calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ご案内:中村一成さん迎えて講演会「〈ヘイトクライム〉から考える」

0
    みなさん、こんにちは。市民ウォッチャー・京都(市民オンブズマングループ)の寺園敦史と申します。

    来月30日、当会でヘイトクライムをテーマとする講演会を開催します。講師は最近『ルポ京都朝鮮学校襲撃事件──〈ヘイトクライム〉に抗して』(岩波書店)を刊行されたばかりのジャーナリスト・中村一成さんです。

    ここ数年で、ヘイトクライムの一形態ともいうべき、ヘイトスピーチ、ヘイトデモが公然と行われるようになりました。行政自身がこれらの行為・主張を容認・扇動するかのような事例さえ各地で起こっています。

    今回の講演会では、象徴的ケースともいうべき在特会らによる京都朝鮮学校襲撃事件を中心に、ヘイトクライムの現実とそれが日本社会につきつけている意味を考えます。

    みなさんのご参加をお待ちしています。

              記

    【とき】
    2014年5月30日(金)開場18:00 開会18:30〜20:00

    【ところ】
    こどもみらい館 4階第2研修室
    http://www.kodomomirai.or.jp/access2.html
    (京都市営地下鉄:丸太町駅5番出口徒歩3分。または京都市バス:烏丸丸太町下車徒歩3分)

    【講師】
    中村一成さん
    なかむらいるそん 毎日新聞記者を経て、現在フリージャーナリスト。在日朝鮮人、移住労働者、難民、死刑問題の取材を行う。著書に『ルポ京都朝鮮学校襲撃事件──〈ヘイトクライム〉に抗して』(岩波書店)『声を刻む──在日無年金訴訟をめぐる人々』(インパクト出版会)他。

    参加無料です。

    市民ウォッチャー・京都については下記サイト参照してください。
    http://shiminwatcher.org/

    講演会のチラシ(PDFファイル 774kb)もダウンロードできます。
    http://shiminwatcher.org/wp-content/uploads/2014/04/flyer2014w.pdf
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック