calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【拡散希望】(グリーンピース新オンライン署名スタート)あなたのおうちから脱原発へ!あなたの声がいま必要です、他

0
    永岡です、各種イベントのご案内です。
    <以下、転送>
    (その1)
    (以下、転送・転載・拡散大歓迎)

    原発を使わない毎日を当たり前にするために、いますぐ署名をお願いします!

    こんにちは。グリーンピース・ジャパンの柏木です。
    今日は、環境問題に関心の高いみなさんに、大切なお願いがあります。ぜひ最後まで読んでください。
    原発を使う電力会社から乗り換え、おうちを原発フリーにできる「電力自由化」のスタートは、いよいよ来年4月。
    でも、各社の電気が、原子力や火力、自然エネルギーなど、どんな"原材料"でつくられた電気なのかを示す情報は、わたしたちの手に届く場所にはありません。このままでは、せっかく電力会社を選べるようになっても、どれが本当に原発フリーの電力会社なのか判断できません。
    「原発フリーの電力なのか、はっきり教えて!」
    そこでグリーンピース・ジャパンは、「電気の発電方法をきちんと教えて!」という消費者の声を政府と電力会社に届けるため、オンライン署名 をはじめます。
    http://www.greenpeace.org/japan/ja/Action/energy-label/e/?utm_campaign=Energy&utm_source=special%20appeal&utm_medium=email&utm_term=info_SA_1st


    ドイツでは、電気の領収書には必ず下の図のような円グラフがあり、どうやって発電しているかわかりやすく消費者に伝えることが義務になっています。この署名が求めるのは、日本でも同じようにわかりやすい表示を当たり前にすることです。

    必ず電気の"原材料"を表示するルールがあれば、原発や、環境に悪影響のある発電をしている電力会社でも、消費者にはっきりと伝えるようになり、わたしたちはその情報をもとに、電力会社を選べますよね。
    いま、政府が電力自由化に向けて具体策を話し合っています。でも、本来なら消費者にきちんと情報を提供する仕組みをつくるべきなのに、政府の話し合いの場で消費者の声が反映されているとはいえません。わたしたちが働きかけないと、消費者にとって必要な情報がわかりやすく提供されないままになってしまうかもしれません。
    おうちの電力を脱原発できる絶好の機会がやってくるのに、このままではきちんと原発フリーの電力を選ぶことができなくなってしまいます。
    「原発フリーの毎日のために、あなたの声が必要です。」
    政府の話し合いが始まる前に署名を提出するため、締め切りは6月10日。残された時間は多くありません。
    脱原発を望む、ひとりでも多くの方の署名が必要です。署名に参加して声を届けましょう。


    http://www.greenpeace.org/japan/ja/Action/energy-label/e/?utm_campaign=Energy&utm_source=special%20appeal&utm_medium=email&utm_term=info_SA_1st
    国際環境NGOグリーンピース・ジャパン  エネルギーチーム 柏木

    「グリーンピース・ジャパンで、原発の再稼動をとめるため、
    そして自然エネルギー100%の社会をつくるために活動しています!」

    (その2)
    (以下転送・転載歓迎)

    「変えよう選挙制度」の会 5月例会

    日時:2015年5月23日(18:30〜20:30) 
    会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B(10F)(飯田橋駅下車)
       (東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階) 
       アクセス http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
       地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
    参加費:500円
    定員:40人(先着順) 
    申込:下記サイトより
        http://kokucheese.com/event/index/294611/
        https://ssl.kokucheese.com/event/entry/294611/
     
    主催:「変えよう選挙制度」の会
        http://kaeyo-senkyo.tumblr.com/

    今回は、先の統一地方選挙に立候補をして、選挙戦を戦った3人の方をお招きして、
    実際に体験した公職選挙法の問題点等について語っていただきます。

    なおその前に、 小杉衛蔵さん制作の「4月に行われた選挙の短編ドキュメント映画」
    の上映を行います。

    今回の議題:
     4月に行われた選挙の短編ドキュメント映画の上映」 小杉衛蔵さん

    ◆崛挙に立候補して」 報告と意見交換
    川野たかあきさん(杉並区議選に立候補)
    前田かおるさん(江東区議選に立候補))※所用のため欠席
    松本清治さん(武蔵野市議選に立候補)

    ご関心のあります方なら、どなたでも参加できますので、参加を
    ご希望される方は、下記サイトから申し込んでください。
    http://kokucheese.com/event/index/294611/
    https://ssl.kokucheese.com/event/entry/294611/

    (その3)

    (転送歓迎)
    ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

    国際シンポジウム
    「気候変動とエネルギー:石炭火力発電の問題に迫る」

    詳細< http://www.kikonet.org/event/2015-5-29 >

    ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

    ▼日時
    2015年5月29日(金)9:30〜18:00(9:10開場)

    ▼プログラム(敬称略、英日同時通訳付き)

    第1部:石炭は日本の電力の解決策になるのか?(9:30-13:00)

    1. 電力市場と石炭:海外での実例
    ・講演者
     ジェームス・リートン(カーボン・トラッカー)
     クリストフ・ポデウィル (アゴラ・エネルギーヴェンデ)
     ニック・マーベイ(E3G)

    2. 日本の電力をめぐる状況
    ・講演者
     大島堅一(立命館大学)
     大野輝之(自然エネルギー財団)
     平田仁子(気候ネットワーク)

    3.パネル・ディスカッション:日本の電力システムの在り方
     各講演者全員参加でのディスカッションを予定。

    第2部: 持続可能な社会にとって効率的な
     石炭火力発電技術は解決策になるのか?(14:00-18:00)

    1. 石炭と持続可能な開発
    ・講演者
     アディーナ・レリコヴィッチ(欧州投資銀行、上級環境エキスパート)
    シャノン・コプリッツ(ハーバード大学)

    2: 石炭火力発電事業の海外融資について
    ・講演者
     ラファエル・センガ(WWF インターナショナル)
     アリフ・フィヤント(グリーンピース・インドネシア)

    3.ディスカッション:国際的な石炭火力発電資金における日本の役割
    ・パネリスト
    講演者全員
    田辺有輝(「環境・持続社会」研究センター(JACSES))
     波多江秀枝(国際環境NGO FoE Japan、委託研究員)

    ・コーディネーター
     平田仁子(気候ネットワーク)

    ※講演者は変更の可能性があります。予めご了承下さい。


    ▼会場
    ベルサール神保町 Room4+5(東京都千代田区)

    ▼アクセス
    東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館
    東京メトロ 九段下駅より徒歩3分/神保町駅より徒歩5分
    詳細  http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_jimbocho/access.html

    ▼参加費
    無料

    ▼定員
    100名程度(申し込み先着順)

    ▼主催
    CCシンポジウム実行委員会

    ▼協力団体
    気候ネットワーク、「環境・持続社会 」研究センター(JACSES)、
    国際環境NGO FoE Japan、オックスファム・ジャパン


    ▼お申込み方法

    参加ご希望の方は、下記申込みフォームにご記入ください。
    http://bit.ly/coal-symposium20150529

    または、宛先 tokyo@kikonet.org まで、下記内容をメールにてお知らせ下さい。

    件名:「気候変動とエネルギー:石炭火力発電の問題に迫る」
    記入内容
    ・氏名(ふりがな)
    ・連絡先(メール)
    ・ご所属(任意)
    ・ご質問等

    ※お申し込みの際にご提供いただく個人情報は、
    本シンポジウムご出席者の確認以外には使用いたしません。


    ▼お問合せ
    CCシンポジウム実行委員会(特定非営利活動法人 気候ネットワーク内)
    〒102-0082東京都千代田区一番町9-7 一番町村上ビル6F
    Tel: 03-3263-9210、E:mail:  tokyo@kikonet.org

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.14 Monday
      • -
      • 07:59
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック