calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【脱原発世界ニュースvol.23】アボリジニーの土地に核廃棄物を処分する計画が廃止へ!

0
    転送大歓迎!
    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2014vol.23
    http://npfree.jp
    2014.6. 21

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

     先日、オーストラリアの先住民であるアボリジニーの土地への放射性廃棄物の保管所となるのかということに関して、オーストラリアの連邦裁判所は保管所として認めない判決を下し、土地所有者であるアボリジニー側の勝利が確定しました。また、フランスでは現在約75%に上るフランスの総発電量に占める原子力の割合を2025年までに50%に引き下げるとする「エネルギー転換法」を現政権が明らかにし、今後のどの原発を閉鎖するかについては検討していくとエネルギー相は述べています。
     一方、仏領ポリネシアのタヒチでは、ポリネシアの大統領がタヒチのパペーテに建てられている核実験の被害者を追悼するための記念碑を取り壊し、1995年に核実験を再開したジャック・シラク大統領(当時)の像を建てることを決定しました。記念碑には、世界中の核実験場から追悼のための石が持ち寄られており、広島や長崎からの石も置かれています。この動きに対して、世界的なオンライン署名がアバーズによって、行われています。ぜひ私たちの声を届けましょう!

    ◆「原発大国フランス、原発発電量に上限設定 」(6月20日 Financial Times)
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1902S_Z10C14A6000000/

    ----------Today's Topics------------------------
    【1】○緊急署名○ 核実験被害者の記念碑取り壊しの中止を!!
    【2】●記事要約●「アボリジニーの土地に核廃棄物を処分する計画、廃止される」
    【3】フクシマ・アクション・プロジェクトが福島県議会へ請願書を提出!
    【4】6/28「原発ゼロ社会への道 ー 兵庫フォーラム」
    【5】6/28「NO NUKES DAY 川内原発を再稼働させるな! さようなら原発☆首都大行進」
    【6】「脱原発をめざす首長会議」会員の登壇イベントと顧問 阿部知子議員との対談
    【7】●記事要約●「ロシア、タタールスタン原発反対デモ参加者、30時間の社会事業を科される」
    【8】●記事要約●「フランス、再生可能エネルギーが原発エネルギーより安く?」
    【9】〜世界の原発〜 from 日本、米国、イタリア、ベトナムなど

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【1】○緊急署名○ 核実験被害者の記念碑取り壊しの中止を!!
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

     ガストン・フロス仏領ポリネシア現大統領は、核実験の被害者を追悼するために建てられた記念碑の取り壊しを決定しました。この記念碑はムルロアでのフランスによる最初の核実験から40周年となった2006年7月2日に、オスカー・テマル前仏領ポリネシア大統領が建設したものです。この記念碑は、以来、神聖な場所として広島や長崎、その他世界中の核実験場から人々が追悼のための象徴的な石を持ち寄る場となってきました。
     ガストン大統領は自身も推進した30年にわたるフランスによる核実験の歴史を消し去り、代わりに、数年間に及んだ一時停止の後に1995年に核実験の再開を命じ国際社会から非難を浴びたジャック・シラクの像を建設しようとしています。

    アバーズによるオンライン署名:http://urx.nu/9tQm
    仏領ポリネシア ガストン・フロス大統領へ
    我々はパペーテの「1996年7月2日広場(Place du 2 julliet 1996)」に建つ、核実験被害者追悼碑の取り壊し計画を撤回することを求めます。また、この記念碑を永久に当地に置かれるものとすることを希求します。
    この署名はフランス共和国当局と国連事務総長に提出されます。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【2】●記事要約●「アボリジニーの土地に核廃棄物を処分する計画、
                                                          廃止される」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    (6月19日 AFP News)Link: http://urx.nu/9tUb
     オーストラリアにおける最初の核廃棄物処分場として、アボリジニーの土地であるマカティ・ステーションが候補に挙がっていたが、長き論争の末、計画は中止となった。一部の首長と政府が取引を行い計画を進めていたが、他のアボリジニーの首長たちが計画が不当であると訴え、連邦裁判所はこの訴えを認めた。しかし未だ民族内にはこの問題をめぐる対立が残っており、引き続き和解が求められている。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【3】フクシマ・アクション・プロジェクトが
                       福島県議会へ請願書を提出!
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

     福島の市民を中心とした市民団体フクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)が、福島県が進めている「福島環境創造センター」交流棟の展示企画内容について、福島県議会へ請願書を提出しました。この展示内容について、いくつかの懸念がFAPから出されています。県議会での傍聴もぜひご参加ください。

    ◆県議会での審議(傍聴席定員15名)
    6月27日(金)11:00〜 企画環境委員会で審議
    7月1日(火) 11:00〜 総括審査会が行われた後、採決予定
    ◆FAPホームページ(請願書、傍聴情報など):http://npfree.jp/fukushima.html
    ◆展示内容に関する懸念点(FAPブログ):http://fukushimaaction.com/?p=421

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【4】6/28「原発ゼロ社会への道 ー 兵庫フォーラム」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    講演「原発ゼロ社会への行程」
       大島堅一さん (立命館大学教授・原子力市民委員会原発ゼロ行程部会長)
    報告「脱原発を実現するための地方自治体の役割」
       上原公子(脱原発をめざす首長会議事務局長)

    ◆日時:6月28日(土)13:30〜16:30
    ◆会場:あすてっぷKOBE・セミナー室(神戸市中央区橘通3丁目4番3号)
        TEL:078-361-6977 ※JR神戸駅北歩7分、高速神戸駅北歩3分
    ◆主催:兵庫フォーラム実行委員会
    ◆問合せ先:saltshop@kobe.zaq.jp
    ◆詳細:http://www.ccnejapan.com/?p=3388

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【5】6/28「NO NUKES DAY 川内原発を再稼働させるな!
                        さようなら原発☆首都大行進」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    大飯原発3、4号機運転差し止め裁判で、画期的な司法判断があったにもかかわらず、何食わぬ顔で再稼働に向けてまい進する安倍政権や財界にたいして、やはり何度でもあきらめずに批判の声を上げていきましょう。

    ◆日時:6月28日(土) 12:45〜オープニングライブ/14:30〜デモ出発
    ◆会場:明治公園(最寄り駅:JR中央線千駄ヶ谷駅、信濃町駅、東京メトロ銀座線外苑前駅など)
    ◆呼びかけ:「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会/原発をなくす全国連絡会/首都圏反原発連合
    ◆詳細:http://sayonara-nukes.org/

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【6】「脱原発をめざす首長会議」会員の登壇イベントと
                      顧問 阿部知子議員との対談
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    (1)鈴木邦男 講演会「今を生きる覚悟」
    ※第2部で三上元 湖西市長との対談が行われます。

    ◆日時:6月22日 午後2時〜5時
    ◆会場:豊橋市民文化会館 リハーサル室 (愛知県豊橋市向山大池町20-1)
        TEL:0532-61-5111 ※東海道本線 豊橋 バス 10分 台町下車徒歩3分
    ◆資料代:1000円
    ◆主催:浜岡原発の危険性を考える会
    ◆詳細:http://kunyon.com/shucho/img/140622toyohashi.pdf

    (2)元福島県双葉町 前町長 井戸川克隆さん 講演会
    「脱ひばくの提唱 リスクはできるだけゼロに!」

    ◆日時:6月29日(日) 13:30〜
    ◆会場:円徳寺会館(岐阜県岐阜市神田町)
    ◆参加費:500円
    ◆主催:井戸川克隆さん講演会実行委員会
    ◆詳細:http://www.kibousha.co.jp/blog/wordpress/?cat=7

    (3)首長会議顧問で「原発ゼロの会」事務局長の阿部知子議員と上原公子事務局長が対談しました
    ◆詳細:http://www.abetomoko.jp/taidan/48/48.html

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【7】〜世界の原発〜 from 日本、米国、イタリア、ベトナムなど
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    (1)「第一原発廃炉へ国際研究拠点…16年度中にも」(6月20日 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20140619-OYT1T50184.html?from=ytop_top
    (2)「福島第1原発事故の後、米国沿岸部の放射性物資の量が上昇」(6月19日 ロシアの声)
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_06_19/beikoku-fukushima-houshanou/
    (3)「国民投票で『脱原発』を決めたイタリア 放射性廃棄物はどこへ行く?」(6月17日 産経ニュース)
    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140617/wir14061718250002-n1.htm
    (4)「チェルノブイリとフクシマ 原発事故に衛星の目」(6月19日 東京新聞)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014061902000227.html
    (5)「際立つ自然エネルギーの躍進:ドイツ政策の成功と新興国での発展」(6月6日 自然エネルギー財団)
    http://jref.or.jp/column/column_20140606.php
    (6)「原発着工、2018年にずれ込み=ベトナム高官が見通し」(6月17日 時事通信)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014061700927


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【8】●記事要約●「ロシア、タタールスタン原発反対デモ参加者、
                        30時間の社会事業を科される」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    (6月13日 Bellona)Link: http://urx.nu/9tN5
     タタールスタン原発の建設反対運動の中心となったガラポヴ氏はデモを行うために必要な手続きをしなかったとのことで、裁判所によって30時間の社会事業を科された。カラポヴ氏は、デモは許可されたものだと主張する。タタールスタン原発は地震活動地域にある。このような不安定な地理でありながらも原発の建設が検討されている。
     カラボヴ氏は、処分は彼の様な活動派を脅すものだと述べている。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    【9】●記事要約●「フランス、再生可能エネルギーが
                        原発エネルギーより安く?」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    (6月12日 Nucnet)Link: http://urx.nu/9tN0
     環境団体グリーンピースは、10年後には風力エネルギーや太陽発電エネルギーなどの再生可能エネルギーが原子力エネルギーより安くなるという研究を発表した。この発表の1週間後には原子力エネルギー使用を2025年には75%から50%に削減するというエネルギーフレームワークが発表される。
     フランスの原発エネルギー額の上昇は課題であり、今後のどのようにエネルギーの長期的投資を行うかが問われる。



    ****************************

    ※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
    http://www.unfinished.jp/email_v2/backnumber.php?uid=antinuclear2012&pid=2

    ※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、
    以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
    http://npfree.jp/emailmagazine.html

    <連絡先>
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
    ピースボート内 「Nuclear Free Now」事務局
    Tel: 03-3363-7561 (担当:越智/塚越)
    Fax: 03-3363-7562
    Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
    facebook : 脱原発世界会議

    当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
    お問い合わせはこちらからお願いいたします。
    http://npfree.jp/contact/
    ****************************

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.21 Wednesday
      • -
      • 09:03
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      -
      管理者の承認待ちトラックバックです。
      • -
      • 2014/06/21 2:11 PM