calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

報道させよう!>川内原発仮処分〜火山噴火予知連藤井会長のド迫力コメント

0
    永岡です、FoEJapanの満田さんより、川内仮処分却下に関して、火山関係の事実誤認に対する情報があり、お知らせいたします。
    <以下、転送>
    みなさま(重複失礼・拡散歓迎)

    FoE Japanの満田です。
    本日、川内原発、再稼働差し止め申請は「却下」という結果になりました。債権者のみなさま、弁護団のみなさま、たいへんお疲れ様でした。
    以下の脱原発弁護団連絡会のページから決定文を読むことができます。
    http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/15-04-22/

    いろいろな意味でひどい決定文ですが、とりわけ火山影響に関しては明確な「事実誤認」が2つあります。
    下記の噴火予知連の藤井会長のコメントがすべてを言い尽くしているます。(NHKはウェブには掲載していても放送していないフシがあります。ぜひ拡散してくだ
    さい。
    ------------
    火山噴火予知連 会長「しっかり検討されていないのではないか」|NHKオンライン
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150422/k10010056571000.html
    火山の専門家で作る火山噴火予知連絡会の会長で、東京大学の藤井敏嗣名誉教授は、「今回の決定では、火山による影響について、『国の新しい規制基準の内容に不合理な点は認められない』としている。しかし、現在の知見では破局的な噴火の発生は事前に把握することが難しいのに、新しい規制基準ではモニタリングを行うことでカルデラの破局的な噴火を予知できることを暗示するなど、不合理な点があることは火山学会の委員会でもすでに指摘しているとおりだ。また、火山活動による原発への影響の評価について、火山の専門家が詳細な検証や評価に関わったという話は聞いたことがない」と述べました。
    そのうえで藤井名誉教授は「カルデラ火山の破局的な噴火については、いつ発生するかは分からないものの、火山学者の多くは、間違いなく発生すると考えており、『可能性が十分に小さいとは言えないと考える火山学者が火山学会の多数を占めるものとまでは認められない』とする決定の内容は実態とは逆で、決定では破局的噴火の可能性が十分低いと認定する基準も提示されていない。火山による影響については、今回の判断は、九州電力側の主張をそのまま受け止めた内容で、しっかりとした検討がされていないのではないか」と話しています。
    ------------
    ニュース・ウォッチ9をチェックして、もし藤井会長コメントが放映されていなければ、ぜひNHKに抗議してください。
    また、報道ステーションなど他局のニュース番組にも、藤井会長をインタビューしろという働きかけをお願いします。
    <電話によるご意見・お問い合わせ - NHKオンライン>
    http://www.nhk.or.jp/css/goiken/call_center.html
    <報道ステーション
    http://goo.gl/VGf7vn
    <少し補足>
    要旨を読む限り、火山影響に関して、決定の明確な事実誤認は下記の2つです。

    1.「原子力規制委員会は、本件原子炉施設に係る火山事象の影響評価について
    も、火山学の専門家の関与・協力を得ながら厳格かつ詳細な調査審議を行ったも
    のと評価できるから・・・不合理な点は認められない」
    としていますが、これは誤りです。
    川内原発の火山影響の審査過程で、火山学者は誰も招聘されていません。

    2.「カルデラ火山の破局的な噴火の活動可能性が十分に小さいとはいえない
    と考える火山学者も一定数存在するが、火山学会の多数を占めるものとまでは認
    められない」
    裁判所が何を根拠にこのようなことを言っているかは不明です。九電の鵜呑みで
    しょうか?
    上記の藤井会長のコメントは見事にこの部分をふっとばしていると思いますが、
    たとえば、西日本新聞のアンケート調査では、以下のような結果になっています。
    「火山活動 が 国 内 の 全 17原発に及ぼす危険性について、西日本新聞 が
    全国の火山研究者にアンケートしたところ、 噴火被害を受けるリスクがある原
    発として、九 州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)を挙げ た人が回答者29
    人のうち18人に上り、最も多かった。・・・」(2014/04/10付西日本新聞朝刊)
    毎日新聞でも同様のアンケート調査を報じています。

    そのほか、「要旨」を読んだ範囲で、気になった点を下記にまとめましたので、
    ごらんいただければ幸いです。
    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1425519691097615&id=100009187927595

    また、FFTVでのツイキャス映像は下記からごらんください。
    http://twitcasting.tv/fukuroufoe_tv/show/ 

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.21 Wednesday
      • -
      • 22:56
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック