calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール 二木啓孝が日中首脳会談と川内仮処分却下を語る

0
    永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はジャーナリストの二木啓孝さんのお話でした。
     今朝の朝刊は、各紙日中首脳会談です。日経のみ株2万です。
     
     安倍総理がインドネシアで、5ヶ月ぶりに習近平国家主席と会談して、今回は和やかだというのです。歴史認識も、習氏の発言に、安倍氏は村山、小泉談話を引き継ぐというのです。去年11月は硬い表情での会談、今回は温和で、日本はアメリカから中国と喧嘩するなと言われ、訪米前の配慮、中国は日本の歴史認識と、AIIBの問題です。
     二木さん、表情の変化は、習氏が安倍氏を好きになったのではなく、国内向けのパフォーマンスで、、中国の中では反日感情があり、これの形が決まったためで、中国国内向け、権力も持ち、中国の軍を習氏は5ヶ月前統率していなかった(当時にこにこしたら叩かれた)が、今は把握し、さらにAIIBに50何カ国参加したので、習氏は国内・国際で自信が出たのでこの結果と言われました。
     また、これで改善関係は、戦後70年談話もあり、アメリカ・中国・日本の関係もあり、日中関係の変化は談話によるものと言われました。

     そして、川内再稼動差し止めは認められませんでした。河合弁護士も批判しています。これは、即時抗告です。先週は、福井地裁、再稼動を差し止めて、規制委の基準はアカンとしたのに、鹿児島地裁は規制基準を評価してのものです。
     二木さん、裁判でこれだけ判断が分かれた件、国は司法、行政、立法があってチェックしあってやるもので、裁判は行政をチェックすべきで、高浜の差し止めは、行政の基準より国民を優先し、司法のあるべき姿であったのに、今回は司法と行政が癒着しており、二木さんは司法・行政・立法は正三角形であるべきだと言われました。
     
     総理官邸に、小型無人機ドローンが飛来、自由に飛ばせられて、しかし内外で事故もあり、二木さん、アメリカが軍事目的で作ったもので、規制なしで誰も買えて、法律的にはおもちゃ扱い、ラジコンヘリと同じで、二木さんもこれを飛ばしたことはあり、官邸の上には誰も行かず、安倍氏が3月の防衛大の卒業式に出て以来官邸の屋上に誰も行かず、たまたま昨日見つかり、1ヶ月の間のいつ来たか不明と言われました。
     多分夜に飛ばされて、1kmくらいの範囲でコントロールできて、国会の範囲から飛ばされ、これは法規制なし、国交省は規制を考えているが、離島に薬を運ぶ、災害時の撮影も(広島土砂災害、御嶽山噴火)してなど重要なものだと言われました。
     また、これは印象が悪くなったものの、趣味の分野など様々な活用が出来て、それを生かす、悪用を防ぐ法規制がいると言われました。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.20 Tuesday
      • -
      • 08:46
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      -
      管理者の承認待ちトラックバックです。
      • -
      • 2015/04/23 10:02 AM