calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【脱原発世界ニュース2015 vol.27】韓国で5000人を超える教師が脱原発教育教師宣言!

0
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2015vol.27
    http://npfree.jp
    2015.7.11
    世界の原発の動きはここでチェック!

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆注目のトピックス
    【イベント】8/9「被爆70年 ナガサキから未来へ」(7/29予約〆切)
    【キャンペーン】日本からベトナムへの原発輸出に反対!
    【記事要約】オーストリア発「英原発補助めぐりEUを起訴」
    【世界の脱原発】韓国で5000人を超える教師が脱原発教育教師宣言!
    【首長会議】7/11「省エネ住宅によるまちづくり」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    先月、韓国の5000人を超える教師たちが「核発電所の近くに完璧な安全はない」として、脱核教育教師宣言を行いました。また、ドイツでは今年末に停止する予定だった原発を経済的な理由で前倒し、停止しました。7月1日には、台湾で反原発世論の高まりを受けていた第4原発の建設が、正式に凍結されました。
    8月には広島、長崎への原爆投下から70年を迎えます。Nuclear Free Now、核と原発を考えるような日としていきたいですね。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     イベント 8/9「被爆70年 ナガサキから未来へ」(7/29予約〆切)
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ピースボートと韓国の環境財団が共同で行う第8回日韓クルーズ「PEACE&GREEN BOAT 2015」が、8月9日に長崎に寄港。同日夜には船上イベント「被爆70年 ナガサキから未来へ」を開催します。
    <プログラム>
    笹森恵子さん(広島被爆者)のお話/朗読劇「天使の羽根の降った街」/菅直人さん(元総理大臣)「非核特使創設にかけた思い」/長崎被爆者歌う会「ひまわり」の合唱など

    日時:8月9日(日)18:00〜19:45(受付開始17:00/受付終了18:00)
    場所:オーシャンドリーム号船内(受付:長崎港松が枝国際ターミナルビル)
    参加費:無料【要予約 〆切 7月29日(水)18:00】
    予約方法について:http://peaceboat.org/7841.html
    ※必ず事前予約をお願いいたします。ご予約のない方は、当日ご乗船いただけません。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     キャンペーン 日本からベトナムへの原発輸出に反対
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ベトナムのグエン・タン・ズン首相が来日するのに合わせ、7月3日に日本の97の市民団体が日本政府、ベトナム政府に対して、日本からベトナムへの原発輸出を見直すよう求める署名を提出しました。この問題については市民団体メコン・ウォッチが詳細に調べています。ぜひ以下よりご覧ください。

    ◆提出した署名:http://goo.gl/aHpolX
    ◆メコン・ウォッチ:http://goo.gl/o1a6GF

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     記事要約 オーストリア発「英原発補助めぐりEUを起訴」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    (6月29日  Chemistry World )http://goo.gl/mzvXq5
    オーストリア政府は、英国政府が自国内の新たな原発建設に拠出する補助金はEUの規定に違反するとし、EUを訴える意を示している。このような法的な動きは英国政府の「原発復活」への動きを遅らせるだろう。
    現在話が出ている英国政府とフランス電力会社との共同事業である英国サマーセットのヒンクリー・ポイントでの新しい原子炉の建設は、1988年以来初の事業とされている。オーストリアは1986年に起きたチェルノブイリ事故の影響を多く受けた過去がある。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     記事要約 ドイツ発「最古の原子力発電所が稼働停止に」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    (6月28日 The Blade)http://goo.gl/IO35GX
    2022年までにすべての原発を停止する動きの一環として、ドイツに残る最古の原発、グラフェンへインフィールド発電所が止められた。同発電所は1981年に稼働を開始。日本の原発事故直後の2011年に17つあるうち最も古い8つの原発を止めて以来、初めて稼働停止を行った原発となった。バーバラ・ヘンドリック環境大臣はこの稼働停止について「原子力からの依存脱却が前に進んでいることを示す印であり、その分、原子力を使用することに伴うリスクも逓減される」と述べている。同国は2050年までにエネルギーの80%を再生可能エネルギーでまかなうことを目標としている。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     世界の脱原発 現場教師5075人が脱原発教育教師宣言!
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    韓国  「現場教師5075人が脱原発教育教師宣言」
    (6月22日 レイバーネット)http://goo.gl/bwuzGs

    「台湾の『日の丸原発』建設を凍結 世論高まり受け 来年1月の総統選後には『建設中止』の可能性も」
    (7月1日 産経)http://goo.gl/06GzUZ

    中国  「本気で再生可能エネルギーにシフト?!中国・太陽エネルギー事情」
    (6月19日 PUNTA)http://punta.jp/archives/38700

    ドイツ 「独エネ最大手エーオン、南部の原発停止 稼働は残り8基」
    (6月28日 日本経済新聞)http://goo.gl/Kwpijc

    フランス「フランスの原発で大規模火災」
    (7月3日 Sputnik)http://goo.gl/OnVoRd

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     首長会議 7/11「省エネ住宅によるまちづくり」
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    脱原発をめざす首長会議が、省エネに関する勉強会を開催します。

    日時:7月11日(土)13:30〜16:30(開場 13:00)
    会場:全国町村会館2階 第一会議室(東京都千代田区永田町1-11-35)
    講師:今泉太爾氏(一般社団法人 日本エネルギーパス協会 代表理事)
    参加費:無料
    申込詳細:http://mayors.npfree.jp/?p=3858

    ****************************

    ※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓
    http://www.unfinished.jp/email_v2/backnumber.php?uid=antinuclear2012&pid=2

    ※「脱原発世界ニュース」配信ご希望の方は、
    以下の登録フォームよりご登録いただく事ができます(無料)
    http://npfree.jp/emailmagazine.html

    <連絡先>
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
    ピースボート内 「Nuclear Free Now」事務局
    Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)
    Fax: 03-3363-7562
    Twitter ID:DATSUGENPATSUtw
    facebook : 脱原発世界会議

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.12.16 Monday
      • -
      • 10:09
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック