calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

5/30日(土) 世界資本主義フォーラム5月例会「資本主義の世界史的発展段階をどうとらえるか」@立正大学品川(大崎)キャンパス 、他

0
    永岡です、東京でのイベントのご案内です。
    <以下、転送>
    (その1)
    (以下転送・転載歓迎)

    <世界資本主義フォーラム 2015年5月例会>


    ●テーマ 「資本主義の世界史的発展段階をどうとらえるか」(仮題)

    ●日時 2015年5月30日(土) 午後2時〜5時
    ●会場 立正大学品川(大崎)キャンパス 11号館4階 114D教室
      (東急池上線大崎広小路駅、JR大崎駅、JR五反田駅下車) 
      最寄り駅からの地図は http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/index.html
      キャンパス地図は http://www.ris.ac.jp/introduction/outline_of_university/
                  introduction/shinagawa_campus.html 
     11号館は、山手通りに面した高い建物です。山手通りから直接はいるのが便利です。 


    ●講師 小幡道昭氏(東京大学経済学部教授)
    著書:『経済原論―基礎と演習』(東京大学出版会)、『価値論批判』(弘文堂)、
        『マルクス経済学方法論批判: 変容論的アプローチ』(御茶ノ水書房)ほか


    参照文献:
     (1)小幡道昭、宇野理論とマルクス(2014 年12 月)
            http://gken.sakura.ne.jp/gken/wp-content/uploads/2014/12/main1.pdf
     (2)小幡道昭、原理論からみた段階論(2012 年4月)
        http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/research/dp/2012/2012cj239.pdf

     小幡氏は、宇野原理論・段階論への批判にもとずいて、「資本主義の単一起源説から多重起源説へ」、
    「プレート論」を提案しています。方法論だけでなく、「グローバリズムと総称される新たな歴史的諸現象を
    見据えながら、原理論に遡って、資本主義とはなにか、その全体像を再構築する必要がある。」という問題
    意識に添って、いま考えていることも、話してもらうつもりです。


    ●参加費無料。どなたでも参加できます。


    ● 問合せ・連絡先
    矢沢 yazawa@msg.biglobe.ne.jp 090-6035-4686
    (その2)
    (以下転送・転載歓迎)

    現代資本主義研究会開催
    日本資本主義の現段階の歴史的特徴と課題

    −基礎経済科学研究所 現代資本主義研究会−

     主に信用論の分野で長年研究を積まれてきた小西一雄氏が、その研究成果を昨年、
    『資本主義の成熟と転換 –現代の信用と恐慌』としてまとめられました(桜井書店刊)。 
    本書の課題は、その「はしがき」によれば、第一に日本とアメリカにおける資本主義の 
    成熟とそれによる賞味期限の到来を分析することであり、第二に『資本論』で展開され 
    た資本主義分析の理論が現代経済の分析にあたっても重要であることを確認すること
    であり、第三は現代における金融政策の意義と限界を明らかにすることです。そして、 
    「置塩の定理」への批判などさまざま興味深い論点が含まれています。
     本研究会は、本書の検討を中心に行われます。なお、時間の都合上、報告は下記の
    通り絞られますが、コメントや論議は、それにこだわらず本書の全体にわたって結構です。

    日時:5月31日(日)14:00 〜 17:20(2015年)
    会場:慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟A会議室 
        交通アクセス・地図 http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html   
        キャンパスマップhttp://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html#prg2                 

    報告:小西一雄(立教大学名誉教授)
        「日本資本主義の現段階の歴史的特徴と課題 〜『資本主義の成熟と転換』
            第6章、第7章、終章を中心に〜」
    コメンテーター:福田泰雄(一橋大学特任教授)
              藤田実(桜美林大学教授)
    司会:宮田惟史(駒澤大学専任講師)

    連絡先:基礎経済科学研究所 tel/fax:075-255-2450
     (参加費・500円)

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.14 Monday
      • -
      • 08:08
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2017/09/02 8:51 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2016/12/26 1:57 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック