calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

明後日9/3(水)緑茶会政治セミナー・プレシンポジウム「地方からつくりだす政権交代の青写真」&9/4(木)「戦争させない・9条壊すな!9・4総がかり行動」@日比谷野外音楽堂

0
    永岡です、今週の東京でのイベントのご案内です。
    <以下、転送>
    (以下、転送・転載・拡散歓迎)

    緑茶会政治セミナー開催のお知らせ
    http://ryokuchakai.com/2014/07/28/seminar/

    地方選挙で政治の流れを変え、政権交代と脱原発を実現しましょう!
    ■2015年4月は統一地方選挙です。多くの自治体で首長や地方議会議員の選挙が一斉に行われます。
    ■統一地方選挙は、国政を左右する重要な選挙です。統一地方選挙で選ばれた議員や首長が、政治の
    流れを変える原動力になります。
    ■国政の重要課題である脱原発についても同様です。滋賀県知事選挙は私たちの「素敵な勝利」でした。
    もし日本全国の自治体の選挙において、脱原発、反自民を求める候補者が大量に当選すれば、脱原発
    を可能にする「政権交代」の実現性が高まります。来年の統一地方選挙にむけて、「市民の政治力」を高
    めましょう!動き出すのは今です。
    ■「 市民の政治力」を高め、市民選挙を作り出すために、緑茶会は政治セミナーをやります。ぜひ、ご参加
    ください。

    **********************
    9月3日(水)緑茶会政治セミナー・プレシンポジウム
    「地方からつくりだす政権交代の青写真」
    **********************

    日時:2014年9月3日(水)(19:00−21:30)
    会場:日比谷コンベンションホール
        東京都千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
       (最寄り駅:千代田線、丸ノ内線霞ヶ関、都営三田線内幸町)
        地図→http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
    参加費:1000円
    ※お申し込み:こちら(下記サイト)からどうぞ(先着順)
      https://ssl.form-mailer.jp/fms/4b239284312645
    主催:緑茶会(脱原発政治連盟)http://ryokuchakai.com/
    共催:東京・生活者ネットワーク
    【パネリスト】(予定。今後追加や変更のある場合があります。)
    安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授/緑茶会呼びかけ人)
    盒玉弌福屮供α挙」編集長)
    長谷川平和(緑の党共同代表)
    西崎光子(東京都議会議員/東京・生活者ネットワーク)
    コーディネーター:竹村英明(緑茶会代表)

    (以下、転送・転載・拡散大歓迎)

    戦争させない・9条壊すな!総がかり行動

    日時:2014年9月4日(木)午後6時〜(集会後、午後7時15分〜銀座方面へデモ)
    会場:日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)
        最寄り駅:東京メトロ「霞ヶ関」駅、「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「内幸町」駅
        地図http://hibiya-kokaido.com/image/map-d-ya.jpg

    [集会内容]
    司会:神田香織(講談師)
    開会挨拶:山口二郎(法政大学教授)
    発言:小室等(フォークシンガー)/雨宮処凛(作家・活動家)/香山リカ(精神科医)/ 
    朗読:なかにし礼(作家、作詞家)の詩、落合恵子(作家)/
    カンパアピール:菱山南帆子(9条壊すな!実行委員会)
    政党あいさつ:民主党/共産党/社会民主党/生活の党
    連帯あいさつ:日弁連/立憲デモクラシーの会
    各地からの報告:沖縄・高良鉄美琉球大学教授/戦争をさせない北海道委員会/調布・憲法ひろば/パレスチナ・ガザ地区の現状
    閉会挨拶:高田健(9条壊すな! 実行委員会)

    〈主催〉戦争させない1000人委員会/解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会

    *デモ出発:午後7時15分(銀座方面)

    安倍政権は7月1日、「集団的自衛権」行使を容認する憲法解釈変更を閣議決定しました。これは憲法9条の理念を破壊し、「戦争する国」
    へと日本のありかたを変えるもので、「立憲主義」・「平和主義」の原則を無視した暴挙です。世論の圧倒的多数も、反対意思を明確にして
    います。
    今後安倍政権は、この閣議決定に沿って、実際に戦争できるようにするための関連法案を準備し、国会に提出する方針です。また、今秋
    に予定される「日米防衛協カガイドライン」の見直しにも反映させるとしています。
    私たちは、憲法違反の閣議決定の即時撤回を求めるとともに、戦争関連法案制定を阻止することを めざします。
    安倍政権がすすめる憲法破壊0人権破壊・生活破壊と対決し、がんばっている全国のすべての人々がともに力を合わせて、総がかりで
    安倍政権を包囲し、退陣・政策転換をかちとりましょう。

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.11.24 Tuesday
      • -
      • 08:11
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック