calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール 井上章一が集団的自衛権と消費税の軽減税率を語る

0
    永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は国際日本文化センター教授で評論家の井上章一さんのお話でした。

     今朝のトップはもちろん集団的自衛権、安倍総理が夕べ会見し、なぜ今なのかであり、安倍総理は国民の命を守るといい、9条でもやれると言っています。日本人がアメリカの輸送艦で脱出するパネルを使い、安倍総理、公明党と協議するものであり、今朝の新聞は朝日・毎日と読売・産経が真っ二つの見解を出しています。
     もちろん、今までは個別的自衛権、専守防衛で、これは反撃する権利をと安倍総理は言うのです。
     これについて井上さん、朝日・毎日と読売・産経がこうなるのは以前からであり、安倍総理の見解、これは憲法9条を変えるのは安倍政権では出来ず、解釈の変更なら閣議で出来て、これならできるとなり、対等な日米関係は祖父の岸総理以来の悲願で、しかし井上さんはこれ(解釈による集団的自衛権の容認)は困ったことであり、祖父にコンプレックスを抱いているボンボンが暴走しているものと言われました。
     また、安倍総理はこれで歴史に名前を残したいのではないかと言われました(政権中枢からもこの声があります)。

     そして、消費税の10%に上げた際の軽減税率に関して、与党内で論議があり、公明と自民の見解が異なっています。主食である食品への軽減税率を求める声が国民からあります。減収分をどうするかの問題もあります。公明は、所得の低い人のためといいますが、線引きの基準があいまいです。スタジオでも軽減して欲しいものに様々な意見があります。
     井上さん、財務省はこの軽減税率を取り入れたくなく(税収を減らしたくないのが本音)、線引きが難しいとしているが、グレーゾーンが出来てしまい、諸外国では軽減税率は当然であり、グレーゾーンのややこしいのも外国ではやっており、しかしイギリスだと子供のための服は税率が軽減され、それだと小さい大人はどうなるとかグレーゾーンになり、軽減税率の実現は財務省の意向で困難ではないかとの意見がありました。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.12.14 Saturday
      • -
      • 08:05
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック