、行政指導、鉄道で何かあったら国交省が入るが、これはいくらでも厳しく出来る。裁判で裁ける法律が出来るまで待つのではなく、行政が組織に手を突っ込んで指導すべきと言われました。1年2年ではないから、政治はもっとちゃんとしろと言われました。
    この事故、まだ後遺症で苦しまれる方もおられるのです。

    そして、オバマ大統領の来日、オバマ氏、今日韓国に行き、朴大統領と首脳会談をしています。オバマ氏、天皇に見送られ、抹茶アイスに礼を言って(○ーゲン○ッツの抹茶アイスはアメリカにはないのか?)です。
    韓国では沈没事故で大変であり、もう180名以上の犠牲者が出ており、家族が怒っています。そして、韓国の朴大統領の支持率も下がっています(60%台→事故地訪問で71%→今は56%)。
    日米会談、中江さんは尖閣に言及したことが一番の成果と言われるが、TPP、集団的自衛権もあまり話題になく、今回の成果は何なのか?日中はアメリカに後押ししてくれと安倍政権はいい、TPPでは対等だと矛盾しており、アメリカに頼るのかどうかと、そこが気になると言われました。
    そして鈴木さん、韓国にオバマ氏が行ったことについて、朴大統領は事故で危機管理を間違えていて、それで朴氏はオバマ氏と合って支持率を上げたいが、逆の効果もあり、朴氏、どんな顔でオバマ氏に会うのか?オバマ氏も笑えない。会ってどうするのか?これにより、朴氏の支持率はまた下がる、オバマ氏も極めて難しい立場にあると言われました。
    また、オバマ氏もアメリカで人気はなく、TPPも進まず、韓国も成果なし、アメリカから見たら、オバマ氏のアジア歴訪は失敗と見られて、成果なしという総括になったと言われました。

    さらに、日米首脳会談について、「シンゾウ」、「バラク」すし外交の胸のうちを鈴木さん解説されました。ニュースを暴け!鈴木哲夫の取材ノート、オバマ氏、そのすしをおいしかったといい、安倍氏、オバマ氏と最良の日米関係と言うのですが、鈴木さん、何から何まですしであり、しかし高級店でなくても、すしは値段ではない、本当においしかったのかと言われました。
    鈴木さん、総理の周辺を取材され、安倍氏の側近の話で、オバマ氏、座ったとたんに例の話だと言い出し、またオバマ氏、合理主義者でべたべたした人間関係を嫌うもので、なぜすしでもてなしたのかは、安倍氏、オバマ氏と信頼関係を作りたく、中曽根−レーガン(ロンとヤス)、小泉−ブッシュに匹敵する関係を作りたく、そのためにすし屋を選んだ。
    しかし、すしを食べても、オバマ氏はブッシュ氏と異なり、合理主義者で、すしでは落ちない。安倍氏との距離は縮まらず、オバマ氏はスパッと本題に入りたい。本来なら、安倍氏の奥さんのお店でもてなしたほうがオバマ氏は喜んだのです。ミシュランいくつより、有機野菜のほうが喜ばれたのです。
    で、オバマ氏の、尖閣の問題、安保の中と大統領が明言したのですが、これは日本の成果というものの、鈴木さん、これは当たり前のことで、尖閣は日本の領土なので、当たり前の話であり、大統領は言わなくてもアメリカ関係者は安保と領土で言っており、もしやらないならアメリカふざけるなで、安倍氏の成果ではない。
    しかし、尖閣の領有権、安倍氏とオバマ氏の会見は中国も見ており、それでオバマ氏、領有権に言及しなかった=中国向けのメッセージで、だから中国はあまり反発しなかった。アメリカのアジア政策は中国が中心で、余計なことを日本はするなとアメリカは思っているのです。
    岡安さんもオバマ氏の発言は物足りないといわれ、鈴木さん、その通りと言われました。
    で、鈴木さん、安倍氏もオバマ氏と同様の合理的な外交をすべきで、クリミアでの制裁でもアメリカを諭すようなことをしたらオバマ氏と安倍氏に信頼関係が出来る。ブッシ/小泉、ロンヤスの関係ではなく、信頼を作らないといけないと言われました。すしがダメなら天ぷら、天ぷらがダメならすき焼きではないのです。
    鈴木さん、極端なことを言うと、アメリカが中国と話したいなら、日本を通さないといけないくらいのものを作らないと、アメリカとはダメであると言われました。
    岡安さん、TPPについて聴かれて、鈴木さん、TPPも取材して、突き止めていないが、経産省、豚肉で難航し、オバマ氏の支援団体が自動車であり、しかし最後は合意する模様だと言われました。
    で、すすぎさん、日本の成果は、当たり前のことであり、祭りの後、落ち着いたら、日本は何も取れなかったことになり、しかしオバマ氏も成果はなく、アメリカに帰ったら袋叩きになると言われました。
    尖閣のことは当たり前であると言うのです。
    これは、なかなか面白いお話でした、鈴木さんのお話をお送りいたしました。
     

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.11.24 Tuesday
      • -
      • 11:48
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック